« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の記事

2017年12月24日 (日)

全然玉が入らなかった話(ビリヤード)

 昨日の日記でも書いた通り明日から八連勤で玉が撞けないので、今日最後の玉撞きに行ってきました。

 玉入らん…

 初っ端はまずビギナーでも外さないような配置を練習するんですが、その時点でそもそも危うかったのでイヤな予感はしてたんですが…
 30分間真っ直ぐ系の玉を、30分間フリのある玉の反復練習をしてからボウラードに臨んだんですが、スコアはビギナーレベルの41点…
 ちょっとメンタルが上下したせいで余計にまずかったな…と反省しつつもう1ゲームこなしたら、さらにスコアは落ちて32点…

 ボウラードのスコアの基準として、まずビリヤード始めたばかりのビギナーが目指すのは40点なんですよね。つまり完全無欠のビギナー。
 10年間練習してきて…最初の一年間なんか毎日2時間ずつ練習したのに10年経ってもビギナー…

 正直メンタル的にはどん底まで落ち込みましたが、ここのところの玉撞きに対するモチベーションが最高潮に達してるのと、色々と狙い方の改善を試みてるのでまだまとまってないから…と言う言い訳でなんとかやる気を保ちました。
 とりあえず八連勤が終わり次第また練習再開予定なので、期限は一月末。一月末までの一ヶ月間みっちり練習してみて、それでもダメだったら本格的にモチベーションを保てないかもしれません…

 ぼくがボウラードを苦手としてるのはやっぱりシュート力の不安定さにあるんですよね。
 調子のいい時なら相当玉は入るけど、それでも10球撞いたら一球ぐらいはポロッと外す時があるわけですよ。
 それが例えばフレームの一投目に起きたら一投目0点、動揺と外したことでポジションにもズレが発生するので次の玉を狙えなくなって二投目も0点…とかあり得るんですよ。
 特に今日はそもそも真っ直ぐが撞けてなかったのでブレイクスクラッチが頻発。2ゲーム20フレーム中8フレームぐらいはブレイクスクラッチした気が。
 スクラッチしたら当然一投目は0点ですし、ヘッドライン内からのフリーボールで再開が正式ルールなので、そうすると二投目で狙える玉が全部難しいってことも頻発…
 撞点もめちゃめちゃだったみたいで押しがかかって短クッション際に手玉が行っちゃうことも多々あったので、今日は本当にブレイクが壊滅してました。

 とりあえず当面の課題は簡単な玉でのうっかりシュートミスをなくすこと。今のシュート力の上限を上げなくても下限を引き上げるだけで達成できる課題ではあるんですが、10年かけてもそこが改善されない…
 まぁ前述のようにひとまずは一ヶ月間みっちり練習してみます。それでどうなるか見てみましょう。

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

ビリヤード強化週間(ビリヤード)

 来週から元旦までぶっ続けでお仕事なので今週のうちに撞いてこうと、今週は毎日玉撞きに行ってます。
 ここのところ気が付いた肘の固定、狙い点を決める狙い方に加えて昨晩、「玉を撞く瞬間にグリップは握りこまれる(キューがすっぽ抜けないように)んだから、握りこんだ状態から逆算してフォームを作るべきなのでは?」と思ったので、その三点に気をつけて練習してきました。

 うーん…それに加えて以前気が付いたブリッジの形とか、つい体側にテイクバックしてしまうクセとかを調整しつつバグース三時間パックで撞いてきたんですが、結局のところあまり変わらん…

 まぁボウラードのスコアは69点と久々にぼくのアベレージぐらいのスコアが出ましたが、全体として見ると特にシュート率が増してる感はない…
 まぁここのところ七割そこそこぐらいのボウラードシュート率だったのが7割後半になってるから上がってるのかも知れないけど…

 ただフィーリング的にはいい感じだし、安定した玉は撞けてる感じはあります。シュート力が上がったわけじゃないけど下への調子の変動が抑制されたと言うか。
 …と思うんですけど、まだそこまでの確信も持てない…

 とりあえず明日が8連勤前の最後のお休みなので、明日も三時間パックで練習してきます。
 そして一月からは本格的に試合復帰…の予定です。

| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

狙い方を変えてみる(ビリヤード)

 先日「右肘の固定がポイントでは?」と思ったので、昨晩早速練習に。
 うーん…よくなったと言えばよくなったけど変わらないと言えば変わらない…ボウラードのスコア落ちたし。
 今日は仕事がお休みだったので昼からバグース三時間パックでがっつり玉撞いてきました。

 うーん…やはりよくなったような…変わらないような…相変わらずボウラードのスコアは低調だし。
 そうこうするうちに「狙い方が悪いのかな?」と思い始めてきたので、根本的に狙い方のイメージを変えてみました。

 数年前に漫画家の大和なでしこ先生と相撞きした時に「点で狙う」って話を聞いたんですが、ぼくは「的玉に手玉を並べる」イメージで狙ってるんですよね。
 ここの位置に手玉を運びたい…と、手玉自体をイメージして撞いてるんですが、それが微妙な誤差に繋がってるのかな…と。点なら狙いの幅がないですからね。

 実は以前にも何度か狙いを点に絞ろうとしたことはあったんですが、そのイメージで入らなくなってきたり、間を置いたら忘れてしまって元の狙い方に戻ってたりして長続きしないんですよね。

 で、早速試した感じ、点で狙うイメージだけだとイマイチ効果が薄かったんですが、さらにキュー先からそこの狙い点まで続く直線をイメージして、そこに沿ってキューを動かすようにしたらここのところ苦手だった押し玉のセンターショットがかなりの割合で入るようになりました。
 これなら…と、色々な角度の玉を練習してみると、今までより安定して入る感じ!

 小一時間ぐらい色んな配置を練習したあとでもう一度ボウラードやったら全く玉が入らず…久方ぶりの30点ペースぐらいで推移してたんですが、9フレでストライク出したおかげでなんとか50点越えましたw
 うーん…昨日もそうだけど、自分の感じてる調子の良さがスコアに反映されない…

 今日変えた狙い方のイメージはもの凄くいい感じで、実際ストライク出した9フレーム目は相当難しい玉まで入れられたんですが、要所要所で微妙なミスが出てスコアを伸ばせない…
 相変わらず組み立てがヘタクソなのが大きいんでしょうけど、どうもまだ不安定感がありますね。

 ただ、この方向で練習して自信を持って撞けるようになればワンランク上の玉撞き(って言うか今までの練習量的にそうあるべきレベルの玉撞き)ができるようになる気がするので、今は産みの苦しみと考えて一ヶ月ぐらい撞きこんでみます。
 …まぁ来週は仕事が繁忙期に入るので年明けまで撞けなくなるんですけどね…

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

肘か…?(ビリヤード)

 ここのところ仕事が忙しくて(あと休みの日はサーキットに行くことが多かったので)およそ一ヶ月ぶりに玉撞き行ってきました。

 ここのところ意識してるのは右肘の位置。ちょっと前にグリップの握り方を変えたら調子良くなったんですけど、サイドストローク気味になったんですよね。
 狙いに合わせたキューの位置は決まってるので、そのキューの位置に合わせる際に手を反らし気味に握るか、内巻き気味に握るか、ニュートラルに握るか…を色々変えてみると、それに合わせて肘の位置が変わる。
 で、考えてみれば当たり前のことなんですが、キューの真上に肘があればグリップはニュートラルになる。

 …って思い始めたのが一ヶ月前ぐらいだったので、今日は肘の位置を意識して撞き始めました。
 おおぉセンターショットがかなりの精度で入るし、なにより引き玉がめっちゃ切れる!!
 …いやまぁぼく基準での切れの良さだからたいしたことないんですけどねww
 今までオープンブリッジだとろくに引けなかったけど、オープンでもスタンダードと変わらないぐらい引ける…ってかむしろより簡単に引ける感じ。
 おおぉこれならボウラードもかなりのスコアが期待できる…!

 51点…

 たしかに玉は入ってる気がする。気がするけど要所要所でポカが出て続かない…
 いやこれって結局普段どおりで何も変わってないんじゃ…

 ただ一つの基準として毎回肘の位置を合わせることを意識するのは安定感を増すポイントにはなると思うので、引き続き意識してみます。
 …と思いながら練習してるとふと、「撞く直前のテイクバックで、特に大きく引こうとした時に肘が動いているのでは??」と気づきました。
 で、そこからラスト15分ぐらい肘を固定して撞いてみると、今度は明らかに入れが安定した気がする…!

 …って言うか肘を動かさないことを意識するともの凄く窮屈に感じる。グリップから指を離さないとキューを大きく引けません。
 ってことは今まで肘を動かして引いてたって事か。

 そういや一時期「プレッシャーがかかる状況ではキューを小さく引く」ことを意識しましたけど、それによって肘の動きが抑制できた…ってことなのかな。
 ただ実際のところこれまでだって調子いい時はめっちゃ玉が入ってたわけで、必ずしも肘が動くのが悪いわけじゃないと思うんですよね。
 でもまぁ動かさない方がより安定するならその方がいいわけで…

 正直今までのキャリアと練習量と比べてシュート率のバラつきが大きいのが長年の悩みの種で、なんとか安定させられれば…と思ってきましたけど、これによって安定するようになればいいなあ。
 まず間違いなく入れられる…って玉をポロッと外すためにボウラードのスコアも伸び悩んできたので、そういう玉を確実に入れられるようになればもっとスコアもアップするはずなんですけどねえ…

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

年内サーキット納めに行ってきた(バイク)

 六周で転倒終了になった前回の桶スポでタイヤ交換を済ませたので今日走りに行ってきました。
 今まではフロントにブリヂストンBT39SS、リアにダンロップTT900GPNの組み合わせでしたが、リアを桶スポでベストの組み合わせと名高いピレリのスーパーコルサに変更。
 スパコル自体は6Rで履いてた(今履いてるのもピレリのロッソコルサだし)ので馴染み深いタイヤです。

 とはいえ冬場のスパコルは絶望的にグリップしない…と評判なので、最初は慎重に走行。
 まぁ今はウォーマーで暖めてからコースインしてるし、そもそも6Rで履いてた時から暖まれば真冬でも特に問題ない…と感じてたので、そんなに心配はしてなかったんですけど。いや確かに冷えてる時には何回か大転倒かましたけどww

 一本目は準備に時間がかかって取り急ぎ三周だけ走行。二本目から本格的に走行開始です。
 走り始めて早々に「なんでこんなに縁石から離れたところを回ってるんだ…?」と気になったので、もっと縁石に寄るタイミングで寝かしこむように変更。
 もともと寝かし込みのタイミングが遅いせいで減速しすぎる傾向があったので早め早めに…と意識してはいたんですけど、そもそもこんなにインを開けて走ってたとは気が付かなかったw
 そっか、ここのところΩの右…7コーナーで全くクリップに付けてなかったのもこのせい…

 そして最終コーナーでバイクを寝かせられてないために向きが変わらず直線でスロットルを開けられない…って症状が出てるように感じたので、今までよりしっかり向きを変えることを意識。
 ついでにシフトチェンジのタイミングが早すぎだったのをしっかりレブまで引っ張るようにしたおかげか、最高速が2~3km伸びました。
 …ってか今までストレートで4速に入れてたけど3速で充分じゃんww

 あとこれはスパコル効果かも知れないんですが、8コーナー立ち上がりで滑るのが怖くて(って言うか実際に一度滑った)ある程度車体が起きるまで全開に出来なかったのが今までより寝てる状態から全開に出来るようになりました。
 それもあってか、ホームストレート、2~3のバックストレート、そしてこの8~9の区間の最高速が軒並みアップ。
 おかげで自己ベストを5/100秒ほど更新しました…が、思ったよりも微々たるタイムアップ…
 今日中に48秒台に入れたかったのですが、結局その後もタイムアップできず49秒4で終了しました。
 うーん、自己ベスト近辺の49秒5ぐらいでは割と回れてるんだけど…

 改めて動画を見返したらどうもコーナーが大回りになってて開けるのが遅くなってる感じ。
 早めにブレーキ離してエンブレで減速するのを一拍待ってフルバンク…みたいなリズムで走ってますけど、GPSロガーの減速カーブのラインが変化しちゃうのも気になるし、フルバンクまでブレーキかけてしっかり向きを変えるイメージにできればいいんだろうか。
 そもそも今はインベタで回るようなラインだし、もっと大型っぽくクルッと回る乗り方にした方が??
 いや、でも以前それを意識しすぎたら減速しすぎちゃって余計に遅くなったんだよなあ…
 今なら全般にスキルアップしてるし、前より上手くできるだろうか?

 とりあえず今日の収穫としてはホームストレートがだいぶ改善された(まだまだ足りないですけど)ことと、ここのところ右コーナーで体が固まってたのが自然に動かせるようになったこと。
 一方明らかな課題は1コーナーでどこ走ったらいいのかが未だにわからないのと、2コーナーが膨らみ気味になっちゃうこと。もともとミニバイクでも新コースが遅かったので、まさにこの1&2が課題のはず…

 これから年明けまでは仕事が忙しいので、次の走行は1月半ばを予定…それまで走行動画とかGPSログを眺めて色々対策を練っておきます。

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

今日の桶スポ六周で終了(バイク)

 インラップとアウトラップ足せば10周は走ったはず…

 いや、なんか6コーナーで転倒してステップのボルトが曲がって走行終了でした。
 動画を見返したら(あとで編集してyoutubeにアップします)寝かし込みからスムーズに転んでるw
 しかしまさか初めてNinjaにカメラを積載して走ったら転倒映像が撮れるとは…w

 その前にも5コーナーで寝かしこんだら何かが起きて(タイヤが滑ったような記憶があるけど、動画見返したら特に変わったところはなさそう)、真っ直ぐ観客席前の土手に突っ込みそうになったり、10周しか走ってない割に盛り沢山な内容。

 いやー…しかし今日は午前中になんとか48秒台に入れて、昼にタイヤ交換して午後にはさらにタイムアップ…とか目論んでただけに不完全燃焼感がすごい。
 ステップ引っ張ったらボルトの曲がりはあらかた直ったんですけどね…ステップの先端が大きく削れて尖っちゃってたので、このまま走るのも危ないな…と。

 そのあと三時間ぐらいかけてタイヤ交換に四苦八苦してましたw

 しかしマトモにアタックしたラップが数周しかなくて自己ベストコンマ9秒落ちのタイムが出てるのはぼく的には上出来な気がする。そのまま走り続けてればどうだったんだろう…
 以前は調子が出るまでに最初の一本目丸々かかるぐらいでしたけど、ここのところ最初からスムーズに走れるコツを見に付けた気がします。
 それに加えて先頃から導入したタイヤウォーマー。どうもぼくは走り出してタイヤが冷えてる状態を警戒するあまり上手く寝かせられず、それを↑のように一枠丸々引きずってた気がするんですけど、ウォーマーのおかげでタイヤの事はあまり考えず、リラックスして体を慣らすことだけに専念できるので、なおさら最初から調子良く走れる気がします。
 ぼく的にタイヤウォーマーは心理面での効果が大きいですね。

 タイヤに関しては、桶スポでタイムを出すのにベストな組み合わせと言われる、フロントがブリヂストンのBT39SS、リアがピレリのスーパーコルサにしたので、ひとまずタイヤ的には周りと互角になりました。
 これでタイムアップ…となってくれれば有難いですが、そもそも今まで履いてたタイヤもグリップ限界まで使えてたわけじゃないからどうなんかな…
 とりあえず今日の消化不良感を払拭するためにもすぐにでも桶スポ行きたい気分…

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »