« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の記事

2017年9月30日 (土)

キューバランス(ビリヤード)

 今のメインキューであるMUSASHIを買ってからもう一年半タップを換えてないので、そろそろ換えるかー…と、関内のMECCA横浜に行ってきました。
 いや、自分でも換えられるけど先角に傷を付けない様に若干余裕を見て形を整えちゃうから大きめになっちゃって見栄えが悪いし、なによりめんどくさいw
 今までは新横浜のOTAにお願いしてましたけど、なんか最近業務縮小してるみたいで週二回(しかも平日)しかタップ交換をやってないみたい…

 ちょっと待つかなー…と思ったら、なんと明日の15時まで予約でいっぱいとのこと。でもせっかく来てしまったのでシャフトを預けてお願いすることにしました。
 なので一度家に帰ってから初代マイキューのAdam、二代目のエスピリチュを持って川崎バグースへ。

 厳密なキュー遍歴としてはAdam→AdamにMEZZのWD700装着→エスピリチュ→再びノーマルAdam→エスピリチュにMEZZのハイブリッドプロ2装着→MUSASHI…って流れ。
 ノーマルのエスピリチュは最初からどうもしっくりとこなくて、途中でジョイントピンが壊れてしまったこともあってあまり撞いてあげてなかったので、ここのところ撞き方のコツも見えてきたことだし、今日はメインで使ってあげようと。

 ここのところのポイントを気をつけて撞くと、撞点真ん中の真っ直ぐな玉は過去最高レベルの精度で入ります。ただ、前からそうなんですけど上の撞点を撞くとどそっぽに外すことが多い…多分同じ理由で土手撞きも苦手。
 ちょっとここは本格的に原因を見つけて潰さないとです。

 真っ直ぐの玉はかなり自信を持って撞けてるんですが、どうもフリのある玉…特に薄めの玉が入らない。どうも厚みに自信が持てないんですよね…
 まぁこれは最近撞いてなかった弊害…マジメに練習すれば入るようになるかな、と思ってます。

 さて恒例のボウラード! …と始めてみましたが玉が入らない…
 なんかどうもキューがしっくり来ない…なんというかバランス…そうだバランスだ。
 思えばセンターショット撞いてるときからどうも上の撞点撞くときは普段よりかなり前を握った方が入ることに気が付いたんですよね。

 このエスピリチュ、前バランスと言われるAdamよりさらに前バランス。
 とりあえず前半5フレームまではエスピリチュで撞いて後半をAdamに切り替えたのですが、目に見えて玉が入る…というか狙ったところへ撞ける。
 AdamはMUSASHIと同様に革巻きなのに対してエスピリチュはウッドハンドルだからその感触の差とかも影響してるのかも知れないし、先角も長くてトビの大きいノーマルシャフトだから(Adamもノーマルシャフトだけど先角交換の際に材質を変えて短く加工してます)その影響もあるのかも知れない。単純に後半に調子が上がっただけかも知れない。
 でもなんか、バランスの差による撞き難さ…みたいなものがこのキューとの相性の悪さに繋がってる気がします。

 初心者が初めてキューを買うときはネットで買わず、店頭に行って実際に振ってみてバランスを確認した方がいい…と言われますけど、右も左もわからない初心者が振ってみても自分に合うバランスとかわからないのでは…と思ってました。
 けど、なんか今日の一件でやっぱり「振りやすい振りにくい」「自分にしっくりと来る」っていうのは重要なことなのかも知れないな、と。
 あとはキューを買い換えるときにも今まで使ってたキューと極端に違うバランスのキューにするのは良くないのかも…とか。

 とりあえず月曜にMUSASHIのシャフトを引き取りに行くので、そしたらまたMUSASHIで練習に励みます!

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

調子上がってきた(ビリヤード)

 最近これといって大きなネタがないので特に日記は書いてませんが、まぁボチボチと玉は撞いております。
 …とはいえ、月に数回とかその程度なのでろくな玉が撞けるわけもなく…ろくな玉が撞けないからモチベーションが上がらず玉撞きに行くのが億劫になり…の悪循環。
 やっぱり間が開くと調子を取り戻すだけでその日の練習が終わっちゃって先に進めないので、たとえモチベーションが低かろうと週に2~3回は撞かないとダメだ!と、今年の初めぐらいには思ったりもしましたが、やはりモチベーションが低いと億劫に。
 一時間でも撞けばそれなりの練習はできるんですけど、逆に一時間のためにわざわざ支度してビリヤード場に行くかァ…?みたいな気持ちになっちゃたりしてもうだめだ。

 …さて先週玉撞きに行った時にイマイチ玉が入らず、ふと思い立ってゆっくりしたリズムで素振りしてから撞くようにしたらちょっと安定してきました。
 もともと調子が悪い時はとにかく素振りをゆっくりと…とは思ってましたが、最近は全くやってなかったんですよね。
 撞く直前の最後の1ストロークだけはゆっくりやってたんですが、最初からゆっくりストロークして、それこそグリップの指がどう変化して腕がどう動いて…みたいなところを確認できるぐらいゆっくりストロークして、同じ動きを再現することだけを考えて撞くとかなりいい感じ。

 んで、先日バグースの渋台で撞いたときに、それでもまだちょっと足りないなあ…と色々と試行錯誤してて、ふと右肘の位置に気が付きました。
 なんかどうも肘が背中側に落ちてきてる…?
 肘をめいっぱい高く上げるイメージで撞いてたときは調子良かったのでそれを意識してみたらめちゃめちゃ玉が入るようになってきました。

 うーむ、肘を高く上げると言うか…体を前に倒すにつれて肘が背中側に傾いてきちゃうクセがある(もしかすると人体の基本構造的なものかもしれないですけど)ことに気が付いたので、逆に外へ突っ張ってくイメージで構えてみる…と言うのを今さっきの練習で試してみたら、久々にボウラード80点越えしました。
 …いやBクラス的に80点は最低ラインですけど、ここのところビギナーレベルの40点前後しか出てなかったので…

 実際にプレイするときにあまり多くの事は意識できないから、気をつけるべきポイントは極力少ない方がいい…とは、ビリヤードでもバイクでも思ってるのですが、とりあえずこの肘が内側にズレないように意識するだけでだいぶ安定して玉が撞けるようになるので、しばらくはこれを最重要事項として練習してみます。

 玉が入りだすとモチベーションも上がるので、ちょっとやる気になってきましたw

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

SSKillersと走行会(バイク)

 日曜は桶川スポーツランドで開催されたレース「SSKILLERS」の観戦に行ってきました。
 このレースはぼくが生まれて初めて観戦したレースでもあり、お友達が多数参戦してることもあって一番思い入れのあるレースなのです。

 さてこのSキラ、午前と午後の二回、千円で15分サーキット走行ができる走行会枠があります。今回はこの走行会枠を走るために6Rにツナギを積んで現地入り。
 思えば…二年前、KSRで走り慣れてきた頃に久し振りに6Rで走ったら全く寝かせられずに玉砕。
 昨年だったかに走った時はそれよりマシ…だったんだっけな?

 今回走りたかったのは今月に入ってようやくバイクの基本的な乗り方が掴めてきた感があるので、ぼくの手持ちのバイクで一番このサーキットを走りづらい6Rでも普通に走れるようになってるかどうか…を確認したかったのです。

 結論は…イケる! 思うように寝かせられない感触はもうないです。勿論最近乗ってないから寝かし切れはしないけど、概ね普通に寝かせられてる感じ。
 まぁ減速と加速に関しては感覚掴む前に走行終わっちゃったので、止められず開けられず…って感じでしたけどw
 それでもタイム的には初級枠上限ギリギリの48秒4あたりが出たと思うので、ブレーキもろくにかけず、スロットルもろくに開けずに走ってこのタイムならまぁまぁ…

 しかしやっぱり6Rはでかいし重いという印象は否めない…発売当時の記事で「大柄なタンクはまとわりついてくる感じでホールドしやすい」って書いてあったけど、まさにそのタンクの大きさがでかいと感じる理由なのでは…
 いやでも写真で見ても車体がでかい気がするな…

Mixi1777

 さてSキラ本番! 今回はノービスAクラスとその一個上のプログレスクラスにお友達が集中してます。
 ノービスAはニコニコレーシングの面々が多数参加してたんですが、なんとニコレーの浦安さんが優勝、BMC走行会でずいぶん前からお世話になってるうどんさんが二位、前々から相互フォローしてたものの当日初めてご挨拶できたろっちーさんが三位、謎のライダーUタロー村選手が四位…と、上位をフォロワーさんが独占ww
 ちなみにこの四人より上位でフィニッシュした人たちがいたんですが、ノービスAは基準タイムより速く走るとペナルティで一周につき5秒加算となるのでみんな下位に沈む結果に。いや、見るからにペース速かったもん…

 そして今日のハイライトはプログレス! ポールを獲得したナベックさんの大ウィリー大会からスタートw

Mixi1778

 六位のみのむしさんまでがトップ集団を形成してレースを牽引。後方ではニコレー勢の龍さんともふだぼさんが順位こそ最下位ながら熱いバトルを展開中。
 二人のバトルに気を取られてると周りから「あぁぁぁー!!!」って声が上がってので何事かと見たらトップ集団が3コーナーで接触転倒…?
 ライダーさん大丈夫だろうか…と視線を移すとトップ独走で4コーナーを通過するみのむしさんの姿が。

Mixi1779

 みのさんと二位以下との間には二秒ぐらいの差があるように見える…トップ集団は同じぐらいのラップタイムで周回してただけに、残り集回数でこの差を詰めるのは難しいはず…みっみのさん優勝か?!!

 キターーーーーー!!! みのむしさん優勝ォーーーーー!!!! 

Mixi1780

 みのさんのオンボード動画を見たら見事にイン側ががら空きで、集団の一番後ろで3コーナーに到着したみのさんはほとんどタイムロスなしで一番いいラインを通過できた感じ…w
 棚ボタと言おうと思えば言えるんだろうけどこれがレース、なによりトップ集団を走ってたらこそのチャンスですよ!
 いやはや…みのむしさんには桶スポ勢の中でも一番仲良くして頂いてるし、自分が優勝したかのように嬉しい…!

 …さて一通りレースが終わった後で午後の走行会枠。ここではプログレスを走った龍さんのNinjaSLをお借りして走行しました。
 うわわめちゃめちゃ乗りやすい…ほとんどNチビと同じ様な感じで走れる。非力な分スロットルも開けていけるし、ブレーキもそこまでがっつり効かないだけに思い切ってかけられる。
 いかに軽いとは言ってもサイズ的に6Rと大差ないだけに、結局桶スポ走る難易度はそう変わらないでしょ…と思ってたのに全然違う…乗りやすいし楽しいぞ!!!
 思いっきり走れたおかげか、午前中に6Rで走った時よりも時間が長く感じました。ううぅいつまでも走っていたい…

Mixi1781

Mixi1782

 普段だと「乗ってみますか?」って訊かれても、いや6Rで練習したいし…とか、万が一転倒したらまずいし…とか二の足を踏んじゃうぼくですけど今回乗らせてもらったのは、これまた前述の「バイクの乗り方がわかってきた」ってのが何のバイクにも通用するのかを確認したかったため。
 すんなりと初めて乗るSLにも馴染めたので、ちょっとバイクの乗り方に自信が出てきました。

 …さて、このSSKillers直前に春にレンタルしたNチビを返却することに決まりました。
 それに伴って今後のレース活動を悩んでたのですが、ここに来て250ccクラスにステップアップ…と言うプランが浮上してきたので、ちょっとじっくり考えてみます。
 もともと6Rを上手く乗りこなせるようになりたい…と思ってたぼくには17インチの方が練習になるし、なにより「SSKILLERSに出たい!」って前々から言ってましたしね…
 とりあえず話が具体的になったらまた改めて報告します。

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

トミンB自己ベスト更新キタワァ…(バイク)

 今週は日曜にイワイに練習に行くつもりだったんですが、生憎の雨予報…
 ならば非番日の今日に…と思いましたがイワイも桶スポも定休日なのでトミンを予約。
 …その後でイワイが営業する話を聞いてイワイ行ったらって言われたんですが、やっぱり予約入れておきながらドタキャンするのも…と初志貫徹でトミンBを走りに行ってきました。

 こないだの練習で「体を倒していくとハンドルから力を抜きやすい」と気が付いたので走行開始直後からそれを意識。うーん、自然にハンドルが切れる感はあるけど、どうも左コーナーで寝かしきれてない感じ…タイムも遅い。
 ステップの足の置き方とか色々試行錯誤した末、ステップへの入力方向を変えてみたら寝かせられるようになりました。

 そしてついに一年と三ヶ月ぶりに自己ベスト更新…!

 KSR時代の自己ベストが29秒69でしたが、NSRに乗り換えてからは30秒も切れず…31秒を切るのがやっとぐらいだったはず。
 それが今回はぽんと29秒37までタイムアップ!
 KSRより直線が伸びるNSRに乗り換えたからには簡単にタイムアップするでしょ…と思ってましたが長かった…

 今回のタイムアップの肝はやはり1~3コーナーのクランク区間。
 Nチビの方が速いはずなのに最高速でKSR時代のデータに及ばない…ってのが気になってましたが、どうも1コーナーで明確にスロットルを戻して向きを変えてたのがまずいようだ…
 アルフィンさんのコース攻略記事によると速い人は全開らしい…まぁ全開はまだムリとしても、ここを極力スロットルを戻さなくて済むような走り方をした方がいいみたい。
 …ってやってみるとKSR時代と同じようなラインに。

 んで、クランク出口の3コーナー、ここはコの字のコーナーですが二個目の縁石は全開で通過…もう直線区間に入ってるイメージ…とお友達の3MAさんから聞いてたんですが、どうしてもそれが出来なかったんですよね。
 そこを進入のブレーキタイミングとかを色々と試行錯誤した結果、上手く行くと全開で行けるように。失敗してもチョイ戻しぐらいでは立ち上がれる。

 さらに信号側ストレートエンドの左ヘアピンでも以前よりコンパクトに回れるおかげでスロットルも早く開けられるようになり、その辺の積み重ねが今回のタイムアップに繋がったかな、と。

 ただGPSロガーのデータを見ると前より寝かせられるようになったわけでもなければブレーキングが上手くなったわけでもなく、特にスキルアップはしてない(敢えて言うならハンドルが切れるのを邪魔しなくなってセルフステアを活かせるようになった感があるので、多少コンパクトに回れてるかも)ので、今回のタイムアップはコース攻略が上手くなった感じですね。
 その辺のスキルアップが果たせれば28秒台が見える…!

 さて来月頭に恒例のミニバイクフェスタがありますが、今までのチャレンジクラスじゃなくて一個上のフレッシュマンでエントリーしようと思ってます。
 チャレンジクラスは30秒以上…と言う条件があるので、さすがに29秒3を出してしまった以上チャレンジクラスでエントリーするのも…
 まぁKSRでもベストは30秒は切ってたけど、アベレージで29秒台を出せるわけでもなかったので…w
 今日の感じだと29秒台アベレージでは回れるからフレッシュマン行けるかな、と。やっぱりせっかくなら少しでも上のクラスで揉まれたいですしね。

 とりあえずはもう少し走りこんで安定して今日の感じで走れるようにすることが課題ですね~。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

ポイント掴めた?(バイク)

 今日はイワイサーキットに練習に行く予定でしたが、昨日コーススケジュールを見るとなんかスクールが開催されるみたい…
 走れるかどうかあやふやだったので、大事を取って桶スポに行ってきました。

 ここのところ与えられてる課題は走りこむことによる意識的に行ってる操作の無意識への落とし込み…ですが、自分の中の課題として「その日の一発目からベスト近辺の走りができるようにする」と言うのがあります。
 …と言うのも…最初から調子よく走れることもまぁあるのですが、その日の最初の一本は思うように走れないことが多いんですよね。
 一本で済めばいいけど午前中丸々思うように走れないとか…下手すると丸一日思うように走れないことも。
 思えば6Rでトミン走ってた頃にそういうバラつきがあったのですが、日によってできたりできなかったりの波があるとその先の練習ができないんですよね。

 ここ五年ぐらいはステップへの入力を肝としてバイクに乗ってきましたが、それを意識してても上手く走れない時は走れない。
 むしろステップ入力よりさらに前提となる体の使い方ができてるときとできてないときがあるのでは…

 …と考えて先月の関東ロード直前練習のあたりから色々と試行錯誤してきて、関東ロード直前練習の時は左コーナーが、関東ロード当日は右コーナーが思うように寝かせられず四苦八苦。
 その答えがどうも数日前に掴めた(仕事中にカブに乗りながら色々と考えてますw)気がするので今日それを試してみると、走行開始直後からストレスなく気持ちよく走れてタイム的にも関東ロードで出した自己ベストのコンマ5秒落ち。
 うーむ、やっぱりこれがポイントだったか…

 最初に意識しちゃえばそこから先は無意識にできるので、じゃあさらに寝かせるにはどうしたもんか…と色々と試してみて、最後の二枠で「意識して内側の肘を曲げて体を低くすることでコンパクトに曲がる…気がする」と感じました。
 ブレーキングで腕に力が入ってるので相当意識しないと曲げられないのですが、ぼくの走行写真で「腕に力が入ってるように見える」ってコメント付いたのはその辺も理由かなー…と。
 ただ、タイムを見るとそれを意識してなかった午前中に自己ベストコンマ1秒落ちが出てるので、果たしてどうなのか。
 本当にコンパクトに曲がれてるんだとしたら、それを前提に今までより速いスピードでコーナーに進入しても曲がれるのでは?と思うし、それは今後試してみないとですね。

 あとはー…バンク角の浅い深いがどの程度タイムに影響するのかがいまだにわからないのですが、こないだのイワイでぼくよりペースの遅い人の後ろについたら明らかにバイクが寝てなかったので、やっぱり寝かせれば寝かせるだけコーナリングスピード上がって武器になるのでは…
 レース仲間の3MAさんのGPSログと見比べると(どの程度当てになるのかわかりませんが)データ上3MAさんよりぼくの方が1~2度バンク角が浅いので、もう少し寝かせられるはず…
 ノーマルチャンバーだとチャンバー擦るって言うけど擦ってないし、爪先も擦るって言うけどほとんど擦らないし…

 ただ、やっぱり今までやったことがない領域までバンクさせるのが怖い…っていう心理的ブレーキがあるんだと思うので、自分の限界をブレイクするにはどうすりゃいいのか…も今後の課題ですね。

 ひとまず、今日の終盤にトライしたことをマスターできるように、来週はまたイワイに走りこみに行ってくるっす!
 次の関東ロードまでにはまだ一ヵ月半とそれなりに時間があるので、なんとかそれまでに一秒ぐらいタイムアップしたいですなー。

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

RE/100ナイチンゲール組んだ(ガンプラ)

 ちょっと前にTR-5フライルーのプラモを組んで以来ガンプラブームがぼくの中で来てます。
 第二次…いや、作っては遊んで壊すばかりだった小学校時代に、落ち着いて組んでは塗装して…が出来るようになった高校時代を経てるから第三次かな。
 プラモは塗装がめんどくさいのであまり組む気がなかったんですが、昨今のガンプラは色分けのおかげで素組みでもそこそこ見れるものができるみたいだし、いやそれでもやっぱり作るヒマが…と、フライルーを組むまで二年ぐらい悶々としてたんですけどねw

 その後はパラス・アテネ、ヴァル・ヴァロと、一ヶ月に数度気が向いた時に組むぐらいだから一体に数ヶ月かけつつぼちぼちと組んできました。いや、ヴァル・ヴァロは簡単だったから数日で組んだけどw

 さてぼくには数年前…キットが発売された時から気になってる機体がありました。それがナイチンゲール。
 基本的にスリムでかっこいいロボットより異形の機体にカッコ良さを感じるぼくの心にズバリとフィット。
 逆襲のシャアはアニメも見てなければ小説も読んでないので、この機体のことはプラモが発売された数年前まで全然知りませんでした。

 しかし箱も威圧感がある大きさだしお値段もお高いし…で敬遠してきたんですが、やはりこのデザインには惚れ込んでるし、ネットで情報収集するとこのシリーズは組み易い…と言う話だったので、思い切って買ってみました。

 いつものように気が向いた時にボチボチと…それでも一ヶ月ぐらいで組めたのかな?
 途中まで順調に組んでたんですが、なぜか腰プロテクターのポリキャップがきつくて嵌まらない。
 初期不良かよ…と思いながら組み始めたら、見た目はほとんど一緒なのにパーツの番号が異なるポリキャップがある事が判明。

 なーんてこったぁぁぁぁぁ!!!!! 

 外して組みなおしたもののムリヤリ嵌めようとしたせいでポリキャップが開いてしまい、結局ポリキャップだけ注文することに。
 さらに一通り組み上げてシールを貼ってるとポロポロとパーツが落ちる。どうもパーツ各部が重いせいか、足とか腕とかすぐ取れるんですよね…

 …ってプロペラントタンクの付け根が折れてるーーー!!! しかも二本!!! 

 な‥なんで…横に寝かして置いてあったから基部に力がかかって折れたのか…? しかしそんな簡単に…
 たしかにその状態で物がぶつかったことが一度あった気はするけど…

 結局ピンバイスで穴を開けてから太さの合いそうなランナー突っ込んで瞬間接着剤で固定しました。

 …ちなみにこのナイチンゲールと平行してはいぱーギャン子も組んでたんですが、そっちもパーツ形状の勘違いでツノを切り落としてしまい、ピンバイス&プラ棒で固定するハメに。
 そう、ぼくがプラモ組むの苦手なのはこういう早とちりに起因するミスが多発するからなんですよね…

 さてこのナイチンゲール、別売りのLEDユニットを組み込むことでモノアイを発光させられるとのこと。せっかくだからやるでしょ!!
 ユニットはAmazonでぽちり。

 そして無事完成!!

Mixi1753

Mixi1754

Mixi1756

Mixi1755

 いやはや…1/100と言うことで全高も高いのですが、前後も長いし全幅も広いのですごく…大きいです…
 手指がフル可動するというバンダイ驚異のメカニズムなので手の細かい表情も作れますしビームライフルも握れます。
 …けど、保持するほどの力はないですね。

 他のプラモはキットの箱の中にしまってますが、これは完全に入らない…さてどうやって保管するかのー。
 最近バイクのパーツを詰め込んでるホムセンのコンテナ買って来ていれとくかな…

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »