« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月26日 (日)

関東ロード2017開幕戦(バイク)

 昨年から本格的に参戦してる桶川スポーツランドの関東ロードミニ選手権。今シーズンが早くも開幕したのでトライアウトクラスにエントリーしてきました。

 昨年春からはトライアウトに参戦してるぼくですが、旧コースとミドルコースではちゃんとトライアウトの基準タイムを出してるのに新コースでは基準タイムに届かない有様。
 今回の開幕戦に備えて二回練習に行きましたが、自己ベストを更新するどころか一秒近く遅い…

 自己ベストを出しても最下位確定に近い状況だったので、このタイムなら間違いなく最下位。そこから最下位独走でフィニッシュ…みたいな展開が充分に予想されるだけにイマイチテンションが上がらない…
 ただ、先週師匠のおおにしさんと話したことがヒントになったので、今回のレースで何か掴めるかも?みたいな期待もありました。

 さてまずは8分と限られた時間でのプラクティス。ここで早くも日曜に出した今年のベストタイムのコンマ1秒落ちの52秒1をマーク。
 コレは…今回のトライは正解だったっぽい!

 続く8分間の予選では今年ベストの51秒6、自己ベストと比べてもコンマ3秒落ちと、この日の走行時間が15分程度しかなかったことを考えると相当いいタイムです!

 しかし予選最下位… 

 前のモビスターカラーの17インチ(追記:パンフで確認したらYZF-R125でした)の人とはなんと1000分の1秒と言う超僅差。けどΩで他車と絡んだのか転倒してたからそのせいでタイム出なかったのかも…

 そしていよいよ決勝! 普通にスタートしても何故か抜群のスタートを決められるKSRの利点を活かして4台ぐらい抜いたのかな?
 しかし3コーナーで前のバイクに詰まって失速しながらラインを変えたせいで抜かれまくり…
 後ろはモビスターの人とフォロワーのちくちくさんだけ…と言う状態で9コーナーでモビスターの人にインを刺されます。
 併走してコーナー立ち上がれば最終でイン側になるから抜き返せるはず…と、ぼく的にはかなり寄せて併走したつもりでしたが、ギリギリで前に出られたらしく、立ち上がりラインで目の前を塞がれてブレーキかけてしまい失速…後ろのちくちくさんにも抜かれてしまいました…/(^o^)\ナンテコッタイ

 2周目の4コーナーでちくちくさんがモビスターの人をパス…ぼくも後ろに貼り付いてチャンスを伺いますが抜けない…
 確か次のラップぐらいに4コーナーでインに入れたんですが、こっちに気が付かずに寄せてきたら当たっちゃう…と減速してしまって抜けず…
 応援してくれてたもこぽるさんからも「あそこは抜いたと思った」と言われたぐらいインには入れてたみたいなんですけどね…
 今にして思えばあそこは引いちゃいけなかったのかも知れん…

 予選のタイムはほぼ同タイム。直線の遅いKSRで同じタイムを出してるってことはコーナーはこっちのが速いわけで、そこで頭を塞がれちゃうと如何ともしがたい…
 直線で意外と離されなかったおかげでなんとか張り付き続けることはできましたが抜けない…
 レース後、おおにしさん宅にお借りしたタイヤウォーマーお返ししに行った際に「一度間隔開けてからコーナー区間で詰めてタイミング合わせて次のコーナーでパスするって手も」ってアドバイスを受けましたが、レース中にそれも既に試したんですがダメでした…

 こっちのがペースが速い分余裕はあったので、毎ラップしっかりと残り周回数を確認…あぁもう最終ラップだ…
 ギリギリで周回遅れになりそうなペースだっただけに時々後ろも確認してたんですが、なんとか周回遅れにはならず…しかし最後まで攻略できずにチェッカー…

 悔しい! めちゃめちゃ悔しいぞう!!!! 

 レースが終わってから30分ぐらい悔しがってました。こんなに悔しく感じたレースは初めてでは…
 しかしそれだけ入れ込んでレースが出来たってことは楽しいレースだった…って言えるんでしょうね。
 もし単独最下位を走り続けるレースだったとしたらもっと淡々とした気持ちで「悔しいなあ…」と静かに…でも深く落ち込んでた気がする。

 しかし今日試したことが正解だったっぽいのが今日の最大の収穫。この方向でトライを続ければ近々新コースの自己ベストは更新できそうですし、なかなか乗りこなせない6Rのタイムを上げられそう。
 夏にはKSRをボアアップして回りと競り合えるような車両に仕上げたいところですが、その前にもう一秒スキルアップしたい…

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

関東ロード直前練習行ってきた(バイク)

 ホントはこないだの火曜に一回走るだけで関東ロード当日を迎えようと思ってましたが、自己ベスト一秒落ちのタイムしか出なかったのでもう一度練習に行ってきました。
 今日のテーマは

○1コーナーから真っ直ぐアウト側に向かってるせいでバイクが2コーナーと反対を向いた状態でブレーキングに入っちゃってるので、立ち上がりでちゃんと2コーナーの方へバイクを向ける

○2コーナーがそもそも上手く走れないので攻略する

○ブレーキを離した瞬間に外足がタンクから離れちゃうクセがあるので改善する

○目線が近い気がするので遠くを見るようにしてみる

 一点目ですが、前回は極力アウト側から2コーナーに進入しようと考えてたせいでバイクはコーナーの反対に向かってたし、目線もアウト側を見てて2コーナーは全く視界に入ってない状態でブレーキング開始・・・とめちゃめちゃなことになってたので、1コーナーの曲がり方から修正してみました。
 結果…目線はコーナーの方を向くようになったし、イン側のパイロンをブレーキングの目印に使えることに気づいたのでブレーキングポイントは安定してきましたが、バイクはコーナーの方を向いてたかな…? 自己評価は30点ってとこでしょうか。

 二点目は最後まで全く上手く走れなかったので10点。やたらとバックストレートで抜かれるのはKSRのパワー不足以外に2コーナーの処理がヘタってのもある気がする…

 三点目は…左足は問題ないんですが、右足をステップの内側に置いちゃうクセがあったんですよね。今付けてるバックステップはキックペダルからステップを逃がすためにプレートを組み合わせて外へ逃がしてるんですが、ステップじゃなくてそのプレート側面に足を置いちゃってるために右コーナーで右ステップを踏み込むと足を滑らせることがありました。
 で、車体の内側に足の裏を向けてるってことは膝は外に浮きやすくなるわけで…そもそも足の置き場所をちゃんとステップの上にすれば改善されるのでは?
 一本目の走行枠ではさっぱり出来なくて、今日一日走っても慣れないかも(一応今週はずっと仕事中にカブでシミュレーションしてたんですが…)と思いましたが、二本目でだいぶコツが掴めて最終的にはまずまず出来るようになりました。70点。
 コレを直したからと言って速くなるかはわからないんですが、バイクとの一体感が増して心理的に安心感が得られるのでまぁプラスにはなるかな、と。

 四点目は…目線をなんとかしようと思ったのが午後の走行枠だったのであまり改善できず…ただ、意識してみると今までとは全く違う視界が開けるので、ちょっと今後に期待したいところ…20点。

 さて、以前から4コーナーと6コーナーでブレーキを離すのが早く、スロットル全閉のままで旋回してる時間がありました。
 ブレーキ掛け続けて必要以上に減速し続けちゃったら問題ですけど、この区間を詰めていけばタイムが上がるはずなので、もうちょっとブレーキ遅らせてみよう…と突っ込んでみたら…

 コケたよおい!!! 

 今付けてるOVERのツーリングバックステップがコケると必ずオシャカになるので、コケた瞬間に滑ってくバイクを見ながら「ああステップが…」と思ってましたw
 体は左肩&腕から落ちたおかげで(しかも寝かしこんだところだったし)ノーダメージでしたが、案の定ステップとチェンジペダルが曲がってるのを確認したのでバイクを押してピットへ。
 今日の走行しゅーりょー…といそいそと着替えましたが、着替え終わってから改めてバイクのダメージを見ると頑張ればなんとか走れそう…?
 しかしこの状態で頑張ってもあまり意味はないのでここで撤収しました。

 さて今日のベストタイムは52秒011。火曜のベストが52秒035だったのでわずかに更新はしたものの自己ベストからはまだコンマ6秒半遅い。
 目標としてた50秒台は遥かに遠い…
 今日は一度もステップを擦らなかったし、膝も擦らないぐらいバンク角が浅い時もあったのでこんなもんかも知れませんが、逆にそこそこのタイムは出てることを考えるとそこまでバンク角は重要ではないのか…
 関東ロード当日に突如覚醒するとは到底思えないので、レース本番で何かを掴めればいいかなー…ぐらいの気持ちで頑張ってきます。

 …それはそうと昨日届いて今日から早速使い始めたFIVEのレーシンググローブですが、コレが凄くいい!!

Mixi1634

 昨年秋に痛んだグローブの当面の代わりとしてfunaさんに譲ってもらったベリックと比較すると驚くほどに軽い!
 そして噂どおりめちゃめちゃ柔らかくて薄い!! 素晴らしいフィット感!!

 今回急遽グローブを新調した理由は火曜に走った時にベリックの動きが悪いのが気になったためだったんですが、今日はストレスフリーで走りきることができました。
 唯一気になるのはウェビックのレビューで書かれてた耐久性の低さですが、コレはとりあえず実際に使ってみて検証します。
 この柔らかさと薄さを見ると確かに耐久性は弱そうかな…って気もしますね。

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

サーキット走り初め(バイク)

 例年だと1月中にはサーキット走り始めてますが、今年は色々と都合がつかなかったのとビリヤードの方に力を入れてたこともあってスタートが遅れてしまいました。
 しかし2月末の関東ロード開幕戦にエントリーしてるだけにそろそろ走っとかないと話になりません。

 ツイッターでは何度もツイートしてるのですが、職場が深刻な人手不足でここのところは二人足りない状態で業務を回してます。現状でも回ってるとは言いがたい状況ですが、この上ぼくが怪我して離脱したりしたら(離脱しないまでも効率落としたりしたら)いよいよもって業務が立ち行かなくなるので、今の最優先事項はとにかく転ばないこと。
 正直関東ロード開幕戦にエントリーしたのは年間ゼッケンの29番を確保したかっただけなので、最悪走らなくてもいいぐらい…まぁ転ばない程度に頑張って走って最下位フィニッシュでもいいかなー…と。

 なので今日も転ばない程度に…KSRでサーキットを走ること自体10月末の関東ロード以来三ヶ月半ぶりなので、リハビリ程度に走ってきました。

 一本目で様子を見てると結局最後までペースを上げられないことが多いので、ここのところはいかに早いタイミングでペースを掴むかを考えてきましたが、今日はとにかくゆっくりと体を慣らしていく方向で。
 ついつい街乗りポジションで乗っちゃうのがペースが上げられない原因なんですが、今日は敢えて街乗りポジションで乗り始めて安心感を得ようと。
 ペースが上がってきたら着座位置を後ろにずらしてサーキットポジションにして行こう…と思ってたんですが、なんか気が付いたらペースが上がるに連れていつの間にかそのポジションになってました。

 一本目は自己ベスト二秒落ちの53秒台でしたが、二本目、三本目では52秒半ばまではペースアップ。しかし自己ベストより一秒以上遅い状態で今日の練習は終了。
 自己ベストを出しても昨年の新コースでの関東ロードではダントツ最下位タイムだっただけに、このタイムではどうしようもない…一個下のチャレンジャークラスでも中段ぐらいのタイムでしょう。
 たしかに転ばないようにって意識はありましたが、自分としてはかなり頑張って走ったのにこのタイムとは…

 今日のテーマの一つはライン取り。例えばヘアピンコーナーと90°コーナーだったらブレーキの残し方とか寝かし込みのスピードまで変わってくるんじゃなかろうか…桶スポもトミンもヘアピンが多いだけにヘアピンの走り方には慣れてるけど、全部のコーナーを同じ様に曲がろうとしてないか…
 と言う疑問が沸いたので、コーナーによって色々と走り方を変えて試してみようと。

 ヘアピンにしても、例えば3コーナーのイン付きが早くなる傾向がある…と感じてたので、今回は敢えてアウト側を奥まで真っ直ぐ行ってから向きを変えてクリップに向かうラインを試してみたら、立ち上がりでは早めに開けられるし、寝かしこみを奥にした分ブレーキング開始も奥にできてなかなかいい感じ。

Mixi1632

 でも課題だった2コーナーは最後までリズムが合わず…早めに減速が終わっちゃってブレーキ離した状態で「うぅ遅いし曲がらない…」と思いながら旋回したり、逆に「うゎ速すぎた…」と思ってブレーキかけ続け続けちゃって寝かせられないまま曲がったり…
 4コーナーと6コーナーもなんか早めに減速が終わっちゃってブレーキ離してスロットル閉じたまま漫然と旋回してて、この区間までブレーキングに使えればもっと速く走れるのでは…と思いつつも実践できないまま終了。
 改めて考えてみると3コーナーにしてももしかしたら必要以上にブレーキ残しすぎてるからフルバンク近辺までブレーキ握ってるだけで、もっと早く離しても曲がれるのでは…そうやったら結局4コーナーとか6コーナーみたいな感じでなってしまうのでは…

 とか色々考えても何がいいのかわからず…どうやったら速く走れるのかわからなくなってきました。
 いや、もともと「とにかくめいっぱい寝かせれば速く走れんべ!」ぐらいしか考えてなかったのでよくわかってないんですけどw
 今日もステップ擦るまで寝かすことはできたけどタイム自体はこれだけ遅いんですから、やっぱりもっと考えて走らないとダメだ…けど、なにが正解なのかがわからない。

 それはさておき、今日のもう一つのテーマが「外足の踏ん張り」でした。
 もともと11月以降6Rで走りこむようになって「どうもブレーキングでの踏ん張りが甘い」…と思ったことの対策として、背筋を収縮させて(結果的に上体は伸びて起きる)外足でステップに踏ん張ることで対処できる…と考えたことがきっかけでしたが、さらに最近読んだこの記事。

 【和歌山利宏コラム】ライテク都市伝説を斬る [その2 内足荷重]
 https://news.webike.net/2016/07/15/63969/ 

 …まぁここで和歌山さんが言ってることの本質とは微妙にズレるんですが、ぼくはこれまでコーナリング中は全く外足を意識してこなかったんですよね。逆に「外足に少しでも力が入ってると寝かしきれない」と感じたので、寝かしこむ時は100%イン側ステップだけに集中して寝かしきれない時とかは外足をパタパタと浮かせちゃうぐらい。
 でもこの記事を読んだのと、前述のブレーキング時に外足を踏ん張った状態から寝かしこむことでなんか安心感が得られたので、ちょっと外足を意識してみようかと。
 あとあまりにも外足を意識してないせいで全くタンクのホールドが出来てないし…
 ブレーキングから進入が課題のぼくとしては、寝かし込みのときの不安感が払拭されるなら(もともとそんなに感じてはいないけど、ブレーキングが怖いのは確かなので)ダメ元で試してみようかな、と。

 やってみた感じとしては、確かに車体との一体感が生まれて安心感は出るし、その状態でもステップするぐらいまで寝かしこめるから寝かせられないってこともなかったけど、コレと言ってタイムアップはしませんでした。
 でもまぁ悪いこともなかったし…外足に力が入ってるからと言って寝かしきれないわけでもないこともわかったので、コレはコレでやってみようかと。
 まぁ力が入ってるって言っても指先にちょっと入ってるかな?ぐらいで「外足を意識してる」って程度なんですけど。
 外足で踏ん張ってる分体がインに入らない気がしますけど、それで寝かせられなかったわけでもないし…
 思い返してみると必死になって走ってる時にこういう状態になった時はあったから、もともと頑張った時に外足に力は入ってた…のかも知れないし。

 しかしそもそも今までやってこなかったイメージだけについ忘れちゃいます。って言うか前述の「背筋と外足ステップで減速Gに耐える」も二本目終盤まで忘れてましたしw
 このイメージに慣れる為にも午後枠も走るか…とも思ったんですが、3コーナーで一度フロント(…だと思う)が僅かに滑った手応えがあったのと、7コーナーで三度に渡りコケそうになったので、このままペースを上げてくと転びそう…と思って切り上げ。

 7コーナーの件は原因がよくわからないんですよね…一回目はリアがなにかに乗り上げて滑った感じだったので「異物でも落ちてる?」と思ったんですが見当たらず…二回目も同じ。
 三回目に至っては小石に乗り上げた時みたいな感じでフロントが弾かれて切れ込んだ(手と膝が当たったので間違いなくハンドルがインに切れたはず)ので、ビビってピットイン。

 改めて見るとあそこはひび割れと言うか継ぎ目と言うか…なギャップがあるのに気が付いたので、そのギャップの乗り方で何か影響が出るのかな…よくわからんちん。
 今回は6~7コーナーの走行位置も色々試してたので、たまたまそういうラインに乗っちゃった可能性もあるのかも。あとは単純にオイルが垂れてたとか・・・

 そんな感じでどうも速く走るための方法論が見えてこないんですが、速くなりたいという気持ちがめちゃめちゃ高まってきたので、ちょっと頑張って練習してみます。
 そもそも新コースの自己ベスト自体が同じノーマルエンジンのKSRで走ったおおにし師匠より二秒遅いですし、今日のタイムだと三秒とあまりにも遅すぎるし…
 ただ、すぐどうこうできる問題ではない…と諦めてこのまま関東ロードに臨むか、日曜にもう一度走りに言って足掻いてみるか迷ってますw

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

MECCA横浜BCリーグ(ビリヤード)

 今月はMECCA横浜のBCリーグが第三日曜から第二日曜に変更…と言うことで、今日参戦してきました。
 結果は一勝三敗とここのところではかなり悪い勝率。まぁ二ヶ月前の全敗よりはマシですけどw
 勝てた一試合目も実力と言うよりはラッキーな勝利でしたねぇ…今日はみんなぼくより(大幅に)上手かった。
 あのレベルの人たちなら毎回安定して勝ち越しを狙えるんだろうなあ…ぼくもそれぐらいになるべく練習しないとですな。

 ちなみに試合前の練習はその日一発目のセンターショットから美しいビタ止まりで、一人ナインボールやっても絶好調と言っていいぐらい玉が入ったので調子は良かったんですけどね。
 ただ、三試合目あたりから「今日の調子の良さって何が影響してるんだろ…」とか試合中にも関わらずフォームのチェックを始めてしまったせいか、玉が入らなくなってしまいました。うーむ、アレは余計だった…

 ここのところ真っ直ぐの玉ならかなり高い精度で入ってるだけに、先週のスミヨシでイマイチ玉が入らなかったり、ここのところボウラードでさっぱり玉が入らないのはメンタル的な影響が大きいと思うんですよね。
 今日はしっかり撞く前に狙いを定めてから構えに入ったのが良かったのか…と思ってましたけど、三試合目四試合目はそれでも入らなかったしなあ。

 あとは出しのイメージが悪すぎてフリーボールからのポジションがしっちゃかめっちゃかなので、もっとラインのイメージを良くしないと…

| | コメント (2)

2017年2月 8日 (水)

目を瞑ってても玉は入る(ビリヤード)

 めっちゃ調子良さそうなタイトルですが、日曜の試合以降調子を落としてます。
 …いや、センターショットは入るし、1P手玉を遠くしたセンターショットもかなり高いシュート率で入るんですよ。
 20分ぐらい真っ直ぐの玉を撞いたあとで、30分ぐらいシュート&ポジション練習をして、〆に30分ぐらいボウラードやるかー…と始めたらこれが壊滅的なほどに入らない。
 昨日も入らなかったんですが、昨日はちょい渋台のトーナメントエディションだったのでそのせいかも…と思って3フレームで切り上げたんですよね。しかし通常台になった今日も同じぐらい入らない。
 どうにかこうにか50点ジャストは出したんですが、これは最近にしては極めて低い…

 ボウラード終わってから10分ぐらい時間が余ったので再度センターショットを撞くと…は‥入らない…
 落ち着いて狙いなおしてみたらまたバシバシ入る状態に。

 試しに素振りした後キュー先を手玉に近づけたところで目を瞑り、目を瞑ったままテイクバック→ショット…とやってみるとぽんぽん入る。
 さらに試しにフリのある玉でもやってみたらやっぱりぽんぽん入る。

 うーむこれは…狙いとストロークに関しては問題がないってことか。ってことは純粋にメンタル…?
 ボウラードになるとヘンなコジりが出て真っ直ぐに撞けてないのか、狙いがおかしくなっちゃうのか…
 ボウラード直後はセンターショットも入らなかったことを考えると、ボウラードやってるうちに構えにも狂いが…?

 原因はわからないものの、センターショット系の入り方を見るに体の調子は相変わらずいいままだと思うので、自信を持って撞ければ玉は入るのかも知れませんが…
 今週末はMECCA横浜のBCリーグ(また一週ずれたみたい)、それまでになんとか調子を纏めたいところですが…さて??

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

スミヨシのトーナメント行ってきた(ビリヤード)

 今年は積極的にビリヤードの試合に出ようと思ってるので、今日はビリヤードスミヨシのBCトーナメントに参戦してきました。
 …まぁ毎年今の時期はそう思うんだけどね…w

 スミヨシのトーナメント参戦はこれで四回目?ぐらい。大した数ではないけど一応MECCA(と言うかハイランド)に次ぐ参戦数。
 今日は早めに行ったおかげで試合前に30分近く練習できたので準備万端。そのおかげか全く・・・1mmも緊張することなく初戦スタート。

 た‥玉が入らん… 

 試合前の練習ではそれなりに(絶好調ではないにせよ)玉は入ってたけど、ここに来て玉が入らん…って言うか…

 集中できん!!! 

 うーむ、全く緊張感が沸いてこない弊害かテキトーに撞いてしまう…集中しようと思っても集中できん…
 とは言え以前みたいに全く入らないというほどではなく、まぁまぁ入ってるかなー…って感じですが、サイドにほぼ真っ直ぐに出てた9番を外したところで心が折れましたw
 結局2-4だったかな?で終了。

 試合後に相手の方から「調子上がってませんでしたねー」って言われたので、いやいやこんなものですよwとは返したものの、ここのところの調子を考えると玉入ってないな…

 スミヨシはダブルイリミネーションなので敗者側へ。相変わらず超リラックスモードで全く緊張してないし玉も入ってないんですが、なんか要所要所ではそこそこ入ったのと、相手の方もミスが多かったのに助けられてなんとか3-2(敗者側1セットダウン)で勝利。
 最終マス、への字の7番から裏回しの形で9番へ(8番はブレイクでポケット済み)バッチリポジションできたのが本日のベストショット。ラインは全く読めてなかったけど、とりあえず9番には近づくでしょと撞いただけなんですけどw
 そもそも7番が入ったこと自体今日の調子を考えればびっくりだけど、最近への字は割と得意意識があるんですよね。

 そこそこ玉は入ってるし、調子が悪い…と言うよりはなんか集中できない(目もしょぼしょぼして焦点が合わない感じだし)だけなので、ひとまず集中すれば敗者側から勝ちあがれるかもなー…と思っていた三試合目で2-3で負けて終了しましたw

 三試合目は改めてルーティンを意識してみたらとりあえず集中力が出てきたのでそれは良かった。まぁそれで玉が入るかと言うとそんなに変わらなかった気もしますけどw
 最後のマスで8番はフット側長クッションの1Pライン上あたりの位置、9番定位置で7番はヘッド側の長クッション1Pあたり。手玉は7番に対してほぼ真っ直ぐ…から、渾身の逆押しでフット側まで出してきたのは良かったんですが、8番が完全に真っ直ぐ。レールから近いので引くことも出来ず、ほんの少しフレてるのを利用して弾いて横に動かせないか…とチャレンジしましたが玉一個分も動かず、かなり難しい角度からサイドに9番を狙うことになり、外して終了…
 7から8への出しは今日のベストショットと言っていいぐらいだったんですが、8番に対して右でも左でもいいから玉一個分ぐらいフレて欲しかった…

 しかし負けたとはいえ試合自体はめっちゃ楽しかった!
 反省点としては…やっぱりルーティンをしっかり意識しないとダメなのかも。
 最近は結構パッと構えても玉が入るようになってたので今日も比較的サクサクと構えたんですが、ゆっくりと構えた方が狙いのラインに集中できてしっかり撞ける…気がします。
 ここのところの調子の良さに自信がついたこともあり、試合でもあまり緊張しなくなってますが(先週の山水は相当緊張したけど)、その状態でもしっかり集中して玉が撞けるように心がけたいところですね。

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

一日一時間でも(ビリヤード)

 ここのところは短い時間でもいいからこまめに撞きに行くことが大事かな…と、仕事が終わってから極力練習に行くようにしてます。
 たっぷり時間がないとできない練習もあるし、3時間ぐらい撞く日も欲しいところですが、なんか長く撞いてると疲れてフォームが崩れてきたりするし、逆に調子が悪い日でもあーでもないこーでもないと調整してるとなんとなく玉が入るようになる…けど、今までと違う撞き方になっちゃってたりして。
 特に日々の調子のアップダウンが激しかったぼくとしては、出来る限りこまめに撞きに行って「今日も大丈夫、今日も大丈夫」って確認するのが自信に繋がってる気がします。

 そうは言っても…ウチの会社、二時間以上残業することは稀ですがここのところ人手が足りてないこともあって二時間フル残業はしばしば。
 以前だと二時間残業の時は時間がなくて玉撞きはムリ…と思ってましたけど、食後にコーヒー飲んでまったりする時間をカットする代わりに水筒にコーヒー入れてビリヤード場に持ち込むようにしたら、なんとか一時間ぐらいは練習できることに気がつきました。

 その甲斐あってここのところの調子は極めて安定してるし(調子のアップダウンが目に見てる範囲では無きに等しい)、試合でも好成績を収めてるので、このやり方が合ってるのかなー…と。
 まぁ8年前かな?にビリヤード始めた時はまだ漫画家やってたこともあって時間の都合はついたので毎日二時間撞きに行ってましたけど、あの頃はあまり上手くならなかったから、何に気をつけて練習するか…は大事だとは思いますけどねw

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »