« テイクバック(ビリヤード) | トップページ | ミニフェス初のAコース開催!(バイク) »

2017年8月 4日 (金)

鈴鹿八耐行ってきた!(バイク)

 今を遡ること26年前にF1を見始めてからずっと鈴鹿には行きたいと思ってました。しかし遠いのでなかなかそれも果たせず…
 10年前にバイクの免許取ってからはいつかはバイクに乗って八耐を見に行きたい…と思ってました。…って言うか昨年もギリギリまで行こうか迷ってました。

 そんな折、ご近所さんということで色々とお世話になってるおおにしさんと、BMC走行会でお世話になってるありとーさんが組んで八耐ウィークの土曜に開催される四耐に参戦するという情報が飛び込んできました。
 ありとーさんは数年前に鈴鹿四耐に参戦ずみ…おおにしさんは今回の参戦車両のZX-6Rを駆ってST600に参戦中。
 お二人を師の如く慕ってるぼくとしてはこれは応援に行かねばなるまい!とムリヤリ四連休を突っ込んで鈴鹿に行ってきました!

 四連休取れることが決まって即八耐のチケットを購入しましたが、その時点で鈴鹿の周辺50km圏内のホテルは全滅。仕方がないので名古屋あたりで取ろうかと思っていたところフォロワーさんに伊勢を薦められたので、鈴鹿からの距離的に名古屋も伊勢も大差ないし、伊勢なら伊勢神宮観光もできるし…と伊勢に宿をとることにしました。

 伊勢湾フェリーの存在も教えていただいたので、ルートは伊良湖まで東名で行ってフェリーで鳥羽へ。
 船旅を楽しみたかったのと、少しでも楽したかったのでw

 鳥羽からは伊勢志摩スカイラインで伊勢神宮へ向かい、そのまま伊勢観光をしてホテルへ向かいました。
 ちなみに伊勢に着いたのは14時ぐらいだったかな…? 思ったより早かったです。

 二日目は六時にホテルを発ち、一時間ちょいの行程を経て鈴鹿入り。おおぉぉぉ夢にまで見た鈴鹿サーキット…
 鈴鹿に到着した時から時々ポツポツと雨が来てましたが、スタート直前に西コース側が降ってきた事もあって四耐のスタートは30分ディレイ。三時間半にレースを短縮してウェットコンディションの中のスタートとなりました。

 22号車のおおにし&ありとー組を応援するつもりできましたが、前日の晩になって、桶川のSSKillersでトップ争いをしていたコヤパチさん&秀吉さんがペアを組んで参戦してることを知り、お二人の58号車も追っかけることに。桶川を走ってる身としては夢のコンビですよ!

 大きなトラブルなく三時間半を走りきった22号車に対して最初のピットストップでトラブルに見舞われて50位まで順位を落としてから26位までリカバーした58号車はなかなか波乱のレース展開でした。

Mixi1737

 ちなみに22号車はフォロワーの左折さんのオリキャラ、でこメガネちゃんがカウルに描かれた痛単車仕様。スタート前のチーム紹介で「DMCはでこメガネちゃんの略だそうです」ってアナウンスされたのが初日のハイライトw
 四耐&八耐通して唯一の痛単車だったので注目を集めていたようです。

Mixi1736

 ちなみにスタート直後にフォロワーの平沢ようさんが近くにいることに気が付いて合流したので二人で観戦してました。
 最初は2コーナーで、後半はダンロップで見てましたけど、2コーナーからS字への加速が結構遅く見えたんですよね。
 やっぱり鈴鹿ぐらいのサイズのサーキットで600ccだと、例えば筑波を250ccで走るような感じで走りやすいのかなー…とか。

 午前中の四耐決勝を見た後は八耐のフリー走行。これは見ないでメインゲート前を散策してました。
 そうこうするうちに八耐のトップ10トライアルが始まったので、メインゲート前のモニターで観戦。一台ずつだから直接コース見るよりモニターの方が楽しめるかな…と。

 トップ10トライアル後はまたしてもその辺ブラブラしたり晩飯食ったりして前夜祭待ち。
 前夜祭ではケニー・ロバーツによるFZ750のデモラン、ウェス・クーリー、グレーム・クロスビー、加賀山就臣選手の三人による歴代ヨシムラ八耐優勝マシンデモラン…を鑑賞。
 …しつつ、ツイッターで声をかけてくれたおおにし師匠と合流したので四耐を走った感想などインタビューw

 鈴鹿初日はこれにて終了しました。

 二日目は…八耐決勝は11時半スタートだからのんびり行こうかとも思ってたんですが、ヘルメットをコインロッカーに入れたかったので遅く行って空きがなくなったりするとヤダな…と、結局ゲートオープンの八時を少し回ったあたりで鈴鹿着。
 昨日は東コース側でしか観戦しなかったので、撮影スポットを探しつつ西コース側へ。
 一番メインゲートから遠いスプーンに陣取ってスタートを待つことにしました。

 この日も天候が微妙で、スタートして間もなく霧雨が。
 トップ争いの634号車、21号車、11号車の写真を撮りつつ、スプーンから少しずつメインゲート方向へ向けて移動。
 スプーンから200Rのあたりはフェンスでコース内は見えないんですが、コースが近いこともあって音がすごい! これはかなり感動しました。

 スタートから二時間ほどが経過したあたりで昨日の四耐を戦ったありとーさん、そして初対面のフォロワーさんであるのどみおさんと合流。鈴鹿の入り口の方にあるパンケーキ屋さんでパンケーキを食いつつ、さらに合流してきた龍さんも交えて二時間近くのんびりとダベってました。

 さて皆さんと別れてコース戻り。時間は五時ぐらいだったでしょうか。
 ここからはまた東コース側、昨日は2コーナーとダンロップの二箇所でしか見なかったので、他の場所も回りつつ写真をパチパチと。
 撮影スポット的に気に入ったのはS字一個目。車体の内側から撮影できるのでライダーの体が撮れるのがいいです。個人的にバイクは外から撮るより内から撮るほうが好きなんですよね。
 観戦ポイントとしては、金網があって撮影には向かないけどコースとの距離がめっちゃ近いダンロップ後半。サーキット出口周辺あたりですね。
 目の前を駆け抜けるバイクが見れて大迫力でした。

 だいぶ日も落ちてチェッカーまで30分となったので、トンネルを通ってメインゲート方向へ戻りやすいダンロップ入り口周辺まで移動。ここならホームストレート上のモニターも見えるし…
 …と、席に座った瞬間に目の前でチームディライトのパニガーレ、森選手が逆バンクからの立ち上がりで転倒! しばらくライダーが起き上がれなくて心配しましたが、なんとかコース外へ退避。
 この転倒で今回の八耐初のセーフティーカーラン。
 …と見てるとなんと森選手がパニガーレに跨ってコース復帰! 周辺からも大きな拍手が!
 うーん、これが八耐だよねえ…

 そしてこのセーフティーカー明けに二位を走ってたFCC TSRのアンダーカウルが燃えるトラブルが発生! なんでもカウルに溜まったオイルにタイヤカスが引火したらしい…?
 タイヤカスが燃え尽きると火も消えたのですが、オレンジボールが掲示されたのでピットイン。これで11号車、カワサキチームグリーンが二位浮上!

 そしてチェッカー! 相変わらずのヤマハワークス21号車がぶっちぎりの速さを見せる中、昨年同様カワサキは二位表彰台を確保。
 順位を落とさないためにラスト2スティントを連続走行したハスラムニキかっこいい…!

Mixi1738

 この日の八耐は世界耐久選手権のタイトルを争う1号車にJSBルーキーでこれまた桶川出身ライダーの濱原颯道が大抜擢!
 しかしぼくらがパンケーキ食ってる間に転倒してしまった(すぐに復帰したみたい)様子…
 タイトルを逃したことと自身の転倒のこともあったのか、表彰台での姿をアップで撮ろうとズームしたら泣いてる…これはぐっと来ました。

 世界耐久選手権表彰式に続いての八耐の表彰式で笑顔を見せていたハスラムですが、脱水症状に陥ってたらしくその後の記者会見は欠席…したんだったかな。
 カワサキ二位確保のために頑張ってくれたハスラムに大感謝!

 鈴鹿恒例の花火が鳴り響く中帰路につきました。

 翌日は二見港のあたりを少し観光して帰宅~。18時ぐらいにおうちに着きました。

 いやはや、初めての鈴鹿!初めての八耐!!を堪能した四日間。
 ついでに言うと北海道ツーリングの経験はあるとはいえあちらは大洗からフェリー、陸路でバイクで走った距離としては過去最長となる今回のツーリングはとても楽しかったです!
 しかし鈴鹿はもっと遠いと思ってましたが、朝六時半ぐらいに家を出てお昼にはフェリーに乗ってたので意外と早い…? なんかこれならまた行けそうな気がしますw
 次は…自分の6Rで鈴鹿を走りたいなあ…

|

« テイクバック(ビリヤード) | トップページ | ミニフェス初のAコース開催!(バイク) »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テイクバック(ビリヤード) | トップページ | ミニフェス初のAコース開催!(バイク) »