« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016年9月27日 (火)

トミンリベンジに行ってきた(バイク)

 しかし玉砕!!! 


 …この書き出しもワンパターンですね…

 土曜にトミンモーターランドで開催されたBMC走行会で、この四年間では見たこともない30秒台止まりという悲惨なタイムを出してしまったぼく。いや、走行会の時ならあったかもな…
 これはいかん!!と、嫌なイメージを払拭すべく再度トミンに行ってきました。

 BMCの時の最大のテーマは、バイクをさっさと起こしてできるかぎり早くスロットルを全開にすること。
 今まで通りの走りだとインベタでバイクを寝かしてる時間が長くなっていつまでもバイクを起こせないのでは…?と考え、直線的に立ち上がれるラインをまずイメージ、そのためには今までより走行ラインの放物線をコーナー手前に持ってくるイメージで想定してみました。

 しかしそれを意識したためにバイクを止めすぎてしまい、進入も旋回も遅い…という状態に。

 なので、今回は立ち上がりでさっさと起こして全開…だけは守るとして、他の事はあまり考えずに走ってみることにしました。

 タイム出ない…

 6Rと比べると遥かに上手く乗れてる感があるKSRの時に、とりあえずさっさとブレーキ離して旋回速度を上げるとペースを上げられたので試してみたのですが、たしかにいい感じではあるんですけど、いつまで経っても寝かしこみ始めるまでに減速が完全に間に合ってしまい、ブレーキを完全に離してから寝かしこむ状態に…
 それでもまぁバイクはそれなりに寝てるし、立ち上がりでも開けられてるのでまぁ29秒台ぐらいは出てるだろ…と思ってタイム見ると31秒台…
 体感とタイムが全くリンクしてない…

 KSRでは最近「今自分がなにをしているのか」を明確に意識できるようになってきて、このポイントからブレーキング始めて減速しすぎてるから次はもう少し奥にしよう」「ラインがコンパクトすぎで立ち上がりが苦しいから、ブレーキング開始と寝かしこみを奥にしてみよう」「スロットル開けるタイミングが遅いからもうワンテンポ早くしてみよう」…みたいなことがちゃんとできて、実際こないだの桶川スポーツランド旧コースでは自己ベストを大幅に更新できました。
 6Rでもそうやればいいんだ!と思ったんですがこれがなかなか…

 しかしどうにかこうにかブレーキングポイントが奥になってきて、それと共に進入~旋回速度も上がってきました。
 おかげで今日の終了間際にはなんとか29秒2をマーク。
 こんなタイム、一番乗れてた時期なら10分も走れば出せたんだがな…まさか半日かかるとは。

 今回走って感じたのは、やはり立ち上がりのラインと進入~旋回のラインの辻褄があってない。
 ただ、そこで「理想のラインをトレースしよう」と考えてしまうとBMCの二の舞なので、KSRでやってるように全力のブレーキングから全力での寝かしこみでフルバンクへ…を行った上でそのラインに乗せられないと意味がない。
 そのためにはやはり自分の行ってる操作のポイントを明確に意識して、次のラップではもっと奥に…って繰り返していかないとダメなんですよね。
 進入で怖く感じる原因は「止まれないかも…」「曲がれないかも…」って不安感なので、「このポイントでブレーキングして遅すぎたんだからもっとブレーキ遅らせても大丈夫!」と言う確信が持てればいいはず。

 …なんですけどねぇ…できないんだよな…

 今日の唯一と言っていい収穫は四年目にしてようやく一速でストッパーに当たるまで全開にできたこと…ぐらいで、華々しい成果は挙げることができてないんですが、いつか実を結ぶと信じて走りこんでみます。

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

BMC走行会行ってきたぴょん(バイク)

 しかし玉砕!!! 


 …はい、今年二回目のBMC走行会ですね。昨年あたりから大盛況で、「申し込み開始後30分で枠が埋まる」と評判のBMC。
 今回から試験的に、9月と11月のどちらか片方しか申し込めない(枠が余ったら11月も参加可)という仕様になったので、ぼくは9月でエントリー。
 週間天気予報ではあまり良くなかったですけど、数日前の予報では低めの降水確率に。しかし前日の予報では夕方から雨予報…?とコロコロ変わる予報。

 まぁ午前中は大丈夫だろう…とトミンに向かって走り出しました(今回はトランポが使えなかったので6Rで自走)が、カッパ着るほどではないとはいえあちこちで小雨が降ってる…
 土浦北IC降りたら雨は止んだものの路面はフルウェットでがっかりしましたけど、トミンに行く途中でドライに。肝心のトミンはセミウェットと、僅か10km圏内でも場所によって天気が違う…

 走行開始前にサーっと霧雨が降りましたけどすぐに止んで、一本目の走行はほぼドライで走れることに。
 しかし1コーナーに水が流れた跡があるのと、最終コーナーイン側に水溜りがある(しかもぼくの走行ライン的に突っ込む)のが気になって寝かせられない…
 最終コーナーで二回フロントが切れ込んだ気がしてびっくりして起こしてしまいあたふた…1コーナーも水の跡を越えてから寝かしこんでるから全くペース上がらず…

 タイムは32秒7…こないだのDETO走行会の最初の五分で出したKSRのタイムより遅い…

 二本目は完全にドライ。これで一気に気が楽になって寝かせられるようになりました。うーん、ホントにメンタル弱いな…
 今日のテーマは、とにかくしっかりと向きが変わるまでスロットルを開けずに待って、直線的に立ち上がれるラインに乗ったら積極的にバイクを起こしてスロットル全開。
 前々から「速い人はスロットル開け始めるのが早いなー」と感じてて、なんとか早め早めに開けようと努力してましたが、もしかするとそもそも走行ライン的に開けて行けるラインに乗せてるから開けられるのでは、と。
 ぼくの場合はなかなか向きを変えられないからその分寝かしてる時間が長くなってスロットルを開けられないのでは。

 その辺を心がけてみて、ようやく自分としてはいい感じで走れるようになってきました。

 しかしタイムは30秒5…6Rに乗り換えてからは勿論、その前のTRX時代でも30秒切れないってことはなかなかなかった覚えが…
 まぁ今回は↑のイメージに的を絞って練習してたせいもあるんですが、それにしても進入が遅いし、向きが変わるのを待ってる分ボトムスピードも多分遅い。
 さらに「スロットル全開」と言いつつ、相変わらずストッパーに当たるまで開けられない…多分あと1mmとか2mmだろうから限りなく全開ではあるんだけど、当たってないだけにどれぐらい開けられてるのかよくわからない。

 ひとまず立ち上がりのイメージは今の方向で進めるとして、進入~旋回のアベレージを上げることが当面の課題ですね。そこが遅いためにその先のリズムが合わない。

 そして三本目はぼくの大嫌いな逆回り…KSRなら走りやすいし、タイムも逆周りの方が出た気がするけど、6Rだととにかく走りづらい。3つある左コーナーが全て攻められない。
 あまりにも上手く走れないことに辛くなってきたので早々に切り上げてピットイン。

 だめだ…

 次の枠も逆回りだけど、早く最後の正周りを走りたい…でも枠が勿体無いから次も走らないと…とか悶々としていたら、次のダチョウ2クラス走行中にいきなりの土砂降り。
 前フリなしで一気に土砂降りになったのでびっくりしつつ、間借りしてたおすずさんのトランポのドアを全部閉めてリアハッチの下で雨宿り。

 アメッシュを見たら東京~神奈川エリア全域を覆ってる雨雲がこっちに流れてきてるし、これはもう今日は走れない…と、早々に見切りをつけて撤収。夕方になって止めばいいですけど、日暮れの雨で視界悪い中で渋滞すり抜けとかなったら目も当てられないですし…

 いつも走行会はお祭りのつもりで、頑張って走るよりお友達の走りを車載カメラで撮影したり絡んで遊ぼう!と思ってますが、今は6Rの練習をしたいこともあって、今日は余計なことは考えず黙々と練習…
 と意気込んで来てのこの結果は正直凹む…

 今月頭のDETO走行会で痛めた右手が関知しておらず、そもそも全くバイクに乗ってない状態で今日に臨んだので「痛みがひどくなったらどうしよう…」と気持ちが後ろ向きだったのに加えて、冒頭のセミウェットで「滑ったらどうしよう…」とさらに気持ちが後ろ向きに。
 そもそも「KSRと比べて6Rはでかくて重くて怖い…寝かすとそのまま倒れそう…」と気持ちが後ろ向きだったので、この状態で好タイムを出すなんて不可能…
 過去に28秒5までは出してるし、いつぞや走った時もそれに近いタイムが出てるから、今まで通りきっちり走れればそれぐらいのタイムは出るんですよね。
 でももっと速くなりたい…

 とりあえず↑のイメージも含めて、トミンのフリー走行枠一日丸々使って色々と試行錯誤したいですね。

 …さて、自分の走りに関しては最悪でしたが、走行会そのものはと言えば、相変わらず回りはお友達ばかりだし、和気藹々とした楽しい走行会。
 その中でフォロワーのまるよさんが定番にしてる「エクストリームラクガキ」に誘われたので、スケッチブックにマッキーで一発書き!
 コミケにももう五年参加したないからスケブ描くの久し振りだ…
 最近またお絵描きを楽しんでるので、いい経験ができました!

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

相撞き募集中!(ビリヤード)

 無事にキューも戻ってきたのでまた置き忘れないように気をつけつつ、今日はマイキューで玉撞きに。
 今日のテーマはブレイク。ぼくが普通にブレイクすると手玉が手前側短クッション真ん中にくっついちゃう上に、厚みと撞点がバッチリだと手玉もテーブル中央付近で止まっちゃっててにっちもさっちもいかなくなるので、もう少しブレイクのパワーアップをしようと。

 素振りで試してると、小指で送り出すようなイメージにするとキュースピードが上がる感じ。コレで試してみるか!

 ミスキュー。

 やり直し~。

 ミスキュー。

 や・・やり直し…

 ミスキュー。

 全然撞けねーじゃねーか!!! 

 キュースピードは上がってる気がするけど、撞点が大幅に狂う…
 同じイメージでややテイクバックを少なめにしたらまぁまぁキュースピードも上がって1番の位置もクッションから浮いてコーナーポケット寄りになった気がする。

 しかし安定しない…20回ぐらいブレイクして18回ぐらいミスキュー。これじゃ全く使えん。
 方向性としては悪くない気はするんだがな…要練習だな。

 そんなことより渾身のミスキューを続けてしまったために手玉がひどいことに…ブレイク練習用にマイ手玉持ち込んだ方がいいかも…
 使ったっきり使ってないジム・レンピトレーニングボールでも持ち込むかw

 …とかやってると二つ隣のテーブルの方に声をかけていただきました。
 ぼくのブログを見てくださってる方で、ブログで見たキューだったからもしや…と思ってとのこと。

 ブログ効果出たーーーーー!!!!! 

 もしかしてこれはブログのトップページに大々的にキューの写真載せて「このキュー見たら声かけて!」とか書いとけば相撞き誘われるのでは…
 ぼくチキンハートだから自分から声かけられないんよ。

 うーむ、あまり人と被らないデザインのキュー(オマケに目立つ)にしたおかげでこんな効果が…
 「これパワーブレイク?」とか訊かれるエスピリチュだったらこうはいかんw

Mixi1573

Mixi1574


 そんなわけで普段は川崎バグース(日曜の12時~14時間)、富士ビリヤード(主に平日夜)に出没してるので、見かけたら声かけてね!!!

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

バスにキューを置き忘れた話(ビリヤード)

 昨日の試合、途中から驚異的に調子が回復したので、そのきっかけとなったポイントを確認するために玉撞きに。
 雨が降ってたのでバスで駅前に行って、とりあえずベッカーズで昼飯を…

 きゅ‥キューがない!!!! 

 すわ、バスの中に忘れてきた…とは思いましたが、今からダッシュでバス停に戻ったとしてももう乗ってきたバスはいないだろうし、すでに注文済みなのにイキナリ店を飛び出すのも恥ずかしい…
 そういや横浜銀行のATMでお金下ろしたからあそこに…?と思い、店員さんに一声かけてからダッシュ! しかし見当たらない…
 ちょうどバスの窓口を発見したので声をかけると、営業所の方に電話してくれとのこと。早速電話を入れて、見つかったら折り返し連絡をもらうことになりました。

 知ってのとおり、ぼくのマイキューは今年買ったばかり。しかもかなり高額のため20回払い…
 物がないのに支払いが残るのは辛いし、そもそも金額的に洒落にならない。
 それよりなにより「このキューよりカッコいいキューなんてない!」と断言するほどに惚れ込んでるキューだけに、その事の方がショック…

 …ただ、もう連絡を待つ以外にできることもないし、せっかく玉撞きに来たので連絡を待ちつつ川崎バグースでハウスキューを使って練習。

 昨日の試合で立ち直ったきっかけは、左手を伸ばして的玉へ近づけたこと…でした。
 腕が伸びて突っ張ったことで体が安定したのか、姿勢が低くなって狙いやすくなったのか…とにかくその辺がポイントなのかとセンターショットで確認。
 うーん…そうと言えばそうだし違うと言えば違うような…

 10球ほどセンターショット撞いてから実戦…ボウラードで確認。
 うーん、玉入らんな…やっぱり違うのかな…
 どっちかと言えばグリップ位置の影響の方が大きいかも。前を握りすぎるとキュー先が真っ直ぐでない傾向があるので、素振りを始める前にグリップ位置を調整…ってのは半年前ぐらいのビリヤードメモにも書いてるんですよね。
 昨日の試合でも左腕が伸びるのに合わせて右手も後に下がってったような…

 49点でボウラードを終えてから再度センターショット。ちょうどいいと感じるグリップ位置よりも前を握ったり後ろを握ったりして確認しますが、これまた影響があるようなないような…
 そうこうするうちに「やっぱり『左肩の向き』がポイントなのかな」と。フォーム全体より、まず左手をテーブルの上に置いてレストを組んでから、左手で押すようにして体を下げていき、それ以上動かなくなったところで撞く。
 このイメージが一番安定して玉が入るようになりました。

 うーむ、しかし調子いいときは無意識にこれをやってるのかって言うと…どうなんだろうな。
 10年近くビリヤードやってきて未だに日によっての調子の波を解決できない…なんか色んな要素がありすぎて掴めないんですよね。
 まぁ半年前ぐらいに読んだ鈴木さんちの球日記にも「誰しも調子の上下はある」って書いてあったから、こんなもんだと思った方が気が楽なのかも…

 さて今日のもう一つの課題はブレイク。ブレイクよりプレイをなんとかする方が先決…と、今まで全く練習してこなかったですけど、そうこうするうちにぼくも10年選手だし、今のままだと1番が短クッション際にくっついて入れられない…という状態を払拭できないので、真面目に練習しようと。
 とにかくブレイクのパワーはキュースピードの速さだと思うので、キュースピードを上げるのがテーマ。
 力むとスピードが落ちるのはわかってるので、力まずに振ってスピードを上げるには…今までより大きく引けばいいのか?

 と思って試してみますが、全くタイミングが合わないへなちょこブレイクを連発。単純に練習不足かも知れないけど、これじゃないのかな…
 今度は今まで通りの引き幅で体重移動のリズムを合わせてブレイク。うん、こっちの方がパワーは上がる…けど、やっぱり1番は短クッション際…
 まぁ今日はハウスキューだったので、ちゃんとブレイクキューを使えばもう少し…?

 ブレイクに関してはまだまだ研究と練習が必要みたいです。

 …とやってる間にバスの営業所から「キューは確保しました」と連絡が! た‥助かった!!
 帰宅してから営業所に行って無事に回収。本当に良かった…

 結局今日一日の研究では通常のシュートに関してもブレイクに関してもめぼしい成果は上がりませんでしたが、ブレイクに関してはしばらくの間最優先事項として研究してみます。

| | コメント (2)

2016年9月18日 (日)

半年振りに試合出た(ビリヤード)

 例年冬場はあまりバイクに乗れないので趣味の比重がビリヤードにシフトしますが、昨年末~今年初めも例に漏れずビリヤード三昧。
 年内にボウラードアベレージ100点越え&B級戦での安定した成績を目標に掲げたこともあって、月2~3回のペースで試合に出たりしてましたが、やはり暖かくなってバイクシーズンが始まるとバイクに比重がシフト。
 それに加えて2月あたりからギターの練習にも力を入れるようになって、仕事終わってからの僅かな時間で玉撞き行くよりギター弾いてた方が…みたいな感じになってしまい、ビリヤード自体も三ヶ月ぐらいろくに撞かない状態でした。

 それもちょっと落ち着いて(今もギターは積極的に練習してますけど)、7月あたりからぼちぼちとビリヤード再開。先日は二年ぶりぐらいのマスワリ出したり、ボウラードのスコアも年初と同じぐらいまで上がってきたので、ちょっと試合でも出るかな~…という気になってきました。

 折りしも、3月に閉店になってしまったハイランドが移転&名称変更したMECCA横浜のBC級リーグ戦が本日開催。
 ぼくがビリヤード初めて半年ぐらい経った頃、相手がいなくて困った末に参戦したのがハイランドのビギナー戦。それ以来ビギナー戦→BC級戦とステップアップしてきた、ぼくの原点とも言っていい試合なので、半年振りに出たい…
 でもここのところ、右手の怪我の影響であまり撞きこんでないし、たしかに火曜に撞いた時は絶好調だったけど、安定してその調子を維持できてるか自信ない…

 そんなこんなで悶々としていたら、バイク仲間でレース仲間のいちごはみがきさんから「youせっかくだから出てきなよ」的なことをツイッターで言われたことで出場を決心。関内はMECCA横浜まで行ってきました。

 …しかし実は行きのバスに乗った時点でも「やっぱり止めようかなあ…でももうバス乗っちゃったしなあ…」と悶々としていたりw
 なにをそんなに迷ってたかと言えば、勝った負けたはそんなに気にしないんですけど、試合でイージーミスをするのが恥ずかしい。初心者でも外さないような玉を外したり、フリーボールで貰った玉を外したりするのが恥ずかしい…

 でもMECCAに着いてから試合を待ってる間に、逆にそれさえ気にしなければなんの問題もないし、こないだボウラードで崩れたときに、一球簡単な玉を外したところで疑心暗鬼に陥ってズルズル調子を落としたりしたので、一球ぐらいたまたまミスる時もある…と開き直って撞いた方がメンタル的にも安定していいのでは?
 メンタルが弱いのがぼくの玉撞きが強くならない最大の原因なので、心を強く持って…

 た‥玉が入らない… 

 試合前の練習はやらなくていいかなー…とも思ってたんですが、テーブル空きましたけどどうですかーと声をかけていただいたので、せっかくだから5、6球…と撞いたらさっぱり入らない。
 なんていうか、フォームに安定感がなくて狙っても全く玉が入る気がしないし実際入らない。
 いきなりメンタル総崩れ、不安を持って臨んだ第一試合…

 玉入らん。 

 ↑で危惧したとおり、ほぼ真っ直ぐのイージー玉も外すし、フリーボールも不安で角度付けて置けなかったのでほぼ真っ直ぐに置いたにも関わらず外す…

 最悪だ…

 相手はCクラスでしたが、かなり入れが強いし出しもちゃんと考えてる。
 正直Bクラスでも戦えそうな相手にC級ハンデを振って勝負するときほど辛いものはない…
 一球も入れられないまま(一球ぐらいは入れたかも)ストレート負けする寸前で回ってきた9番ゲームボール。ロングショットとは言えほぼ真っ直ぐ。
 今までの迷いを断ち切るように気持ち良く引きをかけて撞いた9番は遠いコーナーへ綺麗にポケット!

 しかし気持ちよく引きをかけたために手玉が手前コーナーにスクラッチ…

 気持ちよく引きすぎだろ!!! 

 ま‥負けた…

 しかしこの最後の一球がようやく気持ちよく入ったことでメンタルが上がってきました。

 二試合目の相手は外人さん。外人さんってやっぱり日本人とは違うところが多い(そもそも言葉が通じないことが多いし)ので苦手なんですが、ぼくのお友達のF木さん(さすが常連、今日の試合にも来てました)の知り合いっぽいし、一試合目を見てたら日本人的マナーの良さ(日本語もできるみたいだし)だったので、安心して試合に臨めました。

 試合の序盤で厚めの6番を気持ちよく入れたことでメンタル面はほぼ平常状態まで回復。玉もそこそこ入るようになってきました。
 しかし力及ばず二敗目…

 三試合目はまたしてもCクラスの方。しかしこちらの方は普通にCクラス…って感じだったので一安心。
 入れも出しもまだまだ発展途上…って感じでしたが、その一方でぼくの調子は完璧に仕上がりました。
 玉がぽんぽん入るようになってくると「うひょー狙わなくても入るぜ!!」となってイージーミスする。

 ダメじゃん!!! 

 ただ、調子が上がった時のペースの速さと入れの強さは相手に対してプレッシャーにはなるはず…
 以前と比べればポジションも出るようになってるので、Cクラス相手には脅威になるんじゃないかなー。

 イージーミスした分をセーフティでカバーする展開でなんとか勝利。楽勝にはならんな…
 この辺、なんだかんだで知識と経験の蓄積がものを言った感じ。

 四試合目は女性プレイヤーさん。まぁご多分にもれずぼくも女性プレイヤーさんは苦手なクチですねw
 ここまでの試合を見てて非常に撞き方が綺麗だったのでてっきりBクラスだと思ってたんですが、Cクラス。アレ、コレってやばいパターンでは…

 ただ実際に相手をしてみたら、結構ぽろっと玉を外したりするし、フリーボールも(試合のプレッシャーがあるんだろうけど)ムリのない真っ直ぐ目に置く感じだし、たしかにCクラスかな、って感じ。
 引き続きぼくは絶好調に近い状態で、1ゲーム目は綺麗に取り切って勝利したのですが、その後は9番で外す展開…
 1ゲーム返されての3ゲーム目は9番をほぼ穴前に残して「負けた…」と思ったのですが、Bクラスなら100%入れてくる(OK出してもいいぐらい)けどCクラスなら何があるかわからんな…と見ていたら、まさかの空振りファウル。
 これも試合じゃなければ多分入れてきたと思うんですよね。試合ならではのプレッシャーだよな…

 2-1ヒルヒル(Cクラスは2先)で迎えた最終ラック、ブレイクノーイン(今日はほぼノーインだった)から相手の方の1番ミス。
 そこからはぼくが怒涛の入れ倒し祭りで6番まで辿りつきます。
 サイドに厚み1/2ぐらいの配置。そこから中ぐらいの力加減で引けば7番に厚めに出る。
 7、8、9が短クッション際に集まってる(って言うか集まるような配置にラック組んでブレイクしてる)ので、ここで7番逆フリ薄めとかになったら目も当てられない。

 弱い…

 7番にほぼ真っ直ぐに出せれば理想でしたけど、かなり薄くなっちゃいました。
 この7番を入れて8番も遠いカットだったけど気合で流し込んだ…んだったかな? とにかく9番が縦バンクしかなくなったのを覚えてます。
 この縦バンクを外して…残り玉も簡単ではないけど入れられる配置になったのを相手の方がミス。
 回ってきた9番を確か穴前カタカタして終了…だったはず…

 結果的には1勝3敗の負け越し。でも後半二試合は自分的にはベストな玉撞きができたので、そういう意味ではまぁまぁ満足。
 それ以上に人と撞くこと自体が楽しかった!
 全く玉が入らなかった一試合目もなんか楽しかったw
 ビリヤードは相手がいるゲームなんだ…って当たり前のことに気づかされました。

 思うに、ぼくの玉撞きキャリアがしばしばブランクで中断するのは身近なところにビリヤード友達がいないからだと思うんですよね。
 川崎バグースとか富士ビリヤードにしょちゅう遊びに来る友達がいれば多分ブランクなしで続けられたはず。
 まぁ常連さんと仲良くなればいい話なんですが…コミュ障だからな…

 川崎の常連さんと言えば、mixiの川崎ビリヤードコミュ代表のbistさんに久々にお遭いしました。三年ぶりぐらい…?
 なんか週三ぐらいで川崎バグース来てるみたいだから今度相撞きしたいな…ううぅ今日メアド交換すればよかった。

 今日はすごく楽しかったけど、多分また延々と一人撞きが続くと煮詰まってくると思うので、やっぱり定期的に試合なり相撞きなりしていかないと…ですね。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

玉撞き調子いい(ビリヤード)

 前回のマスワリ日記で書いたように、ここのところ構えた時に頭が右にずれる傾向があったのを修正してからだいぶ調子が良くなりました。
 …とは言っても一昨日撞いたときはそこそこ玉が入ってるのにポカが多くてボウラードは50点台とイマイチでした。
 が、今日は久々の80点越え。ぼくのボウラードアベレージは最高で70点台なので、これは調子いい。

 頭の位置に関してですが、ぼくは基本的に右目寄りに構えて真っ直ぐに見えますけど、多分両目の中心寄りに構えて真っ直ぐにも見えるんだと思うんですよね。それがごっちゃになっちゃって、立って狙ってるときは右目寄りで狙ってるけど、頭を下げて構えてくに従って中心寄りで狙っちゃう…ってことなのかも。
 それでもセンターショットは入ってたし、真っ直ぐな玉なら入るんですけどねぇ…フリのある玉が入らないんですよね。
 まぁ理由はともかく、左足を意識してそこから頭を動かさないようにして構えれば相当な精度で玉が入ることがわかったので、意識したいところ。

 ぼくがナインボールでめいっぱいの力加減でブレイクすると、1番が短クッション際真ん中あたりに止まっちゃってほぼ入れるのが不可能な配置に。
 普通のBクラスの人ならもうちょっと強くブレイクできるからクッションから浮いてコーナーポケットに寄ると思うんですけど、これだとにっちもさっちも行かないのでもっと強くブレイクできるようになるか、逆に弱めにブレイクするか。

 今日はソフトブレイクを研究してみたんですが、その最中に1番、2番、7番インのマスワリチャンス。しかし5番に微妙に出しミスしたのが効いてシュートミス、終了…
 そもそも1番のどの辺に当てるかでコースが微妙に変わるみたいだから、1番への当て方重視で練習してみてもいいのかも?

 さてぼくがMUSASHIを手に入れて早半年。その間ほとんど撞かない時期が三ヶ月ぐらいあったりして、こんな高いキュー買っちゃって本当に良かったのかな…といまだに思うんですけど、以前は「いつかはもっといいキューを!」としょっちゅうヤフオクを眺めてたのが他のキューには興味がなくなったし、これだけのキューを使って玉が入らないのは仕方ない…と思えるようになったりで、メンタル的には良かったのかも。

 メンタルと言えば、前回ボウラードのスコアがイマイチ伸びなかったのは、簡単な玉を一球外したことで疑心暗鬼になって調子を崩したせいだったかな、と。
 「たまには外すときもある」と気持ちを切り替えて次の玉に集中するのがポイントなのかなー…と思いました。

 もう10年近く玉撞いてますけど(ブランクが数年あるけど)、その10年間の7割ぐらいは思ったように玉が入らない日だった気がする。
 毎回今日ぐらいの玉撞きができてれば、もっと積極的に相撞きしたり、試合に出たりしてビリヤードを満喫できた気がします。
 もしかしたら今ごろはバイクじゃなくてビリヤードがメインになってたかも…

 いつにも増してとりとめのない日記でですが、ここのところの調子の良さを信じて週末はMECCA横浜のBC級戦に参戦してみようかと思ってます。まぁ天気が良ければバイクでサーキットに行きたいので、天気次第…って感じですけど。

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

ギターにステッカー貼った(ギター)

 数ヶ月前に中古で購入して以来メインギターとして弾き込んでいるアイバニーズ。
 ギターそのものに関しては非の打ち所がないんですが、カラーリングがイマイチ。ぼく、コテコテのメタラーじゃないから黒一色のクールなギターって好みじゃないんですよね…
 購入して早々に敢えて外しワザとしてボリューム&トーンノブをカラフルな黄色とピンクに変えましたけど、もっとカラフルにするべくステッカーを貼ろう…とちょっと前から画策してました。

 先週、70年代サイケの香り漂うアラベスク模様のステッカーを注文したのですが、届いたのを見たら思ったよりサイズが小さい…
 なので、改めてヤフオクでカッティングステッカーを発注しました。

 今日届いたので早速ぺたり!

Mixi1568

Mixi1569

Mixi1570

 うーん、いい感じ♪

 小さいよりは大きめではみ出すぐらいのサイズを…と思ってたので、今回はイメージ通りのサイズ。
 黒に合わせるならピンクでしょ…と思って注文しましたが、ピンクと淡いピンクの二種類があって、明るい色の方が対比が際立つな…と、淡いピンクの方を選びました。
 この場所なら弾くときに手も当たらないし、そんなに痛まないでしょ!

 最初に注文した方も勿体無いので貼りたいんですが、これ以上このギターに貼るとまとまりがなくなりそうだし…ストラトに貼る?

 それはそうとここ一週間ほど練習課題を録音して翌日の練習前に聞き返すようにしてます。
 いつぞや買ったトモ藤田さんの教則本でも「録音して聴くべし」って書いてあったし、かのイングヴェイも自分のプレイを全部録音して聴き返したのが上達のキモだった的なことを言ってますしね。
 実際録音した初日のプレイを聴き返したら「やけに弾き方がたどたどしいなあ」と思って、二日目で即改善できましたし。
 今はミスなく弾けてるかよりも、リズムがちゃんと取れてるかと弾き方がスムーズか、音がちゃんと伸ばせてるかに注目してチェックしてます。ミスは同じフレーズ弾いてれば少なくなるだろうし。
 その甲斐あってか、ちょっと前(二週間ぐらい前?)に録音したEvanescenceの「Bring Me To Life」、どうも歯切れが悪いなあ…と思ったんですが、昨晩録音したのを聴いてみたら全く問題なくなっててほくほく。
 この調子で一ヶ月ぐらい練習してみてなにかしらの発表ができるといいですな~。

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

DETO走行会行ってきたじょ!(バイク)

 昨年エントリーしたものの人が集まらず中止になってしまったDETO走行会。第二回目はミニフェスと重なってしまって参加できず。
 今年の第一回のエントリーが始まったのでエントリーしたのですが、またしても人が集まらず…
 このままではまた中止だと言うことでツイッターでもリツイートしまくりましたが、最終的には充分なエントリーがあって開催決定!

 しかし雨予報… 

 ここのところ「6Rで速く走るには?」みたいなものが見えてきたので確認したかったのと、KSRではそこそこ走れるようになってきたから次は6Rを乗りこなせるようになりたい…と、6Rでエントリーしたのですが、雨が降ったり止んだりの予報となると、トランポで雨をしのげて、濡れた路面でコケてもダメージの少ないKSRの方が向いてます。
 前日の晩まで天気予報とにらめっこして悩みましたが、結局無難にKSRで行く事に。

 早朝の我が家周辺はそこそこ天気良さそうだったので、一瞬6Rで出ようかとも思いましたが、これまた無難にKSRをエブリィに乗せて出発すると、すぐに雨がぽつぽつ来はじめて、湾岸合流、大井IC周辺は土砂降りの雨…
 6Rで出ると決めたら多分カッパも着てなかったと思うので、本当にエブリィで来てよかった…

 その後もチラホラと雨雲の下を抜けましたが、乾いてるところは乾いてる感じ。トミンモーターランドに到着すると路面は結構濡れてましたが、走行開始時にはほぼドライに。

 しかし頭上には真っ黒な雲が…

 最初のB1枠の走行が終了し、B2枠の途中で転倒、オイルが出たために赤旗中断。

 してる間に雨が…

 アメッシュを見てもかなり小さい雨雲だし、小雨マークだったのですぐに止むだろと思ったら土砂降りの雨に…
 おまけに30分以上降ってるし…

 この雨によってオイルが広がってしまい処理が困難に。ひとまずオイルが残ってるイン側はパイロンで仕切ってアウト側半分だけを使えばなんとか走れる状態になりました。
 ぼくは6RでAクラスでエントリーしてたのですが急遽KSRに変更。ミニバイクは基本的にB2クラスみたいなので、スタッフのいくちんさんに相談してB2クラスに変えてもらいました。
 一本目はまだ走ってないのでAクラスで走るつもりでしたが、路面も乾いてないのでスルー。
 10分に短縮されての二本目のB2走行枠でエントリー。

 コーナーは大型より速いものの直線で遅いミニバイク勢としては大型の後につくとやっかいなので、速そうなR25の方に続いて二番手でコースイン。
 イマイチ寝かせられてないなー…と思ってる矢先に1コーナーでステップ擦る。速度の高いコーナーだけにサスが沈んでステップ擦りやすい…とかもあるのかもですが、思ってる以上に寝てるのか?
 ミニサーキットとしては曲率の大きいトミンAだけに普段の感覚とズレが…

 そんな感じでぼちぼちと走ってると大型に追いつき始めたので、コーナリングスピードの速さとそれに伴ってのコーナー脱出速度の速さ、そしてコーナー進入の速さを活かして大型をパッシング。

 おおおぉぉぉ楽しい!!! 

 普段ミニバイク同士だと当然ながらコーナリングスピードも周りと同じぐらいですが、大型相手だとめっちゃ速い!
 まぁその代わり直線が激遅なんですけどね…

 気が付けばWR250に乗るお友達にしてレン耐チームメイトの平沢ようさんが二台前に。よーし抜いちゃうぞ~♪
 その前に一台いるので、奥の右ヘア(帝王コーナー)立ち上がりで全開…
 大型勢はここからは開けられないので、この立ち上がりの瞬間に並んで併走すればレースじゃあるまいし次の左で譲ってもらえるだろー。

 …あかん、開けるの早すぎて膨らんだ…

 そう言えば朝方やまぽさん&ロンドンさんとコースウォークしてる時に、「コースサイドの芝生が濡れてめちゃめちゃ滑る」って話したっけ…

 スロットルを戻してなんとかコース内に留まろうとしたのですが時すでに遅くコースアウト…した瞬間に一気に転倒…
 久しぶりにゴロゴロと嫌な転び方をして、起き上がろうと思ったら右手に痛みが…

 あかん…これはあかんやつや… 

 一瞬痛みで動きが止まりましたが、いかん、まずはコースサイドに退避しないと…と芝生を目指します。
 いつぞや桶スポで転倒した時に「エスケープがめちゃめちゃ早かった」と言われたぼくらしからぬ鈍い動き…

 ひとまずコースサイドのガードレール際に退避しますが、手が痛くてバイク起こす気になれない…
 バイクはスタッフさんに任せてパタパタと小走りでピットロードへ。

 痛い…

 グローブ外してみると見た感じではダメージなさそうに見えます。特に腫れてもいないし。
 なんか手が痺れて感覚ないので、感覚が戻れば意外と大丈夫だったり…?

 …いやだめだ痛い…

 女性スタッフさん(かな?)からロキソニンを頂いたのでそれを服用。KSRはまたしてもステッププレートが曲がってしまって走行不可能だし、なによりこの手の状態ではもう走れない…
 平沢さんにKSRを積み込んでもらって、なんとか帰り支度は完了しました。

 お昼をまたいで軽く午後の走行を眺めてから、近所の病院に行くべくトミンを離脱。たいしたことがなければいいけど…

 病院で看護婦さんに「小指が…」と見せると、「なんか色が悪くないですか?」と一言。
 いや、指が紫色になってるから病院に来たんでwww 

 レントゲンの結果、幸いにして骨には異常なし。「とりあえず冷やして下さい」とのことだったので、ひとまず追加でロキソニンを頂いて帰宅。
 骨に異常がなかったことで少し落ち着いたのか、はたまた若干回復したのか、痛くて動かなかった中指と薬指はちょっと動くようになってきました。小指はダメだけど…

 帰宅してから現在までひたすら冷やしてるおかげか、ちょっと良くなってきたかも。

 うーん、しかし残念…レースじゃあるまいし、あそこでムリして抜きに行く必要は全くなかったのになんであんな事を…
 やはり走り慣れたトミンAと言うことと、コーナーだけは大型車より速いミニバイクの特性でテンション上がった(コースサイドでもフォロワーのロンドンさんや3倍さんの間で「みつきさんの突っ込みめちゃめちゃ速い」と話題になってたみたい)せいで調子に乗ったとしか…
 ちなみにぼくが速いんじゃなくてミニバイクが速いんです…コーナーは…

 前述のように「イマイチ寝かせてない気がするなー」とは感じてたものの、やはりKSRだと思い通りに走れるので、すごく気持ち良く走れてたんですよね。
 前述のようにミニサーキットにしてはコーナーの曲率が大きいからのびのび走れるし。
 ギャラリー席から見てたロンドンさんからも「気持ち良さそうに走ってた」って言われたし…

 しかしその気持ち良さが今回は悪い方に出ちゃいましたね…

 せっかくの走行会を五分で切り上げないといけなくなったこと、またKSRが壊れてしまったこと、久し振りに転倒で怪我してしまったことが重なって気分はブルー…
 ひとまず骨に異常がなかったのは不幸中の幸いなので、9月下旬のBMC走行会までには体とバイクを直して(バイクは補修パーツあるからすぐ直るけど)、万全の状態で臨みたいところです。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »