バイク

2017年5月21日 (日)

桶スポで芋洗い(バイク)

 今日の桶スポはSSKillers一週間前と言うことで午後は大型オンリーのタイムスケジュール。それに合わせてフォロワーさんがいっぱい練習に来るみたいなので、みんなを撮影しつつ午前のミニバイク枠走るかー…と桶スポ行き。
 …の予定だったんですが、一ヶ月ちょい前にオーバーホールに出した6Rが戻ってくることになったので、午後はソッコーで引き取りに行かねばならず、撮影は断念…

 いそいそと走行準備してると…おわあキャブがめっちゃオーバーフローしちょる!!!
 キャブを開けてみましたが特に組み間違えてるトコはない…問題があるとしたらフロートだけど見た感じは特に…
 再チャレンジしてみるとやっぱりオーバーフローする…とりあえずフロートを組みなおしてみたら直りました。なんじゃ…?

 時間ギリギリになってしまったので慌ててラップタイマーのセンサーをカウルに貼り付けてると…おわあ気が付いたら小指をエキパイに押し付けてたYO!!!
 火傷しちゃった…痛い…

 とりあえず一本目の走行枠に5分遅れぐらいで間に合ったのでコースイン…しましたが、めっちゃ混んでる…
 ビギナーさんっぽい車両の後ろで様子を伺ってた6コーナーでイキナリ後ろから速い車両にインに入られる。
 びっくりしてブレーキレバー引いちゃったせいで車体が暴れて転倒は回避したものの真っ直ぐエスケープゾーンへ。
 車体が暴れたせいで火傷がグローブに擦れて悪化w

 結局今日はずっとこんな感じで、ペースの遅い車両の様子を見てると速い車両がインに入ってきて、前後に気を遣うから気疲れする…
 クリアラップもほとんど取れないので自己ベスト一秒落ちの47秒7をマークするだけでせいいっぱい。

 水曜の走行から色々考えて「もしかするとぼくが出来てなかったのはココなのでは?」と思うポイントが見つかったから改善したかったのですが、言うは易しでなかなか…
 空いてる状態で試行錯誤しつつ試せればなんとかなるかと思うんですが、今日の混雑っぷりでは何も試してる余裕がない…

 唯一矯正したポイントは左手の握り方。もともと小指側の腹をハンドルの上に乗せて押さえ込む動きで寝かしこむクセがあるんですが、どうもそれで腕に力入ってる気もするし、肘も閉じれないしでちょっと握り方を変えてみようかと。
 矯正自体は意識しさえすれば簡単にできたんですが、やっぱり寝かしこむ動作が一つ減るので今までほど寝かせられない。でもその分他のところでカバーできれば…

 ま、このクセが良かったのか悪かったのかわかりませんが、なんとなくぼく的には直したいポイントなのでこれはこれで。

 さて午前の走行を終えてからいそいそと自宅に戻り、軽くNチビの整備をしてから6Rを引き取るべくバイク屋さんへGO~。
 受け取ってエンジンをかけると…ん? なんかチョークの反応がおかしいな…
 走り出してみてもアイドリングが低い…って、信号待ちで止まったらエンジンも止まった。
 うーん、信号待ちのたびにエンジン止まる…回転落ちないように軽く煽ってれば大丈夫だけど…
 アイドルスクリュー回して回転上げてみてもダメ…って言うか、これまた反応がおかしい。
 しばらく乗ってなかった上にエンジンもバラしてるからそのせいかしら…と、ひとまず慣らしのために首都高を大きく回ってきました。軽く100km程度。
 走行中は以前よりスムーズになった感じで調子いいのですが、首都高下りたら最初の信号待ちでやはりエンスト。車両は動いてたんですがやっぱりクラッチ切った瞬間に回転落ちてエンストする…
 動きながらセルを回して再始動してそのまま右折。
 とりあえずこれに関してはバイク屋さんにメールしたので返事待ちです。

 それはさておき、およそ一ヵ月半ぶりに乗った6Rはめちゃめちゃ楽しい!
 …って言うか、この一ヶ月Nチビで走りこんだことで6Rに乗るときのライディングフォームも変わったのが面白い。
 しばらくの間は下手に6Rでサーキット走らずにNチビで走りこみ続けた方が6Rの乗り方も劇的に変わりそうで面白いかも知れませんw
 KSRではそこまで6Rに影響出なかったのはやはりタンク形状とかライディングフォームが大きく違うからでしょうね。比較的ライディングフォームの近いNチビと6Rだとお互いに影響される感じで。
 とりあえずこのままNチビで走り続ければ6Rも上手く乗れそうな気配が見えてきたのでがんばるぞー。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

久々に桶スポ(バイク)

 …と言ってもほぼ週一ペースでサーキットに行ってはいるんですが、前回はミニフェスでトミンB、その前は筑波1000だったのでおおよそ一ヶ月ぶりの桶スポです。
 前回のミニフェス時にフォロワーの3MAさんからスロージェットが濃すぎると指摘があったので、NSR-mini標準の42番からNSR50標準の(そしてミニフェス主催のアルフィンさんのセッティングガイドでも標準の)40番に変更しました。
 支度が間に合わず午前1枠目は3周ぐらいしか回れなかったんですが、今まで5000~6000回転あたりに引っかかりがあったのが解消されてスムーズに回るようになりました。

 2枠目までの間に滑り止めステップバーをゲット。いや純正のステップ雨の日とかツルツル滑るので…
 これが大正解!めっちゃ乗りやすくなりました!

 …さて今日の桶スポはビギナーさんが多かった(レン耐の練習っぽい)ので、いつもよりクラス分けの基準が下がって48秒がボーダー。
 自己ベストは46秒7ですが色々様子を見たかったのでまずは初級枠を走行…
 ここでフォロワーのよしさんから「初級枠走ってる場合じゃないでしょw」的ツッコミを受けたので三枠目からは中上級枠を走行。

 ここでようやくエンジンかかってきてほぼ自己ベストタイとなる46秒79をマーク。速い人のお尻を追いかけて高速の1コーナーに進入…ってコケたー!!!! 
 バイクと一緒に仰向けで路面を滑走…おおぉMotoGPみたいだww

 …とか考えながら滑ってる余裕がある程度には無傷。よく見りゃバイクも無傷。
 KSRが頑丈だと思ってたけどNSRも頑丈ね…

 全く大丈夫そうなので4枠目も走行。…がやはり1コーナーでビビってるせいかタイム伸びず…ここで昼休み。

 正直この落ちたメンタルで午後枠走って意味があるのか迷いましたが、ぼくの師匠のお一人であるT-る先生に課せられた課題をまだ全くこなしてなかったので、午後枠はそれをこなすべく走行。
 「クリップをインから30cm離して走ってみたらどうなるかやってごらん」がテーマでしたが、今までインに付いてたポイントでは30cmぐらい離して旋回してるけど、その後インに寄ってって今までより奥のポイントで縁石にくっついちゃいます。
 ふーむ、こうするとクリップを奥に取れるのか…

 まぁでも速い人の後ろについて走るとこんなライン走ってる人もいないし、まぁハズレのラインでしょうねw
 ただ、今までよりスロットル閉じたままインに付くのを待ってるから遅いんであって、今までと同じポイントで開け始めればそんなにロスしないのかも。
 内側に一台入られて併走するときに使えそうですね。

 そんなことを試してると、どうもブレーキ離してからスロットル閉じて待ってる間に手でハンドル押さえつけてバンク角を増やしてラインを調整してるような…??

 とか考えてたらまたコケたー!!! 今度は4コーナー。
 なんかコケる瞬間にイヤな予感はしたんですよね…あぁこれコケるパターンや…みたいな。記憶違いかもしれないけど。
 4コーナーでは一日に二回コケたことがありますけど、なんかその時と同じ…ブレーキ離してスーッとバンク角が深くなったところでフロント切れ込むような…

 バイクを見たらブレーキペダルが曲がったもののエンジンかかったのでそのままピットまで走行。

 さすがに一日に二回転ぶとだいぶ心が折れるので、それでも気力を振り絞って3枠目まで走ったものの47秒にもほとんど入らない状態で終了…
 ビビっちゃって突っ込めてない…と思ってましたけど、家に帰ってからロガー見たらどっちかと言うと開け始めが遅くなってたっぽい。まぁビビッて寝かせられない→曲がらない→開けられない…の悪循環だった可能性もありますが。

 …とまぁ色々なことがあった今日の桶スポ。それでも午前枠で早々に自己ベストタイが出たのには満足。そしてちょっとしたテンションダウンで軽く1秒以上タイムが落ちることがわかったのも収穫。
 一秒遅いと「なんでや…」って気分になりますけど、意外とちょっとしたことでこれぐらい変わるんだなー…と。
 あとはまぁちょこちょことした課題があったんですけど、それに関してはまずまず確認作業ができたし、結構一日を通して楽しく走れたのでまぁ結構いい一日だったかな。

 さて日曜にもう一度桶スポ走りに行くつもりですが、そろそろタイヤが終わりかけてるので日曜の午前中走ったらタイヤ換えたい…

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

みに☆ふぇす!(バイク)

 ちょっと萌えっぽい感じでアレンジしてみました。>タイトル

 さて先々週の桶スポでミドルコース自己ベストを更新したことでようやくNチビの乗り方がわかってきた感じです。と言うか、速く走る上での基本的なポイントがようやくわかったと言うか。
 そういう意味で迷いがなくなったので、もうコーナーはKSR時代と同じペースで走れるはず。そしてNSRの方が直線が伸びることを考えればここからは自己ベストを更新していけそうです。

 …と言うわけで二ヶ月ぶりのミニフェスには自己ベスト更新の絶対的な自信とモチベーションを持って臨みました。

 …アレ、バイクの調子悪い??

 一本目走り出してみるとどうもクラッチの繋がりが悪い…クラッチが滑ってるような…半クラで繋いでるような…
 一本目の走行を終えてピットでうーんうーんと考えてるとお隣の3MAさんが「クラッチレバーの遊びがないですよ」

 はっそうか! こないだレバー外したけど遊び調整してないんだっけ!!

 いそいそと遊びの調整をして二本目走行開始。うーん一本目のポカで駆動系にダメージ行ってないといいけど…
 二本目は気持ちよくエンジンが伸びるようになりましたが、タイムは一本目からコンマ1秒速くなったのみ…まだ30秒03とKSRの自己ベスト29秒6に届かないばかりか30秒も切れない…

 一本目が普通に走れててこのタイムなら「どこが悪いんだろ?」と考えて二本目に臨めたんですが、クラッチ不調の影響でタイムが出なかったと思っちゃったばかりに対応が後手後手に…
 午後の三本目を前に3MAさんからアドバイスを受けたのですが、どうもそれを意識しすぎちゃってるのか二本目よりタイムを落として30秒3がやっと…

 決勝レースを前に3MAさんのアドバイスを受けてキャブセッティング。ついでにGPSログを確認してみると…おお、一周だけ29秒6が出てる!
 速度ログを確認してもほぼ全てのコーナーでKSR時代より速い…しかしその割にその後の速度の伸びはKSRと変わらない…
 そして決定的なことにトミンBの特徴的かつ特異なセクションであるクランク区間がKSR時代と比べて圧倒的に遅い!
 ストレートエンドでコース最高速をマークしたところからスロットルオフで飛び込む高速セクションだけに、慣れと度胸が試されます。どうもここがKSR時代ほど思い切って走れてないみたいだ。
 そういや桶スポ旧コース1コーナーもKSR時代より大幅にコーナリングスピードが落ちてるし、なんか高速度胸試しみたいなコーナーが遅くなってる?
 うーん、KSRよりNSRの方が着座位置が低くて目線が地面に近い分速度が高く感じちゃうとか…?

 ひとまず決勝レースでどうこうできる問題でもないので、とにかく決勝は全力で走るのみ!
 フリー走行中にエスケープゾーンの隅っこでスタート練習したおかげで、スタートは普通に決められそうな自信が付きました。

 いよいよスタート…あっ、シグナル消灯の反応が遅れた…なんか一瞬ボーっとしてしまった…
 とは言え、ホント一瞬のことだったのでまあまあ無難にスタート。ちなみにくじ引きのグリッドは13番だったんですが、グリッドに付けない車両が結構いたのか8番グリッドに繰り上げになってました。

 スタート直後の1コーナーは非常に苦手…いや、ムリしてぶつかって怪我したら明日の仕事が…って考えちゃうじゃないすかw
 1コーナー、2コーナーはとにかく他車と当たらないように無難にクリア…現在の順位は多分最下位w

 集団の後方にくっついたまま二周目へ。1コーナーで前のバイクがはらんだのでチャンス!と思いましたが並べないまま2コーナーへ。
 二台前のアプリリアのツナギ着た人が他車とぶつかってあやうく転倒…立て直したところにぼくの前にいた人がぶつかってしまって転倒…
 なんとか避けようとしましたが避けきれず転倒車のタイヤにヒットしつつコースアウト…
 いい感じの衝撃でしたが転ばずに済んだのでコースに戻って様子見ながら走行開始…って振り向いたらぼくのカウル落ちてるじゃん!
 うーん、このまま走れるかな…と思ったらスタートライン手前でオフィシャルさんに指を指されたので「あー…マシントラブルによる黒旗かー…」と察してそのままエスケープへ。

 しゅーりょー…

 悔しいと言うか残念と言うか、なんともつかない感情でレース後30分ぐらい呆けてましたが、まぁこれもレースですよね…
 ほぼ毎月レースやってて今までリタイヤしなかったのがむしろラッキーなのかもしれない。
 レース観戦ファンからレースに憧れてミニバイクレースに参戦した身としては、むしろこれもレースの醍醐味としていい経験できたと思うべきなのかもw

 レース後に転倒した方が「ぶつかっちゃってすいません…」って謝りに来てくれましたが、いやいや全然気にするところじゃないっす!
 今回の件はホント誰もミスらしいミスはしてない(接触はある程度仕方ないですし)文字通りのレーシングアクシデントなので、ホント誰が悪いわけでもないです。
 ムリにインに入ってきてぶつけられたとかだったらマズいけどw

 そんなわけでタイムも目標タイムに届かなかったし決勝も二周でリタイヤを散々な一日でしたが、前述のようにコーナリングスピード自体はKSR時代より上がってるところに光明を見出せます。あとはさらにブレーキングと立ち上がりを詰めていければ…
 キャブセッティングも濃すぎる(スローが)ことが判明したので、こないだジェット類はいっぱい買ったしちょっとリセッティングしてみましょう。
 …いや、スロージェットは買いそびれた気がする…

 あとは壊れたカウルもなんとかしないとですが…みんなから色々と声をかけてもらったのでなんとかなりそうです!
 ひとまず関東ロードまではまだ間があるのでその間に直していきます。

 最後に恒例のレース車載動画を。振動がひどいので乗り物酔い注意!

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

フェリーに乗って房総へ(バイク)

 ゴールデンウィークは年間通しても滅多にない三連休。せっかくだからどこか遠くへ旅に…出たかったのですが、6Rはオーバーホール中。
 KSRで行くとなると高速が使えないだけにあまり遠出はできません。定番の宮ヶ瀬、奥多摩、箱根、山中湖…
 でも旅気分を満喫したかったのでできればあまり行ったことないところに行きたい。そういえば横須賀のあたりから房総半島へフェリーが出てたはず…?
 近年人気の濃溝の滝とか行ってみたいし、ネットで検索したら沖ノ島とかも良さそう。よし房総行くか!

 まずは朝七時に家を出て一路久里浜を目指します。
 途中でトイレ休憩を挟んだものの、予定していた8時半には久里浜着。9時25分のフェリーに乗りたかったのでタイミングバッチリです。

01

 …とは言うもののすでにいっぱいバイクが並んでたので、すわ乗り切れないか…?とちょっと心配になりましたけど。

 久里浜から金谷までは30分少々。せっかくなので甲板に出て写真撮ってました。鳥とか船とか。

02

 そうそう、今回旅に出たかった理由の一つは写真撮りたかったからなんですよね。数年前に買ったソニーの三万弱のコンデジが扱いが悪くて液晶壊れちゃったので、新たにパナソニックの六万ぐらいのコンデジ(TZ85)をゲット。コンデジとしては中級ぐらいのグレードになるのかな?
 カメラ好きの人から見たらめっちゃ安いんでしょうけど、ぼく的にはだいぶ勇気の要る金額。光学30倍と言う今まで使ってたデジカメの三倍のズーム性能もほとんどカメラに接したことがないぼくには衝撃的。
 高校時代にカメラに興味を持ってCANONのEOSをおとんに買ってもらったものの、やはりフィルム代もかかるしあまりぱしゃぱしゃ撮る気にもならず、フィルム数本分ぐらい撮っただけでお蔵入り。
 15年ぐらい前、ロードスターを買った時に旅行先で撮ろう…とデジカメ買いましたけど、それが壊れてからは前述のソニーのデジカメ買うまでは携帯でパシャパシャ。
 でも今回はせっかくそこそこの値段のカメラを買ったんだし、活用してやろう…と。

 金谷港に到着してまず目指したのは沖ノ島。海岸沿いを進むだけなので特に迷うこともなく到着~。現地は潮干狩りの人たちで溢れてました。
 島の中には戦時中?の遺構があるとのことだったので、ぼくの目的はそれを撮ること。

 …うーむ…島の中はルートが枝分かれしててイマイチ道がわからん…油断するとすぐ海岸に出るし。
 とりあえずぱちり。

03

 その後島の中を彷徨ってると何箇所かそれっぽい場所を発見しました。

04

05

06

 うーん、とりあえずこんなもんかなー。

 滞在時間は一時間ぐらいですかね? 沖ノ島を後にして次は濃溝の滝を目指します。

 …の途中で道の駅みよしに立ち寄ってビンゴバーガー食いましたw 房総に来るとつい食ってしまう…
 房総に来たのは6回目ぐらい?ですけど、最初の二回ぐらいは海の幸を食べたもののそれ以降は毎回ビンゴバーガー食ってる気がするw

 腹も膨れたので出発~。昼の時間は外れてたとはいえまだだいぶ列が出来てたので、小一時間滞在してしまいました。

 googleマップではもっと楽な道が指示されてましたけどせっかくだからワインディングを走ろう…と88号から89号を経由して目的地へ。

 現地に着くと観光旅行の一段が…ううぅ人が多い…
 ちょっと離れたところを歩いてましたが、濃溝の滝に着くと人がごった返しててなかなか撮影ポイントに近づけません…
 なんとか隙を見はからって数枚ぱちり。

07

08

 うーん…ネットで見ると凄まじく幻想的な場所でしたけど、実際に見るとそれほどでも?
 確かに印象的な場所ではあるんですけど、やはりライティングとか色々と条件が重ならないとあそこまでインパクトのある光景にはならないんですねえ。

 ひとまず目的は達したので一路金谷港を目指します。
 いつぞやは気が付いたらもと来た方向へ戻っててガソリンが危なくなった…ってことがあったので、今回は分岐ポイントで逐一マップを確認…

 …したにも関わらずもと来た方向へ戻ったww なんか房総の道ってわかりづらくないすか…
 まぁ房総に限らず山の方ではよくあることか…
 6Rで走ったいつぞやと違い極めて機動性の高いKSRだったので道を間違えても戻るのは楽々。

 金谷港の手前で温泉の看板を見て寄ろうかと思ったんですが、かなり気温が落ちてたので湯冷めすると困るし…と回避。そのおかげでまさに17時半出航の便が着岸する直前に金谷港着。どんぴしゃだ!
 帰りは寒かったので船の中でコーヒー飲みながらぬくぬく。

 久里浜に着いてから行きに撮りそびれたフェリーの写真を何枚か撮ったあとで帰路につきました。

09

 自宅に着いたのは20時ぐらい。総走行距離は250km弱…かな。

 機動性の高いKSRの方がなにかとツーリング先で動きが取りやすくていいんですが、アクアライン通れないし房総はムリだな…と諦めてました。
 しかし今回フェリーで行ったら思いのほか快適だったので、房総ツーリングは今後もKSRで行ってもいいかも知れません。特に南房方面を回るならアクアラインよりアクセスいいですし。
 6Rで行くなら…微妙だな。浮島ICの近くに住んでるぼくとしてはアクアライン使った方が速いかも。
 ひとまず写真旅行を満喫できました!

| | コメント (0)

2017年4月30日 (日)

Nチビで筑波1000(バイク)

 ツイッターでフォロワーのはやさんが「29日筑波1000」とツイートしてました。って言うかアカウント名に入れてた。
 スケジュールを確認したらこの日はイベントとかじゃなくて通常のフリー走行。午前中がミニ枠で午後は(主に)大型枠。
 せっかく筑波ライセンス持ってるのに昨年二回コース2000走っただけだし、勿体無いからNチビでコース1000走りに行くか!
 …と思ったら翌30日がコース1000で開催されるミニバイクレース「モトピクニック」の日なのね。
 前日練習で混みそうだなあ…と思ったけど一枠の定員が40台と非常に多かったので、これなら定員オーバーで走れないってこともあるまい…と言ってみることに。

 コース1000はお友達の主催する走行会で一回(車両は6R)と、お友達のチームで参戦したレン耐で一回。あともう一回…なんか走ったような走らないような。
 ちなみに四輪でもロードスターで一回。

 桶スポやトミンBと比べると高速コースと思われるのでギア比が合わないかなー…と思ったけど、特に問題なく走れました。もしかするとドリブンがあと一丁ぐらいロングでもいいかも。

 初めてと言うことで四クラスのうち一番初級のB枠をチョイス。多分その一個上のA枠を走れるぐらいのタイムは出るだろうけど、コースもよくわからないしね。

 タイム出ねえ。 

 43秒フラットからはこのB枠なんですが、44秒フラットしか出ない!
 ただ、台数自体は10台程度と多くはないものの結構ペースの遅い車両に詰まってしまい、さらに慣れてないコースだけに抜き方もよくわからん…って感じだったので、まだまだ詰められそう。

 二本目もB枠。ここでようやく43秒台、43秒352をマーク。
 三本目にもうちょっとタイムアップして43秒069まで上げましたが、午後の四本目ではそれにも届かず、結局A枠基準タイムにはコンマ07秒届かず仕舞い…意外と足きりライン高いな…

 大きな詰めどころは6速全開で入る高速の1コーナーと高速右複合の最終コーナー。ここの走り方で大きくタイムが変わると思うんですよね。
 1コーナーは…全開で入るのが怖くてうっすらと戻し気味になっちゃうんですが、まぁそこそこ走れるようになったものの、最終は攻略しきれず…多分5速全開で入れると思うんですけど、スロットルオフで入っちゃう。
 その前の左複合も一個目は全開で入れそうだけど、軽いブレーキをきっかけに進入。いや、一個目を全開で入ると二個目を曲がりきれる自信がなくて…w

 この辺を詰めればまぁまぁA枠のタイムは出せると思うんですけど、40秒切りは遠いな…

 こないだの月曜に走った桶スポの直前、師匠のおおにしさんに相談したおかげでいくつか迷いがなくなりました。
 って言うか四年前ぐらい、6Rの自己ベストを大幅に更新したのをピークにガタガタとタイムが落ち始めた理由は余計なことを色々考えたせいだったみたい…
 シンプルにガツッとブレーキ掛けてガバッと寝かせてグワッと開けて…とやり始めて以来走りやすくなりました。考えることがシンプルだから迷うところも少なくなるし。
 あとはこの基本を間違えずに各所をブラッシュアップしていければ…
 そうそう、これだけシンプルに走りに専念すればコース攻略の組み立ても考えやすくなりますしね。

 Nチビで走ったコース1000の感想としては、とにかく速度域が高いのと旋回時間の長いコーナーが多くて楽しい! まさにその二点が難しさでもあるのですが、桶スポやトミンBでは経験できないコーナーばかりで、こういう言い方で正しいのかわかりませんけど、いい気分転換になりました。
 あとは色々抜き方を考えて走ったので抜き方が少し上手くなったかもw
 桶スポ、トミンBと左回りのコースばかり走ってるので、たまには右回りも走ってタイヤの右側減らさないと…w

 さて午後は大型枠を走るお友達の撮影班に専念。今日はフルチューンカタナ(なんかすごい金額かかってるみたいw)のでかたなさんとZXR400のはやさんが参加。
 …と思ってたらとてもAX-1には見えないAX-1乗りのtkさんも発見w

Mixi1680

Mixi1681

Mixi1682

 tkさんのタイムは聞かなかったけど、でかたなさんが38秒台、はやさんは二本目の報告では39秒台…その後三本目でどこまで伸ばせたか。
 なんかお二人の周りの人たちも36秒とか37秒とか言ってて、一度6Rで走った時にかなり頑張って41秒しか出なかったぼくには雲の上の話だ…
 今走ったら…どうかな、このタイム出した頃って一番6Rでタイムが良かった頃なんですよね。
 まぁ↑で書いたポイントに専念しつつ、この二年間ミニバイクで培った経験を活かせば…40秒台は出せるかも知れないけどそれ以上はムリっぽいw
 ちなみに大型枠は43秒を切ると上級枠なのでぼくのタイムでも普通に上級枠走れたりしますw
 なんか上級枠と初級中級枠って分け方だけど、むしろ上級中級枠と初級枠…って気がする。

 そんな感じで初のミニバイクでコース1000は期待してたタイムまでは出なかったものの凄く楽しかったので、今後もスケジュールの都合がつけば走りたいところ。
 問題はほぼ毎日走れる桶スポやトミンBと違って月に数日しかフリー走行の日がないことですね…

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

自己ベスト更新DA!!(バイク)

 昨日は奥多摩にツーリングに行ってきました。まぁツーリングって言うよりお友達とダベりに行ったんですけどw
 冬の間はさすがに奥多摩走れなかったけど、ようやく暖かくなってきたので今年初走行…ってことで。

 その奥多摩の行き帰りで疲れきってしまったので今日予定してた桶スポ練習はどうしようかなあ…と思ったんですが、やはり今は毎週走りこみたい!ってことで、でも朝起きるのは辛いから午後枠走ってきましたw

 その前に、昨晩ぼくの師匠のおおにしさんがJSBライダーしんいちろーさんからぼくが譲ってもらったタイヤウォーマーを預かってきてくれて、我が家まで届けにきて下さいました。
 その際にここのところ考えていたライディングの疑問を全部相談。一時間以上つきあってもらったおかげで気になってた点は全部解決しました。
 なので、今日はその教えに従って練習してきました。

 桶スポに着くとNSRのエンジンがかからない…今朝方キャブを清掃してから来たんですが、その際に組み付けを間違えてしまい、スタッフの鎌田さんに直してもらいました。
 最近毎度毎度鎌田さんのお世話になってる…

 一本目の走行枠のラスト5分に滑り込みで走れたので走行。アレ…六周しか走ってない割にもう先週のベストのコンマ8秒落ちが出てる…?
 二本目は本格的に走行。順調に47秒前半まで詰めて…あっ46秒台! 46秒台出たでしょ今!!!

 ピットに戻ってタイムを確認すると終わり間際に二周連続で46秒7が出てます。
 前回のベストよりコンマ5秒近いタイムアップにして、ついにKSR時代の自己ベストをコンマ3秒近く更新! な‥長かった…
 NSRに慣れればKSRと同じスピードでは曲がれるだろうし、直線はNSRの方が速いんだから自己ベスト更新は楽々…そう思っていた時期が俺にもありました。

 これで満足してしまったのと、三本目の3コーナー(ミドルコース的には2コーナー)でスリップダウンしたこともあって三本目はタイムアップならず。
 四本目もコースインはしたものの転倒でビビりモードに入っちゃってテンション上がらないので五分走って早々に切り上げ。

 転倒の原因は…なんだろう、ブレーキ握りすぎたかな。
 この前のラップでも一瞬フロントが切れ込んだ気配があったんですが、同じ様に走ったら今度は完全に切れ込んで転倒。
 コレ、ミニフェスの時にトミンBの奥の左コーナーでコケた時の感覚に近いなあ…もうブレーキ離さないと…と思った瞬間に転ぶって言う。
 ブレーキを握りすぎてるから転ぶのか、そう思ったことで何かヘンな操作をしちゃってるのかは不明ですが…

 そういや左コーナーが割とフルバンク付近までブレーキ握ってるのに対して右コーナーは早い段階でブレーキ離しちゃって惰性で旋回してるうちに速度が下がってバンク角が深くなって…みたいな感じなんですよね。
 これはこれで良くない気もしますけど、そのせいか右の転倒率の方が低いような??
 実際のところブレーキ握りすぎてるせいで左コーナーが遅いようにも感じてるので、ちょっとこの辺は要検証ですね。

 左右の差と言えば…KSRの頃から右はステップ擦るまで寝かせられるのに左はそこまで寝かせられませんでした。
 今日走ってる時にふと「左の方が外足のホールド感が弱い?」と。なんか外足の膝が開いちゃうんですよね。
 それで決定的に遅くなってるってことはないんだろうけど、なんとなく気持ち悪いしもっと安心感が欲しい。

 で、改めて観察してみると、右コーナーでは外足の左足が土踏まずをステップに乗せてるのに対して左コーナーでは外足の右足が爪先立ちになってる…?
 あ、そうか、左足はシフトペダル操作する関係で土踏まずをステップに乗せないとペダルに足が届かないけど、右足はリアブレーキを全く使わない関係で寝かしむ際に爪先乗せたままなのか…

 …と気がついたので試しに右足も土踏まずを乗せるようにしてみたら、おおぉぉ絶大な安心感! ぼくが求めていたのはコレですよ!!
 寝かしこんでも不安感がなくなって乗りやすくなりました!

 ただ5コーナーで右に寝かしこんでから6コーナーに向けてステップに足を乗せなおすのが難しい…
 もともと6コーナーは寝かし込み操作が遅れて四苦八苦してるポイントなんですよね。KSR時代はむしろ得意なコーナーだったんですけど、NSRは二つギアを下げないといけないせいか操作が間に合わない…
 パワーバンドから外れるのを覚悟して3速で入るって手もある(速い人は半クラで調整して3速で走ってるのかも)んですが…それも試してみましたけど効果のほどはイマイチ不明…
 ただ、こうすると8コーナー進入で4速に上げられるので9コーナーに向けては操作が楽になるんですよね。うーむ、この辺も要検証だな…

 このギアの選択がかなり重要で、先週のラスト二本でタイムアップした理由はそれまで2速で走ってた3、4、9コーナーを3速で走るようにしたおかげでした。
 今日初っ端から調子よく走れたのもそのおかげかな。
 1コーナーも前回まで4速で走ってましたけど今日から5速を試してみて、こっちのがいいかも…と。
 ただ少しパワーバンドから外れちゃうので次の左コーナーまでの速度の伸びがイマイチ…かも?
 ホント速い人たちがみんな半クラ使うのはこういう高めのギアでパワーバンドから外れた状態を補うため…なんだろうな。

 さてようやくKSR時代のベストタイムを更新してNSRのタイムが自己ベストになりましたけど、また↑のギア選択変更並みに大きな発見をしないとこれ以上タイムを詰めるのは難しそう。
 トライアウトの上位争いが目標のぼくですが、あと一秒上げないと中段で争うのも難しい…
 ともあれ、おおにしさんに相談したおかげで今後の方向性は明確に見えたので引き続き練習します!

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

KSRの影を追って(バイク)

 ちょっと本気でNチビを乗りこなしたいと思ってるので今日は桶スポ練習に。毎週でも行こうと思ってたんですが生憎先週は天気が悪かったので…

 当面の目標はKSRで出した自己ベストを更新すること。その先はトライアウトクラスで上位争いをするのが目標です。

 走行開始一時間前のゲートオープンには着いてたんですが、慣れないNチビのスタンバイに手こずって一本目は数分遅刻。
 この二週間の間に「こういう体の使い方をすればバイクを動かしやすいのでは?」と考え、実際に仕事のカブで試した感じでは良好。
 走り出す前にその動きをリハーサルしとけばいいんじゃないかなー…と試してみると、コースイン直後からいい感じで走れてます!
 前回の関東ロードで「目一杯後ろに座った方がバイクを動かしやすい」と思ったのでそのおかげもあるかもですが。

 しかしタイムはKSRの三秒落ち…遅い! あまりにも遅い!! 
 走りやすく感じたのはペースが遅かったからなのか…

 って言うか今日は初サーキットです的なビギナーさんが多くてクリアラップがほとんど取れません。一回の走行枠で一周ぐらいしかクリアが取れないのでタイム伸びなかったのはその影響もあるかも。
 午前中四枠走った結果、ベストは三本目で出した48秒3。KSRのベストが46秒9なのでまだ一秒以上遅い…
 GPSのログを比較してみると高速の1コーナーが大幅に遅い! なんと10kmも遅い!!
 いくらなんでもこれは遅すぎだな…

 一方で低速コーナーの9コーナーも5km以上遅い…これも遅すぎだ…

 ただ、前回大幅に遅かった4コーナーと7コーナーはKSR並み…ラップによってはNSRの方が速いボトムスピードで回れるようになりました。
 6コーナーも少し遅かったのが同様に改善。3コーナーはまだちょっと遅い…

 さてここのところ体力が落ちてるのか午後枠でヘロヘロになるので、エネルギー補給に桶川名物ママカレーをぱくぱく。いつもろくに昼を食わないから体力持たないのかも…と。

 午後枠二本目でようやく48秒の壁を破る47秒9。KSRのベストまであと一秒…
 実はこの走行枠で変えたポイントがありました。それは3コーナー(新コース換算)のギア選択。
 今までは4→3→2にシフトダウンしてコーナーに入ってたんですけど、2速だと立ち上がりで吹け切っちゃうんですよね。でも3速に上げるともたつく感じ…
 しかし今日試してみたら「コーナーを自分のラインできっちり曲がれれば」3速でもパワーバンドに入ることに気がつきました。
 他車との絡みでベストラインが取れないと失速するんですけど…
 速い人なら半クラ使ってもっと上手く乗れるんだろうなー。

 んで、3コーナーが3速で回れるなら速度域の近い4コーナーと9コーナーも回れるのでは??と試してみるとどんぴしゃ。
 Ωはさすがに2速じゃないと失速する…けど、そこまで急加速させないなら3速もアリかも…

 もう一つ課題だった8コーナー…NSRでは一度スロットルをオフにしてましたけど、KSRのログを見ると全開で回ってる感じ…えっ全開で走れるのかここ!
 改めて試してみたら限りなく全開で走れる…
 ついでにどうしても遅いままだった1コーナーの旋回速度もやや改善された甲斐があってか、三本目でコンマ2秒、四本目ではコンマ5秒のタイムアップを果たしてKSRのコンマ2秒落ちまで迫る47秒198をマークして本日の練習は終了しました。

 …うーん、でも今ログを確認したら、たしかに1コーナーはKSRよりボトムスピードが5km遅いんだけど、KSRよりコンパクトなラインで回ってるからここでのロスは見た感じないんですよね…もしかしてこれはこれで問題ないのか?
 むしろ8コーナーの立ち上がりでチェンジペダルに足が入らなくてシフトアップできない分ロスしてる方が影響がでかい感じ。
 逆に4コーナーはNSRの方がコンパクトなラインでなおかつボトムスピードも速いので圧倒的にKSRより速い!
 もともと4コーナーはKSRで一番寝かせられるコーナーだったけど、今日NSRで走っててもいい感じだったんですよね。

 今日走って思ったのは…KSRよりボトムスピードが遅かったのってスロットルを開けるのが遅かったからなのでは??
 って言うか、バンク角の多少の大小(数度ぐらい)はあまり関係ないのでは…いやそりゃ寝かせられるのに越したことはないけど。
 6Rでの最大の課題は「タイヤが滑るのが怖くて開けられない」ですけど、ミニバイクでもその傾向がありますね…実際にタイヤが滑ったわけでもないのに「ここから開けたら滑る『だろう』」と思い込んで最初から諦めてる感じ。
 今日の8コーナーもそうですけど、開けてみたら全然大丈夫だった…ってコーナーがいっぱいある気がします。1コーナーも終盤はだいぶ開けるのが早くなりましたし。

 当面の目標であるKSRのタイムは目の前に見えてきたものの、トライアウトで上位争いをするためにはまだ2秒は上げないと厳しい…先は長いですけど頑張り甲斐があって楽しいですわ!

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

Nチビが欲しかったワケ(バイク)

 NSR-miniを借りることになるちょっと前に「桶スポのレンタルNチビ借りてみたい」ってツイートしたことがありました。
 その理由は…ステップを擦ってしまうためにバンク角の制限があるKSRに対して、もっとバンク角が深く取れるNチビに乗ったらさらにバンクさせられるんだろうか…ってのを試したかったから。
 実際のところ、KSRのステップもそんな頻繁に擦るわけじゃないんですよね。でもそれはステップ擦ったり爪先擦ったりするのが不安…ってのが理由。なので半ば無意識にその手前で止めちゃってるんです。
 …いや左は単純にそこまで寝かせられないんだけど…

 Nチビならもう少しバンク角が稼げるわけだけど、ステップ擦る心配がなくなったらさらに深く寝かせられるのか?

 乗り換えた結論としては×。ロガー上のデータなので正確性はわかりませんが、KSRとどっこいかむしろ浅いぐらい。
 むやみやたらと寝かせば速いわけじゃない…のかも知れないけど、それは自分でやってみないとわからないんですよ。やってみた結果「リスクが増えるばかりでメリット少ないなーと思ったらやめればいいわけで。
 自分的にはその寝かしきれない部分が自分の走りの限界点を低くしてる気がしてるので、そこをなんとか改善したい。
 これは6Rにも言えるんですけどね。

 ここでまた「寝かせられるから旋回速度を上げられる」のか「旋回速度が上がるから勝手にバンク角が深くなる」のかって話になるんですけど、どっちも試した結果どっちもダメ。
 ただ、どっちかと言うと寝かせたことによってインに刺さりそうになっちゃったから次はもっと速度を上げよう…って順番の方がいいかなー…って気がしてます。

 とにかく「自分でジャストだと思う速度」で曲がっても遅いってことだけはハッキリしてるので、自分じゃ速すぎると思う速度で曲がれるようになることが当面の課題ですね。
 次桶スポ行った時はとにかくそこに的を絞って練習したいところ。一日でなんとかモノにできればいいけど…もしかしたら数ヶ月単位でかかってしまうかも。
 でもいつでも狙ったところまでバンクさせられるようになれば自信を持って走れるので、今より走りは良くなる気がする…

 Nチビに乗り換えたことによって回りとの比較ができる…ってのも乗り換えたかった大きな理由の一つですが、その事によって現在の自分のダメダメっぷりがハッキリと浮かび上がってきたので、なんとかマシな走りができるようになりたいですね。

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

2017関東ロード第二戦(バイク)

 本日は桶川で関東ロードミニ選手権に参戦! NSR-miniに乗り換えて初の関東ロード!
 タイム的にはトライアウトにギリギリ引っかかるぐらいのタイムしか出てないけど、レースをきっかけに覚醒したらイイナ…

 全くペース上がらぬ 

 いや、言い訳させていただくとですね、ライダーズミーティング終わってからタイヤウォーマーかければプラクティスまでに間に合うかとタイスケもろくに見ないで考えてたんですが、ライミ終わってみたら10分ぐらいしかウォーマーかける時間がなかったって言うww
 まぁ普段の練習の時はウォーマー使ってない(って言うかレースのときだけ周りの人から借りてる)し、予選じゃなくてプラクティスだから最初の1~2周はタイヤ暖めながら体を慣らして…
 とか考えてたら様子見のまま終わってしまったって言うねww

 これじゃあかん。 

 予選は気合入れなおして…と思ったらエンジンがかからない。
 後ろからKYOYAさんが押してくれたりさんざんやったけど全くかかる気配なし。
 スガヨシさんから「チョークは?」って訊かれてチョーク引いたら一発始動w
 なるほど、一回の走行時間も短いし次の走行時間まで相当間が開くからエンジンが完全に冷えちゃうのか…

 あやうく予選に間に合わないところでしたが滑り込みでセーフ。

 ちょうど前とも間隔開いたのでアタック。おぉプラクティスから一転して普通に走れるぞ。
 後半は混雑の中にハマってしまってアタックできず。しかし予選タイムは44秒060と、43秒6が自己ベストってことを考えればまずまず。

 さて決勝に向けての最大の不安要素はスタート。全くスタート練習してないのに加え、プラクティス終了間際にピットに戻る際に軽く練習してみたところ、パワーバンドに入れてクラッチ繋いだら簡単にフロントが浮く。KSRではどんなに頑張っても浮く気配なかったのに…
 こりゃ難しいなー…と、控えめに8000~9000回転ぐらいでクラッチミートしたらフロントは浮かなかったけど全くパワーバンドから外れてしまってもっさりした加速w
 ただでさえ下から三番目のグリッドだったのにこれで一気に最下位ですww
 さらに3コーナー(旧コース的には2コーナーですが新コースのコーナー名に統一します)でイン側ステップから足を滑らせてコースアウトの危機w
 今日朝からステップが滑る問題に悩まされてたんですよねえ…

 最早どうにもならん!と苦笑して頭を振りつつ4コーナーへ。<多分レース動画に映ってるはずww

 しばらくするとミニフェスでも激闘を繰り広げたCBR150のうらカブさんに追いついたのでリベンジバトル開始!
 予選のラップタイム的にはこっちが一秒半速いし、頑張れば抜けるはず!と信じてアタック!
 コーナーでは詰められるんですがやはり直線が圧倒的に速い…KSRより直線が伸びるNSRに乗り換えたことで多少は勝負できるけど…

 1コーナー進入で後ろに張り付いて立ち上がりで並んで…3コーナーブレーキング勝負!
 よっしゃ抜いたーーーー!!!!! 

 そこからはなんとか前に追いつくべく必死にアタックしましたが、結局単独走行のまま予選7位→決勝7位でトライアウトBクラス決勝を終了。

 パドックに戻るとKYOYAさんから「黄旗が出てたから抜いたタイミング微妙ですね…」とのコメントが。
 みのむしさんにその話をすると「完全に黄旗無視でしたよw」とのこと。マジかー!!!
 たしかに黄旗出てた…けど、今まで他のバイクを抜いたことがなかったから「黄旗区間中は追い越し禁止」ってルールが頭からすっぽ抜けてた…黄旗は「注意して進め」だとw
 あと結構追い越ししまくりだったレン耐は特別ルールで黄旗中も追い越し可だったんですよね…

 ルール違反は深く反省しないとならないですが、まぁレース内容的にはそう悪くなかったからそういう意味ではまぁ良かったかな…
 ちなみに決勝のベストタイムも44秒015と予選とほぼ同じ。うーん、この辺まではそこそこ出せるんだよな…

 そしてレース後のリザルトを見ると…あれ、ぺナルディ受けてない。
 まだレース動画見てないからなんともですが、もしかすると1コーナー立ち上がりで並んでたからそこで抜いた扱いになったのかも。
 フラッグポストからだと位置関係が掴みづらかったかも知れないし…
 それか最下位争いだったからお目こぼしを受けたかw

 今日走った感じ、やはり最大の課題はスタート。KSRの頃はスタートが唯一にして最大の武器でしたけど、NSRは難しい。
 あとは…なんとなくですけど、自分自身で「この辺が限界…」と決め付けてそれ以上コーナーで頑張らない傾向がある気がする。だからそれ以上ペースが上げられない。
 たまたま誤差レベルで全てのコーナーが上手く走れると43秒台に入るかなー…ぐらいで。
 そうじゃなくて、毎ラップ毎ラップ「もっと速く!」と思ってチャレンジしていかないとタイムは伸びないんだ…と考えて今日のレースに臨んだんですが、プラクティスと予選では体を慣らすのがやっと、決勝では頭からすっぽり抜けてて結局今まで通りに…

 逆に良かった点は初めてスプリントレースでパッシングが出来たこと。いや、今まで抜かれてから抜き返すってのは何度かやってはいるけど、普通に相手を抜くってのは初めてのはず。
 ちなみに今日うらカブさんを抜いた、1コーナー立ち上がりで並んで3コーナー入り口でパス…ってのは昨年秋の関東ロード、ファイナルラップの1コーナーで抜かれた後に抜き返したときと同じパターン。
 それもNSRに乗り換えて直線が速くなったおかげでもある(いやKSRで同じようなパッシング決めてることを考えるとあまり関係ないのかもw)と思うので、そういう意味では乗り換えた恩恵を受けられたかな。

 しかし今回のレースを含めて三日間NSRで走りこんですごく大きな発見をいくつかしたので、ちょっとその辺のところを完全にマスターするためにしばらくはNSRで走りこみたいところ。
 いや、今月末に6Rでの那須走行会と袖ヶ浦マル耐が控えてるから今月は6Rで袖ヶ浦走りこむつもりだったんですけど、6R乗ってる場合じゃねえw
 まぁNSRでの走りこみは6Rに活かせるという手ごたえを強く感じてるので、きっと大丈夫!

| | コメント (0)

2017年3月28日 (火)

NSR-miniで走りこみ(バイク)

 今週末は借り物のNSR-miniで初参戦する関東ロード第二戦。先週の月曜に桶川スポーツランドで受け取ってそのまま初乗りしましたが、タイムはKSRで出したタイムより一秒近く遅く、トライアウトの基準タイムにも達さない有様…
 これはいかん、せめて基準タイム下限の43秒台には入れないと…と、桶スポに走り込みに行ってきました。
 ホントは日曜に行くつもりでしたが雨だったので…まぁ平日の方が空いてて走り込みにはいいので、逆に良かったのかも。

 さて今日最大の練習課題…それは

 押 し が け 

 …いやエンジン掛けられないとレース以前の問題ですし。

 まぁ先週そこそこかけられたから少し頑張ればなんとかなるだろ…と思いましたが、20分近く頑張ってもエンジンかからない…
 途方に暮れたところで桶スポの優しいイケメンプロライダー鎌田さんを見つけたので、押しがけをご教授して頂く事に。

 「まずはチョークを引いて~」

 チョーク! そういやすっかり忘れてたけどそんなものあったな…こ‥これが原因か!

 「3速に入れて歩いて押しながらクラッチ繋ぐだけでエンジンかかるんですよ~」

 ほ‥本当だ…

 実際にやってみると簡単にかかる…よぉし勝った!!! 

 あとは前々から気になった2stの人たちがやたらと暖気の時に吹かしてる理由も教えて頂いてスッキリ。
 鎌田さんありがとうございました。m(_ _)m

 …と思いましたが、その後も押しがけに四苦八苦して一発で掛けられるようになったのは今日の終わり間際でしたとさww

 それはさておき、先週のぼくのNSR初走行写真を見た女子中学生レーサーの木内万絢ちゃんから「腕に力が入ってるのでは?」とご指摘を受けました。
 腕に力が入ってるのは良くない…とは思いつつも、今までそこまで困った事態に遭遇してなかったのでほったらかしてたんですが、ちょっと矯正してみようかな、と。

 んで今日は腕の力を抜いて起き気味だった上体も伏せ気味にして乗ってみました。
 一本目で先週のタイムのコンマ3秒落ちを出して、二本目ではNSRでの自己ベストをコンマ5秒更新。
 しかしまだKSRのタイムにコンマ4秒及ばない…

 お昼前に現れた桶スポSSKillersトップライダーの秀吉さんに「ノーマルのアドレスで43秒3を出したからそれは越えないとダメですよw」と激を飛ばされるw
 ついでにガソリン貰ったりブレーキレバーグリスアップしてもらったりお世話になりまくり。

 ひとまず午前中に掴んだことを少し時間を置いてから復習するために午後枠も走行。
 二本目を走ってるうちに「横に張ってた両肘を下に閉じると腕の力が抜けるな」と気が付きました。
 さらに走ってるうちに「肘を閉じて力を抜くのはイン側だけでいいよな…」と。

 それを意識して走ってみたら今までより曲がる! 曲がりすぎてイン側の縁石に突っ込みそうになることもしばしば。
 こ‥コレかーーーー!!!! 

 コレで一気にタイムアップしただろ…と思ってGPSログを確認(ラップタイマー壊れたので一本走るごとにノーパソ繋いでログを吸い出してました)してみると全然タイム出てない…な‥何故だァァァ!!! 

 ひとまずタイムは置いといて二本目で掴んだこの腕の力の抜き方を憶えこませよう…と走った三本目、さらに頑張って開け開けで走ってみたんですがタイムはさらにダウン…
 もう体力の限界だったのでここで終了~。

 うーん…まだログを細かくチェックしてないのでなんとも言えませんが、単純にそれまでよりコーナリング速度が落ちたことで「よく曲がるようになった」と錯覚しただけなのか…?
 それとぼくはイン側の腕でハンドルを押さえ込んで寝かすクセがあるので、それをやらなくなった分バンク角が浅くなってるとか…
 今までの乗り方でもそこそこタイム出てたんだし、ムリに乗り方変えなくても…?

 でもやっぱりイン側の腕で押さえ込んでるってことは自然なセルフステアを阻害してる可能性もあるし…もしかするとぼくがフロント切れ込ませて転倒することが多いのも、セルフステアが利いてないからって事も…?

 ギターもビリヤードもそうなんですけど「個性的」ってのはあまり良くないと思うんですよね。極力回りと違う操作をしてる部分は直したい。
 今日タイムが出なかったのもこの乗り方に慣れてなくて対応できなかっただけかも知れないし、慣れてくれば今までより速く走れるかも…?

 それで思い出したけど、6Rで桶スポ走ってて「どうも曲げられないなあ」と感じた日に、今日と同じ様な腕の抜き方をしたら途端に曲げられるようになったことがあったんですよね。
 あっ、もしかしてその後6Rで長期に渡るスランプに陥った原因ってコレか…?

 まぁそれはともかく…今週末の関東ロードまでに調整は間に合いそうにないけど、今後の伸び代と、レースで揉まれてなにか覚醒することに期待しますw

| | コメント (0)

より以前の記事一覧