« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の記事

2016年8月30日 (火)

久しぶりにマスワリ出たーーーー!!!(ビリヤード)

 日記検索かけたら前回マスワリ出したのが2014年10月…二年ぶりか…

 ブレイクで1番4番6番イン。なんとまさかの三個インw
 取り出しの2番は…よく憶えてないけどそこそこ難しい場所だった気がする。自分の中で入れられる自信は5割ぐらいって感じ。
 その2番を入れてからの3番は穴前。入れるのは簡単だけどどこに手玉が出るか見当もつかない…
 とりあえず強めに撞いて出たとこ勝負!!

 こんなん出ましたけど。

Mixi1556

 5番は穴から遠いし手玉は土手際だし入らないでしょこれ…
 サイドとコーナーで迷いましたが、まだコーナーの方が入る気がしたのでコーナーへ。あとサイドカットだと手玉がどこに走るか全く読めなかったし。
 ここのところ土手玉とか難しい玉の精度は高めなので、それを信じて…

 入った!! 

Mixi1557

 入ったはいいけど手玉と7番は限りなく遠いし薄い…また手玉が土手際だし…
 とりあえず手玉が9番の後に隠れて8番を狙えなくならないことだけ考えて、ほぼ入れイチ。

 よっしゃ!! 

Mixi1558

 8番は薄いけど今までと比べれば入れられる配置…ノープレッシャーなら9割は入る。
 入れイチしても9番に対してはそこまで悪い配置にはならないはず…

 ついにゲームボール!! 

Mixi1559

 この形は最近よく練習してた形…これまたノープレッシャーなら8割は入る…
 しかし緊張するな…
 試合に比べれば屁でもない程度の緊張ですけど、ノープレッシャーの時よりは入れる確率は落ちる…ましてやどんなイージー玉でも外すことがあるのがゲームボールの怖さ…

 よっしゃーーーー!!!!! 

Mixi1560


 いやー…決め手はブレイクの三個インでしたな!! それだけに気負わずにはいられない展開だった。
 ちなみにこの日の練習はここに至るまでに頭の位置を調整してました。
 なんか玉が入らない…お、ブリッジの位置を右に寄せたら入るようになったぞ。
 玉が入らない時ってブリッジの位置が左へ寄ってるんかな…と思ってたけど、寄ってたのは頭の位置だった件w
 以前から「頭が右にズレるの注意」ってメモに書いてたんですが、最近ブランクがあったのと、別のポイントに気をつけてたせいで忘れ気味でした。

 ちなみにこの日はボウラードでも久しぶりに70点台。ちょっと前にブリッジを調整してからスコアが低迷してたんですけど、↑に気が付いたおかげかようやく復調。
 でもこういう微妙な調子の悪さって気が付かないもんなんですよね…今回は気が付いてよかった。
 次はこんなに間をおかずにマスワリ出したいっすねw

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

河口湖自動車博物館に行ってきた(バイク)

 ここのところ、レースを含めてサーキットには頻繁に行ってたのですが、ツーリングに行けてなかったので今日はツーリングに行ってきました。あいにくの雨予報でしたが、昼間はまぁなんとかなりそうだったのでカッパ背負って。

 目的地は…こないだフォロワーさんが「河口湖自動車博物館は今週末で今期の展示終了」とツイートしてたので、四年ぶりに行ってみるか…と。あそこって毎年八月だけしか開いてないんですよね。

 朝起きてアメッシュ見るとほぼ降ってない感じ。あいにく我が家の周辺だけには雨雲がw カッパ着るほどでもないのでそのままスタート。
 首都高に上がったら合流する時に横を追い抜いてったのはガルパン仕様のエルグランドw 思わず目が点にww
 首都高から中央道で河口湖を目指したのですが、相模湖周辺あたりがかなり強めの霧雨…アメッシュには映ってなかったのでホント霧雨なんだとは思いますが、結構濡れてしまいました。
 途中でPAに入ってカッパを着ればよかったと後悔…
 なんか7月半ばに行った日光ツーリング(日記書きそびれてるけど)といい、ここのところ6Rでのツーリングは雨ばかりだな…

 さて四年ぶりの自動車博物館!…ですが、特に中の展示物は変わってないので改めて書くほどのことはw
 1900年代前半の車は明らかにクラッシックカーってデザインでタイヤもでかいのに、いつから今の車に近い姿になったのかと思ったら終戦を境にだったのか…と思ったら、前回の日記でも同じ感想を書いてるしw
 チゼータの実車が展示されてるってネットで見て、あれそうだったけ??と思ったら、これも前回の日記で「貴重なものを見た!」って書いてるしww
 鳥頭か…

 前回は飛行館の方も見ましたけど、やはり知識がないためにイマイチ堪能できなかったので今回はスルー。
 そのまま河口湖に向かってお昼を食べることにしました。

 目的地は大衆食堂の「司食堂」。いや、来る途中に「河口湖 ランチ」でぐぐったらオススメランチ10選ってサイトに載ってたのでw
 しかしグーグルマップで住所検索かけたら微妙に違う場所を指してたみたいで、さんざん狭い住宅街をうろちょろした挙句、お店の名前で再検索かけたら普通に大通り沿いにあったって言うw

 注文したのは評判のカツ丼。せっかくなのでカツ丼(上)をw
 大盛りとの評判をネットで見ましたが、意外と普通…と言うか、ご飯少な目なような??
 カツの方は衣がカリカリ!との評判どおり、カツ丼とは思えないぐらいのカリカリっぷり!
 お味の美味!…でしたが、ぼくはカツ丼大好きマンなのでぶっちゃけどこのカツ丼でも美味く感じるのですw
 ご飯少な目かと思いましたけど、食べ終わった感じではちょうど良かったかな。でも大盛りではなかったかと…

 さて「ツーリングに行って美味いものを食う」と言う目的は達成したのでこれからどうしようかな…
 天気が持ちそうなら奥多摩まで足を伸ばそうかと思ってましたが、かなり微妙なのでムリせず都留~秋山街道~宮ヶ瀬ルートで帰ることに。
 道中で今度は継続高校使用のインプレッサの後に付くことにw 世の中ガルパン痛車ばかりかww

 しかし山の中は雨…霧雨ではあるんですが結構な量が降ってるし、しかも路面はフルウエット。
 濡れた路面では絶対にバイクを寝かさないようにしてるぼくとしてはスロー走行。…してると四輪のBMWに追いつかれたので路肩に寄せて足を出して「先に行け」の合図。
 ハザード出して追い抜いてったBMWを後から見てたらかなり気持ちいいスピードでコーナリングしてく…ウエット路面なのにすげーな。

 道志経由で宮ヶ瀬に行くつもりでしたが、気が付いたら道志へ向かう曲がり角をスルーしてしまったらしく、上野原ICまで3kmの標識が。どうも見たことがないところを走ってるような気がしてたよ…

 正直このままウエット路面のワインディングを走ってても疲れるばかりで楽しめそうになかったので、中央道で帰宅。いや、それならいっそ河口湖から乗ってれば良かったって話なんですけどw

 そんなわけでツーリングの目的は無事に達成したものの、ワインディングをマトモに走れなかったので不完全燃焼感。峠を攻めたり膝擦ったりとかはできないとはいえ、やっぱりツーリングの目的の一つはワインディングを楽しむことなので、それができないとちょっとなあ…しかもわざわざ本妻の6Rで来てるのに。
 次は晴れた日のワインディングを気持ちよく流したいところです。

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

桶スポ旧コースベスト大幅更新!(バイク)

 ここのところKSRではそれなりの走りができるようになってきたので、そろそろ本妻の6Rに力を入れよう…と、今日は一年ぶりの茂原ツインサーキットに行こうと思ってました。
 しかし天気予報はあいにくの雨予報…事前予約も見送ってしまって当日申し込みだと一万円以上かかるのに走れなかったら最悪だ…と、茂原行きは回避。
 前日の予報的にあわよくば走れそう…って感じだったので、ならばトミンAコース…と思ったら貸しきり。6Rで桶スポ…も考えたんですが、やはりあまり6Rで桶スポは走りたくない…

 そういやこないだの関東ロードで思わしい走りが出来なかったのでKSRでのリベンジに燃えてることもあるし、KSRで走りに行く事にしました。KSRなら雨が降ってもトランポに退避できるし。

 今回のテーマは端的に言えば「今自分が行ってる操作を意識すること」。
 その上で、ブレーキリリースを早めてみたり、逆に残してみたり、ラインを奥に持って行ってみたり、コンパクトに回ってみたりしてタイムを比較できればいいなあ…と。

 とりあえず一本目は体慣らしのつもりであまり考えずにコースイン。…とは言っても自分が行ってる操作は極力意識。
 ふむふむ…意外と早めにブレーキリリースしてるんだな。これ以上は早くリリースできないな。
 ラインがコンパクト…と言うか、イン付きが早いな。スロットル開けるのが遅くなってる感があるから、もう少し奥で曲げてみるかな。
 おっ、慣れてきたらだいぶブレーキングポイントが奥になってきたな。それに合わせてブレーキもフルバンク寸前まで残さないと曲がれなくなってきた。

 …とかやってたら、3月末、4月頭の関東ロード直前練習で出した旧コースの自己ベスト、44秒43を軽く更新する44秒02をマーク。アレ…まだそんなにしゃかりきになって攻めてないんだけどな…?
 これなら43秒台には間違いなく入るし、43秒7ぐらいまではでるはず…と、二本目コースイン。

 久しぶりだから忘れてたけど、1コーナーはエンブレ&シフトダウンのみで入れるのね。
 6コーナーで膨らんで7コーナーへのアプローチが作りにくい…もっとバイクを寝かしてコンパクトに…
 ふむふむ、やはりイン側ステップへの意識を切らさずにしないとバイクを寝かしきれないのね。
 それを意識したら1コーナーでも時々ステップ擦るな。
 5コーナーは勢いよく一気に寝かしこまないとスロットル全開で曲がれない…と思ってたけど、ワンテンポ早く寝かしこみ始めればスムーズに、怖くなく全開で曲がれるな。

 一度前を譲ったネコミミヘルメットの人との差が開かないな…と思いつつラップタイマーを見ると、さらにコンマ5秒タイムを詰めて43秒58をマーク!
 3月末と比べてコンマ9秒と大幅にタイムアップしてるし、ちょっと今のぼく的にこれ以上詰めどころが見つからなかったので、なんか満足しちゃってお疲れモードにw

 さすがに二本で帰るのも勿体無いので三本目コースイン。最後一周のコントロールラインを越える直前にラップタイマーが電池切れ。しかしタイムはコンマ05秒と僅かに上がって43秒53をマーク。この辺が限界かな。

 もうだいぶおなか一杯になってたので(体力的には全然余裕でしたけど)四本目はそれほど気合入れることなくコースイン。
 しかし43秒台アベレージで周回して、ベストタイムは二本目と三本目の中間となる43秒55をマーク。
 うーむ、これだけ毎走行枠のベストタイムが揃ってるってことは、何かきっかけがないとこれ以上はタイムアップしそうにないな…

 …と思って帰宅したのですが、GPSロガーのログを確認したところ、ラップタイマーの電池が切れたあのワンラップに43秒268をマーク! えっ43秒2!! まじすか!! まじすか!!!
 ログを確認してもバグってる気配はないし、周回数を確認するとまさに三本目のピットイン直前! これは間違いない!!

 キマシタワーーーーーーー!!!!!! 

 トライアウトの上限は42秒フラット。そこから1秒2落ちと言うのはかなりいいタイムなのでは…!!

 そういえばこないだの関東ロード、周りより一秒遅いタイムでしか走れなくてがっかりしましたけど、それでもやはり3月に走った時のタイムを一秒近く更新してるんですよね。
 もしかして三月の頃より一秒分スキルアップしてるのでは…!

 このタイムアップ、本人のスキルアップもあるとは思うんですけど、バックステップ化でバンク角が増えたのが大きい気がするんですよね。コーナー一つ一つでほんのちょっとずつタイムを稼いでトータルで一秒タイムアップしてる感じ。
 今回は初っ端からタイムが出てしまった(いい事ですけどw)ので、事前に考えてたようなことは試すこともなく終了。
 しかし全ての走行枠で「今自分が行ってる操作」は意識し続けられたので、もしかするとこれが良かったのかも知れません。
 普段だと何も考えずにがむしゃらに攻めてった先にベストタイムが出てたんですけど、今回は終始落ち着いて走ってたし…

 ここのところ、KSRでの走りには相当自信を持ってたんですが、先週の関東ロードで自信喪失。しかしその自信を取り戻すことが出来ました。
 コースレイアウト的にも、多分ぼくの習熟度的にも苦手だった新コースと違って、バイクを止めてから加速するコーナーが3コーナー一つしかない旧コースはかなり行ける気がするので、10月の関東ロードは一発決めますよ!

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

関東ロード第四戦!(バイク)

 本日は桶川スポーツランド、関東ロードミニ第四戦。
 2月以来となる新コースレイアウトでの開催ですが、火曜の練習では2月の自己ベストはコンマ5秒更新したものの、目標としてた師匠のおおにしさんのタイムには遠く2秒半及ばず、トライアウトの基準タイムにも届かない…
 とりあえず関東ロード当日に試してみることとして、1コーナーを極力インベタで回って距離をロスしないように走ることと、各コーナー…特に新コースレイアウトでしか走らない2コーナーで減速しすぎないようにすること。

 ここ半年ぐらいの間に

 コーナーで減速しすぎかも→ブレーキを早く離す→旋回速度は上がったけどラインが大きくなって立ち上がり開けれてない感じ→ブレーキ残してコンパクトに回る→コーナーで減速しすぎかも

 …のループで元に返ってきたわけですが、さすがに二周目なのでちと考えますw
 減速しすぎないように早めにブレーキをリリースするけど、それで立ち上がりラインが苦しくなるようならもう少しブレーキ残す。
 それでちょうどいい線を狙えればな~…と。

 それを意識して走り始めた七分間のプラクティス、前のバイクに詰まったもののタイム的には自己ベストコンマ5秒落ちあたり。
 ブレーキ離すのを早くした影響なのか、バイクはそこまで寝てない…けど、速度はそれなりに乗ってるって感じでしょうか。
 これなら自己ベストに近い51秒台は出るし、あわよくば更新できるかも。

 そう思って臨んだ予選、プラクティスで詰まった車両にまたしても詰まっちゃったので、後もいなかったし距離を開けてアタック。
 一周だけクリアで走れましたが、ここで自己ベストをコンマ2秒更新する51秒41。あのままクリアで走り続けられればもう少しタイム詰められたかも…?とは思いますが、まぁとりあえずこの辺で。

 注目の予選結果は19台中18位のブービー。予選&プラクティスで詰まった人がぼくより一秒近く遅いので、スタートで抜かれるとめんどくさいレースになるかも…
 逆に前とも一秒近く離れてるので、マトモにやったら勝ち目はないけどスタートで前に出られればあるいは…?

 こないだのミニフェスでは曲がったステップの具合を気にして下を見てる間にシグナル消灯してスタートミスしてるだけに、今回はいつも以上に気合を入れてシグナルを注視。

 よしスタート!!! 

 軽くミスした感じでしたけど、回りより動き出しは良く、13~14番手あたりで1コーナーをクリア。たんぽぽちゃんの撮ってくれた動画見るとスタートで姿勢を崩した人がいるので、その影響で内側の人たちのスタートが悪かったのかな。

 よし、これならいいレースできそう…と思った2コーナー、二台前の人が内側からぶつけられて失速、後にいたぼくら二台も追突を避けるべく失速…これで予選順位と同じ18位まで転落。
 3コーナーでポジションアップを狙いますが失敗、一度アウトに振ってから…と思った瞬間にインに入られてサイドバイサイドで4コーナ-進入。ぼくもよく使うパッシングポイントなのに油断してた…
 アウト側で頑張りましたけど行き場所がなくなって接触を避けるために縁石に乗り上げてジャンプ、向きを変えられず反対側の縁石に突っ込んでもう一度ジャンプ。
 コケなくて良かった…けど、前とは大きく離されてしましました。動画を見ると頭を落としての「がっかり…」アクションがバッチリ映ってましたw

 ぼくより予選順位が下だった人に追いついたので、なんとかこの人は抜こう…と思ったら手を挙げてピットイン。え? なんかトラブル??
 これまたたんぽぽちゃんの動画見てたら、ジャンプスタートしたみたいで一周目に黒旗を受けてました。なるほどペナルティ…

 レース中は「前との差は大きいけど開いてってるわけでもないからなんとか…」とか思って走ってましたけど、さすがに一秒ペースの違う人たち相手だけに、改めて車載動画見返したら毎ラップ離されてますね…
 せめて自己ベスト更新…あわよくば50秒台に…と思って頑張りましたが、Ω一個目でブレーキをラフにリリースしてフロントが暴れたり、同じくΩ一個目で左足がイン側ステップから外れて寝かしこみに失敗、続くΩ二個目で今度は右足がステップから外れてまたしても失速…と、気合が空回りしてしっちゃかめっちゃかに。
 前とのあまりの差に気持ちも萎えてきて、自己ベストはコンマ05秒と僅かに更新したものの、終盤はペースダウン。
 それでも二台転倒車があったのと、ペナルティを受けた一台がいたので、ぶっちぎりの最下位走行ながらリザルトは予選より二つ上がって16位。

 走行後は「一周目でポジションアップは絶望的になっちゃったし、ひとまず自己ベストは更新できたからまぁいいか…」と思ってましたが、大きく前と離されて最下位を走行する車載動画見てたらテンション下がってきました。

 そもそも練習の段階から「新コースって言っても実質的にはコーナー一個増えるだけだし、そんな問題ないでしょ」と考えてたのがまず敗因。まさか旧&ミドルコースと比べてこれほどまでにタイムが落ちるとは…
 冒頭のポイントを意識することでとりあえず51秒台まではペース上げられるようになりましたけど、旧&ミドルコースでのぼくのベストタイムを考えればまだ1秒近く遅い。
 おおにしさんが49秒台を出してることを考えれば、KSRの性能的に新コースがダメってことでもないはず…ぼく自身がコース攻略に失敗してる。

 あと、こないだのミニフェスではむしろいいタイムが出ただけにバックステップとの相性は問題ないと思うんですが、タイヤのサイズ変更が微妙な影響を与えてるのか、どうも思い切って寝かせられてない感じがある…ミニフェスでの転倒のイメージが残ってるのかも知れません。
 次の旧コースレイアウト&トミンBを走ってもタイムが落ちてるようなら、ぼく自身の走りのペースが落ちてる…ってことですね。

 リザルト的にも内容的にもあまり良くなかった今回の関東ロード第四戦。この雪辱は次回の第五戦で…!


| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

ブリッジ(ビリヤード)

Mixi1546

 二月の試合を最後に、30年来ぼちぼちと弾いてきたギターの練習を本格的に始めたら楽しくなったり、四月の人事異動以来仕事が忙しくなって連日残業続きになったこともあり、ビリヤードの頻度はガタ落ち。
 中途半端な気持ちで行っても「こんなに時間取られるなら家でギター弾いてたほうが良かったな…」ってなるのは目に見えてたので、最長で丸一ヶ月~二ヶ月ぐらい行かない時期もありました。

 ギター熱は相変わらず高いのですが、まぁボチボチと落ち着いてきたのと、仕事の方も8月に入ってようやく定時~30分残業ぐらいで上がれるようになってきたので、最近またビリヤードを再開しました。

 そして再開して早々に気が付いたのはブリッジの向き。
 そもそもは、ブリッジを組んだ時にキューを沿わせる親指の左側面と人差し指付け根~親指の付け根間の手の平で作られる谷、ここをパイプのようにイメージしてキューを沿わせる…みたいなことが教則本には書いてありますけど、その方向が右にズレることがあるな…と気づいたこと。
 それを解消するために手首を曲げて向きを合わせてたんですが、ふとした拍子に「テーブルにチョップする感じで小指側側面をテーブルに付ければ全ての辻褄が合う」と気が付きました。

 これも教則本でよく書かれてる基本中の基本ではあるんですが、最近はもう少し手が寝ちゃってたんですよね。
 ホントにちょっとではあるのですが、それによって↑の「パイプ」の向きも変わるし、そもそもキューが通る人差し指の輪っかの位置も微妙に右にズレる。これが狙いが右にズレる原因なのでは…と。

 で、スタンダードブリッジのみならずオープンブリッジでも試してみたら、特に玉越しの構えづらいショットの精度が急激にアップ。
 玉越しのセンターショットを二球撞いて二球とも成功とかなかなかないですよ…

 スタンダードならともかくオープンブリッジにはそれほど影響ないのでは?と思ってましたが、むしろオープンの方が影響大。一気に精度が上がりました。

 しかし全部このイメージで行けるかと言うと唯一例外もあって、レールブリッジだけは今まで通り手のひらをべったりつけるイメージじゃないと方向が合いません。
 しかしそれ以外はホントこのイメージの方が玉が入る。

 小指側側面を付けると自然と腕が外旋して肘が下に落ちますが、そうすると肩も開いちゃってここのところ最重要視してた「肩を入れる」ことができなくなるのでは??と思いましたが、今ちょっと部屋で腕を回してみたら、その反力で肩は内側に入るんですね。
 …というわけですべてが丸く収まって問題なしw

 とはいえ、なかなかこのイメージにも慣れず、特にスタンダードブリッジはもともとそれほど問題がなかったこともあって、逆に意識しすぎて外すことが増えた感じ。
 しかしその後二回(昨晩と今日)撞きこんだおかげでだいぶ慣れてきました。

 それと最近…と言うか今日気が付いたのは狙い方。
 教則本で「一つのスタンスから撞き出せる方向は一方向しかない」って書いてありますが、ぼくはそれを頑なに守ってたんですよね。構えた時に狙いが合ってなかったら足の位置から構えなおさないと玉は入らないと。
 しかし、構えてからキューの方向と狙い点を見比べて、ズレてたら方向を調整する…ってやっても玉が入る…と言うか、むしろその作業をすることによって大幅に精度が上がりました。

 併せて、これもここ一年ほど意識してる「キューの引き幅は小さく」を意識。玉がぽんぽん入りだすとつい調子に乗って気持ちよくキューを引いちゃうんですけど、そうすると途端に入らなくなる。
 撞き出すのも、短いタッチでちょんっと撞くと玉が入る。キューを効かせるのは難しいけど、入れるだけならめちゃめちゃ入る。

 大きく引いてから長いタッチ感で大きく撞き出すのは理想ではあるけど、今のぼくのレベル的には難しい。それはまた追々…って感じです。

 そういや今朝方たまたまスト様vsトニー・ドラゴの試合をyoutubeで見てたんですが、ドラゴってキューを構えて狙いを定めたら素振りなしの一発で撞くんですね。
 撞き方も↑で書いたような、タッチ感の短いトンっと撞き出す感じの撞き方。
 この辺は入れが重視されるスヌーカーからの転向組ってのもあるんでしょうか。

 とりあえず昨日&今日でだいぶまとまってきた感はあるので、来月からの試合復帰を目指してまたぼちぼちと練習再開して行こうと思ってます。

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

6Rで桶スポ走ってきたよ!(バイク)

 春のSSKillersで併催された走行会枠で久々に6Rで桶スポ走りましたが、全く乗れずに爆死。
 やっぱり大型バイクで桶スポなんか走るもんじゃない…もう二度と走らないぞと思ってましたが、ちょっと前にGSX-R600乗りでジムカーナライダーの黒子さんに「今度6Rで一緒に遊びましょう」と誘われました。

 さて今日のお休みは日曜の関東ロードに向けてKSRの整備、午後からはこないだ重要なポイントに気が付いたビリヤード練習にでも行こう…と思ってましたが、バイク仲間で最近YZF-R25に乗り換えたネックンと一緒に黒子さんも午後から桶スポに行くとのこと。
 黒子さんからツイッターで熱烈なラブコールを頂いたのと、たしかにまた改めて黒子さんと日程を調整して…とかやってたらいつになるかわからないな…と考え、KSRのメンテが終わり次第、急遽桶スポに向かうことにしました。

 しかし道中のテンションは低い…SSKillers走行会での走りが相当強いトラウマになってるのと、日曜は関東ロードだって言うのにここで6Rで走って感覚が狂っちゃったら怖い…さらに万が一転倒して怪我したりしたら、仕事にも差し支えるしなにより関東ロードを走れない。
 そんな不安ばかり抱えて走り出してはいい走りができるわけもなく…一本目は怖くて寝かせられない→ベタベタに寝かさないと曲がれない桶スポだけに曲がれない→曲がれないから進入速度上げられない→進入速度上げられないから旋回速度も上げられずに余計寝かせられない…と最悪の悪循環に。

 なんかバイクの動きも落ち着きがなくて、2コーナーでブレーキかけたらフロントがぐわんぐわんと。8コーナーでスロットル戻しても、最終コーナーでスロットル戻してもやたらと車体がピッチングしてこわい…
 KSRの足回りをかなり固くしてるので、その差もあるのかも知れないし、足回りのOH時期を過ぎてるのでダンパーが抜け気味(もう一年前に6Rを試乗したSSKillersトップランナーの秀吉さんに「ダンパー抜けてる」って指摘されてるし)なのもあるのかも…

 走行後に色々と考えましたが効果的な解決方法は見当たらず…

 そうこうするうちに二本目の走行開始。一応一本目の後半でちょろちょろと膝擦る程度には寝かせられるようになってきましたが、膝を擦れるようになったことで安心感が出てきたのかようやく体から力が抜けて寝かせられるように。
 あれだけイン側の腕に力が入って疲労困憊だったのに、全く気にならなくなってきました。
 一本目は「ネックン、コーナー速えぇなあ…」と思いつつ、6Rの直線のパワーを活かしてなんとか追っかけてましたが、コーナーでも五分で走れるようになってきたのでネックンをパスして先行。

 一本目は安定しなかったバイクの動きも、ブレーキを丁寧にかけたりスロットルワークを丁寧にすることによって安定してきました。そうだ、いっつも一本目は足がやわやわに感じて怖いんだよな…
 この枠で今日の最低目標にしていた50秒台、50秒46をマーク。一本目は52秒78だったので二秒上げました。
 ネックンからも「急に速くなってびっくりした」って言われたww

 朝方桶スポに向かう途中の首都高で「1速全開で加速する時はきちんとニーグリップするとあまり怖くないかも…」と気が付いたので、三本目はとにかくスロットルを開け始めたらすぐに膝を閉じてきっちりニーグリップすることを意識。
 コーナーは相変わらず遅いんですが、とりあえずきっちり向きを変えてから可能な限りスロットルを開ける…怖くて開けられないとしても、パーシャルのまま頑張るんじゃなくて1mmずつでもいいからとにかく開け続ける。

 あとは…なんか体を入れたほうが寝かしやすく感じたのでその辺も意識。
 体の重心をセンターに残したまんま寝かそうとしてたから寝なかったのかなあ…とも思いましたけど、一番バイクを寝かせられてた頃はリーンアウト気味のハングオフで上体は垂直に立ちつつバイクだけ寝かす…みたいなイメージだったので、一概にそういうことでもないのか。
 しかし一本目の動画も三本目の動画も傍から見てる分には差を感じられなかったので、気のせいレベルかもw

 その辺を意識して走ってたら、ようやく49秒台、49秒86が出ました。
 それを見たらどっと疲れが出たのでここで走行を辞めてピットイン。もうどうせ残り数分だったし…

 6Rで桶スポに通ってた二年前の七月にマークしたのが47秒98。それと比べればまだ二秒遅いタイムですし、一年ぐらい前、KSRに乗り始める直前あたりに「タイム出ない…タイム出ない…」と悩んでた頃と同じぐらいのタイムではあるんですけど、それでも久しぶりに桶スポを6Rでそこそこ走れた気がする。

 桶スポベストは47秒台!って今まで言ってましたけど、実際のところ47秒台なんて一周しか出てないし、そもそも47秒98なんて47秒台とも言えないようなタイム。
 48秒台前半あたりがアベレージベストと考えれば、今日のタイムもそこまで悪いわけじゃないのかな。
 なにより「そこそこちゃんと走れた」と言う満足感があるのがいいです。

 今日走って思ったけど、やっぱりぼくはバイクが怖いんでしょうね。曲がりきれずにオーバーランするのが怖い。寝かして転倒するのが怖い。ブレーキを遅らせて止まりきれないのが怖い。スロットルを開けるのが怖い。だから走り始めの一本目は寝かせられないんだ。
 勿論みんな多かれ少なかれあるとは思うし、スポーツ走行ビギナーとかはみんなそうだと思うけど、もう四年ほどサーキット走りこんでる人間としては怖がりすぎな気がする。
 どうなんだろう…他の人はこうやって走りこむことでライディングの自信と言うか、確信が持てるようになってあまり怖さを感じなくなるものなのかな。

 でも考えてみればKSRで走る時はかなり攻め込めてるし、それこを走りの確信と言うか自信を持って走れてるので、6Rでそれができないだけなのかな。
 改めて6Rで走りこめばできるようになるのかな。

 とりあえず、関東ロード三日前に大型で桶スポを走ったことが本番での走りに悪影響を与えるのか、それともいい気分転換になるのかわかりませんが、なにはともあれ楽しかったからいいかな。

 最後に恒例の車載動画を。タンク上はやはり邪魔になるので今後はこの位置でしか撮りません。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

タイム出ない(バイク)

 今週末は桶スポ関東ロードミニ! というわけでレース前練習に行ってきました。

 一週間ちょっと前のミニフェスで転倒して破損した買ったばかりのバックステップ。これを師匠のおおにしさんがフォロワーのバイク屋さんMoto Rumbleさんの工場まで行って曲がったステッププレートを修復して下さいました。ホントお二人には頭が上がらない…
 昨晩受け取ったので、今朝方桶スポで取り付け!

 今日の桶スポはこのバックステップ化してからの初桶スポ、こないだのミニフェスでは付けてたけど、朝10周走ったところで転倒、午後のレースは曲がった状態でこれまた10周ぐらい走っただけなのでまだ慣れてない…
 さらに一昨日リアタイヤのサイズを変更。オマケにブーツも新調したガエルネでの初走行。
 シートも滑り止め加工してからサーキットは前回のミニフェスでちょろっとしか走ってない…

 あまりにも変更箇所が多いので不安。とりあえずは様子見のためコースイン…すると、リンクロッドのロックナットが弛んでペダルが下がったのですぐにピットイン。締めなおして再コースイン。
 前回桶スポの新コースを走ったのは三月の関東ロード直後。その時のベストタイムは52秒19。
 ノーマルエンジンのKSRでボクの目標タイムを作ってくれてるおおにしさんのベストは49秒28。
 おおにしさんと同タイムはムリとしても、一秒以内の差まで詰めたい。しかし自己ベストから二秒タイムアップしないといけないのか…

 一本目のベストはほぼ自己ベストとなる52秒22。走行後10周弱で出してますが、やはり仕様変更の不安感とミニフェスでの転倒のトラウマが残ってて左コーナーで攻めきれない…
 しかしそんな状態でこのタイムが出てるってことは、ちゃんと攻められるようになれば51秒台には入るな。

 …と思ったのですが、一向に入らず…なんとか51秒75と51秒85を出すのが精一杯。
 GPSロガーがバグってるのであてになりませんが、ロガー上だと51秒39ともう一周51秒台が出てる。
 たしかにラップタイマーが計測できなかったラップが四周ぐらいあったので、そこで出てる可能性はありますが…イマイチ信用ならん。

 しかしミドルコースと新コースのタイム差の目安が三秒と言うのに、ミドルコースで46秒台が出てるのに51秒台は明らかに遅すぎる…なぜだ??
 GPSロガーのログでミドルコースのログと比較してみると、5コーナーの旋回速度を含む4コーナー~6コーナー間の到達速度が10km近く遅い。たしかに5コーナーでスロットル戻し気味に入ることが多かったけど、それだけかな…?
 もしかすると6コーナーのブレーキングが早かったのかも。

 さらに9コーナーの到達速度も遅い…これはどうも8コーナーの旋回速度が遅かった気がする。

 タイヤをサイズアップするとファイナルがロングになったのと同様になる…って話もおおにしさんから聞きましたが、それで加速が鈍くなってる可能性も…? でもホームストレートでの最高速は微妙に伸びてるんだよなあ。
 3コーナーと9コーナーのボトムスピードも遅いので、全般にブレーキングが早めで速度を落とし過ぎたのかもしれません。
 …にしてもこんなにミドルとタイム差出るか??

 ちなみにバックステップ化でバンク角が増して旋回速度が上げられることを期待してましたが、結局右コーナーではステップ擦ったし、そもそも以前からステップホルダー自体を擦ってからその状況に変わりはなし。
 ただポジション的にはステップ入力がしやすくなったので、まぁバックステップ化は成功…かな。

 半年ぐらい前に、ブレーキをかけすぎてボトムスピードが落ちてるのでは??と考え、早めにブレーキ離して旋回速度を上げることを意識しました。
 そして先月あたり、逆にブレーキを早く離してるために旋回速度は上がってるけど大回りになってスロットルを開けられなくなってるのでは??と考え、またフルバンクまでブレーキをかけ続ける感じにしてみました。
 折りしもそのタイミングでぼくの尊敬するライダーであるスガヨシさんから「ブレーキングポイントが早すぎる」と言われたのがヒントになって、もっと奥から強くブレーキかけ続けたまま寝かしこめばいいんか…とやってみたらタイムが上がりました。

 …けど、今日は走行中から「速度を落とし過ぎなのでは?」と思ったので、また早めにブレーキを離す方向で調整。うーん、どうやるのが正解なのか見えてこない…
 どうしても速度を落としすぎちゃう時は一度早めに離して速い速度で回ってみて、目が慣れてきたら同じボトムスピードまでブレーキをかけ続けながら(その分ブレーキングポイントは奥になるはず)寝かし続けるようにする…ってやればいいのかなあ。

 いずれにせよ、今日は関東ロードまでにせっかく換えたばかりのタイヤを消耗させたくなかったのと、今年一番の暑さになったことで体力の消耗も不安だったので、走りこんで様子を見るのは得策ではないと判断。30周ほどで切り上げてきました。
 まぁこの辺はまた追々検証してみよう…

 そんなわけで目標タイムには遠く及ばずがっかりしましたが、自己ベストそのものはコンマ4秒更新出来てるので、まずまず…だったのかなあ。どうもがっかり感が大きすぎてなんとも。
 ただ、それだけに関東ロードに向けてのやる気は上がってるので、精一杯頑張りますよ!!

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

リアタイヤサイズ変更(バイク)

 7月頭のトミンB練習会、通称「みつきフェス」の際に、リアタイヤ左サイドが完全に終わってることが判明。
 いや、直前に自分でも気が付いたんですけど、メンテメモ確認したら交換後まだ1000km弱。桶スポを2、3回(うち一回は関東ロード)走った程度なので、いやいやまだ行けんだろ…とか勝手に思ってました。
 みつきフェス当日はJSBライダーとST600ライダー二人がかりと言う豪華なピットクルー布陣で一瞬にして前後のタイヤを入れ替え。前後同サイズのKSRならではの解決方法ですw

 その日は結局それで乗り切り、自己ベストも更新してほくほくだったんですが、それにしてもタイヤの減りが早すぎる…いくらミニバイク用だから一本一万円以下で買えるとはいえ、2ヶ月足らずで履き替えてたら懐が…
 …という話をお世話になってるおおにしさんに相談したところ、やはり問題なのは駆動輪であるリアにフロント用を履かざるを得ないKSRの問題だと。
 そういえばおおにしさんはリアを120にサイズアップしてるし、KSR2でレースやってたありとーさんも同様。
 さしあたりグリップ的には100で問題を感じてなかったのでサイズアップに興味はなかったんですが、タイヤの消耗を抑えられるならやってみる価値はある…

 そのままだとチェーンがタイヤに当たってしまう「可能性がある」と言うことで、チェーンを外へ逃がすためにドリブンスプロケットにスペーサーをかまし、ドライブスプロケットはドリブン側のスペーサー同様、2mm外側にオフセットされたスプロケットを組み込み。どちらもブルーポイント製です。
 チェーンガードもタイヤに当たる「可能性がある」と言うことで、一部をカット。
 実際にタイヤを換えてみたところ、ドライブ側は一丁下げてるけどドリブン側を三丁上げてるために少々短めになってたチェーンが完全に尺が足らなくなり、チェーンも新調。

 早速試運転…と、走り出してすぐにタイヤの外径アップによるリア車高アップ&前下がりになった車体姿勢に違和感を感じます。うーむ、相当鈍感だから気が付かないかと思ったんだけど…
 併せてリアの突き上げが増したと言うか固くなった印象が。しかしこれはもしかすると交換の際に普段より高めの空気圧に設定されてるのかも。

 ハンドリングが重くなると聞いてましたが、逆に最初は直立から倒し始める瞬間がフラッとする感じで不安感が…単純にタイヤが新品になったことでプロファイルが変わったからかも知れないし、新品で滑るかも…みたいに考えて神経質になってたのかも。

 タイヤの様子を見つつ少しずつペースを上げていくと、慣れてきたのか特に違和感はなくなりました。
 そして同時に今までとそんなに差を感じなくなってきたりもw

 とりあえずこれ以上の事は実際にサーキットを走ってみないとですね。先日のトミンミニフェスで転倒した際に破損したバックステップは現在おおにしさんが補修の為に奔走して下さってるのですが、火曜の桶スポ練習までに直るようなら、バックステップと併せて様子見。
 ただ、転倒の原因が単純な攻めすぎだったのか、それともバックステップ化によって何らかの影響が出てたのかの判断が出来てないので、もう一回ぐらい転ぶんじゃないかな…って気がしてます。
 そういやよく見たらみつきフェスでローテーションしたフロントタイヤ、反対側よりはマシだったとはいえ、左サイド(後輪側に付いてた時は右サイド)もスリップサインが出掛かってたので、もしかすると転倒の原因の一因になってたのかも。その直前にほぼ自己ベストタイムが出てるから、それほど大きな影響はなかったんだろうとは言え。

 ところで今日のツーリングは宮ヶ瀬のふれあいの館をスタートして道志みちへ、道坂峠を越えて秋山街道入り、牧馬峠を越えて道志戻り、ふれあいへ…ってルートだったんですけど、道志みちは車が多めなもののそれ以外は日曜でもガラガラ、ほとんど車も走ってないのでちょっとバイクで峠を流したいなー…って時にはいいかも。
 牧馬がちょっとタイトなので大型だと大変かも…ですが。

 ふれあいまではヤビツを登って行ったんですが、もしかするとKSRに乗り換えてから初ヤビツ? 前に一回ぐらい走ったかな??
 KSRのパワーだとあの狭いヤビツでも全開率が非常に高いので楽しいですな~。
 タイトだからKSRの遅い速度でもブレーキングが必要になるし、リズム良く走れる感じ。過去一番楽しく走れたヤビツだったかも。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »