« F1ドイツGP(結果あり) | トップページ | 革巻きにしたよ!(ビリヤード) »

2009年7月14日 (火)

こじり(ビリヤード)

 10日ほど前のハイランドC級戦で念願の初優勝は遂げましたが、どうもその数日前辺りから真っ直ぐの玉で右のヒネリが入っちゃう症状が出てるんですよねぇ…それも的玉との距離が遠くなるにつれてひどくなる感じ。
 センターショットぐらいまでの距離ならまださほどでもないのですが…

 それと関係あるんじゃないかと思うのですが、土曜日にエフレンさんと撞いた時に、手玉フリーで真っ直ぐに並べたコンビを狙ってる時、キュー先が右を向いてると指摘されました。
 その後調整して撞いたつもりだったんですが、案の定コンビは外れ…

 右コジリは完全にクセになってるので、やっぱり相当意識して左前に出すつもりで撞かないとこじっちゃうんだなぁ…と思いつつ今日の練習、その辺を意識してバラ玉撞いたら全然入りません。(^_^;
 意識しすぎなのか普段と逆に外しちゃう感じで…

 それでも短い距離の真っ直ぐ練習は大丈夫だったので、センターショットを撞いてみるとやはり微妙に右を撞き気味…
 そこで意識の大変革。

 今まで最初に手玉を見て撞く撞点を狙ってからは、手玉と的玉とキューを同時に視界に入れつつ(見てるのは手玉と的玉の間あたりの空間)、キューが真っ直ぐ振れてるか確認しながら素振りして、最後は的玉を見て撞きだしてたのですが、とにかく最初の数回は手玉の撞点だけを見て素振り。
 キューも真っ直ぐ振れてるし、手首や腕もヘンなこじりが出てないことを確認してから的玉を見ると…的玉の左側を狙ってるでがんす!!
 つまりここのところちゃんと真っ直ぐが見えてなかった…って事か?

 ↑にも書いたように、撞き出す瞬間は的玉を狙っているワケですが、おそらくその瞬間に的玉が右にズレてるのを認識して無意識に右を狙ってしまって撞点も右にズレる感じ。
 センターショットぐらいの距離なら、たまたま上手く噛み合って入る時も多い(それほど成功率は落ちてなかったので)みたいなんですが、それより遠くなると致命的に外れるみたいですね。

 とりあえず的玉の左を狙ったまま素直に撞きだしてみたら、当然の事ながら玉は右に外れます。
 今日のセンターショットはほぼ100%右に外れました。

 そこで、数回手玉だけを見て素振りした後に的玉を見て、的玉を真っ直ぐ狙えてないようなら立ち位置を変えて構え直すようにしたら、そこそこ入るように。
 逆に最初にバラ玉外しまくったのは、フリのある配置だと真っ直ぐほど明確な目標があるワケじゃない(狙い点はあくまで自身のイメージの中にしかないので)ので、もともとこういったこじりが出づらかったんでしょうね。そこで余計に意識して外す形になっちゃった感じ。

 ただ、真っ直ぐに関しては遠い真っ直ぐでも手玉無回転ビタ止まりで入れられますし、フリのある配置でも一人ナインボールで的玉とポケットがめちゃめちゃ遠くても入るようになりました。
 こ‥コレはイイかも?!

 …まぁその後二球取りきり練習とかは全く入らなかったので(爆)、一概にこれだけが原因とも言えませんが、少なくともこじりが出づらくなる気はするので、しばらくこの狙い方で試してみます。
 勿論、これまでも手玉無回転でちゃんとセンターショットやロングストレートを入れる事も出来てる時もあったので、何かちょっとしたフォームの崩れ(頭の位置とか)もあるのかも知れませんしね。


 …ところで先ほどOTAさんから「キューが仕上がった」とメールが入ったので、今から取りに行ってきま~す♪
 今さっきまで練習してたばかりですが、嬉しいのでさらに一時間ぐらい撞いて来ちゃおうかな??(笑)
 何のカスタマイズをしたかについては…帰ってきてからか、明日にでも写真付きでアップします♪

|

« F1ドイツGP(結果あり) | トップページ | 革巻きにしたよ!(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« F1ドイツGP(結果あり) | トップページ | 革巻きにしたよ!(ビリヤード) »