« 五時間玉撞き(ビリヤード) | トップページ | 力みのないストローク(ビリヤード) »

2014年11月 5日 (水)

イーヴォルブドグローブ買った(ビリヤード)

 今日は富士ビリとバグースで悩んだ末バグースへ。いや、富士ビリで缶コーヒー飲むよりはバグースでお茶飲みたいなあ…と。
 でもそのためだけにお高いバグースへ行くのもどうなのか…と、すでに行く途中で後悔してたりw

 受付で案内されたテーブルは18番。…って、位置的にそこは華台では??
 渋台はイヤなので「そこ渋くないですか…?」と受付のお姉さんに訊いたら「そこは比較的入りやすいですよ~」とのこと。ホントですかね…?

Mixi1339

 

だ‥騙された!!!


 どっからどう見ても渋い…むしろ激渋台の部類に入る。
 わざわざ台換えてもらう気にもならなかったので、これはこれで入れの練習と撞き始めることに。

 ポケット狭い…センターショット構えると全く入る気がしない…

 しかしいざ撞いてみると意外と入る…? って言うかむしろ今日調子いい…??
 目の錯覚なのかストロークが狂うのか、時々大外しするんですが、それ以外は惜しい外れ方もせずに真っ直ぐ入る。手玉もビタ止まり。
 って言うかこの渋さだとそれぐらいの精度じゃないと入らない…
 ドローショットに至っては10球撞いてミスは2球? なんか全盛期と変わらないレベルのセンターショット。

 月曜の相撞き時に「懐が狭くなってキューが体の横に逃げる」って書きましたけど、むしろ右肩が外へ逃げると言えるのでは?と、今日は肩の位置が横にズレない構え方を模索したんですが、右肩を後ろに引いて、そのまま外へ逃げないように構えていく…って言うのがイメージ的にやりやすいかな。
 それを心がけたら↑の精度ですよ!
 手玉と的玉の距離を3P、4Pに離してもかなりの精度でストップさせられるし、むしろ全盛期よりもいいかも…

 ひとしきりストレートショットを練習したあとで、復帰後はどうもクッション際(タッチではなくて浮いた玉)の玉が入らないのでその配置を練習。

 ぜんぜん入らない…

 全体的に厚く狙ってしまう傾向があるので、しばらく黙々と練習。右フリよりは左フリの方が入れ易いですが、一度外し始めると延々と外す…
 なんか文字のゲシュタルト崩壊と同じ様な感じで、同じ配置を延々と練習してると厚みが見えなくなりませんか…?


 …と、ここで川本比呂志プロに声をかけて頂いたので、そう言えばさっき川本プロが使ってたグローブはなんだったんだろう…?と聞いてみると、世界チャンピオン赤狩山幸男プロも使ってるイーヴォルブドグローブ。>http://www.nc-bar.com/tieup/use.html
 ブランク中…昨年あたりから「レストの輪が緩いのでは?」と思い、対策にとグローブを使い始めましたが、これがなかなかいい感じ。そこでもう少しいいグローブはないものか…とここのところグローブを物色してたので、川本プロも絶賛のイーヴォルブドグローブを買ってみました。
 まぁ3000円するのでちとお高いんですがね…w

 もう帰り間際だったので、とりあえずナインボールを1ラック。

 うおぉレールブリッジ組むと全く手が動かん!!!

 手の平全面にゴムが貼ってあるので強烈なグリップ力。サイトにも「ブレイクするときのレストの安定感」って書いてありましたけど、まさにブレイク時に凄く良さそう!
 …って言うか猛烈に違和感があるレベルのグリップ力なので、慣れないと逆にやりづらいかも…

 他のショットの時もブリッジが微動だにしないので安定感と共に今までと違う違和感がw
 川本プロが「このグローブに慣れると他のグローブ使えない」って言ってましたが、他のグローブどころか素手で撞くことにも違和感を覚えそう…
 とにかくブリッジの安定感が強力なので、グローブ使いには一度使って欲しいグローブではありますね~。
 ボク的にも好印象ですが、もう少し使ってみて様子を見たいところ…

 フォームとストローク的には今の形で固められればかなりの安定感が見込めるので、引き続き練習していきます。
 …とは言え日が経つに連れてだんだん崩れていくのがビリヤードの難しいところなんですけどねえ。

|

« 五時間玉撞き(ビリヤード) | トップページ | 力みのないストローク(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五時間玉撞き(ビリヤード) | トップページ | 力みのないストローク(ビリヤード) »