« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016年11月27日 (日)

DETO走行会行ってきたお!(バイク)

 なにげに前回(九月)DETO走行会に参加した時とほぼ同じタイトルです。

 昨年のDETO走行会は人数が集まらずに中止、今年九月は天候が不安だったので急遽6RからKSRに変更して参戦したものの5分で転倒、右手を怪我してリタイヤ…と、どうもこの走行会と相性が悪かったですが、今回は天候にも恵まれて平穏無事な一日となりました。
 …まぁ二日前にまさかの初雪とか、当日も晴れたものの気温は真冬レベルと寒かったですが…

 6RのさらなるスキルアップのためKSRでサーキット走行&ミニバイクレース参戦を始めましたが、ほとんど乗らないうちに6Rの大きさと重さが怖くなって全く乗れない状態に…
 それでもここのところトミンと桶スポを毎週6Rで走って、ようやく「不安なく6Rに乗れる状態」にはなりました。
 KSRに乗り始めるまではそれが普通だったので、全くスキルアップ出来てないばかりか後退してるんですが…

 走り出しで不安があると一日中それを引きずっちゃう傾向があるので、ここのところ気をつけてるポイント…特に緊張せずリラックスしてコースインすることを意識して走行開始。うん、普通に乗れるな。
 朝イチはさすがに路面温度低いので控えめなペースで走行。途中までラップタイマーが動いてなかったんですが、なぜか終盤の6周だけ動いてタイムは30秒4。
 一番調子が良かった頃なら一発目から29秒前半ぐらいのタイムは出せたけど、今はこれで満足。

 しかしラップタイマーはその後電源が入らず…前日にフル充電かけたにも関わらず充電マークが出る有様。買ってまだ三回目だし、一回目からこの症状が出てたんだけど…
 なぜか最終枠だけ復活してラップ取れたので、バッテリー回りがトラブってるっぽい…

 そんなわけでタイムがわからないまま黙々と走行。

 前回トミンを走ったときにブレーキングでシートからお尻が浮いちゃってリアの荷重が抜けるのか、リアがホッピングして落ち着かない状態に。
 どうやったら体を支えつつシートに踏ん張れるかな…と部屋の中で体動かしてみて、背中を伸ばして背筋で踏ん張れば勝手にお尻はシートに沈むな…と。
 ここのところ仕事中にカブ乗りながら試してていい感じだったので実践してみると、うん、やっぱりいいな。

 バイクに乗り始めた時に参考にしてたライダースクラブのライテク本を久し振りに開いてみたら、「ブレーキングではおへそを引っ込めて背中を丸めて力み減速Gに耐える」と。あぁこれをぼくは忠実に10年間実践してたんだな…
 なんか真逆の動作になっちゃった(ここ数年片っ端からそんな感じ)けど、ぼくがやり易いから良し。…ってか、ライテク本とか読まずに普通に走ったらこうなるのが自然だったのでは…

 あとはー…寝かしこむときに上からハンドル押さえてつけてって寝かしこむクセがありますけど、スロットル開け始めてからも押さえつけてることに始めて気が付きました。意図的に力を抜くようにするとスムーズにバイクが起きる。
 あー…もしかしてスロットル開けるのが不安だったり、筑波の二輪シケイン立ち上がりで何度か滑ったのはこのせいだったのでは…
 ちょっとこれからは意識してみたいポイント。

 他にも課題としてきたことができたりできなかったりでしたが、大っ嫌いだった逆周りがようやく気持ちよく走れるようになったのは大きな収穫。
 1コーナー(正周り最終)と帝王のイン付きが早くなってインベタのままパーシャルで旋回、膝も擦れない…みたいな感じだったので、1コーナーはコーナーに入るまであまり寝かさずに減速に専念、コーナーの奥まで行ったところでブレーキを離してクルッと旋回。
 帝王は桶スポ4コーナーみたいなイメージでスロットル全開のまま(…と言いつつもビビって戻し気味でしたが…)コーナーに入って、バンクを始めたあとでブレーキングして向き変え。
 …ってやったらどっちのコーナーもようやく普通に走れるようになりました。
 タイムも逆回りとしてはほぼ自己ベストの29秒6。

 正周りはいつもだいたい逆周りの0.5秒~1秒ぐらい速いので、ギリ28秒台入ってるかな~…とか期待してましたが、家に戻ってGPSログを確認すると29秒3。あれっ意外と差がないな…
 それだけ上手く逆周りが走れたと同時に、やはり以前のようには正周りが走れてないな。

 動画見て気が付いたのが、全体的に…特に1コーナーの寝かし込み開始が遅い。これはひとえに高いスピードから寝かし込み始めるのが怖くて寝かし込みが遅れてる…ってこと。
 実際走ってるときから「うおぉ速度落としすぎだ…めちゃめちゃ遅い…」と思いながら走ってました。
 早めにブレーキ離して失速しないようにすればいいだけなのにできない…と思いながら走ってましたけど、今までより少し高い速度からがんばって寝かし込み始めることで辻褄合ったのかも…
 それはそれで言うは易し…なんですけどね。

 あとは…逆周りはあまり走ったことがない上に上手く走れてない意識が強かったので、今回思い切った走行イメージの変更ができましたけど、正周りはまだ膝も擦れなかったサーキットビギナーのTRX時代からずっと走ってるだけに、まだ遅かった頃に培われた走行イメージそのままで走ってるところがあるのでは…
 今回の逆回り1コーナーのイメージを正周りの他のコーナーでも意識してみたら何か変わるのでは…と。

 ともあれ、ようやくKSRで走り始める前の「ここからどうやったらタイム上げられるだろう」と考えた頃のレベルには戻ってきました。
 そう言うとKSRで走ったことが遠回りだったのみならず無駄だったようにも聞こえますけど、KSRのイメージを応用できてるところもある(逆回り帝王コーナーの走り方とか)し、多分もう少しKSRと6Rの違いを把握できて上手いことアジャストできれば、KSRでの走りこみの成果を活かせるはず。

 …あ、少なくともKSRで走りこんだおかげでフォームがかっちょ良くなって写真栄えするようになったのは良かったw

 逆に久し振りに6Rに乗って気が付いたことをKSRで試したらどうなるのかな…?みたいな気持ちがあるので、これからはKSRと6Rをリンクさせてスキルアップできるといいな。

 しかしやっぱり走行会は楽しい! BMC走行会と違ってDETO走行会はまだ二回目の参加なので、あまり知り合いいない…と思ってましたが、蓋を開けてみるとツイッターでお世話になってる人たちが結構な人数に。
 ツイッターでお付き合い始めたばかりの方とか、付き合いは前からあったけど初対面の方とかともご挨拶させて頂けてよかった。
 走行会だと撮影してくれる方も多いので、自分の走行写真がいっぱい見れるのも魅力の一つ。って言うか、このために走行会参加してると言っても過言ではないですw

 今回はフォロワーさんたちの追走動画を撮ろうと思ってあえて邪魔になる可能性の高いタンク上に車載カメラをマウントしてみました。
 その追走動画はこちら。


 また是非次回も遊びに行かせて頂きたいですね~。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

浮上せず(ビリヤード)

 日曜に撞いた時に不調の原因は右肘の位置…と特定したので、そこに気をつけてセンターショット。

 全く入らぬ… 

 ようやく入るようにはなってきたものの、何か違和感があるので試しに思いっきり顎を下げてキューがどこに当たるか確認したら右目の真下。
 ちょっと前にも書いたように顎の真下付近が真っ直ぐ見える時と右目の真下付近が真っ直ぐ見える時がありますけど、ここのところは顎の真下が具合良かったのに色々調整しすぎて右目の真下まで行ってしまったのか…

 脇を開いたら具合が良くなったけどそれでは右目の真下に行ってしまうので、右肘の位置に気をつけたまま脇を閉めたらようやく顎の真下に移動してセンターショットも入るようになりました。ふぅ一安心。

 さてそれではボウラードを…

 全く入らぬ… 

 カタカタ的な惜しい外れ方が多いものの入らないものは入らない…結局50点そこそこで終了。

 改めてセンターショットを撞いてみるとまずまず普通に入る。
 悔しいのでボウラードリトライ。

 さらに悪化した。 

 4打連続0点とかを披露してしまった結果、ビギナーレベルの40点を越えるのがやっと…
 疲れたし打つ手がなくなったのでここで撤収しました。

 最後にボチボチセンターショット撞いたり(これはほぼ100%入りました)、家に帰ってから考えたりした結果、右肘にばかり気を取られて他の部分がおろそかになってたりとか、狙いに集中できてなかったとか、ストロークが真っ直ぐ撞けてなかった…とかがあるのかな、と。
 あとは「右肘の固定」を強く意識していたために、普段だったら少し狙いがズレてるところを微妙に肘を調整してたのができなくなった…のかも。
 でもそれは所詮小手先の調整だし、そんなことしてるからシュート力が安定しないって話かも知れないので、これを乗り越えればワンランク上のシュート力が手に入ると信じて今は耐える時なのかな。

 今回の調整で右肘の位置がかなり上がったためにキューに角度がついちゃって、引き玉はやたらと引ける…せいでポジションミスが多発したんですけど、やはりあまり角度が付くのは良くないのでスタンスで調整したいところ。
 ビリヤード始めて一年ぐらいしたところで落合さんのレッスン受けて直された時がこんな感じだったんですよね。
 「これだとキューに角度が付きすぎるんですけど…」と言ったら、「そこで膝を曲げたりして高さを調整するんですよ」と言われたことが。
 そうか…逆に考えるとスタンスを調整してないのに高さが合ってたってことは落合さんの教えてくれたフォームからは大きく外れてたってことだな…

 そういう意味でもこの右肘の位置はデフォルトとして、他の部分を調整してみます。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

不調(ビリヤード)

 ほんの数日前までは絶好調だったビリヤードですが、一昨日から不調に喘いでます。これがビリヤードの難しさだよな…
 そもそもセンターショットの精度が落ちてるので、狙ったところに撞けてない。
 ちょっと前までは真っ直ぐ~厚めの玉は自信を持って撞けてましたけど、センターショットが入らないと当然ながら厚めの玉にも自信がなくなって案の定外す…という悪循環。
 一昨日、腕の伸ばし方とかブリッジの組み方とか色々試しても解決しなかったんですが、今日ようやく原因が判明しました。

 原因は右肘。

 もともと肘が内側にズレてキューを右に撞き出しちゃう癖はあるんですよね。しかも目では真っ直ぐに見えてるから始末が悪い。
 一昨日の終盤、狙いに自信がなくなって萎縮したためにキューの振り幅が小さくなってたんですが、これを素振りの時だけでも大きく引こう…と意識したら少し良くなったんですよね。
 今日の前半はその事を忘れてたんですが、序盤で大崩れしたボウラードをなんとか立て直そうとしてる時に思い出して、さらに大きく引いてるうちに「肘の位置がズレてたんでは…?」と気が付きまして。
 多分、ちょっと前は右肩の位置を合わせる動作とセットでたまたま肘の位置もちょうどいい場所に来てたんでしょうね。
 ここ数ヶ月、調子の悪いときはキューをあまり振らずにコンパクトにした方が玉が入る…と思ってましたけど、逆効果だったのかも。

 一昨日、今日とボウラードのスコアが60点台に落ち込んでますが、その前の80点台が続いてた時が調子良かっただけなのかも…と思えばこんなもんかな。
 まぁ調子は戻ったのでもう少しスコア上げていきたいところ。

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

スタートダッシュ(ビリヤード)

 ビリヤードもバイクもそうなんですけど、その日の一発目って調子出ないですよね。
 バイクはまぁ週一ペースぐらいでサーキット通える時はそこまでじゃないですけど、ビリヤードの場合は前日の調子は良かったのに今日の撞き始めは全く玉が入らないこともしょっちゅう。
 試合前とかは気が小さいのでなかなか練習テーブルを譲ってもらえず、まぁ数球練習しただけじゃたいして変わらないし、その数球が入らなかったら不安を持って試合に臨むことになるから、別にやらなくても…とか最近は思ってました。
 それでもやっぱり数球でも撞かないよりは撞いた方がいいし、ホントは試合前に24時間やってるネットカフェのビリヤード台とかを借りて一時間ぐらい撞いてから行くのが理想なんだろうな…と今は思ってます。

 …それはさておき。

 一週間ほど前にルーティンを書き出して、その日の玉撞き直前にチェック。頭に入れてから撞き始めるようにここのところ(と言っても今日で三回目ですが)は心がけてます。
 そうやって撞き始めてみると、今日は一発目から玉が入る!
 前回の日記でも書きましたけど、やっぱり右肩の位置が一番大事なのかも知れん…
 ただ、今ちょっとブリッジの形で迷いが起きてるので今後検証したいところ。どっちにしてもそれほど大きな違いはないんですけど、オープンブリッジの狙いが少し安定しない気がしてるので。

 日課のボウラードを始めてみると、序盤はイージーミスとアンラッキーが重なってスコア伸びず…
 中盤でスペア出した直後のフレームでブレイクスクラッチをかましてイライラが頂点にw
 しかしそこからはストライクとスペアをちょろちょろ絡められて、終わってみればまずまずの85点。
 基本的には玉が入ってるんですけど、ちょっと難しい玉になるとシュート率が落ちるのと、ポジションが甘くて次に狙える玉がなくなることがちょろちょろあるのが今後の課題。
 今のところ直近三回が全て80点台なので、直近三回のアベレージは80点台。
 直近10回でも40点台が一回ある代わりに110点台があるのでアベレージは70点台。
 過去のぼくのベストアベレージは70~80点台なので(たまたま100点オーバーを三回連続で出して直近三回のアベレージが100点台になったことはあるけど)、ほぼ自己ベストな状態にはなってます。
 でも今年の目標である直近10回のアベレージ100点越えを達成するためには、もう二歩ぐらいのシュート力アップとポジション力アップが必要ですね。

 時間がない時は真っ直ぐの玉を撞いてからボウラード1ゲームこなすぐらいでその日の練習時間が終わっちゃいますけど、今日みたいにお休みの日はたっぷり時間をかけて色々な配置を反復練習した方が良さそうですね。

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

6Rで桶スポへ(バイク)

 一年間KSRで走ってきてかなり走れるようになってきたので、久々に6Rで桶スポ走ったら自己ベスト更新できるんじゃね?と思って走った春のSSKILLERS走行会枠…この時は全く寝かすことができず玉砕…6Rこわい病を発症するほどのトラウマになりました。
 もう二度と6Rで桶スポは走るまいと誓いましたが、フォロワーの黒子さんと一緒に桶スポ走る約束していたこともあり、8月にリベンジ。
 この時も一本目は全く寝かせられなかったんですが、二本目からは一緒に走ってたネックンに「いきなり速くなって驚いた」と言われたほど、普通に走れるようになりました。

 …しかし基本的には6Rで桶スポは走りたくない…と思っていたところ、今日は絶好のサーキット日和にも関わらずトミンは貸切り。
 しかしこれだけのサーキット日和が今年あと何回あるかもわからないので、思い切って桶スポに行く事にしました。

 折りしも来週はSSKILLERS…レース直前の最終練習に来てる人も多いと予想される中、6Rでヨタヨタ走って邪魔になるのも申し訳ない…と、桶スポに着いてからもなお気持ちが後ろ向きでした。

 しかし今日の桶スポには「走り始めでの6Rに対する警戒心を払拭する」と言う大きなテーマが!!

 その為にも先週のトミンで気が付いたポイントを忠実に実践。

 まずはコースイン直後にリラックスして腰を落として重心を下げることを意識すること。
 コースイン直後はタイヤも暖まってないし、寝かすとコケるのでは…みたいな警戒心があるために、腰がシート上で固まっちゃって余計に寝かせられないのでは…と。

 これは実は先週のトミン以前から考えて先週実践したんですが、これだけだとまだ寝かしきれない。
 そこでたまたま「ステップに入力して寝かしこんだ反力で腰を斜め前に移動させると寝かしきれる」と言う事に気が付きました。
 ブレーキング時から腰はずらしてますけど、ペースが上がってくるとさらに腰がインに移動するような気はしてたんですよね。特に左コーナーは車載動画で見てもどんどん腰がズレてってます。
 これは無意識にやってることでしたけど、意図的に行うとこういう動作になるのかな…と。

 三点目は、これはトミン後、つい二日前ぐらいに仕事でカブ乗ってるときに気が付いたんですが、スロットルを開けるときに指を伸ばして迎えに行くとスロットルを開けやすいな、と。
 これも数ヶ月前に気が付いてはいたんですが、多分9月の転倒で右手がマトモに動かなくなったときに忘れちゃった気がする…
 実はTRX時代にスロットル開け始めのドンつきをなんとかしようとスロットルの握り方を試行錯誤して、指を立て気味にすると微妙なコントロールがしやすい…と思ったんですが、それだと握りなおさないとスロットルを全開にできないんですよね。
 ぼくが1速でスロットルを全開に出来ないのは怖さが一番の理由ではあるんですが、スロットルの握り方による開けにくさもあるのかな…と。

 他にも何点かポイントはあったんですが、一番大きいのが上の三点。
 これを意識して走り出したおかげか、今日は走行開始直後からきっちりと寝かすことができました。
 いや、単純に一週間前に6Rでサーキット走ったばかりだからかも知れないですけど…
 スロットルも…今日は2速固定で走ってたおかげかも知れませんが開けやすくなった。

 …しかしながら一本目のタイムは8月の時より遅い53秒台…

 うーん…もしかするとなんですが、↑の点に注意したおかげで一本目から膝が擦れたことによって怖さがなくなったんですけど、前回はフォームの関係で膝が擦れなかっただけでバイクは今日と同じぐらい寝てたんだろうか…
 思えば追走してた黒子さんからも「バイクは寝てましたよ」って言われたしな…

 そして今日四本走ったトータルのベストタイムでも8月のベストタイムにコンマ1秒及ばない…うーん、体感的には今日の方が大幅に上手く乗れてるんだがな…
 ただ、1速を使った八月のときと違って今日は2速オンリーで走ってるので、1速を使えばもっと速かったはず…まぁ、きっちり開けられれば…ですけど。
 いや、今日も試したんですけど、2コーナーブレーキングでシフトミスしてギア抜けしたので怖くなっちゃって…w

 それと今日は落ち着いて走れたおかげか、ダメなポイントがはっきり見えたのも良かった。いや、最後まで改善できなかったので良くはないのかも知れないけど。
 1コーナーで早めにスロットル戻して速度調整しちゃってるとか、6コーナー(Ω一個目左)でブレーキ掛けすぎて失速してるとか、やっぱ2速だとΩで加速しないなー…とか、相変わらずバイクが傾いてる状態でスロットル全開にできないなー…とか。

 あとは2コーナーと8コーナーでバイクが傾いてる状態でのブレーキングを意識してみたんですが(4コーナーはKSRで散々やって慣れてる)、8コーナーでやるとイン側に向かってちゃってライン的にあまり良くない感じ…
 要研究ですが、ここはもう少しバイクを起こした状態でブレーキングした方がいいかも。

 そんな感じで、自分としては今日の最大の課題であった「走行開始直後の6Rへの警戒心を払拭する」は実現できたし、その後も気持ち良く走れた(7コーナーとかはKSRとほとんど同じイメージで走れた)ので良かったんですが、タイムを見ると前述のように8月の時より遅いし、自己ベストからは相変わらず2秒遅いので微妙…
 ただ、6Rに関しては今月末のDETO走行会を最後に春になって暖かくなるまでサーキットはお休みと決めてますが、春に走り出した時に今日のポイントを実践することで最初から気持ちよく走れたら万々歳。と言うか、それができればこの五年間サーキットを走ってきた甲斐があった…と思えそうな気がします。
 自分の年齢や運動神経を鑑みて、あまり速くなることは期待してないんですけど、例えば数ヶ月ぶりにサーキット走ってもそれなりのペースで走れるようになること…が、ぼくの目標なんですよね。
 それが今回実現できるようになってたらいいですね…

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

いい感じ(ビリヤード)

 今日は仕事がお休みだったので川崎バグースの開店時間12時から三時間パック&ドリンクバーで入店、時間を気にせずのんびり玉撞きコース。
 仕事が終わってからだと一時間半撞ければいい方、一時間しか時間取れないことも多いですからね。

 昨日は仕事が早く終わったので二時間近く撞けましたが、そこで意識したのがルーティン。ルーティンと言うか、まずスタンスを決めてから次にブリッジ…って感じで気をつけるべきキーワードを思い浮かべて順に合わせていく感じ。
 こうすることで毎回安定したフォームが作れる感じがありましたが、今日の調子もまずまず。
 …と言うか、昨日調整した右肩の位置がいい感じ。

 実はここのところ右肩はあまり意識してなくて、左肩の位置がちゃんとした位置に決まれば右肩も決まる…と、左肩を重視してました。
 それはそれで間違いではなかったと思ってるんですが、なかなか左肩を毎回ちゃんとした位置に整えるのって難しいんですよね…と言うか、むしろ右肩を大げさなぐらいにしっかりと位置を合わせることでキューの位置が定まる感じ。

 ちょっと話は反れますが、時々びっくりするような外し方をするのは、右目と左目の中間あたりで真っ直ぐに見えるキュー位置と効き目の真下で真っ直ぐに見えるキュー位置がごっちゃになるからだと思ってるんですよね。
 だからビリヤード友達の吹替さんがやってたように、片目を閉じて効き目だけで見るようにした方が迷いがなくていいってのはあるよなー…と。
 ただ遠近感が掴みづらくなるとか空間把握能力に影響が出そうなので、ぼくとしてはあまりやりたくない。
 あと片目閉じてるのって疲れるしw

 今合わせてる右肩の位置はキューがほぼ顎の真下、少し効き目寄り…ぐらいの位置で、多分ほとんどの時はこれで真っ直ぐに見えるんですけど、時々効き目の真下に近い方が真っ直ぐに見える時があって、それに合わせて右肩の位置を合わせちゃって混乱することがあるのかなー…と。
 なので、今後は必ずこの位置に合わせてから撞くように心がけたい。

 さてそんなこんなで始めたボウラードは結局またしても80点台と調子の良さほどには伸びず。
 今日は初っ端一球目がメカニカルブリッジでのショットになって、それなりに入れられる配置だったけど薄く飛ばしてしまいミス。
 そこからもミスやブレイク直後の配置が悪くて何も狙えなかったりとかで、3フレームまでは毎フレーム3点程度しか取れず…そこからは4フレのストライクを皮切りにスペアやストライクを絡めてなんとか80点台…って感じ。
 まぁたらればの事を言ってたら仕方ないですが、序盤がもう少し良ければ100点ぐらい行ったかな…
 そうそう、スペアの後のフレーム一投目、3点目を取るところでキューミスしたのも痛かった…

 ただ、調子そのものはいいし安定感もあるので、ギリギリ年内に今年の目標であるボウラードアベレージ100点越えを達成できるかも…?

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

プロセスを分解する(ビリヤード)

 以前はビリヤード練習の度ごとにノートに気が付いたポイントをメモしてましたが、最近はスマホのメモ帳に重要そうな事柄だけを書き込んでます。
 先日、その中でも重要なポイントをキーワードだけ書き出したメモ帳を別に作りました。
 んで、今日のビリヤード練習は気をつけるポイントを思い出すためにキーワードメモをチェック。そこに書いてあったキーワードを順に思い出しつつ構えてみると…おおぉセンターショットが安定して入る!
 今日新たに右肩についてのポイントも気が付いたのでキーワードに「右肩」も追加。

 そのままボウラードに突入すると、1フレスペア、2フレストライク…と絶好調!
 コレは軽く150点ぐらい出ちゃうんじゃないの~…と思いましたが、後半で失速、結局80点台とたいして良くもないスコアに。

 うーむ…ボウラードをスタートしたときには画期的なコツを掴んだかと思ったんですが、やはりビリヤードはそんなに甘くないですな…

 しかしこのプロセスを順に意識して構えることで、毎回安定して同じ様なフォームを作れる…気がします。不安定な調子に翻弄されてたぼくとしては大きなポイントになりそう。
 これもルーティンって言うんですかね…?

 今まで玉撞きが安定しない原因はルーティンが決まってないからだ…と思ってはいたものの、さて具体的にやろうとするとなかなか身につかず…しばらく撞いてるとだんだん適当になってくるんですよね。
 でも今日は最初から最後まで…テキトーに撞いた玉でもホントに一瞬だけでも全てのプロセスを意識しながら撞けたので、このやり方がいいのかも。
 明日のお休みも玉撞きに行く予定なので、再確認してきます。

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

6Rでトミン(バイク)

 KSRでは順調にスキルアップ(いや最近ちょっと停滞気味だけど)してきたぼくですが、やはり本妻は6R。6Rで速く走れるようになりたい。
 二年前からの6R上手く乗れない病が払拭されないのはちと納得がいかないので、年内にはせめて二年前にトミンと桶スポの自己ベスト出したレベルまでは戻したいなと。
 バイクの乗り換えも検討してるだけに、バイクが変わる前になんとか…

 ところでいつの頃からだったか、バイクの寝かし方のイメージを変えました。
 仕事中にカブで濡れた路面(ちなみに会社の駐車場)を走ってたときに、ドライの時と同じ調子でスパッと寝かせたらそのまますこーん。
 いつぞやのレン耐もウエット路面で前のバイクを抜こうと思って、一度アウトまで出てからスパッと曲げてクロスラインでインへ…と思って寝かした瞬間にすこーん。ちなみにフォロワーうらカブさんの眼前。

 …って言う経験が続いたあたりで、グリップの低い路面で勢いよく寝かすと転ぶ…もしかしてドライ路面でもフロントの手ごたえを感じるイメージゆっくり寝かしていった方がいいのでは??
 ぼくはコーナーの奥まで行ってからスパッと寝かせてる感じだけど、速い人の動画を見るとワンテンポ早くから寝かし込み始めてるように見えるし、ワンテンポ早くからゆっくり寝かすことで辻褄合うのでは??

 …と思ってここしばらく…ひょっとすると調子を落とした二年前ぐらいから意識してたんですが、最近フォロワーのやまぽさんとかコヤパチさんとかの走行動画を見てると、600ccなのにすごい速さで寝かしこんでる…
 あれっ、ゆっくり慎重に寝かしこむのって安全かも知れないけど遅いのでは??

 思えば割と上手く乗れてるKSRの時はそんな事は全く考えず、とにかく全力でブレーキかけながら全力で寝かしこみに行ってます。
 もしかして、とにかく寝かしこみは全力で可能な限り速く寝かしこんで、速度だったりブレーキの掛け具合だったりでその速度が変わるだけなのでは…

 とか考えたら、↑にも書いたようにちょうど調子落とし始めた頃からそれを意識し始めた気がするし、もう余計なことは考えず、ガツッとブレーキかけてスパッと寝かしてガバッと開けることだけ考えてみよう…と。

 それをテーマとして今日はトミンモーターランドAコースを走りに行ってきました。

 ちなみにもう一つのテーマは、走り始めからペースを上げること。どうも最初に「怖い怖い」と思いながら走ってそのイメージを最後まで引きずっちゃうことでタイムが上がらない気もしたので…

 まずはコースイン直後から腰を落として重心を低くすること。KSRの時もコースイン直後に「やたらと腰高だな…」と感じることがあるので、それが初っ端の怖さを誘発してるんじゃないかと。
 なので、腰を落としてリラックスしてコースインすると、うん、怖くないし走りやすい。
 まぁこの一週間は関東ロードに桶スポ練習と、KSRで走りこんでるからかも知れませんが…

 数周タイヤを暖めてるとどうも寝かしにくいことに気がつきました。ステップの入力を色々と試してたら、突如しっくりくるポイントが。
 うーむ、ステップを後ろに押す動作で寝かし込みをするのがここ三年ぐらいのぼくの寝かし方ですが、ステップを押す反力で腰が斜め前にズレる動きをするとバイクが寝るぞ…
 なんだか理屈はよくわからないけど上手く行くならこれで良し!!

 …しかし10分ぐらい走ったところで疲れたのでピットイン。おいちゃん歳だから体力ないのw
 ピットロードに入ったところでブレーキタッチが悪化してるのに気がつきます。えっ、僅か10分で…?
 そういやこないだ袖ヶ浦のマル耐走ってからブレーキフルード換えてないのでは…
 今日、となりのBコースのジムカーナ大会に参戦してたフォロワーのPONさんとも話したんですが、ブレンボのフルードってタッチはいいけど劣化が速い気がするんですよね。
 なので以前使ってたヤマハのフルードに戻そうかと考えたんですが、まぁサーキット走行のたびに換えれば問題ないだろとこないだまた買ってしまったw

 ひとまず一本目はこれで終了。今日は20分毎の3クラス分けなので、40分後に二本目走行開始。
 一本目は辛うじて30秒切るタイムが出たぐらいでしたが、二本目からは本格的に攻める…って、昨日買ったばかりのラップタイマーがいきなりの電池切れ!!
 以前使ってたZiiXのラップタイマーが調子悪いので、同じZiiXの上位機種であるタイムアタッカーを買ったんですが、ボタン電池だったラップタイマーと違って充電地なんですよね。
 フル充電16時間って書いてありましたけど、昨晩から今朝にかけて12時間弱充電するのが精一杯。それでも半日ぐらいは持つだろうと思ってたのにここで終了っすか…?

 仕方がないのでタイムがわからないまま、二本目、三本目と走行終了。
 ブレーキタッチは相変わらず5分も走ると悪化するので、今日はムリせずこの三本で終了。
 ちなみに体力的な問題とブレーキの問題で一枠につき10分しか走ってないので、今日は30分走っただけで終了…

 しかし今日冷静に自分の走りを観察しながら走ってみると、各コーナーのブレーキングがめちゃめちゃ弱いとか、1コーナーでバイクが寝かしきれてないとか、ブレーキングで体が浮いちゃってやたらとリアが暴れるとか色々と問題点が見つかりました。
 少しずつ修正しながら走りましたけど、この辺が全て修正しきれれば一秒ぐらいはタイム詰められそう。

 ラップタイマーがないので現地ではタイムがわかりませんでしたが、帰宅してからGPSロガーのデータを吸い出してみるとベストラップは29秒085。
 自己ベストが28秒5ぐらいなので、かなり限られた走行時間だったことを考えるとまずまずか…?
 全然攻められてなかった一本目に29秒98が出てたので、きっちり攻められれば29秒前半は出ると思ってたし、走ってる感じでももしかすると28秒台入ってるかも?ぐらいの感触はあったので、予想通りでした。
 …まぁあわよくば自己ベスト更新…さらに27秒台とかうっかり出てるかも…って夢も見ましたがw

 今日の感じだとやはり思い切りよく寝かしこむのが最大のポイントかな、と。ブレーキを強くかけたまま渾身の力を込めて寝かしこむ感じ。
 ここでブレーキを掛けすぎると遅くなっちゃうので、その辺をどう調整するかはまだ結論が出てないんですが、とにかく全力で寝かしこみつつ、コーナーで減速しすぎてたりインに刺さりそうになったらブレーキングポイントを奥にずらしていく…って方向でペースアップできるかなー?とか考えてます。
 もし今日試したポイントで正解だったんだとしたら、多分二年間に渡る大スランプは払拭できたと思います。
 少なくとも28秒台はコンスタントに狙えるし、この方向で詰めていければ27秒台まではなんとか出せそう。

 …まぁ、また次回走ったらどうなるかわかんないですけどね…いつぞやも「久々に28秒台入った!」と思った二日後に走りに行ったら29秒台に入れるのがやっとだったこともあるし…
 とりあえず月末のDETO走行会までにもう一度トミンを走りに行きたいので、そこで自己ベスト更新したいですねえ。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

ラップタイマー壊れた?(バイク)

 日曜の関東ロードはまずまずの走りが出来たものの、色々と試したいことができたので今日も桶スポ行ってきました。

 まず一つ目の課題は…ぼくが寝かしこみ始めてからのブレーキングが苦手な理由って、爪先に近い位置でステップを踏み込んで寝かしこんでるために、寝かしこみ動作に入ってからのシフトチェンジがやりにくい…ってのもあるのでは?と。
 なので、いつでもリアブレーキ踏んだりチェンジペダル操作できるように土踏まずでステップ踏んで寝かしこんだらどうなんかなー…と。仕事中にカブで試してみたらイケそうだったし。

 全然ダメ。 

 やはりやりにくいしフォーム的に窮屈になる…あかん。
 それならむしろ関東ロード当日に無意識にやったようにハンドル押して寝かしこんだ方がいいし、寝かしこんでからパッと足を伸ばしてチェンジペダル操作した方がまだマシだ。

 却下。

 後はこれと関連しますが、とにかく寝かし込み始めてからのブレーキングに慣れようと。ミドルコースの9コーナーはもともと「ブレーキング→シフトチェンジ→寝かし込みの間隔がタイトすぎてやりにくい」と感じてたので、ここでは積極的に寝かしこんでからのブレーキングを活用するべきだな、と。
 逆にスガヨシさんから指摘された3コーナーはどんなに頑張ってもブレーキングポイントの方が先に来るので、ここはまぁいいかな、と。

 んでまぁボチボチと慣れてきたんですが…実はちょっと前からラップタイマーの調子が悪くてですね…
 関東ロード一週間前に練習に行った際に、途中から3秒刻みぐらいでタイムを刻むようになっちゃったんですけど、関東ロードを経て今回に至っても直らず。
 設置場所が悪いんじゃないか?と言う指摘を受けて、確かに最近設置場所を変えたな…と思って今日は戻したんですがダメ。そもそも最初に調子悪くなった日も途中までは問題なくタイム取れてたわけで…

 なので今日は走りながらタイムを確認できず…GPSロガーにスマホを連動させれば見れるんですが、バイクにスマホ貼り付けても走行中に落ちちゃったら困る…
 タイムはわからないながらも終盤はかなりいい走りが出来てたので、自己ベストに近いタイムかあわよくばベスト更新してたり…?

 …と思って家に帰ってロガーのタイム確認したら自己ベスト一秒半落ち…な‥何故だァァァァ!!!!

 ミドルコースのベストタイムを出した6月8日のログと見比べてみると、ブレーキングポイントが10m近く早い…? いや、今日はだいぶブレーキを我慢して頑張ったからそんなはずは…
 自己ベスト出したラップの車載動画がyoutubeにアップしてあったので確認してみると…えっ、そんなに奥でブレーキングして間に合うの?? ちゅーか、ほとんどコーナー入るところでブレーキ掛けてるじゃん!
 …いや、確かに以前はそこでブレーキングしてた気がするな…
 これだけブレーキング遅らせられるんならそれこそスガヨシさんに言われたとおり、3コーナーも寝かし込み始めてからの方が具合がいいかも。
 9コーナーはこの動画の時点ですでに寝かしこんでからブレーキング開始してるし…
 …ってか、この頃のぼくの走りはKSRでのベストに近いな…

 バックステップにしてバンク角が増したおかげか、コーナーのボトムスピード自体は上がってるコーナーもあるので、この頃のブレーキング+今のバンク角で走ればベスト更新もできるかも…?

 しかし単純にブレーキを遅らせればいいと言っても、今日は自分ではめいっぱい遅らせたつもりだったのにこの体たらく。
 単純にブレーキ強くかけたまま寝かしこむ…と意識するだけだと速度が落ちすぎちゃうかも知れないし…いや、ロガー的にボトムスピードは低くなかったからそれは大丈夫なのか?
 とりあえずこの動画を確認したことでそこまで頑張れることはわかったから、次走ればイケる…のか??

 ぼくは基本的にメンタルが弱いというか精神的に不安定なので、いいタイムが出たらめちゃめちゃテンション上がって自信が沸くし、逆にタイムが出ないとめちゃめちゃテンションが下がってなんてダメ人間なんだ…って気分になる。
 路面が湿ってるとか路面温度が低いとかの不安要素があると全く攻められなくなるし、今は二ヶ月前の転倒の怪我が未だに治りきってないこともあって転倒に対する(と言うか怪我に対する)不安感も強い。
 周りのフォロワーさんを見てるとみんな順調に速くなってるのに、ぼくは一進一退を続けててさっぱり速くならない…
 やっぱりバイク向いてないんだなあ…

 とかだいぶネガティブに凹んでますけど、まぁ一晩寝れば回復すると思うので…とりあえず今月は6R強化月間と銘打って、まずは今度の日曜or来週水曜に6Rでトミン走りに行ってきます!

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »