« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月28日 (月)

力みのないストローク(ビリヤード)

 ビリヤードは結局、ちゃんと狙えてキューが真っ直ぐ振れれば玉は入るんじゃないでしょうか。
 …というわけで、狙いとストロークに的を絞って練習してきました。

 狙いに関してはCBNTの西尾祐プロレッスン動画を見返していて、「右足の真上に顔が位置する」的な話を見たので、今まで以上に顔の位置を右足の上に置くことを意識してみました。
 そうするとかなり玉が入る!
 …しかし左足の膝の裏が痛くなってきたので、試しに左の膝を曲げてみるとこれまたいい感じ! 楽に構えられるようになりました。
 左足の膝を曲げるのは今までも何度か試してましたが、今のフォームだとうまくハマるみたいです。
 Cue'sのハウツー本でも「左足を曲げるのがオーソドックス」って書いてありましたしね。

 さて狙いに関してはこんな感じ…あ、もう一つ、ブリッジの向きを調整しました。
 スタンダードブリッジ…特に押し玉で必ず同じ方向に外すのはブリッジに原因があると考えたので、おうちで「真ん中~下の撞点と方向が変わらない高いブリッジ」を研究してから行ったのですが、コレが上手いことハマったみたい。
 真ん中の撞点に関しても、人差し指のホールドが甘くてキュー先が右にズレる気がしたので、親指の側面と人差し指でのホールドをしっかりするようにしたことで、だいぶ方向性が安定しました。


 さてもう一つの課題であるストロークですが、どうもインパクトの瞬間にグリップ~右腕が力んでしまうことでキューがブレるのではないか?という気がしたので、今日はグリップを握りこんでキューを止めようとせず、キューの重みに任せてすこーんとキューを出していきました。
 これまた西尾祐プロのレッスン動画でも同様のことを仰ってましたし、土方隼斗プロのストロークを見てたらホントに力みなくスッとキューが伸びてたので、そのイメージで。
 そしたらさらにセンターショットが良い感じで入るようになってきました!
 ついでに苦手な土手撞きやレールブリッジの精度も大幅に上昇。コレは嬉しい副作用!

 押し引きのキュー切れに関してですが、センターショットでの押し玉は今までのMAXと同じレベルで押せます。むしろ力みがなくなった分、キューの軌道も玉の動きもスムーズになった感じ。
 逆に引き玉は若干切れがダウンしてる感じです。この辺は要練習…
 どうもこのストロークは押し玉向きのストロークな気がします。

 まだ↑の狙いの矯正に馴染んでないせいか、フリのある玉のシュート率はあんまし上がってないかな。ボーラードを何ラックもやりましたけど、結局取りきれたラックはなかった気が…
 とりあえずしばらくはこのフォームとストロークのイメージを続けて様子を見てみましょう。

| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

撞き納め(ビリヤード)

 あ、ボクが…ではなくてマイミクの吹替さんが。(笑)

 吹替さんにお渡しするものがあったのでメールで今週の予定を伺ってみると、今夜なら大丈夫だと。
 そして今夜が撞き納めになると…

 めでたく奥様がご出産されたそうで、さすがに奥様が大変な時期に旦那さんだけ遊んでるわけにはいかないと。もっともですな。(笑)
 復帰がいつになるかは全くの未定だそう。その撞き納めのお相手をさせていただくことになりました。

 ナインボール四先を2ゲームほど撞いてから、ハイランド近くのマックでお茶。
 おそらくボクのビリヤード友達の中で一番色々話してきた吹替さんだけに、お休み前に色々とお話しておきたいこともあったので、たっぷりと話し込んできました。
 色々とためになる話もあったような…なかったような…
 なんかおっぱいの話で盛り上がった記憶はある!!

 あ、あとは最近お気に入りのREI MAXタップを試し撞きしてもらってきました。
 ボクは柔らかめのタップで食いつきがいい…それこそブルーの10t締めに近い印象を持っていたのですが、吹替さんは固く感じたみたい。
 …というか…どうもハードヒットするとキュー自体の固さを感じるみたいですね。

 吹替さんのお休み期間がどれぐらいになるかわかりませんが、復帰された暁にはもっと良い勝負が出来るように頑張ります!!

| | コメント (0)

2011年2月26日 (土)

JPA初勝利(ビリヤード試合)

 先月から参戦し始めたビリヤードチーム戦のJPA。三戦を終えて全敗中でしたが、試合のフォーマットがどんなレベルの人でも勝てるように絶妙に設定されたハンデ設定なので、今日チームメンバーのF田さんも仰ってたように、基本的に誰もが勝率50%前後になる感じ。
 ただ、そのスキルレベルの中で上のレベルに上がりそうな人は若干勝率が上がり、下のレベルから上がったばかりの人は若干勝率が下がったりするんじゃないでしょうか。
 あとはたまたま試合の時に調子を絶好調に持っていける人とか、試合の時に限って絶不調に陥る人とか。(笑)

 さてボク自身も試合こそ全敗ですが、練習時の相撞きとかも合わせればこのフォーマットで五分以上の勝率を挙げております。<今日も二勝二敗
 なので、本人的にはたまたま試合で勝てないだけだと、たいして気にしてませんでした。
 ま、もともとあまり勝敗を気にしない性格ですしね。ボクにとって重要なのは自分が満足のいく玉が撞けたかどうかだけなので。 

 …とは言うもののチームリーダーさんはなんとかボクに勝たせようと気を使ってくださってるのがありありでしたし、さすがのボクも負けてばかりではチームに申し訳ない気持ちもあったので、今日の初勝利はほっとしました。

 …まぁ内容は決して良くはなかったんですけどね…調子に限って言えば先週の方が良かったと思います。
 ただ相手の方の不用意なスクラッチや、ボクのセーフティが非常に効果的に機能する場面が多く、5回以上のフリーボールを貰ったのが大きかったです。
 そのフリーボールからあまりスコアを伸ばせなかった気がするのが今回あまり満足感を得られない原因なのですが、それでも最低2~3個は入れられてたみたいで、気がつけばファイブモア。
 気持ち良く勝負を決められる9番に真っ直ぐポジションしたにも関わらず外すというボクらしい場面はありましたが、次のラックのブレイクノーインから回ってきた難しめの1番サイドカットをキレイに決めて勝ちました。
 なんかあんましみんなが盛り上がってないからまだゲームボールじゃなかったのかと思っちゃいました。(笑)

 思い返せば先週のゲームではボクが逆に不用意なファウルを献上してしまっていたので、ホント、フリーボールは重要だなあ…と思い知らされた二週間でした。

 あと、この試合の間中、あまりフォームを気にすることなく撞けました。
 勿論最低限気をつけるべきポイントは気をつけて構えてるのですが、あれこれ考えるよりもただ玉を狙って撞くことだけに集中できたと言うか…
 そういう意味でも結構良い状態だったのかも知れませんね。


 …さてJPAの不満点は一日で一試合しかないこと。毎回撞き足りないので今日はサイドナインの三時間パックを利用して撞いてきました。
 しかし最近長時間の玉撞きはしてないので、ラスト、ライバルチームの方と撞かせていただいた時にはもうへろへろ。
 最後は的玉に当てるだけで精一杯で、全然頭が働かなくなってポジションを考える余裕もなくなってました。(^_^;

 ところでチームメンバーのF田さんと久しぶりに相撞きしましたが、非常にキレイなストロークに感銘を受けました。
 話を聞いてみたらストロークのイメージ自体もボクと同じようなイメージを持ってるみたい。
 いやー…上手い人のストロークを見るとホントに柔らかく撞いてるので、ボクもそういうストロークをイメージして撞いてるんですが、F田さんも仰ってましたけど気を抜くとついはたくようなストロークになっちゃうんですよね。
 なかなか難しい…

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

よくわからん(ビリヤード)

 練習の頭にネオナインを転がしてるとイマイチ玉が入らない感じ…一昨日はあんなに絶好調だったのに!

 センターショットを撞いてみるとそこそこ入る。
 ボーラードをやってみるとそこそこ入る。
 押しのセンターショットを撞くと入らない。
 ボーラードはそこそこ入る。
 引きのセンターショットもイマイチ入らない。
 ボーラードはそこそこ入る。
 普通のセンターショットも入らなくなってきた…

 …とかやってるうちに、右足に重心をかけたほうが…とか、腰を引いたほうが…逆に起こしたほうが…グリップの位置が…右肩の位置が…上体の傾きが…腰を引く方向が…

 …と迷走しまして、なんだかしっちゃかめっちゃかになりました。
 まぁどの段階でもそれなりに玉は入っていたので、調子良くも悪くもない…っていう状態が一日続いた感じではありますが。

 あ、ブレイクは確実に不調です。手玉が一分間ぐらい左回転していたのが三回ぐらいありました。

 あと、フリのある玉が入るフォームになったと思ったらセンターショットが入らなくなるのはどういうワケなんでしょうねぇ…
 なんか最近、センターショットはビリヤードじゃなくて、センターショットっていう別の競技なんじゃないかと思えてきました。

 一人練習のたびにこんなに悩んでると、もしかして一人練習はやらずに相撞きばかりやってる方が上手くなるんじゃないかと思っちゃいますねぇ…

 西尾祐プロがCue'sの連載コーナーで「あまりにも外す配置を繰り返すと外す練習になってしまってイメージが悪くなる」と仰ってましたが、もしかすると一人ナインボールで難しい配置を撞き続けるのはイメージ的に良くないのかも知れませんねぇ…
 それなりに簡単な配置が続くボーラードのほうが一人練習には向いてるのかも知れません。

 そんなわけで明日のJPAに向けてイマイチ調子が上がってませんが、絶好調だった一昨日と比べてそれほど差があるようにも感じないので、試合の時はあまり悩まずシンプルに考えていこうと思ってます。あくまで気の持ちようの差だと思うので…

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

今期のベストアニメは「ドラゴンクライシス」?(アニメ)

 色々アニメを見てると時々、「波長が合う」としか表現できない作品に出会うことがあります。
 決してそんなに良く出来たアニメではないのかも知れませんが、妙に心に刺さる。見てて心地いい、とにかく「好き」と言える作品。
 過去にも「忘却の旋律」「シムーン」、最近では「STAR DRIVER」もそんな作品ですが、今期だと「ドラゴンクライシス」

 正直一話目を見た時はそんなに好印象だったわけでもなくて、確かに釘宮分は補給出来るけどお話がなあ…と、二話目あたりで切ろうかとも思ったのですが、なんか見ていくに連れてだんだん印象が良くなってきました。

 その理由は主要な登場人物にイヤなキャラがいないことでしょうね。
 時々キャラを立てようとし過ぎて、度を越したツンデレで見てて辛いとか、度を越した鈍感っぷりに見てるとムカつく…みたいなキャラを見かける中、この作品のキャラたちはその一線を越えることなく、ほどよいバランスで作られてる感じです。

 この作品随一の爆乳キャラである英理子さんが最初「強引な女キャラってあんまし好きじゃないんだよなあ…」と思ったんですが、これまた見ていくとイヤになるほど強引なわけでもなく、むしろ好感が持てるキャラクターに仕上がってるんですよねー。

 特別に思い入れのあるキャラはいないのですが(皆さん、ボクはローズ萌えだと思ったでしょ?(笑))、その分みんなを温かい目で見守れる感じ。
 相変わらずお話的には特筆するところはないと思うんですが、ホント見てて気持ちのいい作品です。

 …あ、今期はあと「夢喰いメリー」も同じように好印象だなー。

 そんな風に作品の印象が良くなってくると、最初にアニメ誌で見た時にイマイチだなあ…と感じた絵柄まで良く見えてきました。(笑)

 ま、何はともあれこの作品のOPは曲、映像共に今期のベストだと思うのです!
 ホント、全般に女性キャラの表情が攻撃的なのがイイなー。
 ボク、おとなしい女の子とかは苦手なので、これぐらい表情が強い子の方が好きです。(笑)

| | コメント (0)

2011年2月23日 (水)

まさに絶好調(ビリヤード)

 本日はボクのブログを見てくださった方から相撞きのお誘いを頂いたので、ボクのホームに来ていただいて相撞きしてきました♪
 あとで話を聞いてみたらこれが人生初相撞きだったそうで…それでイキナリ相撞きお誘いメールを送ってくるとは、勇気のある方だなあ!(笑)

 さて本日もボクの調子は絶好調です。相手の方がJPAスキルレベル2と言うことで、4-2のセットマッチをワンゲームとJPAルールでワンゲーム撞いてきたのですが、いやー…玉が入るしポジションも出る!
 遠い玉でも入るので、ポジションミスからもリカバリーできる!!
 しかもフォーム的に体に負担がかからなくなったので、体力的にも楽だー…
 そして相変わらず自画自賛の多いボク。(笑)

 しかしこれだけ絶好調時でも相手の方にファイブモアまで追い詰められる(スキルレベル2に上がったばかりらしいので、1の頃なら負けてました)あたり、JPAルールって難しいなあ…
 まぁそれでも相撞きでのJPAルールは今まで2回しか負けてないんですけどね。8ゲームだか9ゲームだかやって。
 だからJPAルール自体に決して苦手意識があるわけではないのですが…試合では三連敗中…orz


 …ところでキューフェチのボクとしてはやっぱり相手の方のキューが気になるところ。数球撞かせていただいたのですが、コレがまたボクの好みにどんぴしゃの打感!!
 MEZZのAXIだったので、シャフトはボクが丸二年以上に渡って使い続けてきたWD700、バットも確かあのモデルはステインのメープルだったと思うので、そんなに固い材質ではないのですが、すごく打感が固く感じました。
 しかしそのコンッという打感がバットを通して振動となって手に伝わってくる感触が心地よく、ボクのキューと交換してもらいたくなっちゃいましたよ!(笑)
 うーん…ホントに同じシャフトとは思えない…さすがに木製品である以上、バラつきもあると言うことでしょうね。


 でもやっぱり知らない方と撞くのは楽しいな~♪ いろんな人と相撞きしてみたいな!
 JPAの試合本番もこんな風に撞けるといいんだけどな…(^_^;
 …まさか試合ではあんまし喋り倒せないから調子が出ないのか?!
 スト様やシーゲルを見習って試合中でも喋り倒してみようかしら…

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

『川崎市の昭和』

 先日新聞に入ってきたチラシを見て知ったのですが、来月、『川崎市の昭和』という写真集が刊行されるそうです。
 生れ落ちてからの四十年間を川崎で過ごしているボクとしても気になる本…そして、さらに長い間川崎で過ごしている父も気になったらしく、予約しようか悩んでるみたいです。(笑)

 その写真集からのパネル展示が川崎駅地下街アゼリア、ルフロンに抜ける通路のところで行われていたので眺めてきました。
 写真は昭和30年代のものばかり。うーむ、コレは両親(母も10歳の頃に川崎に引っ越して来たので)の方がストライクっぽいな…
 と思いつつ今ぐぐってみたら50年代まで収録されてるみたいなので、ボクが見ても楽しめそう!

 いやー…まぁ日本全国都市部はみんなそうでしょうが、ホント30年代と比べたら町並みは全然変わっちゃってますよねぇ…
 何度か日記でも書いたことがありますが、『ウルトラセブン』でメトロン星人が潜伏していたアパート(ダンとメトロン星人がちゃぶ台囲んで会話するシーン)のロケ地はウチのごく近所らしいのですが、それを知った数年前に確認しに行っても全く…本当に何一つとして面影は残っていません。
 …まぁ見に行くまでもなくお友達の家の目の前なのでよく憶えてるんですけどね。(^_^; ボクのお散歩コースでもあるし…

 ネットでウチの前の道にまだ路面電車が走っていた頃の写真を見ましたが、何軒か未だにそのままの姿で残ってる家もあるものの、もうほとんどの家は変わっちゃってますしねぇ…
 かく言う我が家も数年前までは昭和40年代の姿のままでしたが、リフォームして変わっちゃいましたし。

 ああ…でも地下街アゼリアが出来る前とか、駅ビルがBEに変わる前の川崎駅の記憶はもう完全に消えてしまってるので(旧駅ビルの本屋でくりぃむレモンのフィルムコミックをドキドキしながら買った記憶はありますが(笑))、その頃の川崎駅の写真も掲載されてるなら見たいなー。
 ネットで30年代の川崎駅の写真を見ましたが、さすがにその時代だとぴんと来ないので…

 ま、もし父がこの写真集を買ったらボクもじっくり眺めてみようと思ってます♪

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

新春初マスワリ(ビリヤード)

 本日二発目の日記すんまそん。(^_^;

 12月末に出したっきりだったマスワリ、ようやく人生三発目にして新春初マスワリが出ました。
 まぁバグース甘台のコンディションに助けられた面もありますが、マスワリはマスワリ!
 しかし今のところぴったり二ヶ月ペースで出てるので、当面の目標である月イチマスワリにはもっと頑張らないと…
 対人戦初マスワリはいまだに達成してないし!!

 ま、最近は一人練習がちょい渋のトーナメントエディションなので余計に出づらいのもあるんですけどね…


 隣でビギナーさんにレッスンしてたO合さんが「後ろ足重心」とか言ってるのを小耳に挟んだので試してみたらいい感じ! コレでマスワリ出ました。(笑)
 あとはー…台に乗り上げたり、撞きづらだったりする玉はストロークがブレやすいのでテイクバックを小さく…と書いてあるのを最近Cue'sを読み返したら見かけたので、試してみたらこれまたいい感じ! またまたコレでマスワリ出ました!!
 テイクバックが小さくても思ったよりキュー利くことにもびっくり♪
 ま、これまたバグースの好コンディションに助けられた面もありますが。


 今日は出しもほぼイメージどおり。唯一4番から5番へ強くなりすぎた以外は全部80点以上の出し。
 その出しミスした玉も、ライン上にあった8番に当ってどんぴしゃのところに止まると言うラッキー。
 毎回これぐらい出来ればマスワリ量産も夢じゃないんだけどな…

| | コメント (0)

さて「まどか☆マギカ」(アニメ)

 一話目を見てる途中で爆睡…まぁそれはつまんなかったって言うより単純に眠かったんですけど(笑)、眠ってしまった分を見返してもイマイチ好感が持てなかったので一話目で視聴中止。
 しかし衝撃の三話目があまりにもネットで話題になってるため、四話目から視聴してます。

 結局のところ、ボクにとってはまったく好きじゃないタイプの話ですし、面白いとも思わなかったんですが、確かに先が読めないと言うのはあるので、気になって視聴を続けてます。
 キュウべぇさんの黒さも気になるし。(笑)

 ただ見続けてるうちにだんだん面白くなってきた…ような気もします。
 相変わらず登場人物が誰一人好きになれないんですけど。(^_^;
 最初から見てればマミさんは好きになれたかもな…

 あ、やはりシャフト作品好きのボクとしては、構図的には印象に残るカットが多いですねー。シャフトらしい構図…というか。

 そんなワケで第一話の印象は良くも悪くも裏切られたので、そういう意味ではたしかに面白い作品です。

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

出しがヘタすぎる(ビリヤード)

 一昨日フォーム変更をして、昨日の試合で成果を確認しましたが、果たして本当にそれでいいのかを検証するために軽く玉撞きに。
 その前に、今日はボクの先代マイキューも持っていったのでそれに使ってたWD700シャフトを現マイキューのエスピリチュに付けて撞き比べ。
 うーん…やっぱりバットは同じでもシャフトでだいぶ打感変わるな。
 ホント、キューの差ってほとんどシャフトで決まると思うんですよね。見越しの取り方もシャフトに依存するし。
 とりあえずWDを付けてハードヒットしてみるとエスピリチュのノーマルシャフトより柔らかく感じるんですが、柔らかく転がすように撞いた時は結構硬めに感じるのが面白いですな。

 んで、その新フォームですが、ポイントをいくつかキーワードにしてメモって行ったので、それを気をつけて撞いてみました。…が、やっぱり今までと比べて劇的に入るようになってるわけでもない感じ…
 相変わらず簡単な玉も外すときは外すしな。(^_^;

 …とか10分ぐらい撞いてると、川崎ビリヤードサークルのAクラスプレイヤーさんがいらっしゃいました。アレ…バグースだけじゃなくてボクのホームにもいらっしゃるんだ…
 O合さんからも「バグースの主」と呼ばれてたので、バグース専門なのかと思ってました。(笑)

 友達が来るまで相撞きしませんか?と誘われたので、初めてセットマッチを。今までは時間がなくてテキトーに流す感じでしか相撞きしたことがなかったので…

 ボクはBクラスなのでホントなら5-4のハンデマッチですが、それ以上の実力差があるように感じてたので5-3を希望しました。あんまり簡単に勝負が決まっちゃっても面白くないでしょうし…

 結果としてはW-2だったかW-3だったかでボクの勝ち。…まぁ今日はたまたま感が強いのですが、次は5-4でお願いするかな。(^_^;

 …しかし相変わらず入れの調子は自己最高レベルに近いのですが、出しが全然出ない…
 ここのところ出しの練習をしてきたのでそれなりに出せるようになったと思ってたんですが、ほとんど全てのショットが出しミス。そして難球を入れ繋いでなんとかカバー。しかし3~4球後に入れ損なって終了。 
 ホントこんなパターンばかりでがっかりしました。
 相変わらず気が付くと次の玉に近づけることしか考えてないのも良くないですね…

 とにかく第一クッション目をしっかりイメージして、ラインを覚えることを主体にした練習をしてきましたが、そろそろ力加減の精度を上げる練習もした方が良さそうです。
 いや、自分的にはそれなりに出来てる気がしてたんだがな…(^_^;

 あとなんか上級者との相撞きではセーフティに行っても失敗するイメージしか沸いて来ないので、つい攻めて行っちゃいますね…
 今日もセーフティの方が圧倒的に固かった場面で攻めに行ってミスしたし。
 ホントは上級者相手の時にこそ守るべきなんでしょうけどね…


 まぁまだ調整は必要ですが新フォーム自体はやはり好感触なので、しばらくコレで行ってみます♪

| | コメント (0)

2011年2月19日 (土)

スーパー水月モード(ビリヤード)

 ま、試合は負けたけどな!!!(爆) 


 いやー…今日の調子で何で負けたのか全く理解できない。

 試合後にマイミクのshimattさんとJPAルールで遊んできました。
 このゲーム序盤戦の水月がまさに魔人モードで、難易度10段階中7ぐらいまでの玉は全て入れる勢い!
 一球二球程度の難球を入れて場を沸かせることは多々ありましたが、今日は安定してほとんどの玉が入ります。
 一時はshimattさんを10球引き離して一気に残り二球! ツーモア!!

 しかしここからのshimattさんが凄かった…
 以前、マイミクの吹替さんからJPAのある試合でのshimattさんが凄かったという話を聞きましたが、コレか!と思いました。
 そこからの2ラック、ボクに一球も入れさせずに一気に20点ゲット!
 15点のハンデを貰ってるにも関わらず、あっという間にいい勝負になってしまいました…

 結局最後はボクが8番9番と入れて勝ち。普通のナインボールで勝ったような気分だ。(笑)


 試合中の調子も、さすがにプレッシャーがある分若干レベルはダウンしてたかと思いますが、それでも試合中の調子としては最高レベルに近かったんですけどね…
 とにかく思い通りに玉が入るので撞いていて楽しく、試合中にヘンな脳内物質が分泌されてハイになってきました。(笑)
 ハイになった状態でぽんぽん撞いて失敗するのが常なので、その状態でもしっかり考えてしっかり撞けて…本当に楽しかった。いつまでも撞いていたかったです。

 なのに何で勝てないのかって話ですよ。(^_^;

 あとでshimattさんに反省点を伺ったら、二回簡単な空クッションを外してフリーボールを謙譲したのが痛かったと言われました。
 いや、ボクはクッションシステムも知らないし、ろくに狙いを計ったりしなくても空クッションは当てられるイメージがあるので、むしろ得意なんですけどねぇ…なんで外したのか。
 実際、試合後のshimattさんとの相撞きでも相当難しかった1球(それも3クッションで狙ってギリギリ外れた)を除いては全部当てた気がするんですが…

 ちょっと当てる厚みを考えちゃったのはあるかも…薄く当てて、みたいに。
 あと、ちゃんと狙いを計りに行くと外すのかも。(笑)
 なんか手玉位置からの空間把握イメージで狙いを決めてる気がする…


 ともあれ、ボクの調子は絶好調! それも凄く楽に撞いて玉が入るんですよね。
 11月に弟と撞いたときに「今のフォームは体が痛くなるけど、楽で玉が入らないフォームよりは辛くても玉が入るフォームの方がいい」と言ったことがありますが、今は楽で玉が入るという理想的なフォーム。
 昨年夏以来忘れていた以前のフォームに戻った気がします。むしろこの半年間に気が付いたポイントがほとんど必要なくなった感じ。
 その中でもいくつか重要なポイントがブレンドされて精度がアップした感があります。

 とにかく今は完璧に理想どおりのフォームになってるので、出来る限りこの状態を維持したいところです♪

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

スッキリしない(ビリヤード)

 明日の試合に向けてどうにも不安が治まらなかったので、昨日とは違って軽めに撞いてきました。
 結論から言えば絶好調時に近い状態にはなりました。

 …でも毎回練習終盤にはそんな状態になる気がするので、単純に長い時間撞いてれば調整されるのかも…
 逆に絶好調からどんどん調子悪くなる日もありますけどね。(^_^;

 今日のポイントは腰の向き。
 Cue'sで連載してる須藤路久さんの著作によれば、腕の振る方向は腰の向きと連動するので、腰は極力正面に向けるようにと。
 …ま、それを読んで作ったフォームは後にO合さんのレッスンで直されたので、今は違うフォームなんですが。(笑)

 で、↑のためには構えるときに腰を真後ろに向かって引かないといかんと。
 今日、ふとした拍子に真後ろに引くイメージで構えたら玉がぽんぽん入るようになりました。
 ただ、これって今現在のフォームに合わせた対処療法的なポイントなんですよね…
 一年半ぐらい前、A級プレイヤーさんと相撞きした際に「ボクは腰を正面に向ける感じの方が合うみたいです」と言った覚えがあるので、その頃はそれなりに意識してたと思うんですが、この一年間で腰の向きを意識したことは皆無。
 それを考えると…多分コレは決定的なポイントではないはず。
 まぁ最近は無意識にできてたのがここのところ崩れて、それが直った…って言うんならいいんですけど。

 そもそも、ビリヤードって突き詰めればもっとシンプルに、顔の向きとキューの位置関係さえあってれば玉は入ると前から思っているのです。
 腰の向きとか言ったって、テーブルに乗り上げるようなフォームにすればまた変わってきますし、そもそも背面撞きとかなら全然違うし。
 それでも玉が入ることを考えれば、もっと何か根本的なポイントがあるはず…
 上級者の方がろくに狙わずにぽんぽん玉を入れていくのは、その根本的なポイントが掴めてるからだと思うんですよね。
 まぁ膨大な練習量によってボクが悩んでるようなポイントはもう無意識に出来るようになってるのかも知れませんが…

 そういう意味で、調子自体は絶好調になったんですが、どうにも釈然としない気分。なんか、明日に繋がらない絶好調って気が…


 あ、もう一つ、スタンダードブリッジが緩い(そのためにキュー位置が右にズレる)と言う、こちらはかなり根本的な問題点が発見されたので、現在改善中です。
 コレも直した瞬間はセンターショットがビタ止まりでバシバシ入るようになったので「コレか!?」と思ったんですが、残念ながら調子良かったのは一瞬でした…
 ただ、問題点の一つなのは間違いないので改善します。


 あとは手玉とブリッジの距離があまりにも長すぎることに先日mixiにアップした動画を見て気がついたので、そちらも追々改善します。
 こちらはアドレスから変えないといけない可能性があるため、一朝一夕には直せないので…
 とりあえずレスト位置の目印を鉛筆でシャフトに書き込みました。(笑)

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

猛練習(ビリヤード)

 うーむ…なんか一人練習の自己最長記録を更新してしまった気がする…さすがにハイランドの五時間撞き放題を使って一人練習したことはないよな??(^_^;
 いやー…今日は筋トレ日だったのですが、昨日ちょっと気になるポイントがあったので、その確認のために30分だけ撞きにいこう…と家を出たはずなのに、あまりにも上手くいかないため納得いくまで撞いてたらつい…
 マスターの奥さんにも「長い時間お疲れ様でした」って言われてしまいました。

 で、結局のところ昨日変えたグリップと膝を曲げるフォームはやめました。
 いや、撞き始めたときは凄く調子が良くて、ボクのフォームを完成させる最後のキーはグリップだったのか!と思ったのですが、その後フォームのすべてがバラバラになって断念。
 その時点での今日の日記タイトルは「スーパー水月」にしようと思ってたんですが。(笑)

 全く玉が入らずにバラバラになってから再構築した結論としては、結局、足の位置を合わせて、キューを狙う方向に向けて、撞く直前の最後のテイクバックをゆっくり真っ直ぐ引けば玉は入る…のかも知れません。
 ボクが気にしていた、左肩も右肩も右肘もグリップも何もかも関係なく。

 今日のラスト一時間ぐらい気をつけたのは、まず立ち位置をしっかり合わせること。

 そして目線は的玉を狙ったまま厚みが変わらないように気をつけて、腰を後ろに引いていく感じで体を倒します。
 ちょっと前に川崎ビリヤードサークルの管理人さんに「腰がくの字になってる」と言われて直そうとしたこともありましたが、やっぱりボク的にはコレが一番良さそう。

 頭の位置が充分に下がったら(<今日はキューが顎に当るまで頭の位置を下げました)狙いにキューを合わせます。

 最後のテイクバック直前に手玉にキュー先を近づけたところで止めて狙いを確認。確信が持てたところで方向がズレないようにゆっくり真っ直ぐテイクバック。

 …という一連の流れで、とりあえずかなり玉が入る状態にはなりました。

 ま、今まで色々なポイントに気がつくたびに玉は入るようにはなるんですが、自分の限界を越えて入るようにはならないんですよね。自身の絶好調時に近づくだけで。
 ただ、絶好調時ぐらい玉が入ればマスワリが出せる程度にはポジションできるので、いかにこの状態を再現するか…がボクの永遠のテーマなのですな。

 ただ、今日は前述のように本当にシンプルに考えて撞いてなかなかいい感じだったので…ホント、考えすぎないと言うのも重要なのかも知れません。
 ま、それで玉が入ってる間はいいですが、入らないようになると色々考えちゃうんですよねぇ…

 さて土曜日はJPA。出来ることなら試合前にもう一度…それこそ明日30分だけでも撞いておきたいところですが、今日一日で時間とお金を使いすぎたからな…
 試合当日、サイドナインさんに着いたら30分ぐらいは練習時間とれるみたいなので、早めに行って撞いとこうかな??

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

がっちりグリップ(ビリヤード)

 川崎ビリヤードサークルの方がどなたかいらっしゃるかなー…?と思いつつ高いお金払ってバグースに行ってみたら誰もいなかったときの脱力感。


 さて今日鏡を見ながら素振りしてる時に思うところあったので、それを試してきました。
 まぁ…実際に玉を狙わずに考えたアイディアはおおむね机上の空論に終わるので、あまり期待はしてなかったのですが。(^_^;

 最近、コレが一番玉が入るんじゃないかな…?と言う上半身のフォームが見えて来たのですが、そのフォームを作ると肘が高く上がるのでキューに角度が付いちゃうんですよね。
 どうもボクが押し玉を苦手としてるのはこの辺にも理由があるのでは??
 その角度を抑えるために以前は肘を落として調整していたのですが、今日鏡の前で試したら肘を落とすことでキューの向きが変わっちゃうんですよ。
 とにかく今の上半身の形は崩したくなかったので、まずは体を思いっきり前に倒すことで角度を抑えてみました。

 …が、右腕の振りが窮屈になってショットにパワーが出ない…そしてなにより入らない!!
 ワンラックほど撞いたところで却下…したのですが、元のフォームに戻せなくなってる…

 それはとりあえず置いといて、本日の本命、膝を曲げるフォームを試してみました。
 ちょっと前にも試してイマイチ…と思ったのですが、あの時と比べると上半身の注意ポイントが掴めてるので、そこを気にしつつ構えてみたら、キューの角度も抑えられ、且つ頭の位置が低くなって玉を狙いやすいです。
 まだ調整は必要ですがコレは良さそう。
 そういやボクがビリヤード始めたての頃、バグースでO合さんのレッスンを受けてフォームを全部直されたのですが、その時に「肘が上がりすぎてキューに角度がついちゃいます!」と言ったら「そこで膝を曲げるんですよ」とアドバイスされたことがありました。
 うーむ…三年の歳月を経てそのアドバイスが活きてきたのかも…(笑)

 …しかし二時間の間に次々と変わっていくフォーム…結局フォームなんてどうでもいいんじゃ…?(^_^;
 その都度玉が入ったり入らなかったりはあるんですけど、何が原因だかさっぱりわからない有様。


 そして終盤にもう一つ…がっちり目のグリップを試してみたらこれまたよい感じ。
 ボクの普段のグリップは親指と中指でキューをホールドして他の指は軽く添えてるだけ…って感じなのですが、どうもプレッシャーのかかる場面で何か違う握り方をしてることに最近気がついたんですよね。
 そしてその握り方をしたときはしっかり玉が入る。
 それが何なのかどうもいまいちピンと来てなかったのですが、どうも全ての指でしっかり握ること…っぽい。

 マイミクのshimattさんなんか豆が出来るほどに強く握ってるのですが、そこまでではないけど五本の指全てにそれなりに力を入れて握る感じ。
 先日マイミクの17番さんと相撞きした時に、もしかしてshimattさんのシュート力のポイントはあのグリップなのでは…?と言う話をしたのですが、やっぱりこの辺にポイントがあるのかも…??
 勿論、今までのキャリアの中でこのグリップも試したことはあるのですが、色々な理由でやっぱり中指&親指ホールドの方が…と戻しちゃうんですよね。
 ただ、最後にこのグリップでセンターショット撞いたらズバッと叩き込めたので、ちょっとしばらくこのグリップを試してみます。

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

ちょっとは筋肉ついてるのかなあ…

 ちょうど二年ほど前に体重落とすついでに筋トレを再開しました。
 二年に一回ぐらい体重調整してますが、だいたい毎回目標体重まで落ちると筋トレもやめちゃうんですよね。
 それが今回はもう丸二年。今までの最長記録が八ヶ月ぐらいだったと思うので、大幅更新です!

 しかし…どうも体型が全く変わってないような…

 この二年間、筋肉をつけるべくカロリー増やしてみたり、ためしに有酸素運動を控えてみたりと色々と試しながら体重の増減と体型の変化を確認して来たのですが、どうもイマイチ。
 扱えるウエイト自体も多少は重くはなってるのですが、そんな劇的な筋力の向上も見られないし…体調不良とかで1~2週間筋トレ休んだりするとがくんと筋力落ちて、それを取り戻すのにまた時間がかかっちゃうし…

 一応部屋にダンベルとトレーニングベンチはそろえてありますし、ジムで指導を受けたことはないのですが、色々とトレーニング本やビデオを見たりしてそれなりにきちんとやってるつもりなのですが…
 と言うか、普通に肉体労働をしていても筋肉ってついてくるワケですし、仮にフォームが多少間違ってたとしてもとにかく筋肉を追い込めばそれなりに筋肉つきそうなもんなんですけどね…

 とはいえ服によってはMが着れないぐらいには筋肉ついてますし、お風呂で鏡を見るとそれなりには見える(近眼なのでボケてますが(笑))ので、多少は筋肉ついてるのかな…
 まぁもともとそれなりにがっちりした体型みたいで、以前服を買いに行ったときも店員さんに「Mだときついかも」と言われたことがあるので、その頃とあまり変わってないのかも知れませんがね…

 しかしここのところちょっと筋トレ中に筋肉への意識を強く持つようにしてるので、もしかすると今までより効果が期待できるかも知れません。
 鍛えてる筋肉を意識するのは基本ですが、今まで以上にトップポジションで絞り込むことを意識したら、だいぶ狙った筋肉に効かせられるようになった気がするので…

 あとはここ二年ほどやってなかったウォーキングも再開したので、この先どうなるか様子見です。
 再開してから一ヶ月ほどになりますが、まだ体重や体脂肪に目立った変化は出てこないかな。
 ただ最近は前述のようにカロリーを増やしてることもあって、体重はゆるやかな増加傾向だったところがこの一ヶ月全く変化がないので、体重を維持する…という意味では有効に機能しているのかも。

 ま、何度も書いてるように最悪現在の状態を維持できればいいので、これからもほどほどに頑張ってみます♪
 もういい歳ですしね…(笑)

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

REI MAX(ビリヤード)

 次々と新製品のタップが出てきて目移りする今日この頃。昨年夏以来HIRANOタップM、MX-GのMS、はたがやタップM、カムイブラックH…と付けてきて、これも気になっていたREI MAXのMを付けてみました。

 最近はタップを取るときにペンチで引っぺがしてるんですが、前につけたカムイブラックの接着がバッチリうまくいってしまったのか剥がれる気配なし…仕方がないので久しぶりにカッターで落としていったのですが、これがまた固くて…
 基本的にタップ交換はカッターの刃を手に持って行ってますが、この作業のときだけカッター本体が欲しくなるんですよねぇ…
 結局外すのに30分近くかかってしまいました。

 一方、取り付けはきわめてスムーズ!
 すでにタップの水平を出してあるのがREIタップのウリなので、保護シールを剥がして接着…
 なんですが、シールの糊が少しタップに残っちゃうのでこのまま付けていいものか…と思いつつ、まぁ大丈夫だろうと接着。

 次いで削りですが、これまた削りやすいタップで…鼻歌交じりでウキウキしながら削ってしまいました。(笑)
 ホント、カムイブラックHはさっぱり削れなかったからな…

 そして本日試し撞きに行ってきました~。

 まず数球撞いての第一印象はかなり良いです! この第一印象ってかなり大事…というか、撞き始めから好印象だったのってMX-Gぐらいなんですが、REI MAXはそれに匹敵する打感の良さ!
 打音に関してはMX-Gの硬質な音と比べれば特筆するほどではないのですが、それでもMX-G以外では一番良い感じ。

 思うんですが…やっぱりカムイブラックのHは硬すぎた気がします。
 思えばMX-Gも打音は気持ち良い高音でしたが、硬度自体はMなのでそれほど硬くなかった感じ。
 とにかくREI MAXは打感がしっかりしていて、個人的にはノーマルシャフトのしっかり感と相性が良い気がします。

 …と思いながら二時間ほど撞いたのですが、結局トータルの印象としては絶賛するほどでもないけどまずまず…という感じ。第一印象ほどではなかったかな~。
 しかしMX-G以外のタップの中では最も好印象。そして取り付けのしやすさを考えるとボクの中ではトップクラスのタップと言っていいかも知れません。
 MX-Gは自分で付けてないから削りやすさとかわからないしな…

 あ、このタップ、撞いてるとそれなりに変形します。とりあえず10球撞くごとに形を整えながら撞きました。
 カムイブラックはほとんど変形しなかったんですが…やはり一枚革だからですかねー。
 ま、それも締まってくれば落ち着くでしょうし、それに伴って打感もどう変化していくか興味深いです。

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

フォームとルーティン(ビリヤード)

 最近共感を覚えた一言は、一年ほど前の「Cue's」で元Jリーガーで現在はビリヤードプロの西田吉洋さんが毎月トッププロと対戦していた企画内で語っていた、「撞くたびにフォームは変わる、厚みの見え方も変わる、ストロークも変わる。『こんな難しいのはないで。俺には向いてへんな』と凹みました」という一言。

 いやー…まさにボクの気持ちを代弁してくれてます!
 西田さんはそう思ったらしんどくなって二ヶ月ほど撞かなかった時期があったそうですが、ボクも…撞かなかったわけじゃないですが、最低限レベルを維持するための練習を1時間ずつ週2ぐらいでするだけの時期が半年ぐらいありましたからね。
 まぁボクの場合はあの時はバイク趣味に重点をおきたい…っていうのもありましたが。

 ホントに…フォームが変わると厚みの見え方が変わっちゃうので、今まで覚えた厚みだと入らない…気がする。
 そう思っちゃうとホントに入らなくなってきて悪循環。

 いつも思うのですが…一番玉が入ったときのフォームを毎回完全に再現できればいつでも玉は入るハズなんですよね。
 それでも人間である以上、どこかに狂いは発生してしまうわけで…
 その狂いを最小限に留める方法を、この三年間ずっと模索してる気がします。

 まぁでも…土方隼斗プロも「毎回フォーム変わってるんじゃないかと思ってる」みたいな話をCue'sでされてましたし、いつも拝見してるビリヤードブログ「鈴木さんちの球日記」でも同じことが書いてあったり、フォームって少しずつ少しずつ変わっていくものなのかも知れないですけどね。
 バグースでお世話になってるO合さんももっといいフォームを探して変える…って仰ってましたし。

 それでも極力毎回同じフォームを再現したいので、そのための一つの方法として撞く前のルーティン作りも研究してます。
 飯間智也プロがシュート練習の企画中で「とにかくルーティンが一番大事」と仰ってましたし、プロのビデオ見るときもアドレスから構えまでをどんな風にしてるかを気にして見るようにしてます。

 …と思ったら、ビリヤード友達のF田さんが凄くかっちりとしたルーティンを作って撞いてることに昨日気がつきました。
 その事を話したら「最近そうやるようにしてる。よく気づいたね!」とお褒めの言葉を頂きました。(笑)
 やっぱりフォームで散々悩んできてるボクだけに、人様のフォームにも敏感なようです。(^_^;
 そういやこないだ吹替さんと相撞きしたときも「毎回同じようにアドレスしてるなー」と思いました。なんかO合さんと似た感じのアドレス。

 …とはいうものの、ホントはもっと自然体でさっと構えてさっと撞けるのが理想なんですけどね。
 ハイランドC級戦の決勝戦でボクと試合したHさん(今はJPAのライバルチームメンバー)なんか、ホント簡単そうに構えて簡単そうに撞くので羨ましいんですよね…
 とはいえ、ボクがそれをやるとホントに入らなくなるので、いつかは自然体で撞けることを夢見て練習します♪

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

ディフェンシブ(ビリヤード)

 今日は雪の予報でしたが朝起きたら晴れてたのでバイクでハイランド行き。
 お昼にハイランドから出てみたらみぞれとも雨ともつかないものが降っていてがっかり…

 さて本日の相撞きのお相手はマイミクのshimattさん&吹替さん。
 ボクとしては身近なところではこのお二人を目標に頑張ってるので、機会があれば相撞きしていただいてるのです♪

 shimattさんとはJPAルールで1ゲームして、1球差だったか2球差だったかで勝ち。これで昨日からJPAルール三連勝。
 …とはいえ、出来ることならshimattさんとも17番さんともノーハンデでやりあえるようになりたいので、まだまだ修行が足りないです。
 特にshimattさんはホントにこのルールだと手に負えないほど強い…
 通常のナインボールなら終盤の8や9でミスが出てボクが取れる可能性もあるのですが、一個一点のこのルールだと実力差がモロに出てしまってどうにもなりません。
 うっかり甘い玉でも回そうものなら安定して5球ぐらいは連続得点。フリーボールなんか回した暁にはバリバリ取りきられてしまいます。
 あれよあれよと言う間に10点以上差がついてしまいまして…いくら15点のハンデがあるとはいえ、よく勝てたな…

 ただこれはJPAルールじゃなくてもBクラス以上の試合に出れば普通にありうる話。それを考えるとやはり無茶攻めには行き辛くなります。

 …ふと気づけばボクのセーフティ率が非常に高くなってるではないですか!!
 先週shimattさんとJPAルールで撞いたときは、セーフティコールしただけでも5回以上のセーフティ。対してshimattさんは2回…
 shimattさんってボクの中で非常に固いプレイヤーのイメージがあったんですけど、先週~今週共にかなり攻めてくるなー…と思いました。

 …っていうかボクが守りすぎなんじゃ?!

 いやー…カットは得意意識があるのでかなり薄いカットでも狙いに行くんですが、バンク…特に縦バンクは全く入るイメージがないので、短クッションの先玉に対して真っ直ぐ手玉が残ってる(カットの厚みがない)配置に対しては9割方セーフティに行ってる感じ。
 横のバンクはそこそこ入るイメージがある(テーブルの反対側へのコーナーバンクはほとんど狙わないですが)ので、多分攻める確立のほうが高いと思うんですが…

 おかしいなー…自分では攻め攻めプレイヤーだと思ってたのに、いつの間にこんなにディフェンシブに…(^_^;
 一年半前、初めてBC級戦に参加したときは「どんな玉でも攻める!」の心意気で行きましたし、昨年初参戦したスミヨシのBC級戦の時も相当攻めまくった覚えがあるんですが…
 なんか出しの練習をしていて手玉のラインがだいぶイメージできるようになってきたおかげでセーフティでの動かし方もイメージできるようになってるので、入れも出しも難しい玉を攻めるよりは守り…という方向に向かってる気がします。
 最近、手玉をコントロールするのが楽しいと言うのもあるのかも。

 まぁさすがにそんなに守りまくりなプレイスタイルにはなってないと思いますが、それでももう少し攻めたほうがいい結果が出そうな気もするので、ちょっと調整してみたいところです。


 …そして入れの調子は引き続き非常に高レベル。
 今日はJPAのラインナップに入ってないことが決まっていたので試合には出ずに帰って来たのですが、むしろ今日試合に出たかったぐらい。(笑)
 まぁこの調子を長期に渡って維持できれば、今後の試合ではそれなりに頑張れるんじゃないでしょうか。
 特に重要なポイントを掴んだ気がしてるだけに…

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

スーパーショット好き(ビリヤード)

 今日はビリヤード練習日でしたが雪の予報だったので、一日予定を早めて…と、昨日支度してまさに家を出ようとした瞬間にマイミクの17番さんから「明日川崎に行くので相撞きしませんか?」のメールが。
 まさにギリギリのタイミングで予定通り今日玉撞きに行くことにしました。
 さらに17番さんがおうちまで来てピックアップしてくださったので大助かり!!

 さて今日はJPAルールで2ゲームプレイしたのですが、ボクの調子が絶好調に近く、2ゲームとも勝ち。
 特に2ゲーム目は大接戦でゲームボールを争う戦いになって面白かったです♪

 その後は通常のナインボールを10ラックほどこなしたのですが、相変わらず17番さんとはいい勝負で5対5の完全イーブンで終了。
 ただ、ボクの調子が相当良かったのに対して17番さんの調子が悪そうに見えた(ご本人も途中までは「こんなもんですよ」とか仰ってましたが…)ので、それを考えるとちょっと微妙。(^_^;


 さて先日「イレイチは絶対したくない」という話を書きましたが、今日17番さんともその話で意気投合しました。
 …とはいえ、さすがにBクラス以上で戦ってるレベルともなると皆さん、「イレイチで」と思っても最低限の出しは考えてると思うので、ホントにイレイチしてる人っていないと思うんですけどね…

 勿論ビリヤードの基本は入れることですし、出しを優先して目先の玉を外してしまっては本末転倒…
 なのですが、玉撞きキャリアの中にこういった、無理矢理出しに行って失敗する…ということを経験する時期も必要なんじゃないかな…と思いつつ撞いてます。
 失敗しまくった結果、だんだんムリのない玉撞きになっていって安定するのかなー…と。

 そしてさらにスーパーショットを決めたい欲求が強かったりします!(笑)
 いやー…相手からの貰い玉の難しい玉を入れつつ、見事なラインで出しも決めて「すげぇ!」と褒めてもらいたい…
 これまた初中級者にありがちな欲求だと思うんですが、まぁこの時期を経てワンランク上がるんじゃないかと思うので、温かい目で見守ってやってください。(笑)

 …という話をしたらこれまた17番さんに凄く共感していただきました。
 確かにもともと17番さんはキューをきゅんきゅん効かせて撞くタイプだからな…
 さすがにボクは17番さんよりは入れが堅い撞点を撞いてると思うんですが(笑)、なんとなく同じ方向を見てるのかな…という気がしました。
 …だからいつも互角の勝負してるのか?(^_^;


 そんなワケで、先週末以来のフォーム調整は現在のところ大成功!
 ただ、ボクの持病でもあるやや右の撞点を狙ってしまうクセがほんの少し出てる(17番さんにチェックしていただきました)ので、その辺はまだ微調整が必要かも知れません。
 多分キューを構える位置が関わってると思うので、ちょうどいい位置を見つけないと…

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

押しのセンターショット(ビリヤード)

 昨日の日記の補足的内容。

 スタンダードブリッジでの押しのセンターショットが入らない…という話を何度か書いてます。スタンダードブリッジでの真ん中&下の撞点や、上の撞点でもオープンブリッジで撞けば入るのですが…
 色々調整してると時々ぽんぽん入るようになるのですが、基本的には入らない日が多く…こないだイライラしてた時も「いつまで経っても押しのセンターショットが入らないんじゃ話にならない」と思ったのもイライラの原因の一つだったりします。

 その押しのセンターショットがここ数日のフォーム調整でかなり精度が上がっています。
 最近はホームの富士ビリヤードで使うのは基本的に渋台…そして昨日練習した川崎バグースではホームの渋台以上に渋い台で練習したのですが、渋いだけに先玉が入れば手玉も追っかけスクラッチする率がかなり高いです。
 未だにズレる時はあるのですが、少なくとも引きでスクラッチさせる率と同じぐらいの確率では出来てるので、ボクの中ではかなり高精度な押しのセンターショットが出来てます。

 よくわからないのですが…真ん中より下の撞点だと補正出来るキュー位置のズレによる狙いのズレが上の撞点では補正できない感じ。
 キュー位置(というか右肩の位置というか)が適正な場所に来た事によって押し玉が入るようになってる気がします。

 という事は調子悪いときにフォームのズレを確認する方法としてズレが顕著に出る押しのセンターショットを撞いてみるのが有効かなー…とか思ってみたり。
 まぁもしかするとO合さんからアドバイスされたように、左手のブリッジの方向が上の撞点の時だけ変わってしまってる…という可能性も高いので、一概にキュー位置ばかりのせいとも言えないんですけどね。

 ただまぁ現在の、押しのセンターショットも入る、フリのある玉も入る…という状態は理想型ではあるので、これを維持すればいいような気もするんですけどねー。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

そしてやっぱりキューの位置(ビリヤード)

 本題の前に…本日は恒例の漫画家仲間さんとの飲み会でした。
 もう10年ぐらいのおつきあいがあるメンツだけに気心が知れてるというか、いつもボクにしては飲む傾向があるのですが、それにしても今日は飲みすぎた。
 ま、ぐでんぐでんになるほど酔ってはいないのでほろ酔いに毛が生えた程度なのですが、それでも普段ほとんど飲まないボクとしては真っ直ぐ歩けないと「ちょっと飲みすぎたなあ…」と思うのです。

 過去一番ひどい目にあったのは大学のサークルで幹事長に就任した際の幹事長会議。ボクの大学は右の方の影響下にあったので、ひそかに幹事長が集まって対策を立てていたのです。
 その時に人生最初で最後の日本酒一気飲み(…とはいえ、「お酒に弱い」と言って量を減らしてもらいましたが)やらビール飲みまくり(<コレは自分のせい)やらして一晩中吐きまくり…それから数年間ビールが飲めなくなりました。

 あとは忘れもしない、F1ドライバーのローランド・ラッツエンバーガーが亡くなった日もサークルの飲み会で飲みすぎて、後輩の家で吐きまくったっけ…まさに若気の至り。
 フジのF1放送を見て呆然と「ラッツェンが死んだ…」と呟いたことと、後輩の驚きの声は今も覚えてます。

 飲みすぎて吐いたのは人生でこの二回だけなので、基本的に普段はかなり控えめに飲んでる…んですけどねぇ。


 さてその飲み会に先駆けて川崎バグースで一時間半ほど玉撞き練習してから行きました。
 土曜にかなり重要なポイントに気がついて(というか思い出して)以来フォーム調整中なのでその確認に。

 やはり右肩が重心に近づいた分、キューの位置が右目から顎の中央寄りに移動した感じ。
 そのせいかめちゃめちゃ狙いやすくなりました!

 キューの位置は効き目の下が合う人と顎の真下(やや効き目寄りが多いみたいですが)が合う人がいると言いますが、ボクの場合最初は完全に効き目寄り。
 その後バグースでインストラクターのO合さんのご指導を受けた際に、効き目の下と顎の下で撞き比べてみて顎の下のほうが良いみたいだったので、顎の下に移動。
 その後自分なりにいろいろ試してるうちに、やっぱり効き目寄りの方がボクの場合は合う…と思って撞いてたんですが、やっぱり顎に近い方がいいのかな?と思ってみたり。(^_^;

 まぁまた時間が経てば合わなくなってくるんでしょうけど、少なくとも現状では過去一番狙いが真っ直ぐに感じます。

 ただこのフォーム、肩が疲れるんですよね…
 一番玉が入っていた11月頃に弟と相撞きした際、「体には無理がかかってる感じだけど玉は入る」と言った覚えがあるので、おそらくその頃と同じフォーム…そしてボク的にはこれが一番玉が入るフォームだとは思うんですが、一人練習で二時間も撞いてるとかなり肩が凝ってきます。
 思えば10月に肩を痛めたのってコレが原因では…

 ま、試合や相撞きなら一時間自分一人が撞いてるという状況もまずないでしょうし、玉が入ることは間違いないフォームなので、極力このフォームを維持していきたいところです。

 でも玉が入らなくなってくるとちょっとずつズレてくんだよなあ…
 ズレてくるから玉が入らなくなるのか、玉が入らないのを修正しようとしてどんどんズレるのかわかりませんが。(^_^;

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

川崎ノスタルジア

 最近近所の歩道橋が老朽化のためか撤去されました。
 見慣れた景色が変わるのを嫌うボクとしては寂しい話…と思いきや、バイクで通っても全く景色に違和感がないことにびっくり。(^_^;
 ボクに見える景色にとってはさして重要なパーツではなかったのかも…
 ま、今日徒歩で通りがかったらさすがに微妙な違和感を感じましたけどね。


 さて見慣れた景色といえば川崎の駅前…というにはやや離れた場所にヌマヤというショッピングセンターがあります。
 齢60のボクの母親をして「おばちゃんくさい服しか売ってない」と言ってたので、今どれぐらい繁盛してるものやらさっぱりわからないのですが(検索してみたらネット通販頑張ってるみたい)、ボクが生まれたときからあるお店だけに末永く残って欲しいなあ…と、これまた今日お店の前を通りがかった時に思いました。
 川崎の駅前もボクが産まれた40年前と比べれば全く変わっちゃってますからねぇ…

 幼い頃の思い出といえば、ヌマヤより印象深いのは駅前のさいか屋。
 子供の頃に母に連れられてよく買い物に行っていた気がします。
 思えば…ボクが幼い頃に中に人が入れるようになってる巨大ロボコンの遊具(最近、お友達にその話題を出されるまで忘れてましたが)とかが置いてあったのってさいか屋の屋上じゃなかったかなあ…
 あの屋上キッズスペースがモチーフと思われる夢をちょっと前に見たんですけどね。

 そういや時々デパートの夢を見ますけど、それもさいか屋がモチーフな気がする…

 店内は勿論今ではだいぶ変わってますけど、思い出深い外が見えるエレベーターは勿論そのままですし、外装もずっと変わってないのでここも末永く残って欲しいです。
 最近はコーヒー豆販売店のカルディが入ったので、月イチぐらいで買い物に行ってますしね~♪

 …って、今ウィキペディアで調べたらオープンは1973年でした。ボクより一つ下だったのか…
 …と書いたあとで母親から「もっと前からあった気がする」と言われたので読み返してみたら、二代目となる現在の建物が建ったのが↑で、初代は1956年オープンだそうで。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

無理矢理(ビリヤード)

 いやー…4番フリーボールから一球たりともポジションが出てなかったのに無理矢理取り切って、ああ…ボクのいつもの取り切りだな…と思いました。(^_^;
 そう…シュートが調子良い時なら取り切れるんだよな…

 近い穴が8番で塞がってたので土手近の4番を遠いコーナーへ。手玉を横へ動かして斜め前にあった5番をサイドに取ろうと思ったのにほとんど動かず、への字の5番も同じコーナーへ。
 今度は手玉が動きすぎて6番は完全に逆フリ。まぁでも奥のクッションから回してくるならこれぐらい薄い方が…と撞いたら完全に強すぎ。<ライン的にあまり押しの回転を入れたくなかったので、順のちょい下をやや強めに撞きました
 土手近7番もまたしても遠いコーナーへ…しかもへの字。
 クッション際8番へは薄すぎ。ただ、入れれば近くにある9番には出そうだったのでイレイチ。9番へは100点満点中90点ぐらいのところにポジション。

 マトモにポジションできたのは9番だけだった…


 さてこないだ書いた右肩の話ですが、どうもボクのフォームの最大の要はここみたい。
 最近左肩の固定を再度意識してましたが、それもポイントの一つだとは思うものの、一番のポイントは右肩だと思われます。
 頭の位置は変わらないので、キューの位置が右目の下からより顎の下に近づく感じ。
 あとは足を曲げたりして色々フォームを試してみたのですが、とりあえず足は今までどおり伸ばしたフォームが一番いい感じでした。


 とりあえずフォーム的には一番玉が入ってた時に戻せたっぽい。あとはJPAのように非常に大きなプレッシャーがかかる場面でもきっちりこのフォームを作れればいいので…少なくとも立ち上がりだけでも最低限気をつけるべきポイントをまとめておこうと思ってます。

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

夏コミ申し込み完了~

 まだオンライン締め切りまでは時間がありますが、こないだのCOMIC1みたいにギリギリになって慌てるのもイヤなので、早めに申し込みを完了しました。

Mixi1106

 どうも何も考えずにオリキャラを描くと前髪ぱっつんのおでこキャラになっちゃうんだよな…確認してみたらこないだのCOMIC1もそうでした。
 そして縦ロールマニアのボクとしては隙あらば縦ロールを描きたくなる。

 夏コミ新刊のネタはまだ全くの未定。
 COMIC1はー…とりあえずインフィニットストラトスと夢喰いメリーの予定。
 四月の新番組が間に合えばいいんですが…一回目の放送見てからだと確実に間に合わないので多分ムリ。
 コピー本とかなら作れますが…

 ちなみにノントリミングのサークルカットはpixivにアップしてあります~♪>http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=16457767

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

入れか出しか(ビリヤード)

 今朝方ハイランドに行く前にいつも拝見させていただいてるビリヤードブログ「鈴木さんちの球日記」を髭剃りながら読んでいたら、「右肩がキューの真上に」という話が書いてありました。
 その時は特にこれといって思うこともなくハイランドに向かったのですが、どうもセンターショットの調子が思わしくないので、ふと右肩を…というか上体の右側を背中の中心側に引くようにして撞いたら、ただキューを振るだけでセンターショットが入るようになってきました。

 そう、この「ただキューを振るだけで」というのが重要で、どんなフォームだろうと意識すれば玉は入るんだと思います。実際、ここのところも決してそんなにセンターショットが入ってなかったわけではないので。
 ただ、極力何も意識せずに自然に玉が入るフォームが一番良いワケで…そういう意味でコレかな?と思いました。
 そしてコレは結果的に右肩の位置をキューに合わせるということなんじゃないのかな…?とも。

 まぁ結局のところコレがベストなのかはわかりません。やっぱりまた特殊な構え方(見た目にはわからないレベルでしょうが)になってるのかも知れないし…
 そしてコレがベストだとしてもしばらくすると崩れてきてしまうのがビリヤード。なかなか難しいです…
 いつでも完璧に同じフォームが作れれば、調子の上下ってなくなるはずなんですけどね。


 さて今日はマイミクのshimattさんに相撞きして頂いたのですが、ボロ負け。
 通常ナインボールルールで負けるのはまぁいいにしても、ハンデによって実力差が調整されてるJPAルールでボロ負けするってどういうこと…
 今日は↑のポイントに気がついたことで入れの調子もかなり良かったですし、ここのところ課題にしてる「一球一球集中して撞く」もほとんど達成できてたんですが、それでも全く勝てる気配がない。

 やはり玉が一個一点なJPAルールでは、連続して玉を入れ続けることが大事。通常ナインボールなら相手の方が外した9番を入れれば勝っちゃいますが、JPAでは2点ゲットにしかならない…
 そうなってくると組み立てが大事になるわけですが、やはりそこに弱点があるのか連続得点が出来ないのですな。
 フリーボールから1点しか取れなかったことも何度か…

 その原因が入れにあるのか出しにあるのか、イマイチ判断がつかない状態。
 勿論どちらにも課題があるのは明白なんですが、よりどっちに問題があるのかと…

 shimattさんに訊いてみたところ、ボクがどうこうと言うよりは一般的に言ってやはりシュート力が大事なんじゃないかとのこと。
 確かにシュート力が高ければポジションミスからリカバリーできますしね。
 実際のところプロの試合を見ていてもちらほら出しミスはあるんですけど、ここ一番のシュート力を発揮してミスをカバーしてしまう。

 ただまぁそれにしても…入れの難易度を十段階で表すならせめて5ぐらいのところには出したいところ。
 どうもボクはそれが7とか8のところまでしか出せずにミスって終わってるような…

 いや、難易度4ぐらいの玉も外した気がするからやっぱりシュート力か?(^_^;

 ま、いずれにせよshimattさんや先週相撞きした吹替さんとマトモにやりあえないことにはB級として戦っていけないので、もっと上手くならないと…
 昨年秋にB昇格を宣言したときは勿論、お二人ともやりあえると思ったからこそ上がったんですが、どうもあの頃よりもシュート力が落ちてるような…

 やっぱりシュート力か?!(笑)

 まぁシュート力に関してはメンタルという問題も関わってきますからねぇ…
 構えてるときに不安がある玉はまず入らない。
 じゃあ納得いくまで構えなおせばいいのかといえば、それもまた別の精神力が必要になりますし、構えなおしてるうちにワケわからなくなることもしばしば。
 今日も比較的イージーな玉を不安を抱えたまま撞いて案の定外したのですが、そこで構えなおすべきだったのかどうか…


 ま、とにかく「もっと考えて撞く」「集中して撞く」をテーマにしばらく練習してみます。

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

一球一球を大事に(ビリヤード)

 月曜はバイクメンテ、水曜は病院で玉撞きに行けなかったので、先週の土曜にJPAに参戦して以来ほぼ一週間ぶりに玉撞きに行ってきました。
 その玉撞きに行かなかった間にずっと考えてたのは、もっと一球一球を大事に撞こう…ということ。
 先週の試合の後にマイミク吹替さんと相撞きして手も足も出なかったのですが(<なんかぐんぐん強くなってるような…)、どうも相撞きしてるとどんどん玉撞きがラフになってくるんですよね。なんか人と撞いてるだけで楽しくなってきて、あまり考えずにホイホイ撞いてっちゃう感じ。
 昨年10~11月あたりの一番調子が良かったときはもっと考えて撞いてた気がしますし、普段の練習からしっかり考えて撞くことを心がけよう…と。

 まぁそれもここのところずっと考えてたことなんですけどね。それが実際の相撞きで活かされてない。
 最終的には意識しなくても考えられるように、普段の練習から今まで以上にしっかり考えて撞こう…と思っちょります。
 しっかり考えて撞いた玉が一球増えればそれだけ密度の高い練習になるわけですからね!

 今日も入れの練習をしつつ、入れイチした時に手玉が入るであろうクッションに他の的玉置いて1クッション目のラインをしっかりイメージ。
 うん、やっぱり以前と比べればだいぶ精度が上がってます。
 この調子でもっとラインの精度を上げつつ、力加減も練習していきましょう~♪


 あ、それと先週のJPAの時に吹替さんに譲っていただいた手首矯正器具のプロショットグローブをつけて練習してみました。
 とりあえずセンターショットを10球撞いてみたんですが、確かに玉が入る気が…
 ショットに自信がないときとかに無意識に手首をコジっちゃうと思うんですが、今日もそれで外した…と思ったら入ってたというのがあったので、やっぱり効果はあるみたいです。なんかプロショットグローブにムリヤリ玉を入れさせられてる感覚。(笑)

 でもコジりをムリヤリ矯正されるせいか、10球撞いただけで親指の付け根が痛くなってきます。
 続けてボーラードを1ラックこなして、やっぱり普段より玉が入る(コジった感触があるときでも入る)のですが、すでに握力が限界に…
 1ラックしか持たないとなると、実際のゲームで使うのはかなり難しそう。
 まぁアレ付けて試合に出たりするのは相当恥ずかしいですが…(^_^;

 結局のところどうなのかなー…ビギナーさんが正しい手首の形を覚えるのにはいいかも知れません。
 ボクはメンタル的にコジらなければ基本的には矯正された手首の形で普段から撞いてるので、そんなに必要ない感じです。
 実際の試合で使えば不測のコジりを防げるのでシュート率が上がりそうですが、前述の理由で使うのはちょっと…(^_^;
 ま、どなたか使ってみたい方がいらっしゃるようならお貸しします。無期限で。(笑)

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

その後のドミニオン(カードゲーム)

 いつぞや弟と遊んでみたドミニオンですが、その後もぼちぼち弟と対戦しております。
 20種類ぐらいかな?あるアクションカードの中から1ゲームにつき10種類をチョイスして遊ぶのですが、マニュアルで紹介されてるお勧めの組み合わせ(6パターンぐらいだったかな?)をひととおり全部遊んでみました。
 二人対戦の場合は勝利点カードと呪いカードの枚数が多人数プレイ時より減るのですが、そのルールを忘れがちなので、ちょっとルール的に間違ってプレイしたのが何度か。

 そして遊んでみて思うのは、ホントにボクはフィーリングと力押しでしかゲームをプレイできないなあ…ということ。(^_^;
 将棋やチェスが弱いのはそのせいでしょう…
 マジック・ザ・ギャザリングも攻撃一辺倒な赤使い(時々赤緑だったり赤青だったりしましたが)ですし!

 …そうだ、ビリヤードもちゃんと頭使ってプレイしないから勝てないんだ…orz<フィーリングと力押しな玉撞き


 一方の弟はちゃんと頭を使ってプレイする(MTGでは黒or青使い)ので、この手のゲームはなかなか弟に勝てません。(^_^;
 ま、でもこのゲームに関してはそこまで一方的でもないかな??
 ボクの特性である「幸運度の高さ」で押し切れる場面もあるし。(笑)


 慣れてきたらプレイ時間も30分以上一時間未満ぐらいに収まってきたので、これぐらいなら気が向いたときにちょっと遊ぶのにはちょうどいいんじゃないでしょうか。
 弟とちょっとした時間で遊べるゲームが欲しかった(ちょっと前に遊んだクトゥルフカードゲームがイマイチだったので…)ので、そういう意味では最適かも知れません~♪

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

通院

 先月に血痰吐いたのを機に持病の瀰漫性汎細気管支炎の治療を始めました。本日は一ヶ月経って二度目の診察日~。
 三年前にも半年に渡る抗生物質投与を受けて、やや改善…というところでとりあえず終了となったのですが、今回は気管支専門の先生に診察受けてることもあってか、「半年とか期間で切るのではなく、症状を見ながら続けましょう」とのこと。
 炎症が消えるまで続けるそうで…「な‥治るんですか?!」と思わず訊いてしまいました。前回も治らなかったし、治らない病気だと思ってたので…

 ま、詳しく話を聞いてみると、人によって期間はまちまちだけど数年間小康状態を保てる…とのこと。うーん…それなら前回も1~2年ぐらいは小康状態を保ってたしな…(^_^;
 ただ今回は影が消えるまで続けると仰ってるので、前回よりも改善が期待できそうな気がします!

 …ちなみにもう一個の持病の気管支拡張症の方は治らないそうです。(^_^;
 一度拡がってしまった気管支は戻らないそうで…

 そして昨年末に撮影したCTを見せていただいたんですが、三年前にCT撮った時よりも悪化していたそうです。
 確かに昨年秋ぐらいからの咳の発作のひどさはかなりヤバいレベルでしたからね…このまま呼吸困難で死ぬんじゃないかと思ったほどに。(^_^;
 そして今日撮ったレントゲンを見ると、一ヶ月前に撮ったレントゲンよりかなり好転した様子。これまた確かに先月半ばぐらいから咳の発作がおさまってますしね~♪

 しかし診察代と薬代が高い…今回もあわせて8000円弱。
 まぁ次回の診察は二ヵ月後なので、月4000円と考えれば…いや、それでも高いかな…
 前回はCTも撮ったのでジャスト一万円ぐらいだった気が。
 こないだは高熱出して病院行く羽目になったし、年末からだいぶ治療費を払っております。(^_^;


 ま、とはいえ症状が楽になるなら何よりなので、向こう半年~一年ほどお世話になることにします♪
 その後も定期的にCT撮って様子見ないといけないみたいですけどね…

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

また黒子の夢を見てみたりー(アニメ)

 どうも日記のネタに困るとちょっとしたハナシのネタになる夢を見る気がします。(笑)

 しかし同じキャラの夢を二度以上見たことって「とらドラ!」の大河ぐらいしかないと思うのですが、わずか一ヵ月半という短期間で見たのは初めてかも…
 変態ジャッジメントとして知られる黒子さんですが、ボクの夢の中ではいつでもシリアスにカッコいいです!
 今回はそんな黒子さんにめちゃめちゃ憧れる後輩の男の子…という役柄でした。
 「白井さんのあの時のセリフがカッコよかったです!」とか黒子の名言みたいなものを次々と羅列する、軽くウザい感じの。(笑)

 ちなみにボクの能力はレールガン的な能力(なんか設定があった気がしますが…忘れた)だったので、それで黒子をサポートしつつバトルする夢でした。
 前回の夢は美琴も登場しましたが、今回は黒子オンリー。


 それにしてもホント、どんだけ黒子好きなんだってハナシですよ。(^_^;
 前回夢を見て以来パソコンの壁紙を美琴&黒子にしてるんですが、別の美琴&黒子絵に代えました。全くシーズン無視のクリスマスイラストに。
 今回換えるまでは着替え中、その前はエロ水着絵でした。


 うーん…しかしこんな夢を見るとまた黒子絵が描きたくなりますなあ。
 ま、でも前回は夢を見た直後から黒子萌えテンションがだだ上がりで困った感じでしたが、あれ以来黒子への思いが高値安定し続けてるのと「またか…」感があったので今回はそれほどテンション変わらずです。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »