« 玉撞き調子いい(ビリヤード) | トップページ | バスにキューを置き忘れた話(ビリヤード) »

2016年9月18日 (日)

半年振りに試合出た(ビリヤード)

 例年冬場はあまりバイクに乗れないので趣味の比重がビリヤードにシフトしますが、昨年末~今年初めも例に漏れずビリヤード三昧。
 年内にボウラードアベレージ100点越え&B級戦での安定した成績を目標に掲げたこともあって、月2~3回のペースで試合に出たりしてましたが、やはり暖かくなってバイクシーズンが始まるとバイクに比重がシフト。
 それに加えて2月あたりからギターの練習にも力を入れるようになって、仕事終わってからの僅かな時間で玉撞き行くよりギター弾いてた方が…みたいな感じになってしまい、ビリヤード自体も三ヶ月ぐらいろくに撞かない状態でした。

 それもちょっと落ち着いて(今もギターは積極的に練習してますけど)、7月あたりからぼちぼちとビリヤード再開。先日は二年ぶりぐらいのマスワリ出したり、ボウラードのスコアも年初と同じぐらいまで上がってきたので、ちょっと試合でも出るかな~…という気になってきました。

 折りしも、3月に閉店になってしまったハイランドが移転&名称変更したMECCA横浜のBC級リーグ戦が本日開催。
 ぼくがビリヤード初めて半年ぐらい経った頃、相手がいなくて困った末に参戦したのがハイランドのビギナー戦。それ以来ビギナー戦→BC級戦とステップアップしてきた、ぼくの原点とも言っていい試合なので、半年振りに出たい…
 でもここのところ、右手の怪我の影響であまり撞きこんでないし、たしかに火曜に撞いた時は絶好調だったけど、安定してその調子を維持できてるか自信ない…

 そんなこんなで悶々としていたら、バイク仲間でレース仲間のいちごはみがきさんから「youせっかくだから出てきなよ」的なことをツイッターで言われたことで出場を決心。関内はMECCA横浜まで行ってきました。

 …しかし実は行きのバスに乗った時点でも「やっぱり止めようかなあ…でももうバス乗っちゃったしなあ…」と悶々としていたりw
 なにをそんなに迷ってたかと言えば、勝った負けたはそんなに気にしないんですけど、試合でイージーミスをするのが恥ずかしい。初心者でも外さないような玉を外したり、フリーボールで貰った玉を外したりするのが恥ずかしい…

 でもMECCAに着いてから試合を待ってる間に、逆にそれさえ気にしなければなんの問題もないし、こないだボウラードで崩れたときに、一球簡単な玉を外したところで疑心暗鬼に陥ってズルズル調子を落としたりしたので、一球ぐらいたまたまミスる時もある…と開き直って撞いた方がメンタル的にも安定していいのでは?
 メンタルが弱いのがぼくの玉撞きが強くならない最大の原因なので、心を強く持って…

 た‥玉が入らない… 

 試合前の練習はやらなくていいかなー…とも思ってたんですが、テーブル空きましたけどどうですかーと声をかけていただいたので、せっかくだから5、6球…と撞いたらさっぱり入らない。
 なんていうか、フォームに安定感がなくて狙っても全く玉が入る気がしないし実際入らない。
 いきなりメンタル総崩れ、不安を持って臨んだ第一試合…

 玉入らん。 

 ↑で危惧したとおり、ほぼ真っ直ぐのイージー玉も外すし、フリーボールも不安で角度付けて置けなかったのでほぼ真っ直ぐに置いたにも関わらず外す…

 最悪だ…

 相手はCクラスでしたが、かなり入れが強いし出しもちゃんと考えてる。
 正直Bクラスでも戦えそうな相手にC級ハンデを振って勝負するときほど辛いものはない…
 一球も入れられないまま(一球ぐらいは入れたかも)ストレート負けする寸前で回ってきた9番ゲームボール。ロングショットとは言えほぼ真っ直ぐ。
 今までの迷いを断ち切るように気持ち良く引きをかけて撞いた9番は遠いコーナーへ綺麗にポケット!

 しかし気持ちよく引きをかけたために手玉が手前コーナーにスクラッチ…

 気持ちよく引きすぎだろ!!! 

 ま‥負けた…

 しかしこの最後の一球がようやく気持ちよく入ったことでメンタルが上がってきました。

 二試合目の相手は外人さん。外人さんってやっぱり日本人とは違うところが多い(そもそも言葉が通じないことが多いし)ので苦手なんですが、ぼくのお友達のF木さん(さすが常連、今日の試合にも来てました)の知り合いっぽいし、一試合目を見てたら日本人的マナーの良さ(日本語もできるみたいだし)だったので、安心して試合に臨めました。

 試合の序盤で厚めの6番を気持ちよく入れたことでメンタル面はほぼ平常状態まで回復。玉もそこそこ入るようになってきました。
 しかし力及ばず二敗目…

 三試合目はまたしてもCクラスの方。しかしこちらの方は普通にCクラス…って感じだったので一安心。
 入れも出しもまだまだ発展途上…って感じでしたが、その一方でぼくの調子は完璧に仕上がりました。
 玉がぽんぽん入るようになってくると「うひょー狙わなくても入るぜ!!」となってイージーミスする。

 ダメじゃん!!! 

 ただ、調子が上がった時のペースの速さと入れの強さは相手に対してプレッシャーにはなるはず…
 以前と比べればポジションも出るようになってるので、Cクラス相手には脅威になるんじゃないかなー。

 イージーミスした分をセーフティでカバーする展開でなんとか勝利。楽勝にはならんな…
 この辺、なんだかんだで知識と経験の蓄積がものを言った感じ。

 四試合目は女性プレイヤーさん。まぁご多分にもれずぼくも女性プレイヤーさんは苦手なクチですねw
 ここまでの試合を見てて非常に撞き方が綺麗だったのでてっきりBクラスだと思ってたんですが、Cクラス。アレ、コレってやばいパターンでは…

 ただ実際に相手をしてみたら、結構ぽろっと玉を外したりするし、フリーボールも(試合のプレッシャーがあるんだろうけど)ムリのない真っ直ぐ目に置く感じだし、たしかにCクラスかな、って感じ。
 引き続きぼくは絶好調に近い状態で、1ゲーム目は綺麗に取り切って勝利したのですが、その後は9番で外す展開…
 1ゲーム返されての3ゲーム目は9番をほぼ穴前に残して「負けた…」と思ったのですが、Bクラスなら100%入れてくる(OK出してもいいぐらい)けどCクラスなら何があるかわからんな…と見ていたら、まさかの空振りファウル。
 これも試合じゃなければ多分入れてきたと思うんですよね。試合ならではのプレッシャーだよな…

 2-1ヒルヒル(Cクラスは2先)で迎えた最終ラック、ブレイクノーイン(今日はほぼノーインだった)から相手の方の1番ミス。
 そこからはぼくが怒涛の入れ倒し祭りで6番まで辿りつきます。
 サイドに厚み1/2ぐらいの配置。そこから中ぐらいの力加減で引けば7番に厚めに出る。
 7、8、9が短クッション際に集まってる(って言うか集まるような配置にラック組んでブレイクしてる)ので、ここで7番逆フリ薄めとかになったら目も当てられない。

 弱い…

 7番にほぼ真っ直ぐに出せれば理想でしたけど、かなり薄くなっちゃいました。
 この7番を入れて8番も遠いカットだったけど気合で流し込んだ…んだったかな? とにかく9番が縦バンクしかなくなったのを覚えてます。
 この縦バンクを外して…残り玉も簡単ではないけど入れられる配置になったのを相手の方がミス。
 回ってきた9番を確か穴前カタカタして終了…だったはず…

 結果的には1勝3敗の負け越し。でも後半二試合は自分的にはベストな玉撞きができたので、そういう意味ではまぁまぁ満足。
 それ以上に人と撞くこと自体が楽しかった!
 全く玉が入らなかった一試合目もなんか楽しかったw
 ビリヤードは相手がいるゲームなんだ…って当たり前のことに気づかされました。

 思うに、ぼくの玉撞きキャリアがしばしばブランクで中断するのは身近なところにビリヤード友達がいないからだと思うんですよね。
 川崎バグースとか富士ビリヤードにしょちゅう遊びに来る友達がいれば多分ブランクなしで続けられたはず。
 まぁ常連さんと仲良くなればいい話なんですが…コミュ障だからな…

 川崎の常連さんと言えば、mixiの川崎ビリヤードコミュ代表のbistさんに久々にお遭いしました。三年ぶりぐらい…?
 なんか週三ぐらいで川崎バグース来てるみたいだから今度相撞きしたいな…ううぅ今日メアド交換すればよかった。

 今日はすごく楽しかったけど、多分また延々と一人撞きが続くと煮詰まってくると思うので、やっぱり定期的に試合なり相撞きなりしていかないと…ですね。

|

« 玉撞き調子いい(ビリヤード) | トップページ | バスにキューを置き忘れた話(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉撞き調子いい(ビリヤード) | トップページ | バスにキューを置き忘れた話(ビリヤード) »