2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

2024年4月16日 (火)

タイムDENEEEEEEE!!!!!(バイク)

 日曜は関東ロード! 前戦はエントリーしたものの仕事の休みを申請しそびれてて出勤になってしまったので、ぼく的には今回が開幕戦。
 ここのところ練習してた上体の動かし方はだいたい掴めたので、今日からはレースに向けてタイムを出す練習。
 一枠目はまず体を動かす練習。
 二枠目はー…以前ムーミンと緑一色さんに「1コーナーでブレーキングした瞬間に動きが止まる」って言われたので、え?寝かしながら体止めずにブレーキングできる?とトライ。
 ブレーキをガッツリかけずにソフトに掛けて速度を調整する感じのブレーキングで走ってみました。せっかくなので他のコーナーもそんな感じで。
 うーん…タイム出ないな…一枠目よりはコンマ1秒タイム上がったけど41秒924。まだ自己ベストコンマ7秒落ち。

 やっぱりブレーキは強く短く掛けて素早く減速か…と三枠目はブレーキングは短く、開けるのも出来る限り早く…とだいぶ攻めた走りをして体感的には41秒台前半は出たはず。

 41秒839…?二本目よりコンマ1秒上がりましたが体感よりだいぶ遅い…
 自分的には目一杯攻めて走ったのでこれ以上は厳しい…って言うか自己ベストはおろか先週のベストよりコンマ2秒遅い…
 アベレージタイムも42秒台前半から半ば…体感的にはこれも41秒台半ばぐらいで安定してると思ってたんですが…

 あまり気合い入れ過ぎずに落ち着いて確実に操作するか…思えばここのところはそうやって走ってたしな…と走り出した四枠目は42秒076…まぁ気合い入れなければタイム落ちるよね…

 ちょっとグローブの着け方が悪くて指の関節が擦れて痛くなってきたので今日はここで終了。

 なんでタイムが出ないのかわからない…敢えて言うと1コーナーのバンク角が浅いかなと。なんか膝を擦るか擦らないかのギリギリのバンク角ぐらいだし…以前は膝を擦ったところからさらに膝を畳んで寝かしこんでましたからね。
 最終も̟̟前より寝かせられてない感じ…もしかして左コーナーが全般にダメ?

 バイクを寝かすだけならリーンアウト気味の方がやりやすいと思ってるんですが、逆に今試してるように体を入れると寝かしづらくなるのでは?と前々から思ってて、でも体を入れた分重心がインに入って辻褄合うのでは?とも考えてましたが、やっぱり寝かせられてないのが問題かも…
 これも体を入れてるから寝かせられないのか、体を入れたフォームでの寝かし方のポイントが掴めてないのか寝かせられないのか、そもそも減速しすぎちゃってるのかもよくわからない。
 寝かせられないから速度乗せられないのか、速度が乗ってないから寝かせられないのか…といういつもの卵とニワトリのジレンマ。

 今回は先月の桶耐まで新コースだったことで旧コースでの練習が三回しか出来てないのもちょっと痛い…体を入れつつバイクを深く寝かしこむにはどうすれば?みたいな練習まで辿り着けなかったので…

 まぁ二ヵ月に一度レースに出てれば上手く纏めきれないレースもあるよね…ということで、今回はこれで行きますw
 レース当日にもうちょっとトライして上手いこと行くといいんですがね…

2024年4月 6日 (土)

HJCのヘルメット買った(バイク)

 HJCというと韓国メーカーと言うことで安かろう悪かろうなのでは?的なイメージがあり、数年前にHJCユーザーだったホルヘ・ロレンソが雨のレース中にシールドが曇ったことで他メーカーに変えた…という話を見た事でさらに印象は悪化。
 で、現在ワールドスーパースポーツに参戦中のステファノ・マンツィの黒字にグリーンの矢印マークのヘルメットが好きなんですけど、HJCのヘルメットで同じような配色のヘルメットを発見して半年前ぐらいから気になってました。

 実売価格で15000円程度と大変お安いのですが、昨年夏あたりから深刻な財政難に陥ってるぼくとしてはそのお金を出すのも躊躇ってました。
 そんな折、街乗りで使ってるSHARKのDRAKがですね…高速域でフェイスマスクが顔面に張り付いてメガネが目に押し付けられるのが耐え難くなってまいりましてw
 やっぱフルフェイスだよなー…と思ってた事もあり、街乗りメインでレースの時だけ被るためにHJCのヘルメット買ってみました。
Gkkarmbauaaekfo
 で、先日公道で被ってみたのですが…めっちゃ曇る!
 被った段階でメガネが曇り始めるしシールド閉じるとシールドが真っ白に。
 走り出すとまぁなんとかなったので、今日サーキットで試しに被ってみたんですが走行中でもシールドが真っ白になって何も見えん!
 SHOEIのヘルメット同様シールドがラチェット式で微開で固定できるので、その状態で走ってなんとか一枠目をこなしましたw

 これじゃ話にならん、ピンロックシートを注文してあるのでそれ付けて…も厳しそうだなあ…と思ってるところにフォロワーさんから「顎下のチンカーテン付けたままだとめちゃめちゃ曇る」とリプが付いたので、チンカーテン外してみたら解決!
 ぼくの20年弱のバイクキャリアの中で二~三年間だけSHOEIのヘルメット被ってた時期があるんですが、思えばあの時もチンカーテン外してたなあ…あの時も曇ったんだっけな?
 別のフォロワーさんからは曇らないってリプも頂いたので、ぼくが鼻炎持ちで口呼吸なのも良くないんでしょうねえ。

 というわけでHJCのヘルメットでシールド曇る人はチンカーテン外すと解決するかもですよ、と。

 関東ロードのエントリー用紙はヘルメットメーカー書く欄もあるんですが、これならレースで使えるのでHJCと書いてきましたw

 さて今日の練習課題は先週に引き続き上体をインに入れること。ただこれに関しては先週であらかた矯正できたのと、相変わらず仕事中に練習してるおかげで今日はちゃんと出来てるか車載カメラで確認するために走行。
 一本目で体を動かすことを意識してるとかなり入るんですが、ペースが上がって頑張り始めると移動量が減りますね…それでも一時の強リーンアウトフォームよりは全然良くなりましたが。
 まぁこれに関しては引き続き意識しつつ、そろそろ関東ロードに向けてタイムアップしないと…えっ関東ロードまでもう二週間???
 来週土曜が桶スポ貸し切りで走れないみたいなので、走れるのはあと一回ぐらい…うーんせめてあとコンマ4秒上げて自己ベストタイぐらいは出したいが…
 多分自己ベスト出した時は前のラップよりほんの少しずつ改善してって最終的に出たんだと思うんですよねぇ…
 MotoGPライダーとか各地のサーキットを転々とするライダーはこの作業を数周ぐらいでやってのけるんでしょうねぇ…ぼくは半日掛かるけどw

2024年3月30日 (土)

フォーム矯正だいたい終わった(バイク)

 先週の桶耐直前に上体をインに入れるための体の使い方のポイントが掴めたので、これでフォーム矯正できたやろ…と走行写真を確認すると、右コーナーで脇が閉じてて窮屈そうでカッコ悪い…
 あぁそうか、二年前ぐらいに寝かし込みのきっかけで肘を落としていくと腕から力が抜けていい…と思って変えたのが原因か…思えばあの時もみのむしさんに「逆じゃないですかね…?」って言われたのを思い出した。
 この二年間走ってみた感じとしては確かに力は抜けるんですよ。でも上体をインに入れられない…というか、入れなくても辻褄が合っちゃうんですよね。
 で、先日から肘を落とさないで曲げていく方向で試してみたら、これだと逆に上体をインに入れないと上手く寝かせられないんですよね。

 なるほどそういうことかー…と今日桶スポで試してみたところ、尻オンボードで確認した感じでは矯正は完了してそう。ただ走行写真で確認してみないとまだ安心できないな。
 左に関してはもともと問題なかったのもありますけど、肘を下げずに曲げていくことを意識したおかげでさらに良くなった感じ。今日立ち見さんが撮って下さった写真を見ると左に関してはもう全く問題ない。
 まぁさらに体を落としていくチャレンジをしてもいいですけど…目指せマルティンw

 で、今日は頑張りすぎてフォームが元に戻っちゃっても元も子もないし、あまり頑張らずに自己ベスト一秒落ちあたりでフォーム矯正に専念しよう…と思って走ったんですが、頑張ってみても自己ベストコンマ6秒落ちしか出ない。

 うむむ…と思って観察してみると、新&ミドルコースの8コーナーは進入で寝かしたらそのまま加速して回っていきますけど、旧コースの最終(要は8コーナー)は出口でもう一度スロットルオフして向きを変え直してから加速…になるんですよね。
 そこでもう一度寝かしこむ体の動きができなくて少し浅めのバンク角で曲がり続けちゃう癖があるんですが、それが出たなー…と思って最後の枠で多少矯正。しかし体力切れもあってかタイムはさらに落ちて自己ベスト1.2秒落ちでしたw
 多分この最終でタイムロスしてたのと、1コーナーもまだ上手く決まってないかなあ…

 まぁあと1~2回はフォーム矯正の方を意識して練習、その後でせめて自己ベスト近辺、できれば自己ベストを更新して40秒台…を目指して練習したいですね。

2024年3月24日 (日)

桶耐三位!(バイク)

 今日は埼玉の桶川スポーツランドで開催された二時間耐久レース「桶耐」にお友達のうらかぶさん&バリオスマンと組んで参戦してきました。
 車両はうらかぶさんのNinja250SL。クラスは初級クラスである大型白帯。
 借り物バイクではありますが、先週15分だけ試乗したのと、火曜に自分のRC390で走っておいたのでまぁそれなりに走れるかなと。
 先週SLに乗った時のタイムは48秒884。もう一枠乗れば47秒台には入っただろう…って感じで、今回エントリーした白帯クラスは47秒に入ってしまうと基準タイム超過でその周が無効になるという重いペナルティ。
 タイム超過の可能性が高いのですが、先週は前後R11とラジアルタイヤだったのに対して、レース本番はプラスハンデを貰うために前後バイアスタイヤでのエントリー。その分タイムが落ちる…特にぼくはリアのバイアスは初めて経験するので、そのタイムダウンでトントン48秒台になればいいかなと。

 午前中の予選を兼ねた練習走行では10周走って48秒549。このタイムで白帯クラスのポールポジションを獲得しました。
 まぁルマン式スタートなのでグリッドはそれほど重要ではないのですが…w

 午前中はミニバイクの二時間耐久決勝を行って終了。大型は午後です。
 スタートライダーはバリオスマン。イケイケなイメージがあるので序盤の接戦を戦うにはいいかなとw
 期待通りスタートでポジションを上げてその後は淡々と走行。
 しかし体力的に厳しかったのか早めにピットインしてきたので第二ライダーのぼくが対応できずに若干のタイムロスw

 もうポジションも落ち着いてるので淡々と走行…ですが、ラップタイムを確認するとうっかり48秒切りそう…
 かなり気を付けながら走ってたんですが、一回47秒9が出てしまい一周無効に。そこで第三ライダーのうらかぶさんにチェンジ。

 その後はクラス一位~二位あたりを走行。40分後にぼくの二度目の走行です。
 コースインして数周後に3コーナーで大きなクラッシュがあってフルコースコーション。
 これで隊列が圧縮されたので、黄旗解除されたところがチャンス…と攻めたのが良くなかったらしく、走行後に確認したら基準タイムを一秒近く超過する47秒374を出してしましましたw
 計三周タイム超過してしまったので、最初の走行の一周と併せて四周が無効に…終わった…
 ぼくの走行枠の終盤、一時間半経過時点ではクラストップだったんですが…
 クラス二位でフィニッシュでしたが、ぼくのペナルティを計算しての最終リザルトは三位。表彰台には立てたものの、二位は固かっただけに残念…あわよくば優勝もあったのに…

 まぁ事前にうらかぶさんに「タイム調整はできないからドボンするかも」って話をしたらそれでも構わないとは言って貰えてたんですが、それでも当日になってみるとやっぱり可能な限りペナルティは回避したい…と思って走ってはいたんですけどねぇ…やっぱりペースを抑えて走るのは難しい…

 バイアスタイヤによるタイムダウンも期待してましたが、ぼくの乗り方はリアにあまり仕事をさせない乗り方(そのせいでミニバイクのタイムが遅かった)なので、今日も全くグリップ不足を感じることもなく普通に走れてしまいましたw
 転倒しないようにペースを抑えつつ、かつペナルティも気にしながら走ってのこのタイムなので、全開で走れば前後バイアスタイヤでも46秒台は入りそう。
 やっぱりSL速いな…ツーリングスポーツとはいえラジアルタイヤのS22を履いた街乗りRC390のベストとほぼ同じタイム出てますからね…前後スパコル履いたNinja250Rで出したベストタイムの1.8秒落ち。
 ちょっとSLの速さとバイアスタイヤのグリップ力を侮ってたのがペナルティの原因ですね‥

 ともあれ表彰台には立てましたし、なによりやっぱり仲のいいメンツで出る耐久レースは楽しい!
 良い一日が過ごせました。

2024年3月19日 (火)

ちょっとRCで桶スポ走りに行ってきました(バイク)

 今日は休み返上で仕事の予定だったんですが、予定が変わって普通に休みになったので(それを知ったのは昨晩w)、急遽午後から走りに行ってきました。
 ちと試したいことがあって…RCのステップの低さを補うために下半身のホールドの仕方を工夫してたんですが、その方法がそもそも間違いだったのでは?
 翻ってみると二年前ぐらいからコーナー進入時の姿勢作りを変えたんですが、そもそもそれもハズレではないもののもっと良い方法があるのでは?と思ったので、その確認。

 結論としてはー…タイム的にはRCの自己ベストタイぐらいだったので、変えたおかげで良くなったのか、どっちでも変わらないのか、もともとそうやって乗ってたのか(というかそう乗らないとそもそも寝かせられないとか)、なんともわかりませんw
 土曜にうらかぶSLに一枠だけ試乗した時もそうでしたけど、大型で桶スポ走るととにかく寝かせるだけで手一杯で改善点とか考えてる余裕がないw

 他にもいくつか思いついた事があったので試したんですが、全部そんなことは不可能という結論にw

 うーむ…色々改善点を試すならNチビで走るか、RCで走るならトミン走った方がよかったのかも。

 で、今日のタイム47秒299は悪いタイムではないんですが…できれば46秒台アベレージぐらいで走りたいですよねぇ…いかに街乗りバイクとはいえ。
 コケてバイク壊したくないので要所要所セーブして走ってますけど、転倒を気にせずもうちょっと攻めればあとコンマ5秒は詰められると思うんですよね。ただそれ以上…45秒台はとりあえずタイヤをS22からスパコルに換えて、それなりにちゃんと練習しないと出そうにないなあ。
 ブレーキと足回りは純正のままでもイケそうですけどねぇ…現状全く不満がないので。

 とりあえず日曜の桶耐に向けての練習走行は終わったので、あとは雨が降らないことを祈るのみ…

2024年3月16日 (土)

七年ぶりにNinjaSL乗ってきた(バイク)

 来週末は桶川スポーツランドで開催される耐久レース「桶耐」がありまして。今年はお友達のうらかぶさんのNinja250SLで、うらかぶさん、バリオスマン、ぼくの三人で組んで出ることになりました。
 まぁぶっつけ本番でもいいんですが、まぁ一度乗っておいた方がいいかなと思って今日試乗に行ってきました。一枠15分だけw

 RC390のステップ位置が低いのを補うためにステップの足の置き方を工夫して解決してたんですが、どうもそれがハズレなのでは?と昨日思ったので、それを改善したかったんですが、意識はしたものの初めて乗る車両ということでただ走るだけで精一杯でしたねw
 って言うかNチビだと色々改善する余裕があるんですけど、桶スポで大型だとバイクを寝かすのに手一杯で色々考えてる暇がない感…w

 タイムは48秒884。初めて乗るバイク(しかも人様の)で10周ちょいしか乗ってないことを考えればまぁまぁかなと思いますが、体感では48秒2~3ぐらい出たかなと思ったんですけどね。
 ちなみにSLは七年前に一度龍さんのSLにこれまた15分枠一枠だけ乗ってます。SSKILLERSの走行会枠で。
 その頃ちょうど借り物Nチビで走ってた時期で、まだNinja250Rを手に入れてSSKILLERSに参戦を始める前だったんですが、乗った瞬間に「Nチビか?」と思うぐらいコンパクトでしっくりくるポジションだったのを憶えてます。
 久々に乗ってみるとさすがにNチビは言いすぎですけど、RCより遥かにコンパクトで乗りやすいポジションでした。RCってぼく的にはハンドルが高すぎて開きすぎなんですよね…

 旋回もRCよりさらに軽量な車体のおかげか良く曲がる印象。ブレーキはRCの方が効く感じで、ちょっと止まらない気がしました…が、握りこみが足りなかったのかも。
 みんなが「うらかぶのバイクは乗りやすい」って言ってますけど、足回り的には良好。若干リアがぼくの好みより柔らかい感じがしましたけど、6コーナーで一回思っただけなので特に問題ないかも。
 RCよりパワーが少ないのでさらに開けやすいのが良いですね。RCも開けづらいと思ったことはないですけどねw

 2stのNチビはシフトダウンの時にブリッピングしないし、クイックシフター&スリッパークラッチ搭載のRCもブリッピングしないので、最初いきなりブリッピングし忘れましたが特に問題なかったですw 次からはちょんとやりましたけど、時々忘れるw

 トータルとしてRCと比べるとSLの方が一段乗りやすい印象。RCの方が良いのはブレーキと排気量の大きさから来るパワー&トルクかな。
 もう一枠走ればギリ47秒入ったかなー…って感じですが、今回の桶耐は初級枠でエントリーしてるので47秒入っちゃうと基準タイムオーバーでペナルティ。
 ただ、今日はタイヤがブリヂストンのR11だったんですが、当日はフロントBT39SS、リアがロッソスポーツと前後バイアスになるので、その分タイムが落ちてまぁ48秒台トントンぐらいになるかなー…って感じ。
 フロントBT39SSはNinja250R時代に履いてたからわかりますが、リアのバイアスタイヤは今回のチームでは唯一ぼくだけが未経験なので、当日どうなるか…ですね。
 まぁそこまでガチなレースでもないし、ガチで入賞を狙うチームでもないので、楽しくレースできればいいかなー…と思ってます。

2024年3月 9日 (土)

袖ヶ浦TRACKLife走行会に参加してきました(バイク)

 20日にKTMディーラーを始めとした各店が主催する袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会が開催されるのでそれにエントリーするつもりだったんですが、仕事が入ってしまいまして…
 途方に暮れていたところに、サーキット走行者を対象としたスマホアプリ、TRACKLifeさん主催の走行会が開催されるのを知ったので、今日参加してきました。

 一枠の人数も少なく、250㏄クラスが設定されてるので(ぼくのRC390やヤマハのYZF-R3等も最近の傾向として250㏄クラス扱い)、各人のペースが近く、とても走りやすい走行会でした。
 あたかも筑波のC枠を走ってるような感じ。

 最近筑波2000も走れてないので、大きいサーキットは半年ぶりぐらい?
 特に袖ヶ浦は高速コーナーが多いので、最初の枠はめちゃめちゃ怖かったですw

 一本目はラップタイマーが不調でタイム計測できなかったんですが、二枠目は1分23秒49。
 一年前のベストよりコンマ3秒遅いし、あの時は純正タイヤ、今はスポーツツーリングタイヤのS22を履いてる事を考えるとパッとしないタイム…

 さすがに昨年のベストは更新したかったので色々改善点を考えての三枠目、前の車両のペースに引っ張られたこともあって、RC390のベストをコンマ5秒更新、数年前のマル耐でレーサーNinja250Rで出した自己ベストにコンマ2秒届かない、1分22秒63が出ました。
 あわよくばNinjaのベストを更新したかったし、20秒台が出せたらいいなと思ってましたが、今はこれが限界…
 とはいえ、詰め所はわかってるけど怖くてできない…ってポイントがいくつかあるので、走り慣れれば21秒台は出ると思うんですけどねー…いかんせん年に一回も走らないのでw

 さて前回のNチビでの桶スポ練習で、外足でのニーグリップを意識すると走りやすいことに気が付きましたが、その後仕事中に色々試してて、単純に外足をイン側に倒していく動きでバイクを寝かせられるのか…と気が付きました。
 仕事中ずっと意識してたおかげでだいぶ無意識に出来るようになったので、それもあって今日の走行は期待してたんですが、ミニバイクでは有効だったけど大型だとイマイチかな…
 って言うか、基本ぼくは内足だけに集中してバイクを寝かしてるんですけど、内足を意識するか外足を意識するかの違いだけで、結局のところ今までやってた事と同じ気がする…
 まぁ一応桶スポで見にも大型も上級枠走れるぐらいのタイムは出せてるわけで、さすがにそうそう大発見はないか…
 まぁ↑で書いたように無意識にできるぐらいには矯正できてるので、今日も無意識にやってたかも…ですが。

 まぁミニバイクに関してはかなりいい感じだったので、今後もこれを意識しつつ大型の乗り方も良くなればいいかな…と。

 それにしても今日の走行会はホント走りやすかったので、次も参加したいですね。
 走行時間と走行枠がやや少なめですが、その分参加費も安いし、頑張って筑波の走行予約取って混みあってるファミリー枠走るよりも、この走行会で袖ヶ浦走った方が練習になる気がしてきた…

«走るたびに自己ベスト更新してます(バイク)

ブログパーツ

  • pixiv
  • twitter
無料ブログはココログ