« 奥多摩ハイキング的な(バイク) | トップページ | 袖ヶ浦マル耐参戦!(バイク) »

2016年10月 7日 (金)

ブレイク四個イン→マスワリ達成(ビリヤード)

 ここのところ玉撞きの調子が良さげ。と言うか、二つほど気をつけてるポイントがあるのですが、そのおかげで安定してる感じ。

 一つは体が前に突っ込まないように押さえること。前々からインパクトの瞬間に体が前に突っ込んじゃうことで狙いがズレるのでは…?と考え、左肩をロックして動かないようにしたり試行錯誤してきましたが、もっとアクティブに、撞く瞬間に左手で体を後に押すぐらいの意識で行った方がいいのかも…と。
 それを心がけるようにしたらイージーミスの確率がずいぶん減りました。
 副産物としてここのところ全く引けなかった引き玉がきゅんきゅん引けるようになったし、ブレイクも当たるようになった。

 ビリヤードでよく言われることで「タイミング」ってのがありますが、これがイマイチよくわからん。止まってる玉を撞くのにタイミングも何もないのでは…
 ただ、撞く瞬間に腰砕けになって引けなかったり力が入らなかったりする…「タイミングがズレた」としか表現しようのない時があるので、これがタイミングなのかなーと。
 もしかすると↑の、撞く瞬間に左手で押す…みたいなのも、タイミングがズレたらアウトだろうし、これもタイミングと言えるのかも。
 その辺が合ってきてるのかも知れません。

 もう一つはフォームの作り方。最近は体を前に伏せてくようにして構えてましたが、むしろ腰を後ろに引くことで姿勢を低くした方が安定する感じ。
 左手は下にたわませる(肘の頂点が斜め下を向く)方がぼくには合ってると思いましたが、こうやって構えると肘は真横を向くんですよね。でも玉は入るし安定してるからとりあえずこれで行ってみるか…

 この二点を気をつけたことで凄くフォームに安定感が出てきたので、安定感にモノを言わせてテキトーに撞きつつボウラードしたらテキトーにしか入りませんでした。当たり前かw
 しかし8~10フレをスペア、ストライク、スペアで纏めたおかげでぼくとしてはまずまずの80点越え。

 今日は時間もなくて一時間で切り上げる予定だったので、ブレイクキュー組み立てる時間も惜しくてハウスキューでブレイクしてナインボールを2マス。
 そして2マス目のブレイクはそんなにいい当たりではなかったものの、玉が次々とポケットインしてまさかの四個イン。

 ブレイクでいっぱい玉が入った時って最初の玉が狙えなかったりすることが多い気がしますが、なんとぼくにしては珍しいことに取り出しの1番がイージーな配置。そして入れれば勝手に次の4番にも出る。
 4番はほぼ真っ直ぐ。しかし逆フリになっちゃったせいで4番の横、フットスポット上にある9番に手玉が当たる…
 運を天に任せて撞いてみると、9番はコーナーポケット横短クッション際でストップ。そこの穴に狙う予定だった5番のコースも塞がれずにラッキー。

 5番はカットですが、撞点右下最弱で撞いてサイドポケット正面あたりにある7番をサイドに狙えれば最高…と思ったものの、5番が薄すぎ&全く引けずに7番は遠いコーナーへ。しかしほぼ真っ直ぐ。
 9番は穴横だけに、最悪ストップで入れてもなんとかカットに狙えるし、引いてこれるだけ引いてくればオーケー…と撞いたら、9番にはかなり厚めに出せて、いとも簡単にマスワリ達成。

 うーむ…ブレイクが良くていつも玉が3つぐらい入る人とは同じゲームをやってる気がしない…って話もよく言われますけど、今日のマスワリは本当に簡単だった…

 そして多分ぼくの記念すべき10発目のマスワリだったはず…うろ覚えだけどw

|

« 奥多摩ハイキング的な(バイク) | トップページ | 袖ヶ浦マル耐参戦!(バイク) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥多摩ハイキング的な(バイク) | トップページ | 袖ヶ浦マル耐参戦!(バイク) »