« α13(バイク) | トップページ | まさに絶好調(ビリヤード) »

2015年2月 8日 (日)

グリップとレスト距離(ビリヤード)

 一昨日、今日と玉撞き練習してきたんですが、一昨日は大乱調でいつも練習してるイージーセンターショットの精度が極めて低い。
 諦めて始めたボーラードは、3つのフレームで0点と最悪の展開かと思いきや、いっぱい取れるフレームもあったりして終わってみれば直近では最高となる50点越え。
 しかしまた改めてストレートショットを撞くとあまり入らない…
 気がついたんですがレストが近すぎる。
 もともとみんなに再三指摘されるぐらいにレストが遠くて近くするのが課題でしたが、10月の復帰以降はかなり近めにレスト組めてます。
 …が、それをやりすぎた感があって、どうもキューの方向が見づらかった気が…
 ちょっと遠めにレスト組むようにしたらまぁまぁ入ってきました。
 さて今日。ストレートショットの一発目は外したんですが、なんか調子よくなってきたような?
 グリップの握り方をかなり緩くしてみたら、どういうわけだか調子がすこぶる良くなってきて、手玉-的玉間を1Pに近づけたイージーセンターショットの練習を始めてからのハイスコアとなる45球ノーミス記録を達成。まぁバグースの甘台にも助けられたかもですが…
 緩くとは言うものの、親指と人差し指で左右から締め付けて左右へのブレをなくす…と言うのはブランク前から気をつけてるとこでして、そこはしっかりと締めてるんですが、指先はテイクバック時に全ての指先がキューから離れてるんでは?と思うぐらいの緩さ。全体的にキューに「触ってる」ぐらいの握り方です。
 それでも人差し指はそれなりに握ってますけどね。あと引いた時以外は中指もかな。
 グリップについても色々と試行錯誤してきて、一時は全部の指がキューから離れないようにがっちり握った方が安定するのでは?と思ったし、最近も小指がポイントか?と思ったりもしたんですが、今日ぐらい緩くしたらシュート率が大幅に高まったことを考えるとあまり関係ないのかもw
 あと、多分それより重要なのが構えに入ってからの素振り(しごき?)の速度。これをとにかくゆっくり素振りするようにしたら方向性も定まって相当いい感じ。
 これも気をつけてるポイントではあったんですが、最近はだいぶ速くなってしまってた感…
 構える段階でも、何気なく構えちゃうと左肩のロックを忘れちゃうことがあるので、ゆっくりと状態を倒しながらまず左肩のロックを意識して、確認後にキューの方向を定めて、ゆっくり素振りを始める…って感じで。
 これでちゃんとした方向へテイクバックが出来てればあとは余計なことを考えずにキューを振るだけで九割方(よっぽど自信がないと無理やりコジる)玉は入ります。
 …ってな感じで調子が上がったところでボーラードを始めて見ると、初っ端から9点7点とかなり得点をまとめて来れてます。
 しかし後半に入って配置が悪かったりなんやかやして、結局スコア的にはたいしたことがない53点…
 とは言え自分の中ではワンランク上の安定感が出てきたように感じてるので、ちょっと↑の三点に気をつけて練習していきたいところ。
 あと左肩のロックは体の無駄な動きを止めるのに効果的なので、ブレイクも安定してきました。
 ブレイクで1番に当った手玉が跳ねるってことは、ブレイクが弱いボクにとってはめったにないんですけど、川崎バグースのへにょへにょのハウスキューでブレイクしたのに跳ねてほくほくw
 まぁ手玉が跳ねるのは決していいブレイクではないみたいですけどね…見た目に派手なのでボク的にはアリ!
 んな感じでそろそろ試合に出たいところですが、今月もサーキット行っちゃうからハイランドBCリーグは出れないんだよな…
 火曜晩のハイランドBCウィークリー参戦も検討していきたいところです。

|

« α13(バイク) | トップページ | まさに絶好調(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« α13(バイク) | トップページ | まさに絶好調(ビリヤード) »