« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の記事

2018年5月28日 (月)

SSKillers2018シーズン開幕戦!(バイク)

 昨年まではミニバイクレースの関東ロードにエントリーしてきましたが、昨年秋にNinja250Rを譲ってもらって試験的に昨年のSSKillers最終戦に参戦。
 自分がエントリーしていたノービスAにはタイムが足りずにノービスBに落とされるという屈辱を喫したものの、逆にそのおかげでポールtoウィンを達成。基準タイムを越えたペナルティを食らってもなお三位表彰台と言う、災い転じて…みたいなレースになりました。

 そしていよいよ今シーズンのSSKilers開幕戦! 今年は全戦エントリーしますよ!!

 昨年末以来ノービスの一個上のクラス、プログレスにエントリーするべく練習してきましたが、残念ながらプログレスの基準タイムをクリアできず、ムリしてプログレスにエントリーして単独最下位を独走するよりは…と、まずはノービスでエントリーしました。

 以前はノービスA、B、Cの3クラスでプラクティスも予選も分けられてましたが、昨シーズン最終戦から(かな?)ノービス全クラス混合で3グループに分けてプラクティス&予選をこなすことに。
 今までエントリーしてたミニバイクの関東ロードトライアウトクラスだと、各車のタイム差が二秒程度の範囲に収まるので比較的タイムアタックしやすかったのですが、ノービスA相当の車両とC相当の車両だと5秒ぐらいタイム差があります。
 そのペースの違いによる難しさを昨年最終戦から感じていて、今回もプラクティスで思うようにクリアが取れなかったので予選に向けて相当ナーバスになってました。
 3~4周連続クリアで走れればノービスA相当のタイムは出せる自信はありましたけど、予選の時間中ずっと前のバイクに詰まり続けてアタックできなかった…って落ち込む未来しかイメージできずw

 予選に向けてウェイティングエリアに並ぶと前から六台目。結構前の方だし、これは意外とクリア取り易いかも…?
 一周目の8コーナーで一台パスするとそこから先はクリア! かなり連続でアタックすることができました!
 タイムは48秒9。自己ベストが…48秒5だと思ってたけど今日記を確認したら48秒6??いずれにせよ短い時間でこれだけのタイムが出せればぼく的には上出来!
 48秒以上50秒未満というノービスAの基準のちょうど真ん中ぐらいだし、これならノービスAに残れそう…台数を何台ずつ振り分けるかわからないけど。
 仮にまたノービスBに回されたとしてもAの基準タイムはクリアできたという満足感はあるし…

 そして発表された予選グリッドはノービスAの予選五番手! 望外の好グリッド!!
 でもこのクラスにエントリーしてるお友達はみんなぼくより速いはずだけど、なんで…?と思ったら、みんな速く走りすぎて基準タイム超過ペナルティ食らってたw

 さて気になるのは右後ろにいるうどん(とら)さん…スタートが上手い上にレース展開も積極的だからスタート決められて前に出られると厄介だ…
 右のバイクが思いっきりフライングしたのを横目に見つつ無難にスタート…と右側から追い抜いてくる車両が…

 うわー、やっぱりうどんさんに前に入られたよ!!!
 1コーナーでは前に隙間がなくなっちゃったので後ろについて走行…してるとあれよあれよという間に抜かれていき、3コーナーでは大外から入ったら一台オーバーランしかけた車両を避けるためにコースサイドギリギリへ…
 4コーナーで一台パスしたおかげでなんとか最下位は免れた…? 前は基準タイム超過で後ろに下がっていたもこぴーこともこぽるさん。二周目の1コーナーでパワーにモノを言わせてその前のハヤブサさんを抜いていく…

 ぼくの当面の相手は前のハヤブサさん。アンダーパワーなXTと比べてパワーのあるNinja、ホームストレートから5コーナーあたりまでは詰めていけるんですが、インフィールドの処理がハヤブサさんの方が速くて離される…
 後ろにつくぐらいまでは近づけるんですが、抜きに行くチャンスもないままチェッカー。
 ファイナルラップはハヤブサさんが前のバイクに追いついてペース上げた感じなのと、ぼくのスタミナが切れて頑張れませんでしたw

 決勝でもタイム超過ペナルティを受けた車両があった(お友達だともこぴーw)こともあり、正式リザルトは14台中11位。
 スタート直後をもう少し無難に切り抜けられればまた違ったレース展開だったと思うけどこれもレース…そういや関東ロードでも前のバイクがコースアウトしかけたのに巻き込まれて最下位に落ちたことがあったなw

 レース展開的にはだいぶ悔しい展開になりましたが、やっぱり身内と競り合うと楽しい!
 ミニバイク時代もレースそのものはめちゃめちゃ楽しかったけど、お友達がいなかったからな…だからみんながエントリーして盛り上がってるSSKillersに参戦したかったんですよね。

 ひとまず今回の反省を活かして練習しつつ七月末の第二戦へ!
 ミニバイク時代に得意としてたミドルコースレイアウトなので頑張るぞ~♪

 最後に今回のレースのオンボード動画をぺたり。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

バックステップ新調した(バイク)

 先週の転倒でNinja250Rのチェンジペダルが前衛アートみたいな姿になってしまったのと、取り付けボルトが曲がったのかステッププレートが曲がったのか、プレート自体が内側向いてしまったので、これを機にバックステップを新調しました。
 ツイッターでみんなに聞いたところバトルファクトリーがいいとのことだったので注文。

 …さてその間にふと思ったのですが、前オーナーのマルさんから「転倒してもバイクのフレームが曲がったけどステッププレートは曲がらなかった」って言われた事を考えると、もしかしてフレーム曲がったんじゃね?というイヤな予感が。
 今日桶スポで付けてみると案の定フレーム曲がってるぅぅぅぅぅぅ。

 とりあえず破損したバクステに戻して桶スポに常備されてる鉄パイプ…が見当たらなかったので、鉄くずゴミ箱に廃棄されてたフロントフォーク引っ張り出して、ステッププレートに引っ掛けてフレームを修正しましたw

 さて改めて取り付け…おや?ブレーキマスターのところのピロアームの径が合わなくて付かないぞ??
 とりあえず今まで付けてたのを移植して乗り切りましたけど、Ninja用買ったのになんでだろ…??

 このバクステはステップ位置を四段階に換えられるのですが、とりあえず出荷時デフォルトのめいっぱいアップ&バックの状態でセッティング。
 いや、MotoGPとか見てもみんな外足の土踏まずをステップに乗せてるからその方がいいんかなー…と、最近は土踏まずを置くようにしてたんですけど、こないだのBMC見たらぜんぜん土踏まずじゃなくてもっと前なんですよねww
 そこが力が入るから…ってのもあるのかも知れませんが、ステップの位置的に自然にその辺が乗っちゃうのでは?と思ったので、ちょっと後ろに下げてみようかと。

 さてなんとか一本目の走行枠に間に合ったのでコースイン。

 …シフトアップできねぇ…

 いや出来るんですけど、チェンジペダルの位置が高すぎてめちゃめちゃやりにくい。
 そのまま外周走ってピットイン、ペダル位置を調整して再度コースイン。
 うん、まだ微妙に高い気がするけどとりあえず問題はないなー。
 期待通りと言うか、なんか土踏まずを自然にステップに置ける気がする。いや写真で撮ったらまた違うところ置いてるのかもだけどw
 あとなんか外足のホールドそのものもやり易いような…? チビで短足なぼく的に今までのステップ位置だと低すぎてホールドしにくかったのかしら。
 なんとなくだけどイン側ステップへの入力もやり易いような…? やっぱりステップは上げた方が良かったのかな??

 様子見ながら二周ぐらい走ったところで一本目の走行枠終了~。

 二本目に向けてペダル位置を微調整。ペダル一個分ぐらい下げてみました。
 さて二本目コースイン…って、アレ? 足の下からチェンジペダル消えたww
 もう一度スタンドを掛け直して確認…あ、調整幅を越えてしまってシフトロッドが抜けてるww

 前後のアームの長さを調整すればなんとかなりそうだけどギリギリやなー…あ、シフトロッドの取り付け位置も前後二箇所ずつ調整できるのか。
 とりあえず後ろの穴を上の方に換えてコースイン…残り時間五分切ってるけどw

 うん、さらにシフトアップがやり易くなった…けど、またしても二周ぐらい様子を見たところでそろそろ時間だなー…とピットイン。
 なんかこの枠はトラブル?で少しずれ込んだので、ピットインしてなければもう二周ぐらい出来たかもw

 シフトロッド取り付けの前側の穴も上の方に移して再調整。よしこれで三本目は行けそうだな。

 雨ェ…

 雨雲レーダー見るともう埼玉全域雨雲かかってる感じでしたが、桶スポ上空はそんなに雲厚く見えないし、もしかして三本目までには止むのでは…?
 しかしレーダーを信じるならもう完全にアウトだし、これ以上雨がひどくなってからバイク積むのも面倒なのでここで切り上げ~。
 バイク積み込んだ後で一時的に雨が止んできたのですが、結局走行始まる頃にはまた降り出したので、まぁ正解かな…
 そんなにグリップに影響出そうな降りでもなかったけど、万が一また転んでステップ壊れたら今度こそ今週末のレースがおじゃんですしね…

 とりあえず今日は五周ぐらいしか走ってないのでなんとも言えんのですが、ファーストインプレッションとしては↑のようにかなりいいフィーリングを得ました。
 なんとか今日バタバタの中でもセッティングは決まったので、とりあえずSキラのプラクティスでアタックして様子見てみますw

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

転倒終了(バイク)

 来週末のSSKillersに向けての追い込み練習に行ってきました。

 ひとまず日曜にスプロケ換えたことでタイム出そうな雰囲気になってきたので、今日の目標は自己ベスト更新とあわよくば47秒入り。
 SSKillersのエントリー時にミニバイク時代と同じゼッケン29番を確保したので、ゼッケン貼ってから一本目~。

 タイム出ねぇ…

 と言うか平日の割に混んでてクリアラップが取れない…とは言いつつも3周ぐらいはクリアで走れたと思うので、ここでタイムが出せないのではレースの予選で出すのはムリだ…

 気を取り直して二本目。相変わらずクリアが取れないのでエスケープで間隔を調整してアタック。
 49秒1…自己ベストコンマ5秒ちょい落ちか…よし次のラップこそは…

 3コーナーのブレーキングを少し奥にすることにチャレンジ。あっ、そろそろブレーキ離さないと危ないかなー…と思った瞬間にコケました。 

 うんうんやっぱりブレーキ離さないとコケるよね…

 車両がコース外に滑走して90度以上寝ちゃってたので起こすのに一苦労。一回失敗したらコース上に戻ったのでそこから起こしてエスケープに退避~。
 車両のダメージを確認するとステップが折れかけてるしチェンジペダルが前衛芸術みたいな曲がり方をしちゃってるのでこりゃダメだ。
 3コーナーはピットから一番遠いので、そこからコース外のダート部分を押して帰ってくるのは疲れた…

 ステップが折れててステップスタンドかけられないので隣で走行準備してたナベックさんに頼んでリアスタンド掛けてもらいましたw
 正直もうヘトヘトで自力ではちょっと…

 これまたナベックさんからちょうどいいボルトを貰ったおかげでなんとかステップが固定できてシフトチェンジできるようになったので、エンジンかけて車両に載せることができました。できなかったら押してもらおうと思ってたw

 ちょうどその前の周にエスケープから出てきてぼくを追走してくれたハヤブサさんから「みつきさんずいぶん突っ込むなー…と思ったらコケた」とのコメントを頂きましたけど、傍から見てもブレーキで突っ込めてたんだったらある意味満足な結果で。
 最近どうも転倒に対する不安感があって突っ込みで頑張れてなかったですけど、ようやく最近テンション上がってきたので…

 あと、今まで進入で転ぶときってブレーキ離しきった瞬間にコケるか、ブレーキ離して何もしないまま待ってる間に転ぶか…だったので、ブレーキを握りながら転ぶのは初。
 ぼくの尊敬するライダーのスガヨシさんから「とりあえず握りゴケとハイサイドするように」とのアドバイスを受けてましたけど、ようやく握りゴケできた??

 あとは転ぶ瞬間に「そろそろブレーキ離さないと転ぶ」って感じたのも今後に繋がりそうな気がします。感覚的にあかん感覚ってのが掴めた気がするので。
 まぁ↑のように感じたためになんかやっちゃいけない事をやっちゃった可能性もありますけどね…

 壊れたステップ自体もうだいぶ年季の入ってる品(このステップの前々オーナーのけいさんからも「もうだいぶ転んでダメージ負ってるから」ってリプが付いたし)なので、ひとまず新しいステップを注文しました。
 来週末のレースまでに間に合わせないといけないのと…あとは今日の感じで転ぶんなら来週水曜に予定してる練習で転ぶ可能性もあるので、補修パーツの入手しやすさとかも考えてバトルファクトリー製に。
 まぁレース直前だし来週水曜はブレーキングに関してはほどほどに抑えて、より課題となってる立ち上がりを重視して練習するって手もありますけどねー。

 最後に転倒動画をぺたり。フルバンク近くでスリップダウンしたと思ってましたけど、意外と高い位置でコケてる? いやもうかなりバンクしてる状態かな??

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

スプロケ一丁換えた(バイク)

 ここのところ毎週サーキットには行ってましたが、先週は袖ヶ浦フォレストレースウェイでマル耐、先々週はトミンモーターランドでBMC走行会…と、桶スポは半月ぶりぐらい?
 それに先駆けて今付けてるのより一丁ショートなリアのスプロケットをゲットしたので、今日の走行前に交換しました。
 ノーマルが43丁、Ninja入手直後に買って今まで使ってたのが44丁、今回買ったのが45丁。
 ちなみにフロントのスプロケも一丁ショートなヤツを最初に買ったんですが、これは未だ使用機会のないまま保管中w

 とりあえず様子見つつ走行…うん、特にギア比が合わないコーナーも今のぼくのレベル的にはないし、ホームストレートで四速まで入っちゃう分2コーナーのシフトダウンに手間取るのでは?と思ってたけどそれもそう問題ないし、速度の落ちるコーナーでの回転数は上がってる(はず)だし、マイナス要素はなさそう。
 三本目に自己ベスト百分の七秒落ちが出てるから、もう少し走りこめば自己ベスト更新できるはず…

 それはそうと最近どういう体の動きをすればバイクが寝るのかがようやくわかってきました。
 ここ数年はイン側ステップに入力する動きで寝かしてましたけど、その動きをきっかけにして何かもっと大元となる動きが起きてるはずで、ステップ入力はイメージのきっかけにすぎない…とは思ってたんですが、その大元はやっぱり腰の体重移動なんだなあ…と。
 その体重移動のやり方が長年イマイチよろしくなくて、↑のステップ入力が上手く行った日はちゃんと出来てたんでしょうけど、そこまで頑張ってない峠道とか、サーキットでもうまく行かない日があったのはここが間違ってたからなんだなー、と。

 仕事のカブでもUターンが上手くいく日といかない日があって、この安定感のなさが自信のなさに繋がってましたけど、このクセを矯正することを意識してからは毎日同じようにUターンできるようになりました。
 で、サーキットではどうかな?っていうのを先週の袖ヶ浦、先々週のトミンで確認してみたんですが、今まで上手く走れなかったトミン逆周りがスムーズに走れるようになったことでサーキットでも自信を持って攻められるようになってきました。

 思えばやっぱりサーキットを走ってても「上手く寝かせられなくて曲がれなかったらどうしよう…」って不安感がいつも付きまとってたんだと思うんですよね。
 ある程度…例えば走行枠一本ぐらい走れば概ね問題なく走れてはいましたけど、やっぱりその不安がどこかにあった気がする。
 だから例えばブレーキ遅らせ過ぎた時に体が固まって曲がれないのでは…?とか考えちゃってブレーキを詰められないとか、そんなこともあったんじゃないかと思うんですよね。

 …まぁ全部希望的観測でこれで速く走れるようになるかってのはわからんのですがw
 ただ以前よりはほんの少し自信を持って走れそうな気がするので今後に期待します!
 まずは明々後日の桶スポで自己ベスト更新…あわよくば47秒台だな!

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

GW走り納めツーリング(バイク)

 普段二連休すら滅多にないウチの職場ですが、なんと今回のGWは四連休から一日出勤日を挟んでさらに四連休。
 ついでに言うとその前週にも三連休があったので休みまくり。
 まぁ前半の四連休は有給を二日ぶっ込んだから発生したんですけどね。

 ツーリングにサーキットとバイク三昧なGWでしたが、昨日は〆にツーリングに行ってきました。
 ルートは…「関東 ツーリングスポット」で検索して引っかかったバイクブロスで紹介されてたルートを。

 群馬の妙義山をスタートして山梨の昇仙峡へ至るルート。
 そういや妙義って行ったことあったかな…? 15年前ぐらいにロードスターで行ったイニD聖地巡りツアーで寄ったかな??

 とりあえずルートの途中の適当なポイントを指示してグーグルマップ先生に案内頼んだらワインディングを回避するルートへ案内されてしまったのでやりなおし。
 あ、写真は撮りました。

01

 どこまでも続く真っ直ぐな道っていいですなあ。

 さて妙義山。ルートでは指示されてなかったのですが、せっかくだからと妙義神社に寄ってみました…が、思いの外階段が長くて神社に着いたときにはだいぶ息切れが…
 この写真なんですが、いや、遠目に見たら何かの彫像に見えたんですよ。犬か龍みたいな。

02

 で、写真撮ってみたらただの切り株だったってオチ。

 そのまま254を進んで行くと「荒船風穴」の看板が。これまたルートでは指示されてないスポットですが、風穴と言われたら地下世界好きとしては行かざるを得ない!
 途中で一枚ぱちり。

03


 駐車場ですが、後ろの綺麗な斜面はなんなんだろう…スキー場??

04


 駐車場から出ようとすると管理人さんが近づいてきます。あれ、有料なのかな?と思ったら、かなりの急斜面なので帰りの登りが辛かったら下にタクシーがいるので利用してください…とのこと。
 た‥たしかに看板にも警告が書いてあるぞ…

 まぁいくらアラフィフのぼくとはいえさすがに大丈夫だろう…と降りていくことに。

 うーむ…「風穴」って言うから洞窟なのかと思ったら、自然の地形を利用した(と言うか石組みを作った?」建造物なんですねぇ。
 しかも跡地しか残ってないのでいささか期待はずれ…w

 見下ろせば集落が。山に囲まれた集落っていいですね…こんなところに住みたい。

05


 前々からぼくは青空が好きだと思ってましたけど、青空そのものよりも青空に浮かぶ雲が好きなんだなと気がつきました。

07

 雲ひとつない青空も気持ちいいけど、なんか少し物足りない。

 もうお昼を回ってたので食事できる場所を探しますが、ラーメン屋(&中華料理屋)と喫茶店しか見当たりません。
 またしてもグーグルマップ先生にナビを頼んだら本来のルートから外れたルートを案内されてたんですが、本来のルートに戻ったところでモスバーガーを発見。
 いや、この道はかなり開けてるから最初からこの道通ってれば何かしら飯を食う場所はあったのでは…モスの先にガストもあったしw

 ツーリングに来てモスもどうなのって感じですけど、ハンバーガー好きだからいいですw

 さてこの時点で時刻は14時半。ルートはまだ2/3以上残ってますw
 あまり遅くなりたくなかったので、時間が足りなそうなら後半は端折る方向で…

 いつの間にか群馬から長野に入ってましたが、この長野県道141号線から折れて県道2号線へ。ここが今回のルートの目玉みたい。

 この道がまた目まぐるしく景色が変わって飽きません。特に一面に広大な畑が広がってるエリアはのんびりとしてて落ち着きます。

08


 ぼくがビーナスラインとか西伊豆スカイラインを好むのは周りの景色が開けてるからなんですよね。
 あの二箇所は標高が高くて周りに遮るものがないって感じですけど、この場所みたいに単純にあたりが開けてるってのもいい。
 ホントのどかな気分になります。

09


 さてこの時点でもう16時近く…ルート的にはここから昇仙峡へ向かうのですが、どうする…今かなり中央道のICに近づいてるからここでもう高速乗って帰った方が…?
 いや、せっかく来たんだからこのルートを完遂しよう!と走り出したのですが、またしてもグーグルマップ先生との意思の疎通ができず、気がついたら前半のワインディングをカットして裏側からアプローチするラインに乗ってましたw 意味ねーww
 とんだタイムロスですがグーグルマップ先生とはお別れして自力で昇仙峡を目指すことに…って言うか、「昇仙峡ライン」って書いてあるんだからこの道行けばいいんじゃろw

 ↑のタイムロスもあり昇仙峡に着いたのは17時半を回ったころ…観光したかったですがもはやそんなヒマもない…
 まぁこの場所ならちょっとしたツーリングでも行ける場所だし、次はここを起点にツーリングするのもアリかも。

 そこからはワインディングを下って甲府の街中へ。富士山が見えてくるとぼくのテリトリーに戻ってきた感があります…まだおうちは遙かに遠いけどw
 結局20時半ぐらいに地元に着いて晩飯。お疲れ様でした。

 今回のルートはやはり肝となる長野県道二号線が素晴らしいですね。道幅の狭い区間も多いですが、そこまで狭いわけでもない(車の擦れ違いは困難でしょうけど)ですし、そんなに荒れてるわけでもないのでほどほどに走りやすいです。
 時間の都合で後半は完全に端折っちゃったので、↑の昇仙峡もですけどいつかリトライしたいところですね。

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

袖ヶ浦マル耐へ(バイク)

 マル耐レポは毎度毎度同じようなタイトルで…

 一昨年ぐらいからでしたっけ? フォロワーのすらさんに誘われて参戦してるマルっと四時間耐久レース通称「マル耐」。
 レーシングライダーで著名なモータージャーナリストの丸山浩さん主催のWITH MEが開催してることもあって毎回豪華なイベントが併催されることでも有名。

 さてぼくの参戦するチームはリーダーがWITH ME関係者(なのかな?)ということもあって、ほぼオフィシャルチームに近い扱いです。
 今回はMT-07を買ってしまってお金もないので一度はお断りしたのですが、人がいないとすらさんに口説き落とされて参戦。
 エントリーリストが発表されてるとリーダー以外のお二人は知らない方…
 さらにすらさんから聞いた話だと丸山さん自らがチーム員を振り分けてて、ウチのチームは現役250ccレーサーで揃えたガチなメンバーとのこと。

 帰りたい…

 話を聞いたときはビビったんですが、一夜明けたらどうでも良くなったので普段どおりのテンションで参戦w
 結論から言うとお二人ともめっちゃ速かったけどとてもいい人たちだったので良かったです。ピリピリした人たちだったらどうしようかと思ってたので…

 さてマル耐の四時間レースそのものは午後に開催されるのですが、午前中は250ccのスプリントレース「2525GP」やフリー走行会、ビンテージマシンのレース(走行会かな?)等が開催されており、隣の駐車場ではウィリー教室も。

 ちなみにウチのリーダーはぼくより歳上のはずですが、20分×2の2525GPフリー走行を走ってから30分の本戦走行、午後のマル耐では2チーム掛け持ちで、ウチのチームではYZF-R25で一時間、もう一つのチームではVFR750R(RC30)で一時間、合計三時間走るというタフネスっぷり…

 そう、今回は一人一時間連続走行してピット回数は三回。いつもだと30分交代だったので「30分でいいんじゃないですか~」って言ったけど、なんかすでに一時間連続走行で決まってたっぽいw

 一時間…一時間か…キツい…

 さてスタートライダーはぼく。リーダーが別のチームのスタートライダーを務めるので後の方がいいというのと、ぼく的にも他三人のペースが速いから一番ペースの遅いぼくが初っ端に走って追い上げてもらったほうがいいかなー…と。
 以前スタートライダーやった時は6Rだったからシート高が高くてスタートに苦労しました(擬似ルマン式なので)が、Ninjaならすぐ跨がれるから大丈夫だろ…

 ルマン式でスタートしてバイクが動き出した瞬間から追い抜き禁止、一周回ってからレース開始のローリングスタート…と言う特殊なスタート形式ですが、予選18位(チームスタッフが自らの足でコースをリレーして予選順位決めますw)からスタートして、車載動画見返したら四台に抜かれて一台スタート遅れてたから21位あたりからスタートだったのかな。
 まぁ過去のマル耐やレン耐の経験上スタートでの多少の順位変動は耐久レースの場合そう影響がないとわかってるので、のんびりスタート。

 広い袖ヶ浦のコースだと速度差があって危険…と言うことで、このレースでは250ccを超える車両は最終コーナー~4コーナーまでの高速区間は追い越し禁止。
 前回までは6Rだったので追い越し禁止車両に該当してましたが、今回はNinja。追い越し制限がないのが有利に働けばいいけど…

 マル耐はぼくの中の認識では模擬レースの走行会。排気量もスキルもバラバラな走行会…と認識してるので、追い越しは慎重になります。
 そして一生懸命走ってるぼくをSS勢がびゅんびゅん追い抜いてくw くそー、やっぱSSは速ぇなあ…コーナーではそんなに差はないんだけど…

 SSやRC30に乗るリーダー(この時は別のチームなのでw)、VTR1000SP1に乗るでかたなさんにびゅんびゅん追い抜かれつつ、小排気量車やあまり慣れてない感じの大排気量車を追い抜いてって…今何位だ??

 途中、ぼくの二台前のバイクが高速複合左コーナー入口で縦回転してったのと、8コーナーでドゥカティが転倒した影響でセーフティカーが。二回とも3~4周ぐらいセーフティカーランが続いたおかげでだいぶ体力的に楽になりました。

 さて一時間の走行を終えてピットイン~。時々掲示されてた「L○○」のサインボードがピットインまでの残り時間の意味だと気づくのに45分(15分ごとに出されてたのかな?)かかりましたw

 あとから聞いたらこの時点での順位は13位。予選順位から5つ、スタートで落とした順位からは8つ上げてるのでまずまずかな。
 チームメンバー三人が1分21秒前後のベストタイムに対してぼくが27秒2がベストだったからだいぶ遅いけど、全く話にならないほど遅くはなかったからまぁギリギリセーフかな…

 その後も着々と順位を上げて総合8位でチェッカー!
 ちなみにこのマル耐は前述のリレーによる予選順位や、クイズ、ホイール脱着作業のタイムトライアル等で追加ポイントがついて順位が変わるんですが、ぼくがクイズを一問も正解できなかったり、ホイール脱着もタイムオーバーして最下位(いや、形だけ参加しとこう!って言われて何の準備もしてなかったので…)と、追加ポイントは大して付きませんでした。

 それでもクラス二位で表彰台…と言う話だったので寒風吹きすさぶ中表彰式に並んでると、なんとまさかのクラス優勝!!!
 チームメンバー全員二位だと思い込んでた(それでも好成績ですし)ので、みんなびっくり!

 思わず表彰台の上で写真撮って即ツイッターでツイートしてしまいましたw

Mixi1898

 今回は誘ってくれたすらさんのチームもクラス優勝と、身内が大活躍のレースとなりました。
 ちなみにウチのチームのクラス「GP-MOTO」は250ccクラスなのかな…よく知らないけどw
 他のクラスは多分チーム員のバイクの総排気量とかでクラス分けされてるんじゃないかな…これもよく知らないけどw

Mixi1896

 前述のようにぼくとしては他の速いチーム員に助けられただけのラッキーなクラス優勝ではあるんですが、まぁこれもアリかとw たまには表彰台に立っとかないとね。
 次までにはもうちょっと速く…なってるといいなあw

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

久々?BMC走行会行ってきたよ!

 日記見るとおよそ一年半ぶりなのかな?久し振りにぼくのサーキット活動の原点とも言うべきBMC走行会に参加してきました。
 いやここ数年BMC走行会がエントリー開始後数時間で枠が埋まってしまうほどの盛況っぷり、一方でフォロワーさんがスタッフやってるDETO走行会の人の集まりが悪いと言うことで、ここのところはDETOメインで参加してました。

 今回は車両をレースバイクのNinja250Rで行くかZX6Rで行くか迷ってましたが、こないだ6Rを手放してMT-07に乗り換えてしまったので否応なしにNinjaで行く事に。雨ならKSRってプランもあったんですけどねw

 ここのところ桶スポの走りのリズムが良くなってきた感があるので、昨年秋にNinjaで初めて走ったDETO走行会、ちょっと前にフリー走行で走ったNinjaでの二度目のトミンで共に果たせてなかった30秒切りが目標。
 いや30秒なんてTRXでもうずいぶん前に切ってるからどんなバイクでも29秒台は普通に出せると思ってたw

 一本目はとりあえず30秒5。いやタイムよりもぼくが前の人を抜けずにうーんうーんとやってるところを後ろから来たみんながホイホイ抜いてくのがすごすぎる。
 やだ…わたしの抜き方ヘタすぎ…?!

 二本目は相当気合入れて走ったもののラップタイマーが熱暴走を起こしててタイム計れず…でもこれで29秒入ってなかったらもうどうしていいものやら…と思ってたら、家でGPSロガーのログを確認したところ29秒7と29秒8が出ててほっと一息。
 でも2ラップしか出てないんだよな…

 三本目は走行会限定企画の逆回り。逆回りを死ぬほど苦手としているぼくは走行前に鬱状態に入ってみんなを困らせてましたw
 ところが走り出してみると…おおぉ意外と走りやすい??
 どうも寝かし込みが早すぎてギクシャクしてた1&帝王、奥行きが狭くて進入が怖かった2コーナー、旋回時間が長くてどう走っていいかわからなかった最終コーナーが全て普通に走れてます。
 いやー…たしかにKSRだと逆回りの方が速かったから、パワーのないバイクの方がリズム取りやすいんかな?
 あと前述のようにここのところ走りのリズムを変えたおかげでKSRで走ってた頃と同じリズムになったのも効いたのかも。

 結局二回目の逆周りとなる四本目で29秒8をマーク。6Rでも一度そこそこいい感じに逆周りを走れた時がありましたけど、その時に出した逆回りベストのコンマ3秒落ちはなかなかいいんじゃないでしょうか。

 ここのところ走りが良くなってるから逆回りもなんとかなるかも…という期待通りの結果に満足。

 さて走行会の醍醐味は走行写真を撮ってもらえること。その中でもお友達とのツーショット撮ってもらうのが楽しみなので、ツーショット写真を抜粋してみました。

 vsおすずさんZX10R

Mixi1882


 vsもこぽるさんWR250

Mixi1883


 vsもふだぼさんCBR250R

Mixi1884


 vsでかたなさんVTR1000SP1

Mixi1886


 vsゆっくりゼルビスさんXELVIS250

Mixi1885


 あと残念ながらツーショット写真はないのですが、最近あちこちで絡んでる龍さんのNinja250SLやぼくの師匠のおおにしさんのこれまたSLと、今回のダチョウ(上級)クラスは250ccが大量参戦してまして、みんな車両の性能が近いだけに面白い走行となりました。
 ミニバイクがいっぱい集まった時はヤンバルクイナクラスが出現するときがありますけど、250ccオンリーのクラスとかあっても楽しそう。
 ↑で絡んでるのってニコニコレーシング勢が多いですけど、みんな桶川スポーツランドのSSKillersに参戦してるだけにこのクラスが多く集まるんですよね。

 さて次のBMCは七月…七月は雨が多いからエントリーは迷うところですw

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »