音楽

2016年9月11日 (日)

ギターにステッカー貼った(ギター)

 数ヶ月前に中古で購入して以来メインギターとして弾き込んでいるアイバニーズ。
 ギターそのものに関しては非の打ち所がないんですが、カラーリングがイマイチ。ぼく、コテコテのメタラーじゃないから黒一色のクールなギターって好みじゃないんですよね…
 購入して早々に敢えて外しワザとしてボリューム&トーンノブをカラフルな黄色とピンクに変えましたけど、もっとカラフルにするべくステッカーを貼ろう…とちょっと前から画策してました。

 先週、70年代サイケの香り漂うアラベスク模様のステッカーを注文したのですが、届いたのを見たら思ったよりサイズが小さい…
 なので、改めてヤフオクでカッティングステッカーを発注しました。

 今日届いたので早速ぺたり!

Mixi1568

Mixi1569

Mixi1570

 うーん、いい感じ♪

 小さいよりは大きめではみ出すぐらいのサイズを…と思ってたので、今回はイメージ通りのサイズ。
 黒に合わせるならピンクでしょ…と思って注文しましたが、ピンクと淡いピンクの二種類があって、明るい色の方が対比が際立つな…と、淡いピンクの方を選びました。
 この場所なら弾くときに手も当たらないし、そんなに痛まないでしょ!

 最初に注文した方も勿体無いので貼りたいんですが、これ以上このギターに貼るとまとまりがなくなりそうだし…ストラトに貼る?

 それはそうとここ一週間ほど練習課題を録音して翌日の練習前に聞き返すようにしてます。
 いつぞや買ったトモ藤田さんの教則本でも「録音して聴くべし」って書いてあったし、かのイングヴェイも自分のプレイを全部録音して聴き返したのが上達のキモだった的なことを言ってますしね。
 実際録音した初日のプレイを聴き返したら「やけに弾き方がたどたどしいなあ」と思って、二日目で即改善できましたし。
 今はミスなく弾けてるかよりも、リズムがちゃんと取れてるかと弾き方がスムーズか、音がちゃんと伸ばせてるかに注目してチェックしてます。ミスは同じフレーズ弾いてれば少なくなるだろうし。
 その甲斐あってか、ちょっと前(二週間ぐらい前?)に録音したEvanescenceの「Bring Me To Life」、どうも歯切れが悪いなあ…と思ったんですが、昨晩録音したのを聴いてみたら全く問題なくなっててほくほく。
 この調子で一ヶ月ぐらい練習してみてなにかしらの発表ができるといいですな~。

| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

はじめてのげんこうかん(ギター)

 今のメインギターであるアイバニーズ、買ってからもう二ヶ月近くになるので初の弦交換をしました。
 いやー…フロイドローズの弦交換には非常にイヤな思い出がありまして…

 10年前ぐらいに使ってたグラスルーツのホライゾン、これが弦交換するとテキメンに1弦2弦がブリッジの駒から抜けてきまして…いくら締めこんでも抜けてくる。
 滑り止めにポールエンド付近の巻いてあるあたりを残して刺さないといかんのかしら…とか色々試したけどダメで、コレは駒が劣化してんだろ…と、楽器屋さんでフロイドローズ用の駒を買ってきたんですが、フロイドローズ純正とは形状が違うらしく使えず…
 楽器自体はそう悪くはなかったんですが、この弦交換の問題に辟易して知り合いに譲ってしまいました。

 それもあってフロイドローズは敬遠してたんですが、ここのところフロイドローズ&ハムバッカーPUが欲しくなってこのアイバニーズを買ってしまった…以上は弦交換にチャレンジしないと。
 こないだPUセレクターのリペアに出した際にお店で一度弦交換してますが、特に何も言ってなかったって事は駒周りのトラブルとかもないんだろうし、失敗したら自分のやり方が悪いってことなので、ひとまずやってみることに。

 ちなみに一応ネットでフロイドローズの弦交換の予習はしておきましたw

 まずは弦を外した際にブリッジがボディを直撃しないようにブリッジの下にウェスを挟む…と。
 ホライゾンの時はそれを避けるために一本一本交換してました。

 しかし一気に外せればらくちんなので、一気に緩めて一気に切って一気に抜いて…弦外しは一瞬で完了。
 買ってあったSITの弦を張ってストリングスワインダーをくるくる回し…

 うおぉ回す方向まちがえた!!! 

 くっ…リバースヘッドは回す方向逆なのね…チューニングしてる時は全く意識してなかったけど、弦を外す際に「あ、逆なんだ」って気が付いてはいたんですけどね…

 向きを変えて張りなおし…無事に六本張り終わりました。
 それはそうとSITは1弦と2弦が二本ずつ入ってるのね。アレ、こないだデュオソニックにも張ったけど入ってたかな…

 弦交換自体はノンロックとたいして変わらない時間ですみましたが、チューニングに一苦労。いや、わかってはいたんですが、6弦から1弦まで合わせると少し下がるのでまた6弦から合わせ直し…を5、6回繰り返し。
 まぁこれはフロイドローズ云々じゃなくてフローティングにセッティングしてあるトレモロならみんなそうですよね。ぼくは基本ストラトはノンフローティングに設定してるからわかんないけど、一回フローティングに設定したときは苦労した気がする。

 一通りチューニングがあったのでナットをロックして再チェック…

 おぉぉ? すげー下がってる?? 

 ブリッジ側のファインチューナーで調整しましたが、締め切っちゃうぐらい下がってる…

 仕方がないのでもう一度ナットのロックを外してチューニング。3弦まで行ったところで…

 うおぉ3弦抜けた!!! 

 あー…3弦が少しずつ抜けてきてたせいで全体のテンションバランスが変わってチューニング狂ってたのか…
 あまり強く締めると駒が割れるって聞いたから控えめに締めたんですが、もうちょっと締めるべきだったか。

 再度弦を刺して駒を締めなおし、チューニング…うん、今回はバッチリ合ったしナットをロックしても音が下がらない。
 ナットをロックすると音が下がるのかと思って(理屈では引っ張られる分上がるかと思ったんだけど)ファインチューナーをかなり緩めた状態にしてたので、今後チューニングが上がったらもうこれ以上ファインチューナーでは調整できませんww

 そうそう、チューニングと言えばこないだ買った弦伸ばしグッズ「ストレッチャ」を使ってみました。
 今まではチューニングしたあとでぎゅいんぎゅいんチョーキングかまして弦を伸ばしてましたけど、これだと簡単に弦が伸ばせるし指も痛くならないw
 なんか弦の伸び方も均一になっていい…みたいな売り文句もあるので、まぁ使って悪いことはないかな、と。
 もともとSIT自体チューニングが安定するのが売りの弦みたいなので、どっちの効果かわからないですけど、確かに弦を張った直後からチューニングは安定してますね。

 さて今回の弦交換にはもう一つ目的がありまして…それは買ったときから換装されてたセイモア・ダンカンのPUの型番確認。こないだPU外して確認しようとしたら弦が邪魔でPUをめくれなかったので…
 裏に張ってあるシールの型番を確認すると、フロントがSH-2n「JAZZ」、リアがSH-4「JB」のド定番と言っていい組み合わせ。
 よかった…聴いた感じ非常にオーソドックスな音に聴こえてたけど、これでアバンギャルドなモデルが乗ってたりしたら自分の耳に自信がなくなるところだったw

 ちょっと前にツイッターで「倍音の響きがセクシー」ってコメントしましたけど、SH-4は倍音の出やすいPUと説明に書いてあったので、こちらも自分の印象に一安心。

 ちなみに今日久しぶりにダンカンの中でもアバンギャルドな部類に属するSH-8「INVADER」が乗せてあるパシフィカを引っ張り出して弾いてみましたけど、全体として見るとSH-4の方が抜けがいい感じがして好み。
 SH-8はかなり個性的なPUなので、これはこれでいいんですけどね。

 それより気になったのはパシフィカの弾きにくさ。なにが悪いのかわかんないけど、アイバニーズと比べると弾きにくい…
 アイバニーズはスルーネックでパシフィカは至って普通のボルトオンだからハイポジションのプレイアビリティに差が出るのはわかるとしても、ミドルポジションですでに弾きにくい。
 うーん…やはりアイバニーズのウィザードネックが弾きやすいってことか。
 でもスクワイヤのデュオソニックはここまで弾きにくくは感じないんだよなあ…我が家のギターで一番お安い(実売価格で3万弱ぐらい?)ギターだけに、価格相応ってことなんですかねえ。

 しかしやはり弦を変えると音がバリッとしていい。そろそろデュオソニックも換えてやらないとだし、弦が切れたままになってるストラトもなんとかしてやらんと…

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

アイバニーズ買ってから一ヶ月近くが過ぎましたが(ギター)

 先月ブックオフで中古3万弱でゲットしたスルーネックのアイバニーズ。その後スイッチ不良が起きて一週間ぐらいリペアに出しましたが、手に入れてからおおよそ一ヶ月ぐらいが経ちました。
 もともと2月半ばぐらいから、毎日五分でもいいから練習しよう…と、ボクの30年に及ぶギターキャリアでも一番と言っていいぐらい練習してましたが、アイバニーズを手に入れてからはホント家にいる間はずっと弾いていると言っても過言ではないw

 なにがそんなに気に入ってるのかと言えばやっぱりフロイドローズかなあ…
 もともとストラト使いだった頃からストラトの最大の魅力はトレモロアーム!と思ってましたけど、このギター使い始めてからアームの使用頻度がさらにアップした感じ。
 チューニングが狂わないのも大きいですけど、それはまぁ家で練習してる時ならなんとでもなるので、どちらかと言うとタッチの良さと言うかコントロール性の良さですかね。

 以前グラスルーツのホライゾンを使ってたときは弦交換の時にいくらブリッジの駒を締めても弦が抜けてきて「もうフロイドローズは使わん!」と思ってましたけど、まだこのギターで弦交換してないからわかんないとはいえ、あれはあのギターの調子が悪かったんじゃないかと…

 あとはやはり極薄ネックによる弾きやすさと、ハムの音かな。
 高校時代にストラトを手に入れてから、大学に入った頃にバイト代でダブルカッタウェイのレスポールタイプをゲット。その五年後ぐらいに「やっぱりストラトがいい!」と再度ストラトを手に入れてからはシングル至上主義、ハムは嫌い!と言い続けてましたが、最近はハムの音の方がお気に入りw
 いや、最近ストラトのリアPUの音がキンキンしすぎるように感じてたんですよね…
 まぁそれはクリーントーンだからそう感じるんであって、クランチ気味にすればそんなに気にならないんですけど。
 ハムのリアPUじゃカッティングに切れが出ない!と思ってましたけど別に気にならないし、なんならセンターのシングルPUを使うという手もあるし。

 そんな感じで今は理想のギターを手に入れた気分なんですけど、でも前愛器のデュオソニックにもやっぱり惹かれるんですよね…
 アイバニーズは操作性は完璧なんですけど、ルックスがメタルメタルしすぎてる。ボクの地味なルックスには地味なデュオソニックの方が似合いますw
 ボディも小ぶりで小柄なボクの体型にマッチするし…w

 今は昔から大好きなメタル系を主に弾いてるのでアイバニーズがマッチしてますけど、気分が変わったらまたデュオソニックをメインに使うかも知れません。
 いや、今も平行して弾いてはいるんですけどねw
 シンプルなロック系にはデュオソニックの方が合うので、その辺は使い分けて行こうかと思ってます。

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

アイバニーズとしばしの別れ(ギター)

 4日前にブックオフで手に入れた中古のアイバニーズ。買った時は気づかなかった…と言うか、発生してなかったような気がするんですが、センターとリアPUの音が出なくなってきました。
 セレクタースイッチを触ると出るんですけど、頻繁に出なくなる。
 買ったばかりのギターだし弾きまくりたいのでだましだまし…と思ってましたけど、やはりストレスになるので、今日川崎駅前、チッタの通りにある山野楽器にリペアに出してきました。

 ところで10年ちょっと前に買ったフェンダーのストラト、新品でもプロのリペアマンに調整してもらった方がいい…って話を本で見たので、千葉のGuitar Labってお店に調整に出したことがありました。
 今回のアイバニーズは中古と言う事で新品より状態は悪いし、できればきちんとプロにセッティングして欲しい…と思ってたんですが、今日山野楽器に言ったら「基本セッティングも出来ますけどどうしますか?」と訊かれたのでお願いすることに。渡りに船!
 駅前の島村楽器でもリペアはしてもらえたのですが、なんとなくフェンダー&ギブソンの正規代理店であり、高級ギターも扱ってる山野楽器の方が信頼できるかな…?と思って持ち込んだのですが、これはありがたいですね。

 …まぁ高級店だからと言ってリペアマンの腕がいいとは限らないですけど、そこはまぁお任せで。間違ってもボクが自分でやるより悪くはならないだろうしw
 あとフロイドローズのオクターブ調整めんどくさいみたいだしね…

 さてここ数日文字通り寝る間も惜しんでアイバニーズ弾いてきましたが、弾けば弾くほど素晴らしいギターだな…と感じます。
 前回の日記で「15Fより上を弾いた時の弾きやすさが異常」って書きましたけど、あのあと改めてストラト弾いてみたらまさに15Fより上を弾こうとするとジョイントが干渉するのね。
 さすがに24Fは弾きにくいですけど、一般的に使われる22Fまでは抜群のプレイアビリティ。薄くて平らな指板に加えてジャンボフレットの効果もあってか、全てのポジションで運指が非常に楽です。手の小さいボクには福音!
 それはわかるのですが、何故かピッキングもやりやすいんですよね…弦のテンション感がいいと言うか。
 フロイドローズって弦幅広いんだっけ…? ボク的には弦と弦の間隔が開いてる方がミスピッキングのリスクが減ると思ってるんですが、弦幅広いならその影響もあるかも。

 凄いスムーズにソロが弾けるので「アレ…なんかぼく上手くなった?」と思ったんですが、ストラトを弾いたら今まで通りなのでギターがいいみたいw
 でもそれだけ弾きやすいギターって凄くないですか…?

 アームもダウンに加えてアップも出来るし、チューニングの狂いも気にしなくてすむのでぎゅいんぎゅいん遊べます。
 PUもダンカンってのもいいんでしょうけど、単純にハムってだけで今のボク的にはいい感じなので、音も凄く好み。
 いやー…ついこないだまでシングル至上主義ハム否定派だったのにこの手のひら返しですよw

 それだけお気に入りのギターなのでリペアに出すのはホントに残念ですが、戻ってくるまでストラトで腕を磨いてましょう…

 それはそうと、AmplugI/OとJamVOXを入手して以来、CD(と言うかmp3)に合わせて弾くのにハマってます。
 思えば今までのギター人生で音源に合わせて弾くのってほとんどやったことがなかったですけど、Amplugとパソコンとギターだけでギターの音もいじれるし音源に合わせるのも、音源のピッチやテンポを変えるのも楽々で凄く楽しい!
 かれこれ30年ギター弾いてきましたけど、今が一番楽しいな。

 Amplugはオーディオインターフェイスとしても機能するので録音も簡単に出来るし、プレイを録音したり思いついたリフをメモ代わりに録音したりして作曲してみるのも楽しいかも知れませんねえ…
 夢が膨らむ!

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

ねんがんのアイバニーズをてにいれたぞ!!!(ギター)

 …ギタリストって1~2年に一度ぐらい新しいギター欲しくなるよね…?

 一年半ぐらい前にデュオソニックを手に入れてから基本的にメインはデュオソニックで来ました。
 トレモロレス、2PUのシンプルなモデルなので、クリーントーンでポロポロ弾くような感じが気持ち良くて遊んでましたが、半月ぐらい前からストラト引っ張り出して遊んでるうちに、だんだんもうちょっとハイテクなギターが欲しくなってきました。

 ハイテクなギターと言えばボク的にはアイバニーズ。

 もう20年近く前、とらのあなバイト時代にバイト仲間がアイバニーズのSシリーズを買ったことがありました。
 その前からSシリーズのボディの薄さにときめいてたので軽く弾かせてもらうといい感じ!
 …だったような気もするし、さすがにボディが薄すぎて気になったような気もするけど、もうはるかな昔なのでうろ覚えw
 実はその頃からずっとアイバニーズは欲しかったんですよね。

 …どうでもいいけど80年代の頃は「イバニーズ」って言ってたよね…?

 さて10年ぐらい前にグラスルーツのホライズンを買ったことがありましたけど、この手のギターでボクが求める条件は、フロイドローズ、24フレット、2ハム…の3点。
 根っからのストラト馬鹿としてはストラトはもう何度も買った(残ってるのは一本だけだけど)ので、ストラトとは違うキャラクターのギターが欲しいんですよ。
 そういう意味でも2ハムはマスト。基本的にはシングル大好きですけど、ハムの音が欲しくなるときもあんのよ。

 んで、できればストラトでは弾けない超高音域を弾きたいので24Fは欲しい。
 チューニングの狂いを気にせずぎゅいんぎゅいんアーム使いたい。

 …と思い始めたら新しいギター欲しくなってきたので、ちょろっとブックオフの楽器コーナー覗きに行きました。

 うーん…安物でもいいからこの一万円ぐらいの買うか…

 と思いながら眺めてると目に留まったのが25900円のアイバニーズ。
 ちょろっとお値段は張るけど2万円台なら充分に許容範囲。とりあえずボクの欲しい条件は満たしてるし…んん???

 す‥スルーネック?!!! 買った!!! 

 PUもセイモアダンカンに換装されてるし、このスペックでこのお値段は破格なのでは…
 実は即決せずに一度家に帰ってネットで情報を仕入れたんですけど、どうも10年ぐらい前のモデルで定価は80000円ぐらいだったみたい。
 中古相場って概ね定価の半額前後ぐらい…ってイメージがあるのですが、それと比べてもお安い。
 ちなみにイシバシ楽器のサイトで同じモデルの中古が出てましたが、こちらは29000円。このモデルの相場はこれぐらいなのかな。

 しかしスルーネックのギターなんで最低10万は出さないと買えないと思ってたけど、韓国製とは言えこの価格帯で買えるようになったのねえ。

 さてでは今回買ったギターのご紹介。

Mixi1494


 もともとは渋い黒の金属製ボリュームノブが付いてたんですが、黒一色ってのがボク的には好みじゃない(黒一色の精悍さを狙ってこのデザインなんでしょうけど)ので、カラフルなボリュームノブに交換しました。
 敢えての外し技、さらに外しての黄色とピンクの色違いにしてみましたけど、もしかしたら黄色に揃えるかもw
 トレモロアームが欠品だったのでこれもサウンドハウスに注文しました。

Mixi1495


 ボクのギター人生初のリバースヘッド。なんかリバースヘッドの方が弦のテンションが適切になるって聞いたことある。

Mixi1496


 フロント&リアPUがダンカンに換装されてますけど、モデル名は不明。ブリッジの適度なヤレっぷりが渋い。

Mixi1497


 今回の購入の決め手となったスルーネック。ぶっちゃけスルーネックじゃなかったら今回衝動買いしてなかったかも知れん。

Mixi1498


 さて弾いてみた感想ですが、めっちゃ弾きやすい! 特に15フレットより高音域での弾きやすさは異常!!
 24フレットまである余裕と、スルーネックの操作性の良さ、手を邪魔しない深いカッタウェイ…が織り成す絶妙なハーモニー…(意味不明
 いやはや…こうしてみるとストラトって弾きにくかったのねえ。せめてジョイントがヒールレスだったらな…

 音に関しては特に可も不可もなく。センターPUはあってもなくても良かったですけど、シングルPUのシャキシャキした音も出せるってのは魅力。歯切れのいいカッティングもこなせるし。

 PUセレクターの設定がよくわからんのですが…ハーフトーン位置ではコイルタップしたハムとセンターのシングルのハーフトーンが出てるのかな?
 なんか線が細くてイマイチ…センター単品よりも細い。もともとボク、ストラトのハーフトーンも好きじゃないしな。
 基本的にはフロント、センター、リアの3ポジションで使うことになりそう。

 やっぱりこの手のギターならメタルでしょ! と、クリーントーンはほとんど使わずに延々と二時間ぐらいメタル弾いてましたw
 昨晩の時点ではトレモロアームがなかったのでアームの使い勝手は未知数。さっき生音でぎゅいんぎゅいんやって遊んだけど。

 過去の経験から2ハムのギターを弾いてるとだんだんストラトが弾きたくなってくるし、逆もあるので両方所有するのが正解…とは思ってたんですが、10年ぐらい前に買ったパシフィカがリアハムだからまぁこれでいいか…と。
 でも最近は専らダウンチューニング専用機となってる(せっかくリアPUにダンカンのインベーダー積んでるわけだし)ので、もう一本ハムのモデルが欲しかったんですよ。
 そういう意味で今回買ったアイバニーズはパーフェクトなので、しばらくはこの子をメインで遊んでみます。
 時々気分転換にデュオソニックも弾こう。あのホント「素の素材で勝負」みたいなシンプルさは魅力です。音もいいし。

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

フェンダー ブルースJr(ギター)

 中学二年頃に父親の影響でギターを始めてギター歴は早30年近くになるボクですが、10年前に憧れのフェンダーUSAのストラトを手に入れたことを機に、教則DVDを買い込んで基礎から覚えなおしたことがありました。そのおかげでそれまでよりだいぶギターが弾きやすくなった覚えがあります。
 最近もギターを構える角度が悪いのでは?と思って、体の前面に平行に構えてたのを斜め45度ぐらいで構えるようにしたら見違えるほど弾きやすくなって、そういやギタリストの写真見るとみんなこうやって構えてるよな、とか今更ながらw

 さて↑の時に買った教則DVDはトモ藤田さんの。そして先ごろ山野楽器でなにげなく教則本コーナーを眺めたらトモ藤田さんの面白そうな教則本があったので買ってみました。「耳と感性でギターが弾ける本」ってヤツ。
 で、教則DVDでも仰ってましたが、アンプに繋いである程度大きい音で弾かないと細かいニュアンスや強弱がつけられないから上手くならないと。
 そういう意味ではこないだから使ってるヘッドフォンアンプのAmplug I/Oを使えば夜中でも大きな音で弾けるし、ある意味アンプから音を出すより細かいミスまで聴き取れる…と愛用してましたが、今日はお休みで昼間から弾けるし…と、久しぶりにフェンダーの真空管アンプ、ブルースJrに愛機デュオソニックを繋いでみました。

 ちなみにブルースJrもトモ藤田さんの教則DVDで薦められてたので大枚はたいて(確か10万近くしたはず)買ったもの。でももう何年間も出番なし…最近は専らそれ以前から使ってたマーシャルの安物ミニアンプ(一万ぐらいのヤツ)を使ってました。簡単に歪ませた音が出るし…
 しかし最近はクリーントーンでピッキングニュアンスをつけたフレーズを弾くのにハマってるので、そういう弾き方をするとブルースJrめちゃめちゃ音がいい!
 思えばデュオソニックを手に入れたときにストラトと交互にブルースJrに繋いで弾き比べて「やばい、10万のストラトより5万のデュオソニックの方が音がいい」と思ったものですが、やはり凄く音が良く聴こえる…
 ちなみに今回の教則本にトモ藤田さんのブルースJrのセッティングも載ってたのでそれに合わせてみました。

 いやはや…ほんの数ヶ月前までは「ブルースJr使わないから手放そうかな…」とか思ってましたが、手放さなくて良かった…

 そんなわけで現在地味な基礎練中でして、この手の地味な練習をするのは得意なのでいいんですが、その先の音楽的発展ができないのでむしろその辺をなんとかしたいかな…
 あとはやっぱりバンドやるとか作曲して音源をネットにアップするとかやらないといずれ飽きちゃうと思うので、なにかできるといいんですけどね。
 とはいえ、バイクにビリヤードと何かと忙しいのでそんなに時間も割けないんですけどね。

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

amplug I/OとJamVOX(ギター)

 数年前にけいおんのあずにゃんモデルamplugを買いましたが、久しぶりに引っ張り出してみたら音が出ない。
 仕事が終わって夜にギター弾くことが多いのでやはりヘッドフォンアンプは便利…と、別のamplugを物色してたらこちらの商品を発見。>http://www.voxamps.jp/products/amplug_io/ 
 ヘッドフォンアンプとしてのみならずオーディオインターフェイスとしても使える(と言うかそっちがメイン)なので、パソコンで宅録できるぞ!

 …と買ったはいいもののあまり活用してなかったんですが、最近ぼちぼちと遊んでます。

 さてこちらの商品に付属…と言うか、シリアルコードを入れることで無料ダウンロードできるのがこちらのソフト。>http://www.voxamps.jp/products/jamvox/ 
 プリセットで多彩なセッティングが登録されてるのでマルチエフェクター的に使えるし、チューナー機能も内蔵されてるのでこのソフトのみでチューニングも可能。メトロノーム&リズムボックス機能もあり。
 さらにmp3の音源を読み込んで一緒に演奏することも可能。まだ試してないけどピッチやテンポも変えられるみたい。
 デフォルトだとボーカルとギターソロがミュートされる設定になってるみたいでこれはこれでいいけど、やはりボーカルがないとイマイチ盛り上がらないし、音源によってはほぼ全ての楽器がミュートかかっちゃう(TMGEとか)ので、ちょっとマニュアル読んで設定変えたいところ。

 いや、それにしてもボク、過去のバンド経験が乏しい上にCDに合わせて弾くってこともほとんどなかったから、さっきちょろっと試してみたらめちゃめちゃ楽しい!!
 聖飢魔Ⅱの曲ならソラで弾ける曲が何曲かあるので片っ端から弾いてみましたけど、すげー気持ちいいい!
 そして意外とミスなく弾けてて「実はボク意外と上手かったんじゃ…?」と思ったりw<勘違い
 プリセットがかなり完成度の高いセッティングになってるので、音がいいから演奏もよく聴こえるってのもあります。

 ちなみに色んなミュージシャンのシミュレートセッティングが入ってますが、クリーン&クランチだとレイ・ヴォーン風のセッティング、メタル系だとメイデンorサバスのセッティングが気持ちいいですね。

 そうそう、ヘッドフォンだと細かいミストーンまで聴こえるので練習にもいいですねー。

 ちょっとこちらの商品、ボク的にめちゃめちゃヒットなのでオススメしておきますw

 …ところで一ヶ月ぐらい前にメインギターをストラトに戻す…って日記書きましたけど、久しぶりにデュオソニック引っ張り出して弾いたら普通に良かったので、またデュオソニックメインになりましたw
 なんかアンプのセッティングとの相性もある気がするんですよねぇ…あずにゃんamplugで弾いてた時はストラトもデュオソニックも甲乙つけがたい音だった覚えがあるし。
 絶対的に出力が小さいってのはある気がするので、他のギターと同じアンプセッティングで弾き比べちゃうと線が細く感じる…てのはあるのかもなー。

 そういやSSHのPUレイアウトでリアにダンカンのインベーダーを載せてる我が家の安物パシフィカ。フロント&ミドルはデフォルトのままですが、↑のレイ・ヴォーン風セッティングで弾くとストラト&デュオソニックはほぼクリーントーンなのに、このパシフィカのフロント&ミドルは軽くクランチ気味になるんですよね。
 リアのハムPUに合わせて出力を高めにしてあるのかな…?
 それを考えると、一ヶ月前に「パシフィカよりデュオソニックの方が音が良くない!」と思ったのは単純にパワー差なのかも。実際ヘッドフォンアンプで聴いてみたらパシフィカの音が一番良くなかったしw

 そんなこんなでボチボチとギターでも遊んでおりますw

| | コメント (0)

2016年1月 9日 (土)

ストラトさいこー(ギター)

 一昨年九月に中古のスクワイヤ製デュオソニックを手に入れて以来この一年ほどはデュオソニックをメインに使ってきましたが、先日からストラトをメインに戻しました。
 いや、別にバンドやったりしてるわけでもないので、メインとか言っても部屋の隅のスタンドに立てかけるか、手元のスタンドに立てかけるかの違いなんですけどw

 きっかけはこないだ久しぶりに弾き比べたら圧倒的にストラトの方が音が良かったこと。それより衝撃的だったのは定価でも4万弱ぐらいのパシフィカに積んでるデフォルトPUの方が音が良かったこと。
 これがダブルパンチとなってデュオソニックの評価がダウン。
 ミディアムスケールの弾きやすさとか、抱えやすいちっちゃなボディとかは魅力なんですが…

 だったらデュオソニックのPU換えちゃえばって話もあるんですが、この子、ダンカンのデュオソニック用アンティキティが載ってるんですよね…
 配線材とかコンデンサも前オーナーさんの手によっていいものに交換されてるし、ダンカンが「オリジナルを忠実に再現した」と豪語するアンティキティを載せてこの音なら、デュオソニックの音そのものがコレなのかも。
 それをわざわざストラトと同じAPS-1に載せかえるぐらいならストラト弾けよって話で。

 そういやこのストラトもデフォルトPUの音が気に入らなかったなあ…なんか線が細くて出力が弱くて。
 で、100種類ぐらいのリプレイスPUのデモ演奏がCDに収録されてるムック本を買って、一週間ぐらいだったかな…毎日聴き比べて一番好みのPUとしてチョイスしたのがストラトに積んでるAPS-1。
 まぁそう考えればこのストラトがボク好みの音がするのは当然なわけでw

 でも今にして思えばデフォルトPUはビンテージ系の音を再現してたのかも知れないし、今聴けば印象変わるかも知れないですね。

 あとデュオソニックはイマイチボディが鳴ってる感がしないのもネックかな…あまり振動が腹に伝わってこない。
 出力される音にどの程度影響がでるのかはわからないですけど、ボディの振動が伝わってくるとなんかこう、ギターが鳴ってる!って感じがしますよね。
 ちなみにパシフィカは安いせいか相当軽い木が使われてるんですけど、そのせいかえらく振動するw

 ちなみに過去所有したギターで一番良かったのはこのストラトの前に所有してたフェンジャパの黄色のストラト。あれは生音が異常にでかかったし、PUを通して出る音も凄く好みだった。
 中古で買ったからどんなカスタムされてたのか今となっては知る由もないけど、デフォルトのままだとしたらテキサススペシャルかな。なんかフェンジャパのストラトはみんなあのPU積んでるイメージだし。
 今のストラトもあのストラトの音をイメージしてPUチョイスしました。

 まぁ30年のギターキャリアのうち2/3ぐらいはストラトをメインで使ってる(そのうち10年は今のストラト)わけで、やっぱりストラトが落ち着くよね…ってのはありますw

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

ギターの色(ギター)

 ふと今まで所有したギター&ベースの色を思い返してみました。

○3トーンサンバースト(グレコのバイオリンベース)
○3トーンサンバースト(フェンジャパのストラト)
○シースルーのパープル(カワイ楽器のレスポール系モデル)
○イエロー(フェンジャパのストラト)
○シルバー(グラスルーツのエクリプス)
○タバコサンバースト(ピグノーズのミニギター)
○クリーム色っぽいホワイト(フェンダーのストラト)
○ブルー(ヤマハのパシフィカ)
○ベージュがかったホワイト(スクワイヤのデュオソニック)

 うーむ、まちまち…敢えて言うならサンバーストが三本あるけど、バイオリンベースはそれしかカラーを選べないし、ピグノーズもそうだった気がする。
 高校時代におとんに買ってもらったフェンジャパのストラトは敢えてサンバーストを選んだところを見ると、当時は好きだったのかも。

 色に惚れて買ったのはカワイ楽器のダブルカッタウェイレスポールとシルバーのエクリプス。
 その色のギターを狙って手に入れたのはパシフィカ。あの時青が欲しかったんす。
 白のストラトも、たしかあの時ホワイトのストラトが欲しかった気がする…

 バイクや車もそうなんですけど、基本的にはあまりカラーに拘りはないですね。これまた車もバイクもそうですけど中古で買うことが多い(車とバイクは全て中古だし)ですし…
 赤が好きで若かりし頃は好んで赤い服を着てたり、革ツナギも赤ベースでオーダーしたボクとしては意外なことに赤いギターは所有したことがないんですよね。

 パシフィカを買ったときに「青のギターが欲しかった」って書きましたけど、あれから10年経った今でも色で選ぶなら青かな…先日ネットで見たシェクターのブルーのシースルーがすごく良かった。
 デュオソニック買うときも…いや、当初探してたのはムスタングでしたけど、できればダフネブルーorソニックブルー系が欲しかったし。

 逆に選ばない色と言うと黒かな…車やバイクでも黒は積極的には選ばない気がする。なんとなく。

| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

パシフィカ直した(ギター)

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

 …さて先月23日の祝日を最後に九連勤をこなしてましたが、今日はようやくのお休み。九連勤の間はバイク乗ったり玉撞いたりするヒマもなかったので、延々とギター弾いてました。
 とは言ってもその時間すらなかったので、睡眠時間を普段より削り気味にしてどうにかこうにか。

 一年ちょい前にデュオソニックを手に入れてからはデュオソニックをメインで弾いてましたが、久々にストラト弾いたら音がいい…
 まぁ一夜明けたら「それはそれとして」と結局デュオソニック弾いてたわけですが。

 そうこうするうちに五年ぐらい前に壊れたジャックを修理しようとして失敗、そのまま放置されてたパシフィカが気になってきました。
 ギター本体は中古二万で買った(確か定価も三万ぐらいだった気が)安物なんですが、リアPUをセイモア・ダンカンのインベーダーに換装してるんです。…って言うかこのPU使いたくて適当なギター買ったんですw
 んでインベーダーのDEMO演奏とかをyoutubeで調べてたらこの人の動画
とか発見して、無性にこのパシフィカを復活させたくなってきました。

 ハンダ付け自体小学校の頃にちょろっとやって以来やってなかったのでかなりテキトー。小手とハンダも当時使って以来の30年もの…なので、新しいのを買って再チャレンジ。
 ネットで情報収集してると…え、配線繋ぐ場所って決まってたのか! ホットとコールドとか全く考えずに繋いだ気がするぞ…
 どう考えてもそれが原因としか思えなかったので、再接続の際にぶっちぎっちゃった配線材を新調してきて付けてみると…なおった!!

 まぁかなりテキトーにハンダ付けしてるのですぐに取れるかもですけどw

 さてせっかくこのPU使うからにはへヴィミュージック。やっぱりダウンチューニングでしょ! と言うことで弦は010のヘヴィボトム(010 013 017 032 042 052)を買ってみました。ちなみにエリクサー。
 マメに弦を張り替えるメインギターのデュオソニックはいいんですけど、この子とかストラトとかはそもそも滅多に弾かないので長持ちする方が…

 とりあえず一音半下げに設定してみたんですが、ARCH ENEMYのスコア見てみたら二音半下げ…
 さすがにそこまで下げると弦のテンションがたるんたるんになりそうだったので、二音下げで妥協してみました。

 うーむ重い! 重くて気持ちいい!!
 このチューニングでCATHEDRALとかも弾いてみたいw あと人間椅子。<これはすでに弾いた

 この一年はメインギターがデュオソニックってこともあり、クリーン~ちょいクランチぐらいが気持ちよくてその辺の音で遊んでましたけど、たまにへヴィ系弾くとやっぱりいいな。いや、デュオソニックでもめいっぱい歪ませて弾いてましたけどw

 音楽活動もやってみたいですけどねぇ…イマイチ自分のやりたい音楽が定まらないんですよね。
 個人的には70年代ロックっぽいのをやりたい気持ちが10年前ぐらいは強いけど、言うほど詳しくないしな…CATHEDRALみたいなヤツがやりたいんですけど。
 
 音楽的に一番好きなのはゴシックメタルなのかな…あとプログレメタル。
 でも全部アルバム揃えて聴き込んだバンドとなると邦楽…ミッシェルガンエレファントとかゆらゆら帝国とかイエローモンキーとか聖飢魔Ⅱとか。
 ゆら帝っぽいのはやってみたいな…

 そんなわけでしばらくはちょっとこの安物パシフィカで遊んでみるっす。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧