« シュート率(ビリヤード) | トップページ | ブレイクキュー(ビリヤード) »

2015年12月19日 (土)

撞くたびに上達してる感(ビリヤード)

 ここのところ気をつけてるのが「テイクバックで引きすぎない」こと。
 しかし素振りの段階で引き幅を小さくすると真っ直ぐ引けてるのかわかりづらいので、素振りではいままでどおり「ゆっくり、大きく、真っ直ぐ」を心がけつつ、撞く直前のテイクバックだけ小さめにする。
 かつて一番ボウラードのアベレージが高かった頃にもこれを心がけてました。…けど、すっかり忘れてましたなw
 当然ながらキューを大きく引けば引くほどブレる可能性も高くなるわけで…今のところテイクバックを小さくしたデメリットは感じてないので、しばらくこの方向でやってみます。

 そのおかげでセンターショットの成功率もうなぎのぼり。ボウラードのスコアもまずまず…
 いや、今日は最初の3フレームでほとんど点が取れずに「すゎここ半年の最低記録更新かも…」と思ったんですが、4~6フレームでの連続スペア&10フレームでのストライクの甲斐あって86点と三月以来のハイスコア。
 まぁ10フレーム目でストライク出たときはあわよくば100点越えを期待したんですけど…

 しかし相変わらずマスワリは出ない…そろそろ一発ぐらい出ても良さそうなんですけどねぇ…まだまだシュート力&ポジション力共に足らない。

 それでもここのところは撞くたびに上達してる感じがあります。
 いや、ここ数日は毎日撞いてるんだからそりゃ上達するでしょ?って話なんですが、ボクの場合そうじゃなかったんですよ。

 ビリヤード始めた最初の一年間は365日毎日練習に通ってましたが、昨日できたことが今日はできない。
 昨日はこれを気をつけたら玉が入ったから同じようにやろう…と思って撞き始めるとさっぱり入らない。
 玉が入らないと話にならないので、フォームのあちこちをチェックして調整するとなんとか入るようになる。でもそこでタイムアップ。
 翌日同じようにやろうとするとまた入らない…

 それがここのところは↑のテイクバックを小さく引くのもそうだし、なにより「左腕の形」を一定に作れるようになったこともあって安定感アップ。その日の初っ端から普通に玉が入るようになりました。
 とりあえず最低限これぐらいは入って欲しい…ってレベルの玉撞きができれば、ポジションとかその先を考える余裕がでてきます。なんだかようやくそれができるようになってきた感があるのです。

 …とはいえビリヤードにはいままで散々裏切られてきましたからねぇ…今回も向こう半年ぐらい様子を見ないと安心できませんw
 もう来週後半からは仕事が繁忙期に入ってしまって二週間ぐらいは玉撞けなくなると思うので、それまでに今の調子を安定させておきたいですね。

|

« シュート率(ビリヤード) | トップページ | ブレイクキュー(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュート率(ビリヤード) | トップページ | ブレイクキュー(ビリヤード) »