« 今年のバイク趣味総括(バイク) | トップページ | 安定感不足(ビリヤード) »

2015年1月 6日 (火)

肘(ビリヤード)

 11月末に参戦したロサBC級トーナメント、負け負け終了は想定内だったとは言え、なんかとてもテンションが下がって一週間ほど玉撞きをお休み…
 その間にサーキットで転倒して左肩をしこたま痛めてしまい、痛みが治まるまで三週間。さらに仕事が年末年始の繁忙期に入ってしまって結局一ヶ月以上玉を撞かない日々が続いてしまいました。
 一昨日唐突に左肩の痛みがぶり返した(すぐに治まった)ので、まだ100%完治とはいかないかも知れないですが、基本的には問題なくなったので、久しぶりに玉撞きに行って来ました。

 うーん…センターショットが入らんな…

 フォロースルーのキューの軌道を見ると左にカーブしてます。色々とチェックしながら撞いてみると、どうも右肩が外(右側)に落ちる→キューが左にコジれる…って感じ。
 もともとキューを押し出すイメージで撞いてるボクですが、それを意識すると肘が落ちるんですよね。
 真っ直ぐ落とせればいいんでしょうけど、どうも改めて試してみると難しい…

 なので対策として、肘を固定して前腕だけをコンパクトに振る方向にしてみました。
 うん、さすがにブレは出るけど今までと比べると格段に真っ直ぐキューが出てる。
 ただ、下手にキューを出すことを意識するとまた肘が落ちちゃうので、どうしても手玉をひっぱたくようなストロークになっちゃいます。
 それでも一時間ちょっと撞いてるうちに使えるストロークの幅が広がってきたかな?

 しかし肘の固定を意識すると途端に撞き辛くなるあたり、今までホント肘まで動かして撞いてたってことですね。
 それでちゃんと撞ければ多分その方がいいんでしょうけど、今はちょっとレベル的にムリなので、まずは肘を固定したコンパクトなストロークで練習して、その後でまた考えます。

 もう一つ気になったのは狙い。今までは手玉と的玉の接触点をイメージして撞いてたのですが、手玉の中心が向かう、いわば「狙い点」はまた別の場所にありますよね。
 手玉の接触点(中心ではない)と的玉の接触点をぶつけるイメージで撞いてましたが、どうもその接触点を狙い点として撞いて(あるいは曖昧にその中間あたりを狙っちゃうとか)狙いが不安定になる気がしたので、今日の終盤は明確に狙い点(手玉の中心点が向かう点)を意識したら、あっさりとボーラードでストライクが出ました。
 ぶっちゃけボーラードで狙うのはセンターショットより簡単な玉ばかり。ボーラードが苦手なボクはそういうイージーショットをミスってるってことなので、もしコレでこの問題点が改善されればいいかなー…とか思ってます。

 ロサBC級戦で実感したのは玉の入らなさ。玉撞き復帰してからのこの1~2ヶ月で手玉のコントロールはだいぶ良くなってきたんですが、そもそも玉が入らない。
 練習の時とか調子のいい時とかは入りますけど、どんな時でもそれなりに玉が入る…「安定感」を手に入れるのが最大の課題なので、↑の二点を気をつけて、とにかくイージーショットをミスらない玉撞きを目指していきます。

|

« 今年のバイク趣味総括(バイク) | トップページ | 安定感不足(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のバイク趣味総括(バイク) | トップページ | 安定感不足(ビリヤード) »