人形

2018年12月11日 (火)

最後のマリアの心臓(ドール)

 天野可淡と恋月姫の人形を主に展示している銀座のギャラリー「マリアの心臓」が今回の企画展を最後に閉館するということで今日行ってきました。
 今回は最後ということもあってかカタンドールがいつもよりいっぱいいたような…?
 30年前から天野可淡ファンのぼくとしては文字通り穴が開くぐらい眺めて、一周回ってからもう一周回ってじっくり眺めてきましたw

 8月にかつて渋谷にあったマリアの心臓が銀座に復活してることに気がついて、三回だけとはいえ企画展に行けて良かったです。
 かつて元浅草にあったマリアクローチェが渋谷に移転してマリアの心臓となり、その後京都で復活して(多分)、銀座へ…って感じなので、きっとまたどこかでカタンドールに逢えると信じてるので、その時までしばしのお別れですね。

 前々回の時にもいたんですけど、至って普通の日本の女の子…って感じのカタンドールが二体いて、この子たちがなにげに一番好きだったりします。
 いや、普通の日本の女の子を人形作家さんにはもっと作ってもらいたいですw

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

久々ドールロケ(ドール)

 ブログで書いたかどうか憶えてないんですが、二ヶ月ほど前にお人形を一体ぽちりました。半年待ちなので我が家に来るのは年明けなんですけどね。
 それでドールのモチベーションが上がったので、三年前にメイク直しをしてBMC走行会に連れてった際に手足を繋いでるゴムが外れてしまった美紅のゴムを引き直し。
 そして裸のまま部屋に放置されていたために汚れまくってしまっていた璃乃さん&せりなを洗って綺麗にしてあげました。

 さて昨年ぐらいかな?突如ドールにハマり始めたバイク仲間の黒子さんからドールロケに誘われてましたが、ドールモチベーションがゼロだったのでずっとお断りしてました。
 しかし今回久し振りに上がったので、黒子さんともう一人、ドール仲間の新井やすみさんもお誘いして我孫子のドールスタジオSENで撮影会をしてきました。

 SENは住宅街の中にある普通の一軒家。駐車場の位置がわかりづらい(…と言うかスタッフさんに訊かないとどこだかわからないw)ので、車で行かれる方は事前に確認した方がいいかもです。
 一軒家をそのまま使ってるので中も普通の家ですが、一階の一部屋が休憩室と物品販売コーナーを兼ねていて、もう一部屋に7~8種類ほどの撮影セット。
 広い庭には野外撮影セットがこれまた7~8種類…と、非常に豊富な撮影セットが組まれてます。
 1/3用と1/6用が用意されてる(小物を調整すればどちらでも利用可能なセット多し)ので、色んなサイズの子が合わせられます。

 さて本日ぼくが連れて行ったのはDDDyボディにディーラーさん製XXXLやわらか胸を換装した爆乳眼鏡お姉さんの璃乃さんと、1/12ドールのポリニアン、その中でもぽちゃボディを持つイアンナさんの二人。
 黒子さん&やすみさんは1/3ドールを二体ずつ(一体はMDD)…と、期せずしてみんな同じ人数を持ち込みとなりました。

 9時から12時までの三時間貸切だったのですが、結論から言うとみんなすごく盛り上がってくれて発起人としては嬉しい限り!
 下に写真をいっぱいアップしてありますが、黒子さんトコの小菊ちゃんの見事なハングオフには一同拍手喝采w

 おそらくシーズンもののハロウィン撮影セット以外のセットは一年通してほぼ固定でしょうけど、今日も使えなかったセットがあるぐらいバリエーション豊富だし、レンタル小物もいっぱいあるので同じセットでも小物を変えたりすれば何度か遊べそう。
 一緒に行くメンツやお人形が変わればまた違う写真が撮れるだろうし、これからも積極的に利用させていただくのもいいかも知れません。

 あとドールモチベーションが上がったと言っても結局衣装を買ったり写真撮ったり…というところまでテンションが上がらなかったのですが、こうやって人と一緒に撮影会を企画すればそれに合わせて新しい衣装欲しいとかウィッグ欲しいとかなるかも知れないし、定期的に企画してもいいかもしれませんねぇ。

 あと今日のサプライズはイアンナさん。表情パーツが三種類、手首パーツが四種類かな?あるおかげで色んな表情の写真を撮ることができて楽しい!
 関節の可動域も広いのでポーズも色々取らせられますしね~。
 おしりとおっぱいが大きいのでエロいポーズが多くなっちゃうのはご愛嬌w まぁそれは璃乃さんもだけどw

 それでは本日の写真をまとめてアップします~♪

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18


| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

マリアの心臓とドールお迎え(ドール)

 以前渋谷に人形屋佐吉さんの人形博物館「マリアの心臓」がありました。
 その前身である「マリアクローチェ」が元浅草にあり、多分2001~2002年ごろ(マリアクローチェが存在したのがその二年間なので)に天野可淡展を、2010年に(日記検索した)マリアの心臓に少女アリス展を見に行きました。
 どっちもなんかコンクリ打ちっぱなしの地下室みたいなところだった気がする…??

 詳細は後で書きますがここのところお人形モチベーションが上がってるので、そういやマリアの心臓ってどうなってるんだろう…?と検索したところ、2011年に閉店した後京都で復活して今は銀座にあるとのこと。
 「月光 鈴虫 夏の嵐」と題された人形展示会を今行ってるみたいなので、これを見に行ってきました。

 …なるほど、館内に波の音とか虫の声が流れてたのはそういう…<今気づいたw

 今回は雑居ビルの一室ですが、入り口にを入るとカウンターがあり「呼び鈴を鳴らしてください」と鈴が置いてあったので鳴らしてみると佐吉さん(多分)が。
 荷物置きを案内してもらいつつうちわを貸してくださったので、うちわで扇ぎつつ鑑賞~。

 最初のブロックはパーテーションで仕切られた狭い空間。ここにお人形数体と絵画作品が飾られてます。昔の見世物小屋ってこんな感じだったんだろうか…と思わせる空間。
 真ん中のブロックは後回しにして奥に行くと、最初のブロック同様にパーテーションで仕切られてはいるものの、最初のブロックのように完全に囲まれてる感じではなくてブースが並べられてる感じ。こちらにも一つのブースにお人形数体と絵画作品が壁に展示。

 最後に残った真ん中のブロックは、広い空間に市松人形とフランス人形が展示してあり、一番奥の狭い空間に天野可淡&恋月姫作品が展示してあるという構成。

 ぼくがお人形好きになったきっかけは1991年…19歳になる直前の春、大学進学を間近に控えた長い春休みに当時川崎駅前にあったリブロポートで天野可淡人形写真集を手に取り衝撃を受けたこと。
 それまでぼくにとって人形は幼少期のトラウマ(たいしたことではないけどw)もあり、不気味な存在でしたが、天野可淡の作る人形たちはたしかに不気味な面もあるんですけど、それはぼくが子供心に抱いた「夜中に動きそう」みたいな子供っぽい不気味さではなくてもっと違ったもの。
 エロティックでいかがわしくて退廃的で畸形的で不気味で美しい…ぼくにとっての人形は「そういうもの」として刷り込まれました。

 そういう意味でマリアの心臓に展示されてたものはお人形も絵画作品もそんなものばかり。
 端的なのは三浦悦子さんのお人形ですかね…全身を縫い合わされ口を半開きにして首も折れてる、どう見ても「生きてない子」
 その不気味さと性犯罪を想起させるいかがわしさ…ぼくの思う人形像そのものではないけれども、これぞ創作人形!という作品でした。

 球体関節人形の始祖をベルメールとするなら、ベルメール自体が幼女エロティシズムと退廃性を表現した作品を作りだしていたし、ベルメールにインスピレーションを受けた四谷シモンも同様とするなら、やはり創作人形の本質はこの辺にあるのかな、と。

 そういう意味で今人気のドルフィードリームはぼくが思う「人形」とはちょっと違うんですよね。エロティックではあるけどむしろ健康的に「エロ」って言いたいところだし、あれはフィギュアからの派生かな…と。
 まぁDDはDDで好きなのでお迎えするけどw

 それにしても今日天野可淡の人形を目の当たりにした時は感動しましたねぇ…「胸が苦しくなる」というのはこういうことなのかと。
 思えば前回も前前回も人と一緒だったからここまでの感動を覚えなかったのかな。
 上にも書いたようにぼくの人形好きの原点…そして大学時代は「絵で描いた人形劇」を目指して幻想文学的な漫画を描いていたぼくとしては、創作活動のインスピレーションの源と言っても過言ではないぐらい。
 何十回何百回見返したかわからない写真集の中の子が目の前にいると言うのはそれは感動的ですよ…
 アレかな、自分の応援するアイドルに逢えた人ってこんな気持ちなのかな。

 驚いたのは和風…というか、普通の日本の女の子って感じの人形を天野可淡が作っていたこと。多分写真集にも掲載されてなかった気がする…?
 作風から言っても初期の作品みたいだったから、あまり表に出さなかった子なのかな。
 いやはや、ぼくが一番欲しいお人形はその辺にいる普通の女の子なんですけど、そういうお人形がすでに作られていたとはw

 …さて今回の来館のもう一つの目的は、いつの間にか発売されてた新しい天野可淡写真集をゲットすること。
 ふと見ると今年発売になった恋月姫写真集もサイン本が置いてあったので二冊ともゲット。
 佐吉さんに「天野可淡と恋月姫ねw」って笑われたのは、一番メジャーどころを選んでミーハーだと思われたのだろうかw
 一緒に過去の展覧会のチラシも頂きました。ベルメール展とか開催してたのか…生で見たことないから見たかったな。

 …さてもう一つの本題です。

 実は…お人形をお迎えしました! 

 ちょっと前からmixiでお人形販売店「DOLK」の広告が表示されてて、気になった子をちょろちょろ眺めてたんですが、眺めてるうちに「DOLL CHATEAU」ってメーカーの子が個性的で面白いな、と。
 首が異様に長くて複数関節がある子とか、上半身が極端に細く、手足が極端に長くデフォルメされた子とか、四ツ足の子とか、腰のところでくっついた双生児(横にくっついた子なら恋月姫作品でもありますね)とか、挙句蜘蛛足の子とか…
 天野可淡の人形も拒食症的に骨と皮ばかりの子が多かったですけど、そういう病的、畸形的要素に的を絞った感じのメーカー。

 で、額とお腹に扉を持つ子がどちらかと言うと恋月姫ドール的世界観で気になったんですが、ぼくがお迎えした子はこの子。
 http://dolk.jp/detail.php?id=77898#h_cart 

 いや、最初はこの子のボディ素体を眺めてて気になったんですよ。おしりが真ん丸で可愛いな、とw すごい幼児体型だったしw
 で、見てみたらそのボディとこれも気になった造形のヘッドで作り上げたのがこの子だと。
 メイクもぼくの好みどんぴしゃって感じで、どっからどう見ても理想の子だったので衝動的にぽちりましたw
 いや三日ぐらいは考えたんですけどねww

 現在納期の遅れで5~6ヶ月待ちってことなので、我が家に来るのは冬ぐらいですかね…?
 今日秋葉原のラジオ会館7階にあるDOLKの実店舗で実物を眺めてきたのですが、足が逆関節に近いぐらい反ってるのが写真とイメージ違うなー…と思ったものの、他は写真のイメージそのもの。
 上に書いたように畸形的にデフォルメされたボディラインが特徴のこのメーカーとしては至って普通の体型ですし、この足の反り具合はまぁお里が出てしまったかな、とw

 ホントに惚れこんだ子なので今からそわそわしてますが、半年我慢しますw

 …そうそう、マリアの心臓ですが、あと二回企画展示を行ったらお店を閉めると言ってたので、人形好きの方は早めに行った方がいいですよ!
 今の企画展示もあと一週間やってるので、是非!

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

深沢小さな美術館

 中学か高校ぐらいの頃、家族で奥多摩に遊びに行った際に、昭和54年~57年にかけてNHKで放送された人形劇「プリンプリン物語」の人形を製作された友永詔三氏の美術館を訪れた記憶がありました。
 昨年あたりに突然その事を思い出して調べてみると、五日市のあたりにあるみたいで、それなら奥多摩のついでに行けるし記憶とも一致します。
 さらに調べると群馬の保科美術館にも展示されてるようなので、もしかしたらこっちかも…と、昨年(だったかな?)に行ってみたのですが、景色的にハズレ。なんか森の中で裏に流れてる川を窓から見下ろした記憶があるんですよね。
 五日市にある深沢小さな美術館の方は冬季は休業みたいなので、春になったら行こう…と思いつつなかなかその機会に恵まれず、ようやく今日行ってきました。

 五日市駅前郵便局のところを入ればほぼ真っ直ぐだったんですが、グーグルマップ先生に指示された道を走ったら入り組んでて何がなんだかw
 辿りついた場所は森の奥…あ、なんだかここっぽい。

 建物の中に入ると友永先生らしき人が顔を出してくれましたが、入館料はどこで払うんだろう…
 スリッパに履き替えて中まで入っていくと、友永先生がチケットとパンフレットを手に現れたので、そこで入館料をお支払い。
 部屋も三部屋ぐらいしかないとても小さな建物なので、館内は見渡せば終わってしまうぐらいの規模でした。

 「写真も撮っていいですよ」と仰って下さったので、館内の作品をぱちりぱちりと。
 プリンプリン物語で使われた人形が100体近くあったでしょうか…ずらりと並べられている画はなかなか壮観でした。
 友永先生が傍に来て話しかけて下さったので、子供の頃に来た記憶があって…と説明すると、以前…20年ぐらい前はあきる野の方の美術館に作品を展示していたとのこと。
 「裏に川があったような記憶があって…」と言うと「そうですそうです!」と。これは間違いない!

 帰宅してから両親に確認すると、どうもあきる野縁の画家の美術館に立ち寄ったそうで、その建物に併設されてたか、一緒に展示されてたんじゃないかと。
 以前母親に話したときに「憶えてない」って言われましたが、今日改めて確認すると母と弟は館内に入らずに外で待っていたとのこと。
 ぼくの記憶でも誰か他の画家の作品も見た憶えがあったので、これで全ての記憶が繋がりました。
 うーん、なんかスッキリしたw

 友永先生の作品はほぼ全てが少女像。細く引き伸ばされたような体型は、パンフレットにも「清冽なエロス」と書かれていたとおり、スレンダーな少女の体型をデフォルメした印象でした。

 奥多摩自体にはしばしば遊びに行ってるので、また機会があったら遊びに行きたいですね。

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

ドールショウ行ってきた(ドール)

 日記を読み返すと前回ドールイベントに参加したのは2010年5月のドールショウ…そして7月には「お金がないのでドール服購入は打ち止め」宣言とかしてるww
  あの頃は同人誌の収入だけでなんとか生計を立ててて、実家暮らしだけに路頭に迷うことはなかったけど、この先どうやって生きていこう…と相当悩んでた時期でしたなあ。
 今は無事に定職にも就いて収入は当時の倍ぐらいあるし、仕事にも慣れて精神的に落ち着いてきたこともあってか、ボチボチとドール趣味再開の兆しが見えてきました。

 そんなわけで五年ぶりのドールショウに遊びに行ってきました。
 お目当ては先日の美紅のメイク直しに伴って、最初期…まだミミヘッドだった頃の美紅の「黒髪ストレート和装お嬢様」のイメージに戻そうと思ったこともあり、着物が一着欲しいな、と。
 って言うか、確か着物が二着と和風ドレスが一着あったような気がするけどどこへ行ったのか…

 あとは、ウチの嫁さんこと爆乳メガネお姉さんの璃乃さんが付けてる社外のXXXL胸パーツの背中側が変色してきてることもあって、新しいのが手に入れば欲しいな…と。しかしこれは改めて見たらそんなに変色してる感もなかったのでまた今度。

 余裕があれば美紅のグラスアイも新調したかったので、その辺を重点的にチェック。あ、カジュアル系の服も欲しいな。ショートパンツとか。

 カジュアル系ないぞ…?

 いや、良さげなショートパンツは何着か見つけたんですが、全てDD用。DDはSDと比べるとウエストが細くてヒップ(ヒップの外周自体はそんなに変わらないかも?)が大きいので着れないんですよね…
 って言うかホントにDDが多い! ボクがドール趣味引退宣言をした五年前の段階でもだいぶ増えてきてましたけど、最近は本当に多い。60cmドールの50%はDDなのでは…
 璃乃さん&せりなのDDコンビにも服買ってあげたいけど、あの二人はその前にメンテナンスしないとw
 ラトはこないだメンテナンスしたから、ラトと美紅のロリコンビはもう準備万端なんだけど。

 グラスアイもまぁまぁいいのはあったけど敢えて買うほどでもなかったのでスルー。
 これもヤフオク見てて思ったけど、最近はエキセントリックな色合いのグラスアイが多いですね。それとも昔からディーラー製はこうだったのかな?

 さて肝心の着物は…うわぁ三万円近くする…高い…

 と思っていたら五千円で良さそうなのを発見したのでゲット。ディーラーさんは「羅紗」さんです。
 併せて履物も別のディーラーさんでゲット。…ってかシール見たら以前も買ったことがある「聖魔離宮」さんでしたw 確かこちらの着物持ってたはずなんだが…

Mixi1403

 あとは嫁さん用にメガネ新調しようかと思ったんですけど、使ってないメガネがいくつか貯まってた気がするので今回はスルー。なにげにお高いですしね…

 そして今回一番気になったのはドールサイズの「ペスト医者のマスク」!
 しかし我が家にこのマスク被ってさまになる子もいないのでスルーw 七千円と結構お高かったし…
 ラトに被ってもらうと面白いかも知れないけどw

 さてここでぽんたさんと合流して軽く写真でも…と思ったんですが、無料&有料展示台は軒並み満席。って言うかお金を払ってまで撮影する気はなかったので有料展示台はハナから利用するつもりはなかったんですが…
 しかしなんかこの展示スペース男性オーナーさんが凄く多い…8割ぐらい男性オーナーさんだった気が??
 なんかえらく気合入ったコスチュームのMDD(多分チルノ)もいた。

 しかしせっかく美紅に赤毛のボーイズショート&うみんちゅTシャツ&ジーンズでボーイッシュ装備を整えたのに撮影できなくて残念…

Mixi1402

 今週末のサーキット走行会に連れて行こうと思ってるので、そのときはこの格好でロケしますw
 今日買った着物と姫ウィッグも持ち込んでお色直ししてもいいかな~。

 そんなわけで、以前のように高頻度で写真アップしたりはしないと思いますけど、ぼちぼちとドール趣味の方も楽しんでいこうと思ってるのでよろしくお願いします♪

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

天使の窓(ドール)

 先ごろメイク直しをした我が家のスーパードルフィ”美紅”ですが、メイクを直したら写真を撮りたくなるのは必然。
 …と言うか、フォロワーの新井やすみさんと原宿の「天使の窓」に行こうって話が今回のメイク直しのきっかけの一つだったんですけどね。

 こないだ武蔵小杉のPARABOXさんで黒髪姫カットのウィッグをゲットしたので、これに和服を合わせてロケ…と考えてましたが、あれれ和服が一着も見当たらない。たしか二着ぐらいは持ってたはずなのに…
 さすがに五年もドール趣味を休止してると色々なものがどこにあるかわからなくなっちゃってるので、ボチボチとその辺も整理しないとですね。

 仕方がないのでこの五年間着せっぱなしだったドレスのままで出発~。

 天使の窓に着くと折りしもお迎えセレモニー中。自分ではやったことないですが、人様のセレモニーに立ち会ったことはあります。あれは…特に最初の子をお迎えするときはやっといた方が記念になっていいかもです。
 お迎えセレモニー中は撮影ブースが使えないので店内を散策。一階がワンオフドールの展示販売、二階が通常の物品販売なんですね。
 こないだ秋葉原で写真を見て「かわいくないなあ…」と思った現スタンダードSDちゃんですが、現物を見るとびっくりするほどかわいい。なんか写真写り悪い??
 何はともあれアヒル口はかわいいよね。

 20分ほどブラブラしてるとセレモニーが終わってたので、早速ブースを借りて撮影開始。
 レジで申し込みして一時間の撮影時間で延長不可。まぁよっぽど大人数でいったり大所帯(お人形さんの数が)で行かない限り一時間あれば充分でしょう。
 撮影ブースは二つ。他に使ってる人がいる時は片方のみ(…か、途中で話し合って交代とか)になるんでしょうけど、今日は他に使ってる人もいなかったので両方使い放題。
 ひとまず写真をご覧ください。

01

02

03

04

05

06

07

08

09

 美紅かわいいよハァハァ

 やすみさんトコの娘さんはSD16? 凄く上品なお姉さまって感じで素敵でした。
 先日撮ったと言うショートカットで男装の麗人風の写真も見せてもらったけど、とってもかっちょよかった!
 最近のSDは小顔ちゃんなので、横に並ぶと初期っ子ベースの美紅は顔がでかく見えるんですよねぇ…

 そういや天使の窓内に展示してあるお人形は撮影不可なのね。って言うかボークス全店でそうなのかな?
 せっかく綺麗に仕立ててディスプレイしてあるんだから、写真撮らせてくれればいいのに…宣伝にもなると思うんですけどね。

 あ、なにげに今回は新カメラで初のドールロケ。普通にバイクツーリングで風景写真撮ってる分にはテキトーな設定で大丈夫ですけど、屋内でのドールロケとなると色々と気になってきます。
 まぁそれは追々調整してみるかな。
 そう、先代のカメラが壊れてここ5~6年は携帯→スマホのカメラだったのもイマイチドールロケのモチベーションが上がらなかった原因かも。

 そんなわけで本当に久々のドールロケ。正直このモチベーションがいつまで続くか読めんのですが、さしあたり次はウチの子らしくボーイッシュな格好でロケしたいところですね。
 今回のメイク直しにあたり、最初期のミミヘッド時代にイメージしてた黒髪和装少女路線に戻そうかと思ったんですが、やっぱりボーイッシュも捨てがたいですしね…w

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

お人形のメイク直し(ドール)

 ここ五年ほどすっかりご無沙汰だったドール趣味。その最大の理由はやっぱり転職ですかねぇ…
 仕事を変えたことで自由に使える時間が少なくなり、新しい仕事を覚えられないストレス解消のために…と、以前よりもバイク趣味にのめりこむことになり、それに伴ってすべての時間とお金をバイク趣味に注ぐことになって他の趣味をやってるヒマがなくなっちゃいました。実際、ビリヤードも転職をきっかけにほとんど行かなくなっちゃいましたからね…

 お人形趣味ってなかなかモチベーションを保つのが難しいと思うのですが、どうやってモチベーションを維持するかといえば、やっぱり新しい衣装を買って着せてみたり、新しい子をお迎えしたり…だと思うんですよね。しかしお金がなくてどちらも無理。
 そしてこれは転職の数年前からそうなんですけど、車からバイクに興味が移行したことでお人形さんを連れ歩きにくくなり、野外ロケの頻度も落ちてしまいました。それによって余計にモチベーションが保てなかった面も…

 さてそんな状態でずっときてましたけど、前回の日記で書いたように秋葉原のドールポイントにSDがほとんどいなかったことに憤慨! それならだいぶヘタってきたウチの子のメイクを直して活躍させるぜ!…と思ったのが、今回のメイク直しのきっかけ。
 しかしそう思ってからも、やっぱりメイク直しめんどくさいなあ…失敗したらことだし…とか考えてモチベーションは上がったり下がったり。
 そう、できれば自分で球体間接人形を作りたいと思ってるボクとしては、SDのヘッドカスタムやメイクが一番モチベーションが上がるんですけど、そうそう何度もやってる作業じゃないだけに、手間と失敗したときのことを考えると二の足を踏んじゃって…w

 しかしフォロワーの新井やすみさんとメイクが終わったら原宿の天使の窓にお人形さん連れて遊びに行こう…と約束していたこともあってなんとかモチベーションを維持。
 そして「エアブラシよりパステルのが楽そう…」と、今回初めてパステルメイクにチャレンジしてみました。

 まずはシンナー風呂で前回のメイクを落としてから中性洗剤で汚れを落とし、メラミンスポンジで整えました。
 それでも若干色が残りますけど、まぁこれは上から色を重ねちゃいますし、ガイドにもなるからいいかな、と。
 ここで一度艶消しクリアをスプレー。

 次いで今回買った造形村メイクカラーセット(アクリル塗料)のピンクで目の縁を彩色。薄め液でかなり薄めたブラウンで眉毛と口角を塗装。
 眉毛はもうちょっと濃くしても良かったな。

 ちなみに眉毛の下書きはどうしようかと思ったんですけど、適当な画材がなかったので漢の一発描き! まぁ意外となんとかなるもんですw
 あ、一応1stメイクの時の作業写真を参考に位置は決めました。
 ここでもう一度艶消しクリアをスプレー。
 
 さてここからは初のパステル作業。使ったパステルは造形村メイクパステルの基本セット。これのオレンジ(かな?赤の方から数えて三色目)で大まかな陰影、濃い茶色(同じく赤の方から数えて五色目)で目の周りの暗い部分の着色、ピンク(赤の方から二色目)で目の周りとチーク、赤とピンクの混色(その前にピンクで下地塗り)でリップを塗りました。
 パステルはカッターで削ってから人間用のメイクブラシで乗せて行きましたけど、これが意外とらくちん。勿論仕上がりに拘ったり濃い色を乗せると難しい(実際茶色はやっかいだった)と思うんですが、今回みたいに淡い感じのナチュラルメイクをする分には非常に楽。
 ブラシに削ったパステルを付けて、一度余計な粉を落としてから乗せるようにしたんですが、それだとイマイチ色の乗りが悪かったので、後半はそのまま乗せて余計な粉は払う感じで。この辺も濃い色だとまた変わってくると思うので、ケースバイケースですかね。
 眉毛描きもそうですけど、とにかく薄い方向から少しずつ調整してった方が失敗しづらいと思います。

 ここで最後の艶消しクリアをスプレーした後にエナメル塗料のクリヤでリップの艶出し。これはいつもどおりの作業。
 しかし目元に塗り忘れたので、睫毛&アイの固定をした後からちょこちょこと塗る羽目にw

 睫毛はもともと付いてる糊をシンナーで弱めてから瞬間接着剤で固定。糊がまとわりついてなかなかやりづらかったです…
 アイは、今まで付けてたゴールデンロッドのグラスアイから1stメイク時のブラウンのアクリルアイに戻しました。いや、昔の写真見てたらやっぱりこっちのがウチの子には合うかな…と。

 そんな感じで完成!!

Mixi1391

 1stメイクのテーマは子供らしいナチュラルメイク。
 2ndメイクのテーマは恋月姫さんをイメージした華やかで妖艶なピンク系メイク。
 そして今回のメイクは1stメイクのイメージに戻しつつ、女の子っぽさも出せたら…って感じ。

Mixi1392

 そのテーマに沿ったものになったかはわかりませんが、まぁナチュラル系というベースのテーマは達成できたかな。

 あと、最初期のミミ顔だったころは黒髪和風ワガママお嬢様の線を狙ってましたが、今のヘッドになったところでイメージがショートカットの元気っ子に。
 しかし今のヘッドでの和装の写真を見返したらすごく良かったので、改めて黒髪ストレートをメインウィッグにしてみようかなあ…と考えてます。

 …それはそうと、ここ数年部屋の隅に放置していたラトゥーニが埃を被って大変なことになってたので、埃を落としてからブラシと中性洗剤で洗浄、ピカピカお肌に復活を遂げました!

Mixi1390

 写真はおののきちゃんリスペクトで「いえーい、ぴーすぴーす」
 軽くて小さいMDDは最強の野外ロケ要員(特に積載が大変なバイクの場合は)なので、またラトを連れてドールロケとかできたらいいっすなー。

 今後はどうなるかわかりませんけど、またボチボチとドール写真とかアップしていけたらなー…と思っちょります。
 転職前の最後のあたりのドール日記で「やはり携帯じゃなくてちゃんとしたカメラ欲しい」って書いてましたけど、その「ちゃんとしたカメラ」もゲットしましたしw
 まずは原宿の天使の窓でやすみさんとドールロケかな♪

| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

スーパードルフィ(ドール)

 今日はお休み。先週から仕事が凄く忙しくてへとへとなので、今日は家でゴロゴロしてよう…と思いましたが、今週末の茂原走行会、そして今月半ばのFISCO走行会に向けてバイクを綺麗にしたかったので、秋葉原のUDXビルの駐車場のバイク洗車サービスをお願いしに行ってきました。
 いや、自分で洗車しろよって話ではあるんですが…w

 さて洗車待ちしてる間にアキバ散策。最近ほんのりと新しいエアガンが欲しい(ここ20年ぐらいで一丁しか買ってない)気がしてるので、フォロワーさんに教えていただいたエアガンショップをハシゴ。
 その間に洗車は終わったのですが、せっかくアキバまで来たんだからもう少し散策しよう…と、ボークスのドールポイントまで足を伸ばしました。

 おお~DD多いなあ…さすがに最近はDDが人気なんだな。

 …

 ‥

 え‥SDがない…

 隅っこにようやくSDコーナーらしきものを発見しましたが、SDそのものは一体ぐらいしか見当たらない。
 しかもスタンダードっ子のバリエーションが三体になってしまってることを知って愕然。しかもボクの好み的には三体とも微妙…
 なんでこんなにSDはないがしろにされてるんだ…

 帰宅してから知りましたけど、秋葉原のドールポイントはDDの専門店なんですね。あ、じゃあ他のボークスなら別にSDが邪険に扱われてはいないのか。
 やっぱりアキバと言う土地柄DDの方が人気なんでしょうねぇ…

 確かにDDはとっつき易いしアニメ顔でかわいい。実際我が家もSDが美紅一人なのに対して、DD×2にMDD×1とDDの方が多いですしね。
 でもボクにとってのお人形はSDなんよ…

 もう20年以上前から球体関節人形に憧れがあったボクにとって、最初にSDを知った時は衝撃的でした。
 顔がイマイチ好みじゃなかったんですけど、カスタムしたりメイク変えたりすればいいことに気づいたので、紆余曲折の末、理想的な子を作ることができました。
 DDはかわいいし、ポーズもとらせやすいし扱いやすいけど、四谷シモンや天野可淡がきっかけで人形の世界に入ったボクとしてはこれじゃないんですよね。

 …とまあ、SDがないがしろにされてるのはアキバだけだとわかったんで安心はしたんですけど、店頭でホントにショックを受けて「ここまでないがしろにされてるならだいぶ劣化してきてるウチの子のメイクをやり直して、第一線に復帰させてやるぜ!」とヘンなやる気が出たので、ちょっとメイク直しを検討してみますw
 まぁ一週間ぐらいしたら落ち着いちゃう可能性もなきにしもあらずですが、そろそろドール趣味も復活させたいとはちょっと前から思ってたところではあるし…
 メイクが完成したらまた野外撮影とか連れて行きたいところですねえ。

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

CandleNight(ドール写真)

 首都圏では計画停電が始まってますが、わが地域も昨日初めて停電しました。
 わが地域…とは言ったもののほとんど目の前のご近所さんが停電してなかったり、区域分けがイマイチわからないんですけどね。(^_^;

 さて初っ端から18:20~22:00の夜間タイムだったんですが、夜は電気がないとホントにやることがないな…と改めて思い知らされました。
 最初は蝋燭の灯りの下、弟とカードゲーム「ドミニオン」で対戦してたんですが、1ゲーム終わったところで「暗くて疲れる」と弟が離脱。

 「ギターでもかき鳴らしてろよ」と言われたので、愛器のストラト「雪之」を取り出してしばし爪弾いてみたり。
 うーん…指板が見えなくて音にだけ集中できるせいか、いつも弾いてるエチュードがいつもよりスムーズに弾けるような…
 結構視覚情報に惑わされてたりもするのかなー…とか思いました。

 ちょっと弾いたところで「そうだ、蝋燭の灯りでお絵かきしよう」と思い立ったので、クロッキー帳を引っ張り出して近々描く予定のIS本に備え、セシリアのラフを数点描いてみました。
 しかし暗すぎて目が疲れる…

 珈琲飲んでボーっとしながらIS本のあらすじ考えてたんですが、結局のところこうやってプロットをメモする(余裕があればネーム切る)のが一番時間を有効に使えるかも知れませんねぇ…


 さて今日はワンブロック早まって15:20~19:00間。
 日の光があればそれなりにやることはあるので、とりあえず筋トレしてからウォーキング行き。やっぱり場所によって信号が点いてたり消えてたりするなあ…
 その筋トレしてる間に、そうだ蝋燭の灯りでお人形のお写真撮ったら素敵かも?と思ったので、日が落ちてから撮ってみました。

 モデルさんは誰にしようかと思ったんですが…美紅&ジュディのリアル系だとお人形の苦手な方にはちょっとした恐怖写真になりかねなかったので(笑)、アニメ系…最近出番のなかったラトゥーニを撮ってみました。
 ホントはラトのデフォルトウィッグに戻したかったのですが、ウィッグを用意してる時間がなかったので普段用ボブウィッグのままで。
 いやコレがなかなか髪型がキマらなくて…両目を見せようとするとおでこのところにウィッグの土台が見えちゃうんですよね。

Mixi1111

 かなりの枚数を撮ってとりあえずの妥協点を見出したのが↑のお写真。
 もう二年間ぐらいラトはこの服のままなんですが、なかなか今回のお写真には合ってるんじゃないかな~。


 しかし改めて携帯カメラの限界を思い知らされてみたり…
 一眼とは言わないまでも、もうちょっとちゃんとしたカメラが欲しいなあ。
 以前使ってたデジカメももう10年近く前のモデルだし、そもそも不調気味だし…

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

ジュディ子(ドール写真)

 …そういや一昨日の日記でこの子に言及し忘れたので、お詫びにぱちり。(笑)

Mixi1110

 無表情あるいは不機嫌と見られることが多いこの子ですが、こうしてアオリで見ると結構ご機嫌なお顔に見えると思うんですよね~。にっこりしてるように見えることも多いですもん。
 多分、眉毛のラインが柔らかいからだろうな~。

 でもホント、人の心を映し出す鏡…というか、その日によって表情が変わって見えるのもお人形の面白いところですね。
 こうやって写真に撮ると「アレ? もっとにっこりに見えたのに…」とか思っちゃいます。


 しかしジュディが我が家に来てもう一年近くになるんですねぇ…
 最初は創作人形制作の資料にと思ってヤフオクにて8000円で落札したこの子。
 SDやDDと同じ60cm級とはいえ等身が全然違ってて、ほぼ等身大の0歳~1歳児。
 そしてボディも布製クロスボディと、今までボクが接してきたお人形とは大きく違う(もともとSDを手に入れるはるか前から球体間接人形フェチでしたし)姿に最初は戸惑いもあったのですが、なんだかんだでこの一年、一番構ったのはこの子でした。
 やっぱりクロスボディの柔らかさとほどよい温度で抱き心地が良いのが非常に高ポイントだなあ…

 美紅をお迎えしたときは一人で充分…と思ってたお人形ですが、1~2年に一人ぐらいのペースで増え続けてます。(^_^;
 ただ、同じボディの子が一人ずつしかいないというのがさりげないこだわりかな~。
 せりなはDDⅠボディに惚れて、璃乃さんはDDⅡ用爆乳オプションパーツに惚れて、ラトはMDDボディ(…というより顔かな)に惚れてお迎えしてるので、基本的にはそのボディの子を一人お迎えすれば満足しちゃうんですよね~。
 ま、璃乃さんはDDDyボディに換装したので実質二人分かも知れませんが…

 それでもさすがにこれで打ち止めかな~…とは思っちょります。
 今のところ食指が動く子はジュディのような抱き人形系の子だけですし。正直もう一人欲しい!
 あとは各メーカーから興味をそそるような新ボディが出たときに考えます。ボクの興味の対象は顔じゃなくてボディ(<顔は自分でカスタムするので)なので…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧