« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月23日 (金)

ツーリング空振り(バイク)

 今年は職場の皆さんに年賀状をお送りしようと思ってるので、せっかくなら自分のバイクと富士山が映った写真でも撮ろう…と計画したのですが、さすがにもう富士周辺は路面の状況が怪しいみたい…
 冬には一度房総半島に行こう…と思っていたのですが、どうも房総半島からでも富士山が見えるスポットがあるみたいなので、天気予報もバッチリ晴れマークついてますし、房総半島に行くことにしました。


 晴れてないヨ。


 今か今かと晴れるのを待っていたのですが結局最後まで晴れることなく終了…写真も撮らずに帰ってきました。orz

 …しかしそれではわざわざアクアライン使って房総まで行ったのにあんまりなので、館山のあたりでたまたま見かけた、赤山地下壕跡を見学してきました。
 頂いたパンフレットに拠ると、資料がなく詳細は不明ながら太平洋戦争中に作られた防空壕だとか。
 何はともあれ、地下遺跡ってときめきます! ロマンがあります!!
 そういやいつぞや行った大谷町の石切場跡は素晴らしく良かったなあ…
 ついつい鍾乳洞もツーリング中に見かけると立ち寄ってしまいます。<遺跡ではないけど

 壕内は照明が点いてるのですが、何本かある横穴は照明がないので懐中電灯を貸してくれます。
 ここがちょっとした探検気分で(…と言っても長さは数mなんですけど)楽しかったです♪
 ヘルメット着用も義務付けられてるので、なかなかに気分は盛り上がります。(笑)

 ちょうど団体客が到着したところで、ガイドさんが説明していたので一緒に聞きたかったのですが…それもなんだかなので小耳に挟みつつスルー。

 結局今日のツーリングで観光らしいことをしたのはコレだけだったなあ…


 あ、週刊バイクTVで4~5年ほど前に紹介されていた「夢のカレー」というお店、その頃にマイミクのけんどっく!さんと食べに行った時は閉まってたのですが、今日たまたま見かけて覗いてみたら開いていた上にお婆さんと目が合って(<ここは80歳を越える老夫婦が営んでるお店)お辞儀されてしまったので入ってみることに。
 メニューの裏にあったバイク雑誌の切抜きを見ると「大エビカレー」が美味しいらしいのでそれを注文。ちなみにお値段は1800円。
 その切抜きにも「やけに来るのが遅い」と書いてあったとおり、待つこと10分ほど…

 来ました。

Mixi1164


 食べた率直な感想としては…まぁまぁ普通のカレーかなあ。盛り付けも定食屋っぽい(ちなみに店内も寂れた定食屋っぽい)ですしね。
 ネットの口コミでも「高い割には」みたいなことが書いてありましたが、ボクの印象としてもそんな感じ。
 ただ、一風変わった味はしたのでその辺に拘りが垣間見えるかも。
 残念なのはライスの量に対してルーが少なめなことかなあ。もうちょっと多いと良かったんですけど。
 ま、お値段もネタ代込みと思えばいいんじゃないですかね。

 ちなみにボクがお店を発つときにバイクの一団がやって来ました。やっぱりライダーには人気のお店なんだな~。


 あとは日帰り温泉施設の「海辺の湯」に立ち寄って温泉とサウナでのんびり。
 それと知らずに電気風呂に浸かってしまってビリビリきました。(笑)
 いや、湯自体と言うよりは電極が設置されてる壁に手をついたらビリビリと…

Mixi1165

 ↑の写真を見ていただければわかるとおり、終始こんな感じの天気。温泉に浸かってる時に日がさしてきて、最後の最後で写真撮れるか?とも思ったんですが、一瞬雲の切れ間から太陽が覗いただけで終了…
 おかげで今回のツーリングは極寒に見舞われてしまい、かなり辛かったです。こんな寒いツーリングは初めてかも…
 マザー牧場に立ち寄ってチョコパフェでも食べたかったんですが、ソフトクリーム好きのボクをもってしてもあまりの寒さに食べる気が起きずスルー。


 そんなワケでなんか実りの少ないツーリングではありましたが、年末~年始の地獄の9連勤を終えたらもう一度千葉…久しぶりに銚子にでも行ってみようかと思っちょります。8~9日は連休ですしね!

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

ピンロックシールドとインナーグローブ(バイク)

 前々からバイク日記のついでに書こうと思いつつなかなか書く機会がなかったので、単独でインプレッション日記を書くことにしました。

 秋に買ったOGKカブトのFF5V、空力性能に感激した話は書きましたが、その後ピンロックシールドの効果を体感する場面に多々遭遇してるのでその話を。

 日曜に軽く走ったときにも思いましたが、気温10℃前後で信号待ちの際にシールド下ろして普通に呼吸しても曇らない!
 ボクが鼻炎持ちで口呼吸だから余計に曇りやすいのかも知れませんが、ノーマルのシールドだと15℃ぐらいでもテキメンに曇りますからねぇ…走ってれば換気されて曇りもとれますが。

 ちょっと前の伊豆ツーリングでやはり10℃を下回りそうな気温でかつ雨降り…と言う最悪のコンディションで二時間ぐらい走りましたが、その状態でようやく少し曇る程度。
 ただ困るのが、ピンロックシールドとシールドの間が曇ってしまうと全く曇りが取れなくなってしまうこと。前に曇ったときは数日間そのままでしたから…
 そうなったら一度停車してピンロックシールドを外して拭いた方がいいのかも。
 まぁ伊豆のときは一刻も早く帰りたい(もう暗くなってたし…)一心で曇ったまま走り続けましたけど。

 もう一つ問題点としては、前傾姿勢のバイクだと上目遣いになった際にピンロックシールドの縁がモロに視界の中心に来てしまうことですが、まぁそれほど気にはならないかな~。
 夜だと照明が二重三重にブレて見えますが、これもごくわずかなので気になるほどではないかと。

 結論としてはほぼデメリットなしの素晴らしいアイテム! もうノーマルシールドは使う気が起きない…
 冬場や雨の日も走るようなライダーには必需品じゃないですかね~♪


 さてもう一つこの冬にゲットした防寒アイテムがRSタイチのインナーグローブ。
 ウィンターグローブは持ってますが、どうしてもモコモコして操作性が落ちるのが難…
 インナーグローブならそこそこの防寒性を確保しつつ操作性も維持できるんじゃないかな~と買ってみたんですが、こちらもなかなかの良アイテムでした♪

 愛用のペアスロープ製ディアスキングローブに合わせてるのですが、ウィンターグローブに比べれば防寒性は落ちる気はするものの、操作性はほとんど損なわれず快適です♪
 これ以上気温が落ちたらどうなるかわかりませんが…そこまで行くとウィンターグローブでも寒いからなあ。

 難としては、グローブと合わせたままだと着けづらいので、料金所でお金を払うときにグローブを外しちゃうと、一度インナーグローブをグローブから引き抜いて着けないといけないことかな。
 やはりETCか…?

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

TRXたん復活DA!!(バイク)

 一週間前にトミンサーキットでハイサイドを起こしクラッシュした愛機TRX850ですが、金曜にバイク屋さんから修理が終わったと連絡がありました。
 自走できなくなったTRXをサーキットから運んでくれたぽんたさんが月曜にお友達のバイク屋さんに持ち込んでくださり、車両買い替えも検討してたボクが改めて修理を依頼したのは定休日を挟んだ水曜。そこからパーツ注文して修理…だったと思うので、かなり早いペースで修理があがりました。

 TRXたんは思ったより重傷だった(…というか見た目にも重傷でしたが…)ようで、フロントフォークの歪みとオイルポンプの不具合も発生していたそう。そのどちらも修正して頂きました。
 見た目にもわかっていたクランクケース割れ、ハンドル折れ、ステップ折れ、タンデムステップホルダー折れは全てパーツ交換。
 折れたハンドルがブレーキレバーを押していたのでブレンボラジポン死亡か?と思ってましたが、そちらは大丈夫。
 ボルトが曲がったフレームスライダーは買いなおすつもりだったんですが、なんとかボルトを外してから切断して修正してくれたそうで、もとどおり(スライダーは削れてますが…)に直していただきました。

 あとはサイレンサーが削れて排気洩れ起こしてるので、今日ナップスでマフラー用パテを購入。後日直すことにします。

 ボク的にはタンク&カウルが無傷(テールカウルに軽い擦り傷とウインカーが削れてますが)だったのが嬉しかったのですが、バイク屋さんも「これだけ壊れててタンクが無傷なのが不思議」と言っていたぐらい奇跡的なことだったみたいです。
 なんですかねぇ…TRXたんへの愛が産んだ奇跡ですかね?(笑)

 ともあれ、無残な状態になっていたTRXたんも無事に復活! プチツーリングがてら幸浦ナップスまで行ってきました♪
 あまりにも嬉しくて思わずすりすりしちゃったり。(笑)


 …さて今回のクラッシュを機に色々と手を入れてあと4万km…10万kmまでは少なくとも乗ろうと思ってるので、さしあたり「抜けてる」と指摘のあったリアショックを交換すべく、ヤフオクで中古のオーリンズをゲット!
 当初はこの状態のままでしばらく乗って、少ししたらオーバーホールしようと思ってましたが、せっかく今車両から外されてる状態なので取り付ける前にOHをお願いすることにしました。
 どうせなら最初からベストの状態のオーリンズを味わいたいですしね…

 サイトを見た感じ三週間~一ヶ月ぐらいはかかりそう(年末年始を跨ぎますし)なので、年明けまではノーマルショックのままで乗って、気温の低い1月~2月はショックの慣らしに充て、三月からまたサーキットに通おうと思ってます。
 冬の間にもあまりムリのないペースで走れば大丈夫かと思うのですが、今回がやや抑えて走ってるときに飛んでるだけにあまり寒い時期に走らなくてもいいかな…と。
 ここのところいい感じで走れてるのがとりあえず月イチでサーキット走るようになったおかげだとしたら三ヶ月も間が開いちゃうのは心配ではありますが、自分としては壁を一つ越えて、もうこれからは最低限今のペースでは走れそうな気がしてるので大丈夫じゃないかと。
 あのコーナリングのイメージ、感覚が頭に焼きついているので、一度チャリに乗れるようになったらずっと乗れるように間が開いても再現できるんじゃないかなー…と期待。


 今後のカスタム計画としては、夏のボーナスでフロントフォークのOH&スプリング交換、適当なタイミング(財政次第)でFRPアッパーカウルへの換装を考えてます。
 あとはプラグ交換時にプラグコードを新品にしたい。
 四輪のロードスターのときはホントにお金かけまくってカスタムしましたが、TRXはこれぐらいで大丈夫じゃないかな~。エンジンやキャブには手を入れるつもりもないし…そこまでするならホントに他車に乗り換えた方がいいし。
 ま、しばらくはまったりこの子とつきあっていきますよ♪

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

今回のクラッシュですが(バイク)

 前々から一度は転倒してみないとどうすると転ぶのか…何をやっちゃマズいのかわからないなー…と思ってました。
 …でも怪我したくはないので、怪我をしない範囲で。(笑)

 そういう意味では今回のクラッシュはたいした怪我もなく、バイクも直せる範囲のダメージである意味期待通りの展開。
 残念なのはそんなに攻めてるときじゃなかったので転んだ理由がよくわからないことですが。(^_^;

 転んだときよりはその前の、1コーナーで「もっと開けられないか…」と試したら滑ったときの方がわかりやすかったなー。
 感覚的にも「これ以上開けたら滑りそう…」と感じてましたし、あの感覚が体験できたのがよかった。

 期せずして今回のクラッシュを機にTRXをカスタムする気になったし、そういう意味でもいいきっかけになったかも。
 まぁサーキット行く道すがらカスタムプランは考えてたんですけど。

 そういう意味ではボクの中で今回のクラッシュはまんざら悪い経験でもなかったかなー…と。ボクのペースでもハイサイド起きることはわかったので、より気をつけないと…と思いましたし。


 とりあえず早くTRX直らないかな~♪

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

TRXカスタム計画(バイク)

 今までTRXに施したカスタムってヘッドライトのHID化とブレーキマスターのラジポン化(<ブレンボ)ぐらいでしょうか。しかもどちらも貰い物。(笑)
 あ、自分でお金出したカスタムとしてはノーマルステップのバックステップ化キットがあったな。あとはフロントのカーボンフェンダーとか?
 四輪…ロードスターのときはサーキット走るためにラジエーター強化、タワーバー(<コレは買ったときから)、タコ足(<コレも買ったときから)、ブレースバー、腹回りの強化バー、エアインテーク付きヘッドライトカバー、スポーツサスペンション、LSD組み込み、ホイール15インチ化、マフラー交換…とか諸々やってましたけど、TRXはそのままで普通にサーキット走れるし…
 あ、マフラー交換はTRXもやってますな。

 それにそこまで手を入れるなら他のバイクに乗り換えたほうがいいと思ってましたし…

 しかし先日ぽんたさんからリアショックがヘタってるんじゃないかとのご指摘(今回クラッシュしたTRXを持ち込んだバイク屋さんもそう言ってたみたい)を受けて、ちょっと足回りのカスタムに手を出そうかと思ってます。
 もともとはノーマルショックをオーバーホールするつもりでしたが…いや、まだその方向でも迷ってますが、何かと評判の悪いTRXの足回り…オーバーホールして初期化したとしてもおのずと限界があるんじゃないかと。
 だったら今回のクラッシュを機に社外のショックを入れて足まりのグレードアップに着手するのもイイかなー…と。
 ホント、こないだ乗ったストリートトリプルの足回りとブレーキは衝撃的でしたからねぇ…あそこまでは行かないまでも、足回りが良くなればさらに楽しく走れるようになるんじゃないかと思うんですよね。
 現状の抜け気味のショックでも相当楽しくサーキット走ってますし。(笑)

 あまりカスタムに乗り気じゃなかった理由のひとつとしてはここ数年間の収入が不安定だったこともあるのですが、このまま今の仕事を続けられるなら収入的には安定しますしね。
 …まぁ現状はお金ないので(こないだのボーナスは修理代に消えるし)、ショック買うとしたらローンですけど。(^_^;

 そして一年後の車検までにはお金を…せめて頭金ぐらいは貯めてバイク乗り換えよう…と思ってましたが、もしショックを換えるならもう4~5年は乗るつもりで少しずつ手を入れていこうと思ってます。
 …すでに走行距離は6万kmに達してるんですが。(笑)

 昨晩、マイミクの天誅丸さんにも電話で言われたのですが、TRXのマシンバランスってちょうどいい感じだと思うんですよね。パワーはそれなりにあるけどありすぎるわけじゃないし。
 いまどきの600とか1000とかはパワーありすぎて危ないって話もしてましたし…
 実際乗り換えると言っても候補は非常に少なくて、VTR1000(出来ればSP2)、TL1000RorS、SV1000or650、ドカのSS系、ビューエルのXB9Ror12R…ぐらい。

 だったらコレだけTRXに惚れてることですし、乗り続けた方がイイかな…と思ってます。足回りのカスタムぐらいなら乗り換えるよりコストかからないですし。

 とりあえずの目標は10万kmで!

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

ハイサイド(バイク)

 一度滑ったリアタイヤがグリップを回復することで、バイクが寝てた側と逆の側に急激に起き上がる現象をハイサイドと言います。
 マイミクでボクと同じTRX乗りの真っ赤閣下ことめやんさんから「ハイサイドが多い」と注意されていたトミンサーキット唯一の左コーナーで気持ちよく吹っ飛びました。
 …いや、最初はスリップダウンしたと思ってたんですが、よくよく見ると左コーナーなのにバイクは右側が大ダメージを被ってる(右に倒れてたし)ので、ハイサイド喰らったのか…と。

 ちなみに当人のダメージとしては左の腰、おしりの割れ目の少し上あたりに打ち身と擦り傷。多分バックプロテクターのヘリが食い込んだんじゃないかと想像。
 あとは定番の首がむちうち気味なのと、右のわきの下辺りの肋骨が少し痛むぐらい。
 まぁ明日の朝起きたら相当辛そうですけど、今のところはそれほどのダメージではないです。

 ボクの愛するTRXたんは結構ボロボロで…クランクケース割れ(<オイル垂れ流し)、フレームスライダー曲がり、右のハンドルバー折れ、右ステップ折れ、タンデムステップホルダー(兼マフラーステー)折れ、マフラー削れ。
 他にもダメージがあるかも知れない(折れたハンドルバーがブレーキレバーを反対に押しちゃってるし…)ですが、主なところではこんな感じ。
 フレームスライダーが役に立たない転倒パターンだったのが痛い…

 完全に自走できない状態だったので(エンジン穴開いてるし…)、マイミクのぽんたさんにお願いしてバモスで迎えに来てもらいました。
 とりあえずは明日、ぽんたさんのお友達のバイク屋さんに運んでもらって修理の見積もりだしてもらう予定です。


 原因としては…ピットアウトラップだったことと、その手前の右でボクよりペースの遅いモタードの方(前の走行で詰まってしまったので一度ピットインして出直してきたところでした)に譲ってもらった直後で、ちょっとペースあげなきゃな…と思ってしまったこと、そして最大の原因はやはり左コーナーが上手く走れてなかったこと…ですかね。

 アウトラップでタイヤが冷えてた…って言うのはそれほど関係ないかも。前の走行からそんなに時間開いてなかったですし、その前の右コーナーは普通に走れてましたから。

 譲ってもらった直後って言うのはあったかも知れません。記憶を辿るとまだ起こす前に滑ってる(だからスリップダウンしたと思ったんですが)ので、スロットルを開けるタイミングが早すぎたのか開けすぎたのか…
 どうしても左コーナーが上手く走れないんだよなあ…と、ちょっと気合が入りすぎてたのかも。

 その左コーナーが上手く走れない…って言うのが問題で、多分右コーナーほどしっかりと荷重がかけれてなくて余計に滑りやすかったのかな…と。
 その前の走行の1コーナーの立ち上がりで「もっとスロットル開けられないかな…」と試したらリアが滑ったのですが、そのときは収束してますし。
 ライダースクラブでもタイヤが端まで使えてない原因はバンク角よりタイヤを潰せてないこと…と書いてありましたけど、実際左側は端まで使えてないので…

 …とは言え、転倒するまでは本当に楽しく走れてましたし、転倒したあとも「レンタル車両で走っちゃおうか」と思うぐらいやる気満々だったので(笑)、ホント今はサーキット走るのが楽しいです。やっぱりトミンのレイアウトが走りやすいって言うのが大きいのかな。
 もうちょっともうちょっと…ってやりやすいんですよね。
 最近感じてるようにライディング技術がちょっと向上して壁を一つ越えた…って言うのがあるのかも知れません。
 そのおかげか、前は擦れなかった膝やステップ(のバンクセンサー)を擦れるようになったので、単純に擦りまくるのが楽しい…というのもあります。(笑) ホント、速く走るとかじゃなくて単純に楽しい。



 …さてTRXたんですが…先日ぽんたさんからリアショックが抜けてるんじゃないかと指摘があったことで、色々と考えてます。
 まずは普通にオーバーホールすること。
 もうひとつは評判の悪いTRXの足回りをグレードアップするべく、社外のショックを入れること。

 一年後の車検で別のバイクに乗り換えたいと思ってるので、あまりお金のかかるカスタムをするつもりはありませんでした。
 それにわざわざ足回りいじるぐらいならもっといいバイクに乗り換えたほうがいいんじゃないかと思ってましたし…

 でもこないだストリートトリプルに試乗させてもらって、ここまでとはいかないまでももっといい足回りになればもっと楽しく走れるんじゃないかと。
 何度も書いてるようにボクはTRXにベタ惚れなので…とは言え、他の車両に乗り換えたい気持ちもあるので、一生TRXに乗りたいと思うほど惚れてるのかはわからないんですけど、ここで足回りをグレードアップしてもう4~5年乗るのもアリなのかな、と。

 他の選択肢として、今回のダメージが思ったより大きかった場合は、以前から小排気量車からやり直してみたいと思っていたことですし、250の車両を安く手に入れて乗り換えるのもアリかとも思ってます。
 あとはローン組んで別の車両を買っちゃうとか…

 まぁ今の仕事を続ける自信がまだないので、ローン組むのは危険かな。(^_^;

 いずれにせよ、今回のクラッシュは大きなきっかけになったのは確かなので、今後の方向性をじっくりと考えてみることにします。
 実際、しばらくは修理で乗れないでしょうし…

| | コメント (5)

2011年12月 9日 (金)

ストリートトリプルで横浜ナイトラン!(バイク)

Mixi1163

 マイミクでメカニックのぽんたさんがお友達のトライアンフ・ストリートトリプルRを車検のために預かってると言うことで、ボクも試乗させて頂けることになりました~♪
 三年ぐらい前のモーターサイクルショーで試乗して、「物凄く乗りやすいバイク」と思いましたが、今日川崎の自宅からベイブリ~みなとみらいまで走ってみてさらにその印象を強くしました。

 まず大きさからして250ccかと思う小ささ!
 それとは裏腹にシート高はやや高め…まぁ英車だしなあ。

 走り出してすぐに思ったのはレスポンスの鋭さ。帰りにTRXに乗り換えたら全くエンジンがついてこないように感じたほどに違います。
 とにかくスムーズに廻るエンジン…極低速域でのトルクもあってバツグンに乗りやすいです。
 モーターサイクルショーのときも「トリプルと言うよりはマルチ…四気筒みたいな感じ」と日記に書きましたけど、ホントそんな感じです。

 コーナリングに関しては、ベイブリ下道のループを走った感じ、TRXだとかなり頑張って廻らないといけない速度域でもリーンウィズのまま楽々と廻っていく感じ…しかもそこからスロットルを開けるとぐんぐん加速していきます。
 ぽんたさんも仰ってましたが自分が上手くなったように感じますね。

 ぽんたさんがブレーキを褒めてましたが、ホント自分の意志どおりに効くブレーキタッチでバツグンにイイです。
 グレードが「R」でしたけど、足回りとかブレーキとかノーマルとは違うのかな?

 モーターサイクルショーで試乗したときは排気音がほとんど聞こえなくて、聞こえてくるのはヒュンヒュン言ってるメカノイズ…
 つい先日も近所でストリートトリプルを見かけたのですが、やっぱり排気音がほとんど聞こえなくて物足りない感じでした。が、この車両はARROWのマフラーがついてることもあってまずまずの音量で排気音が聞こえてきて気持ちいいです。
 「あまりやる気にならない音」ってぽんたさんは仰ってましたが、ノーマルと比べれば格段にやる気になるのでボク的には好印象でしたよ♪

 みなとみらいのジョナサンでティーブレイクしたのですが、その際にぽんたさんが「ストリートトリプル乗ってからTRXに乗ると『昭和のバイク』って感じ」と仰ってましたけど、ホント、最新のバイクの高性能っぷりを堪能しました。

 ただまぁ…乗り換えたいかと言うとそれほどでもないかな。
 あまり良くできたバイクだと飽きる(ホンダ車とか)とか言う話もありますけど、それは乗ってみないとわからないにしても、「このバイクだ!」って印象は受けなかったんですよね。
 一色登希彦さんの「モーティヴ リフュールド vol.0」のドゥカティ900SS乗りの話が凄く好きなのですが、彼に900SSを譲ってくれたドカ乗りの人が「僕にとってのドゥカティはやはりずっと乗ってるベベルギアのSS…あれだけなんだな」と言うシーンがあります。
 そして主人公の彼女が買った999に乗った主人公が「僕にとってはドゥカティじゃない」と言い、彼女は「あたしには…999だ」って言いますけど、なんかやっぱり自分にとって「合う」バイク…と言うか、「合う年代」って言うのがあって、それがボクにとっては90年代なんじゃないかな…と最近思ってます。
 だからこそこないだドカの900SSに跨ったときにあれほど心に刺さったんじゃないかと…


 ともあれ、最新のスポーツバイクに試乗できたのは大変楽しく、有り難い経験でした!
 本当にいいバイクだった…


 …ところでボクのTRXたんに乗ったぽんたさんから「ショック抜けてない?」と言われたのでオーバーホール検討してみます…

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

モーターショーに行ってきた(バイク)

 漫画家仲間の天誅丸さんからモーターショーに誘われてたのですが、トミンサーキットに走りに行くつもりでいたのでお断り…
 しかしながら天気が雨の予報に変わってしまったのでトミンはキャンセル。天誅丸さんに連絡してモーターショーに行くことにしました。
 …雨の予報にも関わらずバイクで。(笑)<雨具持参

 バイクの免許を取って以来、四輪への興味はほとんどなくなってるので事前リサーチはなし…
 あ、トヨタが新型ハチロクだすのは知ってました。けど、スバルが兄弟車のBRZを出すのは知らなかったです。
 アンチトヨタのボクとしてはこっちにむしろ期待しちゃうなあ…

 実際にナマで見てきましたが、ボク的にそんなにアピールするルックスではなかったものの、普通にスポーツカーっぽいルックスでいいんじゃないですかね~。
 そのうちホットモデルのSTIも出そうだし…とスバル乗りの天誅丸さんも仰ってました。(笑)


 さて基本的に二輪メインで見てきたワケですが、最も台数が多く見所も多かったのがホンダでした。
 その中でもインパクトがあったのがホンダの電動レーシングバイクRC-E。往年のRCシリーズ的カラーリングがカッコいい!

Mixi1160

 ボクが車やバイクが好きなのは当人の身体能力をはるかに上回る力を出してくれること…多分、運動オンチだったコンプレックスもあるんじゃないでしょうかね~。
 そのための動力はガソリンエンジンには拘らない(…とは言えガソリンエンジンの方がいいですが)ので、速いトコ電動のスポーツカーやスポーツバイクが出てくれないものかと思ってるのです。
 電動やハイブリッドと言うとエコばかり叫ばれますが、やっぱりスポーツ性をアピールしないと車好きやバイク好きはついてこないと思うんですよね…
 将来的に化石燃料が枯渇するならそれに代わる動力の開発は必須ですし…個人的にはF1を電動化すれば技術が一気に進歩するんじゃないかと思ってるんですけど。

 そんな電動スポーツカーやバイクを出してくれることに前々から期待をかけているのがホンダ。ホンダならきっとやってくれる…と思っていたので、このRC-Eには溜飲が下がる思いでした。

Mixi1161

 天誅丸さんが仰ってましたが、ホントこのバイクでマン島TTレースの電動車部門に出場して優勝して欲しいです! そしてバイクの未来を作って欲しい。
 かつてホンダがマン島でやったように…


 もう一台好印象だったのがCBR250R。ボクのイメージではもっとアップライトな…それこそ250ニンジャのようなポジションを想像してたんですが、実際に跨ってみると思った以上にやる気なポジション。
 その前に跨ったCBR600Fや、その後に跨ったスズキのGSX-R1000と比べれば上体の起きたポジションなんですが、TRXに近い前傾具合でとっても乗りやすそう!

Mixi1162

 カスタムバージョン(写真はその隣にあった無限EDITION)みたいだったので、もしかしたらステップ位置とか変わってたのかも知れませんが、思ってたよりずっと楽しく走れそうなポジションでしたよ!
 うーん…コレなら欲しいな…

 さて上記の新型CBR600Fですが、Fとついてる割にはこちらも思った以上の前傾具合で、RR系と変わらないポジションでした。
 RRだとやる気過ぎると思ってるボクとしてはこちらもかなり好印象! 顔が気になる250Rと比べるとだいぶイイですしね~。
 うーん…コレもイイな…


 さて他メーカーはヤマハがM1を展示してた以外はほどほどかなあ…
 カワサキもKR250が展示されてたりしたのですが、スズキはすみっこの方にバイクが並べられてるだけでなんかやる気ない感じに見えました。特に目新しい車両もなかったし…


 四輪の方はボクの愛するマツダブースも覗いてきましたが、あまりピンと来なかったかな…
 四輪の方もこれまたホンダ、ビートの後継車ともウワサされるEV-STERの方がグッと来ましたね~。
 ボク的に今回のモーターショーで一番好印象だったのはホンダだなぁ…
 もしかすると一番最初にホンダブースに行ったから…かも知れませんが。(笑)

 …あ、メルセデス嫌いのボクとしてはメルセデスブースをスルーしちゃったんですが、確かAMGバージョンのドゥカティ・ディアベルが展示されてたハズ…うーん、見てくれば良かったな。


 そんな感じの東京モーターショー。見に行った皆さんはどんな感想をもたれたんでしょうね~。

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

今年はライディングが上達した一年だった(バイク)

 六月から毎日カブを乗り回す生活になったボクですが…それとは関係なく、今年はライディングスキルが上がった一年だった気がします。
 …いや、仕事のストレスがひどいのでその発散のためバイクでワインディングに出かける機会が大幅に増えたから、関係あると言えばあるかも知れませんが。(笑)

 今年の最大のポイントは着座位置。
 ボクは何事に於いてもハウツー本を熟読してからとりかかるタチなので、バイクに関してはライダースクラブのハウツー本を読み漁ったものですが、それを真に受けたのか拡大解釈をしたのか、着座位置が後ろ過ぎったっぽい…
 …っていうか確かどっかに「シートストッパーに当たるまで腰を引く」って書いてあった気がするんだよなー。

 なので、ボクの記念すべきサーキット初走行(いや、ホンダのスクールでレンタル車両のCB400ではもてぎ走ってたけど)となった那須ライディングパーティの走行写真を見ると着座位置が素晴らしく後ろです。(笑)

 さすがに五年乗ってる間にだんだん前には来てましたが、春ごろに「どうしても外足のホールドが弱くなる(極端なときは膝が完全にタンクから離れる)のをなんとかできないか」と試行錯誤してた際に今までよりさらに前に着座してみたところ、全てに於いてしっくりとハマりまして。
 それ以来外足のホールドもしっかり出来るようになってコーナリング時の体の安定感が強まり、走りやすくなりました。


 あとは…これまたハウツー本を読んでて「ブレーキはスパッと離して車体を一気に寝かせる」みたいなイメージを持ってたのですが、コレに関しては二年ぐらい前に、特に低速のヘアピンではブレーキをゆっくりとリリースすることでゆっくり車体を倒した方が安心感があるな…と気が付きました。
 で、10月に一年半ぶりぐらいにサーキット走りに行った際、全般的にそれを意識してみたらびっくりするぐらいに怖い思いをすることなくサーキットを走れました。

 11月に二度目の走行に行ったときに至っては、今までに経験したことがないバンク角に達しても全く怖さがなくて楽しくてたまらんと言う有様。
 そう…バンク角が深くなれば速く走れるようになると思ってましたが、みんなに言われてた「コーナリングスピードが上がれば自然にバンク角は深くなる」が期せずして果たされた感じ。なんか壁を一つ越えた気がしてます。

 …あ、バンク角を深くするためにはスロットルを閉じてれば寝ていくんじゃないか…?とも最近は思ってたんですが、こないだ走ったときはむしろ開けることでコーナリング速度を上げたらバンク角が深くなったと、コーナリング本来の形で達成できた感じです。


 ひょっとするとこういうことで、あまりライテク本とか読まずに自分の感覚で走りまくった人の方が早く気がつくのかも知れませんが…玉撞きもそうですけど、ボクはこういう性格なので仕方ないです。(^_^;
 こんなことは最初の一年ぐらいで全部気が付いてればもっと上達も早かったんでしょうが、まだ遅くもないのでこれからサーキット走りこんで少しでも上手く走れるようになりたいですね~。


 …とか言ってるそばから明日行くつもりだったトミンは雨でキャンセルになったんですが…orz
 月に2回はサーキットに走りに行きたい!と思ってるのに、天候やら貸切やらでタイミングが合わず、結局月イチでしか走りに行けてないです…
 日曜は混んでるので出来れば避けたかったのですが、背に腹は変えられないので今度の日曜に改めて予約入れました。
 こないだのベストタイム31秒01はまぁ遅いタイムですけど、そこまで劇的に遅いわけでもないと思う(こないだも何台かの車両よりは速かったし…)ので、台数多くてもまぁなんとかなるかな…という希望的観測も…

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

TRXたんのご帰還と宮ヶ瀬行き(バイク)

 ちょっと前にTRXを洗車してたらリアショックの下の方にプラスチック片が引っかかってるのを発見しました。
 なんだかさっぱりわからなかったのでしばらく放置…二週間ぐらいしてからマイミクでメカニックのぽんたさんに見てもらったところ、サブフレームとチェーンが直接当たらないようにカバーしてるスライダーとのこと。
 なくてもそんなに問題ないパーツならこのままで…と思ってたんですが、やはり付いてないとバイクには良くないとのことで、ぽんたさんのお友達のバイク屋さん(初代愛車のホーネット買うときにお世話になったお店)で修理してもらいました。

 なにぶん作業性の悪い場所ですし、スライダーを留めてたボルトが折れてる可能性が高いから最悪の場合はエンジンを下ろして…という話でしたが、幸いにしてボルトの頭が少し残っていたそうで、なんとかかんとか外せたみたいです。
 必要パーツ的には10cm程度のプラスチック片とボルト、ワッシャぐらいでしたが、結構手間のかかる作業になってしまったようで…

 …ちなみにこないだ「ちょっと張りすぎたな…」と思ったチェーンはちょっとどころじゃなかったようで、だいぶ緩めてもらいました。(笑)


 さてそんなワケでTRXたんと一週間ぶりに再会。ホント、この子を溺愛してるので一週間手元になかっただけでも相当寂しい思いをしました。なのでバイク屋さんで引き取ってそのまま宮ヶ瀬に走りに行くことに~。
 いや、こないだテレビで宮ヶ瀬の特集をやってたみたいで、それを見た両親から宮ヶ瀬にあるお食事処の「びんずる」や服部牧場の話を聞いたばかり。近場で宮ヶ瀬あたりに行こうかな…?と思っていたところだっただけに、もはや選択の余地もない感じで。(笑)

 びんずるには過去二回行ってたにも関わらず、豚肉がウリということを知らずに全然関係ない料理ばかり頼んでたので、今日は豚肉…キノコのクリームソースを使ったフォレストポークソテーを注文しました。うむうむ、美味!

Mixi1159

 ちなみにびんずるがある水の郷商店街はクリスマスイルミネーションの時期と言う事もあってか屋台がいっぱい出てたので、美味しそうだったカレーパンと、生まれてこの方一度食べたか食べないか…ぐらいのチョコバナナ(<ちなみに妹の好物)を食べました。

 さてその後は特に予定決めてなかったんですが…せっかくなら大好きな道志道を走りたかったので、最近行ってない道志の湯へ…行ったのですが、長期休暇中…結局いつもの紅椿の湯でお風呂入ってきました。

 しかし相変わらず道志は走りやすいなあ…そんなに難しいコーナーもないし、道幅も広いのでのびのびと走れるんですよね。
 近場にワインディングがないと不満を漏らしてましたが、家から一時間ちょっとでワインディングエリアに入り始め、もう30分も走れば道志道なので、意外と恵まれてるのかも…?
 車も少なくて走りやすいのも高ポイントです♪

 さて帰りは服部牧場とオギノパンでスイーツ三昧!
 オギノパンではきなこぱんと丹沢あんぱん(今日は栗あんにしました)、アップルパイを食べてほくほく。
 オギノパンと言えばあげぱんですが、このきなこぱんも超絶に美味! 皆さんも機会があれば是非ご賞味を…

 服部牧場は…テレビではきなこソフトクリームが紹介されてたらしいのですが、やっぱりそんなものは見当たらなかったので普通にソフトクリームを…と思ったのですが、たまには気分を変えてジェラート。服部牧場と言えばミルクでしょう…と、一番人気と書いてあったリッチミルクを注文しました。
 さすがに美味しかった…のですが、ボク的にはソフトクリームの方が好きかな~。
 よく見ればジェラートもブルーベリーチーズケーキとか美味しそうなのが多かったので、今度はジェラートダブルを注文してみるのもいいかも♪

 そんな感じで、相変わらず道志~宮ヶ瀬エリアは走って良し食べて良しの絶好のツーリングポイント!
 もう少し気温が落ちるとさすがに走れなくなると思うので、今シーズンの宮ヶ瀬エリアは今回で走り納めかな?

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »