« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の記事

2015年4月29日 (水)

ビビリー(バイク)

 今日はKSRたんで箱根ツーリング~…の予定でしたが、バイク仲間のかきさん(YZF-R6)、チョコーラさん(YZF-R1)、もりよしさん(YZF-R6)がトミンに行くと言うので、急遽ご一緒することにしました。
 …と言うのもかきさんとチョコーラさんのベストタイムはボクとほとんど一緒。これは一緒に走ることでお互いに何かヒントが掴めて27秒台が見えるのでは??と。

 それはそうと先日「膝を前に出すと膝を擦り易い」的な話を見かけたので、ここのところ仕事のカブで試してたんですが、膝スリはさておき曲げやすい!
 ここ二年ほどのボクはステップ入力でバイクを寝かしてましたけど、膝を前に出していく(=ボクがやってるステップ入力をしてることにもなる)イメージもアリかな。

 …と思いながら高速の出口のループで試してみたら、腰を斜め前方向へ回転させるおかげか腰のオフセット量が増えて、なおかつ膝も10cm近く前に出るから確かに膝擦りやすそう。
 ライダースクラブでは「腰は弧を描くようにズラす」とよく言ってますが(80年代に出たつじつかささんのライテク本では「弧を描いちゃダメ。平行移動させる」って書いてありますが)、ライダースクラブっ子だったボクはずっとそのイメージで腰をズラしてきました。
 ・・・ってつもりでいたけど、二年前にうどんさんのアドバイスを参考にフォームを換えた際に平行移動するフォームになってたのかも。

 ひとまずこのフォームを試してみよう~…と、一本目の走行を始めたのですが、さっぱり乗れん!!! 
 とにかくスピードに対する恐怖心が強くてペースを上げられない。
 一本目になんとか29秒5は出したんですが、二本目は30秒前後でモタモタしてる有様…

 着座位置が前過ぎるのかと思って後ろに座ってみたら、ハンドル遠い! こんなんじゃ乗れないよ!! 
 …しかしなんでこんなにハンドル遠いんだ??

 そう考えてみると、今日はやけに上体が起きてて目線が高い…

 !!

 ようやく気がついたので、三本目はフォームを矯正しながら走行。ここに至ってようやくペースが戻ってきて、三本目後半はチョコーラさんに引っ張ってもらったこともあって、29秒そこそこぐらいまではペースアップしてとりあえず本日の走行終了~。

 原因は「着座位置が前過ぎる」「上体が起きすぎてて目線が高い」の二点。
 着座位置を後ろに下げたらやたらとハンドルが遠かったのは上体が起きてたせいでした。
 乗れてる時のイメージでタンクに腹ばいになるぐらい上体を寝かしつつ、腰の位置はシートストッパー近辺をキープ…で、ようやく普通に走れるように。
 上体を伏せることでタンクへの接触面が増えて安心感が得られるってのもありますね。

 ↑の膝を前に出したフォームですが…コレ、今までもコーナリングの途中からこのフォームに変えてた感が。
 ボクの尻オンボードを見たT-る先生に「途中でフォーム変えてる」って言われて、「フォームを変えるって言うより、さらに寝かせようとしてるイメージ」って答えたこともありましたが、そうか腰を平行移動させたフォームから前へ回転移動させたフォームへ途中で変えてるんだ…

 …なのでとりあえずは今までどおりでやることに。最初からこのフォームで進入できるともっとスムーズに走れるかも知れませんが、それはまた追々の課題かな。

 あとはブレーキを引きずりすぎてて旋回速度が落ちてた感も。チョコーラさんを追っかけてた時はとにかく早めにブレーキ離して速度落とさないように走ってようやく辻褄が合って来ましたが、本来はブレーキを残したままこのコーナリングスピードが出せないとダメですよね。
 その為にはクリッピング付近までを減速区間と捉えて、もっと奥(=今までより高い速度)でブレーキングを始めないといけないんですが、やはり怖い…

 そう、ボクが速くならない最大の原因は「曲がりきれなくて膨らんだらコースアウトして転んじゃう…」と言う恐怖心が強くて進入で頑張れないこと。
 いや、他のみんながどれぐらい恐怖心を持って走ってるのか、それをコントロールしつつ走るのがテクニックなのかも知れませんし、その辺はよくわからんのですが…

 あと、今日は↑のようにフォームを調整することでペースアップしましたけど、端的に言えば「上体が起きてる」だけでこんなにタイムが出ないのはどうなのか。
 それこそアップライトな乗車姿勢のバイクじゃタイム出ないってことにならんか?
 もしかしたら着座位置とかの方が重要なのかも知れませんが、6Rでだけ速く走れてもボク的には意味がないんです。KSRでも、レン耐のエイプでも、Nチビでも、それこそ仕事のカブでも速く走れるようになりたい。
 その為にはバイク全般の普遍的な乗り方みたいなものをマスターしたいんですが、それが見えてこない…

 …それはそうと、今日はかきさん&チョコーラさん共にボクのベストタイムを上回る28秒4をマーク。
 チョコーラさんは昨年秋のBMC走行会が初サーキット。その時から初めてとは思えない走りが印象的(当時のツイッターで「あのホーネットの人速い」ってツイートしました)でしたが、その後も見る見る間にタイムアップしてあっという間にトミン28秒台に。
 ボクが二年かけてようやく辿り着いた28秒台なのに…

 うどんさんも「ジムカーナやらせたい」って言うほどに各方面から期待されてるチョコーラさんだけに、ボクのタイムなんかさっさと抜いてどんどん速くなって欲しい…と思ってましたが、いざ抜かれて見るとやっぱり悔しいので、また抜き返せるように頑張りますw
 とりあえずかきさん、チョコーラさんとボクで誰が最初に27秒台に入るか??みたいな話で盛り上がったので、それをモチベーションの糧として。

 ひとまず筑波ライセンス取るので筑波の走行経験が活かせればタイム上がるかも??

 んでこちらはチョコーラさん追走動画。チョコーラさんにぴったり張り付かれてたので諦めて譲って追走しはじめたのですが、ここでチョコーラさんの本日のベスト28秒4を出されてしまって万事休す…
https://www.youtube.com/watch?v=y6bXPT9gWgQ

| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

復活のトミン(バイク)

 ここのところ車検切らしてた6R先輩ですが、ようやく昨日車検取れたので今日早速トミン行ってきました!
 年末のトミン、フロントにスリップサインが出かかったスパコルでアウトラップに握りゴケ…
 年が明けての桶スポ、履いたばかりのα13でアウトラップに開けゴケ…
 どうもあの辺から調子を落としてて、ここのところトミンで一秒弱、桶スポで三秒前後と通常考えられないレベルのタイムダウンしたまま戻らずにいました。
 今日は苦手な桶スポではなく、ホームコースのトミンで最低限自己ベストコンマ5秒以内落ち…28秒台をターゲットとして走りました。

 最近撮り始めた車載動画を見たり、桶スポでボクの後ろを追走してくれた方々から「寝かしこみのタイミングが遅い」「ブレーキで余計に止めすぎてる感じ」と言われ、改めて速い人の走行動画と見比べるとたしかにボクの方が寝かし込み始めるのが一拍遅い…
 そこを改善することが先月末の桶川で開催されたタイムアタック大会「SSTT」当日からのテーマでしたが、この辺も今日のテーマ。
 あとは最近明らかに開けっぷりが悪くなってる感があったので、桶スポと比べるとシンプルに立ち上がるコーナーが多いトミンで改善を狙うこともテーマ。

 今までより一拍早く…ブレーキも強くかけたまま寝かし込み始めるのは結構大変…しかし1コーナーと最終コーナーは明らかに今までより寝かしこみを早く始めることができるようになりました。
 最終は特に、今までだと直立でブレーキングをかけてるタイミングから頑張って寝かしていく感じに。

 立ち上がりの方もだいぶ開けていけるようになった感じ…
 それより大事なのはブレーキング開始まできっちりと開け続けることを意識したこと。相変わらずストッパーに当たるほんのちょっと手前までしか開けられないのですが、それならそれでそのスロットル開度をブレーキング開始まで維持し続けることを意識しました。
 そうしてみるといかに今まで無意識にスロットルを戻し始めてたのかと…

 そんな感じで走ってたらなんとほぼ自己ベストとなる28秒6をマーク!
 GPSロガーだと28秒566…ロガーでの自己ベストタイムが28秒550なのでコンマ016秒と僅かな差!!
 これに満足してテンションが下がったのでその後はタイム出せませんでしたが、それでも29秒そこそこぐらいのタイムは安定して出せる感じ。

 ちなみに自己ベストのログと比べるとコーナーのボトムスピードが遅い。…けど、自己ベスト出した時は速度の底が平らになってるので、速度が落ちないようにパーシャル使ってる感じ。
 今日は最低速度が低い分きっちり向きが変わって開けられたのか、それとも↑のきっちり開けることを意識したおかげか、コーナー毎のトップスピードは軒並み自己ベストより速い! 特に帝王コーナー(奥のヘアピン)への到達速度は大幅に速い!

 …あ、この帝王コーナーですけど、その前の緩い左できっちり向きを変えて極力アウトから帝王に進入するようにした方が良さそうですね。今日の走り始めはこの向き変えが甘くて上手く走れなかった感じで。

 ちなみに走行ラインは今日のラインと極めて近い。…ってことはあの頃は今と同じタイミングでの寝かし込みができてたのか…
 そういやあの直前に桶スポで「強くブレーキングした状態からの寝かし込み」が出来るようになって大幅タイムアップした直後だったので、最近はそれが出来なくなってたのかも。

 いやはや、とにかく今日は楽しかった! ここのところも走ってる時は楽しいんですが、タイムが激遅なのを見ると「なんでや…」と落ち込んでしまう。
 今日はタイムも出たし、のびのびと走れたしで言うことなし! ここのところ落ちてたメンタルと自信が回復した感じですね!
 いや、やっぱりタイムが出るって大事ね…w

 あと、タイヤをスパコルからα13に変えたことでタイムが落ちてるのでは?って色んな人に言われましたし、自分でも「タイヤの差は感じないけど無意識に走りに影響してるのかもなあ…」とも思ったりしてましたが、自分の印象としてはタイヤよりも本人が上手く走れてないと思ってたので、それが今回のタイムで証明できたかな、と。
 いや、もしかするとα13に慣れてきたとか、以前より速く走れるようになってスパコルのタイムに並ぶようになったりとかもあるかも知れませんがw

 今日お逢いした10Rの方(割とよく見かける自走の方)に「α13で28秒台ならスパコルに戻したら27秒台入るのでは?」って言われたけど、さすがにそれは…どうなんだろうw

 しかし楽しかったのはいいけど、今までより下半身の力を使って向きを変えてるせいかとても疲れる…今、足腰にだいぶ疲労感が。

 ひとまず今日のところは以前と同じタイムが出たことで満足ですけど、やはり最低限27秒台は出せるようになりたいのであと一息!
 ロガーを見てると今回は立ち上がりで緩やかなカーブを描いてから急カーブに変わってるので、様子見ながら開けてってる区間がある感じ。
 その理由がボトムスピードが落ちすぎてるために速度を上げようとして開け始めちゃうのか、そもそもライン取りに問題があるのかは要研究ですが、ここを改善できればもうちょっとタイム上がりそう。
 あとは↑でも書いたように直線で微妙に開け切れてないので、そこを開け切れるようになればこれももうちょっとタイム上がるかも。

 …ところで最近思うんですが、やっぱり桶スポはSSに向いてないんかな…と。
 今日のトミンで以前と同じペースで走れることは証明できましたが、今桶スポ走っても以前と同じタイムが出るとは思えない。
 こないだT-る先生が「桶スポをビッグバイクで走るのはまた別のスキル」ってツイートしてましたけど、ホントそんな気がしてる…
 近々筑波のライセンスを取る予定(って言うかもう書類送るだけ)なので、これからは筑波とトミン(やっぱり筑波は走行料金が高いし、予約も必要なのでそんなにほいほいとは走れない)を6Rのメインステージとして、桶スポはレンタルNチビかKSRたんで走る方向で考えてみようかと。

 …んで、本日の車載動画がこちら~。今のツナギになって初の尻オンボード!>https://www.youtube.com/watch?v=BzhYpyaJw14&feature=youtu.be 

 しかしせっかく入れた「みつき」のネームが全く見えない…YONEZOの広告塔みたいになっちょるww
 でも普通のオンボードも撮っとくべきだったな…まぁそれは次の機会に!

| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

KSRたん宮ヶ瀬へ(バイク)

 先週はアウェイの奥多摩へ遠征してきましたが、今日はホームの宮ヶ瀬~道志へ手に入れたばかりのKSRたんで行ってきました!
 思えばKSR-Ⅱを借りてた時も奥多摩~道志走ったら楽しかった…

 今日はオギノパンでWR250乗りのばっちさん、400カタナ乗りの鈴木秀吉さん、CBR600RR乗りの三倍さんと合流。
 秀吉さんはここのところ(秀吉さんがツイッターやめてた間)ご無沙汰で、400カタナ買ってからはお逢いするのが初。そしてボクもニューマシンゲットしたと言う事で、お互いに見せっこしましたw
 ついでに原2好きの秀吉さんにKSRたん試乗もしてもらいましたw
 やっぱ遠心クラッチは初めてだと戸惑うみたいっすね…

 秀吉さんとはオギノパンでお別れして、ばっちさん&三倍さんと道の駅どうしへ向かいました。
 一番パワーがないボクが先頭で走ったのですが、後ろを走るばっちさんのWRも単気筒なだけに、ばっちさんの排気音が自分の排気音みたいに聴こえて楽しかったですw

 さて道の駅どうしについたところで解散。ボクは当初の目的地である山中湖を目指します…が、雲行きが怪しい。
 アメッシュ見ても山梨方面降ってるみたいですが、まぁ雨が強くなったら引き返せばいいか…と山中湖行き。
 前々から行きたかった三島由紀夫文学館を目指したのですが、途中から雨がぽつぽつ降り出しました。
 文学館の位置を勘違いして別荘地の小道を徘徊しちゃったんですが、ここで頼りになるのがKSRたんの機動性!
 いつも仕事のカブでくるんくるんと狭路でUターンかましてますが、カブよりさらにコンパクトなKSRたんの旋回性能たるや圧倒的!
 半クラ失敗によるエンストを心配しなくていい遠心クラッチってのも武器ですが、KSR-Ⅱもタイヤが転がったらすぐクラッチ繋いでもエンストしないぐらいに粘るエンジンだったから、そんな変わらないかな。
 そう、こうやって細い道や不整地にも気軽に入っていけるのがKSRの魅力なんですよねぇ…お借りしてたKSR-Ⅱでこの魅力にハマって以来、ずっと欲しかった!

Mixi1364

 三島由紀夫文学館は一部屋しかないコンパクトな博物館だったので、あっという間に見学終了。上映されてたビデオも見たかったんですけど、雨の様子が気になって…
 ホントはここから忍野八海に行くつもりでしたが、雨が強まる可能性も高いので引き返すことに。
 山中湖はそこそこ雨降ってたんですが、道志はフルドライ。帰りはソロなので好き勝手走りましたが、やっぱりKSRたん楽しいよ!!
 とにかく車体が軽いのとコンパクトなので、多少オーバースピードで入っても調整効くところが魅力。
 パワーがなくて加速しないのが難ですが、その分スピードが上がらないのであまり怖くなくコーナーに入っていける感じ。

 土山峠下ったところで隼に追いついたのですが、前の車に譲ってもらってから一気にペースを上げた隼を追走。そんな膝を擦るような走りでは勿論ないですけど、結構なハイペースで走る隼を追いまわせるKSRたんの旋回性能たるや!<二回目
 平地or下りのタイトセクションでは相当戦闘力高いので、これで坂を上れるだけのパワーがあればスーパー峠マシンの誕生なのでは…!
 やっぱりボアアップ&吸排気チューンかなあ…でもあんまお金かけたくないんだよな。
 なんかこれぐらいでちょうどいいかなって気もしますしね。

 …ところでKSRたんなら膝擦れるんでは??と、コミネのあと付けバンクセンサー「峠小僧RR」を買ったんですけど、こないだの奥多摩に引き続き路面と膝の間は限りなく遠いですねw
 ステップはそこそこ路面に近いので、ムリヤリ足の側面擦って遊んだりはしたんですがw
 なんかボクのフォームだと膝擦る前にステップ擦りそうだな…

 それにしてもホントKSR楽しい…本来はバイクの免許取って一番最初にこういうバイクで練習しないといけなかったんでしょうね。
 ボクの場合、免許取ったのが30代半ばと遅かったこともあって焦りがあり、最初から250ccのホーネット→一年弱1万km乗ったところで大型、TRX850に乗り換えてしまったので…
 まぁでも今からでも遅くないと信じて、ちょっとKSRたんで色々と練習してみましょう!!

 しかし6Rと比べるとホントおもちゃみたいに感じるので、かなりラフな操作しちゃってるから近々フロントロックで転びそうだな…w

| | コメント (0)

2015年4月14日 (火)

KSRが来た日(バイク)

 ちょうど二年前、お友達の引越し作業の間だけKSR-2を預かったことがありました。
 その一ヶ月間はボクのバイク人生でも一番と言っていいぐらい楽しくて、鎌倉の街中をちょこちょこと走り回って澁澤龍彦のお墓参りをしたり、宮ヶ瀬の細い林道に入り込んでうろちょろしたり…
 それ以来ずっとミニバイク…カワサキ乗り的にはKSRが欲しかったんですが、ついにゲットしました!
 先日ちょっとした臨時収入があったこともあって、近々KSR買うぞ!宣言をしたのを目にしてくれてたバイク仲間のしなのさんがKSR110(4stの方)を手放したいと言うツイートをそこはかとなくボクに対してしてくれてたので、即立候補! しなのさんを急かす形で(笑)書類送ってもらってナンバー取得、こちらから引き取りに行くつもりでしたが、折からの雨で結局しなのさんがトランポで運んできてくださることに…

 その日は雨で乗れず。翌日の晩に近所を一回りしましたが、それだけでもめちゃめちゃ楽しい! テンション上がる!!
 そしてその翌日、12日の日曜はバイク仲間のネックンと秩父にわらじかつ食いに行く予定をもう一ヶ月前ぐらいから立ててたんですが、6Rの車検切れによって不参加に…
 だったのですが、ここで奇跡的にKSRが手に入ったおかげで参加できることに!!
 早速奥多摩~秩父にツーリングに行ってきました。

Mixi1361

 おほぉ楽しいぃぃぃ! みんな遅い遅い言うけど、街中では普通に車の流れをリードできるし充分速いよ!
 仕事で110ccのカブにも乗ってるし、あれぐらいの速さがあれば充分だな~と思ってから期待通り!

 しかし峠エリアに入ったら遅い…w
 いや、単独で走ってる分には別に遅くないし、めちゃめちゃ楽しいんですよ。しかし他のバイクが来ると、別に相手が飛ばしてるわけでもないのに直線とも言えないようなコーナーとコーナーの繋ぎの区間でもどんどん離されてく…w

Mixi1362

 その後奥多摩周遊をちょろちょろ走ったんですが、上り坂で全く加速しないw 2速全開、ほぼ吹け切った状態をキープしてるのに上らないし、3速に上げるとこれまた全く加速しない。
 しかしコーナーは車体が小さくて軽い分、6Rと同じぐらいのペースでも気分的に楽に走れるし、こうなってくるといかにスロットル戻さずに曲がるかみたいな感じの走りになって、これはこれでめっちゃ楽しいw

 ひとしきり奥多摩周遊を楽しんだあと、みんなで秩父は小鹿野町のレストラン東大門へ移動。
 しかしインプレッサで合流してきたバイク仲間の抹茶さんが先導でペースを上げるとKSRじゃ全くついていけないww
 まぁこれはこれで楽しいからいいかw

 東大門は昨年秩父ツーリングに行ったときに一度入ったんですが、わらじかつに対してご飯の量が足りなかったので大盛を注文。
 11人のメンバー中3人がカツだけで1kgを越えるメガわらじを注文して死んだ魚のような目になってたのが印象的w

 この時点でもう五時ごろだったんですが、ここから高速を使えないKSRで帰るとなると四時間(グーグルマップ先生の予想時間)かかるらしいので、そそくさとお暇…
 途中の星乃珈琲店でお茶したりしながらのんびりと帰宅しました。

 しかし…原チャリでパワーがないとは言え、アップライトなポジションだからツーリングでは6Rより疲れないのでは?と思ったんですけど、なんか猛烈に首が疲れて昨日今日とめっちゃ首が痛い…
 6Rに乗り換えたときもめっちゃ首が疲れたので、なんか「そのバイク的に疲れないポジション」みたいなコツを掴むまでは疲れるのかも…

Mixi1363

 そして昨晩、KSRや6Rでレースやってるバイク仲間のおおにしさんが関西から横浜に引っ越してきたと言う事で、使わなくなったアップステップを譲って頂き、早速取りつけ!
 KSRはちっちゃいので、雨が降ってても玄関に入れて作業できるのがいいですなあ。
 ついでにプラグとエアクリも買ったので交換。しかしエアクリはただのスポンジだけに、洗って再利用すればよかったのかも…

 結論としては、峠に関しては6Rより楽しい! うっかりするとコーナーは6Rより速いペースで走れるかもしれません。
 直線が遅い分、区間トータルでは6Rのが速いだろうけどw
 高速が使えないので、移動距離としては今回の秩父や、富士あたりが限界かなー…とは思いますけど、それぐらいの範囲のツーリングには最適なバイクかも。

 ただ、色々とカスタムしたくなるバイクなのが難点かなw
 さしあたり、全く音がしないノーマルマフラーを社外に換えたいところ…でもそうするとキャブのセッティングしないとだわね。

 6Rの車検も通さないとだけど、せっかくのお休みだった昨日今日と雨…いつになったら6Rは走れるようになるんでしょうか…

| | コメント (2)

2015年4月 6日 (月)

昨日の袖ヶ浦に思う(バイク)

 あー、なんかやっぱボクは怖がりすぎるんだなー…起きてもいないことを怖がってるからペースが上がらない。
 「このスピードじゃ曲がれないんじゃ…」「スピードは大丈夫そうだけど何かミスして曲がれないんじゃ…」って考えてコーナー進入で減速しすぎちゃう。
 「タイヤ滑るんじゃ…」「ハイサイド怖い…」と思って立ち上がりで開けられない。
 バンク角だけは褒められるから、旋回中は特に怖くないんだけど、進入と立ち上がりがとにかく怖い。

 それでも走りこんでコース覚えれば(それも相当慣れるのに時間かかるけど)進入はまぁなんとかなるけど、立ち上がりの不安感はいつでもありますねぇ…
 6Rのパワーがどうこうじゃなくて、いしくらさんから借りたNSRでも、レン耐のエイプでも、仕事中のカブでもその不安を感じる。
 ちょっと前に秀吉さんに「起きてないことを心配するより、滑ったところで考えればいい」って言われたし、ホントそうなんだろうな…

 そういや一番タイムが出てた時の動画と最近の動画を見比べると、桶スポ8コーナー~9コーナー間の開け方が全然違う。あの頃は怖いなりに今より開けられてたんだな。

 初めてのサーキットとか、初めて行く峠道でも楽しく走りたいなあ…と思ってサーキット走ってきたけど、いくら雨とはいえ昨日の袖ヶ浦みたいなへっぽこな走りしかできないんじゃ、これ以上サーキット走り続けてもどうなのかな…

 とか今朝方だいぶメンタルダウンしたんですが、昨日の袖ヶ浦は雨にビビったと言うのもあるし、これも初サーキットだったいつぞやの筑波1000走行会は上位クラスにも入れそうなタイムは出してたな…と思い返してメンタル回復。

 …って言うか、タイム出ないと落ち込むし、やっぱり速くなりたいけど、それより何よりサーキット走ること自体が楽しいことに気がついたので、これからもサーキット行きます。
 やはり6Rには少なくとも袖ヶ浦、筑波規模のサーキットじゃないと走りづらいことを実感したので、近々筑波のファミリーライセンス取る予定。
 ホントは通常のライセンス取りたいけど、アンダーカウルに穴が開いてると走れないらしい…かと言ってレーシングカウルにしたら自走で行けないし、そもそも高い。
 カウルに加工して穴を塞ぐことも出来るかも知れないし、それはまた追々考えてみよう。

 とりあえず明らかに立ち上がりで開けられなくなってることが動画で確認できたので、そこを改善したいですね!

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

雨の袖ヶ浦を走ってきた(バイク)

 ここのところ自己ベストより三秒遅い状態が四ヶ月に渡って続いていると言う超絶スランプ状態…
 それとは直接関係ないですが、やはり6Rには桶スポやトミンは小さすぎるだけに、もっと大きなサーキットを走ることで見えてくるものもあるのでは?と、袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されるサーキット走行会に参加してきました。

 しかし雨… 

 え? 最近このフレーズばかり書いてる気がする?? 気のせい気のせいHAHAHA。
 そもそも最近週末雨ばかり降ってるじゃないですか。

 せめて時々ちょろっと降るだけなら…の願いも虚しく、それほど強くは降らないものの丸一日降ってましたね。
 新しいツナギ(すでに転んでるけど)が雨で濡れるのがイヤだったので、雨が降ってれば走らないつもりでしたが、一本目は霧雨状態だったので走行。
 結局なんだかんだで二本目、三本目も走ってしまいましたw

 しかし楽しかった! タイムはドベだけど楽しかった!! 

 いや、このタイムがドベってトコにボクがいつまで経っても遅い原因が隠されてる気がするゾ…?

 それはさておき、ホント楽しかったです! 雨で萎えたけど走って良かった!
 いや、雨はやっぱりイヤだったんですけど、とにかく6Rで初めて走る広いコースが今までと全くの異次元! なんか別の競技してるみたいw
 一本目はホントにおっかなびっくりで、直線でちゃんと全開にも出来ない状態での1分58秒がベスト。このサーキット、ドライならフォロワーさんが1分15秒出してるので激遅。
 なんかスロットルも重いし、ストッパー当たるまで手首回すのも大変だし、全開ってこんなに大変だったっけ…

 二本目はとにかく直線できっちり全開にすることを意識。そしてフロントロックしない程度に、でもしっかりと減速することも意識。
 コーナーは頑張らなくていいから、とにかくこの二点だけ意識して走ったら8秒詰まって1分50秒。
 でもワンラップのみで他のラップは53~54秒あたりなので、単独で走るとこれぐらいが限界かな…

 そしてきっちり全開にするように心がけたら色々と発見が。と言うか、全開にしようと思うと手首返さないといけない分、肩が前に入って前傾がキツくなる気が。
 その分ステアリングを押し付ける感じになるので、フロントの浮きも抑えられるかな。
 って言うか、このサイズのサーキットで3速→4速全開にする分にはパワーがちょうど合ってる感じで全く怖くない!!
 桶スポ1速全開で「うぅ怖いよう…」とか言ってるのとは雲泥の差!!
 やはり6Rで走るなら最低限これぐらいの規模のサーキットってことか…

 三本目はコースインしたものの、二周目の4コーナーでイン側の水溜りに入った瞬間に前後輪がスライドして萎えたので即ピットインして走行終了~。
 雨も三本の中では一番強くて濡れるのもイヤだったし…

 ホントはね…路面グリップが悪くて滑りやすいコンディションだからこそ、もっとタイヤを滑らせてタイヤが滑ることに慣れるべきだったんでしょうけど、それが出来ないチキンハート。
 いや、コーナリングスピード100km前後のコーナーが続く袖ヶ浦で万が一コケたら痛いじゃないですか…

 しかし今日トランポで送迎してくれたうどんさん車の中でも何度も言いましたけど、本当に楽しかったんです。
 旋回時間も長いし、攻めてない分頭が回るので色々とフォームを試せたし。細かいコーナーが続く桶スポじゃ考えてる時間がないですからね…トミンの1コーナーでギリギリか。
 これでコーナーちゃんと寝かせられてればもっと楽しかったと思うので、コレはライセンス取るしか…!

 ちなみに本日のベストラップ動画がこちら。途中で抜いてった人(多分今日何人かいた外人さん勢)を追っかけようとしたのと、ずっと追っかけてたR25の人をホームストレートで抜こうと頑張ったおかげでタイム詰まったのかな https://youtu.be/RIK7bKLTrnI

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »