バイク

2017年8月20日 (日)

2017関東ロード第四戦(バイク)

 さてさて今日は桶スポの関東ロードミニ選手権。いつものようにトライアウトクラスの参戦です。
 今日の天気予報は曇り時々雨でしたが、結局一日降らずに終わってなにより。

 さて、先々週の金曜に慣らしのために桶スポ行った時は、一時間近く慣らしで走ってたとはいえ、15分×2の走行でほぼ自己ベストとも言える51秒4をマーク。
 これなら次の走行では自己ベストを更新できんだろー…と思って臨んだ三日後の走行では最初の二本が全く思うように走れず自己ベスト一秒半落ちがやっと…しかし三本目でちょっと体の重心位置を調整してみたら途端に寝かせられるようになって月曜に出したタイムとほぼ同タイムをマーク。

 今日の関東ロード、まず最初のプラクティスではホントにそれが思うように走れなかった原因なのかを確認。うん、今日もイメージ通りに走れる。
 ただ路面のあちこちがまだ湿ってる…特に全開で回る8コーナーイン側と9コーナーのちょうど寝かしたいポイントが濡れてる(毎度のことですが)ので、万が一があるとイヤだしペースを落として走行。タイムは自己ベスト3秒落ちの54秒台。

 およそ二時間後に開催された予選はドライ。しかしプラクティスで攻めてないのでどれだけ走れるか読めん…
 8分間の予選で出したタイムはNSRでの自己ベストの1秒2落ちとなる52秒6。うーん…正直52秒台前半には入れたかった…

 ともあれ、決勝になればもう少しタイムアップできるし51秒台には入るだろう。スタートで上手いこと数台抜けたら頭を抑えて嫌がらせするレース展開にも持ち込めるかも…フヒヒ。
 あわよくば決勝で自己ベスト更新して50秒台に入れられれば万々歳。

 予選グリッドはブービーの17番手。しかしスタートが微妙に失敗気味…ぼくの後ろだった20号車に抜かれてしまいます。
 2コーナーまでは最後尾付近でダンゴ状態でしたが、2コーナーで完全に最下位に。ううぅ…

 ちょっと記憶が曖昧なのですが、その後の3コーナー~4コーナー間で一台抜いたのかな?
 3コーナー立ち上がりで並んで4コーナーでイン側を取ってパス…のパターンは数年前のSSKillersでフォロワーのたんぽぽちゃんにやられましたが、ぼくも割とここでのパッシングが多い気がする。昨年のUさんお別れレースでも3コーナーで抜かれたibaさんを4コーナーで抜き返したし。

 さてホームストレートに戻ると視界の端にチラッと黒旗が…ぺ‥ペナルティですかーーーー?!!
 翌週にもう一度確認するとゼッケン20番…あ、前のバイクだ。
 前の人も同じタイミングで確認したらしく、2コーナー立ち上がりで横を向いたり、「ペナルティでピット入るしどうしようか…」みたいな迷いが見えたので、とりあえず3コーナー進入で並んでパス。
 その次の周だったかにダントツでポールを獲得した車両にズバッと抜かれます。えっなんで後ろにいるの??
 レース後にリザルト見たらDNFだったみたいだけど、なんだったんだ…?

 そうこうするうちに気が付くと後ろのバイクに貼り付かれてます。ぼくと20号車の人以外はみんな予選で一秒以上速かったからそりゃ追いつかれるよね…
 3コーナー進入で内側に車体が見えたので内側にスペース空けてターンイン。
 いや、ここは断固としてドアを閉じる場面なのかもしれないけど、うっかり接触して転んだら痛いし、それで怪我したら仕事が…<社会人の悩み
 しかし立ち上がりでは並んでるので、再度4コーナーでパス。

 そこから先はとにかくブレーキングを遅らせて必死のディフェンス。多分ぼくが必死にブレーキ遅らせたあたりがみんなの普通ぐらいだと思うし…
 突っ込みすぎてバイクも寝てないしクリップにも付けてないけど、とにかく進入で並ばれるのはイヤだー。
 その分立ち上がりが遅くなってる気がするので、相手の人が立ち上がり重視のラインで来たらもしかしたら抜かれてたのかも…?

 ホームストレートで残りラップ数を確認したら5周。数周経って再度確認すると2周。あと2周か…
 今日は全般に7コーナーが膨らんじゃって上手く回れてなかったんですが、それでもなんとか抑えきってチェッカー!

 ピットに戻ると汗だくだし、とても10周しか走ってないとは思えないほどに疲労困憊。こんなに必死に走ったの初めてかも…
 しばらく休んでから後片付けを済ませてリザルトを見ると、三台がリタイアで結局予選17位から14位でフィニッシュ。やった、トライアウトでベストリザルトだ。
 淡々と最後尾を走って気が付いたら他のバイクがリタイアしててこの順位…だと微妙ですが、一台を抜いてからポジションを守りきってのこの順位だし、まぁまぁいいレースだったのでは。
 KSR時代の自己ベストも一年越しで(2/100秒とはいえ)更新できたし。

 NSRに乗り換えてからはとにかくコーナーで速度を落とし過ぎないように回ろう…と思ってましたが、どうもそのせいで立ち上がりが苦しくなってる感じ。
 …というか、ぼくのなかで一番縁石に近づくポイントが一番速度が落ちるポイント…みたいなイメージがあるんですけど、勿論コーナーにもよるんでしょうが、速い人の動画を見てると加速しながらクリップを通過してることも多いし、もしかして走りのイメージがズレてるのでは?
 …と思って今日は今までより寝かし込みポイントを早めにして早めに立ち上がりラインに乗せて早めにスロットル開けて加速区間を長く取る…イメージで予選までを走ってみました。
 決勝は前述のように突っ込みすぎて上手く曲がれてなかったですが、結果的に自己ベストは更新できてるし、もしかするとこれぐらい突っ込みつつ意地でブレーキ離して寝かしこめれば一番速いのかも…?

 しかし帰宅してGPSロガーを確認したら、寝てない寝てないと思ってたけどバンク角的には今までで一番深かったので、自分で思った以上に寝てる…? もしかして全般にこの方向で正解…??
 そういやミドルコースでおおにし師匠を追っかけてた時も突っ込みすぎてバイクが寝てないと思ったけどタイムは出たんだよな…
 うーむ、なんかこの辺にヒントが??

 …ともあれ、ひとまずそれなりの結果は出たことは喜びつつ、次戦に向けて色々とトライしてみます!

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

関東ロード直前練習(バイク)

 今週末の関東ロードに向けて今日は最後の練習に行ってきました。
 土曜の予報では日曜と月曜の天気は良さそうだったので、それなら平日で空くであろう月曜にしよう…と今日に決めたのですが、昨日になって予報が雨予報に急変。
 とりあえず朝起きてから天気見て決めよう…と思ってたんですが、自宅周辺は降ってないものの埼玉は雨雲に覆われてる…
 しかしその雨雲が過ぎればなんとかなりそうにも見えたので、とりあえず桶スポに向けて出発~。

 大宮周辺、ゲリラ豪雨と見まごうばかりの土砂降りだ…これはもう今日はムリだ…

 テンションが下がったので桶スポ近くのマクドナルドでのんびりと朝マック。すると雨が小雨になってきた気配…?
 先に現地入りしてるみのむしさんのツイートを見るともう桶スポは止んでるみたい…?
 いやいや桶スポから2、3kmのところで降ってるのにそんなはずが…

 桶スポ止んでるーーーーーー!!!!! 

 とはいえ路面はフルウェット。レインタイヤを履いてると思しき数台がコースインして結構いい感じで走ってますが、男の子ライダーがばったんばったん転んでる…
 まぁ午後には乾きそうだったのでみのむしさんとダベりながらダラダラしてると空が晴れて日が差してきました。

 あ‥暑すぎる!!!! 

 …と思う間にまた曇ってきて午後の走行開始時には曇天に。しかし雨さえ降らなければこれぐらいの方が走りやすい。
 路面はドライだったので意気揚々とコースイン。金曜に走った時は一時間近く慣らし走行をした後だったとはいえ、15分×2本でNチビの自己ベスト更新、KSRの自己ベストにもあと僅かと迫るタイムを記録してるので、今日は自己ベスト更新に気合が入ります。

 遅い… 

 バイクを寝かせられなくて全てのコーナーで膨らんじゃうのでアクセルも開けられないしブレーキングも詰められない。
 途中で「イン付きが早いのでは?」と寝かし込みポイントを調整してみましたが、マシにはなったものの寝かせられないという根本的な問題は解決しない…
 金曜のタイムの1秒6落ちしか出なくて意気消沈しますが、いつも一本目は調子出ないけどたとえ5分でも走っておけば二本目からはペース上げられるし、今度こそ…

 さらに
 遅い
 

 なっ何故だァァァァァァ!!!!!
 なんとかバイクを寝かすべく体の動かし方を色々と変えてみましたが、乗りやすくなった感はあるもののタイムは全く出ない…
 やばい、このままでは関東ロードでマトモに走れない…

 金曜はそんなにやる気出して走ったわけじゃなくて、落ち着いて操作してたらタイム出た…って感じだったので、ブレーキを詰めてこう!とか考えるのをやめて落ち着いて走ってみることにしました。
 走り出して早々にふと体の重心を外足の軸に持っていくように上体や頭の位置を合わせてみたら途端に寝かせられるようになりました!

 なっ何故…? 体のバランスが取れてなくて不安感が出て寝かせられなかったのか…それとも単純にリーンアウト方向に体を動かした方がバイク寝かせやすいって言うし、そういうことなのか…?
 理由はともあれ、一気に金曜と同じ走りが出来るようになり、タイムも金曜のベストタイムのコンマ数秒落ちまで上がったので、続く四本目ではさらなるタイムアップを目指しましたがそれは不発。

 寝かしこむ過程では外足に重心を置いて、寝かしこんだところで頭と上体をインに入れればさらに曲げられる「可能性」もあるけど、関東ロードまでに試す時間ももうないし、それは今後の課題として、関東ロード当日は今日のフォームを再現できるようにチャレンジしてみます。
 ホントはその日の走行の一本目、走り出して早々にこれぐらいの走りが出来ないとその先…じゃあここからタイムを詰めるにはどうすればいい?みたいなのを考えるところに辿りつけないので、日曜の関東ロードは今日感じたポイントが正解なのかどうかを確認する場でもあります。
 これで関東ロード当日が上手く走れたらようやく自己ベスト更新に向けて歩を進められる気がします。

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

NチビOH完了(バイク)

 知り合いのバイク屋さんにNチビのエンジンオーバーホールをお願いしていたんですが、それ以外にもとにかく気になるところには全て手を入れて頂きました。
 車両の方はバッチリ仕上がったので、慣らし&様子見のために桶スポ行き~。

 お昼前に桶スポに着いて…昼の入門枠に慣らしやってもいいですか?と確認したところOKが出たので入門枠の一時間延々と慣らし走行。まぁコースインが遅かったのとピットインが早めだったから実質40分ぐらいかな。
 「8000回転上限で30分ぐらい」と言う指示だったので8000以下をキープ。だいぶ走ったからもういいかな、と最後の一周だけ9000あたりまで回してピットイン。

 …ちなみにこないだリアブレーキだけ使って走る練習も薦められたんですが、せっかくの機会なのでちょっと試してみました。
 普段の街乗りではリアを多用しますけど、サーキットでは意図的に使わないように心がけてる(無意識に使っちゃうので)んですよね。特にNチビのリアブレーキは一回も踏んだことがないと言っても過言ではないので、ちゃんとコントロールできるのかな…と不安でしたが、まぁ40分も走ってるとだいぶ慣れるものでw
 終盤はまぁそこそこのブレーキングコントロールができるようになりました。

 さて午後は慣らし用のギアオイルからちゃんとしたギアオイルに交換、これまた慣らし用のプラグをちゃんとしたプラグに換えて…とかやってたら(ドレンボルトのワッシャ入れ忘れて微妙にやり直しになったこともあり)、午後枠は二本見送ってしまいました。
 まぁ当初から最後の二本ぐらい走れれば…と思ってたので、ラスト二本を走行。

 うーむ、前よりパワーが出てる感じがするし、初めてノーマルチャンバーに戻した前回より上が回る気がするぞ…!
 最終枠の直前に前回フォロワーさんからお借りしてた40丁のスプロケに交換。<今までは41丁
 今よりギア比がロングになると一番速度が落ちるΩとか半クラ使わないと走れなくなっちゃうんじゃ…?とか心配してましたが、なんか41丁の時とほとんど変わらない感じで走れるし、今回あちこち直してもらったおかげ&ノーマルチャンバーとの相性もあってか、他のコーナーでは走りやすくなった…!

 三本目では付けなかったラップタイマーですが、「いつでもタイムは計った方がいい」とのアドバイスを受け、急遽四本目の直前に装着。
 そのラップタイマーでのベストタイムは51秒40。GPSロガーだと51秒344と言うデータ。
 KSRでの自己ベストは51秒3ちょろちょろぐらいなので、ほぼ自己ベストのタイムを出せました。

 先週のミニフェスでトミンAをKSRで走った時に、あまりにもKSRでタイムが出ないもんだから、今日はいかにブレーキを短くかけるか…をテーマに専念しよう…と練習してきたんですが、なんかその成果が今日出た感じ。
 なるほど、こうやると速く走れる…のかも知れんな。

 KSRよりバンクさせられるはずの車両なのにそのバンク角を活かせてない…と感じてましたが、今日は二回ぐらい6コーナーで爪先&ステップを擦りました。
 前々から調子いい時はこのコーナーで擦れてましたが、今日はなかなかいい調子だったのかも知れないですね。
 ただ今日は結構な勢いで路面に接触したので、うっかりするとコケるかもw

 とりあえず15分×2本の走行で自己ベストタイのタイムが出せたのはいい兆候。ただ、慣らしとはいえ一時間近く走って体の方も慣らしが済んでたって話もあるし…

 しかしそれにしてもNチビ楽しい! なんか今我が家にあるバイクの中でNチビが一番乗りやすいし、楽しく走れる。だから攻められる…って感じ。
 以前はKSRにその感触があったのですが、Nチビに慣れた今はKSRのポジションがしっくり来ない…Nチビと同じ様に乗ろうとしちゃうから違和感があるんで、Nチビより腰を動かしたり、逆にモタード乗りしちゃった方が乗りやすいのかもなあ。
 そういう意味ではKSRの乗り方もちょっと模索してみたい。

 ただ、自己ベストタイのタイムを出したとは言っても48秒から50秒と言うトライアウトクラスの基準にはまだ一秒以上足りてない…
 今日は他の車両に引っ張ってもらってなんとか51秒台…って感じだったので、まずは50秒に入れるのも大変そうだ…
 しかしこれだけしっかりと車両を仕上げてもらったんだからタイム出さないと!
 本番前にあと一回…日曜か月曜あたりに桶スポ行こうと思ってるので、目指せ50秒台!です!

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

ミニフェス初のAコース開催!(バイク)

 12月を除き毎回参戦してるトミンモーターランドのミニバイクフェスタですが、今回は初のAコース開催。
 …正直ミニバイクでAコースを走ると言うのにあまりときめかなかったので、今回は参戦を見送ろうと思ってました。
 が、ここのところちょっとバイクの乗り方の矯正をいくつか行ったのでそれを試すべく参戦してきました。
 ちなみにNSRは現在エンジン開けてもらってるのでKSRでの参加。しかしどんなバイクでも活かせるようにと思っての乗り方の矯正なので、久々のKSRはむしろ望むところ。

 KSRの乗り方わかんNEEEEEEEE!!!!!!!!!

 いつもシートの後端に座って走ってたので今日も普通にそこに座って走り出したんですが、シート高がバカ高くて怖くて寝かせられない。
 色々試した結果、街乗りで乗ってるぐらいの位置がちょうどいい…
 ただ、ここのところNチビに乗ってることで腰の移動量が少なくなってる気がするから、もっと腰を動かして落とすようにすれば怖くなかったのかも。
 また、もしかすると腰を動かすことで着座位置が前に来て、結局のところ以前から今日と同じような位置に乗ってた可能性も??
 いずれにせよその影響なのか今日はほとんど膝が擦れず。フルバンク時にザザッと擦るぐらい。
 膝が擦れないからバイクも寝てないように感じたけど、二回ぐらいステップ擦ったし、普段より若干寝てないのは確かかも知れないけどそんなには変わらないのかも…やっぱり腰の移動量が減った影響かな。
 ちなみにここのところ矯正してたのは、左コーナーでステップを踏み込んだ際に腰が回転してイン側の腰が前に出てしまうところ。腰が回るためにアウト側の膝が開いちゃうのがあまり良くないかも…と。
 もう一つはあまりにもニーグリップに無頓着だったので、もう少しニーグリップを意識しようと…いや、意識しなくても自然にグリップ出来るような足の置き方に矯正しようと。
 こちらは二点ともクリア。
 そんな感じであまりがむしゃらになることなく乗り方をチェックしつつ淡々と走行。三本目の走行枠では出来るかぎりブレーキをかけずに走ってみよう…みたいなテーマで、結局30分の走行枠を三本、ほぼフルに走行してしまいました。
 その割にあまり疲れなかったのは蒸し暑かったけど日が出てなかったからか、それともトミンAのコーナー数が少ないからか、はたまたあまり気合入れて走ってなかったからか。
 さて最後の枠は模擬レース。しかしタイム的にはさっぱりだし前述のようにバイクも寝かせられてない気がしたので最初から諦めモード。
 くじ引きによるグリッドは9位だったので、動き出しのいいKSRのメリットを活かして二つぐらいポジション上げられればいいかな。
 スタートでは予定通り1~2台を抜いた…ような気がする。
 しかしいかんせんKSRではパワーが足りず、ストレートエンドで2~3台に交わされる…
 ぼくを抜いてったバイクが左ヘアピンでその前のバイクのインにアタックしたことで相手の男の子が膨らんでしまい、ご馳走様な感じでぼくもパス。
 その二周後ぐらいに後ろから来たバイクに1コーナーでインに入られかけますが、とりあえず動きを見ながらイン側のラインを開けとくかー…と思ったところ、相手がインに入るのを諦めてバイク起こしてブレーキ掛けた気配。
 帝王コーナーを立ち上がって後ろを見ると大きく間が開いてたので、転倒はしてないにせよ大きくタイムロスしたみたいだな…と、ひとまず後ろからの脅威から開放されて伸び伸びと走行。
 レース後にfunaさんから「一台弾き飛ばしてたじゃないですかww」って言われたけど人聞きの悪いww むしろインに入ってきたらラインを譲る気満々でしたよ!
 1コーナーで危うくオーバーランしかけたこともあって前のバイクとも離されてしまい、そのまま淡々とフィニッシュ。
 リザルトはミニフェスのサイトが更新されないとわからんのですが10番手前後ぐらい??
 ぼくの二台前…とは言ってもストレート一本分ぐらい前にいたうらカブさんが7位ぐらいっぽい?って話だったので、9位でフィニッシュ…できてればまぁいいかな。
 今日の走行に関してはここのところの矯正が無事に完了してることが確認できたので満足。
 レースの方は淡々と走ってフィニッシュした印象でしたが、結構ポジションが上がったり下がったりしてはいるので意外と動きのあるレースだったのかもw
 さて次戦は本番の関東ロード! 関東ロードまでの三日のお休みでNチビの慣らしをしつつタイムを二秒上げないとトライアウトの基準タイムにも満たないという無理難題が控えてますが、まぁぼちぼちとやってみますw

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

鈴鹿八耐行ってきた!(バイク)

 今を遡ること26年前にF1を見始めてからずっと鈴鹿には行きたいと思ってました。しかし遠いのでなかなかそれも果たせず…
 10年前にバイクの免許取ってからはいつかはバイクに乗って八耐を見に行きたい…と思ってました。…って言うか昨年もギリギリまで行こうか迷ってました。

 そんな折、ご近所さんということで色々とお世話になってるおおにしさんと、BMC走行会でお世話になってるありとーさんが組んで八耐ウィークの土曜に開催される四耐に参戦するという情報が飛び込んできました。
 ありとーさんは数年前に鈴鹿四耐に参戦ずみ…おおにしさんは今回の参戦車両のZX-6Rを駆ってST600に参戦中。
 お二人を師の如く慕ってるぼくとしてはこれは応援に行かねばなるまい!とムリヤリ四連休を突っ込んで鈴鹿に行ってきました!

 四連休取れることが決まって即八耐のチケットを購入しましたが、その時点で鈴鹿の周辺50km圏内のホテルは全滅。仕方がないので名古屋あたりで取ろうかと思っていたところフォロワーさんに伊勢を薦められたので、鈴鹿からの距離的に名古屋も伊勢も大差ないし、伊勢なら伊勢神宮観光もできるし…と伊勢に宿をとることにしました。

 伊勢湾フェリーの存在も教えていただいたので、ルートは伊良湖まで東名で行ってフェリーで鳥羽へ。
 船旅を楽しみたかったのと、少しでも楽したかったのでw

 鳥羽からは伊勢志摩スカイラインで伊勢神宮へ向かい、そのまま伊勢観光をしてホテルへ向かいました。
 ちなみに伊勢に着いたのは14時ぐらいだったかな…? 思ったより早かったです。

 二日目は六時にホテルを発ち、一時間ちょいの行程を経て鈴鹿入り。おおぉぉぉ夢にまで見た鈴鹿サーキット…
 鈴鹿に到着した時から時々ポツポツと雨が来てましたが、スタート直前に西コース側が降ってきた事もあって四耐のスタートは30分ディレイ。三時間半にレースを短縮してウェットコンディションの中のスタートとなりました。

 22号車のおおにし&ありとー組を応援するつもりできましたが、前日の晩になって、桶川のSSKillersでトップ争いをしていたコヤパチさん&秀吉さんがペアを組んで参戦してることを知り、お二人の58号車も追っかけることに。桶川を走ってる身としては夢のコンビですよ!

 大きなトラブルなく三時間半を走りきった22号車に対して最初のピットストップでトラブルに見舞われて50位まで順位を落としてから26位までリカバーした58号車はなかなか波乱のレース展開でした。

Mixi1737

 ちなみに22号車はフォロワーの左折さんのオリキャラ、でこメガネちゃんがカウルに描かれた痛単車仕様。スタート前のチーム紹介で「DMCはでこメガネちゃんの略だそうです」ってアナウンスされたのが初日のハイライトw
 四耐&八耐通して唯一の痛単車だったので注目を集めていたようです。

Mixi1736

 ちなみにスタート直後にフォロワーの平沢ようさんが近くにいることに気が付いて合流したので二人で観戦してました。
 最初は2コーナーで、後半はダンロップで見てましたけど、2コーナーからS字への加速が結構遅く見えたんですよね。
 やっぱり鈴鹿ぐらいのサイズのサーキットで600ccだと、例えば筑波を250ccで走るような感じで走りやすいのかなー…とか。

 午前中の四耐決勝を見た後は八耐のフリー走行。これは見ないでメインゲート前を散策してました。
 そうこうするうちに八耐のトップ10トライアルが始まったので、メインゲート前のモニターで観戦。一台ずつだから直接コース見るよりモニターの方が楽しめるかな…と。

 トップ10トライアル後はまたしてもその辺ブラブラしたり晩飯食ったりして前夜祭待ち。
 前夜祭ではケニー・ロバーツによるFZ750のデモラン、ウェス・クーリー、グレーム・クロスビー、加賀山就臣選手の三人による歴代ヨシムラ八耐優勝マシンデモラン…を鑑賞。
 …しつつ、ツイッターで声をかけてくれたおおにし師匠と合流したので四耐を走った感想などインタビューw

 鈴鹿初日はこれにて終了しました。

 二日目は…八耐決勝は11時半スタートだからのんびり行こうかとも思ってたんですが、ヘルメットをコインロッカーに入れたかったので遅く行って空きがなくなったりするとヤダな…と、結局ゲートオープンの八時を少し回ったあたりで鈴鹿着。
 昨日は東コース側でしか観戦しなかったので、撮影スポットを探しつつ西コース側へ。
 一番メインゲートから遠いスプーンに陣取ってスタートを待つことにしました。

 この日も天候が微妙で、スタートして間もなく霧雨が。
 トップ争いの634号車、21号車、11号車の写真を撮りつつ、スプーンから少しずつメインゲート方向へ向けて移動。
 スプーンから200Rのあたりはフェンスでコース内は見えないんですが、コースが近いこともあって音がすごい! これはかなり感動しました。

 スタートから二時間ほどが経過したあたりで昨日の四耐を戦ったありとーさん、そして初対面のフォロワーさんであるのどみおさんと合流。鈴鹿の入り口の方にあるパンケーキ屋さんでパンケーキを食いつつ、さらに合流してきた龍さんも交えて二時間近くのんびりとダベってました。

 さて皆さんと別れてコース戻り。時間は五時ぐらいだったでしょうか。
 ここからはまた東コース側、昨日は2コーナーとダンロップの二箇所でしか見なかったので、他の場所も回りつつ写真をパチパチと。
 撮影スポット的に気に入ったのはS字一個目。車体の内側から撮影できるのでライダーの体が撮れるのがいいです。個人的にバイクは外から撮るより内から撮るほうが好きなんですよね。
 観戦ポイントとしては、金網があって撮影には向かないけどコースとの距離がめっちゃ近いダンロップ後半。サーキット出口周辺あたりですね。
 目の前を駆け抜けるバイクが見れて大迫力でした。

 だいぶ日も落ちてチェッカーまで30分となったので、トンネルを通ってメインゲート方向へ戻りやすいダンロップ入り口周辺まで移動。ここならホームストレート上のモニターも見えるし…
 …と、席に座った瞬間に目の前でチームディライトのパニガーレ、森選手が逆バンクからの立ち上がりで転倒! しばらくライダーが起き上がれなくて心配しましたが、なんとかコース外へ退避。
 この転倒で今回の八耐初のセーフティーカーラン。
 …と見てるとなんと森選手がパニガーレに跨ってコース復帰! 周辺からも大きな拍手が!
 うーん、これが八耐だよねえ…

 そしてこのセーフティーカー明けに二位を走ってたFCC TSRのアンダーカウルが燃えるトラブルが発生! なんでもカウルに溜まったオイルにタイヤカスが引火したらしい…?
 タイヤカスが燃え尽きると火も消えたのですが、オレンジボールが掲示されたのでピットイン。これで11号車、カワサキチームグリーンが二位浮上!

 そしてチェッカー! 相変わらずのヤマハワークス21号車がぶっちぎりの速さを見せる中、昨年同様カワサキは二位表彰台を確保。
 順位を落とさないためにラスト2スティントを連続走行したハスラムニキかっこいい…!

Mixi1738

 この日の八耐は世界耐久選手権のタイトルを争う1号車にJSBルーキーでこれまた桶川出身ライダーの濱原颯道が大抜擢!
 しかしぼくらがパンケーキ食ってる間に転倒してしまった(すぐに復帰したみたい)様子…
 タイトルを逃したことと自身の転倒のこともあったのか、表彰台での姿をアップで撮ろうとズームしたら泣いてる…これはぐっと来ました。

 世界耐久選手権表彰式に続いての八耐の表彰式で笑顔を見せていたハスラムですが、脱水症状に陥ってたらしくその後の記者会見は欠席…したんだったかな。
 カワサキ二位確保のために頑張ってくれたハスラムに大感謝!

 鈴鹿恒例の花火が鳴り響く中帰路につきました。

 翌日は二見港のあたりを少し観光して帰宅~。18時ぐらいにおうちに着きました。

 いやはや、初めての鈴鹿!初めての八耐!!を堪能した四日間。
 ついでに言うと北海道ツーリングの経験はあるとはいえあちらは大洗からフェリー、陸路でバイクで走った距離としては過去最長となる今回のツーリングはとても楽しかったです!
 しかし鈴鹿はもっと遠いと思ってましたが、朝六時半ぐらいに家を出てお昼にはフェリーに乗ってたので意外と早い…? なんかこれならまた行けそうな気がしますw
 次は…自分の6Rで鈴鹿を走りたいなあ…

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

トミンBコース練習(バイク)

 Nチビの仕様変更を果たしたものの、現在の桶スポの新コースレイアウトではNチビで走ったことがないので過去のGPSログを持ってない。
 トミンBならこないだのミニフェスで走ってるので、データの比較のためにトミンBを走りに行ってきました。
 こないだの桶スポで半日持たずに電池切れになったラップタイマー、今回も一晩充電したんですが朝イチ起動するまえにすでに電池切れ…なんじゃこりゃ。
 このラップタイマー買ったときから微妙だし、こないだ使わせてもらった赤外線式のラップタイマーが良かったから買い換えちゃおうかなあ…でも発信機をサーキットに置き忘れそうなんだよなあ…
 と言うわけでタイムを計れない状態で、且つ最初の走行に15分ぐらい遅刻で走行開始。
 ここのところ、やっぱり車体のホールドが甘いから転ぶのかなー…と色々と試行錯誤してるので、タイムがわからないのは逆に幸い、タイムを気にせずに体の使い方を研究しよう…と。
 バンクの時にイン側の腰を前に出していく感じなのが前乗り気味になっちゃう原因かなー…と思ってるので、むしろ腰を後ろに引くぐらいのイメージで進行方向に正対するような感じに。
 おおー…なんか車体のイン側に自然に体が入ってこれはこれで新鮮な感じ…
 あとは、外足に重心の軸を残した方が体が安定するかもなー…と思い始めたのでそれもチェック。
 二本目の走行枠の後半で「右コーナーでは自然に外足の膝でタンクを軽く押してるけど、左コーナーではやってない」ことに気がついたのでそれも試してみたり。
 いや、左コーナーで外足の膝が開き気味なのもちょっと気になってまして…それが原因で車体のホールドが甘くなってるのでは?と。
 とにかくここのところはコーナリング時に不安なく走るにはどうすればいいのか、走るたびに転ぶ状況を打開するにはどうすればいいのか…がメインテーマで。
 三本目でそれなりにまとまってきたのと、20分連続走行したら疲労困憊したのでここで終了~。
 ホントはもっと走りこみたいところでしたけど、この暑さで体力を失うと明日からの仕事が心配…現に先週の桶スポで限界まで走りこんだら先週前半はずっと具合が悪かったし…
 さて帰宅してからGPSログを吸い出してベストタイムと最高速をチェック。タイムは五月のミニフェスの時と比べてコンマ7秒ダウン、最高速は3kmダウン…
 KSRのベストと比べると一秒遅いし、最高速もKSRより遅い…
 ただ、ログを見ると1コーナーの減速が少し早めな感じなので、そのせいで最高速が伸びてないと言う話も?
 実際、信号機側のストレートとか右ヘアから最終までのストレートとかでは以前と最高速変わらないし、むしろメインストレートよりバックストレートで最高速をマークしてるラップもあるし…
 今までつけてたチャンバーがだいぶ劣化してたのと、練習のためにノーマルチャンバーに戻したのがどの程度影響してるのかわからない(乗り方の変化にアジャストできてないってのも含めて)のと、レーシングプラグ装着&ジェネレータコイル除去による馬力アップの影響との兼ね合いがどの程度最高速に影響してるのか。
 さて走行後に最近色々とお世話になってるフォロワーさんに連絡するとまずファイナルを訊かれました。
 改めてアルフィンさんのサイトにあったトミンB攻略ページを見るとファイナルがロングすぎる…ノーマルチャンバーにした分一丁ロングの方が合うとはいえ、それでもロングすぎる感。
 いや、今まであまりファイナルってそこまで重視してなかったんですよね。って言うか自分のレベル的にまだそんなにファイナルの差が影響するようなタイム出してないだろうと。
 KSRは街乗りとサーキットで付け替えるのがめんどくさい…みたいな理由でファイナル固定してたし…6Rに至っては言わずもがな。
 でもここのところ教えてもらったことからすると、まず最初にファイナル合わせないと話にならない…ぐらいで基本的なセッティングなんですね。
 トミンBだと速い人で14-41丁(ちなみに今のNチビのセッティングはこれ)、初心者はまずは14-43丁から…ってことみたいですが、まぁ次にトミンBを走るのは10月のミニフェスだと思うのでひとまずは置いておいて、まずは桶スポ!
 ノーマルチャンバーだと14-40丁がオススメ…とのことなので、次回はファイナル合わせて再チャレンジですね!
 …そう言えばトミンAは手持ちのスプロケでファイナル合いそうだから来月のトミンAミニフェス参戦しようかなあ…あまり参加する気がなかったんだけど。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

軽井沢シンドローム(バイク)

 ※タイトルと本文は関係ありません。いや好きだけど。
 ここのところバイク旅への欲求が強い…と言うか、カメラ旅に出たい欲求が強いので、一昨日の火曜日に軽井沢までツーリングに行って来ました。
 今まで軽井沢と言うと観光客で混んでるイメージがあって、草津に行ったときとか近くを通ってもスルー…って感じでしたが、今回の目的は軽井沢オンリー。
 ぼく自身はほとんど軽井沢について知らないんですが、まぁタイトルの軽シンとかで見たイメージからすると、歴史があってお洒落な建物が多そうなイメージ。そういった建物の写真を撮りたいと。
 軽井沢公式サイトを見ると軽井沢駅前をスタートして二時間ぐらいで旧軽井沢と新軽井沢を一周する散策コースが紹介されてたのでまずはそれを回ってみよう…と行ったもののバイクを停められる場所が見当たらず、気が付いたら次の目的地に考えていた旧三笠ホテルに。せっかくなのでこちらを先に回ることにしました。

01

 外観からしてとても雰囲気がいい…いかにも明治大正の洋館という雰囲気。往年のパソゲー「琥珀色の遺言」とかを想起させるような。

02

03

04



 中もとてもいい雰囲気で片っ端から写真を撮りまくってきました。
 ここ数年、だいぶいい歳になったせいかやたらと古い日本の古民家に惹かれるものがあるのですが、これは若い頃からその傾向があって、さらに言うと和洋折衷で混在していた感のある明治大正の頃に若い頃から憧れがあるんですよね。
 このホテルはその憧れの場所に立ってる感があって、中を歩いてるときに猛烈な感動に襲われたりしました。
 さてそのまま目の前に入り口がある有料道路の白糸ハイランドウェイへ。
 ここ、ネットで見た感じでも有料にする意義がわからない普通の荒れた峠道…って感じでしたけど、実際に走ってもそんな感じ。
 ちょろちょろっと走ると白糸の滝に辿りついたのでバイクを停めて滝壺へ。

05

06

07



 平日でしたがそこそこの人手。ダイナミックな滝ではないのでめっちゃ感動!って感じでもなし。
 うーん、思えば今まであまり滝で感動したことはないかもな…そんなに滝が好きじゃないのかも知れんw
 さらに先まで走ってロマンチック街道経由で軽井沢戻り。これもメインの目的地に考えていたショー記念礼拝堂の近くに駐輪場の表記を見つけたので、とりあえずここにバイク置かせてもらおう…と、バイクを置いて散策開始。
 スタート地点は違えど結局は一周ルートなのでこれでいいかな、と。

08

09

10


 ショー記念礼拝堂は質素な教会。中も入りましたが(撮影は禁止)、ぼく、小学~中学時代に日曜学校には通っていたもののちゃんとした教会に入るのは初めてなんですよね。
 となりにあったショー氏の別荘を再現したショーハウスは和風の建物。当時の大工さんが建てたからかな。
 中も板張りで非常に質素でしたが、実際の建物内にはもっと家具とか、ひょっとすると絨毯とかもあったのかも知れませんね。
 そこから歩いて万平ホテルに移動…したものの、詳しく調べてこなかったのでなんだかわからないまま外観だけ撮って退散。

11

 今調べたらジョン・レノンゆかりのホテルだったのね…なんか資料館があるみたいだったからそこだけでも入らせてもらえばよかったか…
 さてそこから軽井沢駅方面を目指して別荘地の中を歩き始めますが、日曜のサーキット練習で熱中症気味になった疲れが出てきたのか気持ち悪くなってきました。
 どこかで休みたい…けど別荘地の真っ只中だから休めそうな場所もない…最悪道端の石垣に腰掛けるとか…
 とりあえず軽井沢本通りに出れば喫茶店の一つでもあるだろ…と本通りまで辿り着き、目に入った「ソフトクリーム」の看板に惹かれてお店の軒先でソフトクリームをもぐもぐ。少し元気出たかも…
 余裕があれば町並みの写真とか撮りたかったし、さっきの別荘地も雰囲気のいい場所はあったので写真撮りたかったですが体調不良でそんな余裕もなく。
 「腸詰屋」の看板を見て「とりあえず休みがてら飯でも食うか…」とソーセージ盛り合わせを食べながらのんびりしてるとだいぶ体調が回復してきました。
 元気が出てきたからこのまま雲場池まで歩くか!…と思ってグーグルマップを開いたら徒歩で15分とか書いてあったので挫折w そこまで元気が回復してないww
 とりあえずバイクを回収しつつ近くの聖パウロ教会でお地蔵様みたいなマリア像をぱちり。

12

 そのままバイクで雲場池まで移動して池を撮ったり鴨を撮ったり…

13

14

15



 さてさきほど軽井沢公式観光サイトを眺めていると、絵本の森美術館で不思議の国のアリス展を開催中との情報が。
 これまた若い頃から不思議の国のアリスは大好きですが、これまでの45年間の人生で「アリス展」と名の付く展覧会には一度しかお目にかかったことがないんですよね…
 これは絶好の機会!と言ってみることにしました。
 最初に第一展示室で常設展示(ピーターラビットとか)を眺めてから第二展示室のアリス展へ。
 うーん…思ったほどの規模ではない…けど、アリスに的を絞るとこんなものかな。もっと凄いものを期待してたけど…
 中庭にハンプティとかチェシャの置物が置かれてたのでその辺をぱちりぱちりと。
 この時点で四時半。そろそろ帰らないとですがせっかくなのでワインディングも走りたい…と碓氷峠へ。
 うーん…ここの峠道、回り込むコーナーが多い上に三つセットのS字が多くて忙しいな…楽しいけど。
 十年以上前に四輪のロードスターで初めてここを走った時の日記を読むと「いきなりカーブが多くてもうおなか一杯」みたいなことが書いてあって納得w
 数年前にTRXでも走ったけどその時の印象がないな…
 めがね橋で記念撮影。同アングルの写真をスマホでも撮ってツイッターに挙げたところ、なんだかやけにふぁぼが付きました。みんなそんなにめがね橋好きかw

16

 妙義から高速乗って八時半ぐらいにおうちに帰宅。ホントは二時ぐらいに離脱して夕方には帰宅しようと思ってましたけど、やっぱりいざ行くとあちこち行きたくなって遅くなっちゃいますね。
 今回のツーリングでも回りきれなかったところが結構あるので、また改めて軽井沢には行きたいですね。今度は草津とセットでもいいかな。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

新生Nチビシェイクダウン(バイク)

 先月の関東ロード後、Nチビの大幅な仕様変更をしました。
 まずは仕様変更って言うか「オイル入ってない」と言われたフロントフォークと「ダンパー効いてない」と言われたリアショックのオーバーホール。フォークは開けたらホントにオイル入ってなかったw<いやさすがに入ってはいたけど
 あとは練習のためと今まで付いてたチャンバーがだいぶ劣化してることもあって、ノーマルチャンバー戻し。これで練習してタイム出るようになったら周りがみんな使ってるリブラプロのチャンバー買おうかと。
 で、普通レース仕様では外すジェネレーターコイルが付いたままだったので撤去。CDIをNSR-miniからPOSHに変更して、プラグをレーシングプラグ&プラグキャップに変更。
 とりあえず先週イワイサーキットでシェイクダウンはしてきたんですが、やはり走り慣れた桶スポを走らないと差がよくわからないので行ってきました。

 新コースはNSRで走ったことがないのでKSRのベストタイムと比較。一本目は52秒6でKSRのタイムの1秒3落ち。
 ただ車両の様子を見つつ、乗り方も色々試行錯誤してることを考えると一発目としては悪くない。これなら二本目で自己ベストタイぐらいのタイムは出そう。

 二本目走行開始直後にシートがめくれてマトモに走れなくなったのでピットイン。とりあえずガムテで応急処置してコースインしましたが、バタバタしたせいもあって一本目よりタイム落ちた…

 三本目はお友達と車両をチェンジして走行。
 残り五分ぐらいでお互いの車両に戻ったんですが、ぼくのNSRシート高っっ!! シートの高さから来る不安感があって寝かせられない…

 お友達曰く「吹け上がりが遅い」と言うことで進角を調整してもらっての四本目。うーむ、ぼくにはイマイチ差がわからないぞ…w
 ちなみに三本目にお友達が乗ったときに今日のベストを微妙に更新されましたw

 お昼休みを挟んでの午後枠は台数が減って走りやすい状況に。お友達が待っててくれたので引っ張ってもらってなんとか今日のベストタイム52秒0をマーク。しかしまだKSRのベストよりコンマ7秒も遅い…
 ノーマルチャンバーになったことで一万回転以上が回らなくなり、変わりに下が八千回転弱から使えるようになったのでぼく的には乗りやすくなったのですが、タイムに結びついてない…

 さて乗り手の方の課題の一つ目は、ちょっと前から気をつけてる「バンクに合わせて肘を曲げることでハンドルを押さえない」こと。
 もともとイン側の手でハンドルを押して寝かすクセがあったんですけど、それだから腕に力が入るしバイクの自然な動きも妨げてるのでは?とちょっと前に試してみたらよく曲がる感があったので、これを気をつけてみようかな、と。

 二点目は、昨年末ぐらいから背中を伸ばしつつ上体を伏せていく動作でバイクを寝かしてたんですが、最近やたらと転ぶのはこのせいなんじゃないかと。
 なんかちょっとイメージしただけでもハンドルに体重が乗っちゃいそうな気がするし、バランスが前寄りになって前輪に負担がかかりそう。
 もともと6Rに乗り始めた頃に「バイク寝かせられない…あ、背中を伸ばしていくと寝かせられる…」と思ったのがきっかけだったんですけど、これってバンクが止まったところからさらに寝かそうとして考えたことだった気がする…
 こないだおおにしさんからも「バンクが止まったところからさらに寝かすのは転倒のリスクが高い」と言われたし、そのクセを今ミニバイクに持ち込むのが間違いだったのでは…
 思えばちょっと前に桶スポ8コーナーで「フルバンク時に体を沈みこませて頭を低くすると安心感がある」と感じたのですが、その時のイメージが↑と真逆に腰を引いて体を丸めるイメージだったので、今日試してみてこれで寝かせられるんならこっちの方がいいのかも…と。
 結論としてはどっちの乗り方でもGPSログを見るとバンク角的には変わらないし、どっちが寝かせられるってこともなさそう。
 これまたなんとなくイメージ的に前輪への負担が軽くなりそうな気がするので、とりあえずこれで行ってみるかな。
 仕事でレースやってるわけじゃないから少しでも転ばないような走り方をするのが理想w

 三点目は…これはあまり関係ないのかも知れませんが、もともと公道を走る時に脇腹を突き出すように脱力してカクッとバイクを曲げるクセがあって、これがサーキット走っててもブレーキを離した瞬間にやっちゃうので、なんかそれでバイクの挙動に悪影響与えてるのかも…?と。ブレーキ離した瞬間に転ぶこと多いし…
 なので、とりあえず体のアクションには出さずに自然に脱力するようにしてみました。

 やはりここのところやたらと転んでるせいで漠然とした不安感があってほんの少し攻め切れない感があったので、乗り方の変更は全て「こうすれば転びづらくなるのでは?」というスタンスでの変更でした。
 やはりまだおっかなびっくりやってるので、これが自信を持ってできるようになればタイムも上がってくるんじゃないか…と思ってるんですけど、さてどうなることやら。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

関東ロード第三戦!(バイク)

 今日は桶川スポーツランドの関東ロードミニ選手権第三戦!
 前戦から乗り始めたNSR-mini、ようやくタイム的にもKSRのタイムを上回るようになって慣れてきた感じ。
 しかしここのところ転倒が続いていて不安…特に水曜の走行では4コーナーで二度に渡りタイヤが滑ったような感じで転びそうになっただけに余計…
 これに関してはなんとなく解決策のようなものが閃いたので今回はそれを試してみることに。

 それは体の動かし方。前々回の練習の終盤で「頭と体を極力低くするとバンク角をさらに深くできる気がするし、なんと言っても安定感が出て怖さがなくなるかも」と気が付きました。
 水曜の走行ではそれを意識して、とにかくタンクに伏せる!を意識したんですが、単純に前に伏せることを意識したために車体のバランスが前寄りになってしまってリアが滑ったのでは…
 そう考えるとここ数年はずっと「バンクするに従って背中を伸ばして伏せていってお尻は浮いてくるぐらい」って乗り方をしてましたけど、それが理由でバランスが前に偏ってフロントからよくスリップダウンするのでは…?
 前々回の走行での「頭と体を低く」は前に倒したわけじゃなくて、体全体を下に沈み込ませるようにしたな…と先日寝起きに閃いたので、それが転倒回避のポイントになるかも?と試してみました。

 うん、やっぱり前々回はこうやって乗ってたな…感覚的にもバランスが良くて安心感が出るかも。

 だがタイム出ない。 

 もともと普段の練習でも朝イチの一本目とかはタイム出ないですけど、それにしても自己ベスト二秒半落ちは遅すぎる…まぁプラクティスの時間が5分しかないから6周ぐらいしか走れないにしても…

 ただ、同様に普段の練習では二本目からいきなり一秒ぐらいタイムアップすることが多いので予選ではそれに期待する!

 うーむ…自己ベストの1.2秒落ちまでは上げたけどどうも攻め切れない感が強い…特に9コーナーで減速しすぎちゃうので、それを反省して進入速度を上げると今度は怖くて寝かせられなくて曲げられない…
 どうにも上手く乗れん…

 予選グリッドは27台中22位。23位には謎のお友達ライダーUタロー村選手、24位にはこれまたお友達のうらカブさん。
 ついでに言うと20位のちく☆ちくさん&21位のりょうさんもフォロワーさんw
 初めてNチビでスタート練習した時はぽんぽんフロントが上がって怖かったんですが、数回練習してフロントが浮かないスタートをマスター。水曜のスタート練習でも問題なくスタートできたので自信を持ってスタート!

 ウィリーしたしwwww 

 まぁ一瞬ぽんと上がったぐらいだったのでそこまでロスにもならず、1コーナーに進入…したものの、前に詰まるし外には行き場所ないしでにっちもさっちも行かず、3コーナー(ミドルコース的には2コーナー)でも同じような感じで気が付けばほぼ最下位ww
 前はぼくより予選順位が後ろの人だったのでペース的にはこっちが僅かに速いけど、コンマ数秒差だけになかなか抜けない…しかし頭は抑えられてる状態。
 ホームストレートで後ろを確認するとUタロー村選手(仮名)に張り付かれてるしww

 前にも仕掛けたいけど後ろからは突っつかれると言う一番難しい展開…9コーナーでは鼻先ねじ込まれるし…w
 コントロールラインの表示で残り5ラップを確認…したあたりで3コーナーで大クラッシュが発生!
 どうも一台がブレーキングでジャックナイフ状態になってちくちくさんに追突して吹っ飛んだっぽい…? ライダーさん(どうやらちくちくさんのお知り合いだったみたい)は倒れたまま動きません。
 当然ながらこの区間は黄旗追い越し禁止。前回黄旗無視ギリギリのタイミングでうらカブさんを抜いちゃっただけに今回は気をつけないと…

 …って抜かれたし!!! 

 やはり倒れてるライダーさんを気にして前の人が若干抑え気味にコーナー入ってるけど黄旗区間だから抜くわけにもいかず、後ろにくっついて走ってたら黄旗が解除になる立ち上がりの瞬間で後ろの人に抜かれた…って、Uタロー村選手(偽名)じゃないじゃん。
 そのままそのライダーさんは前の人も抜いてってしまったので、その後もチェッカーまで引き続き同じ人とバトルしてしゅーりょー。

 うーむ…やはりタイムの近い人を抜くのは難しい…
 こないだ筑波1000を走った時はかなりペース差のある人が多かったので、コーナー進入前に少し間を開けておいてから旋回で追いついてその勢いで立ち上がりで並んでパス…みたいな抜き方をマスターしましたけど、今回は後ろにもくっつかれてるだけにそんなことしたら抜かれそうだし、そもそもそれをやっても抜けなそう。
 一回Ωだったかな?で相手の人がミスって大回りになったり、1コーナーで追いついて立ち上がりで一本内側のラインからかなりいい位置にくっつけたりもしたのですが、3コーナーで仕掛けられず…あそこはムリにでもブレーキングを遅らせてインに並べればもしかすると抜けたんだろうか…

 ともあれ、前に仕掛けるチャンスを伺いつつ後ろも気にしないといけないという難しくも楽しいレースを展開することが出来て満足。前回のミニフェスが人生初のリタイアだっただけに…

 そしてレース後に(って言うかレース前からすでに)みんなから「シートが固定されてないから走行中に取れそうw」「フロントフォークがのオイルが劣化しててバネしか入ってない感じw」「リアのダンパー抜けてるw」「タイヤ曲がって付いてない?」とか色々とツッコミが入ったので、ちょっとメンテ期間に入りますw
 いや、足回りのO/Hもしないと…とは前々から思ってたんですが、まだそこまでやばくはないだろう…と考えていたところみんなから「そこまでやばいよ!」って言われたので…w

 あと水曜の練習でリアが滑って車体のどこかを擦った様に感じたのは、アンダーカウルを擦ってるっぽい…?
 カウルを擦ってる音にビビって滑ったように感じたのか、カウルが接地したことで車体が浮き気味になって実際に滑ったのか…は不明。
 前者だったらとりあえずカウル擦るって前提で走れば気にならないと思うけど、後者だと転ぶ可能性が…
 頂いたカウルに車体下側のステーに止める穴が開いてなかったので下を止めてなかったんですが、車検でちょっとチェックされたのでここにもドリルで穴を開けて固定を…
 しかし今の全てのステーが曲がりまくった状態だと正確な位置を決められないから、とりあえずカウルステー類を全部新品にしよう…

 乗り手のスキルアップも急務ですがそれより車体をなんとかしないといけない部分が大きいので、今週来週あたりでせめてフォークオイル交換とカウル類の調整はしたい。
 できればリアサスもO/Hに出したいけど…

 そしてレース中にうらカブさんが今日の予選でマークした自己ベストをさらにコンマ6秒詰める47秒4をマーク!
 ぼくのベストタイム46秒7とコンマ7秒差まで迫られてるのでぼくもうかうかしてられない…
 色々とやる気が出るレースだったのでこれからも頑張るぞー!

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

関東ロードまであと4日(バイク)

 …と言うことで桶スポに練習に行ってきました。

 埼玉はそんなに降らなかったんじゃないかと思いますけど、やはり雨の影響で朝のコース上はところどころウエット。
 ミドルコース1コーナーのイン側にところどころ水溜りがあるのと、8コーナーのクリップ付近、ちょうど走行ライン上が水溜り。あと9コーナーの寝かし込み始めたいポイントがコースを横切るようにウエット。
 一本目は濡れてる部分は流して走って乾いてる部分で体の使い方の研究。こないだ脇を閉めるように肘を下方向に曲げながら寝かしこんで、フルバンク時には頭をめいっぱい低くすると安心感が出てバンク角も深くできるように感じたのでそこをチェック。
 うーん…どうなんかな…一周トータルのタイムが取れないから上手くいってるのかどうか…

 とかやってると一台転倒。8コーナーの水溜りを通過した瞬間にコケたっぽいですが、ただ通過しただけでコケたのか、そこでスロットルを開けて滑ったのか…
 コース脇に落ちた衝撃で背中か腰あたりを打ったのか、ライダーさんがしばらく動けない状況…鎌田さんが救護に行くとなんとか自力で起き上がって歩き始めました。よかった…
 ひとまず一本目はそこで終了。

 続く二本目ではだいぶ乾いてきたこともあり、自己ベスト二秒落ちの48秒台までタイムアップ。
 三本目でようやく47秒台に入れて、またちょっと腕に力が入ってる??と、意識して肘を曲げるようにすると今までよりよく曲がる感じ…

 …って言ってたら4コーナーで滑ったよ!!!

 なんかブレーキ離してフルバンク状態でスロットルも開けずに向きが変わるのを待ってたところで、速度が落ちてクッと曲がりが強くなった直後にリアが滑って転びかけたような…
 車体のどこかが接地したおかげで立て直したように感じましたが、ピットに戻って確認するとどこも擦ったような形跡はなし。おかしいな…

 午前枠ラストの四本目でも引き続き腕を曲げて力を抜くことを意識してみると、また同じ様に4コーナーで滑った…
 今回はどこかから「ドドドド」って音がしてまた何か接地したような…タイヤが滑った感触と音なんだろうか…
 気持ちが萎えたのでピットイン。三本目で滑ったことでだいぶ萎えてはいたんですが、そこから気持ちを立て直す練習として三本目後半、四本目を走ってたものの、ここで完全に萎えたので本日の走行終了~。

 ピットに戻ってからバイクに跨って肘を曲げる動きを再現すると、ちょっと必要以上に内側に曲げすぎか…? なんかその影響でハンドルのバーエンド近くを下へ押し込む力が働いちゃってるような…よく曲がる気がしたのはそこで入力しちゃってるせいで、またそのために転倒しそうになるのか…?
 でも4コーナー以外では「よく曲がる」っていうメリットしか感じないのでいいのか悪いのか…
 4コーナーのブレーキング開始が早すぎてリリースも早くなり、フルバンク状態で待ちの時間が長くなってしまうのがやたらと4コーナーで転倒する原因では?と、ブレーキングポイントを奥にしてリズムを変えてたんですが結局同じ様に滑った…
 そこまで意識しないで自然に肘を曲げることだけ意識した方がいいのかなあ。
 あるいはそれで体が前に行っちゃってリアのグリップが不足するとか??
 そもそも滑ったと感じた挙動は本当に滑ってたんだろうか…
 ちょうど補修路面の上を通過するぐらいのタイミングだから、何か路面の影響が…?

 疑問点ばかりが残ってしまったので関東ロード本戦に向けて不安が残りますが、余計なことを考えずに今まで通り普通に走れば大丈夫じゃないかと思うので、ひとまず関東ロードは無難に走る方向で。
 今日感じた数々の疑問点とタイムアップは今後の課題として長い目で対処することにします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧