« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月30日 (金)

GPSログ研究中(バイク)

 さて先日のトミンで初導入したGPSロガーですが、眺めてると色々と見えてきました。
 ベストラップ出したあとで、「イン付きが早い気がするから、もう一拍奥まで突っ込んでから寝かそう」と走り方を変えたのですが、それがハッキリとデータにも現れてます。
 …でも、その結果立ち上がりラインがイン寄りになっちゃってアウト側めいっぱいまで使えてない感じ…
 それよりはベストタイム出したときのように、さっさとインに付いて走行距離を短くした方が速いのか…?

 とか悩んでたらいおりんさんがLAP+の過去のサイトにアップされてたトミンの走行ログ集を教えてくれました。やった! 速い人とのデータの比較ができる!!
 26秒台で走行してるCBR600RRの方と、27秒台で走行してるCBR1000RRの方のデータと、ボクのベストラップを比較するとラインが全然違う…
 まぁ一番違うのは速度グラフで、一番速度が乗ってるブレーキング開始時の頂点と、コーナリング中に一番速度が落ちたポイントの頂点が鋭角なのに対して、ボクのグラフは減速のカーブも緩やかだし、最低速度付近が平らになってて、しばらく同じ速度を維持してるのがわかります。

 …そして試しに↑の走行ラインを変えたあとのデータを呼び出してみたら、速度グラフは依然ダラダラなものの、走行ライン自体は速い人たちの走行ラインとほぼ重なります!
 こ‥コレか!!!

 データで見た感じでは変更後のラインの方が理想的に見えるので、ライン的にはコレをベースにブレーキングと立ち上がりを改善して行くのが方向性的には正しいかな。

Linehikaku

 ちなみに画像の走行ログ、重なっちゃって見づらいですが、濃青が26秒476のCBR600RR、濃赤が27秒249のCBR1000RR、水色が自己ベストの29秒360、オレンジがライン変更後の29秒544です。

Graphhikaku

 ↑が速度ログで

Graph2hikaku

 ↑がバンク角です。

 このデータで不思議なのが、ベストタイムの時だけ1コーナーの進入ラインが極端に違うことですね。走行ライン変更を意識したのは奥のヘアピンと左コーナー、最終コーナー…つまり1コーナー以外だけだったのですが、なんで1コーナーが…しかもその時意図した「一拍置いてから曲げる」と逆のインに突っ込んでく走行ラインになってるのかもよくわからん。
 ライン的にはこっちが正しいみたいですが…???
 うーん…再現できるかな…

| | コメント (4)

2013年8月28日 (水)

GPSロガー導入したよ!(バイク)

 二回連続で不甲斐ない走りだったリベンジを果たすべくトミンへ!
 前回もホントはリベンジを果たすべく、全日走りまくるつもりでしたが体調不良でダウン…その分も今回全日で走ってきました。

 …けど、午後はなんかダラダラになっちゃったので、やっぱり半日でいいかも知れないな…
 まぁ夏場の35℃近い温度の中だと連続走行出来なくて周回数が伸びなかったのでその対策だったんですが、昨日ぐらいの温度だと普通に走れちゃうからなあ。

 さて今回導入した新兵器はGPSロガー!…ですが、まだちょっと分析の仕方が掴めてないのでレポはまた今度。
 ただ、昨晩ベストラップと他のラップを見比べた感じ、ベストラップの時はラインがコンパクトで、かつ旋回中の最低速度が高い。最低速度付近が平坦になってるので、それ以上速度が落ちないようにパーシャル使ってる可能性が。
 バンク角のデータを確認すると他のラップと変わらないので、パーシャル使ったからと言ってバンク角が浅くなるわけでもない…?
 まぁこの辺はもうちょっと分析の仕方をお勉強してから改めてレポします。

 さて結論から言うとベストタイムは前々回と百分の一秒まで同じ29秒39。その前に28秒台に入ってることを考えればイマイチ…とは言え、ベストのコンマ5秒落ちではあるので、そこまで激遅なワケでもないんですが、やはり28秒と29秒ではだいぶ印象が違う…

 ここ数ヶ月のテーマは「とにかく寝かそう!」ですが、やはりイン側ステップを踏み込むことであと一息バンク角を深くできる感じ…
 途中からはアウト側の足には全く力を入れず、イン側の足だけに集中するような感じにしたらいい感じで寝かせられました。
 走行後にトミンのスタッフさんから「フロントタイヤがそろそろヤバい」と指摘されたんですが、「水月さん、前よりバンク角が深くなってるからこれだと危ないよ」って言われたあたり、バンク角を深くすると言う目標は傍から見てても達成できつつある感じ?

 しかし数年前までは「アウト側の足でうまくホールドできない…」と悩んでたのに、現在の結論が「アウト側の足には全く力を入れずに意識しない」になってるという事実。(笑)


 さてこれまた今回の…と言うか前回から引き続きのテーマは、走ってるときにどこで何をしてるのかを明確に意識してみよう…という事。どこでブレーキングして、どこでリリースして、どこから開け始めて…みたいなことを可能な限り明確なポイントとして意識してみようと。
 結論としてはやっぱりイマイチだったんですけど、その一環として極力ラップタイマーをチェックすることも意識。
 今まで走行中にろくに見てなくて、ピットインしてから「ベストラップ出てたんだ…」みたいな感じでしたけど、もっと毎ラップちゃんとチェックするように心がけつつ、今回は「きっちり20ラップで区切って、その都度ピットインしてメモを取る」をテーマにしてたので、ラップ数もマメにチェック。
 こちらはまぁまぁ実践できたかな。


 前述のようになんかダラダラになっちゃった午後ですが、途中から「寝かしこむタイミングを一拍遅らせてよりアウト側から大きなラインで入る」を試してみたんですが、ロガーを確認してもちゃんとそういう風に走ってますね。
 ただその分ブレーキを(入力は僅かとはいえ)長く引きずってるので、その分進入速度が落ちてるんじゃないかな…?は、あとでロガーで確認してみます。
 ただ↑で書いたようにベストラップと比べるとラインが大回りでかつ最低速度が低いので…どうなんかな。


 今回の走行としては、とりあえず寝かすためのポイントが掴めた(ちなみにステップ入力を意識したことで、ブレーキリリースからフルバンクに到達するまでのバンク速度も速くなった感じ)ので、それなりの満足感はある一方で、ベストラップを更新できなかったことによる「いくらコツが掴めた気がしても、ラップタイムに結びついてないコツに意味はあるの…?」みたいなシビアな見方をしてしまう面もあって、まぁ満足感としてはほどほどかな。

 あ、そうだ、今回のテーマのひとつに「目線を遠くに」と言うのもありましたが、これはまずまず実践できて、かついい感じだったので引き続き意識してみます。
 しかし近くを見てないせいか、はたまた↑を意識してラインが変わったせいか、奥のヘアピンの立ち上がりで縁石にバンクセンサーを引っ掛けて膝が持ってかれる事案が数回発生(笑)
 バンクセンサーも結構なダメージで…


 さて次回のテーマは、ひとまず今回のポイントを意識した上で、フォロワーのうどんさんからだいぶ前に指摘された「スロットルの開け始めるタイミングを早く」がいまだに実践できてない感じなので、ここを重点的に意識していきたいところ。
 …と言うか、どうにも開けっぷりが足りなくてタイヤのグリップ余りまくりみたいな印象があるので、もうちょっと開けていきたいすね。

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

ルーティン(ビリヤード)

 玉撞きリハビリ日記第三弾。


 前回までに気が付いた注意点をルーティン化して毎回気をつけることにしてみました。
 まずはアドレス。狙いの線上をしっかりと右足(土踏まず近辺)で踏むこと。
 続いて体を倒していくときに頭が右へズレないように注意。
 最後に左腕と左足でしっかりと踏ん張って、撞く瞬間に体が前に突っ込まないように注意。

 この間、キューをしごきながら構えないことにも注意しました…が、↑に気をつけてるとしごいてる余裕ない。(笑)

 最後のポイントは途中から追加して、肩を入れてロックすること…も意識しました。これまた今回思い出した重要ポイント。

 そうやって撞いてみると、ストロークもショットも安定して、センターショットは時々錯覚が起きるのか大外しするものの、だいぶ安定して玉が入るようになってきました。

 そして始めたボーラードは…

 12点。

 もう一度言います。

 12点。

 えーと…コレってビリヤード始めたての頃に二回目にやったボーラードで出した過去最低記録タイなんですが。<ちなみに一回目は17点


 ヤバすぎて笑いしか出ない。


 だってコレって…その後数年間に渡って莫大な時間とお金をかけて練習してきたことが全部ムダだったってコトですよね?


 いや、まぁここのところ撞いてなくてリハビリ中だったのと、またちょっと問題点に気が付いて改善の余地があるのでまだガマンできます。でもマメに通ってたときにこのスコアだったらスト様ばりにキュー折ってた。つか、今日も折りそうになった。
 まぁさすがにマメに通ってる頃にこのスコアはないだろうけど、それでも20点台は普通にあり得る。
 ボクはビリヤードのこういうところが大っ嫌い。多少難しいのはやりがいがあるし構わないけど、いくらなんでもこれじゃ難しすぎる。
 他の人がここまで調子の乱降下がないなら、やっぱりボクは玉撞きに向いてないんでしょう。


 …とは言うものの、ストロークやショット自体はもうリハビリ完了した感じ。あとは…ボーラード終了後に思った、「狙いの曖昧さ」の改善ですね。
 ビリヤード雑誌「Cue's」でハウツー漫画を連載してるフォロワーの大和撫子さんと相撞きした時に頂いたアドバイス(ちなみにハウツー漫画の中でも描いてる)である、「狙い点を明確に意識すること」「そしてそこに手玉がちゃんと当ったかを毎回確認すること」ができてないんですよね。
 狙いが曖昧なこともボクの玉撞きが安定しない原因の一つだと思うので、ここを改善したいところ。
 思えば大和撫子さんからアドバイスを受けて、改善に取り組んで間もない頃からあまり撞かなくなったので、結局身についてない気が…

 前述のように、フォームやストローク自体はもう大丈夫なので、あとは狙いの曖昧さを改善できれば以前と同じレベル…あるいはより高いレベルで撞けるようになるんじゃないかと期待♪


 …それにしても12点かぁ…

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

スタンス(ビリヤード)

 まさかの二日連チャン玉撞き日記。


 昨日、「キューをしごきながら構えない」「狙いにキューを沿わせる」を心がけてから玉が入りだし、「玉撞き開眼キタコレ!」「今の私なら烈海王にも勝てる!」とハイテンションなツイートかましたボクですが、まぁ一夜開けてみたら全く開眼してることもなく、ボーラードはまたしても37点という悲惨な点数。

 …なんですが、これまた途中で「足の位置が合ってない」ことに気が付きました。
 落合さんでしたかねぇ…「足の位置が合ってれば玉は入る」って言ってた人がいらっしゃったんですが…ホントそうですよね。
 これは間違いなく落合さんに言われたことですが、キューが気持ち良く振れない時は足の位置がズレてると。
 そう思うと、今日はずっと「どうもストロークに違和感がある…気持ち良くキューが振れない…」と思ってたので、最初から右足の位置が狙いからズレてた(今日の場合は左にズレてた)んでしょうね。

 ブランクの影響と言えばそうなんですが、でも毎日練習してても日によってズレるときはありますしね…得てしてしばらく気づかない。
 しかし落合さんのコメントでもわかるとおり、スタンスは下手すると最重要ポイントだけに、先週~今週とリハビリしてる間に一度も気にしなかったのはまったくもって迂闊。

 いや、スタンスがズレてても簡単な玉なら小手先で調整して入るんですよ。でもちょっとでも難しくなると途端に精度が落ちる。
 今日も、コーナーポケットから2ポイントほど離して(フットスポット上)置いた的玉に、1P離した手玉で狙う…まぁまぁ超ビギナー向けの配置(それでいながらボクが二年間ぐらい外した配置)なら、手玉ビタ止まりかそれに近い精度のショットが撞けたんですが、同じ手玉と的玉の距離が1Pでも的玉センターにしたら途端に明後日の方向に外し始めまして。
 今日はレール際の真っ直ぐ(<レールを参考にキュー出しの方向が確認できる)や、センターショット等、基本練習をみっちりやっては気晴らしにボーラードを1ラックずつ進める…という、合間に練習を挟んでちょっとインチキ気味のボーラードだったんですが、その練習がさっぱり入ってないだけにボーラードも入らない…みたいなね。

 それが右足の位置を右へズラして正しい位置に構えた途端、ろくに狙わなくても玉が入る。相当難しい玉でもかなり惜しい外し方をする(ヘタすると入る)…という、スーパー水月モードに復帰しました。
 イヤハヤ…改めてスタンス重要ね。

 まぁ終盤の15分ぐらいは疲れて集中できなかったこともあってか外しまくったので、スタンスだけで100%玉が入るわけでもない(逆に足の位置を気にしすぎて逆方向にズレてった可能性も)ですが、それでも重要なポイントには違いないので次回以降は気をつけます。

 ま、ボチボチとリハビリ進んでる感じで…

| | コメント (2)

2013年8月21日 (水)

アドレス(ビリヤード)

 実に久しぶりの玉撞き日記ですこんばんわ。

 ここのところ3~6ヶ月に一回ぐらいしか撞いてないボクですが、先週半年振りぐらいに撞きまして…ちょいとリハビリがてら本日また撞いてきました。
 なにげに一週間以上空いてますが…(笑)

 一時間以上撞いたところでふと思ったんですが…そういやボク、今の仕事始めて玉撞き頻度が落ちたこの二年間のどこの段階でだったか、アドレス矯正を始めた時期があったんですよね。
 ボク、構えていく段階でキューを前後にしごきつつ構えるクセがあるんですが、それだと構えていく段階で狙ってる方向を見失う…ような気が。
 なので、構えるときにキューを狙いに沿わせたらそのまま絶対に動かさずに構えていくようなアドレスに矯正しました。いや、しようとしました。

 しかしおそらく身に付く前に間が空いてしまったんでしょう。そんなことは記憶の遙か彼方にぶっとんでたのを、今日久しぶりに思い出した感じ。

 先週から色んなことを思い出しながら撞いてるんですが、ちょっとコレはボクの玉撞きを根底から変える大きなポイントかも知れないので、なにげモチベーションも上がったところですし、ちょっと身に付くまで玉撞き通ってみようかと思ってます。
 …いや、ずっと通えって話ですが。(笑)

 おそらくなんですけど、ボクが玉撞き始めたときから悩まされてる不安定なシュート力の原因となってる部分なんじゃないかと思うんですよね…

 そしてそれに気づくことなく始めたボーラードは32点と言う散々な結果に!
 半年振りに撞いた先週ですら52点だったのにね…

 ま、気楽にぼちぼちと練習してみますわ。


 …あ、半年ぶりとか書きましたが、6月に29点とかこれまた悲惨な数字のボーラードをやってたことを思い出しました。
 そうだ、三ヶ月ぶりに玉撞きして全く上手くいかなくて、やっぱ玉撞きはダメだ!と思って行くのやめたんだっけ…(笑)

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

トミン~宇都宮~那須ツーリング(二日目)

 前日の晩はゆっくりと体を休めて体力回復を狙うべく21時半に就寝。そしてこの日は5時40分頃に起床。目覚ましは7時半にかけてたんですが、まぁそこそこいい時間寝てるのでしばしゴロゴロした後に起床。
 7時を回ってしばらくしたころに、そういえば大谷資料館が開館する9時までには大谷に着こうと思ってたんだっけ…!と、慌てて食堂に行って朝食。結局8時過ぎにホテルを出て、大谷に着いたのは9時半ごろでした。

 …しかし大谷の駐車場は砂利道かぁ…二輪だと気を遣うな。
 前に来たときは大丈夫だったのかしら…と思い返してみたら、前回来たときは四輪…ロードスターだったな。
 あれはいつだったっけ…?とmixiで日記検索かけても見当たらず。え…ロードスター買ったのが2002年でmixi始めたのが2004年だけど、その間なんてピンポイントな時期なのか…?
 何故かデジカメフォルダにも写真が見当たらず途方に暮れていたところ、そういやドールロケしたな…と、お人形写真フォルダチェックしたら発見!…と言うか今はなきドールサイトを開いてギャラリーチェックしたら見つかりました。
 2004年の8月…9月にmixi始めてるのでまさにタッチの差でしたね。
 当時ブログにも書いたんですが、あのブログスペース閉鎖しちゃったんですよね…どっかにログは保存したハズだけど。

 何はともあれほぼ10年ぶり! ここ数年は震災の影響で閉鎖されてたので行きたくても行けなかったんですよね。
 過去ボクがツーリングで訪れた場所で北海道と並んで記憶に残ってる場所なので、ウキウキしながら坑内入り~。

 寒っっ!!!

 温度計を見ると12℃…冬か!
 説明文読むと「坑内は一年中8℃に保たれ…」って書いてあるから、これでも温度高めなんですね。
 ちなみに若干感じてた体調不良からくる熱っぽさは天然のクーラーで冷やされてすっかりなくなった感じ!

 久々の美しい地下空間を堪能…したんですが、震災の影響か入れるエリアがだいぶ制限されてましたね。
 前回来たときに写真も取った、表札がかかった門扉のところには近づけなくなってました。

Mixi1248

 しかし久しぶりに来て思いましたけど…これはもう完全に「遺跡」ですよね。あたかも悠久の時間を過ごしてきたかのような広大な地下空間…
 やはり感動的な場所でした。


 さていよいよメインイベントでもある宇都宮餃子食べ歩きツアー!
 とりあえずフォロワーさんオススメの正嗣がここに来る途中にあったので、まずはそこに行ってみましょう!
 注文したのはオーソドックスな焼き餃子と水餃子。一皿6個でした。
 どっちも大変美味!…でも今まで食ってきた餃子の延長線上の美味しさと言うか、今まで食った中でトップクラスに美味しい餃子ではありますが、まぁ餃子だなって感じ。

 続いて宇都宮駅近くのドンキホーテ(フォロワーさんの情報だと以前は長崎屋だったみたい?)地下に有名店が揃ったフードコートがあるらしいので、バイク駐輪場にバイク置いて(ちなみに管理人のおばちゃんに「餃子食いにきた!」って言ったら「そんなに美味しいかねぇ…」と笑われた(笑))、いざドンキ入り!
 こちらも定番のみんみんを仕事仲間をはじめ多くの人から薦められたので、まずはみんみんの焼き餃子と揚げ餃子を食ってみることに~。

 うむ…揚げ餃子は上手いけど、体調不良のボクには脂っこすぎてむせる…
 焼き餃子は大変美味!直接的な比較対象はさっき食べた正嗣の焼き餃子になるんですが、ボク的にはこちらの方が好みですね!

 続けて珍しそうな餃子とかあれば食ってみよう…と思ったんですが、すでにだいぶお腹一杯になってたのでここで終了~。普段のボクならもうちょっと食えますが、体調不良の影響か昨晩お腹下してるだけに心配…
 しかし宇都宮の定番二店はチェック出来たのでとりあえずは満足!


 その後はオリオン通りを散策してオタクビルの写真撮ったり楽器屋さんを覗いたり、「宮カフェ」なるお店でヨーグルトシェイクを飲んだりしてから、もう一つの目的地、那須へ向かいます!
 正直体調がイマイチなようならここで帰ろうと思ってたんですが、なんかもう体調不良はほとんど感じなくなってたので、せっかくですし思い切って行っちゃおう!と。

 那須自体も久しぶりです。TRXに乗り始めて間もない頃に那須モータースポーツランドに通ってた時期があるんですが、それ以来なので5年ぶりぐらい…?
 当時は帰りに温泉入るぐらいでろくに那須観光もしてなかったので、してみようと。

 まずはとりっくあーとぴあに行ってみたんですが、ここって三館に分かれていて一館入場料が千円とられる(セットだと割引かかって2700円)ので結構お高い…
 オマケに中入って思ったんですが、誰かと一緒に行ってポーズとってもらわないとイマイチ写真撮っても面白くない…
 さらに言うと以前お友達と入った東京タワーのトリックアートと比べてもそれほど違いがあるわけでもないので、正直一人で入ったのは失敗だったかも…

Mixi1249

 しかも広いためにだいぶ時間をとられてしまい、次の目的地であるクラッシックカー博物館(ちなみに↑のとりっくあーとぴあの目と鼻の先…というかほぼ斜め向かい)に入ったのは16時を回ってました。

 このクラッシックカー博物館もまぁ普通の博物館なんですが(<もちろん悪かろうはずはない)、特筆すべきは乗り込むことができる展示物があること!
 ヤマハかどっかの四輪バギー(…トライクだったかも?)と、三輪自動車のメッサーシュミット、車種確認しそびれましたが、スーパー7みたいなサイクルフェンダーの車、そしてフォーミュラカー!<FJとツイートしましたが、今ぐぐってみたらFF1600…フォーミュラフォードでした

Mixi1250

 全車乗ってみたんですが、一番感激したのはやっぱりフォーミュラカー…だって初めて乗ったんですよ!!!
 いやー…一度でいいからサーキットで走らせてみたいな…
 二輪はね…さすがにMotoGPマシンとか市販車とは別物でしょうけど、まだ想像つくじゃないですか。市販車の延長線上として。
 でもフォーミュラカーとなるとハコ車とは全く違いますからねぇ…強いてあげればレーシングカートの延長線上としてなんとなくイメージはできる…かも。

 最近はすっかり二輪に転向した感があるボクですが、さすがにココまでインパクトある体験をするとテンション上がりますよね~♪

 …ところで入り口にベロセットがあったんで写真撮ったんですけど、サイト見ると「ベローチェ」って書いてある…そういう読み方もするのかしらん?? フランス読みかとも思うけど、語尾がeで終わってるし、語尾の「tte」は通常発音するよな…

 あとこれまたサイト見て知ったんですが、我が最愛のディーノ246GTも展示されてたことがあるみたいですね。現在は出庫中になってますが…残念。
 御殿場のフェラーリ博物館が閉館になって以来ディーノ見てないよ…


 さてこちらは30分弱で一通り見終わって、次は温泉だな!と那須湯元を目指します!
 途中で道に迷って(スマホの地図が逆方向指した)ワインディングかっとばしたりしつつ、17時過ぎ頃に鹿の湯温泉に到着してみると「すみません、お風呂はもう終わりで~す」
 残念…

 結局また那須IC近くまで戻って以前入った那須山でお風呂と食事を済ませて帰宅~。
 ちなみにこの那須山、露天の周りが広い庭になっていてなかなか開放感があるのです! 個人的には過去入った温泉の中でも五指に入るお気に入りスポット。
 お風呂入って体温上がったせいかまた体調が悪化したんですが、食事しながら一休みしたら回復したのでほっと一安心。


 さて今回のツーリングですが、とにかく体調不良が曲者でしたな。コレさえなければと思わずにはいられない…
 ただ、体調不良ながらも予定してたプランはほぼこなせた(初日のトミンで全日走れなかったことと、那須湯元で温泉入れなかったことだけが心残り)ので、まずまずだったでしょうか。
 6Rに乗り換えてから初のお泊りツーリングでしたけど、やはりTRXより極低速で扱いやすい6Rは結構ツーリング先で楽なバイクなんじゃないかと。砂利道もそんなに気を使わないし、UターンもTRXよりやりやすいし、極低速で進む急な坂道とかでもエンストの不安がないし…
 ただ足つきが悪いのはいかんともしがたいので、左右に傾斜してる場所とかに停める気にならないのが難。急坂が多い那須湯元ではそれでだいぶ停める場所を選びました。

 ともあれ、滅多にできないお泊りツーリングを堪能! 実は来月も連休が三回(BMCが開催される21日(土)も有給入れたので、ここはまたしても土~月で三連休!)もあるので、またどっか行っちゃう…?

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

トミン~宇都宮~那須ツーリング(一日目)

 今はウチの会社の閑散期。1人足りないぐらいでちょうどいいよ…と言う事でバイトは日替わりで有給入れることに。ボクは最初17日の土曜に有給入れさせてもらったのですが、金曜も人が足りてるから休んでいいよと言われ、まさかの金土日三連休!
 さてせっかくの三連休…だけど、お泊りだとお金かかるし日帰りで…宇都宮で餃子とかどうかな??と思ってましたが、よくよく考えるとこの日はバイク仲間の3MAさんがトミンに行くと言っていた日。これは便乗してトミン行くかー!…と思ったのですが、どうにも宇都宮で餃子のプランも捨てがたく、思い切って宿を取って一泊二日で宇都宮も回ることにしました。
 それだけだと物足りないので、最近行ってない那須にも行ってみようかと。

 …と、ネットで宿の予約を入れたまさにその直後から体調が悪くなってきました。<正確には予約入れてるときから多少は悪かった
 それでも疲れるとなるいつもの症状だろう…と、新しく作ったメガネを受取ってから軽くアキバあたりまで夜走りに行ってきたのですが、その間に具合は最悪に…
 翌日の仕事はなんとかこなせて、そこまで具合悪くはなかったのですが、その翌日…ツーリング当日の朝には軽い胸の痛みも発生してて、持病である気管支の炎症を心配しながらの出発に…
 ホントは宿さえ取ってなければ間違いなくキャンセルしたかったんですけどね。…いや、宿とっててもキャンセルした方がよかったぐらい。(笑)

 さてトミンに着いて一本目を走り終えたところで吐きそうなぐらいに具合が悪くなってダウン。しかしこの日は台数が多くて20分ずつ3クラスに分けての走行だったので、40分間休んでたら体調は元通りに。
 続く二本目、三本目を走っても全く問題がなかったのでほっと一安心…

 しかし体調不良のせいかわかりませんがタイムは伸びず、ようやく2ラップだけ29秒台に入れるのがやっと…ベストは29秒69と、タイムが伸びなかった前回よりさらに遅いタイム…

 今回のテーマは、以前、今年の4耐参戦ライダーでもあるところのありとーさんからの「ブレーキングの目印を決めてそこから少しずつ詰めていく」と言うアドバイスの実践。…というか、ブレーキングに限らず、開け始めとか開けるスピードとかを冷静に分析しながら走って、少しずつでも詰めていけるようにすることがテーマ…だったんですが、コントロールラインという明確な目標がある1コーナー以外は漠然としたままで、その1コーナーもほとんど詰めていけない感じ…
 タイムもさることながら、テーマを全く消化できなかったことの方がショックで意気消沈。
 実はあまり書いてませんでしたが、前回のBMCでTーるさんやありとーさんからアドバイス頂いてる以上、次のBMCまでにはなんとか皆さんに少しでも上達した姿をお見せしたいと思ってたんですけど、それが怪しくなってきた焦燥感…

 前回に引き続きがっかりな今回の走行で一つだけ収穫があったとすれば、今までより着座位置を後ろにした方がいいのかな?と言うこと。

 下半身のホールドに悩んでたボクは、外足をタンクに「前方に向かって」押し付けると具合がいい…と気づいて、ここ2年ぐらいは乗ってたんですが、トミン常連のリラックマさんから「水月さんは前乗りだから後ろ乗りを試してみても面白いかも」と言われたように、着座位置が前になってたんしょうね。
 それを今回、なんとか寝かそう寝かそうと思って気が付いたらだいぶ旋回中に腰を後ろに弾いたフォームになってました。

 それに気づいた三本目からは、ブレーキング時の体勢作りの段階から後ろ目に座ってみたのですが、ややブレーキングで体を支えにくい感はあるものの、そんなに気にはならないぐらい。
 思えばちょっと前に感じた乗れてるときのイメージ…を書こうとしてサーキットメモを読み返したらそのものズバリ、「腰を後ろに引いてくイメージか」って書いてあるじゃん!(笑)
 コレはたぶん、今までのフォームで旋回に入って旋回しながら腰を後ろへズラしていくってことですね。
 ちなみに前回思った「攻め攻めモードに入ってくるとブレーキング時から頭の位置が低くなる…?」と言うのも、もしかするとブレーキング開始時から腰の位置が下がってるからその分上体が寝て低くなるのかも…

 このフォームが必要になるのは、最後の一寝かし!ってポイントなので、これで劇的にタイムアップするとも思えないですけど、最初から意識して走れればペースアップのタイミングは早くできるかも知れないので、次回は意識的にこのフォームを作って試してみます。
 最初から腰を引き気味にした方がいいのか、バンクさせながら引いてった方がいいのかは要検証で。


 さて、今回は納得行くまで走りこむため全日で走ろうと思ってたのですが、さすがに体調が不安だったので、午後枠の走行を一時間ぐらい見学してから土浦のスーパー銭湯に移動。
 寝転び湯でゆっくりと体を休めた後に、宿を取った下館駅前のビジネスホテルに移動。途中の道の駅下妻でいちごシェイク飲んだり、下館IC近くのココスでたらふく晩飯食ったり(食いすぎて腹下しました)、ちょっとお高いリポD&モンエナ飲んだりしてめいっぱいカロリーと栄養を摂って就寝!
 明朝にはもうちょっと体調が回復すればいいなぁ…と淡い期待を抱いて…

| | コメント (2)

2013年8月 4日 (日)

久しぶりのトミン(バイク)

 前回トミンに行ったのが6月18日なので…およそ一ヵ月半ぶりのトミン?
 その間は二回ほど桶川を走りに行って、慣れないレイアウトに四苦八苦。
 その桶川修行の成果をトミンで発揮…とはならないだろうとは思ってました。まだコースを攻略するのに四苦八苦してて、何かサーキットを走る上での新しい発見とかもなかったし…
 それでもトミン通い始めてから初めて他のサーキットを経験したわけで、何かホームのトミンに戻ったことで新しい発見があればなー…と思ったんですが、結果は前回出した自己ベストの28秒94よりコンマ4秒ちょっと遅い29秒39。
 一応TRX時代のベストタイムを上回っているとは言え、100分の5秒と僅差…車両の性能差を考えればかなりがっくりくるタイム。
 まぁでも6Rに乗り換えてからいっこうにTRX時代のタイムを更新できずに苦しんでたことを考えればそう悪くはないタイム…とも思うのですが、今回100ラップちょっと走って29秒台前半を出したのって2ラップだけなんですよね。あとは全部29秒7~8あたりでキレイに安定。
 ボク的にはここが今回最大のがっかりポイントで…

 今回のテーマとしてはスロットルの開け始めを早くするとか、こないだの桶川で目線が近くなりすぎてた気がしたので、目線を遠くにする(併せて頭ごとそっちへ向ける)とかあったんですが、両方ともそれなりには出来てる感じ…
 ただ、開け始めはイメージしたポイントから開けられるようになったんですけど、多分その先の開け方が消極的すぎる。相当安全マージンを取って開けてる気がします。

 それともちょっと関連するんですが、ボク、奥のヘアピンから左コーナーまでの区間を全開にできないんですよね。TRX時代から。
 それをどれだけ全開に近く開けられるかがタイムと関連してる気がするんですが、今日はそこがイマイチだったかも…

 あとはきっちりアウトから進入するのもテーマでしたが、これも前回ほどにはアウトから入れなかったなぁ…と、走行後に反省しました。
 特に最終コーナーは最初のうちはインベタで進入してからひたすらインベタで回ると言う、ムダにコンパクトなライン取り。途中からはもう少し大きなラインにしたので、多少タイム的には改善されたかなー…って感じです。

 そして今回のテーマには挙げてなかったんですが、ここのところステップを踏み込んでバンク角を深くする走り方になってきてます。でも今日は途中までそれができてなくて、そのせいかバンク角もイマイチ浅いまま…これもタイムが伸びなかった原因かな?って気がします。
 左ヘアピンで一度あったんですが、これが上手く行くと体の下でバイクが回転してる感触…自分の体が感じてる旋回イメージよりも強い旋回力をバイクが生み出してるような感触があるんですよ。
 多分、これまでの経験で作られた「体がこれぐらい傾いてればバイクの旋回力はこれぐらい」…ってイメージを越えてるんでしょうね。
 ということは毎回そういう旋回が出きれば旋回スピードが上がるワケで…この辺も要練習です。

 あとは…これも途中から、頭をイン側に入れるフォームも試してみました。
 ボクのフォームだと頭はほぼ車両の中心にあるんですが、最近の主流は頭を含めて上体がイン側にズレてるので、ちょっとどんなもんか試してみようかと。
 終盤にちょろっと試しただけなのでなんともですが、一段階旋回力が強まるような感触はあります。その代わりちょっと不安定感もある気がしますが…
 これもモノに出来ると武器になりそうな気はしますが、順番としては↑のバンク角を深める方が先でしょうね。
 今日何回か自分のイメージよりもバンク角が深くなって「コケる!」と思って少し起こしちゃったんですが、思い返してみると別にステップが接地したワケでもなし(ステップのバンクセンサーが外してあるので、ステップそのものを擦るぐらいのバンク角がいいのか悪いのかわかりませんが)、多分そのボクが「転倒する」と思ったバンク角までは多分使えるんでしょう。
 そのバンク角まで使いこなしてからさらに上体をイン側に入れる…って順番かな、と。

 今回はタイムが出なくて苦しんだだけにライディングメモもいっぱい書くことが見つかったんですが、重要なポイントは↑ぐらいですかねぇ…
 あ、あとはブレーキング時の頭の高さとかも気になるポイントかな。
 今日の中盤でスイッチが切り替わったときに、ブレーキング時の頭の位置がかなり低くなったんですよね。
 逆に終盤でイマイチタイムが伸びなかったときはもう少し上体を起こしたフォーム。
 ただ、ベストタイムが出たときがどっちだったかがイマイチ憶えてないので、どっちがいいのかなんとも…
 ボクの趣味的にはMotoGPのブラドルのフォームがカッコ良くて好きなので、頭は低いほうがカッコいいなぁ…とは思ってるんですが。(笑)


 前回のトミンは、「全然攻めてる感じがしないのにタイムは伸びる」って感じでしたけど、今回は「めいっぱい攻め切ってる感じがするのにタイムが伸びない」。しかもどこでロスしてるのかがさっぱりわからない…
 あ、そういうときのためのデータロガーなんだな…と、さっき湯船の中で閃いたり。データロガー見ればベストラップ出したときと比べてコーナリングスピードが遅いとか、どこでタイムをロスしてるかがわかりますものね。
 うーむデータロガー欲しいな…


 とりあえず今日の総括としては「やっぱりバイクって難しいなあ」と。それだけに楽しいので、もっともっと練習して速くなります!

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »