« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の記事

2012年12月16日 (日)

今年のサーキット総括(バイク)

 一応冬場もサーキット走ろうとは思ってるんですが、仕事柄年末年始の最繁忙期に万が一でも怪我しちゃうと大変マズいので、大事をとって一ヶ月ほどお休み。本日のトミンが今年の走り納めでした。
 タイム的には自己ベストのコンマ1秒落ちとなる29秒55。本日のテーマは29秒台をアベレージにすることだったんですが、29秒台には数ラップ入るのみで達成できず…
 今は30秒強ぐらいがアベレージタイムで、上手く決まったときに29秒台が出る感じですね。
 あとコンマ5秒ぐらいアベレージが上がればまずまずいい線じゃないかな~。あわよくばベストタイム28秒台が狙える感じで。

 とりあえず今日のポイントとしては、とにかくステップ擦るところまでスロットルを閉じ続けてきっちりバンクさせること。そしてそのバンク角を前提にラインを組み立てることですね。
 あとは気合入れてスロットル開けることかなぁ…
 ↑のバンク角もそうですが、とりあえずは気合い!と言う結論が出ました。(笑)


 さて昨年10月にトミンに通い始めてから丸一年と少々が経過しましたが、なんかこの一年はこれまでの6年間のバイク人生で培ったライディングフォームや走り方を一度壊して再構築する期間だった気がします。
 BMCで撮ってもらった写真を見て「フォームがカッコ悪い!」と思って矯正したり、色んな方にアドバイス頂いてライン取りや走り方のイメージを変えて言ったり…

 昨年10月にトミンを走ったときのベストラップが32秒79。結局この一年間で3秒ちょっとタイムアップしたことになります。
 当初は昨年中に29秒台に入れるつもりだったので思いのほか時間かかっちゃいましたが、とりあえずは目標達成かな…

 しかしタイムもさることながら、バイクの乗り方が上達したのが一番の収穫です。
 昨年12月にハイサイドで吹っ飛んで半年ほどお休み。その間に抜け気味だったリアショックをオーリンズに換装して、復帰した5月に今度はスリップダウン。
 ツーリングタイヤのブリヂストンBT023の限界か…?と、ピレリのディアブロ・ロッソ・コルサに履き替えてからは無転倒。やっぱりタイヤか…とも思うのですが、その当時から「乗り方に問題あるんじゃ…?」とも感じてました。
 その自分の技術面の問題がトミンを走りこむことによって知らず知らずに解消されたんじゃないかと思ってます。トミン常連のリラックマさんからも「だいぶバランスが良くなった」って褒められたし…
 ちょっと前はチョロチョロとコケそうになる場面がありましたが、ここ数ヶ月は全く危ない場面もなく、自信を持って走れてます。それがここのところのタイムにも表れてるんじゃないですかね~。


 しかしTRX的にはそろそろタイム的な限界が近づいて来てる感もあるので、冬場はトミンでタイヤのグリップと相談しつつ走りつつ、春になってシーズンインしたらもう少し大きなコースのライセンスを取ろうと思ってます。
 ホントは大好きな筑波のライセンス取りたいのですが、筑波の予約の取りにくさは四輪時代にわかってるので、我が家からだとアクアライン経由でかなり近い袖ヶ浦を第一候補に考えてます。
 トミンはいいコースなんですが、やはり速度レンジが低いのと単純なコーナーばかりなので、他の色々なサーキットに対応するためにはもうちょっと速い速度レンジのサーキットも走りこんだ方がいいと思ってるんですよね。
 一年ぐらいそんな感じで走ったら、もうちょっと速い車両に乗り換え!…とか考えてますが、さてどうなることやら…

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

ライディングブーツ新調したよ~(バイク)

 本日は朝から病院行き。二年間に渡って治療してきた持病の気管支炎がレントゲンでは問題なくなってきてたので、先週撮ったCTの結果が良ければ治療終了にしましょうとのことで。
 結論としては治療続行。レントゲンには映らないレベルだけどまだ炎症が残ってるので、ここで止めるとまた再発する可能性が…とのこと。実際、何年か前に発症したときは半年間治療を受けた一年後ぐらいに再発したので…
 まぁ朝晩に抗生物質を飲み続けるだけなので、また再発するよりはマシか…と。


 さて病院は朝イチで終わったのでナップス横浜行き~。
 いや、こないだのパニガーレに試乗した時にステップが滑りまくったんですが、もう6年以上使ってるコミネのブーツの底がツルツルになってるのが原因かと…道路の白線に足を着いても滑りますからね!
 外装も内装もボロボロになってきてるし、いい加減買い換えようと。

 今回の希望としてはあまりライディングブーツらしくないデザイン。コミネのブーツは白バイさんご用達仕様でちょっと恥ずかしかったもので…
 あとはブーツにジーンズをインするとだいぶ暖かいことに気が付いたので、あまりタイト過ぎないこと。
 コミネのブーツが最初から結構底が滑った印象があるので、底が滑りにくそうなものを。

 カドヤのブラックアンクルがいいかしら…?とも思ったのですが、残念ながらナップス横浜店には置いてなくて、代わりに目に入ったのがAVIREXのYAMATO。思えばこのブーツ、一年ぐらい前にナップス港北店で見た時から気になってたので、好みなんでしょうね。
 とりあえず他メーカーの同じようなタイプとか、AVIREXのエンジニアブーツとかも試着した結果、やっぱりこのモデルが一番履き心地が良かったのでこれにしました。

Mixi1226

 ホントはブラウンのモデルの方がユーズド加工が施されてて柔らかい印象だったんですが、普段着てるBATESの革ジャンが黒だし、色合わせた方がいいかな~…と思って、ちょっと固めなのが気になりつつも黒をチョイス。まぁ履いてるうちに柔らかくなるでしょうしね。

 さてそのまま軽く宮ヶ瀬を走りに行ったんですが…いくつか気になるポイントが見つかりました。…というか逆に良かったポイントがあまりない。(笑) デザインぐらいかな?
 まず今回の購入の決め手にヒールがあること…と言うのがあったんですが、このヒールがバイクに乗る上で邪魔になっちゃって、どうしてもステップに引っかかるので足を置く位置が固定されちゃうんですよね。
 特にリアブレーキペダルはステップにかかと部分を置く感じで踏んでるので、最初は違和感…途中で自分が普段かかとを置いてることに気づいてからはとりあえずなんとかなりましたけど。

 それに加えてソールが厚いのでどうにもペダルを踏んでる感覚が掴みにくい…爪先を外に逃がさないとペダル踏みっぱなしになっちゃうし。
 さらに言うとチェンジペダル側もシフトアップの時にペダルの下に足が入りにくい。

 そしてワインディングに入ると爪先が曲がりにくいのでバンクしたときの内足が窮屈。まぁコレは革が柔らかくなれば改善されるはず…
 靴擦れも起きてますが、これまた革が馴染めば大丈夫でしょう。

 あとはレースアップなので防風性にやや不安があるかな…同様に防水性も低そう。
 ただ、オーバーパンツやレインパンツを履いちゃえばなんとかなりそうな気もします。

 結論としてはやっぱりワインディングを気持ち良く走ろうと思ったらやっぱりスポーツライディングに適したブーツを履かないとダメなんだな…と。そういう意味ではコミネのブーツは悪くなかった。
 カドヤのブラックアンクルはソールがフラットなのがちょっと気に入らなかったのですが、ヒールのあるブーツを履いてみて、あぁライディングにはフラットな方がいいんだな…と思ってみたり。

 しかしながらデザイン的には気になってるし、このブーツに慣れて革も馴染んでくればまた印象が変わると思うので、履きこんで様子を見てみます。
 なんだかんだいいつつもいい買い物だったと思っちょります♪

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

二ヶ月ぶりの自己ベスト更新DA!(バイク)

 今日はフォロワーの3MAさんと一緒にトミン行き~♪ トミンに着いてすぐにリラックマさんの背中が見えたのでご挨拶。
 ボクの一番好きなバイクであるドゥカティ749が止まってて、おお!と思ったらリラックマさんのバイクだった。(笑)

 さて本日のテーマは立ち上がり…できる限り早く全開にすることと、きっちり全開にすること。ここはリラックマさんからもポイントだと言ってもらったので、しっかり意識して走ってみました。
 特に前回気になったのは三箇所。奥のヘアピンから左ヘアピンまでの短い直線が開けられてないように感じるのが一点。どうも立ち上がりでパーシャルにしたままダラダラと加速して左ヘアに向かってる感じだったので、もっと…できることなら全開にしてみようと。
 二点目はその左コーナーから最終へ向かう直線。どうも右へ腰をズラすタイミングで僅かにスロットルを戻してるのを感じたので、これも全開を保ったままブレーキングポイントまで行くことを意識。
 最後は最終からの立ち上がり。コース幅も目一杯使ってないし、どうもマージンを残して立ち上がってる感じなので、もっと攻めてみようと。

 それに加え、初っ端の走行を見てたリラックマさんから奥のヘアピンのブレーキングが緩く長めにかけてる感じなので、もっとキュッとかけた方が…とアドバイス受けたので試してみることに。実際自分でもちょっと気になってましたしね。

 その結果、50ラップ弱ぐらいで一ヵ月半ぶりぐらいとなる29秒台に入り始め、70ラップぐらいのところで自己ベスト更新となる29秒…56だったかな?を出し、次のラップではさらにタイムを詰めて29秒44! 自己ベストをコンマ25秒更新です!!

 しかし今日は自己ベスト更新もさることながら、29秒台がぽんぽん出たのが高ポイント。過去3ラップぐらいしか出したことなかったですからね…
 ↑を気をつけたことでアベレージスピードがアップした感じです♪

 あとは…ステップ擦るなら擦れ!の勢いで気合入れてバイク寝かしてたらステップもろとも爪先擦ってみたり。(笑) 初めてトゥスライダーが役に立った。
 この辺も今日の好タイムの一因かな~。

 とりあえず100ラップぐらいしたところでおなかいっぱいになったので、ラストは3MAさんの引っ張り役を引き受けました。前回ちょっと依頼されてたので…
 途中で速い車両に道を譲る際に3MAさんも前に出たので、そこからは後ろから観察。
 気になったのは進入スピードぐらいだったので、それをアドバイスしてからはコースサイドから見てたのですが、終盤で最終コーナーがかなりいい感じで走れるようになってきてて今後に期待♪
 サスのOHを済ませてのシェイクダウンとなった3MAさんのモチベーションが相当高くて、今日は走行時間一杯に使って200ラップ近く走ってました!

 ところでこないだツイッターでも呟いたのですが、ボクがトミンで一番好きなのは1コーナー。そしたら今日リラックマさんからも1コーナーを褒められました。
 3MAさんからも「1コーナーがついていけない」って言われたので、やっぱり1コーナーはいい感じで走れてるっぽい~♪
 ただ調子に乗って膝を擦りまくっちゃうせいかバンクセンサーがあっという間に削れて行く…(笑)

 そんな感じで本日のトミンはかなり充実した走行に!
 この調子で行けば気分的には28秒台もぽーんと出そうな雰囲気ですが、そろそろ詰めるポイントが少なくなってきてるだけに難しいのかも…
 とりあえず28秒台が出ればボク的にはもう満足なので、あとちょっと頑張ります!

| | コメント (0)

2012年12月 2日 (日)

パニガーレ乗った!(バイク)

 今日はセール中のナップス幸浦店に行ってお買い物~♪ ついでに気になってる内圧コントロールバルブ「T-REV」が出展してるから見てこよう~…と思っていたら、ドゥカティ1199パニガーレとMVアグスタF3の試乗が出来るとの情報が! 早速行ってきましたよ!

 TIOのスタッフさんが乗るストリートファイター先導で試乗スタート!
 …ちなみに足つきが心配だったボクは試乗前にとりあえず跨らせてもらったんですが、足つきは非常に良好! 車高上げてるTRXとどっこいかちょい悪いかも?ぐらい。
 発進はどんなバイクに乗っても一番気を使うところですが、油圧クラッチの感触も良く、極低速でもスムーズなエンジン特性とも相まって発進は非常に楽。
 うーん…なんだかとっても普通のバイクで拍子抜け…
 クラッチも今は湿式なので乾式みたいにシャラシャラ言う事もなく、普通…

 ただ振動はスゴい! 停車中から車体がブルブル振動してます。同じ二気筒でもTRXとは大違い!
 ちょうど居合わせたTL1000R乗りのすずどざさんも「振動が凄い」って言ってたので、同じVツインのTLと比べても凄いみたいです。
 でもボク的にはコレが凄く大きなポイントで、どうもボクは振動の大きさに機械感…バイクっぽさを感じるみたいなんですよね。エンジンがガチャガチャ回ってる感が強いカタナにTRXよりもバイク感を感じるように…
 まずここで好感度大幅アップです!

 ポジションですが、ニーグリップ的には少し腰を引いた方がしっくりくるんですが、そうすると絶えずニーグリップしてないとおしりが前に落ちてきちゃうので、普段はめいっぱい前に座ってずぼらに乗った方がいいかも。
 TRXと比べればさすがに前傾はキツいのですが、今のボク的にはこれぐらいのポジションの方がやる気になってイイなあ。

 ナプ幸の周りをぐるっと回るだけの試乗コース(いつぞやモンスター1100evoを試乗したときと同じ)なので、コーナリング性とかは全くわからず…とりあえず緩いカーブで少し腰ずらして様子見てみましたが、ポジションもしっくり来るし、曲がり方も非常に素直で乗りやすい~。
 ただスロットルのレスポンスが良すぎてギクシャクする…こないだ一日お借りしたZ1000も乗り始めはそう感じたし、慣れれば問題ないと思うけど。

 先に試乗したすずどざさんが低回転のトルクのなさを指摘してましたが、ボクが上まで回さなくて比較できなかったせいか、はたまたTRXのトルクがないのか全く気になりませんでした。(笑)
 ちなみにDTCはスポーツモード。

 ブレーキに関しては全く印象なし…効きすぎることも効かなすぎることもなく、至って普通だったんでしょう。
 まぁ勿論ハードブレーキする場面なんてなかったので…


 五分程度の試乗でしたが、過去に乗ったバイクの中で間違いなく最高のバイク!
 ビモータのDB7に乗ったときも一生の思い出になるぐらい感動しましたが、今回はそれとも違って、自分で所有したい、本当に理想のバイクに出会えた感じ!
 思えばTIOでドカの900SLに跨らせてもらったときも「このバイクに乗りたい!」と思うほどにしっくり来ましたが、それにある意味近いかも…って、やっぱりドカか!

 多分パニガーレじゃなくてもドカならいいんだと思います。あの細さ、軽さ、そして振動を含めたエンジンフィーリングが良かったので…むしろ世界中全てのバイクの中で一番好きな999を買うのが一番幸せになれるのかも。
 しかし信頼性を含めた維持コストを考えるとドカを所有する気になれないんですよね…
 フォロワーさんから「しばらく乗れない期間があっても耐えられるなら」ってコメント頂きましたけど、トラブルで乗りたいときに乗れないって言うのはボクにとっては一番のストレスになるし…

 ドゥカティというブランド自体にも思い入れがあるわけでもないし、国産車でドカみたいなバイクがあればいいんですがね…
 まぁ国産にない個性があるからこそ、ドカがあれだけ人気があるのかも知れませんね。
 いずれにせよ、本当にいい体験でした。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »