« 自然体(ビリヤード) | トップページ | 練習方法を変える(ビリヤード) »

2016年12月18日 (日)

試合行ってきたじょ(ビリヤード)

 久し振りにMECCA横浜のBCリーグの日が予定空いたので、三ヶ月ぶりに参戦してきました。

 今回の主目的は…どうしても安定しなかったぼくの玉撞きを安定させるポイントにようやく気が付いた…かも知れないので、日を跨いでも、また、試合でプレッシャーのかかる状況でもそれが出来るかを確認すること。
 それが出来れば好結果も自ずとついてくるはず。

 いつも「試合前にちょっと練習したぐらいでどうなるものでもないし、練習はいいか」とか思ってますけど、前回それをやったら散々だったので、今回はきっちり練習するべく早めに到着。いや、後から行ってテーブル譲ってもらうのができないので…小心者だからw

 まずはセンターショットを撞いてみると、よし普通に入る。調子のいい時でも一球目はポロッと外すことが多いんですけど、一球目から手玉ビタ止まりで入る。
 って言うか構えた景色が「いやこれ簡単に入るだろ」と思えるし、実際簡単に入る。

 その後プレイキューで軽くブレイクして一人ナインボールを転がしますが、やっぱりいい感じで玉は入ってる…いいぞ、これなら行けるぞ!
 2ラック撞いたところで練習待ちの人が現れ始めたのでテーブル交代~。

 一試合目は女性プレイヤーさん。なんでも川崎バグースの常連さん(他の人と話してるのを小耳に挟んだのと、試合に来てたmixi川崎ビリヤードコミュ会長のbistさんに聞いた)らしいですね。そう言えば見たことあるな。
 かなり渋い台だったこともあってお互いにミスも多かったですが、なかなかいい試合が出来て競り合いの末2-3で負け。
 残念だったのは…この日二回だけ起きた手首のこじりによる大ポカが、そのセットはほぼ取れそうな状態だった穴前の8番で発生してしまったこと。
 ストップ~引き玉を撞けばスクラッチはないけど、手玉との距離が相当遠いだけにチビって引けなかったらスクラッチもあり得る…穴前だけにちょっと狙いをズラして万が一止められなかったとしても横のクッションに入るように…と意識して撞いたらどそっぽに外しました。

 二試合目は年配のプレイヤーさん。とりあえず使ってるキューがかっこよかったのでそっちばっかり気になってましたw
 この方ともレベル的にはどっこいどっこいかな~…って感じでしたが、凡ミスはなかったものの取り切れるほど調子も良くなく、気が付いたら0-3でストレート負け。
 ここでも一回コジりによるミスが発生…構えた後で「狙いが厚すぎる…?」と思って撞いたらチビって弱すぎた上に狙いもハズレ。

 三試合目は9月にも対戦したグッドマナーな外人さん。1ゲーム目だったかな?の終盤を取り切って(確か三球ぐらい)1セットは取りましたが、最後は気持ちよくマスワリまで決められて1-3で負け。
 この台も結構渋いんですが、ミスなく確実に入れてきて上手かったですね。
 最後のマスはいわゆる「出来上がった」配置ではあるんですけど、ぼくレベルだと間違いなく途中でミスが出てマスワリできなかったはずw

 四試合目はこの日唯一のC級ハンデ戦。
 1セット目の3番でのフリーボール、しばらく悩んだ末に相手の方が選択したのはガチガチのセーフティ。
 別に入れるのが難しい状況ではなかったし、その後の4番も普通に入れられたんですが、長クッション際の5番と6番がトラブル。このままだと取り切れないのでスリーファウル狙いに絞った様子。
 戦略としてはわかるけど、ぼくなら3番を入れながらトラブルに手玉を当てて配置を変えられないかチャレンジして、そこから改めてセーフティを考えるかな…

 かなり難しいセーフティで、2クッションから惜しいところまでは行ったものの当たらずにファウル。当然ながらこのフリーボールも三個目のファウル狙いのセーフティ。
 これもガチガチに玉の裏にくっつけられちゃったんですが、なんとか長クッションから1クッションで当てられる配置だったので、とにかくスリーファウルは回避する…と気合を入れてショット。当たった!

 ここからは普通の展開になりましたが、ロングの真っ直ぐ系をさっぱり決められずこのセットは取られてしまいます。
 入れるだけなら入れられそうだったけど、どっちも手玉を引きたい場面だったので難しかったですね。

 2セット目、2番でまた相手に回してしまったフリーボール、やけに2番を遠い方に狙ってるな…と思ったら、まさかの2-9コンビ!
 全く想定してなかったから9番の場所を覚えてないけど、サイドには近かったもののそんなに穴前でもなかったはず…
 これを沈められてしまい、ほとんど何もしないままに0-2で負け…

 フリーボールからのスリーファウル狙いのガチガチのセーフティは前にかなり上手いBクラスの人から食らったことがありましたけど(あの時も三回目のセーフティでなんとかスリーファウル目を回避した)、まさかCクラスでこんな選択をしてくる人がいるとは…
 確かにCクラスだと…いや、一応Bクラスを名乗ってるとはいえぼくレベルでもマトモにやったらBクラスの人には勝てないだけに、どうやったら上級者に勝てるか…を考えてきての戦略ですね。
 正直ここまで「試合に勝つ」ことを意識して戦ってくるプレイヤーに遭遇するとは思わなかった…

 そんなわけで、試合内容としては過去そう多くはない全敗と言う結果になってしまいましたが、今週に入ってから気をつけてる「ブリッジ」に注意するだけでかなり安定した玉が撞けることがわかったのは大きな収穫。
 まぁ、「とんでもないミスをしにくくなる」ってだけで、今まで入らなかった玉が入るわけではないんですが、今まで「昨日入った玉が入らない…」と言う悩みを抱えて前に進めずにいただけに、これである程度安定して玉が入るようになりさえすれば、上のレベルを目指した練習をする余裕も出てきます。
 そういう意味では…もしこの調子を一ヶ月維持できるんであれば、来月の試合が楽しみですね。

|

« 自然体(ビリヤード) | トップページ | 練習方法を変える(ビリヤード) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

試合お疲れさまでした!
最近取り組み始めた事が試せた&クセが出てしまったのも今後の為には良かったのではないかと思いますよ。
次回参戦する際は試合の緊張感を受け入れてミスをカバーしながら撞けるように頑張って下さい。

投稿: 札幌在住A級 | 2016年12月18日 (日) 22時51分

>札幌在住A級さん
コメントありがとうございます!
今回はホント、先日から取り組んでた事が間違いじゃなさそうだ…と思えたのが最大の収穫でした。
それだけに満足度はすごく高いんですが、全敗だったので微妙な気分になってますw

投稿: 水月林太郎 | 2016年12月19日 (月) 19時31分

結果が出なかったのは残念かと思いますが、今は取り組みを一つの形にするのが重要だと思うので、試合では相手に左右されずに自分の球を撞く事だけ考えた方がいいと思いますよ。

ビリヤードはメンタルスポーツなので練習では出ないクセが試合の緊張感で出る事が多々あるので、試合はクセや欠点を見つけられる良い機会だとプラスに考えましょう!


投稿: 札幌在住A級 | 2016年12月19日 (月) 23時08分

>札幌在住A級さん
ですです! もともと調子が良くても勝てないときは勝てないので勝ち負けはそれほど気にしてませんw
…しかし初心者の頃から身の回りに撞く相手がいないために仕方なく試合に出続けてますけど、やっぱり未だに緊張しますね…

投稿: 水月林太郎 | 2016年12月20日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然体(ビリヤード) | トップページ | 練習方法を変える(ビリヤード) »