« よし走りこもう(バイク) | トップページ | 三度目の大谷資料館(バイク) »

2018年3月 3日 (土)

久し振りのトミン(バイク)

 ここ数年ミニバイクメインでしたが、サーキットメインバイクがNinja250Rになったことで、これならちょっと大きめのミニサーキットであるトミンも楽しく走れるだろう…と、実に久し振りにトミンAコースを走りに行ってきました。
 一応DETOやBMC等の走行会では走ってる(昨年11月にはNinjaでも走ってる)のですが、フリー走行となると…何年ぶりだ???

 さて本日のテーマはとにかく進入を速くすること。単純にブレーキ開始ポイントを遅らせようとしても怖くてできないので、じゃあどうすればいいのか…みたいなプランを考えてはきてたので、それを試してみることにしました。

 今日はタイヤウォーマーを忘れてしまったので、コースイン後の数周はタイヤを暖めつつ様子見…おっ、イメージどおりにバイクを寝かせられるぞ。
 こないだの関東ロード前に気が付いたポイントが効を奏したのか、KSRと比べてオーソドックスなバイクで乗りやすいNinjaってこともあってか、はたまたコースが広くてコーナーの曲率も大きめ(ミニサーキットにしては、だけど)のトミンってこともあってなのか、最初の11周で昨年11月のDETO走行会でマークした30秒2のコンマ6秒落ち、30秒8をマーク。
 その後もまずまずの感じで走れてましたが、ふと「外足に全く力が入ってないし、なんならステップから浮いてる」と気が付きました。
 もともとぼくは100%内足集中派で外足を意識するとバイクが寝なくなる…と思ってるので外足は気にしてないんですが、さすがにもうちょっとホールドした方がいいんじゃね??

 とりあえず外足でホールドするのを意識してみると足が攣ったのでピットインw
 しばらく試してるうちに、外足でホールドすると言うよりは外足を軸にして乗ると乗りやすい…?と気が付きました。そういやバイクジャーナリストの和歌山利宏さんも「外足が軸足化してないと体を動かせない」みたいなことを言ってた気が??<うろ覚え

 外足の軸を動かさないようにすると体がインに入らなくなる…と思ってましたが、むしろ自然に体をインに入れやすくなるような??
 ここのところとにかく体をインに入れることを意識してたことでできなくなってたのか、もともとこんな事はできてなかったのかは不明w

 そんな感じで乗ってると今度は「ブレーキングで全く下半身でホールドしてなくね…? なんならステップから浮いてる(またしても)」と気が付きました。
 あー…最近やたらと腕、肩、胸の筋肉が疲れると思ったらそういう…
 前は太ももの外側~腰にかけての筋肉が踏ん張りすぎて攣ることがあったのに、最近は攣らないなー…と思ってたんですよねw
 ステップで踏ん張りつつシフトチェンジしようとすると土踏まずをステップに乗せてないとできない…あぁ、左足でステップを踏ん張りながらシフトチェンジをする必要があるコーナーが桶スポには存在しない(左コーナーでは内足になるから普通にできるので)から気がつかなかったのか…
 なんか久し振りにトミンを走ると色んな発見があるなw
 桶スポと違ってコーナーが一つ一つ独立していて、尚且つ間が開いてるので走行中に色々考える余裕があるおかげですね。

 …とか意識して乗ったもののタイムは上がらず、30秒303がベスト。Ninja乗り始めた直後のタイムより遅いじゃないか…
 色々試してみたんですが、結局のところブレーキングを遅らせることはできず。毎回同じところでブレーキングして同じ様に寝かしこんでたらそりゃタイムが上がるわけもない。
 あと250だから6Rより全然開けても大丈夫なのにまだビビりながら開けてるのもタイムが出ない原因かな…
 今日の後半は上の二点を体に覚えこませよう…と走ってたので、そっちに意識が集中しちゃったのもあります。

 まぁ外足の軸足化はともかくブレーキングでの下半身の踏ん張りは相当意識しないとできない状態なので、次は桶スポかな?で、また走りこんで身に付けたいところ。
 あとは…まぁなんかもう一つブレーキングを遅らせるためにプランは思いついた(と言うかミニバイクで出来てたけど今日出来てなかったんじゃね?みたいなポイントが思いついた)ので、それを試してみるかな。

 とにかくブレーキングを遅らせて速度を乗せていければぼくがぶつかってる壁は乗り越えていけるはずなので、なんとか頑張ってみます。
 ブレーキ遅らせりゃいいんだよって言われて、なるほど!とすぐに出来る人が羨ましいぜ…
 まずはなんとか怖さをなくす方法を考えないと…

|

« よし走りこもう(バイク) | トップページ | 三度目の大谷資料館(バイク) »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よし走りこもう(バイク) | トップページ | 三度目の大谷資料館(バイク) »