« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の記事

2016年5月29日 (日)

桶スポKSR修行(バイク)

 どうもここのところ、そこそこのタイムが出たからまぁいいか…みたいな感じになってて、前回桶スポ走り終わってから自己嫌悪。
 もっとちゃんと練習しないとダメだ…と、こないだのトミンミニフェスから一走行ごとにきちんと課題をこなせたかチェックして、その都度メモを取るようにしました。
 いや別にタイムは上がらなかったんですけどねw

 さて来月は関東ロード。こないだのUさんお別れ関東ロードでみんなと一緒に走るためにチャレンジャー→トライアウトにクラスアップしましたが、ここでチャレンジャーに戻るのもなんだしトライアウトでエントリー。でもぼく、まだトライアウトの基準タイムに到達してないんですよね…

 3パターンある桶川スポーツランドのコースレイアウトで、来月の関東ロードはミドルコースレイアウト。旧コースでの自己ベストが44秒43、ミドルコースの目安は旧コースのタイム+4秒なので、今日の当面の目標は48秒台。
 トライアウトの基準は48秒切りなので、なんとか47秒台に入れるのが今日の最終的な目標です。

 今日はクラス分けありなので一枠15分。一本目で48秒7、二本目で48秒3が出たので、当面の目標はクリア。

 三本目で47秒59キターーーーー!!!!! 

 今日の最終目標を早くも達成した上に、半年前の12月に走ったミドルコースの自己ベスト50秒08を二秒半更新です!

 ボクの常としていいタイムが出るとお腹いっぱいになっちゃうのですが、今日は全日で枠を取ってるのでまた残り枠は5本。
 トライアウト自体は46秒台の争いになるはず(多分トップクラスは45秒台で走るはず)なので、できる事なら46秒台に入れたい…けど、KSRで出るのかそのタイム…?

 午後に入っても47秒67、47秒61と47秒6あたりは出てるもののそれ以上伸びず…
 途中でフォロワーのスガヨシさんやたんぽぽちゃんからアドバイスを受けて頑張ってみますが、まぁそう簡単にできたら苦労しないわけでw

 もう相当ヘバってましたが、今日は意地でも8枠全て走って帰ろうと思ってたので、気力と体力を振り絞って最終枠スタート…

 47秒41キターーーーーー!!!!! 

 おおぉぉぉ、なんか46秒台が見えてきた気がする…!

 …さて、ここのところKSRで走りこんでるうちに、今までより上体がインに入ったフォームになってきました。腰をオフセットしたリーンウィズとでも言うか、車体の傾きと合わせて体も傾く感じ。
 そのイメージで6Rに乗ったら今までより速く走れるのでは??とこないだのBMCで試してみましたが、攻めてる感が出て楽しかったもののタイムアップはならず。
 しかし右回りのトミンAを走るうちに、左と比べるとイマイチ上体がインに入ってなかった右コーナーでも体が入るようになってきて、今日KSRで走ってみたらKSRでも右コーナーで体を入れられるようになってきました。

 さてちょっと前までのボクは、上体を前に倒してお尻を持ち上げてく感じでバイクを寝かしこんでました。いや、下半身でバイクを寝かしこんでくと自然に上体が前に倒れていくと言うか。
 でも体を前に倒すのには稼動域的な限界があるわけで、そのせいで左コーナーが寝かしきれないのかな?と言う気もしてました。

 しかしフォームを変えたことでこの問題はクリア! 特に体を前に倒すことなく、今までステップ擦れなかった左コーナーでもステップ擦るようになってきました。
 よしよし、なんか上手い方向に行ってる気がするぞ~。

Mixi1502

 年がら年中毎週末サーキットに通うのは金銭的な問題で無理としても、来月の関東ロードまでは毎週通ってスキルアップしようと思ってるので、頑張ります!
 目指せ桶スポミドル46秒台!!

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

アイバニーズとしばしの別れ(ギター)

 4日前にブックオフで手に入れた中古のアイバニーズ。買った時は気づかなかった…と言うか、発生してなかったような気がするんですが、センターとリアPUの音が出なくなってきました。
 セレクタースイッチを触ると出るんですけど、頻繁に出なくなる。
 買ったばかりのギターだし弾きまくりたいのでだましだまし…と思ってましたけど、やはりストレスになるので、今日川崎駅前、チッタの通りにある山野楽器にリペアに出してきました。

 ところで10年ちょっと前に買ったフェンダーのストラト、新品でもプロのリペアマンに調整してもらった方がいい…って話を本で見たので、千葉のGuitar Labってお店に調整に出したことがありました。
 今回のアイバニーズは中古と言う事で新品より状態は悪いし、できればきちんとプロにセッティングして欲しい…と思ってたんですが、今日山野楽器に言ったら「基本セッティングも出来ますけどどうしますか?」と訊かれたのでお願いすることに。渡りに船!
 駅前の島村楽器でもリペアはしてもらえたのですが、なんとなくフェンダー&ギブソンの正規代理店であり、高級ギターも扱ってる山野楽器の方が信頼できるかな…?と思って持ち込んだのですが、これはありがたいですね。

 …まぁ高級店だからと言ってリペアマンの腕がいいとは限らないですけど、そこはまぁお任せで。間違ってもボクが自分でやるより悪くはならないだろうしw
 あとフロイドローズのオクターブ調整めんどくさいみたいだしね…

 さてここ数日文字通り寝る間も惜しんでアイバニーズ弾いてきましたが、弾けば弾くほど素晴らしいギターだな…と感じます。
 前回の日記で「15Fより上を弾いた時の弾きやすさが異常」って書きましたけど、あのあと改めてストラト弾いてみたらまさに15Fより上を弾こうとするとジョイントが干渉するのね。
 さすがに24Fは弾きにくいですけど、一般的に使われる22Fまでは抜群のプレイアビリティ。薄くて平らな指板に加えてジャンボフレットの効果もあってか、全てのポジションで運指が非常に楽です。手の小さいボクには福音!
 それはわかるのですが、何故かピッキングもやりやすいんですよね…弦のテンション感がいいと言うか。
 フロイドローズって弦幅広いんだっけ…? ボク的には弦と弦の間隔が開いてる方がミスピッキングのリスクが減ると思ってるんですが、弦幅広いならその影響もあるかも。

 凄いスムーズにソロが弾けるので「アレ…なんかぼく上手くなった?」と思ったんですが、ストラトを弾いたら今まで通りなのでギターがいいみたいw
 でもそれだけ弾きやすいギターって凄くないですか…?

 アームもダウンに加えてアップも出来るし、チューニングの狂いも気にしなくてすむのでぎゅいんぎゅいん遊べます。
 PUもダンカンってのもいいんでしょうけど、単純にハムってだけで今のボク的にはいい感じなので、音も凄く好み。
 いやー…ついこないだまでシングル至上主義ハム否定派だったのにこの手のひら返しですよw

 それだけお気に入りのギターなのでリペアに出すのはホントに残念ですが、戻ってくるまでストラトで腕を磨いてましょう…

 それはそうと、AmplugI/OとJamVOXを入手して以来、CD(と言うかmp3)に合わせて弾くのにハマってます。
 思えば今までのギター人生で音源に合わせて弾くのってほとんどやったことがなかったですけど、Amplugとパソコンとギターだけでギターの音もいじれるし音源に合わせるのも、音源のピッチやテンポを変えるのも楽々で凄く楽しい!
 かれこれ30年ギター弾いてきましたけど、今が一番楽しいな。

 Amplugはオーディオインターフェイスとしても機能するので録音も簡単に出来るし、プレイを録音したり思いついたリフをメモ代わりに録音したりして作曲してみるのも楽しいかも知れませんねえ…
 夢が膨らむ!

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

ねんがんのアイバニーズをてにいれたぞ!!!(ギター)

 …ギタリストって1~2年に一度ぐらい新しいギター欲しくなるよね…?

 一年半ぐらい前にデュオソニックを手に入れてから基本的にメインはデュオソニックで来ました。
 トレモロレス、2PUのシンプルなモデルなので、クリーントーンでポロポロ弾くような感じが気持ち良くて遊んでましたが、半月ぐらい前からストラト引っ張り出して遊んでるうちに、だんだんもうちょっとハイテクなギターが欲しくなってきました。

 ハイテクなギターと言えばボク的にはアイバニーズ。

 もう20年近く前、とらのあなバイト時代にバイト仲間がアイバニーズのSシリーズを買ったことがありました。
 その前からSシリーズのボディの薄さにときめいてたので軽く弾かせてもらうといい感じ!
 …だったような気もするし、さすがにボディが薄すぎて気になったような気もするけど、もうはるかな昔なのでうろ覚えw
 実はその頃からずっとアイバニーズは欲しかったんですよね。

 …どうでもいいけど80年代の頃は「イバニーズ」って言ってたよね…?

 さて10年ぐらい前にグラスルーツのホライズンを買ったことがありましたけど、この手のギターでボクが求める条件は、フロイドローズ、24フレット、2ハム…の3点。
 根っからのストラト馬鹿としてはストラトはもう何度も買った(残ってるのは一本だけだけど)ので、ストラトとは違うキャラクターのギターが欲しいんですよ。
 そういう意味でも2ハムはマスト。基本的にはシングル大好きですけど、ハムの音が欲しくなるときもあんのよ。

 んで、できればストラトでは弾けない超高音域を弾きたいので24Fは欲しい。
 チューニングの狂いを気にせずぎゅいんぎゅいんアーム使いたい。

 …と思い始めたら新しいギター欲しくなってきたので、ちょろっとブックオフの楽器コーナー覗きに行きました。

 うーん…安物でもいいからこの一万円ぐらいの買うか…

 と思いながら眺めてると目に留まったのが25900円のアイバニーズ。
 ちょろっとお値段は張るけど2万円台なら充分に許容範囲。とりあえずボクの欲しい条件は満たしてるし…んん???

 す‥スルーネック?!!! 買った!!! 

 PUもセイモアダンカンに換装されてるし、このスペックでこのお値段は破格なのでは…
 実は即決せずに一度家に帰ってネットで情報を仕入れたんですけど、どうも10年ぐらい前のモデルで定価は80000円ぐらいだったみたい。
 中古相場って概ね定価の半額前後ぐらい…ってイメージがあるのですが、それと比べてもお安い。
 ちなみにイシバシ楽器のサイトで同じモデルの中古が出てましたが、こちらは29000円。このモデルの相場はこれぐらいなのかな。

 しかしスルーネックのギターなんで最低10万は出さないと買えないと思ってたけど、韓国製とは言えこの価格帯で買えるようになったのねえ。

 さてでは今回買ったギターのご紹介。

Mixi1494


 もともとは渋い黒の金属製ボリュームノブが付いてたんですが、黒一色ってのがボク的には好みじゃない(黒一色の精悍さを狙ってこのデザインなんでしょうけど)ので、カラフルなボリュームノブに交換しました。
 敢えての外し技、さらに外しての黄色とピンクの色違いにしてみましたけど、もしかしたら黄色に揃えるかもw
 トレモロアームが欠品だったのでこれもサウンドハウスに注文しました。

Mixi1495


 ボクのギター人生初のリバースヘッド。なんかリバースヘッドの方が弦のテンションが適切になるって聞いたことある。

Mixi1496


 フロント&リアPUがダンカンに換装されてますけど、モデル名は不明。ブリッジの適度なヤレっぷりが渋い。

Mixi1497


 今回の購入の決め手となったスルーネック。ぶっちゃけスルーネックじゃなかったら今回衝動買いしてなかったかも知れん。

Mixi1498


 さて弾いてみた感想ですが、めっちゃ弾きやすい! 特に15フレットより高音域での弾きやすさは異常!!
 24フレットまである余裕と、スルーネックの操作性の良さ、手を邪魔しない深いカッタウェイ…が織り成す絶妙なハーモニー…(意味不明
 いやはや…こうしてみるとストラトって弾きにくかったのねえ。せめてジョイントがヒールレスだったらな…

 音に関しては特に可も不可もなく。センターPUはあってもなくても良かったですけど、シングルPUのシャキシャキした音も出せるってのは魅力。歯切れのいいカッティングもこなせるし。

 PUセレクターの設定がよくわからんのですが…ハーフトーン位置ではコイルタップしたハムとセンターのシングルのハーフトーンが出てるのかな?
 なんか線が細くてイマイチ…センター単品よりも細い。もともとボク、ストラトのハーフトーンも好きじゃないしな。
 基本的にはフロント、センター、リアの3ポジションで使うことになりそう。

 やっぱりこの手のギターならメタルでしょ! と、クリーントーンはほとんど使わずに延々と二時間ぐらいメタル弾いてましたw
 昨晩の時点ではトレモロアームがなかったのでアームの使い勝手は未知数。さっき生音でぎゅいんぎゅいんやって遊んだけど。

 過去の経験から2ハムのギターを弾いてるとだんだんストラトが弾きたくなってくるし、逆もあるので両方所有するのが正解…とは思ってたんですが、10年ぐらい前に買ったパシフィカがリアハムだからまぁこれでいいか…と。
 でも最近は専らダウンチューニング専用機となってる(せっかくリアPUにダンカンのインベーダー積んでるわけだし)ので、もう一本ハムのモデルが欲しかったんですよ。
 そういう意味で今回買ったアイバニーズはパーフェクトなので、しばらくはこの子をメインで遊んでみます。
 時々気分転換にデュオソニックも弾こう。あのホント「素の素材で勝負」みたいなシンプルさは魅力です。音もいいし。

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

今年一回目のBMC走行会(バイク)

 ほいほい、毎度参加しておりますBMC走行会、今年一回目が開催されたので参加してきましたよー。
 しかしながらここ数回は大盛況! 今回もエントリー開始から半日ほどで枠が埋まってしまった気が…
 ボクが通うようになったのがちょうど人数減で存続が危ぶまれてる時期だったので(それ以前は今と同じような状況だったみたい)、ホント感慨深いですね。前回のレポでも書いた気がするけどw

 さてこの走行会はお友達と一緒に走りつつ、いっぱいいるカメラマンwに写真撮ってもらうのが目的なので、タイムは気にせず楽しく走る…
 というスタンスでしたが、せっかくのサーキット走行のチャンスですし、今回は6Rでの自己ベストタイム28秒49を更新してあわよくば27秒台に入れよう!と、やる気を出しての参加。
 ホント最近回りの人たちが26秒27秒当たり前の世界になってきてるので、せめて27秒台は出さないとカッコがつかなくなりつつありますw

 実は今回、当初はKSRで参戦するつもりでエントリーもKSRで行ったのですが、エントリーリストを見てると奥多摩をテリトリーとしていて、半年前ぐらい?に福岡に転勤になってしまったロンドンさんの名が! いやエントリーネームは違ってたけどww
 ロンドンさんとはいつぞや筑波1000の走行会でご一緒しましたけど、あまり絡めなかったんですよね…
 今回こそは追走動画を撮ろう!と、追っかけられてカメラが積める6Rに急遽変更しました。

 ちなみに今回はやはり奥多摩組のふじむーさんとレン耐のチームメイト平沢ようさんも参戦! うおぉめっちゃ盛り上がる!!

 ここのところの参加人数激増の原動力となってるのがニコツー勢。最近はそちらの方とも遊ばせて頂いてるので、もともと知り合いの多いBMCですがどこを見ても知り合いだらけという状態にw
 漫画家仲間ではおりもとみまなさんと左折さんも参戦! ほんと凄い知り合いの数ww

 …さて6Rと言えば一週間前のSSKillers走行会枠で一年ぶりに桶スポを走って玉砕したことも記憶に新しいです。
 しかし4月にこれまた久しぶりにトミンを走って二年前の自己ベストを更新してるだけに、6Rで上手く走れないと言うより桶スポを上手く走れなかった感が強い。
 しかし「もしかしてトミンも上手く走れないかも…?」と思って、色々と気をつける点をメモってきたのですが、全く意識することなく普通に走れて拍子抜けw

 敢えて言うなら最初は2速ホールドでギクシャクしないように走りつつ、普通に腰をズラして(桶スポでは腰をあまりズラさないようにしようと心がけてた)さっさと膝を擦ってからペースを上げていく…ってことは意識しました。

 しかし今回は台数が多くクリアラップがほぼ取れない状態。オマケにスロットルを開けるのが怖い症候群のボクとしては立ち上がり~ストレートが遅いので、Ninja250で走るレン耐チームメイトのibaさんをパスするのにも手こずる有様w
 今回26~27秒台でラップしてたと思われる、ふじむーさん、やまぽさん、いくちんさん、HIROさんあたりと比べると目に見えて立ち上がりが遅い。
 ライン取りも多少変えてみて、やや開けやすいライン…みたいなのは掴めたりはしたのですが、「いつ滑るか怖い」「滑ったらそのまま転びそうで怖い」って気持ちがあるのが最大の問題かと…
 フルバンクでいきなり全開にしても絶対に滑らないとわかってるKSRならパカパカ開けられるんですけどねえ…
 ストレートでどんなに開けようとしても手首がそれ以上回らなくて開けられなかったから、「握り方の問題かな?」とも思ったのですが、2速で全開にする1コーナー立ち上がりでは出来てるので、やはり心理的なブレーキなのか…

 まぁそんな中でも自己ベストコンマ72秒落ちの29秒21は出たので、タイム的にはそこそこ…
 しかしそれよりなにより、6Rでサーキット走るのがめちゃめちゃ楽しかった!!

 ここのところKSRで一生懸命頑張ってるうちに、だんだん頭がインに入ったフォーム…と言うか、体ごとバイクと同じ角度に傾いたフォームになってきました。
 以前6Rで走ってた頃は、腰を落として体は地面から垂直に立てるようなイメージ…ノリックとかシュワンツ的…とでも言うのかな? そんなフォームで走ってました(って言うかこれがハングオフのフォームの基本だと思ってた)が、KSRでのフォームの変化に伴って6Rのフォームも変わってきました。
 今回はさらに意識して体ごと傾けてみたのですが、これが楽しい! 速いとか遅いとかじゃなくて単純に楽しい!! なんかすげえ曲がってるって感じする!!

 …いや、タイムを削るのがサーキットと考えればこれもどうかとは思うのですが、単純に楽しいって言うのはバイク趣味の原点な気がする。
 なんかこの方向性で練習しつつ、最大の課題である立ち上がりを(ライン研究やスロットル全開怖い症候群からの脱出)なんとかできれば27秒台には入るな…と言う手ごたえは掴めました。

 まぁリアタイヤは何度か滑ったことがありますが、それで転倒したことはまだ一度もないので、そういう意味では多少滑る分には大丈夫だからちょっとずつちょっとずつ開けてみよう…ってやれば出来そうな気がするんですけどねぇ…なぜか出来ないんだなあ。

 …さて今回のBMCでは左折さんからの提案で左折さんのNチビをお借りしての乗り回しタイムアタック大会が開催されました。参加者はボクとおおにしさん、まるよさん。
 まぁタイムアタックって言うか、試し乗りと言うかw
 ボクが乗らせてもらった枠は苦手な逆回りだったのでタイム的には全く期待してなかったですが、6Rで走るよりはKSRのが走りやすかったし、下手に6Rで走るよりNチビで良かったかも??

 Nチビは三年前ぐらい?に、いおりんさんのNチビを使ってみんなで弐輪道CUPに参戦したことがありましたが、それ以来。
 当時はミニバイク自体乗ったことがなかったので、フラフラと安定しないしステップは短いしペダルは操作しにくいし…と、凄く苦労した覚えがありましたが、KSRで走りこんだのと、当時は大型もTRXに乗ってましたがより前傾のきつい6Rに慣れたこともあってか、驚くほどスムーズに走れました。

 しかしながらフロントブレーキが絶望的なほどに効かないKSRとはうって変わってめちゃめちゃ効く!! ってかフルブレーキングするとめっちゃノーズダイブして怖い!!
 感覚的には6Rのフルブレーキング時と同じぐらいのGがかかる…

 なので自分のイメージよりも止まりすぎてしまってコーナー進入時に完全リリースしてパタパタ曲げるような感じに。
 なんかKSRは足回りも弱いので、ブレーキ引きずったままコーナー進入すると安定しない…という話を後々ありとーさんが話してましたが、逆に言えばNチビではそれができるってことか。
 KSRの進入が普通になってるのと、前述のようにブレーキが利きすぎて上手いことコントロールできなかったですけど、それさえ慣れればもっとペース上げられそうな気がする。

 バンク角もKSRより全然寝かせられるのに同じぐらいでしか寝かせられないし、全くNチビのポテンシャルを活かせてない走りでしたw しかし楽しかった!
 やっぱりミニは簡単に曲がるから走りやすい!

 さて追走動画の方もNチビで走った一枠以外は全て撮影。お友達が映ってるシーンだけ抜粋してyoutubeにアップしましたよ~。

 ちなみに今回のBMCは特にアヒルクラスで転倒が多かったのと、ウチらのダチョウ2で転倒した車両が崖から落ちる(通常は走れない逆回りでの1コーナーなので、バイクが滑る方向にフェンスがなかったのに加え、ライダーが落車した後バイクが倒れずにそのまま土手を乗り越えて走ってっちゃったのが原因)と言う前代未聞のアクシデントはありましたが、大きな怪我はなく無事終了~。
 恒例のくじ引き大会ではうまい棒をゲットしました。うまい棒うめえ。

 そんなわけで、タイム的にはイマイチだったものの6Rでの走り自体はめちゃめちゃ楽しめた今回のBMC走行会。
 今年は6Rで、桶スポやトミンより6R向きの筑波も走っていきたい…とは思ってますが、6Rにフィットしたサーキットでスロットル全開怖い症候群が改善されるのか、はたまた悪化するのか請うご期待ですねw

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

一年ぶりの桶スポとSSKILLERS(バイク)

 本日は桶川スポーツランドで400cc以下大型バイク限定スプリントレース「SSKILLERS」が開催されました。
 大好きなレースなので毎戦観戦に行ってましたが、昨年~今年にかけては他のイベントと重なってしまって観戦に行けずじまい。今回は久々に都合がついたので観戦しに行ってきました。

 さてSSKILLERSと言えばお昼前とレース後に開催される走行会枠。昨年から今年にかけてKSRでは桶スポを走りこんでるし、関東ロードにも参戦してるものの、6Rでは丸一年以上走ってません。
 KSRで走るようになってから6Rで桶スポを走ることの難しさを実感したので、基本的にはもう6Rで桶スポを走る気はなかったのですが、先ごろ久しぶりにトミンAを6Rで走ったら自己ベストを更新したし、KSRでの練習の成果が6Rにも活かされてる実感があるので、コレは桶スポも自己ベスト更新できるのでは??と、ちょっと観戦のついでに走行会枠を走ってみることにしました。

 いつぞや中級枠を走ったらSSKILLERSトップランナーたちに囲まれて死ぬ思いをしたことがあったので、今回は初級枠でw
 まぁ初級枠の基準である50秒は切れると思うけど、前に詰まったらエスケープゾーンに逃げてタイミング計ればいいしな。

 50秒切れねえ… 

 15分弱の走行会枠でなんとか52秒台を出すのがやっと。初めて桶スポ走った時より遅くないすか。
 まずバイクが重すぎて動かない。寝かせられない。寝かせられないから曲がらない。曲がらないから進入の速度を上げられない。曲がってないから立ち上がりも開けられない。そもそもスロットル開けるとリアが滑りそうでこわい。イン側の腕も突っ張っちゃって余計にバイク寝ない。スロットルもレスポンス良すぎてギクシャクする。

 なんかKSRではほぼ走らないトミンAと違い、ヘタにKSRで走りこんでるコースだけに、KSRでのイメージとのギャップがでかい…ミニバイクはスピードこそ出ないものの旋回速度は速いし、小さなラインで曲がれるので、6Rだと旋回速度がえらく遅く感じる(今回は寝かせられなかったので余計に)し、ラインも大きめに取らないと曲がりきれない…

 SSで桶スポ走るのってめちゃめちゃ難しいな…なんで以前は出来てて、47秒台とかも出せたんだ??
 ホント久々の自己ベスト更新…まではいかなくても48秒台ぐらいは出るつもりで行っただけにショックでかい。

 …気を取り直してSSKILLERSを観戦。

 今回は知り合いが少なく、モタードSPEのふるばんくさん、ノービスAのtjさん、モタードEのゆ~すけさん、マルチ4のコヤパチさん…ぐらい?
 コヤパチさんは有名人だから知ってるだけで、まだリアルでご挨拶したことないしw

 ちょっと前なら変態トリッカーのこてつさんとかサーキットはよ勢とかが参戦してたから応援する人がいっぱいいたんだけど…

 そのせいもあってか、イマイチSSKILLERSに熱くなれなかった…前はあんなに興奮したレースだったのに…
 今はミニバイクメインで走りこんでるから…ってのもあるかもですね。

 そんな中、ノービスAで初ポールを撮ったtjさんは応援してたんですが、1コーナーで抜かれて2位に落ちた直後の3コーナーで転倒…
 後から訊いたら、やはり必死におっかけようと思ったのとシフトミスが重なっての転倒だったみたい…残念。
 しかしマシンを起こして周回遅れながらレース復帰。無事にチェッカーを受けました。

 ちなみに知り合い勢だとふるばんくさんも転倒…ゆ~すけさんは無事に走りきって四位でチェッカー、コヤパチさんはさすがの速さでぶっちぎりの優勝。

 …さて午前中の走行会枠で心が折れて「もう6Rで桶スポは走らん…」と思ったボクですが、もうちょっと走ればペース上げられそうな気がしたし、せっかくツナギ持ってきたのに15分で終了は寂しいので、レース終了後の走行会枠も走ることにしました。

 こないだ京葉をKSRで走ったときに「腰のオフセット量が小さい方がバイクを寝かしやすい」と気が付いたので今回6Rでも試してみたのですが、慣れないことをするもんじゃないと今まで通りの腰の移動量で行く事に。
 併せて1速だとギクシャクしてマトモに走れなかったので、今日は2速ホールドで走ることにしました。

 それが効を奏したのか、だいぶ走れるようになってきました。しかしタイムは51秒台とほとんど変わらぬ…
 腰の移動量を増やしたおかげか膝は擦れるようになったんですが、バンク角そのものは変わってない感じ。GPSログを確認しましたが、まさにその通りでした。
 ただイン側の腕を突っ張っちゃうのもなくなったし、フォーム的にはやっぱり今までどおりの慣れたフォームで行った方が…速いかどうかは別としても楽に走れるのかも。

 タイム的には午前枠とほぼ変わらなかったものの、まずまず走れるようにはなったので良かった。でも多分もう6Rで桶スポは走らないw
 トミンAで自己ベスト更新したのを見ても、一年前の大スランプはもう脱したと思ってるので、これは単純に桶スポのコースが合わない。正直、大型バイクでこのコースを走るのは凄く難易度が高いと思う…ホント、KSRで走るまではそんなに気にならなかったんですけどね。

 そんなわけで、練習と言う意味では全く得るものがなかった今回の走行会枠ですが、tjさんと一緒に来てたMATEさんが走行写真撮ってくれたおかげで、一年前のフォームとの比較ができました。

Mixi1485

 ここのところのKSRでの走り込みで、特にリーンアウト気味に乗ってた右コーナーのフォームが大きく変わったのですが、もともと右コーナーほど極端なフォームじゃなかった左コーナーのフォームも以前よりいい感じなってるのが確認できたのが今回唯一の収穫かなw
 まぁ見てお分かりの通りバンク角はへなちょこなんだけどもw

 さて今週末はBMC走行会! こちらも6Rで参戦予定なので、さらなる自己ベストの更新と夢の27秒台入りを目指しますよ!!
 …しかし今日のイメージがあまりにも悪かったせいで6Rでマトモに走れる気がしなくなってきた…w

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

トミンミニフェス第二戦(バイク)

 昨年から参加してる模擬レース付き走行会「トミンミニバイクフェスティバル」。早くも今年の第二戦が開催されたので参加してきました。
 こないだの日曜に京葉スピードランドを走りに行きましたが、終わったあとで「あまり課題をこなせなかったな…」と反省。
 毎回課題をメモって行ってるのにどうもただ走ることに集中しちゃってうまいことこなせないなあ…とツイッターでツイートしたところ、お世話になってるJSBライダーのしんいちろーさんから「ノートを取るべき」とアドバイスを受けたので、今回のミニフェスは走行が終わるごとに内容を反省してノートをつけることを心がけました。

 まずは一本目。日曜の京葉でようやく「バイクの寝かし方」が見えてきた感じ。
 寝かし方っていくつかポイントがあると思いますが、走行中にそんないくつもチェックできない。
 何か一つ意識するだけでそこそこうまくいくポイントはないものか…と思ってましたが、なんとなくコレかな?みたいなのがこないだの京葉で掴めたのです。
 併せて「こうすればより効果的に寝かせられるのでは?」と思ったことがあったので試してみましたが、こっちはイマイチ。
 そのせいかわかりませんがタイムが伸びず…20ラップ15分弱走ったところでピットイン、この時点でのベストタイムは自己ベストのコンマ9秒落ちの30秒82。
 ひとまずここで一度反省会。

 問題点を書き出してから再チャレンジ。ようやくほどほどにタイムが上がってきて、自己ベストコンマ45秒落ちの30秒37にタイムアップ。
 ここで3MAさんに「イマイチタイムが出ないよう~」と泣きついたところ、傍から見た感じでは乗れてるように見えたとのこと。
 うーむ、先日KSRの師匠であるおおにしさんがノーマルKSRのエンジンに載せ換えたスーパーKSRで29秒2を出したと聞いたので、今回のターゲットタイムは29秒2…はさすがにムリとしても、29秒5あたりを狙ってました。ターゲットタイムが高すぎるせいでタイムが伸びないように感じるのか…?

 トミンBコースの肝はクランク区間じゃないかと考え、あそこをもっと速く走れないものか…と考えてましたが、これまた3MAさんから「あの区間がめちゃめちゃ速かった」とのコメントがw
 うーむだいぶ自己評価との乖離が…

 しかしボクは褒められると伸びるタイプなので、そう言われると調子に乗ってきます。
 もともとこのクランクの三つ目…ストレートに続く左ー左の複合コーナーは好きなコーナー。ここで「バイクを寝かしきったあとで頭をさらにインに入れると曲がる…?」とか試してるうちにだいぶペースが上がってきた感。

 二本目の走行枠前半は色々試しながら乗ってたせいか30秒72、後半にこの日のベストとなる30秒13をマーク。

 しかし今のイメージで走ってる限りこれ以上のタイムアップは難しそうだったので、3MAさんに相談。
 KSRと同じ4stマシンであるNSF100を駆る3MAさんとしても2stマシンとのパワー差に苦戦してるようで、その対策として高めのギアで旋回速度を落とさずにストレートへ繋げるのを意識してるとのこと。
 三本目の走行枠ではそれを試してみました。

 奥のピットレーン側ストレート手前に右コーナーは、1速高い3速だと立ち上がりがもっさりするのですが、ストレートエンド付近で4速に入るところを見ると2速で立ち上がるのと直線の伸びはそう変わらない…?
 続くクランクから左複合コーナーは、改めて確認したら左コーナーで2速だとほぼ吹けきった状態でコーナリングしてるので、ここは間違いなく3速の方が合いそう。
 それに併せてクランク進入も1速高い4速に変更。いや、もともとストレートでは4速に上げるか迷うところだったんですが、クランク進入時に3速に落としてたんですよね。

 あとはAコース側ストレートエンドの左コーナーから右コーナーへの繋ぎが、左コーナーの立ち上がりでめいっぱい膨らむために次の右がインベタ~ギリギリミドルぐらいからの進入になってましたが、速い人の走りを見たり3MAさんから話を聞いた感じでは、やはりミドルあたりで立ち上がり、そのままミドルあたりから進入するのがベストっぽい。
 こちらも試してみたのですが、イマイチ答えが出ず…

 左コーナーでかなり早いタイミングからスロットルを全開にしてコースミドル近辺に立ち上がることができたんですが、これは左コーナーのライン取り次第っぽい。あまり早めにインにつかないラインを取ったとき(と言うかなってしまったとき)に出来る感じ。
 続く右コーナーでは、初っ端走ったときはスロットルオフのみで回ってましたけど、ここ数回は軽くブレーキかけてきっかけ作って曲がってました。
 でもどうもブレーキは要らない感じがしたので、スロットルオフで旋回。併せて3MAさんに言われた「イン側の縁石ギリギリまで攻めてますか?」を意識してみるとイン側がガバガバ。
 しかしコレもなかなかインに寄せきれず…ついでに立ち上がりのラインが今までと変わらないから左コーナーからの組み立ての変更が肝心のストレートスピードには活かしきれてない感じ…

 まぁここはもう今日中にはなんとか出来そうにないので諦めて、レース本番を待ちます。

 くじ引きによるグリッドは四位。しかし二位のマシンが出場辞退したので、実質的には三番手ポジション。
 KSRのスタートがいいのはここのところのレースで実証済み。ここは1コーナーホールショットを決めてトップに立ちたい…

 いよいよスタート! ポールの車両がフロントアップしたので「これはチャンス!」と並びかけましたが抜くには至らず…
 しかし一周目を後ろに貼り付いて様子を見たところ、こちらの方がペースが速い気がするし、どこかで仕掛けられるかも…

 と思っていた二周目の右ヘアピンでトップの車両が転倒! あやうくライダーさんを轢くところでしたがなんとか回避!
 しかし完全に失速したので「これは抜かれる…」と思いましたが、観戦してた3MAさんによると後ろも失速してたみたい。

 しかしここでミニフェス初のトップ走行! これは気合入ります!!

 …がAコース側のストレートエンドで抜かれ、右ヘア立ち上がりからのストレート区間のエンドで抜かれ、ピットレーン側のストレートエンドで抜かれ、抜かれた車両に右ヘアで詰まって失速した隙に、またしても右ヘアからのストレートエンドで抜かれ…

 あれよあれよと言う間に5位に転落…

 後ろからはフリー走行でボクより若干速く感じた車両が迫ってる気配。これ以上抜かれたくないので、ピットレーン側ストレートではレコードラインよりイン寄りを走ってクランク進入でインに入られないように牽制。
 Aコース側ストレートではボクの技量で曲がれるギリギリのタイミングまでブレーキを我慢して、クリップ外すのは覚悟の上でとにかくストレートエンドで並ばれないようにしてターンイン。

 必死のブロックが効を奏してなんとか五位はキープ…しかしあまりにも頑張りすぎたせいでチェッカーを見落とす失態w
 黄旗には気が付いたので「転倒車か…?」と周りを伺ってる感にみんながピットイン…したのですが、うっかり行き過ぎてしまってダブルチェッカー。
 も‥申し訳ない…

 グリッド上でのエンジン停止もやり忘れちゃったし、どうも今回は失態が多かった…

 さてこの決勝中に自己ベストと百分の一秒単位まで同じベストタイムをマーク。そういや前回はこのラップタイムを二回出してるのよね…ここがボクの限界なのか?w
 しかしレース中に自己ベストまで出して精一杯頑張ったんだから、この五位と言う結果は納得しないといけないんでしょうね…

 レース後に3MAさんから「ライダースキル的には全然負けてなかった。あの抜かれ方は全部マシン差」と励まされましたw
 ついでに自分的にも「いい感じで走れてるんじゃ?」と感じた、↑の左-左のコーナーは「フォームがかっこよかった」とも褒めていただきほくほくw

 しかしながらおおにしさんとのタイム差は依然コンマ7秒あるし、今日詰め切れなかったポイントもいくつかあるので、この辺を詰めていければもうちょっとタイムアップできるはず…次こそ悲願の表彰台目指して頑張るぞ!!!

 ちなみに今回のレース車載映像はこちら~♪

| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

奥多摩ツーリング&富士ツーリング(バイク)

 このゴールデンウィークはバイクに乗りまくろうと決めていたので、先週29日の金曜はKSRで奥多摩へ、昨日3日の火曜は6Rで富士に行ってきました。

 KSRは高速に乗れないので宮ヶ瀬から道志みちを経由して、ボクの好きな道坂峠を越え、大月から松姫峠方面へ。

Mixi1483

 松姫峠はここのところ通行止めになってるみたい(行くまで知らなかった)なので、松姫トンネルから奥多摩周遊入り。

 宮ヶ瀬~道志あたりを走ってる時はどうもKSRのフロントがフラフラする感じで「うーん、やっぱり峠は6Rの方が乗りやすいなあ…」と思ってましたが、道坂に入るあたりで普段どおりの乗り方に変えてみたら途端に走りやすくなりました。
 いや、何度も書いてる通り峠で膝スリがボクの永遠の夢なので、ついついなんとか擦れないかとヘンな乗り方しちゃうんですよw

 ここ1~2年は奥多摩常連組とのつきあいがあるので、誰かいるかなー…と思ったけど誰もいないw
 まぁ連休中で車も多いですし、取り締まりもしてるみたいだし、道坂を走ったことでとりあえず満足してたので、周遊はのんびり走行。
 日曜のサーキット走行に先駆けて、先日購入した超小型カメラの録画テストも目的だったので、道坂と周遊でテスト。
 付属のステーが弱くて振動が出てるのには気づいてましたが、それを差し引けばまずまずの画質。
 サーキットではステーを使わずに直接本体をゼッケンカウルにでもガムテ留めすれば普通に撮れそう。

 さて富士のほうは6Rなので東名で移動。いや、この日のツーリングは「ツーリング気分を堪能する」のが目的だったので、やっぱり高速乗ってパーキングで休憩しないとでしょ、と言うヘンな目的がw
 まぁ海老名は激混みだったのでトイレだけすませてすぐ離脱しちゃったんですが…

 こちらも車載カメラ持参。以前から使ってるGoPROのバッタもんですw バッタもんとは言っても画質は充分に綺麗。
 サーキット動画もだけどツーリング動画を撮りたい!と思って買った割に、どうしても撮りたかった志賀草津道路~ビーナスラインツーリングの模様しか撮ってなかったので、そろそろ他の動画を撮ってみようと…

 どうせなら走ったことがない道を走りたいので地図と眺めてると、県道78号、足柄街道が楽しそう。
 峠エリアに入ったあたりでカメラをセット。最初のうちは快適な峠ツーリングを楽しんでましたが、頂上付近はかなりの急勾配に曲率もきつく、恥ずかしながら一回上りの左コーナーでオーバーランw
 下りに入ってしばらく行ったあたりでなんとかUターンしようとしてるミニに遭遇。あれ、さっき分岐があったけどもしかして道間違えた??
 ちょっと進んだところに絶好の富士山撮影スポットがあったのでぱちり。そしてそこにあった道路標識を見ると365号…うーむ、やはり間違えたな。

Mixi1484

 そこで引き返して本来の78号に復帰…しましたが、これがめっちゃ狭い舗装林道!
 さすがに裏ヤビツよりは広い気がしますが、道路の両脇に落ち葉が溜まってるし、うっかりすると道の真ん中にも帯状に落ち葉が。

Mixi1476

 路面も荒れてて石を跳ねて滑るし、勾配もきつい…曲率も普通の道でのUターンみたいな曲率のコーナーが多い…

 「無事に生還するのがツーリングだ!」 

 …と割り切って這うような速度で下山w 動画見返しても20kmぐらいで走ってるww
 いやはや、ボク的にこの道は難しすぎでしたw
 同じように荒れててさらに道が狭い裏ヤビツの方が勾配がない分走りやすいぐらいだ…

 思ったんですが、間違えたと思った365号の方が走りやすかったんじゃないかな。ZX14Rの人も入ってったし。
 目的地の御殿場近辺に対しては遠回りになっちゃうけど、そんなに急いでたわけでもないしな…

 さて今回の目的は富士宮焼きそばでもあるので、御殿場から富士山スカイラインで富士宮入り。
 この道は何度も走ってるので問題なし。しかしあまり楽しい印象のない道…
 なのでカメラもセットしてなかったんですが、演習場のあたりのストレートから富士山がめっちゃ良く見えたので急遽カメラをセット。結局富士宮に着くまでずっとカメラ回してました。

Mixi1477

 あまり楽しい道じゃない…と思ってましたけど、水ケ塚公園から先の富士宮側はなかなかのワインディングでしたね。ツナギ姿のいかにもな人たちが集まってたし。

 富士宮側に降りてからはミニサーキットの白糸スピードランドの前の道を通って白糸の滝のあたりに。
 白糸スピードランドと言えば四輪時代にロードスターで何度か走行会に参加したんですが、その時に教えてもらった道がどうしても思い出せない…
 富士スカイラインかと思ってたけどやっぱり違う…もっと南寄りを走るローカルな道だった気がします。
 ちょっと地図を探索してもう一度あの道を走りたいな。

 さてお昼は白糸の滝の近くにある「むめさん」へ。
 マイミクのV-Raptor乗りである秀さんと一緒に行ったのが初で、その後一人で食いにも行きました。昨年だったかな?
 ここのメインはお好み焼きなのかと思いますけど、今回は焼きそば食いたかったので焼きそばを注文。いや前回も焼きそば食べたんだけどw

 お店の前にマスツーらしきバイクが10台ぐらい止まってたし、旧車会っぽい人たちもいたし、総勢20台ぐらいのバイクが止まってたからかなり待たされるかな~…とも思ったんですが、お一人様だったおかげかすぐに入れました。

 肉玉焼きそば大盛(大盛が二玉、特盛は三玉)を食べてお腹が膨れたところでスイーツが食いたくなったので、近くの富士ミルクランドに移動してソフトクリームを注文。これもこないだと同じ流れだww
 どんな味だったかよく覚えてなかったですけど、なかなかの美味! 個人的には宮ヶ瀬の服部牧場のソフトクリームがベストオブソフトクリームだと思ってますけど、それに匹敵するレベル。
 …って言うか牧場のソフトクリームってどこも美味いよねw

 このエリアのメインの道路である139号はグーグルマップの交通情報を見ると大渋滞中。フォロワーさんからも前日大渋滞だったと言う情報を頂いてたので、このまま71号で北上。
 いや、この道はだいぶ前に漫画家仲間の天誅丸さんと(当時はボクが四輪で天誅丸さんがバイク)走って以来お気に入りの道なんですよ。
 しかしこの日は139号の渋滞を避けた車も来てたのか、異様にペースが遅い…混んでるわけじゃないけどやたらと遅い…
 139号との合流からしばらくは大渋滞でしたけど、二車線区間になってから流れが良くなりました。
 山中湖の手前から都留方向に行ってまた奥多摩に行くか、山中湖から走り慣れた道志みちで帰るか迷った末、道志入りをチョイス。
 後からツイッター見たらこの日の奥多摩はかなり知り合いが多かったみたいですけど、最終的な帰宅時間が19時回ってたところを見ると、奥多摩寄ってたら遅くなりすぎたかな。

 覚悟はしてましたが道志みちもかなりのスローペース…こちらも渋滞してるわけじゃないけどペースの遅い車両が塞いでる…
 まぁ休日だから仕方ない…と思いつつも、このペースで走る峠道は疲れる…なんかこの日一番疲れたのがこの区間だったかも。

 宮ヶ瀬のふれあいの館に着いた時は疲労困憊してたので、ひとしきりふれあいでぐったりしてから帰路に着きました。

 帰宅してから動画を見返しましたが、やはり楽しい!
 あのツーリング良かったな…と思っても、だんだん記憶は薄れるし逆に美化される面も。
 そんな時こうやって動画を見返して「そうそうこんな感じ!」って思えるのはいいかも知れません。
 …いや、美化される分にはそっちのがいい気もするけどww
 これから6Rのツーリングには毎回カメラ積んでいこうかな。

 トータルの録画時間は二時間~二時間半ぐらいかな?
 サーキットで使ったときにあまりにも録画時間が短い(一時間弱しか撮れなかったはず)ので外付けバッテリーを買ったのですが、このおかげで大幅に録画時間が伸びました。
 もう一個買って予備として持っていけば一日中回しても大丈夫な気がする。

 基本的にツーリングは観光して美味しいもの食べて温泉入って…な感じだと思ってますが、ここのところバイクに乗ること自体が楽しいので、この二回ともただ走り回るだけのツーリングを堪能しました。

| | コメント (0)

2016年5月 1日 (日)

はじめての京葉スピードランド(バイク)

 今日の桶スポはSSKillers直前タイムスケジュールでミニバイク枠なし、大型枠のみ。
 じゃあ5日はトミンミニフェスに参戦するし、トミンBコースでも走りに行くか…と思ってましたが、フォロワーのニコツーレーシングの面々が千葉の京葉スピードランドに走りに行くとのこと。
 今回の練習課題的には走り慣れたサーキットで一層のスキルアップを目指したかったんですが、みんなでワイワイ走るのも楽しいし、走行写真も撮ってもらえそうなので初の京葉に行ってみることにしました。

 うっ狭い…

 まず入口が小さすぎて通り過ぎてしまいUターン。中に入るとパドックスペースが数台しか車止められなそう…
 7時半に到着した時点ですでに二台止まってましたが、その二台がいなかったらどこに止めていいのかわからんかったw

 今回の練習テーマはまぁ一言で言えばバイクを寝かして旋回速度を上げること。前々からのテーマではあるんですけどね。
 こないだおおにしさんとも「まずは現在のアップステップで走って、ステップ擦って邪魔になってきたらバックステップ化を考えよう」と話したとおり、今のステップを擦れないのではちょっとスキル的に足らん感じ。

 まずは京葉のコースを覚えます。でもここのコースはかなり単純なレイアウトなので覚えるのは楽そう。
 でも2コーナー~3コーナーのS字区間や、裏ストレートエンドの左から右の切り返しとか動画で見た印象よりもタイト。しっかり曲げないとコースアウトしそう…

 …とかやってたら前の2コーナー進入でグロムの方がブレーキミスしてスローダウン。ボクも釣られてブレーキミス~思わずクラッチ切ってリアがタコ踊り状態→コースアウト。
 この時に限らないんですが、どうもブレーキングが上手くいかない…思いっきり引くと指を挟みそうで、加減して引くと全然止まらない。
 ちょっとタッチが悪化してる気がするからキャリパー清掃とフルード交換をしたい…と思いつつやるヒマないまま来ちゃいましたが、その影響なのか…でももともとこんなもんって話も…
 それでミスってコースアウトすると怖い…とビビってブレーキングを詰められず。なんかコレが今回の一番の問題だった気がする。

 さて二本目の走行枠、だいぶコースにも慣れて1コーナーを全開で入れるようになってきたんですが、明確に寝かしこみを始めないと膨らみそうな感じ。
 うりゃっ!と寝かしこんだ瞬間に今日一番速かった人にインに入られました。
 インに入られるまで全く気配に気が付いてなかったので、びっくりしてバイクを起こしてしまいました。
 もう一度寝かすヒマがなかったのでコースアウトを避けるためにブレーキング…と、またしてもここで思わずクラッチ切ってしまいリアがタコ踊り。
 コース上に留まれなかったので止む無くダートにコースアウト…しかしこのままではスポンジバリヤに突っ込む…
 回避しようと寝かしたらほぼ100%コケますが、スポンジバリヤに突っ込むよりはマシだしあわよくばコケずに回避できるかも…と寝かして案の定転倒。

 土の上なので人も車両も特にダメージなし。

 うーむ…あらかじめ気配に気が付いてれば「抜かれるな」って心構えをして並んで1コーナーに入れたかもしれないし、もっと上手ければその瞬間に起こしたとしてももう一度寝かせれたかも知れませんが、今回はどうすることもできず…ヘタクソやなあ…

 ピットに戻って泥を落として再コースイン。

 …さて今回から先日購入した超小型車載カメラをゼッケンカウル(ノーマルのライトカウルからライト外しただけですけど)にガムテで貼り付けて走行動画撮ったんですが、どうも上手く行かなくてマトモに撮れたのは二枠。
 その内の一本をyoutubeにアップ~。


 あとラップタイマーが全く動かないのでニコツーレーシングのもふだぼさんに訊いたら、どうもこのコースの磁気が生きてない様子…

 仕方がないのでGPSロガーとスマホを連動させてラップタイマーにしてみましたが、上手く動作せず…
 帰宅してからロガーをチェックしたところ、最初の一時間半ぐらいはちゃんと取れてるけどそれ以降がバグっちゃって取れてない…どうもここ数ヶ月マトモにログが取れないんですよねえ。
 こないだ6Rでトミン走ったときは普通に取れたから壊れてるわけではないみたいだけど…

 なのでベストタイムは不明。走り始めたばかりの(たしか二本目)走行枠で29秒8が出てるのがロガー上でのベスト。
 ↑の動画のラップを手元のストップウォッチで確認したところ、29秒6あたりは出てるっぽい。
 最後の走行枠ではボクと同じぐらいか若干ペースの速い車両に引っ張ってもらったので、もう少しタイムは出てる…んじゃないかなあ。

 走ってる間は楽しかったんですが、片づけを終えるあたりになって「そういや今日まとめてきた課題をほとんどこなせなかったな…」と反省モードに。
 せっかくお金払ってサーキット走りに来てるんだから、もっと練習課題をまとめてしっかりこなさないと…と思ってきたんですが、どうも走り始めると忘れちゃうんですよね…
 プロライダーとしてやってるわけでもないし、レースもそんなに上を目指して頑張ってるわけでもないから、楽しんで走るのが一番!…とは思ってますが、それでも少しずつでも速くなりたいと思ってる以上、ただ「楽しかった」だけじゃダメなんですよね。それじゃツーリングしてるのと変わらない。
 少しずつでも何かしらのスキルアップをしていかないと、わざわざサーキットに来る意味がない…

 ただ、今回の走行で気が付いたことはあったし、京葉というコース自体は楽しんで走れたので、全くダメダメだったわけでもないですね。
 まぁ「今回気が付いたこと」は「以前にも気が付いたこと」でもあるので、そういう意味では全く成長していないとも言えますが…

 でもこれだけ反省モードに入ると言うのはやる気の裏返しでもあるわけで、これを次回以降のモチベーションとして次回はしっかりとスキルアップしたい!
 次回のサーキットは5月5日トミンミニフェス! ここでトミンBコースの自己ベストを更新しつつ、レースでもいい結果を出したい!
 決勝グリッドはくじ引きなので運次第と言う面はあるにしても…

 そういや書き忘れてましたが、今回はおおにしさんからお借りしたローダウンシートとノーマルシートの乗り比べをしてみました。
 最初の一時間半ぐらいはローダウンシートで。コースも覚えてほぼベストな走りが出来るようになったところでノーマルシートへチェンジ。

 全然ダメだ…

 シート高の高さによる腰高感がまず怖いし、厚くて柔らかいシートに荷重が吸収される感じで、ローダウンシートと同じように体重かけていってもバイクが寝てくれない。バイクが寝ない分ふくらんじゃうので、最終コーナーと1コーナーが怖くてスロットル戻し気味に。
 おおにしさんが「シートの高さよりダイレクト感がポイント」って言ってましたけど、まさにこの低い座面とウレタンを抜いたことによる適度な固さでバイクが動かしやすくなってます。
 うーむ…表皮が破れてきたシートの表皮張替えに出すついでにシート加工もしてもらおうかと思ってたけど、これは間違いなくやった方がいい! それぐらい違う!!

 あともう一つ、こないだ交換したTZ純正グリップですが、これまた具合がいい!!
 グリップ外側のつばが大きいのが邪魔になるんじゃないかな?と思ってましたが、逆にこれが凄く使いやすい!
 6RにはKSRで好印象だったdominoを付けましたけど、6RのグリップもTZ純正に換えたいぐらいだ…

 まぁこの辺が確認できたのが今回の一番の収穫だったかも知れませんw


| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »