« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010年9月30日 (木)

盲点(ビリヤード)

 何度か日記で書いてますが、ボクはビリヤード始めた時から練習メモを取ってます。約三年で現在三冊目に入ったところ。
 その中に「左腕」に関するメモがないことに今日気がつきました。
 右腕のストロークも、右手のグリップも、顔の向きも、頭の位置も、腰の向きも、足の位置も、足の伸ばし方も、「左腕以外」の全ての部分について異様に細かいメモをとっているのに…

 ブリッジに関しては何度かメモ残してるんですよ。組む位置とか指の開き方の注意とか。
 最初の一年半分のノートを改めて読み返してみたのですが、その中で左腕に関する記述はわずかに二回。

 左肩に力を入れずにリラックスすること。<練習初めて間もない頃、インパクトの瞬間に力が入ってブレてる気がしたため

 左腕を曲げてブリッジの位置を右寄りに組むこと。

 後者は左腕と言うよりはブリッジに関するメモなので、実質的には練習を開始して一ヶ月ぐらいの時期に書いた前者の記述しかありません。
 二年目からつい先頃まで使っていたノートは未チェックですが…どうにも左腕に関するメモを取った憶えがないんですよね。
 やたらと細かい所を気にするボクとしては、これほどまでに左腕に関してだけ無頓着だったのが信じられません…

 ちなみに現在気を付けているのは↑と真逆…決して力むわけではないですが、左腕を伸ばして体を支える事を意識してます。

 もともとボクはこの三年間ずっと左腕を大きく曲げるフォームでした。
 これも何度か書いてるとおり、ビリヤードの練習を始めたての頃、ボクは須藤路久さんの著書「ビリヤードストレートマスター」をフォームの面では参考にしていたのですが、その中で「左腕は下に向かってたわめる」という記述がありました。
 続けて「曲げるわけではない。曲げると支えがなくなって体が左回転してしまうから」という記述もあったのですが、その一文に関してはすっぽりと抜け落ちたまま、ただ左腕を曲げてました。
 曲げた方が前腕がべったりとテーブルに着いて安定する気もしたし…

 しかしこの記述自体も最近Cue's本誌の須藤さんの連載でエラッタが出てて、前述の書籍ではダメと言われていた肘を外側に向けてピンと張るフォームの方が合う人もいる…と書かれてたんですよね。いずれにせよ「肘をロックすること」が重要だと。
 まさにボクの場合そうした方がフォームが安定する事に気がついたので、先週あたりからそうやって構えてます。
 元はと言えばもう半月ぐらい前…BC級戦の直前に「左肩の固定」がポイントかと気がついたのですが、確実に固定するにはどうしたらいいかを試行錯誤していてこのフォームに落ち着きました。

 そうした事によってセンターショットも安定してきた気がしてますし、今日2ラックだけボーラードをやったら、一回はいとも簡単にストライクが出たのは偶然ではない気がします。
 他のみんなと比べてどう見ても苦労してた感のあるボクですが、ようやく根本的な問題点が解決したのではないかと…

 このフォームにした事によって体の安定感が大きく増した印象があります。ショットの瞬間にブレない。
 逆に言うと、今まではやはりショットの瞬間に不安定感や体のブレを感じていたんでしょうね…

 まぁ今までも「画期的なポイントに気がついた!」「根本的な問題に気がついた!」と思いながらも、それほど劇的な変化はありませんでしたが(僅かずつですが確実に安定感は増してましたが)、今回こそは非常に重要なポイントなのではないか…と期待してます。
 来月のC級戦まではまだ一週間以上あるので、それまでに安定させていきたいところですね!

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

久し振りに首都高ラン(バイク)

 そういやちょっと前にボイス(と言うかツイッター)で呟いた違法駐輪バイクの話に凄い数のイイネ!!マークが付いて笑いました。皆さんの共感を得られたようでなにより。
 昨晩天誅丸さんにその話をしたら、大笑いと共に「それで正解!」との太鼓判を頂いてみたり。(笑)


 …さてその天誅丸さんから昨晩、ナイトランのお誘いが来ました。
 ここのところビリヤード場の行き帰りをチャリにしてしまってるのに加えて天気も悪く、ウチのTRXたんが二週間近くほったらかしになってたので、ちょうどいい機会!

 思えば昨年末あたりはライディング強化月間と言うことで、フォームの確認のために頻繁に夜の首都高を流してましたが、コミケ数日前にいつものように家を出たら、走り出して数十メートルのところでリアが流れた拍子に足をしこたまステップに打ち付けて(<というか多分足を着いた瞬間に後ろからステップがふくらはぎに食い込んできた)重傷を負ってしまいました。
 多分夜の首都高を走るのってそれ以来じゃないかなあ。
 怪我が治ってからは、むしろUターンとか狭い路地での右折とか細かい操作が苦手な事に気がついて、近所をちょこちょこ走ったりとかしかしてないので…
 首都高自体、倹約のために2~3回しか今年は乗ってないんじゃないかな?

 最近のボクは非常にまったりモードなので、事前に天さんにその旨を連絡。折しも秋の交通安全週間中なので、いつも以上に安全運転を心がけました。
 特に下道でちょっとしたうっかり違反(イエローラインカットとか)で捕まったりしたら悔やんでも悔やみきれないですしね…

 昨日のコースは芝浦PAで待ち合わせてからC1外回りで3号入り。そこから延長されたC2に入り、山の手トンネルの落下看板はもう大丈夫なのかしら…と思いつつ、異様に暑い山の手トンネル→冬かと思うほどに寒い外界にガクブルしつつ、6号~9号~湾岸からレイブリ経由で芝浦戻り。
 相変わらずC2から見る夜景はキレイだな~♪

 ちなみに延長されたエリアを走るのは初めてです。ボクの行動範囲的にはあまり必要としてない区間なので…

 それにしても首都高の速度域でのコーナリングなんて久しくしてなかったので、かなりのビビリモード。
 羽田から乗って最初の左コーナー(トンネル入る手前)は普段通りで全く怖くなかったので、バイク自体はマメに乗ってたし大丈夫だな~と思ったんですが、なんか右コーナーでのアウト側ウォールがたいそう怖い…
 天さんと合流してからは、ちゃんと曲がり始めるポイントを決めてきっちりと曲がることを意識したらだんだん怖さがなくなってきました。

 うーん…やっぱり時々はこの速度域(と言うかワインディングとかのちゃんとしたコーナリング)で走らないとダメだな…

 サーキット走ってると腰の横~後ろ辺りが痛くなっちゃうボクですが、どうも外足ホールドを意識してアウト側の腰が力んじゃうみたい。
 途中から腰の力を抜いてイン側に荷重する事を意識したら楽になりました。

 ちなみに後ろから見てると天さんはいつもどおり…というか、まったりペースだったので凄くまったり走ってるように見えましたが、ご本人的には右コーナーに不安を抱えてたようで、お互いに「マメに走らないとダメねぇ…」と語り合いつつ帰ってきました。(^_^;


 写真は何年ぶりかにお逢いした天さんトコのトラ子さん…と、ウチのTRXたん。
 さりげなくこの二台でつるんで走るのって初めて…だと思う。

Mixi1074

Mixi1075

 しかし夜にも関わらずこれだけ撮れるとは…携帯恐るべし!

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

安定(ビリヤード)

 ボクのあまりにも不安定なシュート力が安定しさえすればBクラスが見える…とは前々から思ってます。
 確かにポジションミスも多いのですが、それよりも普通に入って欲しいレベルの玉を外すことによって終わってしまう事の方が遥かに多い。
 ホント、ビギナーでも外さないような玉を頻繁に外すことがあるのは皆さんご存じの通り。

 最重要課題である「シュート率の安定化」を目指して、先週からセンターショットを重点的にこなすようにしました。
 本日も、可能な限りのハードショットでのストップショット(<栗林プロが以前動画サイトで仰っていた練習方法)を30本、押し玉(<可能な限りスクラッチを目指す)を20本、引き玉(<こちらも目標はスクラッチ)を20本、的玉がギリギリポケットに届く力加減でのストップショットを10本…と、今までのボクの人生で最多と思われる本数をこなしてきました。

 先週から気がついていたのですが、押し玉が非常に苦手です。
 どうも押し玉のストロークに右腕が慣れてない感じで、真っ直ぐ振れない…
 今まではほとんどオープンブリッジで撞いてたので、オープンなら入る気がするのですが(…しかし以前試したらやっぱり入らなかった気が…)、スタンダードだと5~6割までシュート率が落ちます。
 ちょっと前だと7~8割だったセンターショットのシュート率がここのところボクにしては驚異的な9割前後のシュート率をマークしているコトを考えれば、明らかに低いシュート率。
 引き玉は問題がないので、ちょっと重点的に押し玉の練習をしようと思ってます。

 上記のようにここのところセンターショットのシュート率はまずまずの確率で推移してます。
 以前だと外し始めたら全く入らなくなる事がありましたが、今はちゃんと狙い直せば次の玉は入る感じ。
 そしてセンターショットと同じフォームで撞くことを心がけると、多少難しめなフリの玉でも比較的高めのシュート率をマークすることが出来ました。
 左腕によるフォームの固定…を第一に心がけてるせいか、狙いが安定してる感じです。
 こ…これは…ついに課題のシュート率の安定化が達成されてきたかも…!

 とりあえず現状での「玉が入るフォーム」は固まってきた感じです。
 でもまた玉が入らなくなってくると色々と試行錯誤してフォームが変わっていくんですよねぇ…
 ただ、今日気がついたポイントは片っ端からメモってきたので、調子の悪い時はそれを一つ一つ確認して今日のフォームに戻すことが出来れば…長期的に見てもフォームが安定するのではないかと期待してます。
 ポジション練習も平行して進めてるので、この調子で頑張れば数ヶ月以内にBクラス昇格が見えるのでは…

 …と思いながら早一年。orz

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

F1終盤戦(シンガポールGP結果あり)

 2010年シーズンもいよいよ佳境。次戦は日本GPです。
 そして今回のシンガポールGP…ストリートコースの常としてオーバーテイクシーンにはあまり期待出来ません。
 今回接触&クラッシュが多かったですけど、ムリに抜きに行くとこういうコトになっちゃいますしね…
 その分荒れたレースにはなるので、意外な展開は楽しめますが…個人的にはストリートコースはレース内容的にはあんまり好きじゃないなあ。モナコだけでいいんじゃないですかね?

 そんな中で見事なオーバーテイクを見せたのはウェバーとクビサ。
 ただ…ウェバーはハミルトンをクラッシュさせるという大ポカをやっちゃいましたね…
 間違いなくペナルティだと思ったので、放送中に解説陣が言ってたようにウェバーにとっては超ラッキー。
 ハミルトンに関してはまったくのお気の毒様…

 まぁレーシングアクシデントの範疇ではあるので、ペナルティとらなくなったのはスチュワードにドライバーOBを加えた甲斐があったのかも。

 クビサはフェラーリ入りのウワサが浮上してるのも納得の大活躍。
 ただ…アロンソのチームメイトになると言うことはナンバー2扱いになると言うことになりかねないので、フェラーリはやめといた方がいいんじゃないですかねぇ…

 そのフェラーリはアロンソ二連勝!
 いやー…フェラーリ&アロンソファンのボクとしても今シーズンは諦め気味。ドイツのチームオーダー騒動でポイント剥奪になりそうだった時も「もう今シーズンはムリだからどうでもいいよ…」と投げやりな気分だったんですが、まさかポイントリーダーのウェバーに11P差まで肉薄してくるとは!
 …っていうかあのチームオーダーが活きてくるとは…

 そのウェバーが調子を落とし気味…さらにベッテル中心主義なチーム状況を考えれば充分に逆転のチャンスはありますよ~!
 そのベッテル、今回はリタイアしてしまったハミルトン、着実にポイントを稼いでるバトンにもタイトル獲得の可能性が充分にある状態。コレは残りの4戦が楽しみですね~♪

 カムイくんは…まぁ今期決してポカをしまくってるワケじゃないので、たまには仕方ないですね。この分、日本GPで暴れて頂きましょう!

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

初5-9(ビリヤード)

 以前にも同じタイトルを使ったことがありますが、あの時はルールを教えて貰うために一対一でプレイ。今日は5-9本来の楽しみ方である多人数プレイをしてきました。

 やっぱり通常のナインボールに慣れてるとファウル時の処理に慣れないですねぇ。最近はテキサスエキスプレスルールが一般的なので、ファウルと同時に落ちた的玉は上がってこないですし…
 ただ、10マスほど遊んだおかげで点数計算がなんとなく掴めてきた感じです。
 まだちょっと点玉の点があやふやですが…(^_^;
 ちなみに今日はボクだけCクラスということで、7番ハンデを貰いました。

 相手はマイミクのBlaDraさん…とBlaDraさんのお友達。当初はBlaDraさんと撞くつもりでボクのホームにお呼びしたのですが、急遽お友達もいらっしゃることになったと言うことで、ボクとしては上級プレイヤーさんと撞けるチャンスは有り難いので望むところ!(笑)

 ちなみに本日のボクの調子はまずまず…か、むしろ好調なぐらい。ここのところセンターショットを重点的に練習してるおかげか、3回だか4回だか廻ってきたセンターショット(5-9はファウル時にセンターショットになることが多いので)は全部外さずに入れられました。
 一球ちょっと怪しかったけど…(^_^;

 代わりにBlaDraさんの調子が悪そうだったな…お友達が来るまで遊んでたセットマッチもボクが勝つ展開だったし。

 そうそう、センターショットと言えば今日BlaDraさんに「手玉の右を狙ってる」と言われました。
 以前マイミクの吹替さんに後ろからチェックして貰った時に、「手玉の右を狙って構えてるのに撞く瞬間に左にコジって中心を撞いてる」と言われたことがありますが、まだその傾向があるようです。
 利き目は右目なので、本来は右目で狙わないといけないんですが、おそらく構え始めに左目で狙っちゃうクセがあるんじゃないかと思ってます。ハッキリとはわからないのですが…
 ただ、今は素振りしてるウチに真ん中に合わせられるようになってますし、ゲーム中にBlaDraさんにチェックして貰った時も真ん中…わずかに左を狙ってると言われたので、自分でもその辺狙ってるつもりでしたし、だいたい合ってる…ハズです。(^_^;

 あと昨日どうもしっくり来なかった理由が掴めた…かも知れません。
 立ち位置が…右足が内側に寄りすぎ(つまり左に寄ってた)だったのか、腰の向きが右回転してたのか、いずれにせよ狙い点に向かって構えられてなかったんじゃないかと思ってます。今日はそれに気を付けたら違和感なく撞けました。
 概ね構えてる時に違和感があるのはスタンスに問題がある場合が多いですからね…
 今日ぐらい入ってくれればポジションの自由度も広がるので、だいぶ楽になります。

 とりあえずはこの調子で相撞き機会を作りつつ、センターショットと出しの練習をこなしていく感じですなー。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

ままならない(ビリヤード)

 今日は久し振りにビリヤードでテンションダウン。
 いやー…とにかく玉が入らんのですわ。

 しばらくはセンターショットを練習の中心に据えようと思ってるので、小一時間ほどセンターショット。それからマイミクのshimattさん&お友達のF田さんに相撞きして頂きました。
 相撞きの方は…まぁポカもありましたけど相当難しい玉も入ったし、小一時間相撞きして頂いて一回も勝てなかったのは残念ですが、それほど悪い印象はありませんでした。


 …が…


 その後三球取りきり練習の続きをちょっとやってから帰ろう…と思って始めてみたら、ポジションはバッチリ出てるのに玉が入りません。
 厚みは1/2ぐらい…距離もポケット-的玉間が2P弱ぐらい、手玉-的玉間も1P半ぐらいと、まぁまぁ普通なら入る…悪くても7~8割は入る玉だと思うんですが、コレが入らない。
 5回ぐらい繰り返し撞いてみたんですが、一回も入らない…

 そう考えると今日の相撞きもそんな感じだった気がする。
 難しい玉を入れたことが印象に残るので調子悪く感じないのですが、よく思い出してみると簡単な玉をかなり外してます。
 前々から冗談めかして言ってますが、本当にボクは簡単な玉も難しい玉も同じ割合で外す気がする…
 そのせいで全てのショットに自信が持てず、余計に入らなくなっていく悪循環。

 当然入ってしかるべき玉が入らないといくらポジション出しても続けられない…それこそ、誰が撞いても入るような玉にポジションしていくしか方法がなくなってしまうので、これではビリヤードになりません。
 途方に暮れてしまいました。


 解決の糸口は…なんとなくセンターショットにある気がしてます。
 今日のセンターショットは60球ぐらい撞いて外したのはせいぜい5~6球。やっぱり以前と比べればだいぶ精度が上がってます。
 しかし相撞きを終え、↑のポジション練習でひどい目に遭ってからセンターショットを撞いてみると全く入らない。
 コレはやはり撞いてるうちにフォームが崩れていってるとしか思えません…

 なので、ホントしばらくの間はセンターショットを重点的に撞いてみようと思ってます。
 センターショットの配置で押したり引いたりフリを付けてみたりとかしてみて、とにかく全てのショットを「センターショットのフォーム」で撞けるように練習してみようと。
 その一環として使用率9割以上に達していたオープンブリッジを極力封印して、スタンダードブリッジで撞くように心がけてます。
 全てのショットをセンターショットと同じように撞けた…と思えれば、そこでようやく狙いが合ってたのか間違ってたのかが見えてきますからね。
 …まぁ…厚みの勘はビギナーでもそれなりに出来てる…という話を良く聞くので、やっぱり外す理由は狙いではなくてショットの不安定さにあるとは思うんですが…

 どう考えてもボクのレベルは三年近く練習しているとは思えない状態(<しかも最初の10ヶ月は毎日練習してたって言うのに…)なので、なんとか上達の糸口を見つけたいところです。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

アーマードコア5欲しい(ゲーム)

 そう言えばアーマードコアって最近はどうなのかしら…とちょっと検索してみたら、年内に5が出るみたいですね!
 4が出た時はPS3orXBOX360購入を検討しましたが、PS3は高すぎて360は信頼性に不安があったのでスルー。
 思えば13年前…近所のソフト屋さんで初代を買って以来、シリーズの全てのソフト(ナインブレイカー以外)をプレイしてきたボクが始めて買わなかったソフトでした。

 いやホント、ロボット大好きなボクとしては今までプレイした中で最も理想的なゲームなんですよね。
 ガングリフォンも良かったですが…ボク的にはアレは操縦性についていけなかった。

 とらのあなバイト末期だったか…漫画家デビューした頃だったか、まだ中学生だった弟と4機ずつ機体を用意してトーナメントマッチ(自分の機体同士になったら好きな方を上げる)を延々と繰り返したものです。
 まぁさすがに近年は遊んで貰えなくなりましたが。(笑)

 5に話を戻すと、最近はPS3も安くなってるみたいですし(最近のゲーム業界ノーチェックなのでよく知りませんが)、コレを機に買うのもイイかなー…と。
 グランツーリスモも…出るのかな?


 そんなコトを考えていたらACがやりたくなったので、未クリアのネクサス…レヴォリューションディスクの方をボチボチと始めてみました。
 いやー…ここ一年ほどは原稿の合間にツーリストトロフィで遊んでたんですが(1レース10分以内に終わるので)、さすがにそろそろ飽きてきてまして…(笑)
 昨年でしたかねぇ…お友達の楠正成さん宅で対戦するにあたって数年ぶりにプレイして以来です。

 ちなみに機体は最も汎用性が高いとボクが思ってる装甲を固めた中量二足。<↑の際に作った
 対戦に限れば機動性を上げた軽量二足、ミッションに限ればガチガチに固めた重量二足も強いと思いますが。
 初代の頃は空中切りのダメージ&ホーミング性能が高かったので、軽量機でブレードオンリーorハンドガンで足止めしてのブレードアタックが強かったですが、2以降の弱体化したブレードはボクには使いこなせなくて…

 そしてボク的に特殊脚も使いこなせません。唯一逆関節二足だけはエネルギー消費の低さとジャンプ性能の高さを活かした戦いが出来れば強いと思ってますが。<対戦では

 やっぱり久し振りにプレイするとこのゲーム面白いので、ボチボチと遊びながら5の発売を待ちましょうか。


 …あ、ボク的に理想のロボットゲームは…漫画の中のゲームですが、『ブレイクエイジ』の「デンジャープラネット」です。
 ACもパソコン使ってあれぐらいカスタマイズ出来るようになったら…きっと楽しいと思うんですけどねぇ。
 もう作中の時代をとっくに過ぎたのですが、いまだにそういうゲームは出ませんねぇ…

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

センターショット(ビリヤード)

 一昨日相撞きして頂いた方が「毎回100本センターショットを撞いてる」と仰ってました。
 ただ入れるだけじゃなくて、押してスクラッチさせたり引いてスクラッチさせたり、色々なバリエーションをつけてこなしてると。
 でもセンターショットって同じように撞いてるハズなのに、突然入らなくなったりしませんか?と伺ったところ、フォームが固まってないから…とのお答え。

 ボクが練習始めて最初の頃はほとんど真っ直ぐの玉ばかり撞いてまして…それでも入れが安定しない事に四苦八苦してました。
 先頃もストレートショット強化月間と銘打って色々な距離のストレートショットを練習したりしてましたが、それよりも簡単なフリの玉を外さないようにする方が重要か…と思い、最近はセンターショットはナインボールワンラック分ぐらいに留めて、フリのある玉の練習に時間を割いてました。

 …が、↑のフォームが固まってない…と言うお言葉に感銘を受けたので、ボクもセンターショットに力を入れてみることにしました。
 普通のストップショット、押し、引き、そして一昨日教えて頂いた的玉がギリギリポケットに届く力加減でのストップショット…

 しかし100球どころか60球ぐらいで一時間が過ぎてしまったので、その辺で切り上げて、これまた一昨日教えて頂いたポジションプレーの練習。
 …をしていると、ボクに声をかけて下さった方が。一昨日の日記で書いた川崎ビリヤードサークルコミュの管理人さんです!
 今日は他の方との待ち合わせでいらしてたのですが、ちょっと三先でお相手しませんか?と誘って頂いたので、ホイホイ相撞き。

 一昨日に続いてイージー9番をトバしてがっかり…orz
 一昨日は完全に真っ直ぐのフットスポットストレートショットだったんですが、しっかりと狙い切れないうちに撞いてしまい、猛烈に左をコジって(<手玉が凄まじく左回転してました)トバしたのですが、今日はしっかり狙って間違いなく入ると確信して撞いただけにがっかり…

 ただ、その後三球取りきり練習をしてみたんですが、ボクはポケットから2P的玉が離れると自分が思っている以上にシュート率が落ちるようなので、初めての方との相撞きでプレッシャーかかったのも確かですが、練習でも外したかも…

 ↑で書いたようにその後は三球取りきり練習。以前も書いたとおりボクは三球取りきれる確率が極めて低いのですが、やはりこれを確実にこなせないとダメだと…とりあえずテーブル半面で取りきる練習から始めるといいですよ、とこれまた昨日アドバイスを頂いたので、しばらく重点的に練習することに。
 しかし実際にやってみるとやはりなかなか取り切れません…
 確かにこれが取りきれないとナインボールやっててもポジションが取れるワケがないので、頑張って練習します!

 …そしてどうもこうして相撞きしたり三球取りきり練習をしたりしてるうちに少しずつフォームが狂ってしまうようです。
 今日は普通にストップショットのセンターショットならほぼ外さなかったんですが、帰り間際に確認の為に撞いてみると全く入らない…
 気持ちを切り替えて、最初にセンターショット練習した時の感覚を思い出しながら撞いて、ようやく入るようになりました。
 うむ…この辺がフォームが固まってない…という所ですね。

 とにかく一人練習の方向性が定まったので、改めてモチベーションが上がりました!
 …いや、ここ数ヶ月はこれ以上上がりようがないほどにモチベーション高いですが…(笑)

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

ウォーキングシューズ新調

 今月に入ってからは17%台で安定していた体脂肪率が先日18%を越えてボクを絶望の淵に立たせましたが、今朝は久し振りの16%台でした。
 先週からビリヤードの行き帰りをチャリにしてみたり(…と言ってもまだ二回だけ)、ここのところ暑さでバテ気味だった筋トレをもう一度気合い入れ直してみたり…の影響が出てるんならいいですが、ボイス(というかツイッター)でも呟いたようにホントにちょっとしたことで体脂肪率は上下するので、一ヶ月単位の長いスパンで様子を見守るのが正解なんでしょうなあ。
 わかっちゃいるけど、やっぱり日々の上がり下がりに一喜一憂してしまう…


 さてここ数年履いていた某タイヤメーカー(笑)のウォーキングシューズ。
 材質がフェイクレザー(PVC?)なんですが、コレが履き始めてすぐに表面が剥がれてきやがりまして…
 PVC自体も固めのせいか、結局最後まで足に対するアタリが柔らかくならないまま、一年ほど前からついに表面に穴が開き始めてました。

 それでもガマンして履いてたんですが、昨年末の大掃除の際にその前に履いていたウォーキングシューズを発見。履いてみると↑のウォーキングシューズよりもフィット感がすこぶる良い!
 しかしソールがツルツルに減ってるためにグリップ感が皆無で、ビリヤード場で台に乗り上げるようなショットをすると足がズルズル滑ってホールド出来ない有様。

 …というわけでここ一年ほどウォーキングシューズの新調を考えつつも、お金ないしなあ…とボロボロの靴を履き続けていたのですが(お出かけ用にはコンバースのスニーカーとか昨年秋に買ったショートブーツとかあるので)、ついに重い腰を上げて新しいウォーキングシューズを買ってきました。

 一年前から目を付けていたのはブリジストンのウォーキングシューズだったのですが、今日試着してみたら残っていたサイズの25.5cmだと微妙に大きい事が判明。
 いやー…いまより30kg以上重かった頃は足にも脂肪がついて26cmがジャストサイズだったんですが、ずいぶん小さくなったものです。(^_^;
 迷った結果、隣に並んでいたブルックスのウォーキングシューズをゲット。7140円也~。

 防水機能がなければ3000~4000円ぐらいでいっぱいあったのですが、雨の日も結構歩くことがある(むしろ晴れた日はバイクとかチャリが多いし)ので、ある程度しっかりした防水性能が欲しかったんですよね。
 多少重いのが気になりましたが、まぁそんなには影響ないんじゃないかな~。
 先代のウォーキングシューズの履き心地の悪さに懲りたので、履き心地は充分に吟味してきました。(笑)


 …さてこの靴を買いに行く際にウォーキングがてらちょっと近所を歩いたのですが、これまたボイスでも呟いていたとおり、最近巻き爪の具合がよろしくないのです。
 2月末の事故で黒く変色した爪がぽろりと脱落して、その下にちょっと柔らかめの爪が生えてきてたのですが長さが短く深爪気味。
 ようやく問題ないぐらいの長さになってきたのですが、そうするとちょうど巻き爪的に指に食い込んじゃう長さになってきちゃったみたいなんですよね…
 もう少し伸びればマシになると思いますけどね。

 今日も玄関から出た瞬間に痛みが起きて「こりゃダメか…?」と思ったんですが、数百メートル歩いてるうちに全く気にならなくなってきました。
 うーん…最近深爪をかばってあまり歩かないようにしていたのですが、やっぱり適度に歩いた方が足指にはイイのかも知れませんねぇ。
 ウォーキングシューズも新調したことですし、極力歩く機会を作るようにしてみましょう♪

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

相撞き相手絶賛募集中(ビリヤード)

 ちょっと前から日記で書いてるように、ボクは相撞き経験値が圧倒的に不足してると思ってます。
 その相撞き経験不足をフォローすべく、mixiで川崎ビリヤードサークルと言うコミュニティに参加してみました。
 ちょっと前に相撞き相手募集した際にコメント頂いた方にメッセージを送ってみたところ、急遽今日撞くことになった(ちなみにレスを頂いたのは午前中という突発っぷり(笑))ので、富士ビリに行ってきました♪

 二週間前でしたかね…このコミュに入ってすぐに開催された相撞き会の日、実はボクはマイミクの17番さんと同じ店内で撞いてたんですけど、その時に「どこかで見た方だなあ…」と思った方がいらっしゃったんですよね。
 今日メールで本名教えて頂いて「このお名前もどこかで聞いたような…」と、一時間ぐらいもやもやしていたところ、突然閃きました。

 ハイランドのC級戦で対戦した方だ!

 今日お逢いした際にお伺いしたところ、相当前の話みたいです。確かにそうですね…もう二年ぐらい前でしょうか。<その頃にB昇格したらしいので
 しかし人の顔と名前を覚えるのが苦手だと思っていたボクですが、一回対戦しただけの方のお名前まで覚えているとは、意外と記憶力がいいんでしょうかね。(^_^;

 今日はハンデマッチ(5先でC級のボクが1ラックダウン)で3セットほどお相手して頂いたのですが、合間合間に色々とアドバイス頂いたり、質問したりしながらのプレイ。
 そう、こういう風に上級者の方に色々と教えてもらいながら相撞きしたかったんですよね!
 お友達同士だとやっぱり遠慮があるのかなかなか…それでもshimattさんには結構教えて頂いてるかな?

 とりあえずブリッジを含めたストロークのアドバイスと、いくつか出しの練習課題を教えて頂いたので、相撞き強化月間…と思ってましたが、ちょっと一人練習の方も頑張ってみます♪

 そう言うわけで、クラス問わず相撞き相手を引き続き募集中です♪(笑)

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

半年ぶりのカラオケ

 何度か日記でも書いてるとおり、普段からボクは歌を口ずさみながら原稿描いてますし、ギターで弾き語りしながらも歌ってるので、最近はあまりカラオケに行きたいという欲求がなくなりました。
 ま、時々もうちょっと思いっきり歌いたいなー…と思う時はありますけど、今はカラオケに行くお金があったらビリヤードに廻したいので。

 それでも勿論カラオケは好きですし、先頃中島みゆき聴いてる時に「ひたすら中島みゆきを歌い続けるカラオケしたみたい」的な事を呟いていたところでもあるので、金曜にマイミクのけんどっく!さんからお誘いが来た時は二つ返事でOKしました。
 …いや、DLサイトコムの振込直前でお金が枯渇してるタイミングなので一瞬悩みましたが。(笑)


 さてアキバの書泉ブックタワー前でけんどっく!さん&阿加佐田さんと待ち合わせだったので早めに行ってブックタワー内を散策していたら、クトゥルフ関連書籍が充実してるではありませんか!<ボクはクトゥルフマニアです
 ボクが持ってない本もいっぱいあったので一瞬買って帰ろうかと思いましたが、まぁ今回は見送り。
 まずは「アジャンタ」というカレー屋さんに行きました。

 いやー…けんどっく!さん達は新年会でこちらのお店に行ってるんですが、実はその話を聞いて以来ボクも行きたいと思ってたんですよね…

Mixi1071

 注文したのは三品セット。ボクはマトンカレーとチキンカレー、プロウンカレーをチョイスしました。<写真の左がプロウン、上がチキン、下がマトン
 マトンが一番辛く感じ、逆にプロウンは凄く甘く感じました。ただ、大辛を(5段階緒上から二つ目)頼んだせいか後から喉に残る辛さは感じましたが、それでもベースがかなりマイルドな味付けなんでしょうね。
 辛いカレーの好きなボクですが、コレはコレで美味しいです。

 ナンも食べ放題で言うことなかったんですが…残念な事に食べてる最中に貧弱なボクの前歯が欠けました。orz<神経のある芯を残して周囲が脱落した
 ナンみたいに噛みちぎる系の食べ物はボクの弱々しい歯には負担がデカい…

 そんなアクシデントはありましたが、とっても美味しいカレーを満喫した後にアキバパセラ行き~♪
 新しくできたエヴァンゲリオンルームにちょうどキャンセルが入ったとのことで、一時間半ならすぐ入れると言われました。
 ボクとしては一時間半は考えられないぐらい短い時間ではありますが、人数も少ないし、今日は軽めにしとこうかな?と考えてOK。
 もう20代の頃のように一晩中ぶっ続けでカラオケとかは出来ないですよ…

 エヴァルームは…好きな人には良さそうですが、生憎ボクはエヴァはほとんど見たことないので…(^_^;<新劇場版の一本目だけ見た

Mixi1072

Mixi1073

 テーブルにロンギヌスの槍が埋め込まれてたり、壁にエヴァのレリーフが飾ってあったりとかなり凝ってます。

 さて…ボクの選曲はかねてより宣言していたとおりスーパー中島みゆきタイム!
 「おもいで河」に始まり、「命の別名」「夜風の中から」「あした天気になれ」「わかれうた」の5曲。
 ちなみにわかれうたはツイッターで中島みゆきタイムを宣言したところ、フォロワーさんにリクエストされたので急遽追加。(笑)
 その合間(命の別名と夜風の中からの間)に、けんどっく!さんのジャパメタタイムに引きずられて、アースシェイカーの「EARTHSHKER」を歌ってきました。
 「MORE」は10年前からボクのオハコと言える曲ですが、EARTHSHKERを歌うのは初。
 MOREはキーが下げられてるのが難ですが、この曲はオリジナルキーで入ってたので気持ち良く歌えました♪
 「EARTHSHKER 力を 静かに操る」のトコはやっぱりカッコいいな…

 今日意外だったのは「命の別名」を歌ってる時にサビで突然グッと来て涙ぐんでしまったこと。いや、確かに中島みゆきの歌の中でも相当好きな曲ですが、歌ってて力は入るモノの、涙ぐんだことはなかったんですけどね。
 「あした天気になれ」は「まつりばやし」と並んで歌ったらまず泣く曲なので予定通りだったんですが。(笑)

 あ、まつりばやしも歌いたかったんですが…ちょっとおとなしい曲が多すぎる気がしたので今回はパス。時間も短かったですしね…

 と言うわけで全6曲と、ボク的には非常に少ない曲数ですが、ま、これぐらいの方が喉にも負担がかからなくていいんじゃないかな。
 唯一帰り際に気が付いて後悔したのは、今期のベストアニソンだと思ってる聖痕のクェイサー1stOP「Errand」を歌いそびれたこと。中島みゆきにばかり気が行ってて完全に忘れてましたが、あれは歌うべきだった…

 それと今回のカラオケでホントにボクはボーカリストには向かないな…と思いました。
 いや、息を大きく吸うと気管支の発作が起きてむせちゃうんですよ。
 歌ってる間は大丈夫なんですが、間奏が終わっての歌い始めでむせちゃって非常に歌いづらい…
 歌うことがなによりも好きなボクですが、鼻と胸に持病抱えてちゃ(ついでに舌っ足らず)どうにもならん…

 とりあえず次はErrandリベンジカラオケかしら?(笑)

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

決勝進出まであとわずか(ビリヤード試合)

 本日のハイランドBC級戦は初の勝ち越しとなる3勝1敗で終えました~。わ~い♪
 今まで確か二回出て二回とも1勝3敗だったと思うので、まずは2勝2敗のイーブンを目標にしてたんですが、それを上回る好結果。

 ただ、内容がそれほど良かったワケでもなくて、イージー9番が回ってきてそれをとりきっただけなんですけどね…
 それでも遠いコーナーへのほぼ真っ直ぐを入れたり、長-長に別れた9番をコーナーバンクで入れたり、6-9コンビを入れたり、それなりには頑張ってます。

 あと三試合目の相手だったKさんはボクのブログを毎日見て下さってるそうなので(<前回の試合の時にもあたってます)、下手な事をするとブログのネタにされるというプレッシャーもあったに違いないと信じてます。(笑)
 マイミクのshimattさんも「水月さんに負けるとブログに書かれるから負けたくない!」って仰ってたし。


 本日のハイライトは間違いなくヒルヒル(ボクはC級ハンデで1ラックダウンなので1-2)最終戦の最終ラック。
 9番はフットスポットよりも短クッション寄り。手玉は反対側短クッションにぴったり接触…というロングカット。
 手玉がクッションから離れてさえいれば、難球マニアなボク的にはむしろ得意玉なのですが(笑)、土手撞きは先週のC級戦でもほぼまっすぐの9番を入れミススクラッチしてたり、かなり苦手意識があります。
 ただこの一週間重点的に練習したおかげで、なんとなくコツが掴めてきてます。
 そのコツの一つである、テイクバックを小さく…を心がけて、コツンと撞き出した手玉は見事に9番を沈めました!
 ギャラリーからも「おおっ」と言う声が湧いて嬉しかった…♪

 ちなみにこの試合では人生初の玉間違いファウルを犯してしまったので、今日はコレをメインのネタにするつもりだったんですけどね。(笑)

 3勝1敗は決勝進出のギリギリのライン…店長さんに「2-2で勝ちました~♪」と報告すると「ええっ!2…?」とのお答え…
 惜しかったねぇ…と言われて参加賞の30分無料券を頂いたのですが、どうもボクが唯一負けた方と完全に並んでた(多分得失点的にも)らしくて、直接対決で負けたために決勝進出を逃したみたいです。
 なんと…BC級戦で決勝トーナメントを撞けたというだけでも戦績に箔が付くとこだったのに…(笑)

 ただ、冒頭にも書いたように決して内容が良かったわけでもないので、まだまだ修行が足りません。
 特にこのところ苦手としてるクッション際の玉が…フリーボールからでも外す有様。
 クッション際の玉は頻出するだけに重要練習課題で、比較的頻繁に練習してる配置なんですが、ここのところ練習でも厚みがさっぱりわからないんですよね。
 特に下の撞点を撞いた時と順引きの撞点を撞いた時はさっぱり入りません。真ん中と上ならそれなりに入るんですが…

 あとはやはりほぼ真っ直ぐの微妙にフレてる玉。今日は3~4球撞いて入ったのは1球だけでした。

 それでもBクラス相手にも充分に戦えるという自信がついたのが今回の一番の収穫。
 Cクラスハンデの1ラックダウンを貰ってる以上、せめて互角に戦えないとBクラス昇格は見えてこないですからね…

 あとは…キューを換えたせいかわかりませんが、ヒネった玉のシュート率が落ち気味なので、もっとこの子に慣れないとなー。


 気が向いたらまた来週のスミヨシBC級戦かクラウドナインC級戦(<こちらは未確認ですが)に出たい気もしますが、多分今月は予算的にこれで終了じゃないかな?
 また来月の試合に向けて練習します♪

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

勝つ気満々(ビリヤード)

 ここ数週間ずっとそうなんですが…お友達と相撞きする時に負ける気がしないんですよね。
 それで実際に負けないのかと訊かれればボロ負けしてるんですけど。(笑)
 それでもメンタル的に勝てるつもりでいるのかそうでないのかは大きいと思ってます。

 試合に関しても…少なくともC級戦では負ける気がしてないし、BC級戦でBクラス相手にもいい勝負が出来る気がしてます。
 実際のところ先月のスミヨシ、相手の方のミスとはいえあと一歩でSBクラスの方にも勝てるところでしたし…<撞きづらの穴前9番をエクステンション使って撞いて入れスクラッチしてなければ

 そう言う意味ではここのところメンタル的にはいい状態なのかな…と思ってます。
 そんな精神状態が良い方向に出てるのか、今日のshimattさんとの相撞きも9番外したのはラスト…短クッション際の9番入れてからの反対側短クッション立ち位置側コーナーへのスクラッチを警戒して右をヒネったら、入れミスした上に警戒したのと逆のコーナーへスクラッチした時だけだった気が?
 アレはその後でshimattさんに「スクラッチするなら反対側」と言われたので、完全にボクの判断ミスでした…
 ノーイングリッシュで撞いてみたら9番も入った上にスクラッチしなかったし…


 さて昨日気が付いたポイントである左腕ですが、やはり体がブレずに安定して撞ける感じです。…というか、つい体が前に突っこみそうになるのを左腕で支えてる感触があるので、やっぱり今までは結構体が動いてたのでは…
 そのおかげか、今日はロングのほぼ真っ直ぐから押しで出す玉がぽんぽん入った気が。残念なのはそのライン上に別の玉があって、キススクラッチしたのが一回あったことですが…
 逆に今日はへの字の厚みが全く見えず、フリーボールでも外す始末。
 まぁ一回は逆引きの撞点をハードヒットしちゃったせいでもありますが…

 本日のshimattさんとの戦績も5勝6敗と、Bクラス相手にはまずまずのスコアじゃないでしょうか。
 悔やまれるのは↑の9番スクラッチ…

 それにしても今日shimattさんと撞いてて感じたのは、よく出しのイメージが出来てるなあ…と。
 勿論出しミスとかもあるんですが、ボクと比べるとやっぱりレベルが違う。
 非常に長期戦になった最終マス、確か5番からキレイに取りきられましたしねぇ…
 ボクも以前と比べれば相当出しの精度は上がってきてるんですが、もっと頑張らねば!


 …というわけで明日のBC級戦も自信を持って臨みます!
 頑張るぞ~♪

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

またしても根本的な問題に気が付いた(ビリヤード)

 あのねぇ…月イチで根本的な問題に気が付くとか、どんだけめちゃめちゃなフォームで撞いてるのよ。(^_^;
 まぁここ1~2ヶ月で気が付いたいくつかのポイントは、もしかすると根本的と言うほどに大きな問題ではないのかも知れませんけど、確実にショットの不安定さに影響を与えている重要なポイントだと思っています。

 さて今日気が付いたポイントは左腕…まさに練習を終える間際に気が付きました。
 もともとボクは左腕を曲げ気味にして構えてるんですが、ふと腕を突っ張って体が動かないように固定するイメージで撞いてみたらいい感じ。
 センターショットもかなり安定して入りますし、ネオナインを2ゲームほどやってみても、「この手のイージーショットを何故か外すんだよなあ…」と思いつつ撞いた玉がぽこぽこと入ります。しかもクッションを嘗めたりカコカコする事もなく。

 もしや…腕を曲げていることによって体が前に突っこみやすくなっていて、撞く時に体が動いちゃってたのでは…
 いや、これについては前々から危惧していて、極力体を動かさないように心がけてはいたのですが、やっぱり腕が曲がってると動いたかどうかもわからないんですよね。
 しかし腕を突っ張ってると、体が前に動けば肘のホールドが外れるのですぐわかります。そもそもしっかりと支えるイメージで突っ張れば動くことがなくなります。
 コレか…?

 これまた最近発見したいくつかのポイントと同様、これに気を付けた事によって難しい玉が入るようになったりはしないと思いますが、イージーミスを減らしてシュート率を底上げすることには繋がりそうです。
 何度も書いてるように、ボクはイージーミスによる不安定なシュート力が改善されれば、そこそこの玉撞きはできるハズなので…

 ボクが一ヶ月のハイライトだと思っているハイランドBC級戦二日前に気が付いたのは何かの天啓か。
 それとも直前に気が付いたポイントによって迷いが生じて全く玉が入らず、ボロボロの結果になってしまった先月のC級戦のように、大失敗に終わるのか。

 とりあえずは明日のハイランドでお友達にお相手して頂いて様子を見てみましょう…

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

筋肉落ちた??

 緊急事態です!!

 ボクは朝晩に自前のカラダスキャンで、そしてお夕飯30分後、入浴直前に前々から家にあるタニタの体重計で体重&体脂肪率をチェックしてます。
 何度か書いてるとおり、タニタの方が5%高い体脂肪率をはじき出すのですが、なんと先ほど測った体脂肪率は…


 22%…orz


 計り直したら21%に下がったんですが…いずれにせよ、普段19%台をキープしてるボクとしては異常に高い数字。
 …いや、たしかにここのところ20%を指す事が多かったので、それを考えれば極端に高いワケでもないのですが…

 そしてカラダスキャンの方の数値も、ここのところ非常に高い体脂肪率を示してます。
 …というか、7月には急激に体重がアップして、おお!ついに筋トレの成果が?!と思ったんですが、ここのところ急激にダウン。一時は58kgフラットを指した(一日だけですが)体重は56.1kgまで落ちてしまいました。
 それに伴って…というか、先月までは15%台…高くても16%台だった体脂肪率(<朝イチでトイレ済ませた直後の一日で一番体脂肪率が高いタイミングで)が、今月に入ってからは安定して17%台…一度だけですが18%フラットも叩き出してしまいました。

 な‥ナゼ…?
 体重が増えて体脂肪率も増えたのなら「太ったなあ…」と思えるのですが、体重が減る一方で体脂肪率は増えてしまうと打つ手がありません。
 体重自体は昨年末に落とした時と比べて2kg弱しか増えてないワケですからね…<体脂肪率は3~4%アップ
 あえて言うなら筋トレを今まで以上に頑張ってなんとか筋肉量を増やすしか…

 考えられる原因としては、昨年末足に重傷を負った時から週イチのプール通いをやめてること。
 たださすがにタイミングがズレてる気がしますが…やはり有酸素運動を全くしてないために、じわりじわりと内臓脂肪が付いてきてるということなのかも?
 でもそれだと体重が落ちてる理由を説明出来ない気も…

 あとは今年の夏があまりにも暑かったので、基本的にはお菓子類の間食をとらないボクが、毎日ちっちゃな棒アイス(ファミリーパックのヤツ)やらヨーグルトやらを食べてしまったこと。
 あー…サーティーワンとか、暑いのとは関係ないけどミスドも普段より食べちゃったかも…
 ただ、これまた体重も増えそうなのでよくわからない…

 筋肉が落ちて体重が落ちたのだとすれば、体脂肪率が上がってるのも納得。
 あまりの暑さに筋トレに気合いが入らず全般に回数がダウンしていたので、確かに筋肉量が落ちてしまった可能性があるかも…
 筋肉が限界というよりも、息が上がって体力的に限界になってた感じでしたし。
 逆に、筋肉量が減ったために回数が落ちたとも考えられますが…

 いずれにせよ、ようやく涼しくなってきたので改めて筋トレを頑張ることで対処出来るかも?
 ついでに落ちた体重をなんとか取り戻すべく、一日の食事量を若干ですが増やしてみました。
 夕飯時のご飯の量をお茶碗1/3ぐらい増しただけなのですが、それだけでここ一ヶ月ほど悩まされていた夜の異常な空腹感がなくなりました。
 筋肉増量時は空腹を感じる時間を作らないように…みたいな話を聞いたことがありますが、もしかして若干カロリー不足だった…のかも?
 思えば体重が落ち始めたところで「体がカロリーを欲してる」と考えて食事量を増やすべきだったのかも知れません。

 いずれにせよ、この調子で様子を見てみます。
 ボクのはボディビル…というほどに本格的な趣味ではないですが、ボディビルを趣味にしてる方々も色々と試行錯誤してるみたいですしね。
 とりあえず体の反応を見ながら…ぼちぼちとね。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

久し振りのボーラード(ビリヤード)

 新しい相棒であるエスピリチュを手に入れてから早一週間経ちますが、あまりにも打感&打音が好みなので、ただ玉を撞いてるだけで楽しい!
 時間とお金が許すならば丸一日撞いていたいぐらいです…(笑)
 あとは出来るだけ早くこのキューの見越しに慣れないといけないので、Cue'sの記事を参考にヒネリの練習を始めてみました。
 ここ一年半ほどはヒネリもそこそこ使うようになってて、多分ゲーム全体のショットの2~3割ぐらいはヒネってるんじゃないかと思いますが、ゲーム中に使い慣れただけで特にヒネリ自体を練習したことってなかったので…
 先日、左ヒネリが消えてしまう(撞く瞬間に撞点が真ん中に戻っちゃう)傾向があることに気が付いたので、左の撞点でしっかりヒネる事を意識。


 さて月曜に川崎バグースに行った際、久し振りにボーラードを丸々1ゲームプレイしました。
 大の苦手であるボーラードを克服することによってレベルアップ出来るはず…と信じて、5月~6月間は毎回1ゲームずつプレイ。
 そのおかげか、ハイスコア97点を叩き出し(たまたまダブル&スペアが出たおかげですが)、40点台をさまよっていたアベレージも60点台まで上昇。
 ただ、毎回ボーラードをやってるとそれだけで練習時間がなくなってしまうので、それ以降は毎回2~3フレずつこなすようにしたんですが、途端に点数がダウン。やっぱりこのやり方はマズい…と思って、最近はスコアを付けずに1フレームずつ単発でプレイする感じでした。

 なので1ゲーム丸々プレイするのは3ヶ月ぶり。
 いざ始めて見れば序盤はボロボロ…2点、1点、2点と悲惨な点数が並びます。
 うーん…このままじゃ30点台…あるいはほぼ二年ぶりの20点台もあり得るのでは…と思っていたところ、4フレのストライクから調子が上がり、7フレでまた1点があったものの、他は6~8点でまとめられて、結局58点…と、ほぼアベレージぐらいのスコアは出ました。
 まぁ60点オーバーというアベレージが↑のハイスコアに負うところが大きいので、現在のボクのアベレージとしてはこんなもんかな…

 どうもボクは序盤に調子が上がらない傾向がある気がします。試合もそうですが、立ち上がりは体が硬くてイージーミスが増える感じ。
 …ただ、ボクのレベルだと結局1ゲームトータルでは1点とか2点のフレームが何フレームかは出来るものなので、今回はたまたまそれが序盤に固まっただけ…なのかも。

 あ、あと序盤はブレイクが悪かったな。
 最近はやや押しぐらいの方が手玉が良いところに行くかも?と色々試してたのですが、ついつい同じようにブレイクしたら厚みを外した上に押しがかかっちゃって手玉が短クッション際に…みたいな感じで、全般に取り出しが悪かったです。
 手玉の位置が悪いと手玉のコントロールまで難しくなって、結局二投目もどうにもならないことが多いですからね…
 なので、4フレからは厚み重視のストップショットでブレイク。
 なんだかんだでやっぱりコレが一番安定しますね。
 時々トップの玉と密着してひどいことになりますけど…

 しかしここのところはシュートの確実性アップをテーマに練習してきましたが、スコアを見る限りでは全然レベルアップしてないなあ…
 もっと頑張らないといけませんね。
 何か効果的な練習方法はないものかなあ…

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

TP&CCさんトコのシャフトアンケート(ビリヤード)

 渋谷にあるビリヤードショップのTP&CCさん(<いつもアルファベットの並びを忘れてしまう…けど、ようやく憶えた!)で毎年恒例?のシャフトアンケートが行われてました。
 ボクはそんなにシャフトを撞き比べた事がないので回答しませんでしたが、結果には興味津々。結果が発表されたので早速見に行ってきましたよー。>http://www.tp-cc.com/

 打感が一番固いと評価されたトールハンマー…はブレイク用シャフトだからいいとして、二番目に位置してるのがボクが過去に撞いたシャフトでも一番固いと感じたハイブリッドプロⅡ。そしてつい先日アダムのハイテクシャフトを全部試し撞きした際に「プロⅡに近い打感」と表現したACSSプロが三番手。
 なるほど…打感が近いというより固く感じたのか。

 その撞き比べの際にボクが「アダム系で一番固い」と感じたバンブーシャフトは意外にもOB系に次ぐ柔らかさと言う結果が。いかにボクの感覚がズレてるかわかります。(笑)
 ま、数球バンキングしただけでしたし…<言い訳

 もう一つ意外なのはボクのWD700よりも柔らかく感じていたハイブリッドアルファがむしろ固い方にランクインしていること。
 あのシャフトはかなり柔らかく感じたんですけどね…
 ま、このアンケートの注意書きにもあるように、タップによる打感の違いも大きいですからねぇ。

 見越しの少なさに関しては314系がトップ。確かに314は見越し少ないって聞きますものね…
 この部門でもプロⅡが上位に位置してるのが気になるところ。

 パワーに関しては…トップのトールハンマーはやっぱり置いとくとしても、アダム系が上位を占めてる感じです。
 ただやはり安定して上位に位置するプロⅡ…

 うーん…初代マイキューの柔らかい打感が気に入らなくてシャフトをWD700に換えたボクですが、もしかしてプロⅡに換えるのが正解だったのかも…?
 まぁお値段が倍ぐらい変わってきますけどね。(^_^;

 ただWDは打感の良さとノーマルシャフトに近い撞き味…というネットでの評価を参考に選んだので、まぁコレはコレで良かったかな、とも思ってます。
 結果的に二本目のマイキューはハイテク系には行かずにノーマルに戻ったワケですし…
 そのWDは全ての部門において真ん中よりやや下…ということで、お値段を考えるとまずまず…のシャフトなんじゃないですかねー。

 しかしこうしてみると314使いの吹替さん&17番さんがボクのエスピリチュを試し撞きした際に、揃って見越しの違いに触れたのもなんとなく納得出来ますね。
 あと、ボクがVITZさんからお借りしてるムサシを使った時に苦手な切り返し(逆ヒネリ)が他のキューよりは入る気がしたのも、Solid8MAXの見越しの少なさ故かも知れません。
 まぁボクはヒネった時の狙いがまだ安定してないので、たまたまかも知れんのですが…(^_^;

 と言うわけでなかなか興味深いアンケート結果。
 ま、今のボクはノーマルシャフトの良さに目覚めたところなので、ハイテク系を使う予定はしばらくありませんけどね…

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

我が家のキューコレクション(ビリヤード)

 今日は午後から川崎バグースへ。バグースの薄暗い照明はキューを美しく見せると感じてるので、是非ボクのエスピリチュを写真に収めたかったんですよね。

Mixi1067

 しかしテーブルの上はそれなりに明るいので、あまり良くは撮れなかったヨ…orz

 そしてこちらは現在ボクのコントロール下にあるキュー。半分は借り物なので、ボクの所有してるキュー…というワケではないです。

Mixi1068


 一番左が弟の初代マイキューであるところのスコーピオン。彼が二本目のキューを買って(<それもスコーピオン)お役御免となり、駅前のビリヤード場に長期に渡って預けられっぱなしになってたのをボクが回収してきて使ってます。
 今後弟が使うことは二度とないと言われたので、実質的にはもうボクのキューみたいなものなんですが。(笑)
 黒地に金の浮きハギ風プリント柄。細身で後ろバランスのキューです。
 打感はコーティングシャフトのせいかガチガチに固い。ボクの固めの打感好きの原点となったキューなのかも…

 その隣がボクの初代マイキューである、アダムのNBS-3…にメッヅのWD700シャフトを付けたハイブリッドキュー。
 2~3万の価格帯のキューとしては珍しく、ハギ(キューの柄)が嵌めこみのインレイではなくて、ちゃんと本ハギと言われる組細工で作ってあります。
 このキューを買う時の比較対象がメッヅのECだったのですが、あちらはストレート。やっぱり柄があった方がイイな…と思ってこちらをチョイスしたんですが、もしかしたらECを買っておいた方が後々良かったのかも…(笑)<微妙に予算オーバー気味でしたが

 そして左から三本目がボクの現在の相棒であるところのエスピリチュ。
 この写真で見てもキラキラとひときわ目立つカーリーメイプルの木目が大変美しいです。
 言うまでもなく、現在ぞっこんラブ中。

 その隣の渋い剣ハギのモデルがVITZさんにお借りしてるスリークッション用のキュー。
 もともと女子プロの方が使ってたと言うシャフトに合わせて職人さんに作って頂いたワンオフモデルだそうです。まさにカスタムキュー!
 基本的にストレートか剣ハギのキューを好むボクとしてはデザイン的にどストライク!
 打感的にも非常に良くてお気に入りのキューです♪

 右から二番目の真っ黒いキューもVITZさんからお借りしてるキューで、アダムのハイエンドモデルであるMUSASHI。
 3C用のキューが値段をつけられないものなのですが、それ以外のキューの中ではダントツでお高いモデル。…というか他のキューを全部足した金額よりも余裕で高い。(笑)
 現在我が家にあるキューの中では最も基本性能が高く感じます。…お値段から来るプラシーボ効果かも知れませんが…(^_^;
 とにかく軽くて振りやすいキュー。そのせいか入れるのまで楽に感じちゃいます。

 そして一番右がボクのブレイクキューであるところのパワーブレイクDI。
 プロでも愛用者の多いモデル(…っていうか普通にブレイクキュー一番人気では?)なので、道具としてのポテンシャルの高さは言うまでもなし。
 …ただ、単純に「性能の高い道具」のみを求めて買ったせいか、愛着は全くなかったりします。(^_^;
 その昔、弟のお友達が躓いてこのキューが倒れちゃったことがありますけど、全くショックじゃなかったりして。(笑)


 …さてこないだ久し振りにボクの初代マイキューを持っていってエスピリチュと撞き比べたら、あまりの打感の悪さに愕然…
 今回エスピリチュを買って思ったのは、やっぱりボクは固い打感のキューが好きみたい。このキューも打感が悪い…と言うよりは柔らかいんですよね。
 勿論この辺も人によって好みが別れるところでしょうし、もしかしたらボクのエスピリチュも上手い人が撞いたら安っぽさみたいなものを感じる打感なのかも知れませんが、純粋に好みの話でこの打感はない…
 思えばこのキューを使い始めて間もない頃から打感の柔らかさを不満に感じ始め(<多分弟のスコーピオンと撞き比べた)、もっと固い打感を求めてWD700に換えたりしたワケですが、それでも根本的に柔らかいんだな。

 なので、先日交換したヒラノタップを外して、VITZさんから頂いていたウォーターバッファローに付け替えました。
 川崎バグースのハウスキューが非常に固い打感で気に入りまして、店員さんに伺ったところ「ウォーターバッファロー」とのお答えだったので、まだWDに換える前…ビリヤード始めて半年ぐらいの頃に換えたことがあるんですよね。
 その時の印象では、確かに固くはなったけど柔らかいものは柔らかい…という感想だった気が。
 それ以来久し振りに(もしかしたらWDに換えてすぐに使ったことがあるかも)使ってみたのですが、やっぱり柔らかいものは柔らかい…という印象でした。
 いや、WD700って最初に付けた時は相当固く感じたんですけどねぇ…もしかするとこのキューのノーマルシャフトってさらに柔らかいのか?(^_^;

 ちなみに我が家のキューの中で打感が気に入ってる順に並べると、エスピリチュ>3C用キュー>スコーピオン>ムサシ>アダム…って感じ。
 先月のスミヨシの試合でどのキューを使おうか迷ったのは、その時点で打感が一番好みだった3C用キューをホントなら使いたかったところ。しかし長さが短かったりシャフトが太かったりしてイマイチ使いづらいので、ボクのキューよりは打感が気に入ってるムサシを使うか、せっかくの試合だから長年使い慣れたアダムを使うか…というところでした。
 結局は自分自身のマイキューで出た方が納得がいくだろう…と思ってアダムで出たんですけどね。

 ま、今はホント、エスピリチュにベタ惚れではありますが、時々気分転換に色んなキューを撞き比べて遊んでみようと思っちょります♪

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

ルーティン(ビリヤード試合)

 今日のビリヤードの試合で気を付けるポイントを書き出しておこう…と昨晩寝る前にベッドの中でビリヤード練習ノートを開いたのですが、その2時間前ぐらいから始まった肩の痛みが非常にひどくなっており、うつぶせになって書くことも出来なかったために断念。
 ほんのちょっと残っていたエアサロンパスを噴いてから寝たのですが、5時頃にトイレに起きた時点でもまだ痛みが残っており、試合に向けて不安を感じながら再度エアサロンパス噴射。
 結局朝になっても痛みは残っていたのですが、なんとかなりそうだったので試合に行きました。

 肩というか…今は首から背筋にかけて痛みが残ってる状態なので、首を寝違えた感じの痛め方ですね。
 ちょっとビリヤードのフォームで色々気にしながら撞いてたので、首~肩にムリがかかったのかも知れません。

 さて↑で書こうとしたポイントは四点。
 的玉のシュートラインを確認すること。
 撞く前にしっかりとイメージ作りをしてから構えること。
 利き目を意識すること。
 キュー先をしっかり手玉に近づけること。

 他にもいくつかポイントはあるのですが、とにかくこの四点に気を付けることにしました。
 試合前練習の時に、必ずシュートラインを確認しながらチョークを塗るようにルーティン化すればいいのでは?と思い、今日の試合中は必ずそれを心がけました。
 そのおかげか、比較的調子良く撞けた感じ…
 ルーティンをしっかりこなしてる間に気持ちも落ち着いて集中力も高まりますし、やるべき事は全部やったからこれで外したら仕方ない…と思えますしね。

 終わってみれば3勝1敗。思えば優勝した時も準優勝した時も3勝1敗なので、これがボクの最高勝率です。
 結局ウチのブロックはボクが負けた人が全勝で決勝トーナメント進出。
 彼ともそこまでの実力差があったわけではないと思うのですが、微妙に力負けしたかな…

 今日のベストバウトは最終戦、小学生プレイヤーHくんとの一戦。
 この試合は自分でも満足のいく玉撞きが出来て、結局勝敗を分けたのはHくんの二度にわたる8番穴前カタカタ(両方とも入ってればボクが負けてたハズ)ではあったのですが、勝敗以上に実力を出し切れた満足感のあるゲームでした。
 唯一残念だったのが2ラック目…極薄サイド穴前カットから順押しで廻してポジションした9番、ほとんど真っ直ぐですが微妙にフレてる…という苦手な配置の上に、さらに苦手な土手撞き。
 最近土手撞きを練習してはいるのですが、それでもシュート率は5割ぐらい…そのデータが頭の中にあるだけに、あまり入るイメージを作れないままに撞いてしまい、外した上にスクラッチ…

 それでも1ラック目と3ラック目、上記のように8番は穴前なので入れるのは比較的楽でしたが、どちらも薄目の玉になってしまう上に9番も近くにあるのであまり走らせたくない…
 3ラック目は左をヒネって長-長で割と簡単な場所にポジション出来たのでそれほど問題はありませんでしたが(それでも簡単な9番を外すのは何度もやってるだけに、相当集中しましたが)、1ラック目はベストな力加減では撞けたモノの案の定サイド穴前あたりまでは手玉が走ってしまい、短クッションに近いやや薄目の9番を狙うことになってしまったので、ボクとしてはかなり頑張った取りきりでした。
 Hくんのお父さんにも「ナイスショット!」と声をかけて頂いて恐縮…

 Hくんとは三回目の対戦となりますが、何を隠そう初勝利だったりします。(笑)
 でも1ラック目はボクの3番スクラッチで得たフリーボールから取り切り体制に入ってだけに、悔しかっただろうな…

 そして今回のルーティンから抜けてるのは次の玉のシュートライン確認等、出しに関するポイントなので、それも毎回しっかりこなすようにしないといけませんなー。
 今日ですらだいぶ撞くペースが落ちましたけど、さらに落ちそう…(^_^;
 ま、ボクは今まであまりにも考えてなさすぎだったので、一度ペースを落とした方がいいかも知れません。


 最後に…今日頑張れた理由の一つはやっぱり新しく買ったマイキューだと思います。
 ホント、このキューに多大な愛着と思い入れがあるだけにしっかり撞こう!と言う気になるんですよね!
 この子との初戦としては充分に満足のいく結果です♪
 この調子なら遠からぬ未来にC級戦二勝目やBC級戦での好成績、初マスワリとB級昇格も果たせるのでは?と期待しております。(^_^)

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

本日のお試しキューはランブロスとキース・アンディ(ビリヤード)

 毎週土曜日恒例のハイランドに行ってみると、ブログでコメント下さるランブロス使いさんがいらっしゃいまして、ランブロスとキース・アンディを試し撞きさせて頂きました!
 …のですが、詳細なレポはナシで。(笑)
 いや、打感に関してはタップの差がかなり大きく影響する…というのがボクのエスピリチュでわかったので、なんだかよくわからなくなって来てるんですよね…
 打感の印象としてはランブロスがボクがイメージしていたよりも柔らかくて、キース・アンディが固めでした。
 ただ、コレもタップの違いが大きかった感じ。
 そしてボク的にはキース・アンディの方がフィーリングは合いました…が、どちらもちょっぴり撞かせて頂いただけ(ついつい遠慮してしまいまして…(^_^;))なので…
 ランブロスは押し引き共にキレがあった印象ですね。ただコレもボクのショットが安定しないせいでなんとも…

 何はともあれランブロスはルックスがイイですよねぇ…そう言う意味で以前から憧れのメーカーです。
 ヤフオクで出品されるたびにちょっと欲しくなりますもの…<高くて買えないけど


 そんなボクは手に入れたばかりのエスピリチュが滅法気に入っている(第一印象はひどい日記を書きましたが(笑))ので、みんなに見せびらかしまくりの撞かせまくり。
 吹替さんからは、やっぱりマイキューの314-2とは見越しが違う…と言われましたが、オーナー本人は他のキューとの差がイマイチわかってなかったりして。(^_^;
 いや、いまだにキューの見越しの差で外したのか、単純にヒネリ自体の見越しが合ってなかったのかわからんのです…
 あ、外しようのない簡単な配置で見越しの差を確認すればいいのかな。<今日吹替さんがやってた
 上手い人にキューを試し撞きして貰うとボク的には入る気がしないようなショットで見越しの確認してきますからねぇ…(笑)

 あとはお友達のエフレンさんから「やっぱりエクシード(<エフレンさんのマイキュー)とはいえ量産キューとカスタムキューは違うな」とちょっと嬉しいことを言われましたが、ボク的にはハイテクシャフトとノーマルシャフトの印象の違いなんじゃないかな?と思ってます。
 身も蓋もない言い方をすれば、ハイテクシャフトのキューよりはむしろ、至って普通のハウスキューの方に打感が近いと思うので…
 ハイランドに置いてあるアダムのハウスキューでも、「このキュー譲って欲しいなー」と思うほどに打感がボク好みのキューがありましたもの。

 ま、とは言うものの人の評価よりも自分が気に入ってる事が大事。撞いてて気持ちいいキューなので、入っても外しても楽しく撞けます。(笑)
 今日も勝ち負けで言えばさっぱり勝てなかったですが…(^_^;

 このキューさえあればいい…と思えるほどに惚れ込めるキューに出会いたいと夢見てきましたが、今のボクにとってはこのエスピリチュがまさにそういうキュー。
 まだ見越しの面であってないところもあると思いますが(<自分では気が付かないんですが)、それはこれから使い続けるうちに慣れてくるでしょう。
 いずれは「このキューじゃないと玉が入らない」と思えるほどにまで惚れ込めるといいなあ…

 まぁ見た目は地味ですけどね!(笑)<自虐的に「ブレイクキューかハウスキューみたい」と表現してます

 あ、それとは別にコレクター心理的に色んなキューは欲しいですけど。
 皆さん、部屋の隅でホコリを被ってるキューがあったら是非ボクに寄付してください!(笑)


 …さて今日は念願のハイランドステッカーをゲットしてキューケースに貼ったので(笑)、明日のC級戦も頑張るぞ~♪
 とりあえずはここ数日気にしてる「利き目」を意識することと、今日shimattさんからもアドバイス受けた「シュートラインの確認」、そして撞く前のイメージの構築を怠らないようにしよう…

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

思い出の80'sアニメヒロイン

Mixi1065_2

 pixivアップ用のむちむちシーラ様絵が描けました~♪ あとは背景に空っぽく青グラデ塗ってからpixivにアップします~♪
 非18禁なので閲覧数は全く伸びないだろうけど。(笑)

 そしてこのシーラ様絵が何を隠そうシーラ様初描きだったりします。
 いやー…小学生~中学生時代のボクはすこぶるシャイだったので(当時から尻フェチではありましたが(爆))、女の子のおっぱいとかおしりとか恥ずかしくて描けなかったんですよね…
 なので当時好きだったアニメヒロインはほとんど描いた事がなかったりします。
 今なら普通に描けるので、一通り描いてみたいなあ…と思ってるんですが、今だと逆にむちむちになりすぎちゃうのが困りものです。(^_^;

 先日はボクの好きな80'sロボットの日記を書きましたが、今日は80'sアニメヒロインへの思い入れを書いてみようかと。
 今も二次元コンプレックスをアピールしてるボクではありますが、当時はネタ抜きマジものの二次コンでして、高校の頃までは空想の世界に思いを馳せる夢見がちな男の子でありました…(遠い目)
 今も紫ちゃんと結婚したい!とか、ハルカ・アーミテージ准将と結婚したい!とか騒いでおりますが、さすがにもう空想癖はなくなってるので、日記で騒いだり、イラストを描いたりするのみなのであります。


○シーラ・ラパーナ様(『聖戦士ダンバイン』)
 ボクにとって神聖不可侵な永遠の守護聖女様。…とか言いながらむちむち絵を描いてしまいましたが…
 いや! むちむちに描いてもエロ絵は描いてない!!
 ボクがこの作品を見たのは10歳頃だったと思いますが、その後の長きに渡って(多分二十歳ぐらいまで)シーラ様をお護りしたい…と思っておりました。
 そのせいかいまだに高貴な女性に仕える立場になりたいという願望もほんのりあったりします。(笑)
 そういやその頃はシーラ様のイメージカラーである白…白い石を河原で拾ってきてお守り代わりにしてたなー。
 あの石はいつ処分したんだっけ…


○ミンキーモモ(『魔法のプリンセス ミンキーモモ』)
 この作品も同じ頃か…ちょっと後? 11~12歳ぐらいだったでしょうか。
 多分現在35歳~50歳ぐらいの人でこの作品にハマった人は多いハズ…
 第一期の最終回でモモは車にはねられて死んでしまいますが、凄まじくショックだったのを憶えてます。
 …しかし今にして思えばあそこで終わった方がキレイに終わったんじゃないかなー…という気持ちも。

 そういやアニメ誌のニュータイプ、創刊二号目の表紙がモモのアップだったんですよね。
 一号目から買ってたんですが、アレは嬉しかったな~♪
 そうそう、プラモ買ったりもしましたっけ…


○モーム(『超時空世紀オーガス』)
 この作品はダンバインと同じ歳…確か小五の時だったと思うので、ボクは11歳ぐらいですかね。
 この子も最終回近辺で死んじゃう(…というか機能停止)んですよねぇ…なんか子供の頃から悲しい思いばかりしてるな。
 ちなみにシーラ様もモモも今に至るまで一度も描いたことがなかったんですが(シーラ様はトレーシングペーパーでトレスしたことならあります)、モームは当時から何度か描いてたりします。
 確か10年ぐらい前にも描いた憶えが…<未完でしたけど

 ちなみにこの年に放送されたロボットアニメ、オーガス、ダンバイン、ボトムズは導入されたばかりのビデオで録画したりしたこともあってか、いまだに一番思い入れの深いアニメ作品だったりします。<前年のザブングルあたりから録画出来るようになった


○キャティ(『ガルフォース』)
 キャティも長らく「結婚したい」と本気で思ってたなあ…
 ちなみにこの作品は中学に入ってからなので、確か13歳の時…?
 当時のボク的に「やっぱり年上より年下が…」と思ってラミィ萌えになった時期もあったんですが(いや、いまだにラミィも好きですが)、今にして思えばやっぱりキャティの方が思い入れが深いかな。
 キャティは…当時何度か描いてるんじゃないかな。よく憶えてないけど。


○ユリ(『ダーティペア』)
 この作品も中学に入ってからですね。ユリのソフビフィギュアとか持ってました。(笑)
 あのソフビフィギュア、ボクの記憶ではかなり大きかったと思うんですが、マイミクの秀さんか誰かに1/6だったって言われたんですよね。
 でも30~40cmぐらいはあったと思うんだがなあ…
 そして当時はケイの良さが全くわからなかったんですが、高校生になったあたりでようやくわかってきました。
 ユリは…ボクの小悪魔系キャラ好きの元祖なのかな?


 とりあえず今描いてみたいキャラはこれぐらいですかねー。
 あとはモスピーダのミントぐらいかなあ。
 細かい話をすればファンドラ(『夢次元ハンターファンドラ』)とかヨニ(『幻夢戦記レダ』)とかも描いてみたい気もしますが…この二作品はいまだに見たことないんだよな。(^_^;<ムックやレコードは持ってた

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

アダムのハイテクシャフトを撞き比べてきた(ビリヤード)

 昨日手に入れたエスピリチュのタップをMX-GのMSに交換したのですが、それだけで打感&打音が素晴らしく良くなりました!
 個人的には今までで一番打感が良かったモッティに次ぐほどの好感触!<ちなみにモッティに付いてたのと同じタップ
 今回のキューはルックスよりも打感に期待して買ってるので、これだけ打感が良くなってくれれば言うことないです。
 ボクの調子も回復して玉もパコパコ入るようになったし、だんだんこの子とのシンクロ率が上がってきてる感じ。コレなら今週末の試合、この子で行けるかも…

 新横浜のOTAでタップを換えたのですが、その作業をして下さった川崎バグースのインストラクターでボクのお師匠様とも言えるO合さんが「ノーマルシャフトには固めのタップを付けてる人が多い」と仰ってましたが、ボク的にもその方が正解だったみたいです。
 どうもデフォルトで付いてたエベレストは柔らかめだったらしいので…
 ついでに外した時にO合さんが「どうも接着も甘かったかも」と仰ってました。しっかりしてよラス!!<ラス本人が作業してるワケじゃないでしょうが


 さてそのタップ交換をお願いしてる間にO合さんにシャフトの事やタップの事、先角の事を色々とお訊きしました。
 ハイテクシャフトは総じて固めなこと、ハイテクシャフトの打感は人によって印象が異なること、ノーマルシャフトの打感はバットの個性に影響されやすいこと、豚革より牛革のタップの方が感触が変化しにくいこと、先角が重い方がトビが大きくなること…
 なんか超タメになった!!
 決して自分の腕が上がるような話ではないですが、キューフェチのボクとしては道具の話は楽しいですわ♪

 …さてその際に、メッヅのシャフトは一通り撞いた事があるけど、アダムのシャフトはほとんど未経験…という話をしたら、お店に置いてあるアダムのシャフトを全部試し撞きさせて下さいました!
 そうそう、試し撞き用シャフトが置いてあるのは知ってたので、いつかお願いしようと思ってたのです…(笑)

 ACSS、ACSSプロ、バンブーシャフト(BS158)、ACSSソリッド4、ソリッド8MAX、ソリッド12MAX…を試し撞きしてきたのですが、一番固く感じたのがバンブーシャフト。
 一番ノーマルシャフトに近く感じたのが、VITZさんにお借りしてるムサシにも付いてるソリッド8MAX。ただ、コレもやっぱりハイテクシャフト独特の固さと打感は感じるんですが…
 ACSSプロもかなり固くて、メッヅのハイブリッドプロⅡに近い打感。
 ACSSはシャフトが太いせいもあってか結構しっかり感のある打感なんですが、カンカン音がするのがなんとも…
 全てのシャフトに個性があって面白かったんですが、それでもやっぱり今のボクにはノーマルシャフトの打感の方が合うな…

 そう言えばO合さんのお話だと、最近ハイテクシャフトからノーマルシャフトに戻す人が増えてるようです。
 理由まではちょっと憶えてないのですが、やっぱり撞いた時の感触の問題もあるのでしょうか。

 ちなみに↑の試し撞きは基本的にバンキングぐらいの力加減で撞いただけなので、キューの切れや見越しに関しては全くチェックしてません。
 ボク的には撞いた時の打感が第一なのですが、その印象はバンキングでだいたい決まるので…


 さて前述のようにエスピリチュが素晴らしく合ってきたので、今週末のハイランドC級戦はエスピリチュで出ます。
 まだタップを換えたばかりで締まってないのが難ですが、このタップ、今日撞いた感じではあまり変形してこないのでなんとかイケそうです。
 こないだ付けたヒラノタップは一時間撞くと真っ平ら…みたいな感じでしたからね。(^_^;
 そもそもの厚み自体もヒラノタップより薄いし…この辺、↑でちょっと書いた豚革と牛革の特性の差でしょうかね。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

エスピリチュを買いました(ビリヤード)

 mixiでは随時日記を更新してたんですが、ヤフオクに出品されていたココボロストレート、カーリーメイプルウッドハンドルの2008年型エスピリチュを落札しました。
 ボクのビリヤード人生でも最大級のイベントです!!

Mixi1062

 未使用品なので新品同様…とまではさすがにいかないです。
 まずステンレスのジョイントカラーがだいぶくすんでたのでギター用金属磨きでピカピカに。
 次いでギターポリッシュでバットを磨き上げました。
 うんうん、コレで見た目は新品だな♪

 ちょっと残念なコトに打痕が二ヶ所あります。一ヶ所はフォアアーム(バットの前側の部分)なので、それほど気にならないですし、キューは使ってるウチに傷つくのはやむなし…と思ってるボクとしては構わないんですが、シャフトに一ヶ所打痕があるのがちょっと気になる…
 フィリピンプレイヤーはシャフトをもの凄く大事にすると聞きますし、ボクもキューの命はシャフトにあり…と思ってるので、気になるところではあります。
 …ただまあ、ボクの初代キューにも同じぐらいの小さな打痕はあったので…ま、いいか。

 ジョイントはポピュラーなパイロッテッドの14山ですが、シャフトとバットの結合にしっかり感があるのが凄くいいですね。
 ボクの初代キューも同じ14山でしたが、アダムのバットにメッヅのシャフトを繋いでしまったために、奥でしっかり締まる感じがなかったんですよね。
 デフォルトのシャフトを使えばちゃんと結合感出るんですけどね。
 まぁ締める時の話で、実際に撞いてる時にどれだけ影響があるのかはわからないのですが、気持ちの問題で嬉しいところです。(^_^)

 あとこのシャフト重い。そのせいかバランスポイントもジョイントカラー先端から24cm弱と、今まで我が家にあったキューの中では一番前バランスだったマイミクさんからお借りしてたアダムのキューを上回る前バランスです。
 ちなみにトータルではかなり軽く感じるキューですね。
 シャフトの重さはなんとなく木の繊維がびっしり詰まってるように感じて好印象~♪
 エスピリチュはハイテクシャフトも造ってるっぽいですが…コレはノーマルシャフトだよな??

 ボクにとっては初めてのノーラップとなりますが…もともとノーラップのハウスキューや、同じくノーラップだったお友達のエフレンキューが凄く好印象だっただけに、前々から憧れはあったんですよね。

Mixi1063

 そして細かい所ですがジョイントキャップが…↑の写真を見て頂ければわかるとおり、普通の樹脂じゃなくて銘木です!
 コレは…アイアンウッドあたりかな?
 ヤフオクの写真で見た時は普通に樹脂だと思ってたので、これは嬉しい誤算!
 デザインも凝ってるし、こういう細かい所もカスタムキューって感じで嬉しくなっちゃいますね~♪

 さて実際にたっぷり撞いてきたのですが、そのインプレッションを身も蓋もない言い方でかつ一言で纏めてしまうならば…

 期待はずれでした。(爆)

 ボクの初代キュー…ひいては富士ビリやハイランドにおいてあるなかなかしっかりしたアダムやメッヅのハウスキューと比べてもかわりばえのしないフツーな打感&打音。
 ここのところムサシを使ってたおかげか、引きの力加減が全然合わないぐらいに切れてた引き玉もさっぱり引けず…

 それでも撞き込んでるウチに若干打音も良くなってきました…が、やはり今日使っていたマジェスティカ(現メッヅ)のハウスキューと比べてもたいして変わらない打音…
 キレに関しても、ちゃんとロングドローで比べてみたらムサシと変わらないぐらいに引けました。いや、気合い入れて引いた分、ムサシより引けたかも。(笑)
 ただ、ムサシの方が効率よく楽に引ける感じがあります。玉の回転も凄く乗ってるように見えるし…
 この辺がシャフト&バット共にハイテク化されているムサシの性能…ってコトなんでしょうか。

 ただ、打感&打音に関してはボクがスペシャルな感じを受けたのが、VITZさんに一日お借りしたポール・モッティ、同じくVITZさんからお借りし続けてるスリークッション用のキュー、弟のスコーピオン…の三本しか過去になかったことも考えないといけません。
 まぁスコーピオンはシャフト自体が特殊なので…それを考えると、お友達のキューを片っ端からお借りしたりした中で「コレは!」と思ったキューはわずかに二本しかないんですよね。
 それを考えればそこまでの期待は最初からしてなかったので、まぁこんなものかと。
 勿論、もの凄く良かったらイイな~…と夢見てたのは確かですが。(笑)

 それにカスタムキューとはいえ相当安価…ほぼ同デザインの量産キュー、プレデターのクワイエットローラーと同価格帯…と言うことを考えれば、必ずしも金額の高低がキューの良さに直結するものではないとはいえ、やっぱりそこそこのものなのかな、と言う気も。

 と言うわけで、現在の正直な気持ちとしては前述のように期待はずれ。
 ただ、ルックスの美しさや銘木のジョイントキャップ等、所有欲は満たされるのでトントン…って感じでしょうか。
 
 ともあれ、タップ(<ナゼか今付いてるタップが全然潰れてこないんですが…)やシャフトが締まってくればまた印象は変わると思うので、もうしばらく様子を見てみます。
 どうしても合わなければ手放す可能性もありますが…

| | コメント (2)

2010年9月 7日 (火)

狙い点(ビリヤード)

 ビリヤード雑誌の『Cue's』でちょっと前からビリヤード入門漫画が連載されてますが、ボクにも描かせて欲しいと思うのです。

 …エロくなるけどな!!(爆)


 さて今月号のその漫画で狙い点の話をしてましたが、タイムリーにもここ数日考えてたのが狙い点だったりするのです。
 ボクが今を遡ること20年前、大学時代に遊びで撞いていた頃にハウツー本を買って(<とりあえずハウツー本を買ってしまうタイプ)イメージボールで狙う事を知って以来、ずっとイメージボールで狙ってます。
 …なのですが、ボール自体をイメージするよりもさらにボールの中心点がどこへ向かうか…その狙い点までイメージした方が精度が上がるのでは?と、日曜の相撞きの時に思ったのですわ。<接触点ではないです

 実際今日の練習でもしっかりと狙い点をイメージして撞いてみたら、厚み1/2ぐらいで的玉とポケットが遠い、手玉と的玉も遠い…みたいな、ボクの苦手な配置(…というか普通に難しい配置)も入れられたので、やっぱりコレかな?と思ってます。
 ボクが簡単な玉…例えばポケット前1Pにある的玉をフリーボールでフリ付けて狙って外す…みたいなイージーミスは、目線が撞く瞬間に的玉の中心やポケットに引っ張られることにあるんじゃないかと気が付いたので、どんなに簡単な玉でもしっかり厚みと狙い点をイメージして、そこから目を離さないように撞くことによってイージーミスが減るんじゃないかと期待してます。
 正直↑のような難しい玉はそれでも入らないコトが多いと思うので、それよりは入って欲しい玉を外さないようにするコトの方が遥かに大事ですし。


 …ところで今日は駅前に用事があってチャリで行ったため、練習はチャリで行きやすい川崎バグースで済ませたのですが、今日対応してくれたお兄さん…こないだも「渋台以外で」とリクエストしたにも関わらず渋台に案内されましたが、今日は「どこでもイイです」と言ったら問答無用で渋台に案内されました。(^_^;
 ちゃんと入り口側の数台(6~8台ぐらいだっけ?)が渋いコトはわかってる人なのに、ナゼよりによって渋台…
 今は甘い台でとにかく初マスワリが出したいと思ってるので、10分ぐらい撞いたトコで甘い台に移動させてもらいました。(^_^;

 …しかし相変わらず初マスワリは出ない…やはり最初の三球がこなせない…<難球の1番を入れて、2番もなんとかねじ込んだけど3番に出ない…みたいな
 2球目以降の配置はとりあえず仕方ないので(ラックの組み方である程度はコントロール出来るかも知れませんが…)、せめて取り出しだけはなんとかなるようなブレイクを研究せねば…

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

好きなロボットをまとめてみた

 思いつき企画。<シーラ様を描くためにダンバインのムック眺めてたらつい


好きなモビルスーツ:ドム、キュベレイ、ギャプラン、ドーベンウルフ、クシャトリヤ

好きなモビルアーマー:エルメス、ブラウ・ブロ

好きなオーラバトラー:ビアレス、ライネック

好きなアーマードトルーパー:ストライクドッグ、ブラッドサッカー

好きな重機動メカ:ザンザ・ルブ、ギド・マック

好きなウォーカーマシン:トラッド11

好きなコンバットアーマー:ソルティック(ラウンドフェイサー)、マッケレル

好きなデストロイド:トマホーク…というかデストロイド全般に好き。個人的にバルキリーよりカッコいいと思います。

好きなヘビーメタル:アシュラテンプル

好きなモーターヘッド:ヘルマイネ、アシュラテンプル、サイレン、カナルコードエリアナイン

好きなバーチャロイド:バル・バス・バウ、ベルグドル


 …な感じでボクの思い入れのあるロボットアニメは網羅したかな??
 基本的に人生の中で一番思い出に残ってるのは10歳~12歳頃に見たものなので…
 ちなみに好きなモビルスーツにZ以降が多いですが、実は作品自体はZからあまり見てなかったりします。<中学に入って部活が忙しくなったため

 ボクの好みとしてエキセントリックなデザインを好む(ちなみに車やバイクにもその傾向あり)のと、無骨な重装型を好む傾向があるのですが、こうして挙げてみると意外とスタイリッシュなメカも好きなんだなー…と思いました。

 …ま、それだけなんですけど…(^_^;
 あー、なんかアーマードコアやりたくなってきたなぁ…

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

シャフトの話(ビリヤード)

 今回の話に限りませんが、キャリア三年弱のCクラスの意見だと言うことを踏まえて読んで下さいね!
 他の色んな話もそうですが…「うわ、間違ったこと言ってるよ!」と思われるなら問題ないんですが、「なるほどそうか!」とヘンに納得されると困っちゃうので。(笑)

 さて先週マイミクのVITZさんがいらした際に丸一日お借りしたポール・モッティの打感が素晴らしく良かったのは以前書いたとおり。
 表現として合ってるのか間違ってるのかわかりませんが…凄く芯のある打感で、打音も高音の「コンッ」という音で大変好みでした。
 今まで、マイキューのWD700をはじめ、ハイブリッドプロⅡ、ハイブリッドアルファ、314-2、お借りしてるムサシのソリッド8MAX…は撞いたことあるんですが、どうもハイテクシャフトは全般に芯がないような打感に感じるんですよね。
 唯一、VITZさんからお借りしてるスリークッション用のキューに付いてる、女子プロが使ってらっしゃったという貼り合わせシャフトだけは凄く良い打感です。
 ただ、モッティを撞かせて頂いてからは撞いてなくて、今日久し振りに撞いたらモッティほどには良くなかった…
 やっぱり「より良いもの」(<…というかこの場合は好みにあうもの)を知っちゃうとダメですね。(^_^;

 あ、マイキューのWDも長らく使ってるせいもあってか、他のハイテクシャフトほどには芯のなさは感じないです。
 ちなみにマイキューにもともと付いてたアダムのノーマルシャフトは、芯は感じるんですが全体に柔らかめ。
 固めで芯のある打感で打音も高め…というのがボクの好みみたいですな。

 そしてモッティのシャフトをムサシに付けてみて思ったのは(<両方ともラジアルピンだったので)、やっぱり打感の8割近くはシャフトに依存するな…と言うこと。
 そうすると、理想のキューと言うのはほぼイコールで理想のシャフト…ってコトになるのかな。

 ボクの理想の打感はハイテクシャフトではなくてノーマルシャフトにあるのではないかと思ってます。
 そしてハイテクの方が性能はいいのかも知れませんが、個人的には性能よりは撞いた時の気持ちよさを重視したい。
 見越しとかは練習すればなんとかなるんじゃないかと思えるので…

 と言うわけで以前にも増してカスタムキューへの憧れが大きくなっております。(笑)
 いや、モッティの打感の良さが質の良い木を使ってる所にあるんだとしたら、良い木を使ってると思われるカスタムキューがやっぱり良いんじゃないかと…
 勿論、同じメーカーでも当たりはずれはあるんでしょうし、それこそメーカーが違えば…モッティと同じ日にVITZさんに撞かせて頂いたサウスウエストがピンと来なかったように、カスタムキューだから打感が好み…というワケでもないでしょうね。
 逆にヤフオクで出品されてる1円キューでも打感が気に入ればそれでイイ気も…(笑)

 そう言えばハイテクシャフトの一番重要なメリットは「性能の均一化」だと言う意見もあるみたいですね。
 ノーマルシャフトだとどうしても性能や打感にバラつきが出る…けれど、木材を加工してるハイテクシャフトだとそのバラつきが小さくなると。
 それを考えると…頑張ってアタリのノーマルシャフトを探すより、ハイテクシャフトの中で一番好みのシャフトを探す…という手もあるのかも。
 実際、まだアダム系のハイテクシャフトはほとんど未体験なワケですしね…

 ただまぁいずれにせよ、キューは実際に撞いてみないとわからない…と。
 今もヤフオクで何本かウォッチしてはいるんですけどねー…いざ落札して撞いてみたら合わなかった…とかなったら困っちゃいますし。
 とりあえず落札してみて気に入らなければ再出品…を繰り返すと言う手もあるかも知れませんが。(^_^;


 さて今日はハイランドでマイミクshimattさん&17番さんと相撞き。
 17番さんがレッスンで抜けるまでは三人で負け抜けにして撞いてたんですが、この間は相手の方が9番カタカタしたり、8番で入れスクラッチしたり、9番で入れミススクラッチしたり…で、ナゼかボクがトップ独走。(^_^;
 調子は悪くないので勝つこと自体は納得なんですが、全く勝った気のしない勝ち方ばかり…<一回ポジションミスで激ムズのサイドカット9番入れたけど

 逆に17番さんが抜けてからのshimattさんとのサシ勝負はボロ負け。
 調子は悪くなかったのでこんなに負けるハズは…
 なんか今日は難しい玉ばっかり撞いてた気がする…と言うことはポジションが出なかったのかな。
 やっぱりまだまだ出しが出来てないせいか、入れ繋げないのがボクの弱点ではあるので、より一層頑張らないと。
 とは言え、最近は出しのラインを考えるのが楽しくてたまらないので、この調子で撞いてればだんだん良くなりそうですけどね。

 いずれにせよ、shimattさんや吹替さん等のBクラスプレイヤーとマトモに渡り合えないとBには上がれないので、ホント頑張らないと…

| | コメント (2)

2010年9月 4日 (土)

机上の空論(ビリヤード)

 昨日自宅の鏡の前で素振りしてると、どうもキューに角度がつきすぎてるような?
 右肩-右肘-右手首の形は現在の形がベストだと思うので、なんとかその形をキープしつつキュー尻を下げる方法を探ってみると、上体を前に倒すことによって傾斜を抑えられそう。
 今週は膝を曲げるフォームを試してまして、それでもキュー尻下がるんじゃないかと思ってたんですが、鏡で見た感じではあまり効果がなかったんですよね。

 …というわけで今日のマイミク17番さんとの相撞き前の練習で試してみたのですが、いいような悪いような…
 しかしゲームが始まってみると、どうにもこのせいで玉が入ってない気がするので諦めました。(^_^;
 …というかテーブルのない状態で空中にレストを組んだフォームで確認しても全く役に立たないコトが判明。
 まさに机上の空論…今日17番さんに言われた言葉をお借りすれば「鏡前の空論」
 結局今まで通りやれば…というか、前に倒すのではなくて腰を後ろに引いた方がやりやすいコトが判明しまして、それはもともとやってたので、今回の発見はなかったことにします。


 さてここのところ見つけた2、3のポイントは玉を撞く上で非常に重要なポイントなんじゃないか…と思ってるので、それに気が付いた最近のボクは絶好調。
 今日も「今の調子ならまず負けない」と(昨晩から(笑))思いながら行ったのですが…結局33ラックこなして15勝18敗で負け。
 …って言うかこれだけのラックをこなして17番さんとは相変わらずの接戦…(笑)<前回はボコられたけど

 逆に言うとこれだけ自信のある状態でも五分五分なので、自信がない状態じゃどうなることやら…です。(^_^;

 今日残念だったのは9番入れスクラッチが非常に多かった事。2回は確実にやってます。
 その2回ともそこそこ難しい玉だったので、入れたこと自体には大満足だったんですが…
 相撞きだから「がっかりですよ!」ですみますけど、試合でコレをやったら死にたくなること請け合い。

 逆に17番さんはほとんど真っ直ぐの玉を穴ブリで押しに行ってスクラッチ…がめちゃめちゃ多かったんですが、それでも9番スクラッチのボクの方がダメージがデカい…

 ただそれも含めてとにかく自分でポジションした9番は外さなかったのが満足でした。だいたいいつも9番外して負けますからね…
 憶えてる限りでは唯一、ほとんど真っ直ぐにポジションした9番を外したぐらいでしょうか。(^_^;<簡単になればなるほど外す
 17番さんもボクが9番外すイメージが強かったらしく「今日は外してないですね」と言われました。(笑)
 毎回安定してこれぐらい入れられるようになれば普通に勝てるんですけどねぇ…

 上記のようにいくつか重要なポイントには気がついたんですが、その一つ…冒頭でも書いた右肩-肘-手首の位置関係の再現性がまだ低いのが難。
 右腕の形が決まればまず玉は外さない…ぐらいな気持ちになるんですが、今日の序盤とかもどうも形が決まらなくて外しがち…
 今日はラック数が多かったので立て直せましたけど、C級戦の2先超ショートゲームだと立て直せずに次々と負けてしまいそうな気がします。
 それが今後の課題かな。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

エロ水着黒子が描き上がった

 pixivアップ用の新作、エロ水着着用のエロ尻白井黒子さんが描き上がりました。
 とりあえず背景無しの顔部分だけアップ。この日記はmixiと共通ですが、エロいのアップするとmixiに消されちゃいますからな…

Mixi1061

 基本的には昼と夜のコーヒーブレイクタイムにコーヒー飲みながら描いてるので、だいたい一週間で一枚ペースですねー。
 こないだのTバックショタっ子みたいにラフ線に色塗るだけなら一日で上がるけど…
 アップは例によって今夜0時を廻った所でします。アップ次第おねむですわ。

 まぁ黒子初描きなので仕方ないかも知れませんが、どうも上手く描けなかったな…
 あ、いや決して悪い出来ではないんですけどね。

 それに比べるとホントみっちゃんは描きやすい。マジでボクはみっちゃんを描くために産まれてきたんじゃないだろうか…

 …あ、今回の絵は尻に気合いが入ってます。<いつものことか?
 いや、ボクがpixivでブックマークしてる黒子絵がおしりだけむっちりしてて素晴らしかったので、ちょっとマネしてみました。(笑)
 それにボクの持ち味である拡張ネタのスパイスを振りかけた感じで。

 最近は肌色の調整とか肌のハイライトや照り返しの入れ方を毎回試行錯誤してます。
 いやー…何度も書いてるようにpixivで上手い方の絵をいっぱい拝見して刺激を受けてるので…
 商業作家時代のようにスケジュールが詰まってるとなかなか新しい事には挑戦出来ずにルーティン作業になっちゃってましたからね。色々試してみると面白いです。(^_^)
 最近ずっと考えてるのは明暗のコントラストかな…


 さて次は誰を描こうかなー。
 バスカッシュのヴィオレットを描くって話もしたし、ボクが子供の頃に惚れてた二次元キャラ(ミンキーモモとかダンバインのシーラ様とか)を描くという話もしたし…<後者なら非エロ。ボクにとってシーラ様は神聖不可侵なので

 ま、ボチボチと考えてみますわ。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

よーく考えよう(ビリヤード)

 本日、ハイランドでマイミクの吹替さんと相撞き中のワンラック。
 珍しく取り出しの1番が入れられそうな上に、2番への出しもなんとかなりそう。<っていうか2番だったか3番だったかがブレイクイン…アレ? 6番を入れた憶えがないから6番だったかも…

 いやー…ここのところとにかく「マスワリを出した」という事実が欲しいので、一人練習でも積極的にナインボールをこなしてますが、10ラック以上こなしても取り出しが簡単な配置って滅多にないんですよね。
 そもそも取り出しを入れられそうな配置自体が10ラックで2~3ラックしかない…あとは隠れてたり難球だったり。

 そして簡単な配置になったとしても次の玉へのポジションが難しかったりします。昨日も1番を入れるのは簡単だったんですが、反対側短クッション際の2番へ出すためにはめいっぱい引いてこないとダメ(<オマケに他の玉が邪魔で目標エリアはかなり狭い)で、結局1番をシュートミス…

 こんな取り出しも簡単で次の玉へも出せそうな配置なんてボクの場合は40~50ラックこなしてあるかないかの確率なので、相当慎重に撞きました。

 昨日ふと「撞く前に的玉の後ろに立って、ポケットとの位置関係をイメージした方が、ほんのわずかだけどシュート率が上がる気がする」と思ったので、撞く前に的玉の後ろに立って確認。結局シュート率を上げるためにはこういうわずかずつでもシュート率が上がる事を積み重ねていくしかない気がします。
 そして構える前にしっかりとシュートのイメージと出しのイメージを構築してからシュート。

 …とやっていたら的玉もぽんぽんと入り、サイドに取りに行った4番が逆フリになっちゃったりもしましたけど、順押しで回したら5番にばっちりの位置に出たりして、どうにかこうにか8番まで辿り着きました。
 うんうん、やっぱりよーく考えるのは大事だな…普段あまりにもフィーリングで撞きすぎだからな。(笑)

 さてこの8番…サイドに取りに行ったのですが若干出過ぎてしまって薄めになってしまいました。
 9番はほぼフットスポット上の定位置なので、8番を順ブリで厚めに出してれば押そうが止めようがなんとでもなる配置だったんですが、これだけ薄いと回してこないとダメかな…

 初マスワリを意識してだいぶ緊張してましたが、今日の調子なら入る…と集中して撞いた8番は厚く外れてしまいました…

 ただこの8番、厚めに外したとはいえ手玉は全く9番に出なかったので、入っていたとしても土手撞きでサイドとか、最悪の場合土手撞きで遠いコーナーを狙うハメになってたりとかしたかも…
 それでも8番さえ入ってれば9番は気合いで頑張れた気がするので、だいぶがっかり…

 結局吹替さんとは軽めに一時間ほど相撞きしたんですが、その後マスワリのチャンスは巡ってくることなく終了しました。
 残念…

 ちなみにその後、全く同じような配置の9番(吹替さんが穴前カタカタで8番を外した後)は問題なく決められたので、やっぱり少なからずプレッシャーが影響してたのかも知れません。

 ボクは最近、取り出しからの三球がマスワリを出す決め手だな…と感じてました。
 まずそもそも取り出しが入れられそうな玉であること、そして次へ繋いで行ける配置であること。
 今はそれなりに出しが出来るようになってるので、なんとか繋げれば4球目辺りまでには形が出来てる可能性が高いので、そこまでなんとか繋げれば…と。

 そしたら今日吹替さんに「マスワリは9番の一個前の玉が決め手だと思う」と言われて、これまた納得しました。
 確かに一個前の玉にバッチリ出てれば9番に出しやすくなるワケですからね…

 ま、いずれにせよ初マスワリまであと一息…の手応えは感じてるので、今月中にはなんとか出したいものです。
 最悪でも年内には出したい…(^_^;<春に立てた「夏までにBクラス」の目標は果たせなかったし

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

弟のキューを回収してきました(ビリヤード)

 弟がちょうど二年前に京急川崎駅前のアイランドに預けたスコーピオン。ボクの知る限りではその後一度もお店に顔出してない(ボクの知らないトコでコソ練してるなら話は別ですが…)ハズなので、お店に悪いから回収してくるように何度も言ってるものの、行く気配なし。
 キューフェチのボクとしては弟のスコーピオンもマイキューラインナップに加えたいので、今日、ボク自身も1年半ちょっと振りにアイランドに行ってきました。


 …開店時間が4時間遅くなってる…orz


 キューを回収して一時間ぐらいアイランドで撞いて来ようと思ったのですが、断念。
 …しかしせっかくキュー持って駅前まで来てしまったので、バグースにでも寄るか…
 いや、わざわざチャリで来てる(アイランド周辺にはバイク駐輪場がないので、チャリが一番早い)のにこのままキューを回収せずに帰るのもそれはそれで面倒くさい…と、バグースで時間を潰してから無事に回収してきました。

 いやー…実はボク、このキューお気に入りなんですよ。
 グラスファイバーでシャフトをコーティングしてガチガチに固めてるおかげか、打感と打音が凄く好みなのです。
 ただ、コーティングシャフトを採用してるのはわずかにキューテックとスコーピオンの二社(共にアメリカ)のみ。それもアダムやメッヅならハウスキューレベルの価格帯のキューなので、おそらくデメリットがあるんでしょうけどね。

 …って言うかコーティングシャフトって、シャフトにお金かけてないから曲がる→コーティングして曲がり防止…っていう、コストダウン用の方策ですよね。多分…
 ヤフオクに出品されてるキューテックでコーティングが割れてるシャフトが多いのは、曲がりが限界を超えるとコーティングが割れていくんじゃないかと疑ってます。

 あとは多湿な日本の環境だと致命的なほどに滑らない。
 ガチガチに固めたシャフトも、打感と打音は素晴らしく良いですけど、その分見越しが大きくなりそう…<当時はヒネリを使わなかったので良くわかりませんでしたが

 …とは言うものの見越しは慣れればいいワケで、使いこなせば決して悪いキューじゃないんじゃないかなー…と思っちょります。
 実際、SBクラスのプレイヤーでスコーピオン使ってる方もいらっしゃいましたし。<サブキューだったのかも知れませんが

 ま、上記の様にシャフトの滑らなさは致命的なのでメインキューにする事はないと思いますが、タマに遊んでやりたいなー…と思っちょりますわ。(^_^)
 とりあえず明日のハイランド、吹替さんとの相撞きに持っていこう♪

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »