« 一日に二度コケるという失態(バイク) | トップページ | ベスト8入り!(ビリヤード) »

2016年3月 4日 (金)

目線(ビリヤード)

 昨日玉撞き練習に行った際に「構えた時の目線」が気になりました。
 今まで手玉の撞点は見てましたけど、シャフト自体はぼんやりとしか見てなかったんですよね。その理由はシャフトをしっかりと見て向きを確認すると錯覚が起きる傾向があること。
 しかし昨日の終盤にシャフトがどっちに向かってるかを確認してから素振りを始めると心なしか玉を入れやすい気が??
 今日も玉撞きに行ってきたのでちょっとその辺を確認してみました。

 センターショット一発目からそれを意識して狙ってみると…おおぉビタ止まり!!!
 しかし二球目はどそっぽに外すw うん、これは錯覚が出た外し方。
 いつものようにストップショット10球、フォロー10球、ドロー10球撞いてみた感じだと、悪くはないけどそれほど良くもない…って感じか。
 あ、フォローは狙いやすいかも。

 次はいよいよ実戦…ということでボウラード。おっ、最近にしてはかなり玉が入るぞ!
 最終的なスコアは100点こそ越えなかったもののボクとしてはまずまずアベレージ越えの97点。

 やはり狙いやすい…と言うか、どっちに向かって撞いてるかの確信を持って撞けるのでヘンなコジりが出ない気がする。
 あとここのところ薄い玉が苦手でしたけど、薄い玉が入れやすい気もします。
 そしてやはり錯覚は出るので真っ直ぐの玉(ブレイクとか)がズレる時がある…あとは全厚ちょいフリぐらいの玉を真っ直ぐ撞いちゃうとか。

 基本的にキューを構えた時に狙ってる方向がズレてる時はスタンスからやり直さないと玉は入らない…が持論でしたけど、確かにそれはそれとしても、構えた後に狙ってる方向を微調整。後はその方向からズレないように気をつけて撞けばそれでも玉は入る…感じ。
 もしかするとハードショットの時とかはダメかも知れないですけど。

 今日なんかは相当イヤな玉で、でも絶対に入れないとマズい…って時に、とにかくキューの方向だけ合わせてちょんと撞いたら玉は入ったので、ホントににっちもさっちも行かなくなった時に入れイチするのにはいいかも。

 そういやCue'sのトッププロ研究所で西尾プロが「キューに目線を合わせるんじゃなくて目線にキューを合わせる」って言ってましたけど、以前のボクはキューに目線を合わせる傾向があった(「頭の位置がズレないように注意」ってメモを書いたこともあるし)と思うので、意識して目線に合わせる方向に変えた方が具合がいいかもしれません。

 トータルとしてみるとややプラスって感じかな。逆にマイナス要素はないので(どう狙っても錯覚が出るときは出るし)、ちょっとこの狙い方で練習してみます。

|

« 一日に二度コケるという失態(バイク) | トップページ | ベスト8入り!(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一日に二度コケるという失態(バイク) | トップページ | ベスト8入り!(ビリヤード) »