ビリヤード

2018年9月13日 (木)

三ヶ月ぶりに玉撞き(ビリヤード)

 四月に新しいバイクを手に入れてからバイクのモチベーションが最高潮、最近は久し振りにお人形趣味を再開したり、ギターの方もスタジオセッションに行ったりと玉撞き以外の趣味のモチベーションが上がってたこともあり、ここのところは全く玉撞きに行く気になりませんでした。
 しかしさすがにそろそろ撞いとかないと全く撞けなくなりそうで不安だな~…と思ったのと、少し撞く気になってきたので今日行ってきました。

 バラ玉9球撞いてセンターショット数発撞いてからボウラード開始。
 最近のテーマとしてその日の最初からそれなりの玉撞きできるようになるための練習として、初っ端から実践的なボウラードをやってきましたけど、今回はさすがにブランク空きすぎ…前回のボウラードの日付見たら六月だったので三ヶ月ぶり…
 さすがにどうかとも思ったんですが、例えば半年、一年全く撞かない時期があったとしてもそれなりの玉撞きができるようになるのがぼくの目標なので、敢えて初っ端から行ってみました。

 結果的に48点と良くはないのですが、ちょっと前だとブランク明けには30点台とかも普通にあり得たのでまだマシ…
 と言うか、真っ直ぐの玉ならかなりの精度で入ってるのでフォームとか撞き方そのものはそれなりにできてる感じ。
 これならイキナリお友達と相撞きすることになったとしてもそこそこ様になる玉撞きができるし、C級戦なら勝率五割ぐらいはイケるかも知れんw

  ちょっと前みたいに、少しブランクが空いただけで初心者でも外さないような玉を外すようになる…ってとこまで落ち込まなくなったのでぼく的にはまぁ満足かな。
 あとはまぁ…冬になればあまりバイク乗れなくなるし、また玉撞きモチベーション上がったら本格的に練習再開するってことで…w

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

玉撞き絶好調だな(ビリヤード)

 水曜に二ヵ月半ぶりに玉撞きしたらブランクがあったとは思えないぐらい玉が入った…ってのが前回の話。
 今日も玉撞きに行ったのですが、前回撞いたこともあって最初のバラ玉撞いてる時から調子良くセンターショットもパスパス入ります。
 …って言うか今日はボウラード終わったあとで10球ぐらいセンターショット撞いたんですが、外したのは苦手なスタンダードブリッジでのフォローショット一発のみ。水曜の二発と併せて14発撞いてますが、これだけセンターショットが入ることって過去そうはなかったはず…なんかもうただ入れるだけならセンターショット外す気がしないぐらい。

 話を戻してボウラード。1フレーム目から調子よくストライク。
 いやいや、最近そもそもストライク出てなかったし、最初の数フレームはスコアが伸びないのが常なのに…
 やっぱり調子いいなー…と2フレーム目に入るとまたまたストライク。
 いやいや…絶好調すぎるでしょ…

 ターキーは過去一回しか出したことなかったと思うので気合入れなおしてブレイク…ううぅ配置が良くない。
 8番カットか4番カット、あるいはサイド穴前とは言えあまり良くない角度で並んでる10-2コンビか…
 角度が悪いとはいえ穴前なのでコンビが一番入りそうな気がしたのですが、そう思って外すと後悔するので的玉が近くて狙いやすかった8番カットをチョイス。

 外した…

 気を取り直して二投目。依然として配置は難しく、↑のサイド穴前2番を狙いたかったのですが微妙に10番が邪魔で入らなそう…
 薄く弱く10番にキスさせれば2番をシュートできるのでは…?とチャレンジして成功!
 残念ながらこのフレームは2点で終わってしまったのですが、その後も難しいコンビを決めたりスペアも二発出たりしてぼく的には絶好調と言っていい調子。

 ただスペアの後が二回ともガーターでスコアを伸ばせなかったり、狙いきれないまま撞き急いで外した玉や、手玉をポジションしたくてハードヒットした玉を片っ端から外したりしたせいもあり、結局スコアは85点止まり…
 70点ぐらいをアベレージとしてるぼく的には充分なスコアですが、最初にダブル出した時は「これ150点ぐらい行くんじゃね?」とか思ったので期待はずれ…ぼくにしてはいいスコアだったとはいえ、嬉しさより悔しさが大きい結果に。
 …と言うか、2点フレームが二回、4点のフレームが一回あった以外は1フレームにつき8点以上は取ってるのにこのスコアとは、ボウラード100点って思ったより難しいのでは…
 過去にも100点オーバーって五回出したかな?ぐらいだし。

 …とはいえブランク前の三月の一回と併せて直近三回のアベレージは85点とぼくにしてはまずまずの高得点。その前がひどかったから直近十回のアベレージは60点台だけどw
 年単位のブランクが何度かあるとはいえ10年近く玉を撞いてきたことを考えれば、最低限これぐらいは出来て欲しい…ってレベルの玉撞きがようやくできるようになった気がします。
 ぼく的にはこれぐらい撞ければまぁまぁ満足なので、前回も書いたようにここから先を目指して練習頑張るほどのモチベーションが出るか…ひとまずちょっと様子を見てみますw

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

久々に玉撞き(ビリヤード)

 実に二ヵ月半ぶりに玉撞き行ってきました。
 三月中は年度末で仕事が忙しくてその気にならず、四月に入ったら新しいバイクを買ってしまったため、休みの日はバイクでツーリングかサーキットで練習。仕事の日は疲れを癒すべくおうちでゴロゴロ…
 あえて玉撞きに行くほどモチベーションも上がらなかったので放置してたらいつの間にかこんなにブランクがw

 さてモチベーションが上がらなかった理由の一つは「調子が良かった」ため。
 と言うか、今まで不安定な玉撞きが悩みの種で、さらに二週間以上撞かないと全く玉が入らなくなります。
 ぼく的には度々ブランクがあるとはいえもう10年玉撞いてるんだから、一ヶ月二ヶ月撞かなかったとしてもそれなりに玉が入って欲しいところ。
 それがちょっと前に「腰の向き」というポイントに気がついたことで一気に安定感を増した感があるので、そのことに満足しちゃって逆にモチベーションが下がったと言うかw
 今は試合で上を目指すほどのテンションもないので、「それ以上」を求める気が起きなかったんですよね…

 とはいえ二ヵ月半のブランクは長い。さて玉は入るのか。
 これでブランク前と同じ様に撞ければさらに自信が深まるし、ダメだったらまたやり直し…その試金石的な玉撞きです。

 ここ一年ぐらい、「その日の立ち上がりからそれなりの玉を撞けるようになる」ことを意識して、最初にワンラックバラ玉撞いて二球ぐらいセンターショット撞いたら即ボウラード…という練習をしてますが、二ヵ月半ブランクがあった今回こそ絶好の機会…と、今までと同様にスタート。
 さすがに最初は玉が入りませんでしたが、9球バラ玉落としてからセンターショットを撞くとビタッと入ります。さすがに手玉ビタ止まりとは行かなかったけどw

 早速ボウラード開始~。最初の2フレはシュートミスやポジションミスが重なって低調な立ち上がりでしたが、3フレ以降は比較的高めのスコアを並べつつスペアも三発マーク。
 ぼくのボウラードアベレージは70点ぐらいで直近のアベレージは60点台に落ちてましたが、今日はおおよそぼくの期待するアベレージぐらいとなる74点をマーク。
 二ヵ月半前に撞いた時も二週間ブランク開けても97点とぼく的にはかなりのハイスコアをマークしてるので、いよいよもって玉撞きの安定感に自信がついてきた感じ。
 まぁ練習してないので過去のベストよりレベルアップはしてないんですけど、自分がイメージする「普通の玉撞き」はブランクが空いたとしてもできるようになったかな、と。

 かつてのように、週に何日も練習してるにも関わらず初心者でも外さないような玉を外すまくる日がある…って状況だとそこをなんとかすることで時間を取られてしまいます。
 でもこれぐらい安定して玉が入ればその先を目指す練習もできるかなー…と。毎回言ってますけどw

 まぁ現状に満足しちゃってる感もあるので「さらに上を目指す」ぐらいにモチベーションが上がるかわかりませんが、ちと様子を見てみましょう。

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

簡単に入る玉などない(ビリヤード)

 二週間ほど前におよそ一ヶ月ぶりの玉撞きをしたのですが、その時は全く玉が入らず、ボウラードはメタメタの31点で終了。初心者か!
 その時は後半になって、とにかく丁寧に丁寧にストロークすることを心がけたら多少玉が入り始めました。
 やはりちゃんと狙って丁寧にストロークするのが大事か…と感じたので、今日の玉撞きは最初からそれを意識してみました。

 ボウラード97点キタワァ…

 Bクラスとしてはまぁまぁヘボヘボなスコアですけど、ここ半年では最高点。歴代でも(過去の記録がスマホとともに消えてるからわかんないけど)トップ10には入るスコアのはず。
 フォームに関しては最低限腰の向きを気をつけたぐらいで、後はとにかく手や腕の接地面を増やして体を安定させることと、意地でも体を動かさないことを心がけました。多分ぼくの不安定なシュート力の原因の一つがこれだと思うので。

 あとはとにかくキュー先でしっかり狙いを確認したらその方向に合わせてゆっくり丁寧にテイクバックすること…だけを意識しました。
 極端な話、9割以上入ると思える配置の玉ならしっかり狙ったらあとは真っ直ぐキューを引くだけで素振りなしで撞いても入る感じ。
 そういう意味でやっぱりしっかり狙って丁寧に撞くってのが一番大事なのかなぁ…と。

 調子が良くなってくるとついポンポン撞きたくなるし、調子がいい時はそれでも入るんですけど、そのリズムに慣れちゃうと調子が悪くなった時に立て直せない。
 だったらもう「簡単に入る玉なんてのはない」を考えて、一球一球しっかり丁寧に撞く…ってリズムを体に染み込ませた方がいいな、と。

 ここのところ体調不良や仕事が忙しいのもあってあまり撞けてませんでしたけど、ぼちぼち練習再開していきたいところです。

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

相撞きしてきた(ビリヤード)

 ふらりと川崎バグースに行ったらお友達とばったり。早速お相手していただきました。
 五先を一回やったところで30分弱時間が余ったので二先を一回w
 ぼくの方が全然玉を入れてなかったですけど、残り玉が良くて5-4、2-1で勝たせていただきました。

 こないだバイクの師匠であるおおにしさんと撞いた時はさっぱり玉が入らず凹みましたけど、その後の修正がバッチリ決まってそれ以来好調をキープ。
 今日の相撞きでも自分が思う普通の玉撞き…傍から見たら絶好調の玉撞きができましたw
 まぁ欲を言えばもうちょっと玉が入って欲しいところ(だからボウラードも100点越えないんでしょうw)ですけど、今はとりあえず簡単な玉を外さないようにする練習かな。あまりにも長い間簡単な玉を外しすぎて、どんな簡単な玉を撞くときでも外すんじゃないかという不安感が付きまとう…
 今日はとりあえずイージーミスがなかったから満足。八割以上入って欲しい玉は全部入ったし。

 それはそうと、長年「センターショットが安定して入らないならどんなショットを撞いてもそれが狙ったところに撞けてないのか、狙いが合ってないのかがわからん」と思って毎回30球(ストップを10、フォローを10、ドローを10)は練習してきました。
 「センターショットばかり練習してても意味ない」みたいな話をチラホラ見るけど、↑のような理由で安定させたかったので…
 でも最近センターショットの練習を止めてボウラードメインにしてみたら、一応練習の頭に2球だけ撞いてるセンターショットが入らなくても、バラ玉撞いたりボウラード撞いたりすると結構玉は入るんですよね。
 それを考えると改めてセンターショットは難易度の高いショット…と言うほどではないかも知れないけど、少なくとも簡単なショットではないな、と。

 あまりにも調子が悪くなった時とかフォームを見直したい時とかにはまた練習するかも知れないけど、今後はセンターショットはあまりやらないようにするかなー…と思ってます。

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

玉撞き人生のピークがキタワァ…(ビリヤード)

 一昨日一週間ちょっとぶりに玉撞きしたのですが、前回の絶好調ぶりはどこへやら、全く玉が入らない…
 あれやこれやと試行錯誤しながら撞いてたのですが、もしかすると腰の向きかな?と。
 体を倒す際に腰をどっちの方向へ引くか…みたいなところで、ぼくは出来る限り腰を正面に向ける意識で引いたほうがいいみたい。
 それに気づいてから改めてボウラードをやるとかなりいい感じで玉が入りました。

 さて今日。とにかく腰の向きを意識して構えると初っ端からぽんぽん玉が入ります。
 おっ、これなら…とボウラードを始めてみると、1フレ目からあわやスペア。
 って言うか、ノーミスで来てロング薄めになった10球目、入れるだけでも相当難しいけど入れても手玉がスクラッチしそうやなぁ…と思って撞いたら見事にダブルイン!
 ストライクは逃してしまいましたが、シュート自体は成功してるのと、手玉のコースもちゃんと読めてたことに満足。
 その後、的玉フット手玉キッチン内フリーボールの二投目を見事に決めてスペア。正直これも普段ならまず入らない玉ですけどね。

 これはめちゃめちゃスコア伸びるんじゃないの~?と思いましたが、主にポジションミスから思ったほどスコアを伸ばせず、それでも終盤にスペアとストライクを固めて80点越え。

 続けて苦手な三球取りきり練習を始めましたが、これもなかなかの成功率。そう、自分のイメージしてるレベルの玉撞きが出来れば三球取り切りはそれなりにできるはずなんですよね…

 腰の向きなんですが、これも過去何度か試行錯誤してます。
 まず最初は須藤路久さんのハウツー本で玉撞き覚えたので、そこに書いてあった通り極力正面に向けるような感じで。
 その後バグースで落合さんの指導を受けた際に「それだと懐が狭くなるから腰を逃がすように」と、腰を横へ向けるようなフォームに矯正されました。

 その後はその時々によって正面にした方が入ったり、横にした方が入ったり…だったんですが、あくまで今のフォームに関しては…ですが、正面の方が入りますね。
 …あ、「正面」はあくまでイメージであって本当に正面ではないですがw

 初心者でも外さないような超イージー玉をぽろっと外すことがあったぼくですけど、今日は腰の向きを意識しただけで「簡単な玉を簡単に撞いて入れる」ってことがホント簡単にできたので、次からもこれを意識して撞いてみます。
 ぼくの玉撞きが安定しない理由は自信のなさにあると思うのですが(簡単な玉を外す→自信がなくなる→自信がないからさらに外す→外すからますます自信がなくなる…の悪循環)、一ヶ月ぐらいこの調子をキープ出来たら相当な自信になるだろうし、レベルアップできそうな気がします。

 …まぁ毎度毎度その「調子をキープする」ってのが出来ないんですけどね…

 調子良くなるとだんだん玉撞きがテキトーになってきて少しずつ調子を崩していく…ってのもあると思うので、気を引き締めて丁寧に撞いていきたいですね。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

実戦を想定した練習を(ビリヤード)

 日曜はMECCA横浜のBCリーグ戦ですが、これに参戦するか迷い中。
 頭の位置に注意しただけで一昨日久々にボウラードが80点越えたので、今日撞いてみて同じぐらいの調子で撞ければ試合に出ようかと。

 52点…

 まぁこれにはちょっとした理由がありまして、ここのところ一時間ぐらい基礎練習してからボウラード…ってやってたんですけど、試合では練習する時間は取れないし、軽く10球ぐらい撞いただけでボウラードやってみたらどうなるか…を試してみまして。
 勿論朝イチで試合会場に行けば20分ぐらい撞き続けられたりもするけど、逆に遅い時間に行くと台が埋まっててまぁ練習はいいか…ってなっちゃたりもするし、そうすると一発目からベストはムリとしても、6~7割の調子でスタートできるようになりたいな、と。

 まぁ今日のスコアを見る限りはぜんぜんダメですけど、ちょっと前の40点前後に落ち込んでた時期と比べれば相当玉が入ってる(色々な理由でスコアには結びつかなかったけど)ので、明日、明後日も撞いてみて、良さそうだったら試合に出ようかと思ってます。

 …まぁビリヤードと違ってサーキットは天候に左右されるので、天気予報次第では試合の日にどうしてもサーキット行っとかないと…みたいな状況になるかもですけど。

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

調子戻ったっぽい?(ビリヤード)

 さっきキューを持たずに鏡に向かって構えてみたら良くないフォームになってる気がする…これはこれ以上練習する前にフォーム動画撮って修正せねば!と、久々にビリヤード場に三脚持ち込んでスマホで動画撮影しました。
 …って言うかその前にキューを持った状態でもう一度鏡に向かってみたら問題なく構えられてたので、もう撮影する必要性はなくなってたんですけどw

 とりあえず真っ直ぐ手玉を撞いたところを前後から撮影…うん、肘の位置もほぼキューの真上にあるし、真っ直ぐ腕も振れてるし何の問題もないな。

 しゅーりょーww

 いや、これはいいぞ!と思ったフォームを練習して体に覚えこませてみたら素っ頓狂なフォームになってた…って経験が何度かあるので、間違ってたら今のうちに直したかったのでw

 しかしどうもイマイチ玉が入らないな…撞点真ん中のセンターショットはかなり入ってるけど、撞点上の押し玉センターショットがさっぱり入らない…
 うーん、とりあえず真っ直ぐはこれぐらいにしてフリのある玉を練習するか…

 あっ、もしかして構える時に頭が右にズレてるのでは…?
 以前から頭が右にズレて体がキューに覆いかぶさっちゃうことがあったんですが、それが出てるんじゃないかと。
 とにかく左足の上に頭を置くイメージで伏せていって…とやったらとたんに玉が入るようになりました。
 構えた後でキューの位置に引っ張られて頭を右に動かしたくなるんですが、そこはぐっと堪えて頭の位置にキューを合わせる…ことを意識したら、ここのところ40点前後のビギナーレベルのスコアしか出なかったボウラードが久々に80点越えました。
 一番調子の良かった頃に直近三回のアベレージが100点越えたことはあるんですが、直近10回のアベレージだと概ね70~80点ぐらい。この1年間で70点を越えたことが1~2回しかないぐらい低調だったので、久々に「自分が思うアベレージ」ぐらいの調子になりました。
 …傍から見たら「むしろ調子がいい」ってレベルなのかも知れないですけどw

 今週末のMECCA横浜BCリーグ、気温次第では桶スポにサーキット走り初めに行きたいんですが、この調子を維持出来るなら試合に出たいかも。
 一昨日のおおにしさんとの相撞きで、やっぱり人と撞くと色々勝手が違うなあ…と思ったので、ここらで試合に出ときたい気もするし。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

メンタル弱い(ビリヤード)

 今日は桶川スポーツランドに新春走り初めに行こうと思ってたんですが、低い気温に加えて風も強そうだったので、どうしようかなー…やめようかなー…と思っていたところ、ぼくのレースの師匠であるところのおおにしさんからツイッターで「玉撞き行こう」とリプが付いてるのに気が付いたので、桶スポは急遽中止して玉撞きに行ってきました。

 おおにしさんには一年ちょっと前に二回ぐらいかな?玉撞きを教えたんですが、その後は一度撞きに行ったぐらいで一年ぐらい撞いてないとのこと。なのでまずは30分ぐらいおおにしさんに好きに撞いてもらって、その後でちょろっと肩慣らしを…

 おろっ入らん。もう一度…

 入らない…

 と‥とりあえずセンターショットを…

 入らない…何度撞いても左に外す…

 全く同じ場所に外し続けるってことは錯覚が起きて腕を振る方向が間違ってるということ。とにかく最近気をつけてるポイントをチェックして…

 チェックしてるポイントってなんだっけ…?

 お‥思い出せない…新手のスタンド攻撃か?!

 そうだ、ブリッジの組み方だ…って、やっぱり入らないぞ!
 あとはなんだっけ…右肘…あとは右肩…?
 そうだグリップ…フィニッシュ時の握り方で構えて…

 とりあえず多少は入るようになったものの、結局最後まで玉は入らず仕舞い。
 今日はエイトボールを撞いたのですが、二度に渡ってブレイクでミスキュー。これはかなり強力にコジっちゃってるか、猛烈な錯覚が起きてると言う事…

 ここのところやっぱり狙いが大事だと思ってきましたが、「目で狙うな」って話も聞いたことがあるし、やはり体に染み付いたフォームが大事なのか…
 って言うか、お友達との相撞きだから全く緊張してなかったのに撞き方がバラバラになるとか、どんだけメンタル弱いの…

 ここのところ玉が入るようになってきてる感があるのにボウラードのスコアが上がってこないのが気になってましたが、人と撞くだけでこれだけ玉が入らなくなるならもっと緊張度が高いボウラードで入るわけがない…

 やっぱり技術面よりメンタルをなんとかしないとこれ以上玉撞きが上達しない気がします。その為にはやはりマメに練習して自信を付けないと…ってことですかねぇ。
 この状態だと来週試合に出てもメロメロになりそうなので、試合はやめてサーキットに走りに行こうかなー…とか考えてたり。

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

しっかり狙う(ビリヤード)

 昨年末あたりからですが、「しっかり狙う」と言うのがメインテーマになってます。
 とりあえず狙い点を点として明確に認識しよう…ってところから始まって、今年に入ってからは手玉をあまり意識せずに狙い点に向かってキューを構えよう…って感じでやってます。
 ぼくは実際より右を狙ってしまうクセ(錯覚)があって、左肩の使い方で狙いをムリヤリ左へ矯正して撞く…っていう対処をしてたんですが、手玉を無視して狙い点に構えるようにすると自然と正しい狙いに。
 その際にキューが左へ向くので、やっぱり意識せずに構えると右に向いちゃうんだなあ…と。

 そうやって構えてみると、狙い点を明確に認識できるミドルレンジ…手玉と的玉が4P以内ぐらいまでの玉は今までより入る気がするんですが、的が小さすぎてどこを狙ってるのかわからなくなってしまうロングレンジの玉が前より入らない…
 さっきお風呂の中でふと思ったんですが、もともとロングレンジの極薄カットを得意玉にしてるぼくだし、ロングレンジは今まで通り手玉の到達点を玉として意識してそこに構える…ってやり方の方が狙いやすいかも。

 今まで玉が入らないと「手首がおかしい?」「肘がおかしい?」「肩がおかしい?」「頭の位置が?」「スタンスが合ってない?」とか色々考えちゃいましたけど、今日はとにかく「狙い点に向かってキューを合わせて撞く」ことだけを意識したので、グリップとか肘の位置とか肩の位置とかはめちゃめちゃ(それでもこれまで練習してきたから基本的に合ってはいるはず)でしたけど、それでも玉は入る。
 やっぱりぼくの問題はフォーム云々より狙い方だったのかも知れないなあ…キューを真っ直ぐ振ること自体はもうかなりの精度でできてるはずだし、要は狙いを明確に定めてそこへキューを振ればOKってことか。

 …という試みはまたしてもボウラードのスコアに反映されなかったのですが、まぁそれは色々と理由が重なってる(ロングレンジの玉が入らなかったのもそうだし)ので、基本的な方向性はこれで合ってるはず!と信じて練習してみます。
 とりあえずロングレンジの玉の入れ方が解決すれば今月のMECCA横浜BC級戦にエントリーしてもそこそこ戦えそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧