« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の記事

2014年9月24日 (水)

さてトミン(バイク)

 昨日の23日、ツイッターでお付き合いのある方たちがこぞってトミンに走りに行くと言うことでボクも予約入れてましたが、間一髪でブレーキOHが完了! どうにかこうにか行く事が出来ました。

 さてブレーキOHに出してる間にゲットしたアイテムが二つ。今まで使ってたRSタイチのレーシンググローブがほつれて来たので、こちらは修復後バックアップ用にすることにして、ダイネーゼのグローブを新調しました。
 また、今まで使ってたクレバーライトのチェストプロテクターがバキバキに割れてた(転んだわけではなくて、サーキット行き帰りの間に荷物の中で圧迫されて割れた)ので、これを機にRSタイチのチェストプロテクターに換えました。

 軽くインプレなんぞをかましますと、ダイネーゼのグローブは非常に軽く、柔らかくて使いやすい!
 コースイン直後こそ小指と薬指が引っかかっておおっ、と思いましたが、1周ですぐに慣れたので問題なし。
 小指の腹側に付いてる樹脂のスライダーが邪魔になるんじゃないかと危惧してましたが、全く気にならなかったです!
 蛍光イエローは見た目にもハデだしいい感じ!
 唯一気になるのは、あまりにも軽過ぎるためになんとなく耐久性とか大丈夫なの?みたいな。
 実際フォロワーさんから「すぐ破れた」って話も聞いたので、ちょっと気になるところ。

 一方のタイチのプロテクターは非の打ち所のない素晴らしいアイテム!
 「フレックス」の名のとおり左右上下が柔らかく折れるので体にフィットして動きやすい!
 今までのチェストプロテクターはかなり邪魔だったんですが、これはホントに素晴らしい…


 そしてOHを終えたブレーキですが、30分×3枠(と言っても休憩しながらなので実質的には60分も走ってないはず)を走っても全くタッチが変わりません! キターーーーー!!!!
 …って言うか今まではほとんど壊れてるに等しかったんじゃないか…

 帰り道の一般道では利きすぎてビビる(遊びが少なくなったのが主な原因)場面もありましたが、サーキットでフルブレーキングする分にはそんなに差を感じません。
 …が、どうも1コーナーで減速しすぎちゃう…?
 速い人ほどストレートで速度乗せられないこともあって、コントロールラインを目安にブレーキングしてたんですが、そこだと減速しすぎちゃうので、もう一息奥に行ってからかけはじめるようにしたら辻褄があってきました。
 最近はだいぶ強くブレーキを残したまま寝かしていけるようになってるので、そのライディングの変化によるものも大きいと思いますが、単純にブレーキの効きが大幅に良くなってる気が…
 やっぱり今までは壊れてたんじゃないか。(二回目)

 ちょっと気になったのはそのせいもあってか最終コーナーのブレーキングでリアが暴れること。シフトミスした感じで「ダダダダダッ」とロックするのでリアがホッピングしてる感…
 1コーナーのブレーキングを遅らせてからは1コーナーでもちょっと暴れるようになってきました。
 最終コーナーの方は腰を動かすタイミングがブレーキ開始ポイントとぴったり合っちゃってたために全く踏ん張れず、そのせいで荷重が前に寄り過ぎてたんじゃないかと予想。腰を動かすタイミングをコーナー進入直前にズラして、ブレーキング開始時はしっかり踏ん張るようにしたら改善されました。
 まぁ基本から言ったらブレーキングの前に腰をズラしておくべきなので、それは次回の課題。


 結局この日のベストは自己ベストにコンマ2秒及ばない28秒78。しかしどうしても29秒を切れなかった半年前ぐらいまでとは違い、28秒台は普通に出せるようになりました。
 この日の課題は長年の課題でもあるところの立ち上がり。しかしなんだか昨日は妙にスロットルを開けられる感じでノリノリで走れました。
 多分、ここのところの桶川練習で1速を使う走りに慣れてきたからじゃないかな~。

 立ち上がりでもリアのグリップ感を感じつつスロットルオン…
 何回か滑る感触がありましたけど、特にこれと言って危ない挙動になることもなく普通に走れました。

 うーむ…なんとなくだけど一年前ぐらいにうどんさんに言われた「スロットルを開け始めるタイミングを今までより早くしていきましょう」ってのがわかってきた気がするぞ…
 今まではスロットルを開け始めるタイミングが遅かったためにインベタで回ってる時間が長く、速度も落ちるし立ち上がりラインも外までめいっぱい使わずに、ヘタするとイン→ミドルみたいな立ち上がりラインに。
 その分スロットルは大きく開けていけるのですが、開けるスピードが早めでそれが余計な怖さを助長してた感が…
 昨日はスロットルを早めに、かつリアのグリップ感を感じつつゆっくり、しかしスムーズに開けていく感じで走れた気がします。

 まぁ記憶なんていい加減なので、実際はなんにも変わってなかったりするのかもですけどねw


 それにしても今回驚いたのは若いフォロワーさんたちの上達の早さ!
 フォロワーのチョコーラさんとか7月のBMC走行会で初めてサーキット走ったのに、わずか二ヶ月でもうトミン29秒4…これが若さか!
 ボクが29秒5を切るまでどれだけかかったことか…
 30秒には壁があるはずなんですけど、そんなものものともせずに越えていきましたなあ…
 次は28秒台!って意気込んでますけど、ホントに出ちゃいそうで怖いw


 とりあえず今回自己ベストは更新できなかったものの、まずまず満足な走りはできましたし、なによりブレーキが直った(<壊れてたことは認めましょう…)ことで気持ちが前向きになったので今後に期待します!
 若い子達に追いつかれる前に27秒台に入れないとな…w

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

デュオソニック買ったよ!(ギター)

 今までストラトひとすじで来てたボクですが、唐突に「手が小さいボクにはショートスケールの方が弾きやすいのでは?」と思い立ち、ムスタングを物色してる過程でムスタングのトレモロレスとも言えるデュオソニックの存在を知り欲しくなった…ってとこまでが前回のあらすじ。
 ヤフオクでウォッチリストに登録した三本のスクワイヤ製デュオソニックのうちの2本が、御茶ノ水楽器屋巡りをした日曜の晩にオークション終了でした。

 本命はソニックブルーのデュオソニック。もう一本の方はフルカスタムが施されてて良さそうだったんですが、それだけに値段が上がりそうだったし、なにより今回はライトブルー系のモデルが欲しかったので。
 16000円ちょっとまで入札して、残り時間10分を切るまでは最高額入札者だったんですがギリギリで高値更新…正直これ以上競り合う気もなかったので断念。結局16750円で他の方が落札しました。

 その一時間後ぐらいにもう一本のデュオソニックの終了時刻が。正直もうだいぶテンションが落ちてたんですが、見てみると意外と入札金額が上がってない…
 これだけカスタムされたモデルなら2万円ぐらいまでは出してもその価値は充分ある(と言うか即決金額の35000円分の価値がぶっちゃけあると思う)と思ったので、22000円ぐらいだったかな?まで入札。
 新品のデュオソニックは35000円ぐらいでネット通販で出てるし、そもそも現在は生産してないはず。同じスクワイヤのムスタングはこないだイケベ楽器で26000円だったし、それぐらいの金額までは出していいかなー…と。

 正直落札できないと思ってたんですが思いの外値段は上がらず2万円ジャストで落札! やった!!
 昨日仕事の合間に代金を送金したんですが、その日のうちに発送してくださって今日にはもう到着しました!!

Mixi1327

 スクワイヤのダンボールを開けてみると、プチプチに包まれたスクワイヤのギターケース(なんかペラペラで防御力ゼロって感じ…)に入ったデュオソニックと、交換されたセイモア・ダンカンのPUが入ってたケース&デフォルトのPUが入ってました。

 そう、このPU代だけでもうっかりすると3万ぐらいはするはず…
 おまけに内部サーキットが配線材、コンデンサ、ポット、ジャックに至るまで全ていいものに交換されてて、完全にこのクラスのギターのスペックを越えてます。って言うかボクのストラトよりも音いいんじゃ?
 ちなみにボクのストラトも買って早々にダンカンのPUに交換してます。

 まずはアンプを通さずに生音で…おおぉめちゃめちゃ弾きやすい!!!
 ショートネックで弾きやすいのは勿論ですが、ボディ幅が狭いので座って弾いたときにボディの位置が低めになって、立って弾いてるときとそんなに高さが変わらない!
 フェンダーの廉価版ブランドという位置づけのスクワイヤですが、生音でもかなり鳴ってるぞ? って言うかこれまたうっかりするとボクのストラトより鳴ってるぞ??

 ひとしきりストラトと引き比べてからいよいよアンプにイン…せっかくなのでここ数年使ってないフェンダーのブルースJrの電源を入れてみます!

 おおぉめちゃめちゃいい音!!! 

 特にフロントPUの柔らかさと澄んだ音色が素晴らしい…自分の出す音に聴き惚れてしまいます!
 もしかしてアンプがいいのかな…?と思ってストラト繋いでみたら、確かにアンプが良かったw さすが我が家のどのギターよりもお高いアンプ…
 しかしストラトの音とも甲乙付け難い素晴らしさのデュオソニック…って言うかこれまたデュオソニックの方が音がいい気がする…
 このストラトも過去に使ったギターの中ではベストの音に仕上がってるんですけどねえ。

 そんな感じでプレイアビリティ、音質共に納得の逸品! これは正直2万では安過ぎる…!
 敢えて不満があるとすれば、ストラト使いのボクとしてはトレモロアームがないこと。
 あとは21フレットまでしかないこと。高校の時に初めて買ったフェンダージャパンのストラト以来??

 まぁでもムスタングのトレモロが相当チューニングが狂う…ってことで、いっそない方がいいとデュオソニックを選んだのでこれはこれで。
 フレット数はやっぱり22フレットがないと不便は不便ですけど、まぁこの範囲内で弾けばいいだけだし…

 もう今後のギター人生はこれ一本でいいや…と思うぐらいに入れ込んでるので、しばらくはこの子を弾きこんでいきたいです!
 できればバンド活動もまたやりたいけど…どうかな。

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

ブレーキキャリパーOH完了!(バイク)

 昨年の10月だったか11月だったか…トミンモーターランドで開催されたBMC走行会を走ってるときに、ブレーキタッチがフカフカになってることに気が付きました。
 それ以来対策として、ブレーキホースの取り回し変更&ステンメッシュ化、ブレーキマスターOH、フルードの銘柄変更、マスター側バンジョーボルトをニップル付きに変更、ブレーキパッドの銘柄変更…と色々試してきましたがどれも劇的には改善せず。
 オマケにここ2ヶ月ほどはキャリパー清掃する際にピストンの動きが猛烈に渋くなってることにも気が付きました。
 6Rももう40000kmオーバー…買ったときからキャリパーOHしなきゃ…とは思ってましたが、ここに至ってようやく重い腰を上げました。

 作業は今年1月に足回りのOHをお願いしたOZAWA R&Dへ。最初は近所のカワサキ屋さんにお願いしようとしたんですが、生憎その日が定休日でして…それを逃すと預けるのが一週間後になってしまうので。

 待つこと二週間…先週末に作業完了の連絡を頂いたので、早速今日仕事が終わってから引き取りに行ってきました!
 OZAWA R&Dでは作業工程を写真に撮っておいてCD-Rに焼いてくれるのですが、それを見るとキャリパーの内壁(ピストンが入ってるところ)がサビサビ…
 他社はアルマイト処理とかしてるらしいですが、カワサキはノーガードらしいのでどうしても錆びるんだそうです。しかしカワサキ車にしてはそう悪くない状態だったそうでw

 しかしトラブルが起きるほどひどい状態ではなかったそうなので、むしろボクの技術面…「ブレーキを長くかけすぎて熱持ってるんじゃ?」とも言われたんですが、まぁその傾向はあるにしても6R乗り始めた頃は問題なかった気もするし…

 それじゃ…と6Rを受け取って走り出してみると、ブレーキタッチが全然違う!!!
 ここのところはレバーを一番遠くしてちょうど良かったので、握り方が変わったんかなー…とか考えてましたが、それだと全然指が届かない!
 結局真ん中の3クリック目にしてジャスト。いや、これが普通だよな…
 タッチそのものの全然変わってて、遊びも引き込み幅も小さくなってます。
 もしこれがブレーキOHの効果じゃないとしたら、ボクがブレーキ清掃のたびに組み付け間違ってたんじゃないかと疑うレベルの激変っぷりw

 まだハードブレーキングは試してないですが、それは明日!トミンモーターランドで試してみます!!
 いやー…フォロワーさんたちと明日トミン行こう!って話ししてすでに予約も入れてたので、正直明日に間に合わなかったらどうしようかと思ってました…w

 今年これまで桶川中心に走りこんできたのは、今のボクの練習課題に桶川の方が都合がいいのもありますが、トミンを走るとブレーキにトラブルが出て思いっきり走れない…ってのもあったんですよね。
 しかしこれで解決すればまたトミン走れる!
 逆にこれで解決しなかったらもう完全に打つ手なしなんですが…w

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

ギター物色中(ギター)

 ここ数年はバイク三昧でろくにギター弾いてなかったですけど、ひとまずバイクの方がサーキットでそこそこのタイムが出るようになってちょっと落ち着いた感。そこでもう一つの趣味のビリヤードをやってみましたけど、あいかわらず上手く撞けなくてイライラする…
 で、久しぶりにギター弾いてみて、ちょっとマジメに練習してみようかと。

 そうなるとふつふつと新しいギターが欲しくなってくるのがギター弾きの性w 今までのギターキャリアでほとんどストラトしか使ったことがない(唯一ロックーン(河合楽器)製のダブルカッタウェイのレスポールタイプを20代の頃に所有)ボクですが、ちょっとショートスケールorギブソンスケールのギターが欲しくなってきました。
 手も小さいのでショートスケールの方が弾きやすそうなんですけど、ロックーンのレスポールタイプを所有してた頃にどうもフレット幅が狭くてハイポジションでのコードワークにやり辛さを感じた覚えがあるのと、やっぱりストラトのテンション感が気に入ってたので今まではそんなに興味がなかったんですよね。

 しかしショートスケール使えば新しい世界が開けそうな気がしたので、ムスタング系のギターと、ギブソンスケールと言う事で昔から欲しがってるSG系のギターを物色開始。
 さらにボクはシングルPUフェチなので、SGはSGでもP-90搭載モデル希望。レスポールJrとかでもいいですな。
 体も小柄なのでボディサイズも小さい方が似合うんじゃね?みたいな考えもありますw

 そんなわけでここ10年近くご無沙汰だった御茶ノ水をぶらつきに行ってきたんですが…ちょうどいいギターがない!!
 メインギターはここ10年間の相棒であるフェンダーのストラト”雪之”があるので、サブギターとして2~3万ぐらいの安物でもいいや…と、フェンダー廉価版のスクワイヤ、ギブソン廉価版のエピフォンあたりをターゲットにしてたんですが、とにかくスクワイヤが置いてない。
 とあるお店の店員さんから聞いた話だと、スクワイヤはフェンダージャパンと価格差が小さいので売りにくいと…

 60~70年代国産ビザールギターでいいのがあればとも思ったんですが、父親が買って今も我が家にあるグヤトーンとかは売ってましたけど、特にこれと言って目を惹くものもなし…
 巷でよく見る初心者向けメーカーのフォトジェニックとかもあんまし置いてない…この辺は楽器街ならではなのか??
 フェンジャパのムスタング中古でも5万ぐらいするし、今回の目的としては予算オーバー…結局何も買わずに、最後にアキバのイケベ楽器(10年前に組んでたバンドの練習で通った場所)に行ってみると…

 スクワイヤがいっぱい並んでるではないですか! しかも軒並み40%OFFぐらいで激安!!
 ついでにこれまた御茶ノ水ではとんと見かけなかったバッカスブランドの最廉価版ムスタングコピーモデルが激安13000円で売ってます!!

 うーむ…本家フェンダー直系のスクワイヤ製ムスタングが26000円…この価格差をどう見るか…

 よくよく見るとバッカス製コピーの方は、ムスタングの特長とも言うべきダイナミックビブラートの代わりに至って普通の(しかも安っぽい)シンクロナイズドトレモロが付いてます。
 さらにスケールもムスタングのショートスケールとは違ってミディアム(ギブソン)スケールっぽい??
 これまたムスタングの特徴的なPUセレクタースイッチもジャガー系みたいなトグルスイッチになってます。

 最初はこっちの方がノーマルのギターっぽくて弾きやすいかも?と思ったんですが、逆に個性がなくてつまらなそう…
 現在ヤフオクでムスタングのトレモロなしモデルとも言えるデュオソニックをウォッチリストに入れてることもあって、とりあえずそっちを本命として落札失敗したらスクワイヤのムスタングを買いに来ようかと。
 現在はデュオソニックカタログ落ちしてるみたいですけど、店頭在庫探せばもしかすると見つかるかも知れないしな…

 ちなみにイケベ楽器にはスクワイヤ製のジャガーがアウトレット特価16000円で売られててかなりクラクラきたんですが、PUがハムバッカーに交換されてたので断念。そもそもジャガーはそんなに好きじゃないしな…

 そんなわけで近日中に我が家に新しいギターが増えるか否か?! 乞うご期待!!

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

レーシンググローブ新調したよ!(バイク)

 現在6RをブレーキキャリパーOHのためOZAWA R&Dに預けてるのでこの連休はヒマ。ここのところ仕事が忙しくて疲れてるので、今日は家でダラダラしつつツナギのメンテでもするか…とオイル塗り始めたところ…


 

Mixi1324

グローブ破れてるよ!!!


 まぁ縫い目がほどけただけなので修復はできそうですが、こないだいしくらさんから「グローブは転ぶと破れる可能性が高いから予備があった方が」と言われてたこともあるし、1~2年前ぐらいから新しいグローブを買いたいと思ってたこともあって、横浜ナップスへ買い物に行きました。
 なんで横浜ナップスかといえば、先月行ったときにダイネーゼの蛍光イエローのグローブに一目惚れしたので、まだ置いてあるかなー…と。


 ありました!!!

Mixi1325

 

買いました!!!!


 こないだ見た時はLサイズしかなかったんですけど、Mサイズが脇の作業台みたいなカウンターに置いてあるのを見ていたので、売ってるかな~…と期待してました。
 今まで10年近く使ってたRS TAICHIのグローブが凄く良かったので次もタイチにしたい…と思ってたため、タイチも試着してみましたが、確かにタイチの方がフィット感は好印象だったもののダイネーゼも悪くはない。
 せっかくならルックス的に気に入ったグローブを買った方が後悔しないと思ったので、予定通りコレを買ってきました。
 唯一気になるとすれば小指側の手首近くにFRP?のスライダーがついてることですかねぇ…
 以前一時使ってた(二ヶ月ぐらいでうっかりゴミ箱にポイしてしまった)FIVEのグローブにも付いてましたけど、なんかグリップ握ったときに違和感を感じるんですよねぇ。まぁ慣れですけど。
 逆に小指側面~付け根にいっぱいスライダーが付いてるのはなかなか防御く高そうでイイw

Mixi1326

 それにしても先週参戦したSS Killersの希望ゼッケンも29番だったし、グローブも蛍光イエローってことでどんだけイアンノーネ好きなんだって話ですが、別に好きじゃないですw ゼッケンナンバーは誕生日だし。
 イアンノーネはライディングスタイルって言うよりヘルメットのデザインとかが好きなんです。って言うか黄色好き。
 ホラ、バイクの装備類って、白、黒、赤、青、ライム…ぐらいしか見ないじゃないですか。特にグローブとかブーツとかになると黒、赤、青ぐらいしか見ないし…
 なので黄色って珍しいかな、と。
 惜しむらくは先週のSS Killersでお披露目にしたかったけど、そもそもあの時はヘルメットも忘れたしもうどうでも…(自暴自棄

 早速サーキット行きたいところですが、6Rが手元にないしなあ…
 なんか23日にフォロワーさんたちがこぞってトミンに行くみたいなので、この時にお披露目ですかね~。

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

桶川 SS KILLERS参戦してきたよ!(バイク)

 バイクショップRemotionのいしくらさんの愛車NSR250Rをお借りして、埼玉の桶川スポーツランドで開催される400cc以下限定レース「SS Killers」に参戦してきました!
 とにかくレースやりたい!それも出来れば毎回見に行ってるSS Killersに参戦したい!!と思ってたので念願叶いました!


 しかし雨…


 オマケにいしくらさんのお店に着いた瞬間にヘルメット忘れたことに気が付いて、急遽いしくらさんのお古を借りる有様。いや、装備一式を水曜の練習走行後いしくらさんのお店に預けてたので、何も持っていかなくていいって意識があったのと、当初はバイクでお店まで行くつもりでいたのが、急遽お友達のゆのさんの車両で行くことになったので、ヘルメットだけ持っていかないといけないって意識がなくて…

 桶川に着いてからも雨は強まったり弱まったりしつつ止む気配を見せません。練習走行は計測器のテストも兼ねてると言うことで最低限2ラップの走行が条件。
 そしてコースインして最初のコーナーでお友達のCBR250R、TJさんが目の前でコケる。

 うわぁ…全く寝かしてないのにコケるようなコースコンディションなのか…
 後で聞いたら全く皮剥きしてない新品タイヤだったので、そのせいみたい。しかしそうとは知らないボクはビビりまくり。
 NSRを貸してくれたいしくらさんは会社のメガリで参戦。しかし規定の2ラップで早々にピットインw
 ボクは水曜の練習走行後に桶川スペシャルセッティングに変更したNSRの様子を見るためにも時間目一杯走行…しかしあちこちに大きな水溜りもあるフルウェットコンディションでは全く寝かせられず…

 各クラスの練習走行が終了して、30分の走行会枠。転倒した車両を修復したTJさん、遅刻してきたNinja250のゎんさん、放送を聞き逃してフリー走行を走れなかったトリッカーのこて痛さんはここで精力的に走行。
 ゎんさん、この雨の中すごい寝かしてるけど、あれだけ寝かして大丈夫なのか…

 その走行会後に始まった予選ですが、一発目のノービスCで転倒する車両が続出。やはり雨で相当難しいコンディションになってます…
 そのうちの一台のエンジンカバーが割れてコースに流れ出たオイルを処理するのに実に二時間近くを要し、さらに完全には処理できなかったと言うことでオイルが流れた裏ストレート半ば~3コーナー入り口のアウト側半分がパイロンで仕切られて走行不能。この区間は追い越し禁止というルールでレースの続行が決まりました。

 もはや予選時間もないと言うことでフリー走行の順位でグリッドが確定。当然ながらフリー走行は様子見しかしてないライダーも多かったのでくじ引きみたいなグリッドに…

 しかし本戦が始まる直前で雨が止み、日も射して気温が上がってきました。それに伴って路面もぐんぐん乾き、ボクがエントリーしたノービスAが始まる頃にはところどころに水溜りが残る以外は完全ドライに。

 ボクのグリッドは6番グリッド…二列目アウト側です。
 今回のレース最大の懸念事項はスタート…実はボク、回転を上げてのスタートって生まれてこの方やったことがないのです。
 ウォームアップランに入るところで試してみると、思いの外スルスルとスタート。おっ、コレなら大丈夫かも…

 いよいよスタート! フライングに気をつけてクラッチを繋ぐと横の5番グリッドにいたいしくらさんが失速。後から聞いたら発進直後にギア抜けしたらしい…
 いしくらさんをパスしたことで1コーナーには5番手で進入。2コーナーへのブレーキング~進入をミスってオーバーランしかかって失速したものの、幸いにして裏ストレートは追い越し禁止。ポジションを守ったままオープニングラップを終えました。

Mixi1321


 …しかし上手く走れん!!!

 超ショートに振ったギア比で、練習走行では1~2速で走ってたところが2~3速で走れる…といしくらさんに言われたのでそのつもりで走ったのですが、3コーナーの進入ラインが制限されてるためにコーナリングスピードが乗らず、2速だと完全にパワーバンドから外れてしまい加速できない…

Mixi1322

 3ラップ目に後ろのNinja250をパスしてきたいしくらさんに4コーナーでインを差され6番手にダウン。同じラップの9コーナー立ち上がりでも加速できず、後ろのNinja250にパスされ、そのままホームストレートでCBRのTJさんにもパスされて最下位へ…

 やっぱり1速も使わないと加速できない…でも1速を使うとパワーバンドの8000回転からの加速が急過ぎてついていけない…

Mixi1320

 コーナー自体はほどほどに走れてるんですが、とにかく立ち上がりで加速できないのでタイムも伸びず…結局水曜の練習走行より2秒半近く遅いベストタイムでレース終了ー。
 他車はボクより1~2秒速いラップタイムだったので勝負になりませんでした…

 まぁもともとNSRでのベストタイムだとこのノービスAでは勝負にならないのはわかってたんですが、当日がドライなら午前中の練習走行、予選に加えて走行会枠も走ることでなんとか49秒台に入れられれば…と思ってたんですけど、雨で全ておじゃん。
 自分の力を目一杯出し切った結果の最下位なら納得できたんですが、全く攻められない…と思いながら走り続けての最下位だったので、ひたすら悔しさだけが残りました。

 まぁ一番悔しかったのはこの晴れ舞台を愛着ある自分のヘルメットで走れなかったことなんですけど!!!<自業自得

 いや、まぁ準備不足も含めて全て自業自得ではあるんですけどね…それでも天候を恨まずにはいられない…

 あ、スタート~いしくらさんとバトルした3周目までは楽しかったですw

 いやー…しかし悔しい! このままでは終われない!!
 …けど、やはり人のバイクを借りての参戦では色々とムリがあるので、自分のバイクで走らなきゃ…
 そうなると今手元にある不動のNチビを動くようにしてミニバイクレースに出たほうがコスト的にもオススメ…といしくらさんからアドバイスされたので、なんとかこのNチビを動かす方向でやってみます!


 最後に…転倒のリスクも多分にあるレース参戦に快くNSRを貸して下さったいしくらさん、本当に有難うございました!! すごくいい経験になりました!!

| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

NSRで桶川を攻める(バイク)

 今週末はボクの初スプリントレース! 桶川のSSKillersに参戦します!!
 ボクはSSKillersのレギュレーションに合致した車両を持ってないので、お友達のいしくらさんのNSR250Rをお借りすることになりました。
 本日はその練習走行のため桶川へ~。

 待ち合わせ場所はいしくらさんが働いてるバイクショップの「Remotion」。いしくらさんはお店で扱ってるメガリの販促を兼ねてここのところはメガリでSSKillersに参戦中です。
 ここでNSRをお借りして走り出…そうとしたところでエンスト。
 ボクは発進の時にほとんどスロットルを開けない上にうっかりするとスロットル開ける前に半クラ繋ぎ始めるクセがあるのですが、いかに2stにしては下のトルクがあるNSRとはいえちょっとムリがあったみたい。ちょっとスロットル開けながらスタートするように気をつけたら全く問題なく走れるようになりました。

 軽い! 足着きいい!! クラッチも軽い!!

 お店から30分以上渋滞の中を走り続けたんですが、6Rより全然楽。正直6Rだったら途中でダウンしてたと思います。
 「世の中にボクが両足着くバイクはない」と足の短さをアピールしてるボクですが、NSRは両足かなりべったり着く…うっかりすると110ccカブと変わらないぐらいw
 川越街道に入ってようやく少し開けられるようになりましたが、8000回転から一気に加速するパワー感はさすがに2st。

 気になったのはエンブレの弱さとも相まって6Rと比べるとだいぶ効きが弱いフロントブレーキと、うっかり踏んだらロックしそうなぐらいに猛烈に効くリアブレーキ。サーキット走るときはこの二点に気を付けないと…

 そうこうしてるうちに桶川入り~。走行開始まで15分しかなかったんですがソッコーで支度を済ませ、なんとか走行開始から10分経過時から走行開始。
 最初は軽過ぎる車体に戸惑ってましたが、ペースが上がってくれば普通に手ごたえのあるハンドリングに。
 借り物ということもあって序盤は恐る恐るでしたが、走行枠を重ねるに従ってバンク角も増して行き、最終的には進入速度も旋回速度も体感的には(ログはまだ未確認)6R以上に速く回ってる感じ…

 しかしタイム出ない!!

 6Rより速く回ってるように感じるのが錯覚なのか、はたまた6Rよりパワーがないのに立ち上がりで6Rと同じぐらいビビッてスロットル開けられないせいなのか、結局ベストタイムは6Rでの自己ベスト47秒9に二秒届かない50秒1。
 うーむ…正直6Rの一秒落ちか、うっかりすると互角のタイムが出せることに期待してノービスA(基準タイムは48~49秒)でエントリーしたんですが、微妙に届かない…
 まぁ基準タイムより速く走っちゃうとペナルティですが遅い分には何もないですし、いしくらさんもメガリで今日は51秒ぐらいしか出てないみたいだから、まぁいいかな…
 フォロワーさんからもツイッターでコメントもらいましたが、レース当日になったら他の車両に引っ張ってもらってタイム出るかも知れないですし、それに期待。


 実際にサーキット走ってみてからのNSRインプレですが、公道で乗ったときは「めちゃ硬!!!」と思った足回りもサーキットを走ってみるとそうでもないかな。…いや、硬いは硬いけど気にならないと言うか。
 あとフロントブレーキはやはり利かない感じで、無意識に少しリアを足して減速力を上げちゃう傾向が出てました。
 それに加えて↑のように旋回速度が6Rより上がってるように感じてることもあって、ブレーキングでつい突っ込みすぎちゃう場面がしばしば。
 でもやはりブレーキの効きが弱いこともあってか、勿論少しずつ緩めてはいるんでしょうけどこれまた体感的にはフルブレーキングしながらかなり深くまで寝かせていけるような感じ。
 仕事のカブはめちゃめちゃフロントの効きが弱いので、それこそ力一杯ブレーキ握ったまんま寝かせていけますけど、それに近い印象。

 ダンロップのα13も初体験でしたが、結構あちこちで滑る感じ…
 ただ、しつこいようですが旋回速度が高く感じるのもあって、滑る感覚が逆にテンションを上げる要因になって、めちゃめちゃ楽しく走れました。

 だがタイム出ない!!(二回目)

 まぁもうタイムが出ないのはしゃーないので、このレベルで精一杯初スプリントレースを楽しもうと思ってますw


 問題は天気予報が悪いことだな…完全にウェットなら人様のバイクで転ぶわけにも行かないので走りません。
 小雨ぐらいなら路面状況を見ながら極力走りたいところ。
 ここのところは雨予報にも関わらず結局降らなかった…ってことが続いてるので、今回も期待したいですねぇ。

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

筑波コース1000走ってきたよ!(バイク)

 筑波サーキットは四輪時代のボクにとってのホームコース。

 …と思ってますが、思い返してみるとせいぜい5回ぐらいしか走らなかったような気がするから、それほどホームでもないかもw
 まぁそれでも初めてライセンス取って通ったサーキットなので思い出の地ではあります。
 思えば初めて筑波本コース走ったときにそこそこいいタイムが出ちゃったことに満足して二輪に乗りかえちゃったんだよな…

 それに対して二輪はと言えば、四輪時代とは比べ物にならないぐらい走りこんでるのに上達はイマイチ。
 昨年春に6Rに乗り換えてからいまいちトミンのタイムが伸び悩んでた一年前、初めて桶川走りに行ったのは、何かブレイクスルーのきっかけが掴めるんじゃないかと期待したのと同時に、初めてのサーキットでどれだけのタイムが出せるのかを見たかったから…と言うのもありました。

 結果は新コース51秒台しか出せずに惨敗…

 その後半年間桶川を走りこんだものの50秒前後を出すのが精一杯。
 しかし三ヶ月ほど前にバイクの乗り方の根本的なイメージを変えたことでブレイクスルー。一気に桶川新コースでの自己ベストを1秒半更新して48秒台半ばにタイムアップすると同時に、あれだけ走りこんだトミンでもコンマ4秒の大幅タイムアップ!
 ずっと「四輪と比べると二輪は上手く乗れない…」と思ってきましたが、ここに至ってようやく四輪時代と同じぐらいの自信を持って走れるようになりました。

 さてそうなってくると他のサーキットでも応用が効くのか気になっちゃいます。まぁ自分としてはこれも結構自信はあったのですが、それを確認するために参加したのが今回の「サーキットファンフェスタ」と言う走行会。
 正直言えば最上位クラスのAクラスでエントリーしたかったのですが、やはり一抹の不安があったのでその一個下のB1クラスでエントリー。しかし目標はAクラス並のタイムです!

 この走行会の舞台となるのは筑波コース1000。ショートコースの方ですね。
 このコースを走るのはそれこそ四輪時代…それも免許取って間もなく、「少しでも早く上手くなりたいからレーシングスクールに参加してサーキット走ろう!」と思い立った頃に走ったっきりなので、もう10年以上前…?
 実はその後もこのコースはテクニカルで面白そうなイメージがあったのでずっと走りたかったのですが、ようやく念願叶いました!

 さて一本目。今まで走ってたトミン&桶川と比べると速度域が高くて怖い…ホームストレート、二速だとレブ当るとは思いませんでした。
 1コーナーと最終コーナーの処理が肝だと走る前から思ってましたが、やはりどちらも難しいし速度域が高くて怖いな…

 そんな中出したタイムは43秒台。Aクラスが41~42秒ぐらいで走ってたみたいなので、まずまずのタイムじゃないかとスタッフとして参加してたUさんからお褒めの言葉が。
 そのAクラスの先導ライダー(最初の数周は先導が入ります)として走ってたいくちんさんに「何秒ぐらい出てます?」と訊いたところ「39秒ぐらいじゃないっすかね」とのお返事。

 うおぉ全然タイムが違う!!!

 気を取り直してタイムアタック。二本目で41秒台に入れたものの、三本目はコンマ1秒更新ならず…
 ちょっと前の車両に詰まったまま走り過ぎてリズムが狂っちゃった感が。

 だいぶ帰っちゃった人も増えて走行台数が激減した最終四本目はほぼオールクリアで走りこむことが出来て、自己ベストをコンマ5秒更新する41秒3で連続周回できたことに満足したので、早々にピットインして終了~w
 結局いくちんさんのタイムには届きませんでしたが、コース1000初走行でこのタイムなら自分的には満足ですな~。

 しかしコース1000は楽しかった! 慣れてくると1コーナーでも最終コーナーでもガンガン開けていけるので楽しい!
 トミンや桶川で6Rだと1~2速で、シフトミスする危険性が高いですがこのコースだと2~3速。
 ストレートでシフトアップして1コーナー進入でシフトダウンすることになりますが、かなりテキトーにシフトアップした感じでもスコッとギアが入って楽だ~。
 うーむ…やっぱり600ccクラスだと最低限このサイズのコースを走るべきだよな…

 二輪でサーキット走り出した頃から目標にしてた「初めてのサーキットでもそこそこのタイムが出せるようにしよう!」はようやく達成された感があります。
 …とは言え身の回りにはボクより速い人がゴロゴロいると言う環境。回りのみんなに追いつけ追い越せ!な感じでモチベーションは高いので、四輪時代のように落ち着いちゃうことはなさそうです。
 まぁ最近はようやくそれなりのタイムが出せるようになって、ちょっと落ち着き気味ではありますが…w


 さて今週はボクにとってのサーキットウィーク…と言うか、週末は初スプリントレースの桶川SSKillers参戦なので文字通りのレースウィークです!
 まずは水曜日に桶川でいしくらさんNSRを初走行。この日でボクが参戦するノービスA基準タイムをクリアできるようなら、土曜のお休みはゆっくり休んで日曜のレースに備える所存。
 逆にどうやっても基準タイムに届きそうになければやっぱり諦めて土曜は休むかもw
 これまた今の気分的にはセパハンのロードバイクなら何に乗ってもそこそこの走りは出来る気はしてますが…果たして??

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »