« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の記事

2018年6月27日 (水)

46秒の壁突破(バイク)

 本日は恒例の桶スポ修行。前回お友達のみのむしさんからアドバイス戴いた「コース幅を充分に使えてない」という問題点の克服をメインとしつつ、「バンク角が浅い」と言う意見も聞いたのでそっちもチェック。

 たしかに浅い…なんか膝を擦るので精一杯って感じ…
 前は…と言うか、先月末のSSKillersの時ですらアンダーカウル擦ってたしもうちょっと深くバンクさせられてたような??
 とりあえずバンク角を深くしようと試行錯誤したけどその分速度が落ちる感じでいまいち…結局バンク角も大して深くなってない気がするし…

 実はこれもみのむしさんからのアドバイスで、レースバイク用のシートスポンジをタンクパッドとしてタンクに貼ってみたんですが、それの具合をチェックしてるうちに、なんか着座位置が前かも…?と。
 前々回あたりのサーキットメモにも「もう少し後ろに座りたい」って書いてたし、ちょっと試してみるか…とやってみたらイキナリ寝かしやすくなりました。

 開眼!!!

 …いや、まぁ多分ロガーとかで客観的に見たら変わってなさそうな気がするんですけどねw でも感覚的にはバイクを動かしやすくなった感じする。
 着座位置の調整による車体バランスの変化…なんて難しい話ではなくて、単純にタンクとのスペースが開いて体を動かしやすくなった感じなんですよね。最近胸にタンクが当たって邪魔だったから「もっと上体をインに入れなきゃ…」とかトライしてたんですけど。

 これは仮説と言うかなんとなくの印象なんですけど、腰の移動量自体はそんなに差がなくて、移動のベクトルが横方向が大きいか縦方向が大きいか…って感じなのかなー、と。
 横方向の移動が少なくなった分膝を擦りにくくなって、膝を擦らないから「膝を擦ったところが限界」っていう錯覚が起きにくいというか、膝をなかなか擦らない分バンク角も深くできるのかなあ…とか。

 あとはブレーキの離し方も色々とトライ。余裕を持って早め早めに離すと向きが変わるのも早くなるし、突っ込み気味で強くブレーキ残したまま旋回すると立ちが強くなるのが抵抗になって安定感を感じるので寝かし込みやすく感じる…とか。
 結局どっちのイメージがいいのかの結論は出なかったんですが、そうこうしてるうちに午後枠一本目で前回前々回と46.0で足踏みしてたタイムが45秒79まで出ました。

 嬉しい…けどなんで一周だけタイムが良かったのかわからんな…
 とりあえずあとでGPSログ&車載動画をチェックして研究してみます。

 ただ前回までなら自己ベストだった46秒0もそこそこ出てるし、46秒台前半のタイムならかなり出てるのでアレベージそのものも少し高くなったかな。
 一番最初に書いたコース幅の課題もなんとなく見えてきた感も。あとは着座位置も含めて慣れというか、無意識にできるようになるまで落とし込みですね。

 さてこれで一応上のクラスであるプログレス相当のタイムは出たわけですが、まだたまたま一周だけに過ぎないしもう少し様子見。
 もし45秒アベレージで走れるぐらいにまでレベルアップできたら、その状態でノービスに参加したらタイムペナルティの嵐になっちゃうのでプログレスでエントリーしようかと。

 それにしてもここのところ着実にスキルアップしてる実感があります。
 と言うか、「バイクはこう乗らないといけない」「こういう操作をすると転ぶ」みたいなぼくの常識が覆されてる感じで、ああこういう乗り方もあるんだな、こうしうこともできるんだなみたいなスキルの幅が広がってる感触があって楽しいです。
 公道をMT-07で走ってても少し乗り方が変わったような…
 それに伴って練習のモチベーションも高まってるので頑張ります!

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

ちょっぴりベスト更新(バイク)

 梅雨の時期はとりあえず雨が降らなそうな日に積極的にバイクに乗っておかないと乗る日がなくなりかねないので、ミニバイクレース「関東ロード」前週で大型枠がほとんどなかった桶スポに敢えて走りに行ってきました。
 桶スポについて挨拶回りしてると…お友達のすどさんのFTRが…かっカウル付いてる!!!(違)

 知らない間にRVF400買ってましたw

 さてミニバイク時代にこの大型が半日に15分枠二本しかないタイムスケジュールの日は見てましたが、なんか超上級者と超初心者に二分されてて間がいなかった印象。
 今日初めて実際に走ってみましたけど、やっぱり概ねそんな印象かなぁ…まぁぼくをはじめとして中間層もチラホラいましたけど。

 そんな状態なので一本目はクリアがほとんど取れず…それでも自己ベストコンマ1秒落ちの46秒4が出ました。
 おっ、この状態でこのタイムは自己ベスト更新が期待できる…?

 二本目で46秒082をマークして自己ベストをコンマ25秒更新、午後枠でさらに詰めて46秒058をマークしたものの45秒台には入らず…まぁほぼコンマ3秒タイムアップしてるから今日のところはこれで満足するか。

 今日はお友達のみのむしさんにも追走してもらったんですが、いくつか問題点を指摘されました…が、全部すでに自分で気づいてはいるけどなかなか改善できないところばかりw
 あ、進入でコース幅を広く使えてないってのはずいぶん前から問題点と感じてたけど、最近意識してなかったなぁ…
 特に9コーナーがミドル進入になってるのはちょっと前にサーキットメモ帳にも書いたんですが、すっかり忘れてたw

 あとはー…予め寝かしたいバンク角をイメージしてそこまで一気に寝かす…って言われたんですが、そもそもバンク角をイメージしたことがなかったのもありますけど、狙ったところまで寝かせられないんですけど…
 とりあえずカウル擦ったら限界と思ってるのでそこまでは寝かしたいんですが、なかなか…
 うーむ、これもちょっと意識して練習してみるか。

 当面のところ直しやすい課題は進入のライン取りですが、午後枠で多少改善したもののタイムに結びついてないからどうなんかな…
 ただ今日色々とみのむしさんにアドバイス貰ってなんとなく改善の仕方が見えてきた感もあるので今後に期待しましょう!

 …ところでSSKillersノービスクラスのミドルコースの基準タイム上限は46秒フラットなので、あとコンマ06秒速くなったら基準タイム越えちゃうんですよね。
 その場合プログレスにクラスアップするかが難しいところで、ミドルの方が新より若干基準が甘い(新コースとミドルコースのタイム差はおおよそ2.5秒って話だけど、Sキラの基準タイムだと2秒差なので)こともあり、ミドルで基準タイムを越えたからと言って新で基準タイムを越えられるかと言うと…って感じなので、まだちょっと昇格に躊躇いが。
 まぁ45秒前半を連発できるぐらいに速くなったらさすがにプログレスかなぁ…って気もするので、決勝までの一ヶ月間で様子見ですね。

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

ミドルコォォォス!(バイク)

 桶川スポーツランドには旧コース、ミドルコース、新コースの三種類のレイアウトがあります。1コーナーと最終コーナーが大きく回りこむオーバル状になってるのが旧コース、1コーナーが高速左で続く左直角の2コーナーが追加されてて、旧最終コーナーの代わりに9、10コーナーが追加されてるのが新コース。ミドルは1コーナーが旧コースでそれ以降は新コースというレイアウト。
 ミニバイクレースの関東ロードだと年間全六戦で毎戦レイアウトが変わるのでミドルコースを走る機会は多い(と言うか新、ミドル、旧が年間で同じ割合)んですが、大型は年四戦のSSKillers中でも一度しかミドルで開催されないので年に二ヶ月しか走れないんですよね。

 んで、大型でミドルを走った経験と言うと、6R時代に数回、昨年のSキラ走行会枠で龍さんのNinja250SLを借りて走ったのが一回…って程度。
 ミニバイクだと一番直線が短くなるミドルコースは非力なKSR向きだったのでミドルで開催された時だけは頑張れましたけど、さて大型だとどうかな…?

 それはそうと、まだタイヤがそこそこ残ってる状態でSキラ開幕戦当日に新品タイヤに換えてしまったので、勿体無いから今回の練習前にそれまで履いてたタイヤに戻しました。新品タイヤはまた次戦の本番で使うということでw
 Sキラ当日に一時間ちょいぐらいで履き替えられたから今日の走行前に履き替えられるかなー…と思ったんですが、一時間では間に合わず時間切れ…慌てて準備してポカするよりは…と、一本目は諦めて回避しました。
 まぁとりあえず時間さえかければタイヤ交換自体は問題なくできるようになったから、整備スキルアップはしてますw

 さて二本目から走行開始。自分の走行写真を見て「最近腰の移動量が少ないなあ」と感じてたので、走行開始直後から大きく腰をずらして走行。
 うーん、一周目から簡単に膝は擦れるけど、どうもブレーキング~寝かし込み開始時にお尻がそれなりにシートに乗ってないとやり辛い…頑張って走らなければなんとかなるんだけど。
 数周様子見たけど合わないので却下。腰を大きく動かすことによる明確なメリットがあれば矯正する気にもなるんだけど…

 もう一つ矯正したかったのが右コーナーで上体を伏せきれてないことで、これはとりあえずタンクが胸に当たらない位置まで上体を動かしてないから左ほど伏せられないんだ…ってのはわかったんですけど、ブレーキング時からインにオフセットしといた方がいいのか、それともバンクに従ってスムーズにインにずれてく(左だとこんな感じ)のがいいのか、イマイチ答えが出なかったのでもう少し様子見。
 最初からオフセットしてると違和感があるんですけど、寝かし込みながら動かしていくのもこれはこれでやり辛い…

 あとはブレーキングに関しても試行錯誤。いや、今日はガラガラだったしレースまでまだ間がある(と言っても一ヵ月半だけど)ので、色々試すなら今日かな、とw
 走行開始直後は中指一本掛けで全部のコーナー走ってたんですが、なんとなく操作しやすいしバカ握りしない分ブレーキ掛けすぎちゃうのが抑えられる…気もしないでもないw
 まぁメインで試したのは速度を調整するぐらいのスムーズなブレーキングとか、強いブレーキングでも掛け始めと放し方を色々試したり…とかですけど。

 そうそう、フォロワーのもこぽるさんの走行動画を眺めてて「流れるようにスムーズに走るなあ…どうもぼくの走りはギクシャクしてるんだよな…いい言い方をすればメリハリがついてるとも言えるんだけど…」とか考えてたので、一連の動きがスムーズに繋がるような乗り方を試してみました。

 …ってやりつつ二本目の前半15分走ったところでのベストタイムは47秒0。新コースと比べてミドルコースはおよそ二秒半ぐらい速くなる…と言う話を聞いたので、新コース48秒5がベストのぼくとしては全くタイムが出てない感じ。
 うーむ、やっぱり色々試してるとダメかなぁ…と思いつつ、二本目残り10分を切ったところで再コースイン。
 落ち着いて自分が何の操作をしてるのかを意識しつつスムーズにスムーズに走って…おや、イキナリコンマ7秒タイムアップの46秒3が出たぞ。
 結局この10分弱の走行では終始46秒台アベレージで走行。何が良くなったんだ??
 それまでの枠と比べると右コーナーで上体を入れることとかブレーキングとかは今まで通りに戻っちゃっていいからとにかくスムーズに…と思ったのが良かったのかしらん。

 とりあえずタイム的にはまぁそれなりのタイムは出たので、これを基準にSキラ第二戦まで練習したいところ。
 ただ、ノービスクラスの上限タイムがミドルだと46秒フラットなので、あとコンマ3秒ちょいタイムアップすると上限越えちゃうんですよね。
 かと言って新コースではまだまだのタイムしか出てないし、ここでプログレスにクラスアップしちゃうのもどうかなー…と悶々w
 まぁ45秒フラットとかあまりにもいいタイムが出ちゃったらプログレスに昇格しようかなぁ…気持ち的には出したいところですw

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

玉撞き絶好調だな(ビリヤード)

 水曜に二ヵ月半ぶりに玉撞きしたらブランクがあったとは思えないぐらい玉が入った…ってのが前回の話。
 今日も玉撞きに行ったのですが、前回撞いたこともあって最初のバラ玉撞いてる時から調子良くセンターショットもパスパス入ります。
 …って言うか今日はボウラード終わったあとで10球ぐらいセンターショット撞いたんですが、外したのは苦手なスタンダードブリッジでのフォローショット一発のみ。水曜の二発と併せて14発撞いてますが、これだけセンターショットが入ることって過去そうはなかったはず…なんかもうただ入れるだけならセンターショット外す気がしないぐらい。

 話を戻してボウラード。1フレーム目から調子よくストライク。
 いやいや、最近そもそもストライク出てなかったし、最初の数フレームはスコアが伸びないのが常なのに…
 やっぱり調子いいなー…と2フレーム目に入るとまたまたストライク。
 いやいや…絶好調すぎるでしょ…

 ターキーは過去一回しか出したことなかったと思うので気合入れなおしてブレイク…ううぅ配置が良くない。
 8番カットか4番カット、あるいはサイド穴前とは言えあまり良くない角度で並んでる10-2コンビか…
 角度が悪いとはいえ穴前なのでコンビが一番入りそうな気がしたのですが、そう思って外すと後悔するので的玉が近くて狙いやすかった8番カットをチョイス。

 外した…

 気を取り直して二投目。依然として配置は難しく、↑のサイド穴前2番を狙いたかったのですが微妙に10番が邪魔で入らなそう…
 薄く弱く10番にキスさせれば2番をシュートできるのでは…?とチャレンジして成功!
 残念ながらこのフレームは2点で終わってしまったのですが、その後も難しいコンビを決めたりスペアも二発出たりしてぼく的には絶好調と言っていい調子。

 ただスペアの後が二回ともガーターでスコアを伸ばせなかったり、狙いきれないまま撞き急いで外した玉や、手玉をポジションしたくてハードヒットした玉を片っ端から外したりしたせいもあり、結局スコアは85点止まり…
 70点ぐらいをアベレージとしてるぼく的には充分なスコアですが、最初にダブル出した時は「これ150点ぐらい行くんじゃね?」とか思ったので期待はずれ…ぼくにしてはいいスコアだったとはいえ、嬉しさより悔しさが大きい結果に。
 …と言うか、2点フレームが二回、4点のフレームが一回あった以外は1フレームにつき8点以上は取ってるのにこのスコアとは、ボウラード100点って思ったより難しいのでは…
 過去にも100点オーバーって五回出したかな?ぐらいだし。

 …とはいえブランク前の三月の一回と併せて直近三回のアベレージは85点とぼくにしてはまずまずの高得点。その前がひどかったから直近十回のアベレージは60点台だけどw
 年単位のブランクが何度かあるとはいえ10年近く玉を撞いてきたことを考えれば、最低限これぐらいは出来て欲しい…ってレベルの玉撞きがようやくできるようになった気がします。
 ぼく的にはこれぐらい撞ければまぁまぁ満足なので、前回も書いたようにここから先を目指して練習頑張るほどのモチベーションが出るか…ひとまずちょっと様子を見てみますw

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

久々に玉撞き(ビリヤード)

 実に二ヵ月半ぶりに玉撞き行ってきました。
 三月中は年度末で仕事が忙しくてその気にならず、四月に入ったら新しいバイクを買ってしまったため、休みの日はバイクでツーリングかサーキットで練習。仕事の日は疲れを癒すべくおうちでゴロゴロ…
 あえて玉撞きに行くほどモチベーションも上がらなかったので放置してたらいつの間にかこんなにブランクがw

 さてモチベーションが上がらなかった理由の一つは「調子が良かった」ため。
 と言うか、今まで不安定な玉撞きが悩みの種で、さらに二週間以上撞かないと全く玉が入らなくなります。
 ぼく的には度々ブランクがあるとはいえもう10年玉撞いてるんだから、一ヶ月二ヶ月撞かなかったとしてもそれなりに玉が入って欲しいところ。
 それがちょっと前に「腰の向き」というポイントに気がついたことで一気に安定感を増した感があるので、そのことに満足しちゃって逆にモチベーションが下がったと言うかw
 今は試合で上を目指すほどのテンションもないので、「それ以上」を求める気が起きなかったんですよね…

 とはいえ二ヵ月半のブランクは長い。さて玉は入るのか。
 これでブランク前と同じ様に撞ければさらに自信が深まるし、ダメだったらまたやり直し…その試金石的な玉撞きです。

 ここ一年ぐらい、「その日の立ち上がりからそれなりの玉を撞けるようになる」ことを意識して、最初にワンラックバラ玉撞いて二球ぐらいセンターショット撞いたら即ボウラード…という練習をしてますが、二ヵ月半ブランクがあった今回こそ絶好の機会…と、今までと同様にスタート。
 さすがに最初は玉が入りませんでしたが、9球バラ玉落としてからセンターショットを撞くとビタッと入ります。さすがに手玉ビタ止まりとは行かなかったけどw

 早速ボウラード開始~。最初の2フレはシュートミスやポジションミスが重なって低調な立ち上がりでしたが、3フレ以降は比較的高めのスコアを並べつつスペアも三発マーク。
 ぼくのボウラードアベレージは70点ぐらいで直近のアベレージは60点台に落ちてましたが、今日はおおよそぼくの期待するアベレージぐらいとなる74点をマーク。
 二ヵ月半前に撞いた時も二週間ブランク開けても97点とぼく的にはかなりのハイスコアをマークしてるので、いよいよもって玉撞きの安定感に自信がついてきた感じ。
 まぁ練習してないので過去のベストよりレベルアップはしてないんですけど、自分がイメージする「普通の玉撞き」はブランクが空いたとしてもできるようになったかな、と。

 かつてのように、週に何日も練習してるにも関わらず初心者でも外さないような玉を外すまくる日がある…って状況だとそこをなんとかすることで時間を取られてしまいます。
 でもこれぐらい安定して玉が入ればその先を目指す練習もできるかなー…と。毎回言ってますけどw

 まぁ現状に満足しちゃってる感もあるので「さらに上を目指す」ぐらいにモチベーションが上がるかわかりませんが、ちと様子を見てみましょう。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »