« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月24日 (火)

浜松に行ってきた!(バイク)

 いやー…今日はこないだ買ったレーシングブーツの慣らしに道志を走りに行ってきまして、浜松に行ったのはもう二週間以上前なんですが…(^_^;


 ヤマハ車に乗ってるからには一度は行ってみたいと思っていたヤマハ本社。しかしここ数年は同人収入のみで生計を立てていたため財政に不安があり、昨年からはバイト始めたことで収入は安定したものの連休がなし。
 しかし一年近く働いてようやく有給がもらえるようになり、三連休を頂けることになったので、これ幸い!と、念願の浜松へバイク博物館巡りに行くことにしました。
 参考にしたのはこちらのサイト。>http://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/2010/08/up-f380.html

 まずは東名に乗って袋井を目指します。
 自分でも意外だったのですが、袋井出口の看板を見た瞬間にこみ上げるものがあり、ヤマハ本社の看板を見たときには感激で胸がいっぱいになりました。
 うーん…数年前に行った北海道ツーリングに匹敵する感動…
 早速ヤマハのミュージアム、コミュニケーションプラザを鑑賞です!

 キレイな館内に歴代のバイクやレーシングマシンが展示してあります。…TRXはなかったですけど。(´・ω・`)
 レーシングマシンとかあまり見る機会がないので片っ端からぱちり! 特にM1とスピーズのSBKチャンピオンマシンは念入りに撮ってきました。(笑)

フォト
 面白かったのはYZF-R1のシミュレーター。シミュレーターと言っても、R1に跨り、モニターに映し出された無限に続く直線路を走るだけなんですけど。
 ヘッドホンから流れる排気音と車体の振動でR1の乗り味を想像する感じですね~。
 思ったのはスロットルの重さ。まぁ色々乗った中でもTRXのスロットルはかなり軽いのですが、そういえばCBR600RRも重めだったし、SS系はこんな感じなんですかね。


フォト
 ヤマハ本社前(新館だったかな?)にTRXを停めて記念撮影したあと、本田宗一郎ものづくり伝承館に向かいます。
フォト
 もとは天竜市庁舎だった建物だそうですが、かなり小さい建物で並んでるバイクもカブやモンキーなど数台。あとは本田宗一郎のスケッチなどが展示されてるだけで、正直物足りない感じ。熱心なホンダファンの聖地巡礼スポット向け…って感じかな~。

フォト
 その後は浜松に戻り、夕暮れの浜松城観光。折しも桜が見ごろだったのでいっぱい写真撮ってきました♪
 花見客もいっぱいだった。(笑)


 …さて予約したホテルに行ってみると隣がトライアンフ浜松。いくらバイク博物館巡りツアーとは言え、ここまでバイクづくしにしなくても…(笑)


 一夜明けて朝イチで近くにあるスズキ歴史館へ。
フォト
 いやー…こちらは館の広さもフロアの数もコミュニケーションプラザを大きく上回り、また各展示物にスイッチが付いててそれを押すと2~3分程度の説明映像が流れる趣向。
 さらに3Dメガネをかけての3Dシアターでバーチャル工場見学とかめっちゃ凝ってます! なんかスズキのやる気を感じるなあ…

 スズキの歴史を追うフロアでは、創業初期は機織り機を作ってたとかは全然知らなかったので、興味深く見学しました。
 ホンダ同様、自転車にエンジンを乗せた最初期のバイクとか、四輪のスズライトとか、今まであまりスズキ車のことは知らなかったので面白かったです。

 ホンダだともてぎのコレクションホール、そしてヤマハは前述のコミュニケーションプラザですが、この二箇所と比べてもスズキ歴史館の充実度は群を抜いてますねぇ…家族で楽しめる、車のアミューズメントパークと言った趣です。
 スズキファンのみならず、車、バイク好きなら楽しめること請け合い!
 …↑の説明映像の一箇所ではお土産としてスイフトのプルバックカーがガチャポンで出て来ました。(笑)


 浜松ツーリングの〆は竜ヶ岩洞。東海地方最大級の観光鍾乳洞…だそうです。
フォト いやー…やっぱり地下世界は燃える! なんかロマンがあります!
 しかし鍾乳洞ってなんかヌメヌメしててグロいですね…巨大生物の体内にいるみたい。そんなトコも燃える!
 そういや最近はワインディングを走ることがメインでこういう観光をしてなかったですね。やっぱり基本ツーリング派なのでもっとこういう観光メインのツーリングに行かないとダメですね~。
 ワインディング走るのは今日行った宮ヶ瀬~道志で充分だし。(笑)
フォト


 そんなわけで一泊二日の浜松ツーリング。四年前に行った北海道以来の泊りがけのツーリングでしたが、めちゃめちゃ楽しかった!
 ただ、さすがに二日間走りっぱなし…かつ強風で高速道路が怖かったこともあってか首に一週間ぐらい痛みが残りました…(^_^;
 三連休の機会は今後も年に数回はありそうな気がする(希望すれば作ってもらえるだろうし)ので、そのときはまた泊りがけのツーリングに行きたいですね!

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

タッチ感(ビリヤード)

 こないだ川本プロに教えていただいた、タイミングのよくなる練習…と言うのを最近は練習のたびにやってます。
 まぁ一言で言えば手玉と的玉の距離を変えてのストレートショットなんですが、この練習をこなしてるうちにタッチ感みたいなものが良くなってきました。なんかタップと手玉が接触してる時間が長く感じると言うか。
 つい先日まで、手玉の中心をポンッと撞いてストップさせる感じだったんですが、スーッと撞いてストップさせる感じですね。
 ショットスピードも2割ダウンぐらいになってショットがブレにくくなる感じですし、いいこと尽くめ。
 コレもタイミングと言う言葉でくくられることなのか、それとも副産物なのかよくわかりませんが、いずれにせよタッチ感が非常に良くなってるのは確かなので、このイメージを忘れないようにしたいところ。
 実際にボーラードをやってみても、かなり手玉のコントロール…ストップとか引きの加減とかのイメージが合ってる感じなので、タイミング自体がよくなってるってことなのかも?

 まぁこういうイメージで撞けてた時期もありますし、もしかすると今の仕事を始めて撞くペースが落ちるまではこんな感じで撞けてたのかも知れません。でもその頃のレベルに戻っただけでなく、ここのところの練習で得たものもプラスされてるので、一年ぶりにようやくレベルアップの兆しが見えてきた感じかも知れませんね。
 あとはボーラードのスコアにそれが反映されれば言うことないんですが…(笑)

| | コメント (7)

2012年4月 8日 (日)

GPイースト第二戦(ビリヤード)

 今日はハイランドでGPイースト第二戦が開催されるのでハイランド行きはなしかなぁ…と思いつつ17番さんにメールしたら、そこそこ台が使えるらしいので朝イチでハイランド行き。
 観戦料が別途必要でしたが、半額の500円でイイということで、五時間撞き放題の1500円と併せて2000円で玉を撞きながら観戦もできるというなんともお得な環境。

 17番さんとJPAルールで2ゲームほど相撞きすると組み合わせの抽選が始まりそうだったので観戦に行くことに~。そういやジャパンオープン以外の試合を見るのって初めて(スト様とモリスのチャレマは見に行きましたが)だな。
 試合前に一回戦の試合結果予想トトカルチョの用紙が配られたので、予想を書いて投票。なんとコレが後々見事に当選することに!

 試合前に知り合いのブロガーさんを発見したので一緒に観戦。ブロガーさんは西嶋プロのファンなんですが、見事に目の前のテーブルが西嶋プロ戦!
 そしてその後ろのテーブルでは井上浩平プロvs栗林達プロと言うボク的に注目の対戦も行われていたので、そちらにも注目~。
 他にも赤狩山プロvs銘苅プロ戦とか鈴木清志プロvs土方プロ戦も気になったんですが、どっちもちょっと遠かったので…
 あと高橋プロはボクのイメージよりだいぶ髪型がワイルドになってたのでしばらく気がつかなかったり。(笑)

 そういや栗林プロは奥様の福家プロとともに一番に会場入りしてらっしゃいましたね~。

 さてこないだ川本プロに相撞きして頂いた際にタイミングのことを伺ったら、説明しても伝わらないからプロの玉を見るのが一番と言われたので、今日はその辺に注目して観戦しました。
 正直、ナマで試合を見るメリットが今までピンと来なかったのですが、確かに玉の動きとかはビデオでわかるけど、どこの撞点をどういう撞き方をしてるのかまではわからないから、撞点と右腕に注目して見る…と目から鱗のアドバイスを川本プロから伺ったので。

 そうやって一時間ちょっと観戦してたらなんだか猛烈に眠くなってきたので(笑)、眠気覚ましも兼ねてちょっと撞くことに。
 おお! プロの玉をじっくり見てたおかげかストロークのイメージが良くなってる!!
 玉が入るようにはなってない(それでも今日はかなり入ってましたが)のですが、ホント、玉を捉えるイメージが良くなってる感じ。コレが「タイミングが合ってる」ってコトなのかな…?

 そうそう、今日の玉撞きは先日大和撫子さんにアドバイスいただいた、「手玉が的玉の狙ったポイントに当たったかどうかを確認する」と、川本プロにアドバイス頂いた「撞いたあとに1~2秒間静止する」を心がけたんですが、特に後者を意識すると、凄く調子がいいときのストロークのイメージで撞けることに気がつきました。ああ…調子がいいときは自然に出来てることなのかも。
 実際、気持ち良く玉が入ったときって玉が入るまで体が止まってたりしますからね。

 しかし相変わらずポジションミスが多い! 特に今日は自分で隠してしまうことが頻発。
 とりあえず入れに関しては↑のイメージでかなり良くなるとして、やはり出しをなんとかしないとな…

 
 さて試合前のトトカルチョですが、八試合中七試合の勝者を的中させてTシャツを頂いてしまいました!

120408

 ハイランドの常連さんと同率だったのでじゃんけんしたのですが負けてしまい、常連さんがジャンプキューをゲット。うーん…ジャンプキュー欲しかった…(笑)
 キューケースもあったのですが、そんなに何個もあっても仕方ないのでTシャツをチョイスしました。
 試合のときとかに着てみたいけど…腕がヘボいのにJPBAのロゴ入りTシャツ着て試合するのもなんだかな。(^_^;
 逆に気合が入っていいかも?

 ちなみに唯一予想が外れたのは銘苅プロvs赤狩山プロ戦でした。ハイランド所属で試合に出てるのに、ハイランド所属(と言うかメッカ所属?)プロの銘苅プロが負けると予想してしまうとは…銘苅プロすみません!
 だって…相手が世界チャンピオンでしたし…

 そんなワケでなかなか楽しめた一日でした!

| | コメント (3)

2012年4月 5日 (木)

川本プロのアドバイス(ビリヤード)

 今日は久しぶりに川本プロに相撞きして頂こう~と川崎バグース行き。
 ついでにボクが理解できない「タイミング」についても訊いたのですが、やっぱりイマイチピンとこないものの、タイミングをよくする練習を教えてもらったのでこれも練習してみます。

 …さて相撞きを始めてみると川本プロから「タイミングが合わない原因がわかりました。体が動いてます」とのお言葉が。
 撞き終わったあとも体を動かさないのは基本…と、自分では出来てるつもりでいたのですが、まだまだ全然体を起こすのが早すぎだそう。
 1~2秒は体を動かさないようにしないとタイミングも合わないし玉も入らない…とのことだったので、意識して体を動かさないように撞いてみたらかなり難しいゲームボール(9番定位置、手玉センターショット位置ぐらい)も決められてかなりいい感じ!
 ちょっと先日の大和撫子さんからのアドバイスと併せて意識して練習してみます!

 …あとは出しのセオリーみたいなものを教えてもらいたいので、今度はレッスンを予約してみようかと…

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

目線(ビリヤード)

 先日大和撫子さんと相撞きしたときに頂いたアドバイス…ご自身がCue'sで描いてらっしゃるハウツー漫画にも書いてあった、「手玉と的玉が当たったときに狙ったところに当たったかどうかを毎回確認する」を今は毎回心がけてます。
 加えて同じくCue'sの連載で須藤路久さんが書いてらっしゃった「的玉をポケットに入れようとするのではなく、入る厚みに当てようとする」も併せて心がけてまして、とにかく、自分が入ると思う厚みに手玉をぶつけることだけを考えて撞き、さらに狙った場所に当たったかどうかまで確認するようにしてます。
 それによって無意識のヘッドアップも抑えられるでしょうし、集中も高まる感じ。
 実際前々から課題となっていた、ビギナーでも外さないような玉を外してしまう…というポカが相当減ったように感じています。

 実は↑の連載を読んだときも、もう狙い方は出来てるし、目線も的玉から外してないから大丈夫…と思ったのですが、こないだ大和撫子さんに言われるまま実践してみたら全く当たったかどうかがわからないことに気がつきまして…
 その原因はビギナーの頃から…ひいては20年前の大学時代にビリヤードを憶えたころからイメージボールで狙う…ボール一個分の狙いのイメージで撞いてたところにあると思うんですよね。
 今はそれを点のイメージまで精度を高めるべく練習してるので、これで今までより安定したシュート力が身につけばいいですね!

 …というワケで入れの調子は相当いいのですが、ボーラードの点数は69点…
 スペアが一発しか出てない割にはいいスコア(実際入れた数的には結構ハイアベレージ)ですが、まさにそのスペアやストライクが出てないところが問題。
 9個取れたラックが二つあるのですが、それが二つともスペアやストライクだったら100点越えてた可能性も充分にありますからね~。
 そのためにはやはり組み立てが大事だと思うので、その辺も今後の課題としたいところです。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »