2019年8月18日 (日)

セッティング(バイク)

 前回のSキラ前に桶スポ上級者のナベック&みのむし両氏にぼくのバイクを試乗してもらったときに「とにかくフロントが柔らかすぎる」というコメントを戴きました。
 で、バネ換えようかな~…と思ってたところにフォロワーのT-る先生から「とりあえずプリロード調整してごらん」とアドバイスを戴いたので、まずはプリロード調整することに。

 上級者二人が共に「柔らかい」って言ってるんだからちょっとプリロード掛けても悪いことはないだろ…と、Sキラ当日にぶっつけ本番でプリを二段(無段階なので目印ライン二本分)掛けて走行しましたが、変化はわからず…

 で、Sキラ後の最初の練習になった二週間前かな?に、プリロードを最強(目印ライン五本目)まで掛けてみて、桶スポ二回筑波一回走行。
 かなり変化があるかなー…と思ったんですが、またしてもよくわからずw

 で、今日の桶スポも同じ仕様で走ってたんですが、最後の枠でSキラ前までのプリロード最弱(…と言っても社外プリロードアジャスター入れた分少しだけノーマルよりは掛かってるらしい)で走ってみました。

 おおおぉぉぉめっちゃ寝かしやすいぃぃぃぃぃぃぃ!!!
 寝かしこみも軽く、そのままフルバンクまで一気に寝かせられる感じ。
 ただその分グリップが低下したかも…8コーナーで一回フロントが滑りました。
 まぁプリ最強で走ってたときもスロットルオフで待つ時間を普段より長めにしたらフロント滑ったので、乗り方のせいかも知れないし路面の荒れたところを通っちゃったのかも知れないし…

 T-る先生から「プリロード掛けたことで車体姿勢が変わった影響と誤認しないように」ってアドバイスも戴きましたが、これがどっちの影響なのかはよくわからず。
 「人のコメントではなくて自分が感じたことを確認するように」とのことでしたが、自分で感じた感想としては↑の寝かしやすさとグリップの若干の不安感ですね。
 ナベックから「フロントが柔らかすぎてスパコルを潰せない。柔らかめのBT39SSの方が合う」ってコメントも試乗の時に貰ったけど、グリップに不安を感じるのはその辺のところなのかな。

 とりあえず↑の感触が正しければ、寝かしやすさとグリップ力のバランスをどこで取るか…って感じかなー。今後のセッティングの方向性としては。
 プリロード掛けることでグリップ力が出るなら寝かしにくさは腕でカバーwみたいな考え方もあるかもだし。
 …そういやリアショックもナベックに試乗して貰う前に「リア固すぎ」って言われたから少し抜いて走ってみたら寝かしやすくなったなあ…
 プリロード調整によるバイクの動きの変化を「固い」「柔らかい」ではなく「速い」「遅い」で表現することもあった気がするし、これがそんな感じなのかなあ。

 ただ、タイム的には二ヶ月前にプリロード最弱で出した自己ベストとほぼ同じタイムを今日、最弱と最強で共に出してるのであまりタイムには影響しないかなあ。
 ひとまず次回また最強を試してみてフィーリングの違いを確認したいところ。

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

昨日桶スポ今日筑波(バイク)

 昨日はこないだ切れてしまったアクセルワイヤーを交換するため桶スポへ~。家でもできるけどサーキット行った方が誰かに手伝ってもらえるじゃない!(他力本願)

 誰もいない…

 しょんぼりしながら一人でアクセルワイヤー交換してました。


 一本目の走行枠までには間に合わなかったので二本目から走行。
 前回の桶スポの時にテーマにしてた外足のホールドに関しては、ちょっとした意識で上手く行きそうだったので今回はあまり意識せずに走行。
 いや逆に、今までは内足への意識が95%ぐらいでしたけど、外足への意識95%ぐらいにして走ってみたんですが、それでも普通に寝かせられるし曲げられる。寝かし始めのきっかけにイン側ステップへの入力を意識するぐらいですかね~。
 外足のホールドがしっかりした分今までより安心感を持って乗れてる…ような気がしないでもなくもなくない。

 この日はラップタイマーの調子が悪くてタイムを計測できなかったんですが、帰宅してからGPSロガーで確認するとベストは48秒1。自己ベスト一秒落ちだけどまぁ色々悩んでることを考えればこんなもんかな。

 悩んでることの一つである目の病気ですが、この日走った感じではサーキット走る上では全く問題なさそう。ってか走ってる時は目の調子が悪いことを忘れますw
 ただコースインする時にピット出口で左後方を確認するとホームストレートを走ってくるバイクがチラチラ消えるので、コースインだけは充分に注意が必要かな。


 そんな感じで目の具合が問題ないことがわかったので、自信を持って臨んだ今日の筑波。
 いや、目に関しての不安はないんですが、そもそも筑波はレベルが高すぎてぼく的にはあまり走り慣れてないコースで桶スポ上級枠に放り込まれたかの如きプレッシャーが…w
 せめてあと2~3秒速く走れれば周りとの差が少なくなるから気分も楽になるんですけどねぇ…

 今日はC2枠一枠しか取れなかったので走行は20分のみ。途中でメガネが落ちてきたのでピットインして直してから再スタート。
 今日のベストは自己ベストをコンマ3秒更新してようやく当初の最低目標ラインにしてた15秒台に入りました。1分15秒980。GPSロガーだとギリギリ15秒台に入れずなんですけどw

 さて今日の走行で気づいたのですが…右コーナーでのシフトダウン時に外足である左足のホールドが外れてる。シフトチェンジに気が行って足が踏ん張れてないんですね。
 終盤になって気がついたので、外足を踏ん張りつつ爪先でシフトチェンジする方向に調整。うん、少し安心感が出た。
 外足で踏ん張れてないと腕と腹筋背筋で支えることになるし、そこからスムーズにバンク中の外足ホールドに持って行きづらいと思うので、ここは要矯正。桶スポではシフトダウンの必要な右コーナーがないし、トミンでも帝王コーナーで1速落とすぐらいでほぼシフトダウンがないに等しいので、筑波を走らないと気がつかない問題点でした。
 意識すれば普通にできることなので、次から気をつけましょう。

 あとは…桶スポやトミンでもそうだけど、開けるのが遅い感。開け始めも遅いけど開けてくスピードが遅い。もっと早いタイミングで全開にして立ち上がれる気がするんですよね。実際立ち上がりでアウト側が余ってるし…
 相変わらず最終コーナーも遅いですけど、ここも寝かし終わったらもうスロットル全開にしちゃっても何事もなく立ち上がれそう…
 まぁイキナリやって飛んじゃっても困るので、グリップ感と相談しながらもっと開けてけるように練習したいところ。
 桶スポをKSRで走るとブレーキ離したら即全開みたいな感じでしたが、そこまでじゃないにしてもコースの広さとかNinjaのパワーを考えるとそれに近いイメージで開けていけるんじゃないかなあ。
 最終も早い段階から全開にできれば失速がなくなってタイムが大きく詰まる気がする。

 あと走り方がイマイチ掴めなかったダンロップコーナーの二輪シケインもようやくコツが掴めてきた感じ。一個目の右は全開のままスーッと通過する感じで、二個目の右でスロットルオフ(…か速度が乗るようなら軽くブレーキかけるとか)でイン側に寄せて、次の切り返しの左もビビっちゃって向き換えタイミングが早すぎだったので、一拍待ってから寝かしこむ感じかな。
 ここも最終コーナーと並んでビビッちゃって上手く走れてないコーナーなので、走り方が掴めてくれば大きくタイムを詰められそう。

 あとこれは帰宅してGPSロガーのログを確認してから気がついたんですが、左コーナーと比べて右コーナーのバンク角がすごく浅い。
 普段コーナーにカントがほとんど付いてないトミンや桶スポを走ってるのでGPSロガー上は50度ジャストかちょっと越えるぐらいなんですが、筑波はカントが大きく付いてるので1ヘアなんかは55度前後ぐらいのバンク角が記録されてます。
 その一方で右コーナーは50度ジャストか50度弱ぐらい…2ヘアとか1コーナーとか右コーナーだってちゃんとカントが付いてるはずなのに、フラットな桶スポやトミンを走ってる時と変わらない。むしろトミン1コーナーの方がバンク角深いぐらい…
 左コーナーと比べて全く速度が乗せられてない…やっぱり右コーナーが苦手なんでしょうねぇ…
 かつて右回りのトミンをホームにしてたから右コーナーの方が得意だと思ってたんですけどね…


 そういや今日の筑波ではフォロワーのあきさんにお逢いしました。ってかたまたまトランポ停めた場所がお隣同士だったw
 あきさんはぼくが桶スポ行き始めてSSKillersを観戦するようになった5年前ぐらいにSキラ走ってらっしゃたんですよね。
 当時走ってた人の多くが今ではもうSキラ出てないけど、こうして筑波でお逢いできて嬉しいですね!

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

外足について(バイク)

 最初は写真写りだったんですよね。インスタ映えってヤツ??
 レン耐の公式写真を見てたときに、右コーナーで外足ががばっと開いててかっこ悪いなあ…と。
 で、外足が開いてるのはダメみたいな話をたしかフォロワーのやまねさんがしてた気がしたので矯正。
 原因はですね…当時は腰の力を抜くことで寝かしこんでたんですけど、その時に外足の力も抜けて開いちゃう感じでした。

 で、それは矯正できたんですけど、昨年あたりかな…やたらと腕が疲れるのでブレーキングの時に外足を踏ん張って支えよう…と思い立ったことがありました。たしかフォロワーのもこぴーに桶スポで熱く語ったw
 腰を引いて踏ん張りつつ外足でも踏ん張って…と思ったんですが、腰で踏ん張ると足に力を入れづらいので、結局外足の踏ん張りメインで行くことに。

 さてさらに時は経ち先月ぐらい? どうも桶スポ6コーナーから7コーナーの切り返しがモタモタして寝かせられない時があるなー…と思ってたんですが、右へ切り返す際に外足のホールドと寝かしこみの体勢作りができてないんじゃないかと。
 今の仕事を始めた時に狭路でのUターンが上手くいく時といかない時があって、外足で片足立ちするイメージで体のバランスを安定させてからじゃないとクルッと回れない…と気がつきました。で、7コーナーもそんな感じなんじゃないかと。
 ちょっと前に「寝かしこみの起点は外足のホールドから始まるのでは?」と思って意識してはいたんですが、改めて思い返してみるとヒールプレートに踵を押し付けてのホールドはしてるけど、↑で書いたように外足で踏ん張って片足立ちしてバランス取るイメージ…まではやってなかったな、と。
 で、それを試したらスムーズに切り返せるようになったので、なるほどこれか、と。
 ブレーキングする時はこれまた↑に書いたように外足の踏ん張りと腰の踏ん張りを行うから普通にその姿勢になるんですが、ブレーキングの要らないコーナーでも同じ動作を意識した方がええんやな、と。

 で、二週間前のSキラ当日。それを意識してもフルバンクになるあたりで膝がタンクから離れることに気がつきました。
 軽く浮くぐらいだし、問題はないかな…とは思ったんですが、人によっては外足でタンクを押して寝かしこんだりもするみたいだし、ちょっと試してみようかな…というのが今日の桶スポ練習テーマ。

 強烈な暑さの中一本目走行…うーん、今までと少し意識の起き方が違うので走りづらい…
 新しいイメージを試してる時はいつもそうですけど、今までより上手く行っちゃって寝かしすぎてコケたらどうしようとか考えちゃうw
 それでも今日の桶スポはガラガラだったので、こういうことを試すには最適!と、タイムは気にせず外足に意識を集中させたままで走るようにしてみました。
 タイム的には自己ベスト二秒半落ちの49秒6がやっとw ノービスAの下位のタイムですねww

 30分のインターバルをおいて二本目走行開始。二週間間があいたことと目が不安なのもありペースが上げられませんでしたが、二本目はちょっとずつペースアップ。
 48秒8まで上がってきたところで2コーナー~3コーナー間のバックストレートで気合入れてシフトアップした瞬間、右手から「ブチッ」という感触が。

 アクセルワイヤー切れた…

 そのままエスケープに入って、そこからピットまで押して帰りましたw

 そんなわけで完全に不完全燃焼。結局外足を意識し続けるのがいいのか悪いのかも判断つかないまま終了~。
 でも和歌山利宏さんがライディングコラムで「内足荷重じゃバイクは寝かせられない、外足荷重じゃないと」みたいなことを書いてましたし、これはこれで間違いじゃないかなー…と。
 それを読んだ時のぼくは内足のことしか考えてなかったので、ぼくにはできないイメージだなあ…と思ってましたけどw
 いや、昔から「外足に力が入ってるとバイクを寝かしきれない」と思ってたので、ぼくにとっての外足は完全に空気だったんですよね。だから↑で書いたようにガバッと開いちゃってたんでしょうけどw
 まぁ「荷重」って言い方だとステップに体重載せてくイメージになっちゃうからちょっと違うかな、とは思いますが。

 あと、これも↑で書いたように外足で片足立ちしてるぐらいのイメージで乗ると上体も大きく動かせる気がするんですよね。これも追々検証かな。

 さてここ二週間ぼくがずっと悩んでることと言えば目の具合ですが、今日も目の不安を抱きつつ走っててどうももやもやしたので、もしかするとサーキット走行止めた方がいいのかもなあ…とか走行後に考えてました。
 目が不安で前みたいに攻められなくなってるかも知れないし…心理的な問題でね。

 でも少なくとも今はサーキット走行に支障がないレベルで見えてはいるわけだし、この状態で二週間前のSSKillers当日に自己ベスト更新してるわけだし(あの時はメガネが傷だらけなせいで見えないと思ってましたけどw)、今は全力でサーキット走行を楽しむべきだな、という結論に達しました。
 いつか…もしかしたら一年後に見えなくなるかも知れないし、ひょっとしたら死ぬまでそれほど進行しないかも知れないけど、いつかもうサーキット走れない、バイク乗れないってなった時にやり残したことがあるのはイヤですからね。
 まぁいつ止めようともやり残したことは出来ちゃうんだろうけど…w

 ちょっと今日は猛暑と昨日一昨日のツーリングの疲れで体力的にも頑張れなかったですけど、次はもうちょっと頑張って走りたいです。外足も意識しつつね。

 …そういやSキラ当日にふと思い立ってフロントのプリロードを二段ぐらいかけてみたんですけど、違いを見るために二本目はプリ最強にして走ってみました。
 …が、よく違いがわからんちんw まぁ二周走ったあたりでアクセルワイヤー切れちゃったしw
 次回は最強と最弱を比較してみたいですね。そろそろセッティングも考えないといけないタイムになってるし。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

南アルプス縦断ツーリング(バイク)

 その広さからエターナル静岡ともネタにされる静岡ですが、都市や観光スポットが海沿いに集中してるので、山の方にはなにがあるんだろう…?と前々から考えてました。
 そもそも道も見当たらないし…と、数ヶ月前に地図を眺めていたら長野から静岡まで北から南に縦断する国道152号線を発見しました。
 見た感じかなりのワインディングで楽しそう…しかしネットで調べてみると「酷道」と呼ばれるほどに荒れた道みたい。
 若干不安ですが、足が着かなかったZX6Rと違って足着きも良くハンドル切れ角の大きいMT-07に乗り換えたことですし、なんとかなるじゃろ…と、一泊二日でツーリングに行くことにしました。

 まずは中央道で諏訪南ICを目指します…が、圏央道から中央道接続のあたりが渋滞20kmの表示…
 迷った末、途中で圏央道を降りて走りなれた道志みち~牧馬峠経由で甲州街道に出て、グーグルマップの指示通り大月まで行ってから中央道に乗りました。
 渋滞は回避できたけど時間的には余計にかかったかも…

 諏訪南ICに着いたのは11時20分ぐらい。10時半~11時ぐらいに着けるといいなと思ってたので、出発が30分遅れたことを考えると悪くない到着時間。
 そこから152号線を目指します。

 先日緑内障の診断を受けてから、いつか目が見える前に綺麗な景色をいっぱい見ておきたい…と思うようになったので、後ろから来る車に道を譲りながら、制限速度弱ぐらいのペースでのんびりトコトコ走行。
Mixi2159
 途中で「古民家カフェはじめました」の看板が気になり、老夫婦(多分)が営んでいる古民家カフェ和幸でケーキセットをいただきました。
Mixi2160
 メニューにはカレーセットとハンバーグセットしか載ってなかったんですけど、「ケーキとかありますか?」って訊いたら用意してくださりました。

 さてそこからしばらく走ってると、山の方の天気が怪しいな…と気がつきました。
 しばらくすると大粒の雨粒が…と思う間に土砂降りになってしまいました!
 ちょうど右手に大きな建物…「体育館」という文字が目に入ったので、ここの軒下で雨宿りしよう…ゲリラ豪雨なら10分20分ぐらいで止むだろう…と。
 軒下にバイクを停めましたが雨を凌げるほどではない…自分も濡れてしまうので、別の軒下に移動。

 止まない…
Mixi2161

 ちょっと弱まった隙に建物の様子を見に行ってみるとちょっと屋根がある部分に出たのでそこの下で雨宿り。
 横の看板には温泉の文字が…あ、ここ温泉施設でもあるのか。

 そうしてるうちに再び雨が強まり、雷も激しく鳴り始めました。稲光と雷鳴が同時だしすぐ近くに落ちてるのでは…すごい音だし…
 結局小一時間経っても雨が止む気配はなく…しかし降ってるエリア自体は狭いので10分ぐらい走れば雨雲を突破できるだろう…と、先ほど雨が止んだ隙にシートバッグからカッパを取り出して着込んでいたので、意を決して土砂降りの中走り出しました。

 しばらく走ると「全面通行止め」の看板が。そう、ツーリング前日にスマホのグーグルマップを眺めていて5月~10月間で土砂崩れの復旧のために全面通行止め区間があるのを知ったんですよね。
 「大鹿村までは行けます」って書いてありますし、そこにある中央構造線博物館を見たかったのでその先を目指します。
 途中で流れ出た泥で路面が真っ茶色に…と思いながら走っていると、なんと落石が路面全体を覆うように起きてます…
 とりあえず石の少ないところを探して乗り越えつつ先へ。ここが一番不安でした。

 大鹿村に着きましたが相変わらず雨が止まない…ずぶ濡れで中央構造線博物館を見学する気にもならなかったので、それも諦めて長野県道22号線で一度西の市街地を目指します。
 市街地に着く頃にようやく雨雲を抜けたのですが、また雷鳴が聞こえ始め、コンビニで地図を確認しようとバイクを停めた直後からまたしても土砂降りに…
 地図も見れなかったのでとりあえず国道153号線を南へ進みます。しかしこの道は予約してるホテルと逆方向の西へ行ってしまいます…
 相変わらずのゲリラ豪雨の中、ショッピングモールのようなものを見つけたので軒下で雨宿りしつつ地図を確認。おおよその当たりをつけて走ってると雨が止み始め、ちょうど「こっちへ曲がったらどうかな?」と思ったポイントにコンビニがあったので地図を確認。152号線への復帰ルートとして考えていた151号線に行けそうだったので、そっちへ向かってみました。

 前述の通り雨はほとんど止んでたのですが、151号線に入ったあたりで再び土砂降りに…
 視界最悪の状況の中峠道を走っていると、ようやく4時半ぐらいになって雨が止みました。
 もうとにかく最短ルートでホテルを目指さないといけない時間なので、グーグルマップの最短ルート指示に従い、途中新東名の浜松SAでお夕飯を食べてチェックイン予定時刻30分遅れの8時半に掛川のホテルに到着しました。

 結局二時間近く雨の中を走ることになってしまいましたが、まぁこれも旅の楽しみかな…と。実際雨の中走ること自体はちゃんとカッパ着てればそんなにイヤじゃないですしね。好き好んで走りたくはないですけどw
 しかしシートバッグも防水リュックも全部浸水してしまって着替えやらなにやらがびしょびしょになってしまいました…

 さて翌朝。幸いにして装備品は一晩で全部乾いたので着替えて出発。
 二日目は基本的には帰るだけなんですが、ツーリング直前に静岡のフォロワーさんであるおすずさんに「飯でも食わんかー」と声を掛けてOK貰ってたので、途中で合流してから西伊豆へ。
 海鮮丼を食べてから箱根の大観山へ。ここでお茶を飲みつつしばし歓談してから解散、滅多に使わないターンパイクを使って箱根を降り、そこからはグーグルマップの指示に従ってとんでもない道を走らされたりしつつ二時間ほどで帰宅しました。

 前述のようにこれも旅らしくていいんじゃないかな…と、結構満足感のあるツーリングなのですが、予定を全くこなせなかったのもまた事実なので、そのうちリベンジしたいですな! 目が見えるうちに。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

エアコッキングのPC356買った(エアガン)

 一ヶ月ほど前にM500買いましたけど、あの日は本来エアコキ18禁のPC356買いに行ったんですよね。いや何を衝動買いしてもいいようにってお金いっぱい持ってったけどw
 で、まぁ1万~数万するガスガンと違ってエアコキは3000円で買えるからまぁ近々買おうと。
 先週の土曜に浅草行った時にアキバ乗換えだったからアキバでエアガンショップ巡りしたんですけどねぇ…その時もPC356買うつもりだったのになんかまた今度でいいかなってスルーしちゃいました。
 後で書きますけどあの日は他の事で悩んでたからなあ。

 

 で、やっぱり我慢できなくなったので今日ECHIGOYA横浜店に買いに行ってきました。

 

Ea3tbvnu8aahbhh 外観的にはやはりガスガンと比べるとチープですけど、そもそも定価が三倍以上違いますしねぇ。昨年買った10禁の電動ガンP30と比べれば数段力が入った仕上がりだし、重量もガスガンと比べると全然軽いけどマガジンが重めなこともあってそこそこの重量。
 グリップも特に握りづらい感じもなく好印象。
 なによりルックスがいいですよねぇ…このシルバー×ブラックのカラーリングがかっこいい!
 ちょっと前にフォロワーさんがツイッターに写真アップした時から気になってたんですよねぇ…

 

 早速撃ってみると…たしかにAmazonのレビューでみんな口を揃えて言ってるようにコッキングが固い。
 最初はそんなに気にならなかったんですが、しばらく撃ってるとスライドを引く指が痛くなってくるし、引ききれなくなってきて給弾不良が起き始めました。
 疲れてなければしっかり引ききれるんですけどねぇ…

 

 命中精度に関しては3mぐらいから撃ったら的のど真ん中に着弾しまくってなんだこの命中精度!と思いましたけど、5mぐらいのところから撃ったら異常な弾道を描いて的の遥か上方に。
 アタリが付くまではホップが不安定ですって注意書きの紙が入ってたからそのせいかな。明後日の方向に飛んでったのは二発ぐらいだったし。

 

 今回エアコキが欲しかったのは、ちょっと撃ちたくなった時にガスガンだとガス注入しないといけないし、電動ガンだとバッテリー入れないといけない(入れっぱなしにしとけばいいんだろうけど放電しそうだし)しでめんどくさいなあ…と。そんな時玉入れてスライド引くだけで撃てるエアコキが楽かな~って。
 今日撃った感じ凄く撃ちやすいし命中精度高いしで、結構コレで遊ぶ機会が増えるかも知れません。

 

 

 さて最後のちょっと重い話題ですが、緑内障になってしまいました。緑内障と網膜静脈閉塞症を併発。
 メガネが傷だらけで全く見えなくなってたので新しいメガネを作ったんですが、それに慣れてないせいか視界がチラチラするのう…と思ってて、ふと本を読んでる時に片目を閉じたら左目の視野にところどころ欠損があって文字が消えることに気がつきました。
 それで一週間前に病院に行ったら↑のような診断。

 

 結果的には視野検査の末、運転には問題ないと言われてひとまずは点眼薬による治療と定期健診で大丈夫ってことになったんですが、最初の診断の時に「バイクに乗るのは厳しいと思う」って言われてすごいショックを受けたんですよね。
 バイク乗る仕事だからその診断を受けて職場に電話したんですけど、「もうバイクに乗れないらしい」って一言が泣いちゃって言えなかったぐらい。

 

 で、↑に書いた浅草行ったのがその翌日で、まだ検査次第ではわからないけどあの先生の口ぶりからするともう運転は出来なそうだなあ…と思ってたので、仕事も辞めないと…と思ってたからエアガン買うどころではなかったって話でw

 

 まぁこの先どうなるかわかりませんが、まだもうちょっとバイクで遊べそうなので、今を大事に生きていきたいですね~。

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

2019年SSKillers第二戦(バイク)

 一昨年の最終戦から参戦している桶川スポーツランドで開催されるレース「SS KILLERS」
 その第二戦が今日開催されたので参加してきました。

 最後に桶スポで練習したのはもう三週間近く前…そしてその時は自己ベストの一秒落ちぐらいのタイムしか出せず悶々…
 右コーナーに悩みができたので10日前に右回りのトミンモーターランドを走りに行ったおかげで右コーナーの自信は復活。
 前回の桶スポでタイムを落とすまでのここ二ヶ月間は走るたびにベストを更新する好調っぷりだったので、今日のレースはその調子の良さを戻せるか、前回の不調を引きずるか全く読めませんでした。

 さてこないだのトミンでブレーキパッドの残量がほとんどないことに気がついたので朝イチで新品に交換。新品の一発目はブレーキ効かないことを忘れててピットロードに入る時に思ったように止まらずあたふたしましたw
 アタリが付くまではあまりがっつり掛けない方がいいかなー…と、プラクティスはお友達のかもめさんの後ろで控えめなブレーキングでまったり走行。
 残り一周のところでかもめさんが譲ってくれたのでクリアで走って自己ベスト1.2秒落ちの45秒3。
 うーむ…これなら予選で少なくとも44秒台には入れられそうな気がするけど、もしかしてここで頭打ちかも…?

 毎回予選は「クリアが取れずにタイム出せないかも…」って不安感で緊張するんですよねぇ…
 数周アタックしたところで前に詰まったので後ろの車両を行かせて間隔を取ってから再アタック。
 自己ベストコンマ4秒落ちの44.5秒が出たのでまぁこんなとこじゃろ。

 予選グリッドは四位。ちなみに前戦も四位w
 前戦はCBRカップと混走だったので実際のグリッドはもうちょい後ろでしたけど今回は単独開催。グリッドは二列目イン側。
 うーん…普通にスタートすれば1コーナーにイン側から進入できるから有利かなー…って気がするけど、外から被せられたり前に詰まったりして行き場がなくなると困るな…

 いよいよスタート…と、レッドシグナル点灯で体が動きかけてあやうくフライングするところでしたw
 前回に引き続き表彰台が狙える予選ポジションなので気持ちが先走ってますねw

 これで少しリズムを乱したのと動き出して軽くフロントアップしちゃったのとでスタートは微妙…1コーナーで真後ろの7番グリッドの方にインに入られちゃいました。
 しかしなんとかポジションキープして新コース3コーナー(ミドルコース的には2コーナー)へ。
 この3コーナーと次の4コーナーを押さえられればもうあとは9コーナーぐらいしか抜かれるポイントはないので、4コーナーを抜けたところでちょっと一息。
 1コーナーとかちょい慎重に走っちゃったこともあって一時は三位と一秒以上離された感じでしたが、ここで自己ベスト更新かつ初の43秒台となる43秒9を出して五周目あたりまでには追いつくことができました。

 ここで一度ホームストレートで後ろを確認すると後ろはついてきてない…よし、ここからは前だけ向いて攻めるぞ。
 三位の方が予選ポールだっただけにペースが良さそうで、ムリなラインから二位の方を攻め立ててるので、立ち上がりが遅くなるところに付けこめないか…と後ろから見てたんですが、帰宅してから改めて車載動画見返したら、付いていくのがやっとで仕掛けられる距離まで接近できたのは数回しかないですねえ。

 そうこうするうちにファイナルラップ…前の人はなんとかポジション上げたいだろうし、一か八かのアタックを仕掛けてくれればあるいは何か起こるかも…?
 と、思って見てましたが、最後9コーナーでちょい失速して張り付くところまでは行けたものの仕掛けることはできずに張り付いたままチェッカー…うーん、前回もお友達のバリオスマンに張り付いたまま四位でチェッカーだったからまたしても同じ展開…
 って言うか前が二台ともNSRだったんですけど、直線で離されるから仕掛けようがない…

 ともあれ、今回のレースには大満足。みんなから「NSR相手に食いついてくのが熱かった」って言ってもらえたし、自己ベストも更新できたし今のぼくにできるベストなレースはしたんじゃないかな。
 前戦は…レースにたらればは禁物とは言うものの、ぼくの目の前でコケた車両がぼくのラインを塞いでなければバリオスマンを抑えて三位表彰台をゲットできたのでは…とか、いやでも前の人がコケなければ離され傾向だったし四位キープが精一杯だったな…とか考えてちょっともやもやしてましたけど、今回はそういうたらればの余地がないレースなのでスッキリ。

 あと前回の練習で気になった「6コーナーから7コーナーの切り返しでスムーズに寝かせられない時があるのは何故だろう?」って疑問も前回のトミンでヒントを掴めて、今日実際に試したらスムーズに寝かせられたので、コレは解決した…かも。

 さて次戦は9月の第三戦新コース。ミドルコースと新コースのタイム差2.5秒…という目安からすれば46.4秒がターゲットタイムですが、どうかな…まだ47.1までしか出てないですからね…そこからコンマ7秒。
 もともとミニバイクの頃から新コースは苦手でしたけど、大型ではそこまで極端に新コースが遅いわけではないので、なんとか9月までに目標をクリアしたいです。少なくとも46秒台後半をアベレージに出来れば上位クラスにあたるTWIN4でもなんとか戦えますし。
 まぁなにはともあれ練習ですな~。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

トミンまた自己ベスト更新した(バイク)

 先週の桶スポでSSKillers上級クラスのTWIN4を戦うナベック&みのむし両氏にウチのNinja250Rを試乗してもらいましたが、二人ともに言ってたのが「フロントが柔らかすぎる」
 前戦のSキラ前にフォークオイルを交換したんですが、前オーナーが入れてた番手がわからなかったので純正指定の10番を入れました。しかし先週前オーナーに問い合わせたところ、今まで入ってたのは15番だったとのこと。今は以前より番手が落ちてますね…
 スプリングも柔らかいと思うとのことですが、とりあえずフォークオイルの番手だけ変えてみては?と言われたので、お二人が使ってるスズキの20番を入れることにしました。

 

 さて再来週末はSSKillers第二戦ですが、Sキラ前最後のお休みとなる今度の日曜月曜共に雨予報…
 今日のお休みはなんとか曇り予報になりましたが桶スポは定休日…なので一ヶ月ぶりにトミンを走りに行ってきました。

 

 前回のフォークオイル交換は結局うどんさん&めえさんにあらかたやってもらってしまったのですが、今回は一人でチャレンジ。最悪三時間ぐらいかかったとしても30分走れればいいかなー…と作業開始。

 

 前回作業してくれたうどんさんも苦戦してましたが、今回買ったギアプーラーの爪がうまいことトップブリッジに噛まなくてスプリング縮めてクリップ外すのに四苦八苦…
 それでも左側はすんなり外れたのですが右側を外すのに30分ぐらいかかってしまい、ギアプーラーの爪を止めるボルトが曲がるわ、トップブリッジは傷だらけになるわ、プリロードアジャスターの頭は潰れ掛けるわ大変な状態に…

 

 ひとまずなんとか交換は終わったので取り付け作業を…と、ふとブレーキキャリパーを見ると…もうパッドの溝がほとんどないではないですか!!!
 えー…まだゴールデンパッドに換えて4ヶ月ぐらいなのに…そういや6Rの時も異常に減りが速いと思ったなあ…
 まぁメタリカやZCOOと比べて半値近く安いし、フィーリングも大好きなのでいいんですけどね…

 

 しかしただでさえブレーキに厳しいトミンで今にも終わりそうなブレーキパッドではちょっと怖くて走れない…
 まぁあまりがっつり攻めずに数周走ってフォークの様子だけ見よう…とコースインすると、七周目に自己ベストコンマ2秒落ちの29秒211をマーク。
 最近いつもこんな感じなんですけど、落ち着いて余裕を持って走ってるつもりなのにすぐに自己ベスト近辺のタイムが出る…まぁ先週の桶スポはイマイチだったけどw

 

 こりゃあわよくば自己ベスト更新してNinja250Rでは初の28秒台入れて帰りたい!と再度コースイン。
 後ろから時々ツイッターでRTが流れてくるトミン常連のMT09の方に追いつかれたので前を譲って追走。
 引っ張ってもらったおかげか自己ベストをコンマ1秒半更新する28秒962が出たのをラップタイマーで確認したので今日はもう切り上げようとピットに戻りましたw
 結局今日走ったのは21周…時間にして10分ちょっとw それで自己ベスト更新したんだから効率いいw

 

 フォークの方は…コースインした時にフロントのしっかり感は感じましたが、走行中は特にこれと言って…
 むしろ最終コーナーで一度フロントがドドドっと滑ってビビっちゃいましたw
 リアサスを換えて車高を1cm上げたのに合わせて前オーナーが設定してたフロントフォークの突き出しを6mm戻してたんですが、先週みのむしさんから「前が高い印象」って言われたこともあり5mm突き出しを増やしてみたので、その影響もあったりなかったりするのかな。

 

 さて桶スポを走ってると「右コーナーが上手く走れんなあ…」と思うんですが、全4コーナー中3つが右コーナーのトミンを走ってると、オレ右コーナー得意かも!って感じるんですよねw 桶スポの右コーナーが苦手なだけだったw
 思うに、ちゃんと体勢を作ってがっつりブレーキングして進入するコーナーは問題ないんですよね…桶スポの右コーナーは左から右へ切り返す上にほぼブレーキを使わない右コーナーが二つ(7&最終コーナー)、エンブレだけで入る高速コーナー(5)、寝かし込みながらブレーキかける3コーナー…と、ちょっと癖のあるコーナーが多いので、きっちり体勢を作ってブレーキングして入るコーナー以外のパターンが上手くいかないのかも。
 なんとなく改善策が見えてきた感もあるので、次の桶スポで試したい…けどレース本番までもう練習機会なさそう。
 今思ってるとおりならぶっつけ本番で試して上手くいきそうな気がしてますけどね。

 

 まだ四年前にZX6Rで出した28秒5には届かないですが、250ccで28秒台を出せばまずまずいい感じなんじゃないですかねぇ。
 最近は桶スポもそうですけどトミンもタイムのインフレが進んでるのでこれぐらいのタイムだとあまり速く感じないのが恐ろしいところですがw
 まだまだ走ってて詰める余地があるのを感じてたので、現在の仕様でも6Rで出した28秒5ぐらいまでは出るんじゃないかな。
 って言うか五年前の6RのGPSログと見比べたら最終コーナーが遅くなってるので、ここをもう少し速く走れればそれだけでコンマ1~2秒は上がりそう。

 

 トミン、筑波と右コーナー主体のサーキットを走ってたら一ヶ月ぶり走る桶スポでも右コーナーがスムーズに走れるようになりましたが、先週はまた…特に7コーナーがスムーズに寝かせられないようになってたので、一ヶ月に一回ぐらいトミンを走って右コーナーの反復練習をするのも手かなあ…と思う今日この頃。

 

 さて日曜or月曜の天気予報が好転してSキラ前に一度練習に行けないかな…

| | コメント (0)

«初めてリボルバーのエアガン買った(エアガン)