« 6Rでトミン(バイク) | トップページ | いい感じ(ビリヤード) »

2016年11月 8日 (火)

プロセスを分解する(ビリヤード)

 以前はビリヤード練習の度ごとにノートに気が付いたポイントをメモしてましたが、最近はスマホのメモ帳に重要そうな事柄だけを書き込んでます。
 先日、その中でも重要なポイントをキーワードだけ書き出したメモ帳を別に作りました。
 んで、今日のビリヤード練習は気をつけるポイントを思い出すためにキーワードメモをチェック。そこに書いてあったキーワードを順に思い出しつつ構えてみると…おおぉセンターショットが安定して入る!
 今日新たに右肩についてのポイントも気が付いたのでキーワードに「右肩」も追加。

 そのままボウラードに突入すると、1フレスペア、2フレストライク…と絶好調!
 コレは軽く150点ぐらい出ちゃうんじゃないの~…と思いましたが、後半で失速、結局80点台とたいして良くもないスコアに。

 うーむ…ボウラードをスタートしたときには画期的なコツを掴んだかと思ったんですが、やはりビリヤードはそんなに甘くないですな…

 しかしこのプロセスを順に意識して構えることで、毎回安定して同じ様なフォームを作れる…気がします。不安定な調子に翻弄されてたぼくとしては大きなポイントになりそう。
 これもルーティンって言うんですかね…?

 今まで玉撞きが安定しない原因はルーティンが決まってないからだ…と思ってはいたものの、さて具体的にやろうとするとなかなか身につかず…しばらく撞いてるとだんだん適当になってくるんですよね。
 でも今日は最初から最後まで…テキトーに撞いた玉でもホントに一瞬だけでも全てのプロセスを意識しながら撞けたので、このやり方がいいのかも。
 明日のお休みも玉撞きに行く予定なので、再確認してきます。

|

« 6Rでトミン(バイク) | トップページ | いい感じ(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6Rでトミン(バイク) | トップページ | いい感じ(ビリヤード) »