« 久しぶりに相撞き(ビリヤード) | トップページ | 定峰峠行(バイク) »

2011年8月21日 (日)

一年ぶりに実戦投入(ビリヤード試合)

 先日のエスピリチュジョイントピン抜けで一躍メインキューの座に復帰した先代メインキューのアダムNBS-3。
 このキューを使って試合に出たのはもう一年前…
 そしてその頃はWD700シャフトを使っていたので、現在つけてるオリジナルのシャフトで試合に出るのは実に三年ぶり! C級戦に出始めて数ヵ月後にはWDに換えてましたからね…
 このシャフト、半年しかメインでは使ってなかったんですよねー。
 …まぁこのシャフト、練習始めたばかりの頃にホームにしてたゲーセンで、トイレに行ってる間に勝手に子供に使われて凹まされたことがありますが…


 さてここのところ調子もいいし、優勝…はムリとしても決勝トーナメント出場を目指すぞ!と意気込んで参戦したハイランドBC級戦は0勝4敗と全敗終了…
 結果こそ全くモチベーションが上がらずロクな玉が撞けなかった先月と同じですが内容が雲泥の差!
 特に一試合目…この試合の常連である女性プレイヤーIさんとはヒルヒルで競った結果2-3で負け…と、かなりいい戦いができました。
 ただやっぱり入れのレベルが違う…あれだけのシュート力を身につけないとB級では戦えないなー…と思いました。

 そして今日一日通して思ったのはボクのポジション能力の低さ。シュートの方がかなり良い調子だったのでいい内容の玉撞きができましたが、ポジション自体は相当出てなかったし、そもそも何をやろうとしたのかわからないショットが多い。
 もう前々からわかってることではありますが、やはりポジション力をあげないとこれまたB級では勝負にならない感じ…

 結局のところ入れも出しもレベルが低いということなんですが、どちらかと言えばポジション力が足を引っ張ってる感じですかねぇ…


 本日のベストショットは三試合目の裏回し。結局ポジションは不十分だったんですが、それでもほぼテーブル中央付近にある的玉を逆をヒネってコーナーに入れられたので満足です。
 ポジションが出てれば完璧でしたけど…(笑)


 さて一試合目のIさんとの対戦で思ったのは、難しい玉のときはやっぱりじっくりと時間をとるんだなあ…ということ。撞き急がないんですよね。
 ボクの場合、ついつい撞き急いじゃって外してから「もっとじっくり狙えばよかった…」と思うことが多いのですが、Iさんはしっかり時間をかけて狙いきってから撞いてるように見えました。
 印象的だったのはほぼ真っ直ぐにポジションした9番の前で、数回別の場所に構えて素振りをしていたこと。
 そう…ベストにポジションできたときに限って外すことが多いボクとしては、これも重要なポイントだなー…と思いました。

 そしてそれが全くできなかったのが今日の四試合目。ハイランド常連のSさんとの対戦だったのですが、Sさんの撞くペースが速くて引きずられちゃいまして…
 マイミクのスーパー早撞きプレイヤーVITZさんと撞くときもそうなのですが、もともと自分も早撞きなのもあって、ついつい相手のペースに合わせようと思っちゃうんですよね。そのためにじっくり狙う前に撞いてしまう感じ。
 ボク的には遅撞きのプレイヤーより早撞きのプレイヤーの方がペースを乱されるかも知れません。


 そして試合後にハイランド常連のHさんから「相変わらずレストが長すぎる」と指摘を受けます。これでもこの一ヶ月で短くはなったのですが…
 Hさんの話では、誰しも試合になると後ろに下がって構えてしまう傾向があり、玉を外し始めるとさらに下がっちゃう…とのこと。だから試合のときは前へ前へ、手玉の方へと近づいていくことを意識しないとダメだと。
 全くボクが考えてなかったことなので、凄く参考になりました!


 そんなわけで今日の試合はB級として戦える手ごたえは感じたものの、B級で勝てるようになるにはまだまだ不足してるものが多いことも痛感したので、もう少しレベルアップしたいですね。
 そうだよな…ボーラードのアベレージが120点ぐらいまでは上がらないと標準的なB級とは言えないだろうし…
 まだまだ先は長いです。

|

« 久しぶりに相撞き(ビリヤード) | トップページ | 定峰峠行(バイク) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

そうですね、私の場合、緊張したり調子が落ちてくると、
・ショットにかける時間が短くなる(ペースが乱れて撞き急いじゃうんでしょうね)
・撞く強さが強くなったり、ヘッドアップする(気持ちが入りすぎちゃうんでしょうね)
・上体が低くなる(狙いを正確に定めようと必死になっちゃうんでしょうね)
という状況になったりしますね。

クラスの定義って難しいけど、まあ、ボウラードの点数をあまり気にしなくてもいいと思いますね・・。
「9 - 」を10回繰り返しても90点。
5連続ストライクのあと、1個も落とせずに終わっても120点。
前者は90個も落としてるのに対し、後者は50個。

これはかなり極端な例ではありますが、やっぱりボウラードよりキュースキルレーティングシステムのほうがいいなと、個人的には思っちゃいます^^;

投稿: mapleSAM | 2011年8月24日 (水) 00時35分

緊張すると撞き急ぐのはボクもあります。逆に調子に乗ってるときもあまり考えずに撞いちゃうので、どんな時でも同じペースで…を心がけてます。

ボウラードは…ボクの印象としては今の実力どおりの点数が出てると思います。
JPAでもスキルレベル4(Cの上)だったし、こんなもんかなあ…と。
願わくばもうちょっとレベルアップして名実共にBクラスを名乗れるようになればいいんですが、いかんせん今は撞くヒマが…(^_^;

投稿: 水月林太郎 | 2011年8月25日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに相撞き(ビリヤード) | トップページ | 定峰峠行(バイク) »